Cobolerのリプレイ置き場

趣味のテープ起こしを活かした、TRPGのリプレイ置き場でございます。

UPされた記事はいつ書き直されてもおかしくない状態で公開されています。 あと、記事を上書きで更新することが多いです

「地獄のセト・ロード」 その2

リサーチフェイズ

関門渓谷

RL:では、みなさんは今、スタートの位置にいます。

f:id:Coboler:20161224211027p:plain

エイジ:はい。
RL:セト・ロードの玄関口、関門渓谷。「この渓谷を抜ければ、いよいよセト・ロードです。皆さん、気を引き締めていきましょう」
新藤:ここの幅って、100メートルくらいだよね。両サイド。
エイジ:まさか、地獄の入り口が、こんなに近くにあるとは思ってなかった。
RL:まあな。だってうちら、ここだもんね。(上図参照)
ヒジリ:そういや、そうだった。
エイジ:物理的にも、経済的にも、こんなに近くにあるとは。
白子:そうですねー。ここ渡れば、すぐですね。
ヒジリ:うどん食べたい。
エイジ:うどん?
白子死国に行ったら、うどんが食べれたりするんでしょうか。
RL:そこらへんは…超デッドリーな、ヒルコ空間になってると思うんだけど。(笑)
エイジ:多分、ものすごいジャングルをかき分けていけば、災厄前のうどんプラントがあるかもしれない。(一同笑)
新藤:うどんプラント!!(笑)
ヒジリ:すっかり邪魔してしまった。スミマセン。
RL:というわけで、皆さんはこうやって周りを見上げているわけですよ。君たちを歓迎したのは、無数の砲撃用ドローンだ!後方にはドローンのホスト機であろうウォーカーの姿を確認する。いずれも所属不明、一体何者なのか?
新藤:妨害が…速攻で入りよったか。
RL:「攻撃!? そんな、まさか。あれは……」所属不明のドローン部隊が、「ターゲット補足、攻撃開始」。
エイジ:マジかよ。
白子:まじで!?
RL:まずは達成値15の射撃による攻撃を行ってきます。カット進行ではないので、回避してください。ヴィークルを操縦している方は、〈操縦〉で。今回は宣言するだけでドローンを撃退できるので、まずは避けてね。
ヒジリ:〈操縦:ドローン〉〈電脳〉〈01フィーリング〉で15。
RL:分かりました。
エイジ:しょうがない。この札を使うか。〈操縦:地上車両〉のみで18。これ以降は15以上出ません。手札が腐った。
新藤:〈操縦:地上車両〉で17。
RL:OKでーす。「ドローンのお守りなど、つまらん仕事よ」所属不明のウォーカーのパイロットが言う。
白子:おおー。
RL:「おお?そこにおるのはあの時の。なかなか面白そうな敵よ。これは本隊に合流してかからねばな。」と言って、ドローンはどこかに行きます。
エイジ:何だ、ちくしょう。
ヒジリ:ん?相手がだれかはまだ分からない。「なんだ?あいつの声、どこかで。」とつぶやいて行きます。
白子:しかし、一体何のために。
新藤:なんだ?お前の知り合いか?
エイジ:やってやろうじゃねえか。
新藤:知っているのか雷電!あれ?(笑)
ヒジリ雷電じゃねーよ!佐条だ!とりあえず、リサーチフェイズで調べるぞ!(笑)
エイジ:ところで、〈製作〉の達成値って、報酬点で上がるの?
RL:〈製作〉とか〈電脳〉とかは、報酬点で達成値上げられますよ。このタイミングなら、さっきホンコンで買い物をしてきたってことで。
ヒジリ:じゃあ、報酬点あげても良いですか?どのくらい要ります?
エイジ:えーっと、戦車は28点なんだよね?報酬点15点入れて、改造しよう!
新藤:なに!?(笑)
RL:おおーっ!
エイジ:大丈夫だ。今、16点持ってる。
RL:いいの!?つまり、ホンコンでパーツを買い集めて、スカンピンだぜ!ってことでしょ!?どんだけ!?(笑)
エイジ:ここで!ここで生き残って!今期の決算さえ生き残れば!名前が売れて仕事が来るようになるはずなんだ!!
白子:なるべくしてこうなった感じじゃないですか!?(笑)
新藤:その時はうちにも声をかけてくれ!格安で下請けしてやる!(笑)
エイジ:でも、ちょっと…改造するなら手数料くらいは欲しいな!サービス料はナシで良い!実費だけくれ!
RL:ハハハ!!(笑)
白子:じゃ、じゃあ私が…
エイジ:君はヴィークル持ってないだろ!?
新藤:い、いやここは私が!10点出すから!
エイジ:そんなには要らないぞ?
新藤:半分くらいは出すから!じゃあ5点あげよう!
白子:私も乗せてもらってるんですから。5点くらいは…
新藤:いやいや。こっちは守るのが仕事だ!仕事はきっちりさせてもらう。
ヒジリ:こっちからもいくらか、カンパしておきたいんだが。
新藤:いやいや。ここは払わせてくれ。
ヒジリ:〈改造〉って、1シナリオ1回なんですよね?
エイジ:〈改造Ⅱ〉は1回だけなんだ。〈改造〉は何回でもできるけど。
新藤:〈改造〉したらどうなったの?
エイジ:どう〈改造〉するかは、俺が指定させてもらうよ。俺に有利な方に!まず、判定をしますね!スペードの5!
RL:そんな手札で判定するの!?(笑)
エイジ:これしかねーんだよ!一番高い手札がこれなの!
RL:いやまあ、そうかもしれんけど…!?
エイジ:理性7で12!報酬点を16点積んで、28!〈製作:ヴィークル〉〈改造〉〈改造Ⅱ〉〈魔改造〉〈タイムマジック〉で、戦車、ドローン、トレーラーを全部改造する!
RL:うええええ!?
ヒジリ:わーい!やったー!
新藤:で、どうなるの!?
エイジ:〈改造〉の効果で、防御力が全部+3になって、〈改造Ⅱ〉の効果で防御力がさらに+3になる!
白子:すげー!やべー!でも大丈夫ですか、本当に!?
RL:本当に組み合ってる!
エイジ:だから、防御力が合計で+6されるんです!
新藤:おい!
エイジ:さらに、SFが1増える!
RL:豪快すぎるよぉ!
新藤:おい待て!!機動性がすげー!!(笑)
エイジ:これで俺の仕事は全部終わった!!
ヒジリ:「あー、すまんねー。」と言って、ゴールドを1枚渡すぞ。
エイジ:毎度あり!また何か仕事があったらよろしく!
RL:ハンパねー!(笑)
白子:これが職人の仕事!!
新藤:おい!Iの数値が18になったぞ!?どうすんだこれ!(笑)
ヒジリ:こっちは7/6/8になった。
白子:やっばい。これ、かばう必要なくないですか!?(笑)
RL:そんな気がしてきた!敵が神業を使ってきた時とかに、使えばいいと思うよ!
白子:戦車をかばう女の子ってものおかしくないですか!?
エイジ:いや、良いと思いますよ?(笑)
RL:男前すぎてミストレスって感じがするよ!!
新藤:やばい、腕利きじゃないか、エイジ。
ヒジリ:こんなにすごいのに、なんで会社が倒産寸前なんだよ?
エイジ:ヒルコがなぁ…。(笑)
白子:いやぁー…。ぶくぶくぶく…
新藤:M○●Nでヒルコは災害みたいなもんだからなぁ…。
ヒジリ:すごい泡吹いてるんだけど、白子の肩をポンと叩いておく!
エイジ:ちょうど、クルマの前に飛び出してきてなぁ。ヒルコ自体は轢き殺したんだが…(笑)その衝撃で、中のものが…。
ヒジリ:あんた…。(笑)ヒルコに悪縁があるんだなぁ。
白子:やっぱり報酬点、お礼としてお渡ししましょうか?
エイジ:いやいやいや、いいよ。
白子:なんか、悲しくなってきたんで。(一同笑)
エイジ:それは、全部解決してからにしようぜ。
ヒジリ:なんか、なんかそれ…
RL死亡フラグだよ!!!(笑)
エイジ:なあに、俺は生き方だけは譲らないぜ。
新藤:なぁ、生き方がロックすぎるんだが。(笑)
エイジ:この仕事さえ生き残れば!!
RL:わかった。わかったよ!!ロックすぎるよー!(笑)
新藤:これは、色んな意味で、こいつを守ったらんといかんな!(笑)

ランダムイベント:死の谷

RL:はい!ここからはランダムシーンが始まります。今はスタートの位置に居るので、次のシーンは自動的に『R』の位置になります。『R』はランダムイベントシーン。
ヒジリ:わー!
白子:わー!(ぱちぱち)
新藤:うわぁー!RLの楽しそうな笑顔が目に浮かぶぜ!!(笑)
RL:本当はランダムアクセスカードを使うんだけど、とりあえず1d8で代用するよ。8面体をコロッとやった結果の数字と、シーンカードの正位置、逆位置で色んな事が起こるよ。
エイジ:ほう。
RL:『H』では固定イベントが起こります。『C』にはジプシーがいます。
白子:ジプシーって?ジプシー・デンジャー?
RL:待て待て!(笑)
新藤:待て待て待て!!パイロットが二人要るじゃねーか!あれ?(笑)
RL:ジプシーっていうのは、ここらへんを放浪しているヒルコのことです。ジプシー・デンジャー確かにヒルコっぽい生物兵器と戦ってるけどさあ!その発想はなかった!(笑)で、ここでしか情報収集や購入判定とかができません。
白子:黒と白の『R』の違いは?
RL:これねぇ…見たんだけど、書いてなかった…。(言っちゃった)黒の方がヤバそうだけど、特に書いてなかったの。
新藤:どっちのルートを選んでも良いって事かな?
ヒジリ:まあ、適当にこっちのほうが安全そうとか、速そうとか言って進んでいこう。
白子:分かりましたー。
RL:で、イベントシーンを終えたら、コマをゴール方向に1マス進めて、終了条件は、コマがゴールマスに進んだとき。クライマックスフェイズに移行し、リサーチフェイズは終了します。もしリサーチフェイズ中に終了条件を満たすことなく13シーンが経過した場合、M○●N壊滅に間に合わず輸送は失敗する。
新藤:うわー。
RL:まあ、さすがに13シーンもいかないと思うけど。
新藤:RL、それはフラグだ。(笑)
RL:はい!で、神業について。《脱出》《突破》などの神業を使用することで、次の『R』以外のマスまでシーンを増やすことなく一気に移動できる。
白子:おおー。
ヒジリ:つまり、今ここから《脱出》を使ったら、
RL:『C』に行く。
ヒジリ:それ、かなり速いね。
RL:でも、よく考えてみてくださいよ!使わなきゃいけない場面がこれから、いくつ発生すると思います!?(笑)
白子:だからこその《突然変異》と《ファイト!》!なるほどー。
ヒジリ:とりあえず、やってみよう。
RL:では、お楽しみランダムイベントシーン!誰が振る?(笑)
エイジ:振ろう!せーの。(ころころ)3!
RL:シーンカードはクロガネの逆位置。3で逆位置なので、死の谷
白子:あ、なんかヤバそう。
RL:無念のうちに死んだ者の魂がさまようという、死の谷を通過する。にわかに沸き起こる恐怖心を抑え、鎮魂の祈りを捧げて通過する以外にない。全員、【感情】の制御判定を行なう。
白子:なんまんだぶ!
新藤:ちょっと!感情は、できんぞ!?
RL:[プレイヤー人数÷2(端数切り上げ)]人以上が成功することで、恐怖に耐えて通過できる。
ヒジリ:クラブ持ってます?
エイジ:持ってるんだけど…ヴィークルの制御値修正が痛い。
RL:そんな感じなので、半分以上のキャストが成功できないと、やばいよ!成功させるんだ!ほら!!
ヒジリ:とりあえずこっちは成功!
新藤:クラブが無い。ジョーカーはあるんだけど。
RL:山引きのほうがマシだな。
白子:良かった。なんとかなった。成功です!
エイジ:こっちもギリギリで成功した。
新藤:こっちは山引きするしかない。…アウトー!うぇー。
ヒジリ:アラシが怖がってどうする!
RL:半分以上が成功したので、クリア。制御判定に失敗した人は、「キャー!」って言っちゃう。
新藤:「キャー!」はねえよ!!ハンドル持ちながら、ガタガタしてます!
RL:おっ、1体付いて来る。
新藤:アクセル全開!(笑)逃げるよね!
白子:過去の亡霊に追いかけられているのか!
エイジ:あいつ、大丈夫か?事故らないよな!?
ヒジリ:追いかけて加速して揺れたので、トレーラーの中で他の人に頭をぶつけます。
白子:うにゃー!
ヒジリ:あたー!
白子:あ、トゲトゲはひっこめてるんで大丈夫です!
RL:トゲトゲ!(笑)
エイジ:馬鹿野郎!シートベルトくらいしとけ!(笑)
新藤:生きてる奴は大丈夫だけど、死んでるヤツはだめなんだよー!(笑)
ヒジリ:普段クルマとか乗らないからおろろろろろ!!
RL:おろろろ!?
エイジ:エチケット袋はそこじゃねえええ!(笑)
RL:とりあえず、成功したのでこのエリアからは出られます!
白子:よかったー。

ランダムイベント:計器異常

RL:シーンカードは、クグツの正位置。さっきの3以外が出るように振ってくれ。
白子:(ころころ)3!もう1回。(ころころ)5です。
RL:計器異常。磁気嵐が激しくなり、ヴィークルの計器が狂う。計器を再調整しなければ、迷子になってしまうだろう。キャスト全員、目標値15の〈製作:トロン〉判定を行なう。〈製作:トロン〉がなければ、〈電脳〉判定で代用できる。その場合は達成値-5!
ヒジリ:〈電脳〉で20出せばいいわけ?
RL:そう。誰か1人でも成功すれば、遅れることなく再調整できる。
エイジ:〈製作:トロン〉は無いな。
ヒジリ:〈電脳〉20は出せるんで、皆さん心置きなく失敗してください。
新藤:なら2を出して失敗!
白子:はーい!ダイヤ要らないんでこれで失敗させます。
エイジ:失敗…ってクラブ要らないんだよ!一番要らないんだよ!
ヒジリ:これ以降は手札が腐ってるんで、仕事ができなくなるかもしれない。その時は皆さん、お願いします。みんなが叩いたりしてるんで、「ちょっと見せてくれ。」と言って、機器をいじり始める。〈電脳〉〈01フィーリング〉スペードの7で、20!
RL:おー、良かったー。これで、ナビゲーションシステムが復活しました。
ヒジリ:修理できたぞ!あっちだ!ドローンを先導させるぞ。
エイジ:ホントだろうな、合ってるんだろうな!
新藤:ドローンで道案内か。なるほど。

ジプシーのキャンプ①

RL:というわけで。次のシーン。
ヒジリ:これ、Cのところに進めて良いのか。進めまーす。
RL:シーンカードはミストレスの正位置。ですが関係ありません。みなさん、登場判定で失敗しといたりとか、大丈夫ですか?
ヒジリ:そうか。全員チームだから忘れてた。登場判定に失敗しておきます。…ハート要らんわ!!
エイジ:こっちも失敗しておきまーす。…いらねー!!
RL:セト・ロードを放浪するジプシーたちのキャンプに遭遇した。ここで補給と休息を取ることができそうだ。「よく来た、客人よ。歓迎しよう」と言って、いかにも流浪の民のようなヒルコが出迎えてくれる。「こんな時期にセト・ロードを通るとは、勇敢なのか無謀なのか」
エイジ:両方だ!!(一同笑)
新藤:ま、仕事だからな。
エイジ:アンタらもよくこんなところに居るなぁ。
RL:もともと、ここら辺で暮らしているんですよ。「助かりました。少し休ませてもらいましょう」ということで、何ができるかっていうと、装備の修理とか、消耗チャートによるバッドステータスの治癒、購入判定とか。今はあまり恩恵がなさそうですね。ここではリサーチも可能なので、初期の情報項目は【セト・ロード】【王玲華】【所属不明機】です。(机の上に情報項目のカードを並べる)
エイジ:武器を買うか。うーむ。
ヒジリ:じゃあ、情報収集するか。
白子:〈社会:ストリート〉で調べられると思うので…
新藤:私も〈社会:ストリート〉は持ってるぞ。
ヒジリ:〈社会:テクノロジー〉って誰か持ってますか?
新藤:あるぞ。
エイジ:〈社会:ストリート〉と〈社会:M○●N〉、〈コネ:王玲華〉は持ってる。でもちょっと手札が。
ヒジリ:個人的な好みで、【所属不明機】について調べたいな。
新藤:【王玲華】については調べられるぞ。ダイヤだから、9で16まで抜けるな。
RL:はーい。ヘイロン本社のタタラ。新薬開発部門所属。オーサカM○●Nへの治療薬輸送計画を立案、実行した。ウィルス危機が伝えられてすぐに、輸送計画を始動させている。あまりに準備がよく、事件の前から準備を進めていたようにも見える。所属は偽装。本当の所属は、生物兵器研究開発部門。ウィルス兵器と、その対抗薬の開発が専門だ。
白子生物兵器!?
エイジ:なるほど。
新藤:この情報は嫌だなぁ…これ。
ヒジリ:何となく分かってたことではあるけど。
白子:なかなか黒いですねぇ。
ヒジリ:まあ、ヘイロンだからそんなもん。
新藤:ただ、感染症が広がったのは事故なのかも。
ヒジリ:じゃあ、〈ストリームマップ〉〈社会:ストリート〉で、報酬点3点使って16。【所属不明機】について!
RL:所属は周到に隠されているが、ヘイロンのグループ企業【ブラックドラゴン社】のドローンと思われる。ドローンのホスト機である黒いウォーカーは、傭兵【ジェットストリーム遼】の機体だ。
ヒジリ:「やっぱりそうか!」と言って、手を握りしめる。
白子ブラックドラゴン社。
エイジ:なに…?ジェットストリームって、あいつかよ?俺たちの間じゃ有名だぜ。

このセリフは多分、FGN名物1/144ガンダムRPG的な、3人組のドム的な何かのことを言っているのだと思う。ちなみにPC3さんは、この記事↓のセッションのGMだったんじゃなかったかなと思う。 

daitokaiokayama.hatenablog.com 

白子:私もけっこう手札が良いので、【セト・ロード】で。ハートは全然要らないので。
ヒジリ:ハート、けっこう埋まってない?
白子:どっちかっていうと、〈ボディウォール〉用にクラブが欲しいんですよー。なのでハートで。
RL:全部抜けてますね。セト・ロード。もともと死国からのヒルコの活動が活発になる季節だが、磁気嵐の影響でか凶暴化しており、非常に危険。また周辺国から流れて来た軍閥くずれの山賊グループが、進路上に居座っているという。重火器で武装した、極めて厄介な存在だ。
白子:むっちゃ危険!
ヒジリ:山賊なんて本当に居るんだなぁ。
RL:山賊の中でも特に、ムクロ大王率いるムクロ団が悪名高い。死を恐れず襲ってくる狂気の武装集団だ。
白子:ムクロ大王!?
RL:また滅多に姿を見せない幻の巨大ヒルコ、セトロードデスワームの目撃情報がある。
新藤:セトロードデスワーム!?何だそのパワーワード!!(笑)
白子:めっちゃ遭ってみたいんですけど!?(笑)
ヒジリ:めっちゃ遭いたい!
RL:今後もイベントが盛りだくさんだよ!
ヒジリ:セトロードデスワームについて調べられたりしない?
RL:しない。
ヒジリ:うそー!気になる!
RL:まあ、噂レベルだからねえ。
新藤:まあ、山賊が歩いて来るんなら、踏みつぶしてやるまでだ。
エイジ:せ、せやな…!
白子:なんだろう。今、絵札ばっかり来てるんですけど。
新藤:偏ってるなぁ。
RL:そのうち反動が来るかもしれませんんよー。
エイジ:【ジェットストリーム遼】について抜くぞ。〈社会:ストリート〉で16。
RL:漆黒のウォーカーを駆る凄腕の傭兵。現在の雇い主はブラックドラゴン社。その武名は大陸方面で広く知られている。戦場で「遼来々(遼が来た)!」と聞くだけで、敵兵が恐怖のあまり逃亡するほど。スタイルはアラシ◎。
新藤:遼来々!どこの三国志だよ。
ヒジリ:漆黒のウォーカーを操る。
新藤:大陸では有名人なのか。
RL:ここらへんでも名前を売ろうとしているのかも。
王玲華:さっきの黒いウォーカー、ご存じなのですか?
ヒジリ:そうだな。1年ほど前に、ぶっ潰されたことがある。
エイジ:そんなことがあったのか。
ヒジリ:まさか、こんなところでまた会うとはな…。

正しいことを成す

RL:では、他にすることがないなら、さっき王玲華の情報を抜いたので、そういうシーンに入ります。
新藤:はーい。
RL:一体この人は何を隠しているのでしょうか。
新藤:じゃあ、さっきの情報は全員に共有しようか。データで渡そう。「という事なんだが。」
ヒジリ:じゃあ、さっきの所属不明機についても。
RL:情報共有をしたと。
ヒジリ:かくかくしかじか、まるまるうまうま。
新藤:便利だなー、その言葉。
RL:オーサカM○●Nを目指す道すがら、玲華が重要な話を切り出す。「私に不信感を抱いているのは解ります。なぜ、ヘイロンが私たちを攻撃したのか……話せば、納得して頂けるでしょうか」みんなの、さっきの情報共有があってから、ちょっと空気感が変わったなーと思っていたみたいです。
白子:こいつが犯人なんじゃねーか、みたいな…。
新藤:まあ、報酬はもらった後だしなぁ。ここまで来てるし。
ヒジリ:別に、公開する気はないぜ。
王玲華:まず、この輸送計画自体が、社の認めるところではありません。
ヒジリ:え?
王玲華:薬も、私が無許可で持ち出したものです。
白子:えー?
王玲華:そもそもM○●Nを苦しめているウィルス――”小災厄”ウィルス変異体は、私がヘイロンで開発した生物兵器です。社はM○●Nでの発言力を高めるために、意図的に今の事態を引き起こしました。十分な被害が出たところで治療薬を空輸し、恩を売ることで発言力を高める。そういう計画なのです。
ヒジリ:え、空輸?今、地上を走っているのは…あー。
エイジ:空輸ができるようになるのは、テンペランスが壊滅する頃になるなぁ。ある程度被害が出てからって事かな?
王玲華:ニアサイドの住民だけ助かればいい、そんな発想だったのではないかと私は思っています。
新藤:そっちの方が発言力もあるし、コネも作れると。
エイジ:被害の数字が大きいほど、評価が上がると考えたのか。
白子:悪賢い!
王玲華:社の行為は人道に反するものです。私は開発者として、それに加担した事実に耐えられなかった。被害を少しでも減らしたい一心で、社を裏切って今回の輸送計画を実行しました。ただの感傷、個人的な贖罪行動だと考えてください。被害が想定より少なくなれば、ヘイロンの計画は狂うでしょう。妨害をかけてくることは予想できました。
ヒジリ:だから、ヘイロンが邪魔してくるのか。
王玲華ブラックドラゴン社はヘイロン傘下ですから。
新藤:M○●Nから来た組としてはなぁ…。聞き捨てならないなぁ。
エイジ:だいたい分かった。
ヒジリ:ヘイロンは無茶苦茶なことをしてたんだなぁ。
エイジ:どっちにしろ、俺たちの仕事は変わらないわけだ。俺は、報酬にしか興味がないからな!!
RL:それはどうなんだ!!(笑)
白子:頼もしいんだか!(笑)
エイジ:色々と火の車ですから!!
新藤:あんた、この後はどうするつもりだ。俺たちがM○●Nにたどり着いたら、あんたの立場は明らかに悪くなるんじゃないのか?
王玲華:それは…M○●Nに着いてから考えます。最初にすべてを語らなかったのは……ただでさえ危険な旅に、妨害まで加われば、誰も依頼を受けてくれないと考えたからです。すみませんでした。
ヒジリ:なるほど。
RL:「これ以上私を信じられないなら、降りてもらっても構いません。報酬も支払います。でも、もし……皆さんさえよければ、もう少しだけつきあってください。」改めてお願いします。
エイジ:今更降りるわけないだろ。
新藤:降りる理由もない。
白子:これしか、助ける方法がないなら、絶対、一緒に行きます!
ヒジリ:最後までやり遂げるのが、プロってもんだ!
エイジ:そうだ。
王玲華:ありがとうございます。皆さん、最後までよろしくお願い致します。
エイジ:任せておけ!
ヒジリ:こちらこそ。
RL:では、【SPS:M○●Nを救う】を差し上げます。
白子:M○●Nを救う!

ランダムイベント:1回休み

RL:というわけでー!次のシーンカードは!クロマク、正位置!
ヒジリ:『C』の次だから、黒い『R』と白い『R』、上か下かだな。どっち行きたい?
新藤:何があるかっていうのが、分からんからなー。
エイジ:何か、差があるのか?
RL:差は…たぶんない。
新藤:さっきのジプシーから、ルートが二つあることだけは教わってたのかもな。
エイジ:じゃあ、黒い方行ってみようぜ。
ヒジリ:うん。(駒を進める)
新藤:振るぞ。(ころころ)8!
RL:うーん。1回休み。
ヒジリ:え!?
RL:移動すら困難なほどの猛烈な嵐が吹き荒れる。
新藤:ゴメン…!(笑)
白子:えー!?やばい!
RL:進むこともできず、その場で治まるのを待つ以外にない。このシーンでは何も起きないが、移動することもできない。ただじっと耐えるのだ。キャストは1回、手札を1枚入れ替えることができる。
ヒジリ:それは、入れ替えておきたいな。3を1枚出してー。うん。
エイジ:…うわー!いらねー!!
新藤:6を出してー。ほい!先生、エース2枚とジョーカー2枚になりました。(笑)
白子:早く戦闘したいですねー、これだったら。
RL:そうだねー。
ヒジリ:あれだ。じゃあ、トレーラーの中で大人しくしときます。ドローンは砂嵐に弱いんだ。
エイジ:しょうがねえよ、それは。
RL:ホバーだから、そういうのに強そうなイメージがある。超適当に言ってる。
新藤:んー、でも効率悪いのよ。風船部分の消耗が激しくて、メンテに手間がかかるの。
RLジャッキー・チェンの『レッド・ブロンクス』っていう映画があって、最後にホバークラフトが町の中を暴走するの。
新藤:あー、あったあった!(笑)
RL:あれを思い出してしまった。そんな感じで!

ランダムイベント:エルフの子供

ヒジリ:というわけで、次のシーン。
RL:移動できないけど、もう1回振って。シーンカードは、チャクラ、逆位置。
エイジ:登場判定に失敗しておこう。
新藤:(ころころ)1!
RL:穏和で友好的なヒルコ・エルフっぽい耳の子供が、別のミュータントに襲われている。(裏声で)「助けてー!」
新藤:あれか。砂嵐がおさまったから、出てきたのかな。
RL:そうそう。助けるなら、〈射撃〉〈白兵〉の目標値20の判定を行なう。誰か1人が成功すればよい。
ヒジリ:20か。
新藤:私がやろう。
エイジ:なにー。
新藤:エース持ってるんで!というわけで、ルシファーズハンマーに弾薬をセット。
RL:ふぁいやー!ドゴーン!!
新藤:制圧射撃。
RL:じゃあ、ヒャッハーしていた連中が、逃げていく。(笑)
ヒジリ:ハハハ!手を叩いて喜ぶ。
エイジ:すっげー。派手だなー。(笑)
白子:戦車の力って、すごい。
新藤:これができなかったら、戦車乗ってる意味がねーよ。(笑)
RL:だめだ。そういうヤツだった!(笑)では、エルフの親御さんが出て来て、「ありがとうございます!」と言って、お礼としてお守りを配ってくれる。お守りの効果により、アクト終了時まで受けるダメージに-1される。
白子:わっ!すごく良いじゃないですか!
新藤:ダメージ-1か!
エイジ:すごい。どんどん固くなっていく!
RL:確かに!(笑)
白子:もう絶対ダメージ通らなくないですか?
ヒジリ:いや、そんなことは無いと思う。
RL:こっちが固いってことは、向こうも固いし、搭載武器もえげつない強さだったりするわけですから。
新藤:色んな種類のダメージがあったりするしねぇ。
ヒジリ:人助けは、するもんだなー。
新藤:ま、柄じゃないんだがな。
RL:うん!撃ちたかっただけだよな!(笑)「さっきの白塗りの連中…ムクロ団でしょうか?」
白子:白塗り?
RL:いや、何でもない。
ヒジリ:し、白塗りだったんだ。
白子死国ならではのファッションなんですね!
RL:いや、マッドマックスならでは。(一同笑)
エイジ:次出てきたら写真撮っておこうぜ!パシャっと。
RL:こういう辺境に来ると、珍しいヒルコ以上に、珍しいファッションの連中も色々居そうなイメージがある。
白子:観光には良いですね!
エイジ:いやいやいや!死ぬぞ!(笑)
新藤:これで6シーン目かぁ。

ランダムイベント:視界ゼロ

RL:で、次に進んだ。次の場面は、カゼの正位置。
エイジ:次は俺だ。せーの。よいしょ。(ころころ)4。
RL:正位置なので、視界ゼロ。
新藤:お?
濃霧により無視界走行を強いられる。進路を見失うと大きく遅れてしまうだろう。キャスト全員、目標値15の〈知覚〉判定を行なう。[プレイヤー人数÷2(端数切り上げ)]人以上が成功することで、遅れることなく濃霧を抜けられる。抜けられなかった場合、このシーンでは移動できず、次のシーンでは再度このイベントを行なう。
白子:うーん。
ヒジリ:とりあえず、こっちで成功させられます。
新藤:私はジョーカーを使えばいけるな。
白子:私もジョーカーを使えば行けるんですけど、ちょっと勿体ないんで…。
エイジ:んー、今の手札じゃ11にしか行かないな。
新藤:あと一人成功させられればいいから、でもエイジは無理なんだよな?
エイジ:ちょっと無理だな。届かない。
RL:山引いてみたら?それから考えてみよう。
エイジ:じゃ、〈知覚〉山引き。…ダメ。失敗。
RL:しかも絵札だからファンブルですわ。
ヒジリ:違う違う!アンタそっちじゃないぞ!
エイジ:え、マジで?
新藤:危ない危ない!エイジそっちへ行くな!崖だそっちは!(笑)
エイジ:で、でも道が、道が。
ヒジリ:なんか幻を見てるー!(笑)とっとと成功させよう!「あっちだ!」と言ってドローンを先導させます!
新藤:私が成功させよう。スペードのエースで、21点成功。
白子:山引き。…だめでした。
ヒジリ:むぅ、ヒルコの目でもムリか。
RL:ま、二人は成功したので、OKか。あー良かった。
ヒジリ:アブねー。
新藤:さっきから、濃霧に砂嵐に、何だこの環境は!(笑)
ヒジリ:濃霧と砂嵐って、おなじ地域で発生していいものなのか?という素朴な疑問。
新藤:まあまあ。
ヒジリ:ニューロエイジだしね。(ランダムイベントだからともいう)
エイジ:砂嵐が巻き上がって、それが雲になって、雨になった?
白子:それっぽい!じゃあ、1マス進めます。
RL:危なかったですねー。ということで、次のシーンカードは…エグゼク。でも固定イベントです。
ヒジリ:お?

続く。

BLセッションをするときは、必ずプレイヤーの地雷についてリサーチするんやで。せんかったら死ぬで。(ブログ主からのメッセージ)