Cobolerのリプレイ置き場

趣味のテープ起こしを活かした、TRPGのリプレイ置き場でございます。

UPされた記事はいつ書き直されてもおかしくない状態で公開されています。 あと、記事を上書きで更新することが多いです

「氷原の魔法少女」 その5

これの続きです。

daitokaiokayama.hatenablog.com

クライマックスフェイズ

RL:クライマックスだよ。 シーンカードは、アラシ。
イリヤ:はい。
RL:描写は、2段階、3段階くらいになるんじゃ。
セキュア:ほう。
RL:裏口組!というわけで、エレベーターを進んでいったあなた達は、どんどん周りが岩で作られた坑道になっていき、気温と湿度が上がっていくのが分かります。
JB:おやおや。毛皮を着てきたのは失敗だったかな。まあ、外を考えるとあれなんだが。
影助:「しかし。ここまで自然の状態のままにしているということは、随分古いところなのか。それとも整備が進む前に作られていたところなのか。」いろいろ見ている感じですね。
RL:そうこうしているうちに、エレベーターは地下に到達し、ガタンと音を立ててとまります。そして、エレベーターの正面にある扉がゆっくり開きます。
影助:じゃあ、扉の方に歩いて行って、「奥に何が潜んでいるのかも分からんが、このまま突っ切るぞ。いいな。」と後ろの人たちに声をかけますね。
JB:ああ。先陣は任せたよ。俺はどちらかというと、後衛なんでね。
RL:では、扉が開くと、そこは通路ではなく非常に広い空間が広がっています。扉が開いた瞬間、いっきに熱気が。先ほどまでより一層熱くなっていきます。
影助:「なんだこの熱気は!」といって、さらに中に入ってみてみますが。
RL:そうすると、あなた方の目の前の、非常に広い空間の中に、非常に巨大な機械がありまして、そこから伸びる無数のパイプなどが、岩盤に穴を開けて、その奥に入っています。これを形容できる映像資料はなかったです。
影助:な、なるほど。
RL:地下に巨大な施設があって、蒸気が噴き出す穴にパイプががいっぱい差さっていたり、ドリルがさらに岩盤に穴を開けているような状況です。で、機械の方から声がします。「アリーサ、アカリン。よくここまで来られましたね。」「その声はマーテル様。ご無事でしたか。」「あまり無事とは言いがたいですが。それにしても、よくあなた方に、こちら側の扉が開けられましたね。」「イリヤちゃんが開けてくれたんだよ。」「そうでしたか。あの子が…。…そこの二人は一体どなたですか?」「外部の協力者です。現時点では、我々の敵ではありません。イリヤは他の協力者とともに、正面からこちらに向かっているはずです。」「そう。」
JB:ここらで、かしづこうかな。かしづいた上で、ゴーグルを外します。
RL:はい。

その時、ジューダス備前のアイコンの画像が変わった。(スクショは取り忘れたが、たしかこんな感じに変わった)

dic.nicovideo.jp

オリバー:えっ?
セキュア:深紅流れそう…
JB:リペツクのマーテル殿と存じ上げる。私の名前はグロウ。剣十字修道会より派遣された。
マーテル:剣十字修道会。ということは、ミューだったかしら。
JB:そういうことです。現在、他に信用のおける者たちと共に、あなたを保護するべく策を巡らしておりましたが、如何せん侵入者の侵攻も早いようですので。私が先にこちらに入り、護衛を務めようとしている所存でございます。
マーテル:なるほど。ミュー殿の考えはともかく、剣十字修道会から派遣された方であれば、あなた方も信用のおける方なのですね。
JB:は。勿体なきお言葉。
セキュア:カカッ
マーテル:このような形で挨拶をすることになって申し訳ありません。リペツクの指導者、マーテルと申します。
影助:じゃあ、ここら辺で、横の人の豹変っぷりにつられて(笑)、こっちもかしづいて。「失敬!申し遅れた。イワサキ御庭番衆、我胴影助なり。この度は、わが社から内通者が出てこのようになってしまったことは、まことに申し訳ない。」
マーテル:確かに。アレクセイ氏のしたことについては、こちらも想定外でした。ですが、この件についてイワサキがこのような形で動いてくださったということは、非常に感謝するべきことです。
影助:この状況で企業としてのバランスが崩れ、日本軍も動いている状況ということも考えれば、イワサキとしても、現状どこかの勢力にここが奪われるのは良いことではないと考えての事。
RL:「私の願いは、この街が、この街の人々が平和にあることです。それを乱すようなことは、私は見逃すことはできません。」そこにもう一人の魔法少女、プリメラが。「マーテル様!侵入者は最終ゲートのすぐ傍まで来ております!いかがいたしましょうか?」「イリヤたちももうすぐ来てくれるのでしょう。では、ゲートを開けて、出迎えて差し上げなさい。」「えっ…?」「アリーサとアカリンも来てくれました。そして、剣十字修道会とイワサキから強力な味方も来てくれました。ここは、彼らを返り討ちにするべき時でしょう。」
JB:それでは、ご意思に従い、不埒な者の討伐に向かいたい。
影助:こちらも。裏切り者を滅し、イワサキの本意をご覧に入れましょう。
マーテル:頼もしいお言葉。感謝いたします。ゲートはあなた方から見て反対側にございます。敵は今、ゲートのすぐそばまで迫っています。
JB:「了解しました。では、今すぐに。」と言って歩いて行く際に、プリメラをチラ見して適性を見ていい?
RL:〈心理〉か〈電脳〉でどうぞ!
JB:えっと、〈心理〉3からのスタート。クラブの8を出して11!
RL:実はこの子は低い。84%。
JB:あらら。今までにチラ見した子たちの中では割と低い。
RL:一番低いのはアリーサなんですけどね。
影助:じゃあ、チラ見しているグロウさんを影助はまじまじと見ています。(笑)
JB:では、ゴーグルを戻します。
RL:えー!?(笑)
オリバー:見てないんですけど!?(笑)
JB:見させるか!(笑)
イリヤ:すげーずっと「深紅」が流れている気がするんですけど!?(笑)

これですね。

影助:じゃあ、ゴーグルかけて戻したときに「先ほどの見た目は…まだ信用ができそうな見た目であったが…このギャップも相まって余計に信用できんわ!!」(一同爆笑)
セキュア:ですよね!
JB:「全く、どれほど信用を落とせば良いんだろうね。」肩をすくめておこうか。(笑)
RL:さて、アリーサとアカリンはあなた方と一緒に前に出ますが、プリメラは戦闘力ゼロなので、後ろに下がります。エキストラ云々以前に、この人は戦闘キャラではない。
影助:はーい。
RL:では、あなた方4人の前には、巨大な扉。あなた方が前に立つと、そこがゆっくりと開きます。そこにいたのは、驚いた顔の三矢丈二たち傭兵部隊と、裏切り者。「…ほう。最終ゲートを自ら開いたかと思ったら、まさか我々が待ち伏せを受けるとはな。一体どこから入り込んだものやら」
JB:「なぁ~に。正々堂々と、ここの女神様からパスを頂いてね。」とか言いながら、イリヤちゃんの方を見ますが…?
RLイリヤちゃんね、まだ来ていないんです。
JB:まだ来ていないか~!じゃあ、かぶりを振っておこうか。
イリヤ:今ね、戦闘機に乗って直行してるから!
RL:もう何秒かお待ちください!(一同笑)「まさか我々も知らないルートがあったとはな。」
JB:というか、君たちがあんまりにも仕事をしていなかったから、そういう事を色々と教えて貰えなかったんじゃないかい?人徳の、いや無人徳のなせる業かな。
RL:「ええいおのれ!この私を愚弄するかァーッ!」とアレクセイがなんか怒ってます。
JB:いやいやいや!愚弄しに来たんじゃないよ。始末しに来たんだ。な、影助殿。
影助:「くそ!本社からの刺客か!かくなる上は、貴様を倒してこのリペツクを!」「やはりアレクセイ君だけでは、手駒として不足だったようだな。だが良い。ここには私の率いる精鋭部隊、そして数だけならそこそこの、アレクセイの部隊もいる。数ならこっちの方が圧倒的に有利だとは思わんかね?」と言ったところで…。(笑)
イリヤ:じゃあ、後ろから「はああああああーーーーッ!!」という叫び声とともに、「うわー!」ってやりながら。(笑)
三矢:何だ!?
イリヤ:後ろを振り向くと、戦闘機に乗って、その上で剣を構えて、ビームを照射するイリヤの姿が!「カァァリバァァーーッ!!」
オリバー:ブレイクスルーしてる!(笑)
RL:「すごいねえ~!まさかこんなんで突っ込んでくるとは思わなかったよ!」と、金ぴか野郎が言う。(笑)
セキュア:そりゃあ、お褒めにあずかり、光栄だねぇ。
フェウス:先まわりどころか、挟み撃ちとはな。まさか、私の結界を破ったのか。
イリヤ:なんか、ドッカーンってやったら、壊れました!(笑)
RL:「魔法少女とやらの力を、侮っていたようですね。ですが、目的のものは、もう目の前。あとは手短に、目的を果たしてしまえばいいだけ。」「少々分は悪そうだが、どちらにせよここで引くことはできん。せいぜい突破させてもらうよ。」
セキュア:そうそう。人の上に立つ奴には、引き際をわきまえてもらわねえとな。ま、逃げも突破もさせねえんだけど。
オリバー:じゃあ、戦闘機の中からよろよろと出てきます。(笑)いや多分、パイロットの席にいて、自分が操縦できないのに突っ込んでいくのってめっちゃ怖かっただろうなって。
イリヤ:ちがいねえ。(笑)
オリバー:おい三矢!オレはカネが欲しくて傭兵やってると思ったら大間違いなんだからな!あのカネは全部ここのゴエルロに寄付させてもらった!
三矢:おやおや。オリバー君。まあ、邪魔するなという契約を結ばなかったのは失敗だったよ。まさか君がわざわざここまで来るとはね。
オリバー:本当にそれな…!気合だけで身一つでここまで来てしまった…。(笑)だがやれるだけのことはやるぞ!
セキュア:兄さん、バカだねえ!?(笑)
オリバー:タフさでは誰にも負けません!
セキュア:酔い止めのひとつくらいはプレゼントしておくべきだったかな?
オリバー:そうしてくれると嬉しかった!(笑)
RL:「ますます君をスカウトできなかったのが残念だよ。さあ君たち、早々に片付けてしまおうか。」というわけでカット進行に入りますが、アリーサとアカリンが残った残党トループを引き受けてくれるので、ゲストだけです。
影助:わーい。
セキュア:ありがとう。
イリヤ:セキュアさん、謎の戦闘機って、乗れるんですか?(笑)
セキュア:謎の戦闘機は、同乗者二人までOKです。
イリヤ:じゃ、乗っておきますね!乗って、上からカリバーします!
セキュア:ちょっと、アイコンを整理しよう。こうしておいた方が戦闘中は分かりやすかろう。

そこにはこんな画像が現れていた。(下のスクショの時は戦闘機に戻っていた)

dic.pixiv.net

RL:ていうかこれ、戦闘機?ですら無くない?
セキュア:まあ、カット進行が始まれば、自ずと分かることですから。
オリバー:えー!?本体がこれ!?
RL:ヒントは、制御値修正はない。
オリバー:クロガネ!?
イリヤ:私は一体、何に乗っているんだ?(笑)
RL:はーい!ではカット進行じゃよ!
全員:わーい。
イリヤ:すごい。クライマックスなのに自分以外のキャラクターシートが一切分からない!何がどうなっているのか分からない!(一同笑)
RL:戦闘準備プロセスです。
イリヤ:〈瞬間装着〉でペンドラゴンと、ミラービーストを持ってきます。
セキュア:正体不明の乗り物に乗っています。武器はフェイタルゲイズです。
RL:フィーバーはミラージャケットを着ています。
セキュア:フィーバー!この野郎!(笑)
RL:レーザー使いが多くてうれしいぜ!フィーバー!!
オリバー:アタマがおかしいぜこの戦場!!
イリヤ:何がどうなっているのか全くわからない!(笑)
JB:まずは、防具を全部と、レーザー兵器を準備します。
オリバー:え!え!?
影助:みんなレーザーだー。
RL:同志がいっぱいいるぜ!やったぁ!
JB:まさか被るとは思わなかった。(笑)
セキュア:フィーバーを誰も倒せないのでは!?
RL:そこに関しては大丈夫じゃない感じはしてたけど、影助さんいるから大丈夫でしょう!イリヤもレーザーじゃないしね。
イリヤ:ビーム出してるけどレーザーじゃないよ。
影助:大丈夫だぞ!レーザーじゃないぞ。物理だ!クナイをじゃらりと手に持ちます!
オリバー:最初から全部持ってきているけど。防具を全部着て、搭載兵器を構えます。CG21です。
RL:では、セットアップ行きましょうか。一番早いのは、フィーバーか。フィーバー、セットアップは無いかな。次はイリヤ
イリヤ:閃鋼を使用します。CS+6です。
RL:はーい。次は8の人。
セキュア:セットアップは無いです。
JB:〈突入態勢〉。ハートの6を出して、12で成功。ああーもう…使えないのばっかり。とりあえず1歩後ろに移動です。
影助:〈実験体〉〈強化手術〉組み合わせて、ダイヤの10を出して、CS+10です。ニンジャ速い。
セキュア:実際速い!
RL:ゲスト側のCS7の人たち。では、三矢はフィーバーとフェウスのエンゲージに〈加速装置〉〈ジャンヌダルク〉。
イリヤ:タタラ、ミストレス、エグゼク…。
RL:めっちゃ支援型です。ダイヤの7を出して、二人のCSが7点上がります。
セキュア:こわ。しかし忍者は速い!
影助:速いぞ。
RL:しまったなぁ。フィーバーもセットアップすれば良かった。
影助:フィーバー、さらに速くなれるのか…!?
RL:で、さらに与える物理ダメージが+6点されます。
影助:つよい!
RL:じゃあ、フェウスとアレクセイはセットアップは無いです!
オリバー:はーい。私はセットアップはないです。

f:id:Coboler:20190722205543p:plain

第一カット開始時の配置です。

第一カットのイニシアチブは影助8+10、フィーバー10+7、イリヤ9+6、フェウス7+7、JB8、セキュア8、アレクセイ7、三矢7、オリバー6。フェウスだけAR2。

RL:はい!じゃあ、イニシアチブ一番早いのは影助さん!
影助:はーい。じゃあ、動くぞ~。一番目立つやつを狙うか。ムーブアクションで1歩前に移動。その時に〈薬師走り〉を宣言。ヤク漬けにするぞ~。ということで、鬼血を使用して【生命】+1!マイナーアクションでリフトアップを使用。【生命】+1!(一同笑)
RL:ムキムキだ!
影助:【理性】が10で【生命】も10じゃ!〈白兵〉〈飛刃〉〈胡蝶〉を組み合わせてハートのAを出して、達成値は22だ!フィーバーを狙います!

続く。

「氷原の魔法少女」 その4

これの続きです。

daitokaiokayama.hatenablog.com

超越者の意思

JB:どうしよう。一旦離れようかな?このまま突っ込むのであれば、お兄さんは裏で一枚咬みたいんだが。
RL:一枚咬むのであれば、ジューダスさんが一枚咬むシーンを入れよう。
セキュア:思い出した。こっちもそろそろキョウ・カスガと話をするシーンとかした方が良いのだろうか。
RL:実はシーンとして展開できそうなのは、セキュアさん?実はセキュアさんがキョウ・カスガと話をするシーンかな。
セキュア:忘れていた、相棒の存在を…。(笑)私が表舞台に立つから、ジューダスさんは暗躍するんだ。
JB:あっはっは。エカチェリーナ、イズミに話をつけにいく感じにしたいんですけど。
RL:ちなみに言っておきます。エカチェリーナかイズミを調べるとイベントが始まります。
イリヤ:おやー?
セキュア:とりあえず、私は表舞台に立つので、裏で皆は情報収集をしてください。以上。
影助:はい。
RL:敵の方々の情報についても、開いてないですからね。では、シーンプレイヤーはセキュアさん。シーンカードは、シキガミ。どこかで、不機嫌そうにキョウ・カスガは腕を組んでいます。「で、どうだ調子は。」
セキュア:いやあ、すまんすまん。この事態の解決に動いている奴らが居たもんでなー。ちょっと手を貸したくなっちまってよ。はっはっは。
カスガ:事態の解決。魔法少女か。
セキュア:それに、女神マーテルの代わりを務められるかもしれねえ逸材も、見つけたぜ。
カスガ:ほう。そいつは良い。
セキュア:もしかして、ここはキーハンドアウトの公開しどころなのでは?情報共有はなされていないけど、大丈夫ですか?
RL:あー、なるほど。大丈夫です。
セキュア:キーハンドアウト公開しちゃいますね。

キーハンドアウト:PC3
今回のキミとカスガの仕事をバックアップするのは、セフィロトの社長であるニューだ。
手荒な手段を好むカスガとしては珍しく、彼の協力のもと秘密裏に仕事を進めたいのだという。
現在リペツクは、女神マーテルによって単純に統治されているのではなく、彼女の持つ力によって、都市のあらゆる機能が制御されているとみられている。
つまり、単にマーテルを連れ出してしまうと、リペツクとそこに暮らす多くの人間に多大な被害を出してしまうことになる。そこで、マーテルの代わりに都市の機能を制御する方法を見つけ出すこと。これが今回のキミの役目だ。
※真教の“小聖母”ミューと名前が似ているので注意。
PS:ゴエルロ「リペツク」の安定を守る

セキュア:というわけで、先は越されちまったが、こちらはこちらで、"女神"マーテルをこの街から切り離す算段も付いたわけだ。ということで、女神様をセフィロトに引き渡すのが我々の仕事だったのだよ。な、なんだってー。
オリバー:なんだってー!
RL:セフィロトで保護するんだよ!「まあ、代わりを見つけてこねえと、あいつは頑として動かねえからな。」
セキュア:役に立つ情報になったんだったら、ありがてえ。個人的にも、この街はなかなかいい街だと思ってるからな。できれば長続きしてほしいところだ。
カスガ:お前がそういう興味を持つとは珍しいな。なかなか楽しそうじゃないか。
セキュア:ああ。結構、俺自身も熱くなっちまって驚いてんだよ。こんなに約束をすっぽかしたのも久しぶりだ。
カスガ:全くだ。あとは、あの先を越している連中にどう一泡吹かせるかだな。
セキュア:そこに関しちゃあ、今動いている魔法少女連中、あとは独自に調べている連中が何とか切り開いてくれることを願うばかりだ。
カスガ:あの連中の首を取りに行くってんなら、力は当然貸すぜ。そもそも俺が得意なのは、そっちだからな。
セキュア:一応、こっちの方で考えてる作戦も、お前のところに流しておくことにしよう。それで少しは動きやすくなるだろう。いやしかし、何だなあ。なかなかの大事になってきた!こりゃあ、俺も久々に切り札を使わなきゃいけねえかもな。
カスガ:そういえば、見たことがないな。お前のその、切り札とやらは。
セキュア:今回初めて、お前に見せてやれるかもしれないぜ。幸い、今回は閉鎖された町ってことだからな。俺も気兼ねなくやれる。
カスガ:楽しみだよ。その切り札とやらがな。
セキュア:おお、楽しみにしとけ!まあ使わねえに越したことはねえがなぁ。連絡はこれくらいにしておこうか。どこで誰が聞いているかわかりゃしねえからな。
カスガ:全くだ。
JB:どうしよ…。(笑)
RL:え?
セキュア:良いですよ?
JB:ええ!?噛みに来て良いんなら、噛むよ!?
セキュア:登場するなりなんなり、どうぞ。RL、社会は…?
RL:〈社会:ストリート、リペツク、テクノロジー〉で10かな。
JB:はい。ではストリート…また君は2点払わないといけないのか…。(笑)というわけで、2点支払ってでも噛みに行くよ!ダイヤの5を出して達成値10だよ!…といったところで。「おっと。面白い話をしているね。」
RL:無言で、キョウ・カスガは右手を向けます。
JB:おやおや。物騒なことは止めて頂けるかな。どちらかというと、君たちに都合のいい側の人間なんだ。
RL:じゃあ、カスガはセキュアのほうに目配せします。
セキュア:いや、まだ良い。こいつは、今の状況では思うように動けていないはずだ。
JB:そうだね。どちらかというと、君たちの手のひらの上で転がされているような感があるが、それも一興だろう。
セキュア:人聞きの悪いことを言うのはやめてくれよ。お互い腹の探り合いなしで、利害関係の一致ってやつがしたいのさ。
JB:OK。じゃあ、手の内を明かそう。といったところで、こっちもキーハンドアウトを明かそう。公開します。

キーハンドアウト:PC4
コネ:“小聖母”ミュー(理性:信頼)
公開条件:いつでも
情報:「リペツクを狙う存在」
キミは、真教の秘密組織、聖母直属の剣十字修道会の一員だ。
今回キミに与えられた使命は、リペツクを統治する女神マーテルの保護である。
現在、彼女は何者かに狙われており助けが必要な状況にあるのだという。
ゴエルロの利権独占を狙う企業や犯罪組織、あるいは彼女の「ある力」を狙うものなど考えられる敵は多い。それを明らかにし、マーテルを守ることが、今回キミに与えられた使命だ。
PS:マーテルの安全を守る

JB:「俺の雇い主が引き受けた仕事はね、あくまでマーテルの保護だ。そして、ゴエルロもとりあえずあのお嬢さんを犠牲にすることにはなるが、通常通り機能する可能性は高いだろう。であれば、それこそ君たちが保護しようと…」えっと、ミューだっけ?
RL:あなたのクライアントはミューです。セキュアたちをバックアップしているのは、ニュー。
JB:ニューだね。「まあ、依頼主は若干異なりはするが、どういう形であれ保護するなら、こっちの依頼主も文句は言わないだろうし。」
セキュア:まあ、セフィロトで保護するって言ってるからな。
JB:ニューとかいうお偉いさんが保護するってことなら、こっちのことを話しても良いだろう。
セキュア:なるほどね。お互いクライアント同士も縁があるってことか。
JB:ああ。後で調整もしやすいだろう。
セキュア:俺としては、そこらへんの事情はよく知らねえ。興味もあまりないし。どうやら、お互いこの状況を持って行きたい方向性は同じということだな。
JB:ま、そうなるね。
カスガ:あの小娘、この状況を察知してやがったか。まあ、あいつはあいつで動きたがるから仕方がない。
JB:ということで、おせっかいの延長上ということで、俺もまた、あんたらに対しておせっかいを焼くって事で、良いかな。
セキュア:俺はそれで構わねえさ。カスガもそれで納得してくれるか?
カスガ:お前が言うなら仕方がねえな。どのみち、俺ひとりの手じゃあ今回の件は手に余る。出処が分かった手を借りられるんなら、大歓迎だ。
JB:OK。交渉成立ということで。ま、イリヤだったっけ?あのお嬢ちゃんには泣いてもらうしかないのかもしれないが…。
セキュア:そこまで含めて丸く収まることが、ある意味理想なんだけどな。どうせなら、夢のある道を選びたいじゃねえか!
JB:夢、ねえ。
セキュア:ま、そういうわけだ。悪い。俺はこういう性格なもんでよー。ちょっとカスガに間に立ってもらわなきゃあ、話が上手くまとまらないと思ってな。なんかコソコソつけてる感はあったんで。話はしたいと思ってたんだがな。
カスガ:手前、相変わらず良い性格してやがるぜ。
セキュア:ははは。
JB:やれやれ、やはりこいつの方が一枚上手らしい。
セキュア:そりゃあ、どうだかねえ。こっちは好きに生きているだけだからなあ。
JB:羨ましい限りだね。こちらは宮仕えの身でね。
セキュア:そいつは気の毒に。まあ、俺も追われる身っちゃ追われる身なんだがね。
JB:おっと?興味ありげにはしているけど、深くは突っ込まないよ。
RL:どういうことなんだろうね?(笑)
セキュア:しょうもないオチだから、気にしなくても大丈夫だからね!というわけで、商談がまとまった。情報収集してからシーン終了かな。
RL:何を調べますか?
セキュア:フィーバーを調べよう!(笑)〈社会:ストリート〉で、情報収集には+4乗っているので、ハートのQを出して16でどうですか!
RL:差分値3です。【毒島学】制御値:“フィーバー”の二つ名を持つ派手な男。レーザー武器をこよなく愛し、レーザーソードとレーザー銃の両方を巧みに操る。周囲にマイクロマシンを散布し、レーザーを反射させるという。すごいキラキラします。
セキュア:レーザーか。今、反射するって言いましたよね?
JB:嫌な予感がすごくするんだけど。(笑)私の天敵な感じがするんだけど…。
セキュア:ま、何とかしましょう。こいつを最優先で撃破なのは間違いないでしょうけど。
JB:じゃ、イズミ行こうか。〈社会:ストリート〉でダイヤの8を出して、
RL:【"金の雪の"イズミ】クロガネ、バサラ●、マネキン◎。〈フォルム:ガジェット〉、〈元力:生物〉、〈人鞘〉「元力回路」。金髪ツインテールの少女、協調しているクロガネの力により植物を操るバサラ能力を得た魔法少女である。エカチェリーナには憧れと同時に、彼女の万能さに対して強い対抗心を抱いている。というわけで、シーン終了です。では、舞台裏でーす。

イリヤ:クロセルについて調べます。〈社会:アストラル〉でハートの4を出して達成値は10。
RL:【クロセル】⑩ソロモン72柱の一人。温泉を探り当てたり、幻の水音を聞かせるなどの能力を持つという。
イリヤ:温泉…?
RL:それではオリバーさん。
オリバー:アレクセイを調べます。〈社会:軍事〉でダイヤの9を出して、マイナーアクションでコッペリオンを使うと達成値は18です。
RL:差分値8です。制御値:かつての千早=イワサキ戦争で失態を犯し、事実上の更迭として閑職であるゴエルロの企業軍司令補佐に追いやられた人物。大金を得る機会と、本社に復讐する機会を狙っている。忠誠心はゼロですね。⑩キャストが3名以下の場合はエキストラ⑫キャストが5名以上の場合は《完全偽装》を〈忠義者〉として使用する。それ以外の場合は使用しない。
オリバー:なるほど。最低野郎じゃん。
RL:最低野郎です!遠慮なくぶった切って良いヤツです。(笑)じゃあ我胴さん。
影助:はいはーい。エカチェリーナについて調べます。〈社会:ストリート〉でダイヤの4を出して、報酬点を1点使って10にします。
RL:【"白銀の"エカチェリーナ】クロガネ、カリスマ◎、ニューロ●。〈フォルム:アイコン〉、〈マニピュレータ〉、〈騒霊〉義体、スーツなので人間同様の部位がわりとあります。長身銀髪の魔法少女。全身義体を巧みに操り、なんでもそつなくこなす。格闘戦が得意。基本的に宮殿から出られないプリメラに代わり、都市内で前線指揮をとることが多い。
影助:はい。

作戦会議

RL:"金の雪の"イズミと"白銀の"エカチェリーナの情報が明らかになったら、ふたりと遭遇するイベントが発生します。登場は、全員かな?
オリバー:はい。
影助:大丈夫でーす。
RL:次のシーンカードは、カゲ。キョウ・カスガは一旦退場かな。では皆さんが、宮殿の方面に向かっていると、いかにも魔法少女な方々が、チンピラどもを抑えているのが目に入ります。銀髪の女性が、徒手空拳で次々と倒していき、その隙を狙って攻撃しようとする連中を、金髪の少女が植物を操って攻撃を止めるというコンビネーションで次々とレッガー達を制圧していきます。片が付くと、あなた達に気づきます。イズミが話しかけてきます。「イリヤ、無事だったの。よかった。」
イリヤ:私は、大丈夫です。二人も、無事そうだね。
イズミ:もちろん。あたしとお姉さまのコンビが負けるわけがないじゃない!
イリヤ:「そうだね~。いつも二人で色々やってるもんね。それに比べて私は。」手に持っているステッキに目を落とします。(笑)
RL:まあね…。「イリヤちゃん、最年少だもんね。」
イリヤ:そうだね~!!
エカチェリーナ:まあ、イズミちゃんはコンビでやってるというより、私に対抗してやってるってところがありますけどね。
イリヤ:それはちょっと、見てても分かるっていうか。ははは。(棒読み)
エカチェリーナイリヤちゃん、顔が引きつっているけど、どうかしたの。その人たちは?
イリヤ:そんなことないよ…この人たちは、宮殿に入れなくなって、女神様を助け出すのを手伝ってくれるってことで、ついてきてくれている人たち、みたいな。
エカチェリーナ:なるほど。でも宮殿は内部から封鎖されているから…あそこを突破するのは難しいわ。
イリヤ:だよね。
イズミ:防御用のエネルギーフィールドが作動しているから、城壁を壊したり、空を飛んで入ることもできないの。
イリヤ:そこは何とかなるんじゃないかと思っているんだけど…。
エカチェリーナ:あれは敵が作った防壁プログラムでコントロールされていて、そしてそれが、何かの力によって、壊れてもまた再生するようになっているの。一回試してみたんだけど。
イリヤ:でも、少し穴があけられるんだったら、その間に中に入ったりはできないの?
エカチェリーナ:それも難しいでしょうね。投石器で飛ばして、エネルギーフィールドに当たる直前に攻撃するとかしたら、行けるかしら。
イリヤ:ひええ…。
エカチェリーナ:冗談よ。おそらく、あの結界の作者のやり方が分かれば、再生する元と一緒に叩くことで、きっと対応できるわ。
イリヤ:再生している元と一緒に、上から叩く、みたいな?えっと…詳しい人~!(笑)
セキュア:まあ、俺の専門外だが。そういえば、その防壁を作ったやつの名前は"赤い月の魔法使い"フェウスとか言ったっけな。
エカチェリーナ:なんか、イリヤちゃんの名前と似てるわね。
イリヤ:なんで…この名前自分でつけたわけじゃないんだけど…。なんで!?(笑)
RL:なんでだろう!
オリバー:赤い月…もしかして、ナイトウィザード関係ですか。
JB:ふっふっふ!(笑)
イリヤ:こっちとは全く関係がない。(笑)
JB:RL。これはぶっちゃけ、神業で破壊?
RL:その辺の話はこれからします!「私とお姉さまの二人で、どちらかの結界は破ることができるから。ウェブとアストラルが相互に再生しあうのなら、どちらかを潰してくれれば、同時にこっちでもう片方を破壊することができるわ。」具体的には、《天変地異》でアストラルの結界を破壊するか、《電脳神》でウェブの結界を破壊するかすれば、この二人がもう片方の結界を破壊して、中に入れるようにします。
影助:なるほど。
イズミ:それからあと、中に入るならなんだけど…前にプリメラが、宮殿の地下に通じる隠し通路があるっていうの。
イリヤ:隠し通路?
イズミ:どこにあるのかとかは、全然私には分からないんだけど。
イリヤ:私も聞いたことがないなあ。「知ってる?」って杖に聞きます。
RL:〈社会:企業、ストリート、リペツク〉の判定をしてくれ。15、17の判定に成功すると、知っていることになるぞ。と杖が答えます。
イリヤ:メターい!(笑)じゃあ、〈社会:ストリート〉で判定します。クラブの9を出して、1足りないので報酬点を1点払って達成値は17です。
ルビー:隠し通路?工業プラントエリアに資材を運ぶのに使ったらしいぞ。
イリヤ:知ってたんなら言ってよ!!
ルビー:すまねえ忘れてたんだ!どちらにせよ、行ったとしても使えるかどうかはわからん。この区画に入口があるんだが、この辺の設備は封印されているからな。おそらくマーテル様の認証キーが必要だぜ。
イリヤ:認証キー?ああ、そっか。適合率とかはあるみたいだけど…動かせるのなら、やってみる価値はあるのかな。
イズミ:適合率?なんの話?
イリヤ:じゃあ、今までに聞いた話をかくかくしかじかします。多分だいたいこいつのせいです。
ルビー:こいつのせいとは何だよおいぃ!
イリヤ:「あんたのせいで!!えい!!」と言って、八つ当たりのように、杖を壁にたたきつけます。(笑)何でいつもこうなるの!?…これで何とかなるんだったら、私、やるよ。
オリバー:その地下通路っていうのにも結界が適用されているような気がするんですけど、実際どうなんですか?
RL:地下通路は、そもそも敵側が知らない情報なので、あと宮殿の地図に載っていないエリアに直通しているので。先方の結界のエリアの外です。ただし、地下通路を通るには、そのために《万能道具》が必要です。
セキュア:まあ奇襲をかけるなら、こっちの方が良いが…。
オリバー:結局神業が居るのか。でも神業が余っても良くないし使うのが良いかもしれないですね。
セキュア:リソースはいっぱいあるね。
影助:今のところ、見えている万能系神業はニューロだけしかない気がするけど。

全員のスタイルがお互いに分かっていないので、ここで《万能道具》を使った後に《神出鬼没》が必要になった場合について考えるプレイヤーたちであった。

オリバー:これ、隠し通路から入って敵の意表を突くほうがそれっぽいですよね。
影助:スマートですね。
セキュア:神業変更技能がない《天変地異》があるなら、ここが打ちどころかなという気がしないでもないですけど。だからどうしたっていう話でもあるんですけど。こういう時は主人公に判断を仰ぐのが通例ですかね。
JB:だって、どっちの神業もあなたじゃん!
イリヤ:そうだった!(笑)
RL:どっちか片方だけ使っても、両方いっぺんに使っても良いですよ。
セキュア:それは楽しいが…。
イリヤ:これで打ち止めになるから、あとヨロシクな!まあ、正面突破でも意味はあるんだと思うんですよ。
オリバー:確かになあ。ここは派手に行くべきか。
イリヤ魔法少女だったら、正面から行くでしょう。何も考えずに脳筋で行く魔法少女の方が多い気がする。(一同笑)裏手から入って敵の意表を突く魔法少女は見たことがない。
セキュア:それは、愛と勇気が全てを解決してくれる世界の魔法少女の話ですね!
影助:やっぱ魔法少女は正面突破かー!?
セキュア:でも、彼女は素直に正面突破するとは思えないんだよな。
オリバー:確かに!安パイを取りそうな気がする。
イリヤ:でも、杖のせいにして、どっちからでも行く可能性はあるんだよな。
セキュア:あとは、どっちがより美味しいかですね。
RL:メタな話をしますと、どっちから行っても最終的にぶつかる敵の数は変わりません。まあ、そりゃあそうですね。単純に、味方を二手に分けてぶつけた場合は、挟み撃ちの形になるな。
オリバー:でも、神業は2つ必要なんですよね。
RL:それから、キャスト以外に他の魔法少女やキョウ・カスガもいるじゃん。それを地上か地下かどっちか片方から突っ込ませると、トループ位は片付けてくれる。挟み撃ちにしても、他の連中がトループくらいは片付けてくれる。
影助:なるほど。つまり《天変地異》1発分。
イリヤ:でも5人もいるから、神業2つ使っても良いか~!やっぱり2方面作戦で遊びましょう。

作戦が決まったため、ここで正面突破したい人と、裏口から入りたい人を選ぶ。セキュアとオリバーは正面、裏口は影助とJB。イリヤは最初正面から行きたいと言っていたが、裏口を開けるためにはイリヤが直接行く必要があるとのことなので、イリヤは裏口に一度は行かざるを得ないことが分かる。でも裏口から行く人たちを見送るくらいで良いとのことなので、イリヤは結局正面から行くか、裏口から行くのか、どう動くかまた考えることに。

イリヤ:悩むなー。…真正面から行こう!裏口よりも、映えるよ!
RL:はーい。
影助:そうだね。裏口では忍者がコソコソするから、大丈夫よ。(笑)
セキュア:そのための、忍者!
JB:とりあえず、表がセキュアさんととオリバーさんで、裏が影助さんとジューダスで良いのかな。
全員:はい。
イリヤ:じゃあ、私、裏口を開けてくるからちょっと待っててね。
RL:「さすがにこの二人だけど裏から回させるわけにはいかないわね。」というわけで、魔法少女が何人か付いてきてくれるそうです。
JB:そうだね!(笑)
影助:でも、アリーサさんは無理ですよね!3メートルはさすがに隠密できないですよね!
RL:何を言っているんですか!機材搬入口って言いましたよね。大規模な資材を運ぶ時に使った設備ですよ。
オリバー:なるほど。大きいのか!アーマードコアによく出てくるやつや!
影助:それなら大丈夫だ。やった。
セキュア:むしろ、作業が終わったあとにバリケードとかで塞がれてた場合には、ウォーカーが居たら安心!
影助:じゃあ、こっちに来てもらおう。
イリヤ:カスガはどうしよう?
RL:カスガは、セキュアと同じチームで動きます。
セキュア:結界が解けたら、宮殿の窓から飛び込んで、上手いことやってくれると信じています。
オリバー:ていうか、カスガのことは私らは知らないのではないかと…。
RL:イエス。(笑)
イリヤ:知らないわー。
RL:とりあえず、アカリンとアリーサが裏口で、エカチェリーナとイズミが表かな。
イリヤ:あたしはまず裏口を開けて、その後に結界を破壊して乗り込めば、何とかなるんじゃないかな!わかんないけど!
オリバー:やってみるしかないですねー。でも、表で暴れていたら、街の人たちも応援してくれると思うので。魔法少女軍、士気上昇!って感じで押し切れると思います。(笑)
セキュア:なるだけ派手に盛り上げていこうぜ、ここは。
影助:うむ。裏方の目立たないことは、我々に任されよ。(笑)
イリヤ:よく分からないけど、よろしく。
JB:エカチェリーナの適合率調べていい?
RL:はーい。どうぞ。
JB:スペードの5を出して、〈電脳〉で10は出ます。
RL:97%。
セキュア:おっ?高い。
JB:えーっと、この事については黙っておきます!(笑)
イリヤ:あれぇ?全部こっちに押し付けられに来ている気がするぞ!
セキュア:じゃあ、私も屑札回しがてらイズミさんを調べておくかな。クラブの4を出して、達成値は12。
RL:イズミは、93%。
セキュア:おしい。頑張ってる。
JB:できれば一名確保しておきたいところだが、この象徴を動かしてもいかんしな。
イリヤ:裏でこうなっていることは、つゆ知らず。
影助:つゆ知らず。
セキュア:私も特に何か言うわけではないんですが、イズミさんには意味深な言葉をかけます。「がんばれよ!」
RL:「なんかムカつくわね!!」(笑)「まあまあ、イズミちゃん。それで、私たちは周りの連中をおびき寄せて、陽動をしていればいいのかしら?」
イリヤ:うん。お願い。まずは、裏口を開けて、私はすぐにそこから帰ってくるから。それから一緒に結界を壊して、乗り込めばいいと思う。
イズミ:マーテル様のこと、頼んだわよ。よろしくね。それに、プリメラとミクちゃんが中にいるはずだから。結界を破ったら、その二人とも連絡が取れるようになるはずだけど。
イリヤ:「じゃあ、そっちにも連絡を入れてみるね。やってみないと分からないけど。じゃ、認証とか、やってみるから!」といって、裏口のほうに向かいます。

クロセル

RL:では、一旦シーンをここで切り替えましょう。シーンカードはトーキー。ではイベント、ルーラーシーンです。三矢丈二率いる連中がぞろぞろと。宮殿の地下にある大きな扉の前にいます。「まさか宮殿の地下にこのようなものがあるとは。この先はどうなってる?」「この先は、私の調査でも見通せませんでした。地図にも載っていない空間です。」「依頼主の欲している姫君はこの先か。よし。では行くぞ。」巨大な扉がゆっくりと開き、彼らは中にぞろぞろと入って行きます。というところでシーン終了です。
オリバー:気づかれとる!
RL:いや、気づいていないよ。
オリバー:そうなんですか?
RL:彼らは自分らの目的のために邁進しているだけで、魔法少女の動きを知っているわけではないです。
オリバー:こっちの動きが知られたっていうことではないんですね。
影助:ふむふむ。
RL:彼らは宮殿の地下にある巨大な空間に気が付いたというシーンです。
セキュア:宮殿の地下といえば…アレがあるとかいう情報がありましたねえ。アレは恐らく、アレですね。(笑)
JB:アレの情報出てたっけ?
RL:出てない気がするね。
セキュア:そういえば、【クロセル】についてはまだ調べていないな。
RL:というわけで、舞台裏判定です!イリヤさんから。
全員:はーい。
イリヤ:どうしよう。調べるかな。でもスキヤキを買うかな。つまみ食い。…じゃあ、ダイアのAで。
影助:すごい。豪華なスキヤキだ。
RL:まあ、イリヤちゃん外界使わないもんね。次はオリバーさん。
オリバー:何もしないです。
RL:はーい。次はセキュアさん。
セキュア:では、こんな時だからパァーッとお金を使いましょう。【"魔法少女"プリメラ】について調べます。外に出られないっていう情報が気になっているんですよ。答え合わせがしたい。というわけで、〈社会:N◎VA〉で判定。クラブの3で、-3修正があるので、報酬点を1点使って10に。
RL:はい。【"魔法少女"プリメラ】クロガネ●,カブキ,イヌ◎。〈フォルム:ヒューマン〉一番最初に魔法少女になった人物で、彼女のみ二つ名を持たない。マーテルの側近として宮殿で働いている。繋がれていて物理的に出られないという感じではないです。
セキュア:なるほど。世話役としてずっと詰めているということなんですね。
RL:宮殿から他のすべての魔法少女に対しての指示を出しています。全ての魔法少女を束ねるリーダーであり、治安維持の責任者でもあります。強権的なところは無く温和な性格。なので、指示が出ていなくて大騒動になっているんですね。では次、ジューダスさん。
JB:はーい。というわけで、【クロセル】。〈社会:企業〉で、クラブのAを出して21。
RL:⑫ルテチアが開発していた、エネルギー供給システム。およびその制御用AIの名称。
⑬大規模なシステムであり、ハード部分の開発を千早重工と共同で行っていた。⑮自律型の地熱発電施設であり、高い発電効率に加えて、地熱資源を探索して岩盤の掘削を行う機能を持ったものになるはずであったが、同名の制御用AIが行方不明になったため、計画は中断した。⑰10年前にリペツクにそれらしい機材が搬入された記録がある。
JB:答え合わせになったかな。
セキュア:だが、そう簡単に進めば事件など起こりえないのである。(笑)我々がいるということは、そこに何か事件が起こったということである!
RL:はい。次は我胴さん。
影助:調べると戦闘ができなくなるので、止めておきます!(笑)

開け!ゴマ!

RL:じゃあ、次のシーンに行きますね。裏口組とイリヤのシーンからです。シーンカードは、アヤカシ。
イリヤ:はーい。
JB:停滞、の逆位置か。
RL:まあここから、停滞していたところから何とか進んでくれますよ。では、工業エリアの封鎖された区画に、巨大なシャフト、斜めに下っていくようなエレベーターがあります。ですが、地下の方へと進んでいくルートは扉がふさがっていて、さらにシステムも電源は生きてはいるものの、稼働はしていないようです。
イリヤ:うーんと。これをどうにかすれば、動くようになるんだっけ。
ルビー:ああ、そうだな。コントロールパネルか何かが、その辺にないか?
イリヤ:えーっと。探すけど、ありますか?
RL:それらしいものがあります。全画面タッチパネルのようなやつが。
イリヤ:じゃあ、押します。えい。
RL:あなたが手を触れると、パッと画面に光が灯り、施設が半分稼働し始めたような感じがします。
イリヤ:わー。すごい。
ルビー:おお良かった。どうやら生きてるみたいだな。
イリヤ:これは、扉を開くにはあれかなぁ。
RL:では、扉を開こうとすると、まずエラーになります。
イリヤ:やっぱり私じゃだめか。女神様の力を使わなきゃだめなんだよね。うーん、あんまり実感はわかないけど、使ってみれば、できたりするのかな。できるみたいなことを言われたし。
ルビー:そうそう。イリヤがちゃんと女神様の力を受け入れてだな…
イリヤ:えいっ!!(一同爆笑)うりゃ!
ルビー:いたーっ!最後まで言わせ~!(笑)
JB:さて、お嬢さん。遊ぶのはいいが、そろそろ開けてくれないかな。
イリヤ:「ちょっと待ってね。こいつを黙らせてからやるから。」と言って、こう、こいつを引きずりだして、女神様の力を受け入れる形にして、《神出鬼没》を使用します。
RL:はい。なんか一瞬、あなたの心に女神様の声が聞こえたような気がします。何と言ったかは私には分からないけど。
イリヤ:きっと気のせい。
RL:次の瞬間、画面が切り替わり、システムが動き出します。システムはあなたの入力を待っています。
イリヤ:開け!ゴマ!
RL:「コマンドの入力を確認しました。」
イリヤ:開いたー!
JB:ザル!!(笑)
RL:「クロセル 認証コード 確認」とか出てるよ。
JB:うん、分かってるけどさあ。
RL:というわけで、皆さんの足元の巨大な扉がゆっくりと音を立てて動いていきます。「あとはこっちのパネルの操作で動きそうよ。」
イリヤ:開いたみたいだし。私は正面に戻って、表からドンパチやってくるから。
影助:うむ。ではまた!宮殿の中で。
イリヤ:じゃあ、イリヤはブースターを吹かして、正面の方に移動します。
オリバー:ブースターを吹かす!?杖にそんな機能が…?
セキュア魔法少女強い。
RL魔法少女だからそんな機能もあるんですよ。空くらい飛べる!
イリヤ:よく空中に浮いてる魔法少女だから。
RL:「OK、イリヤちゃん!女神様のところで会いましょう。」アリーサも多分飛べるよ。
JB:おう…!
オリバー:まあ、飛べるやろうな…?
イリヤ:うん、分かった!私がどっちになってるのか分かんないけど。とりあえず、分かった!
RL:というわけで、アカリンがパネルを操作すると、4人を乗せたエレベーターは、そのままゆっくりと地下へと潜っていったというところで、シーンを終了かな。表側のシーンです。

派手に行こうぜ 

イリヤ:飛んで帰ってきます。
RL:では、イリヤちゃん飛んで帰ってきました。
オリバー:ウオオ…帰ってきた。すごい。
セキュア:おお。何だ、自分で飛べるのか。
イリヤ:まあ、一応。
セキュア:どうせ派手にやるならと思ってな。ちょっと秘密兵器を用意させてもらったんだけど。
オリバー:えっ?
イリヤ:秘密兵器?
セキュア:どうせなら、何かでっかいのに乗って、デンドンデンドン!って感じに行った方が絶対盛り上がるだろ?
RL:ハハハ!(笑)
セキュア:だから、戦闘機を用意させてもらったぜ!
イリヤ:戦闘機!?
オリバー:えっ?ええ?!ちょっ!?どういうこと!?
セキュア:これの正体は、カット進行に入ったら分かるぜ!
JB:一体何が始まるんです!?(笑)
オリバー:第三次大戦か!!これで爆撃でもしてくれるんですか!?(笑)
セキュア:突入するんなら、乗り物でもあった方が良いだろうと思ってな!
イリヤ:上に乗って、マシンガン撃ちましょうか?
JBジェット機の上に乗って、カリバーするんじゃないの?
イリヤ:それはね、考えた!(笑)
セキュア:まあ、足場は用意したから、うまいこと派手にやってくれよ!
オリバー:せっかくなので、乗っていきましょう。
イリヤ:うまく合わせられるかわからないけど、やってみるね!エカチェリーナとイズミにアイコンタクトをして。
RL:二人はそれを見て、頷きます。そして、準備を始めます。
イリヤ:じゃあ、《天変地異》を使って壊します!
RL:では、エカチェリーナが、イメージ的には《電脳神》を使います!
イリヤ:じゃあ、こっちはこう、カリバーのポーズをします。「インストール!」チャキーン!って、剣を取り出して、「カリバー!」ってします。
RL:では宮殿を覆っていた障壁が割れ、復活しようとしますが、それが急速に止まり、崩壊が進んでいきます。「後は頼んだわ。そっちはお願いね。」
イリヤ:「うん!」と言って、カリバー状態でそのまま戦闘機の上に乗って。「行けそうですか!?」って言います。
セキュア:「おう!しっかりつかまってろよ!ちょっと手荒だが、相手の虚を突くならこれが一番だぜ!」って言って突っ込んでいきます。
オリバー:派手すぎるー!
RL:さて、では描写2!そのままシーンを続けます!
イリヤ:これ後で絶対プリメラに怒られるぞ。(笑)
オリバー:これ対空砲火とかされるんじゃないですか!?怖いんですけどー!!
RL:対空砲向いてますね。
オリバー:やっぱりー!(笑)みんなヘルメットの上に座れ!尻を撃たれるぞー!
RL:では、宮殿の敷地内に入ると、戦闘機っぽいものの侵入を感知して、イリヤに連絡が入ります。鏡の魔法少女ミクからですね。「イリヤちゃん!?そこで何をしているの!?」
イリヤ:なんかゴメンね!結界を破ったからとりあえず女神様の救出に来たんだけどー!!
ミク:それは、味方でいいのよね!?
イリヤ:うん!多分!
オリバー:味方です!!味方だから撃たないでー!(笑)
セキュア:すまねえな!あんまり派手にやりすぎないようには気を付けるが…
RL:どうしよう!?ちょっと待ってね!?そうやって表から突っ込んでくるのはあんまり想定してなかった!(笑)普通ドーム都市に戦闘機が突っ込んでくるなんて想定しないじゃん!
オリバー:確かに!ドーム都市でしたねここ!(笑)なんだろう。どさくさに紛れて国籍不明機が領空侵犯しに来たみたいだよ!
セキュア:ちゃんとあの…チェックインしましたよ…?近くの空港からきちんと…搬入口を通って…(一同笑)
オリバー:どうなっているんだー!世の中不思議なことだらけ!
ミク:でしたら、そこから向かって右側の方に、地下に入るためのルートがあります!そこからでしたら入れるはずです!
セキュア:あ~!助かる!俺もあんまり歴史のある建物を壊したくはねえからな!助かるぜ!
ミク:ぶつかられると痛いのでやめてくださいね!(笑)
セキュア:そっちかー!そっちか~!
ミク:マーテル様は今、地下深くにいます!そのままルートの部分だけライトをつけるので、それに従って進んでください!
セキュア:了解だ!できるだけ傷つけないように、繊細に迅速に向かわせてもらうぜ!
オリバー:繊細に!?
イリヤ:戦闘機の上に立って進んでいくなんて、ちょっと楽しいかも!(笑)
オリバー:確かにかっこいいけど!!(笑)
RL:では、扉の前を固めていた傭兵たちが、「何だあれは!」「うわー!」と言いながら。(笑)ルーラーシーンで三矢が開けた扉の前に居た傭兵部隊が蹴散らされます。
セキュア:車両用の入り口はあんまり好かねえんだがなあ。魂の通ったやつだってんなら、疵つけるわけにはいかねえな。
イリヤ:どっか壊れたら、私たちそのまま生き埋めになるとかありそうだから、気を付けてください!(笑)
セキュア:「大丈夫!何とかするから!!」さっきミクさんに気圧されてしまったようです。(笑)
オリバー:まさかゴエルロに来て戦闘機に乗せられるなんて思ってもいなかったァーッ!
ミク:プリメラさんは地下にいます!地下の区画は私のエリア外なので、まだ繋がらないのですが、結界が解けたので、これから外の皆さんまで繋がるようにします!イリヤちゃんも気を付けてください!
イリヤ:分かった。ありがとう!私は女神様を何とかしに行くから!
RL:「お願いしますね!」という声が聞こえると、急激に気配が遠ざかっていきます。今まではきれいにコンクリとかパネルが張られた壁だったのですが、どんどん洞窟のような感じになっていきます。奥に進むにつれて、気温と湿度がどんどん上がっていった気がします。
イリヤ:なんか、嫌な予感がする。
オリバー:怖い。
セキュア:発電…とかしてるんだっけ?
オリバー地熱発電でしたっけ。
イリヤ:なんか、そんなのしてたって、言ってた気がする。さっきの胡散臭い人が言ってた気がする。(笑)
RL:胡散臭い人。
JB:臭くなっている。
セキュア:陽動が効いているうちに、さっさと合流するぞ。
RL:では、奥の方にどんどん飛んで行っているところで、一旦カメラを切り替えます。
影助:はーい。

次の記事に続く。 

「氷原の魔法少女」 その3

これの続きです。

daitokaiokayama.hatenablog.com

全員集合 

RL:というわけで次のシーンですが。何かやりたい人はいる?
JB:私、出てきたところで毒づくことしかできない人間。(一同笑)
オリバー:この人、何なんだろうな…。
セキュア:良いんじゃないですか?(笑)
RL:なになに?ジューダスさんが出てきて一人で毒づくシーン?できれば合流してほしいな!(笑)
オリバー:というか、登場判定に失敗して手札を回したいです…誰かについて登場するとかで…ぐぬぬ
イリヤ:じゃあ、イリヤのシーンが良いですか?
RL:では、再び魔法少女のシーンかな。
オリバー:はーい。
イリヤ:裏で調べたことを見て、「えーっ!?」って言ってます。裏路地の方からそんな声が聞こえてきて、黙って裏路地から出てきます。
オリバー:ええー…?
セキュア:えー?
RL:はっはっは。(笑)そうか!まだ今の段階では共有していないんですね。
オリバー:そうそう!
セキュア:のっぴきならないことがあったらしいねえ。
JB:先生~!登場判定~!
セキュア:来た!!
RL:まずは同行者を決めましょう!というわけで、イリヤが路地裏から出てくると、その場にいるのは?
オリバー:はーい。
セキュア:私も出ておきましょう。協力すると言った手前。
RL:はーい。ちなみに、キョウ・カスガは連れてきますか?
セキュア:キョウ・カスガはまだ連れてこないよ!(笑)さすがにね!気になることもあるしね!
JB:先生~!アリーサに外見を偽装した隠密で登場しても良いですか?
RL:うわ!?アリーサに!?
JB:私なら可能なはずだが!?
オリバー:え…できるの?そんなこと…。
影助:すごい。
RL:んー………。
JB:さすがに無理か…?
オリバー:ほかの人はともかく、このウォーカーは無理なのではないでしょうか?
セキュア:どこまでを外見と定義するかっていう話ですかね。
RL:うーん。数メートルあるウォーカーなので、少なくとも、周りが見破る際の〈知覚〉の目標値は上がりますね。だって、足音がしない。
JB:せやな!?外見は同じでも足音はバレますな!?この大きさだと。
RL:あの子はドスーン!ドスーン!って歩くよ。
JB:んー。となってくると、普通に登場した方が良いか。〈社会:ストリート〉?
RL:そうですね。〈社会:ストリート、企業〉です。とりあえず同行者の方は登場判定に失敗しちゃってください。
オリバー:はーい。なんかもうフル武装して出てきても問題なさそうな感じがしますね。
イリヤ:今たぶん治安の関係が完全に死んでるんで、大丈夫です。
オリバー:よし…(手札を引いて)なんで!?もうダメだ!
RL:うーん、オリバーさん大変そう。
オリバー:ほしい人が居るかもしれないなって位高い目のクラブに呪われている…。「この仕事向いてないんじゃないかな…」とかボソボソ言ってます…。
セキュア:慣れないことをするのは大変なもんさ、というわけで私はこのままで良いので大丈夫ですー。備前先生、出番です!
JB備前先生、ただ単に見破られるだけだったらもったいないんで、普通に登場しようか。普通に登場!でもカネを払う!
RL:はーい。
JB:〈社会:企業〉で判定!報酬点がいつのまにか4点まで減ってる!(笑)
RL:まあ、お金を払った効果はありました。
JB:ということで達成値は10!
イリヤ:影助さんは来る?
影助:影助もせっかくだから、貰った子蜘蛛の自動登場で。行きまーす。
オリバー:じゃあ、いかにも忍者な人を見たら、「あっ!!忍者!!!」とか言いたくなるよね。
イリヤ:あ!遠くに何かいる気がする!
影助:なんか、皆が集まっている近くの民家の屋根に居るかな。(笑)
セキュア:見ろ!あの姿は忍者だ!
オリバー:ニンジャ!!忍者がいるぞ!
イリヤアイエエエ!ニンジャ!ニンジャナンデ!?
オリバー:「初めて見た!!」とか言ってます。
JB:じゃあ、あえて我胴さんの後ろに居ようかね。
イリヤ:忍者と一般人がいる!一般人?
セキュア:一般人?(笑)
オリバー:いや、忍者は一般人?に偽装するというぞ。じゃあ、一体あいつは…
イリヤ:忍者が二人!?
セキュア:ダブル忍者!!む。いや、あれは。あらゆる分野、あらゆる場所に現れると名高い謎のフィクサー、ジューダス備前じゃないか。そんなところでお目にかかれるとは。
オリバー:「名前うさん臭っ!!」と言います!(笑)だって裏切り者っぽいし。
JB:おやおや心外だねえ。これでも雇い主に対しては、非常に友好的だと思うんだがねぇ。
イリヤ:なんか、なんか、今まで退治してきた人たちに似ている気がします…。(一同笑)
影助:じゃあ一応、屋根の上から。「お前たちがうわさに聞く魔法少女と、その仲間か。ここからでは話をするにも何だ。」と言って、降りていきます。
オリバー:すごい!!忍者、初めて見ました!あなたはイワサキの方ですか!?
影助:シュタッ!とカッコよく、とても忍者っぽく降ります。「いかにも!」と胸を張って言いますが、150cmです。(笑)
イリヤ:でも、イリヤちゃんは120~130cmしかないから。
オリバー:ちいさい。かわいい。
セキュア:平均身長が下がる!(笑)
RL:平均身長が低いパーティー
JB:あれ、もしかして?いや、もしかして。いや、いや。何でもない。
オリバー:まさか、JBにはすでに身長が決まっているのですか。
JB:え?高くは見えるよ。
RL:おう!そうだな?(笑)
セキュア:ふふふ!(笑)
オリバー:な、何なんだ!?(笑)
イリヤ:えーっと…あのう。忍者さんたちは、何でこちらに?
影助:ああ、申し遅れた。私は我胴影助。先ほども言った通り、イワサキの者だ。
セキュア:イワサキには忍者が働いているって聞いてたけど、本当だったんだな!
影助:いかにも。して、この現状、イワサキのほうでも、調査をしておってな。イワサキの企業軍が全く動いておらず、内通者が現れ、裏から何か工作をしているようなのだ。すでに、そちらの方でも色々と調べているらしいな。
イリヤ:えっと…イワサキの方?私たちからしたら、女神様が捕らえられてしまったので…企業の方々が動いているのは、見ました。宮殿の前に、いっぱいいました。
影助:それは、企業軍の奴らだろう。
JB:「だが、そいつらがまともに動いているというわけでもないんだろう?」と、我胴さんの方に視線を向ける。
影助:ああ。動いていれば、この状況、自分が来る前には既にある程度仕事をしているだろうが、その気配は全くない。連絡も来ていなかった。
オリバー:なるほど。
イリヤ:つまり、どういう事です?
影助:つまりだ。こちらに来ている情報から分かるのは、企業軍は三矢丈二というヤツに買収されたということだ。もはや、我々の味方ではない!
イリヤ:言ってること、全然分かりません!
オリバー:いや、さっき出てきたよ三矢丈二って名前!
セキュア:良かったなオリバー!
オリバー:いや…うん、そうだけど…。
セキュア:お前はきちんと断ったから良かったけど、あいつに命を狙われることは無さそうだぜ。
オリバー:そうだな…金のないヤツは買収される危険があるんだなってよく分かったよ…。
セキュア:人間、動機がそれだけとも限らないだろうけどな。
イリヤ:名前出てきた人だってことは知ってますけど、何かこう、何がどうなって、企業がどうなるとか、私には全く分かりません。
オリバー風が吹けば桶屋が儲かるっていうけど、誰が利益を得る話なんだろうこれは。
イリヤ:分かりません!
オリバー:実際分かんないんだよね。
セキュア:まあ…とりあえず、その三矢が集めた連中の中に、どうやらアストラル方面にも強いヤツがいて、そいつが電脳的にもアストラル的にも宮殿を封鎖しているってことらしいな。
オリバー:じゃあ今、女神様が誘拐されるかされないかの瀬戸際にあって、宮殿の中で大騒ぎになってるっていう状態なんだな…?誰も出てきていない…とかそんな感じだし。
JB:出てきてないというよりも、その結界だか何だかが、蓋をされいるということだろう。
イリヤ:出られないんだと思います。宮殿からは一切連絡が取れないので。
セキュア:身柄を押さえているんだとしたら、動きが無さすぎるよな。
RL:といったところで、路地裏からドーン!という爆発音がします。
オリバー:うわ!マジで!?
セキュア:ワオ、ナイスタイミング。
RL:唐突な、戦闘イベントです。行くかい?
オリバー:行きましょう。でもその前に、何かの情報収集に失敗したていで札を回しても良いですか…?
RL:はーい。
オリバー:ありがとうございます…。
影助:戦闘になるならば、イニシアチブを明らかにせねばなるまい。
イリヤ:イニシアチブ入力しよ!
JB:ちょっと待てよ。現状ね、じつは情報収集系の技能に偏っていて、攻撃が出来ないんだよね。
セキュア:あれ、戦闘に参加しなければならない?
RL:大丈夫。大丈夫ですよ。ザコだから。むしろ魔法少女のお仕事だから。
JB:なるほど。
セキュア:では、魔法少女に任せよう。

f:id:Coboler:20190529202634p:plain

戦闘配置はこんな感じです

オリバー:あれ、カーライルがいる?
セキュア:情報が錯そうしているんだな。
イリヤ:わー、バラバラだ。
ルビー:レッガー達の抗争だ!イリヤ、出番だぞ!
イリヤ:ええ~!!?(笑)それどころじゃなくないー!?
ルビー:女神様と連絡が取れない今だからこそ、奴らの動きを止めないとだめなんだよ!
イリヤ:マフィアの抗争~!?分かった!分かったよぉ!行くからぁ~!
オリバー:うわぁー…ここにもヤクザがいるのか~!ハンパねえ~!
RL:通常は魔法少女に牽制されている、もしくはあっという間に制圧されているんですよ。
オリバー:なるほど…。
セキュア:やはり、抑止力は平和のために必要…。
オリバー:そんな、戦略兵器みたいな…。
イリヤ:抑止力にならねば…。
RL:というわけで、抑止力お願いします。
イリヤ:はーい。抑止力行きます。でもシーン攻撃は持っていないから、片一方づつしか倒せないぞ…。
影助:大丈夫!5人もいたらね!
RL:トループ2グループなんて、2秒で片付きますよね!
セキュア:そうだな。私は戦闘に参加するとなると、登場しなおしが必要になるので…ヤバそうだったら出ますよ、ちゃんと。
JB:んー。戦闘できる札が無いんだよね。
影助:こっちは札がある。ザコは潰せると思うよ。
オリバー:攻撃できる札が無いわ。ハハハ!(笑)あれー?
セキュア:みんなで札回しをすればいいと思うよ。(笑)
RL:はい。では戦闘準備プロセスです。敵側から言っておきますね。敵は河渡のレッガーと、カーライルのカブトワリです。放っておいてもどちらか片方が潰れますが、市民に被害が出る前に早々に始末してください。(笑)大人しくさせてください。
イリヤ:はーい…。
RL:河渡連合の連中は降魔刀、カーライルの連中はS13イーグルを持っています。それぞれ15人です。順番にイリヤからどうぞ。
イリヤ:はい。持っているのは、魔法少女の服と、棒切れっていうか…爆裂お祓い棒です。
オリバー:棒切れなんだ…!?(笑)
ルビー:棒切れっていうなー!(笑)
イリヤ:「もうー!喧嘩両成敗っ!」半ばヤケクソになってる。
ルビー:それでこそ魔法少女だ!
イリヤ:もうぅー!どうしてこうなるのぉ!?
RL:では次、オリバーさん。
オリバー:防具を全部と、搭載兵器も持ってきます。
RL:はーい。セキュア・ストリームさんはパスね。ジューダス備前さんもパス?
JB:パスかなー。二人で倒せるのであれば。正直、何もできない。
RL:はーい。我胴さんは。
影助:両手に犬牙相当のクナイを持ちます。何本も構えて行きます。
RL:はい。というわけで、セットアップです。

第一カットのイニシアチブはイリヤ15、影助8、オリバー6、河渡連合(レッガー)トループ3、カーライル(カブトワリ)トループ3です。

イリヤ:閃鋼を使います。
影助:セットアップは、やりたいけれど、無しです。
オリバー:セットアップは、札回し用の特技を持っていました!〈重力の檻〉を使おうとして失敗します。
RL:ふふふ!(笑)
オリバー:ふふふ!そして、要らないカードが来た!(笑)
RL:トループは無しです!一番早いのは、イリヤ
イリヤ:じゃあ、ムーブアクションは無し。河渡のトループに〈ジェノサイドモード〉〈瞬間装着〉で、式神装備を二つ持ってきます。ペンドラゴンと、ミラービーストです。で、メジャーアクションは、〈白兵〉〈魔技〉。ペンドラゴンの深化効果で至近から近距離まで届くので、そのまま剣から出したビームで薙ぎ払います。【理性】で判定。達成値は21、対決不可。
RL:はーい!かわせるわけないやん!トループなのに!(笑)じゃあ、「一体何が起こってるんだ!」「ウワー!!」
イリヤ:ダメージは、ミラービーストの深化効果で、ダメージを【生命】点増やします。5点なので、S+19、軽減不可です。
RL:それはオーバーキルだな!(笑)
セキュア:ダメージが出ない、とはいったい。
イリヤ:ミラービーストの深化効果はシーン1回しか使えないんだよな。
RL:河渡のトループは1発で成敗されますが。どんな感じで行きますか?
イリヤ:懐からカードを取り出し、青い大きな剣が出てきて。「あーもうっ!」といって上に掲げる。「わぁーっ!!」と叫びながら、剣からビームが照射されて、河渡の連中はその光に飲み込まれます。
RL:「アアーッ!これが魔法少女の力!ウワーッ!」
オリバー:「リフレーーッシュ!」とか言ってそう…。(笑)
JB:古い!(笑)
RL:やっぱりそう思う!?(笑)
JBエクスカリバー…。(笑)
オリバー:スゲーッ!飛び道具で安全に倒したー!
RL:憑き物が落ちた顔で、キラキラしながらばったり倒れます!(笑)
オリバー:聖属性だ!!
RL:というわけで、河渡のトループは倒れました。続いて我胴さんです。
影助:はい。ムーブアクションは無し。マイナーアクションでリフトアップを使用。〈白兵〉〈飛刃〉〈胡蝶〉を組み合わせ。【生命】で判定。持っている犬牙が高性能武器なので+1!達成値は19です。
RL:やった!やっと判定ができる!(一同笑)だってさっきの、対決すら出来ないんだもの!ダイヤの9を捨てて、失敗!
影助:はーい!当たりました。ダメージは、S+17!
RL:S防御は1点ありますね!16点だと死ぬ。「なに!魔法少女じゃなくてニンジャだと!!?」(笑)
セキュア:当然の感想である!
影助:「ええい、こちらが重要な話をしているというのに!」といって、クナイが15本ババババッと投げられて。一人一本ぶっ刺さって倒します。
RL:「ニンジャ…」バタッ。こいつらは忍者じゃないので爆発しません。(笑)
影助:大丈夫です!(笑) 
オリバー
:ワザマエ!

RL:というわけで、魔法少女と忍者の活躍により、街の平和は2秒で守られました。
イリヤ:ぜーはーしている。「どうして女神様を助けなきゃいけない時に、こうなるの…。」(笑)
セキュア:なかなかの手際だったねえ~。
オリバー:いやー、すごいなー。こんだけ重武装して来てるのに何の役にも立てないって、この仕事向いてないんじゃないかなーってめっちゃ思っちゃうよね。
セキュア:どうやら君は対人戦が専門でも無さそうだし、ね!他に特異なことがありそうだしな。そっちで頑張ればいいさ!
オリバー:励ましてくれてありがとう…。
セキュア:その辺で転がっていたお掃除ドローンを乗っ取っておきます。
オリバー:とりあえず、先に進まないと…。
影助:そうだな。うむ。いつもであれば、このような小競り合いも、魔法少女が全て解決しているとはいえ、この状態が長く続けば難しいのではないか?
イリヤ:私一人でどうにかするのは、きついです…よ…本当に、みんな、やってられないですから!はー、はー。
オリバー:ていうか女神は一体何を考えているんだ…こんな未成年の女の子にこんな重労働を強いて。ぜーはー言ってるじゃないか!(笑)
セキュア:まあ、そうせざるを得ないような状況もあるか、あるいは"女神"マーテル様の趣味なのか。
イリヤ:えっとですね。ここでキーハンドアウトの情報を公開しても良いですか?
RL:はい。

キーハンドアウト:PC1
コネ:魔法少女たち(生命:同胞)
公開条件:「マーテルの正体」もしくは「魔法少女システム」の全ての情報が開示された。
情報:「侵入者たち」「魔法少女システム」
女神マーテルと、キミたち魔法少女(あるいは魔法少女のアイテム)の正体はクロガネである。
特にマーテルは強力な力を持つ超AIの一部であり、都市の全てをコントロールするとともに、キミたち魔法少女と相互にリンクすることによって、都市の様々な問題に対処を行っている。
リンクが切れる直前、宮殿の警護を行っていた魔法少女からもたらされた侵入者たちの情報。これは重要な手掛かりになるだろう。
※スタイル指定:クロガネ。制限:「ウェット」不可
※《万能道具》は特定の条件を満たすことで、フォルムにかかわらず《神出鬼没》として使用できる。
PS:侵入者を排除し、都市に平穏をもたらす。

イリヤ:私じゃないんです!!
RL:私じゃないんですと来ましたか!(笑)
イリヤ:女神様のせいでも、私のせいでもないんです!
JB:この…。(笑)
オリバー:ほう。
イリヤ:クロガネです。「魔法少女は私じゃないんです!このステッキが!!」と言って、投げ捨てます。(一同笑)
影助:捨てた!
イリヤ:こいつのせいで、私は!!
ルビー:うわ何をする!
イリヤ:キャラシも公開しますね。私、実は〈人鞘〉だから。 スタイルはバサラ◎、クロガネ●、シキガミです。
セキュア:あー…。
JB:とうとう杖が本格的にしゃべるのか。
RL:いや、杖が「オレじゃないんだ!」と言っています。
オリバー:はあ?
イリヤ:アンタのせいで!アンタが空から降ってきたせいで!私に勝手に取りついたから!私はこんなことをする羽目になったんじゃない!!(笑)
ルビー:本体はそのタップなんだよ!!
イリヤ:変わらないよ!!
セキュア:いやいや。形はどうあれ、意志ある者を足蹴にするのは良くないと思うんだなー!
イリヤ:このステッキの!この!!こいつのせいで私は!毎日毎日毎日毎日小悪党だのなんだのを倒して!どうしてこんなことになるのー!!コラーッ!
オリバー:なんという…。とんでもない状態だ。その、爆裂お祓い棒じゃなくて、ルビー!無辜の女の子を使って、魔法少女に仕立てていたとは!はあー…。
イリヤ:多分私を選んだのはこいつの趣味だと思います。(笑)
ルビー:趣味だなんて、人聞きが悪い!私は単に、適性がある人間を選んだだけだぞ!
オリバー:本当かよ。
JB:適性とは。
影助:適性というのは、見た目の相性とかではないのか。(笑) 
ルビー:いや、そういうわけじゃないぞ!私の魔力をうまく使える人間というのは限られていてね?
セキュア:おいおい、欲望に忠実な方が、信用は得られるもんだぜ?(笑)
ルビー:待ってくれ、それは誤解だ!!君たち!
影助:まあまあ皆の衆。このままでは話が進まない。そういうことにしておいてやろう!(一同笑)
セキュア:俺としては、そこの嬢ちゃんと、そいつが上手くやってくれるんだったら、気にすることはねえけどなあ。
イリヤ:まあいいです。とりあえず、なんとかしないと、私の仕事が!増えるだけなので!!このステッキのせいで!何とかしましょう!女神様を何とかしましょう!女神様を何とか助け出しましょう!助けてください。私が過労死してしまいます。
RL:じゃあ、あえてここに乱入者を。ドスーン、ドスーン、ドスーンという足音とともに。
セキュア:ウォーカーの足音か!(笑)
RL:「イリヤちゃーん!だいじょうぶー?」という女の子の声が。
オリバー:女の子がウォーカーに乗っとるー!
RL:3メートルくらいの、工事用に色んなオプションが付いたウォーカーが、手を振りながら歩いてきます。
イリヤ:大丈夫…レッガー達はなんか、その辺に倒れているから…。あとで回収しておいて。
アリーサ:オッケー!この辺の崩れた壁とかは、私がなおしておくね!…この人たちは?
イリヤ:えっと…女神様が捕らえられてるのは知ってるでしょ。それで、助けるのを手伝ってくれる忍者さんと、悪者の人と…(笑)
JB:おやおや!聞き捨てならないなぁ!(笑)
オリバー:役に立たない味方でスミマセン…。
イリヤ:見た目は悪者にしか見えないけど、中身はもしかしたらいい人なのかもしれない。分かんない。(笑)
セキュア:まあ、まあ!
JB:そうだなぁ。強いて言えば、今回は僕のシナリオじゃない。僕のシナリオじゃないから、安心して、正義の味方と考えてくれ!
オリバー:何を言っているんだこの人は…?
RL:すごくうさん臭い。(笑)
イリヤ:正義の味方の人って、正義の味方ですって自分では言わないと思うんです、私。
JB:誰が正義の味方と言ったんだね。俺は、自分のシナリオじゃないから大丈夫だぜって言ったんだぜ。ふふふ。
アリーサ:この人絶対に怪しいって、イリヤちゃん。
イリヤ:私もそう思う!
JB:おやおや。そこまで怪しむんであれば…どうすれば正義の味方として、信じてもらえるかなぁ?
RL:その怪しい口調を何とかしなよ!(笑)
イリヤ:身分証明書を見せてください。
オリバー:宮殿に突っ込んで血路を開くとかしてくれれば誠意を示せるんじゃないですか?
JB:無策に突っ込むのも芸がないしね…ってその辺どうなってるの?情報項目とか?
影助:まだ出てきてないのは、イリヤ以外の魔法少女と、フィーバーと、キョウ・カスガか。
セキュア:カスガか。この情報は共有していないけど、私は調べておこう。そろそろ、ヤツについて一度確認しておかないと。
イリヤ:シーンに出して良いのかいけないか、分からない。
セキュア:後ろからブスリとやられる可能性も、無きにしも非ずなので。(笑)

ここで、誰がどの情報を知っているかの整理が行われた。 このシーンは新しい情報項目に翻弄されるPC達が必死に利害関係を調整している局面にあるので、いろいろと難しい。

RL:ちなみにアリーサについてですが、この子はウォーカーが本体です。中に人は乗っていません。彼女は〈フォルム:ヴィークル〉です。
セキュア:中に人は乗っていようがいなかろうが、ゲフンゲフン。(笑)
イリヤ男のロマンが詰まっているからな…。
RL:いや、彼女に詰まっているのは、男のロマンじゃなくて乙女のハートよ!(笑)
セキュア:そうなんだよ。すべては乙女心で稼働しているんだよ!乙女心の境地に達したときに、真の力が発揮されるんだよ!(笑)多分!
イリヤ魔法少女システムについてさっき知らされたので。皆に言います。
ルビー:すべてはマーテル様の意志なんだよ!
イリヤ:何で、私がこんなことに巻き込まれなきゃいけないの!!
ルビー:それはね!この街に住んでいて、魔法少女の素質があったから!
イリヤ:もうヤダァ~!!
オリバー:何ということだろう…本人が嫌だ嫌だと言っているのに、この杖は女の子を無償で働かせているのか!!(笑)
RL:無償じゃないよ!
オリバー:あ、そうなんですか?
RL:うん。お給料が出ているよ。
セキュア:そこはシビアというか、リアルというか…。
オリバー:これは、ブラックというやつなのでは…?
JB:まあ、夜にならなければ、小学生でも働いて良いってことになってるし…
オリバー:夜じゃん!! (オープニングフェイズのイリヤの設定では、夜動いていると言っている)
セキュア:これでひとつハッキリしたことがあるじゃねえか!魔法少女の力の源と、それを統括しているマーテル様も、お仲間っていうことだ。俺も、噂程度には聞いていて、信じてはなかったがな。ここまで来た以上、信じるしかねえな。
イリヤ:クロガネ、それと、超AIっていうことはこいつから聞いたんだけど。
セキュア:マーテル様っていうのは、人ではなく、もともとこの都市を管理していたクロセルというAIだった。まあ噂では、スティグマの欠片なんて言われているがな。
JB:おやおや。そうすると何かい?ここはテラウェアに千早、イワサキ辛みの超AIもどき様が、この地を治めているってことなのかい?
イリヤ:治めているのは女神様なんですけど、スティグマ?とか千早?イワサキ?とかそういう難しい話は私には分からないけど…。
セキュア:難しく考えるこたぁねえ。要は、マーテル様は実はとにかくすげぇ奴だから、あいつらに狙われているってこった。
オリバー:まあAIにも人権が認められるご時世だし…きっと、女神様は、いいひとなんだと思うよ。
イリヤ:女神様は、いいひとですよ。こいつと違って。
ルビー:こいつと違ってとは何だ!!(笑)
イリヤ:だって、お給金くれるし!
RL:「女神様はいいひとだよ!」とアリーサが。「あたしのことを、乙女だって認めてくれたんだよ!」
イリヤ:「ああうん、そうだね!」と、全てを察したイリヤ。(笑)
セキュア:なぁに、臆することはねえ。こんなに男ウケのする見た目してんだ。(一同笑)乙女じゃねえわけねえだろ!
RL:それは若干意味が違う気がします!(笑)
イリヤ:で、結局その、企業のまわりで、女神様は巻き込まれちゃったってことになるのかなぁ。
セキュア:とりあえず、私はキーハンドアウトを公開する前に、キョウ・カスガについて調べておきたいです。
RL:〈社会:N◎VA、警察、ストリート〉で21まであります!(どよめき)
セキュア:出ましたね!21。でもさすが皆のアイドル、キョウ・カスガ。〈社会:ストリート〉で行けるじゃない。スペードのQを出したら23で抜けるじゃないですか。
RL:素晴らしい。
セキュア:ここでちゃんと名実ともにニューロだってことを見せておかないと。
RL:キョウ・カスガ。⑩フリーの荒事屋。フォーマルなスーツを着て眼鏡をかけた、若干神経質そうな雰囲気をまとった男。⑫サイバー化した腕から生やした鋭い爪を使う、凄腕の殺し屋である。目的のためには周囲への影響を考慮しない荒っぽいやり方をとることも多い。⑬何度か死亡が確認されているはずだが、しばらくすると再度目撃されるため、不死身とも言われている。⑰人間の肉体は培養されたクローンで、得物の腕が本体のクロガネである。⑳マキノイド絡みの事件や、アルファ=オメガ、ニューなどのAIと目される人物からの依頼で動く事が多い。㉑彼自身も【スティグマの欠片】と呼ばれる準超AI級の存在らしい。
影助:ほほう。
セキュア:そっち方向に伸びたかぁー。逆に信頼のおける情報が出てきたことによって…どう説明したものか。(笑)信頼はおけるんだが、そっちの方向かぁー、君も!
JB:君も!(笑)
イリヤ:この杖と同じで、クロガネ。
セキュア:ま、後ろの情報は心の片隅にとどめておくとして、どこでどう話すかな。これ。…紹介したいんだけど、今この状況で説明するのは危ういかな。(笑)危ういな!
JB:こっちが問題かな?ん?
セキュア:オリバーさんにどう弁解したものか…。(笑)
オリバー:アアーッ!そういうことか!(笑)
セキュア:そうだけど、そうじゃないんです!っていうことです!(笑)ま、海賊だし。黙っておこう。ここの部分については黙っておこう。っちゅーわけで、とにかくだ。マーテル様を助けねえことにはこの街も大ピンチってことだろ?幸い、俺らは利害関係が一致しているんだから、突っ込んでいけば何とかなるんじゃないか?
オリバー:そうなのかな…?(笑)
JB:ちょっと待ったをかけようか。とりあえず、キーハンドアウトの情報項目を調べます!…マイナーアクションでストリームリンク、リンクプラス、そのほかで達成値+3。〈社会:ストリート〉でダイヤのJを出して達成値は16。
RL:はい。【リペツクを狙う存在】⑩裏社会の利権を狙うレッガーや、工業を狙うメガコーポなど多数存在するが、リペツクを守護する魔法少女らにより、その活動は抑えられている。⑭理由は不明だが、日本も狙っているという情報がある。日本軍の和泉情報官が【三矢丈二】という人物と接触したらしい。⑯日本軍の狙いは、リペツクに存在する【クロセル】というものだ。
JB:はーい。さて。この情報まだ公開しないということで。待ったをかけたので。「ちらほら存在を匂わせるような話もあったと思うんだけど、日本軍の和泉情報官が動いているという話もある。正面から行ってまともに何とかできるとは思わないんだがどねぇ。」
影助:横で渋い顔をして。「確かに。日本軍が動いている状況であれば、うかつに動くのは良くないな。」
イリヤ:小学生なので、頭の上に「?」がいっぱい浮かんでいます。
JB:お嬢ちゃん、簡単な話さ。ここは今、もともと居たイワサキの軍隊にも裏切られて、しかもよそ者の介入もある。たった数人で行くのは難しいって話だ。
イリヤ:つまり?
JB:俺として提案したいのは、ここで治安維持をしていた皆さんに、ご協力をお願いしたいという話だねぇ。
オリバー:「このジューダス備前さんよりは他の魔法少女のほうが信用できると思うから、それは賛成だな。」と言います。(笑)
JB:おやおや傭兵さん、ある意味同業者なんだからもう少し優しくしてくれても良いだろう?君もカネで動く人間なんだろう?
オリバー:「ひどいなあ!そんな奴だと思っていたのか!?…」(笑)と言いかけて、それ以上言わないでおきます。
セキュア:まあ、まあ。
JB:君は意外と情の人間か。まあ、有力な魔法少女には当たりをつけているので、今ここに来ているアリーサも含めての話をするね。「アリーサ君にも手伝ってもらう可能性はあるとしてだ。他の有力な魔法少女にも声をかけて、何とかするしかないんじゃないかと思うのだが。」 
イリヤ:えっと、つまり、私たち魔法少女、いま動ける人たちを動員させて、どうにかするってこと?
JB:そうそう。アニメとかの最終決戦でよくある、全員集合をやろうって寸法さ。
イリヤ:映画版?
JB:そうだな。劇場版ってやつさ。
セキュア:なるほどな。あんた、軍師の素質があるぜ。
イリヤ:「じゃあ、連絡は私が取れるから。私じゃなくて、こいつだけど。」と言って、ガシガシと。(笑)
ルビー:えー!?全く。とはいえ、マーテル様とのリンクが切れているから、直接呼ばなければいけないから。すぐにつながるとは限らないぞ。それに俺電話じゃないし。
イリヤ:えー。あなたタップなんでしょ?やってよ。
RL:「しまった!墓穴を掘った。仕方ない、やるよ!」というわけで、一人やってきます。「相変わらずルビーはイリヤをからかって遊んでいるのね。感心できないわ。」"幻想の"アカリンです。巨大なレールガンを持った女の子です!(笑)

こんな感じの子です。

dic.pixiv.net


JB:ネタが分かるから分かるけどさあ!!接近戦が苦手というのは幻想っていうの、やめて頂けませんか?(笑)
RL:はっはっは。分かんない人は分かんないね。「その認識は間違っている。それぞれ得意分野があるだけ。それはともかく、情報を持って来たわ。依然、宮殿の中への連絡はできないわ。エカチェリーナとイズミの二人が動いているみたいだけど。」
イリヤ:何とかそっちとも合流して、中へ入れるようにできればいいのだけど。
アカリン:あまり時間はかけられないわ。これを機に、河渡連合、三合会、カーライル、バーブチカ…あちこちの連中が動き出しているの。早めに収拾をつけましょう。
イリヤ:動いてた。動いてたよ…。
オリバー:そういえば、アカリンの情報は出ていなかったな。調べておかねば。
RL:実際、どう動きますか?
影助:この流れで、他の魔法少女の情報を集めていく感じかな。
RL:あと、【マーテルからの情報】というのもあります。魔法少女システムについてですね。
イリヤ:じゃあそれを調べます。じゃあ、コネで判定します。〈コネ:魔法少女たち〉でジョーカーを出して達成値は21。
RL:【マーテルからの情報】。⑫マキノイドやクロガネの能力をアップデートするもののようだ。
⑮対象の元々の能力や、共有情報でない蓄積した経験によって、どの程度適合できるかに差がある。ただし、適合できなくても悪影響はない。⑰適合することで、都市制御システムと、何か巨大なプラントを管理するシステムの操作を行う能力が得られるとみられる。⑱おそらくリペツク(およびクロセル)が制御できるようになるのだろう。⑳現時点で、適応率が必要十分な95%を超えているのは数名とみられる。対象に対して〈心理〉〈電脳〉で目標値:10以上の判定に成功すれば、判断できる。適応していれば《万能道具》を使うことでマーテルに成り代わることができる。
イリヤ:だから《神出鬼没》の能力があるのか。えぇ…。
RL:我胴さんは何を調べる?
影助:【スティグマの欠片】を調べましょうか。〈社会:テクノロジー〉でハートのJを出して、2点報酬点を使って、達成値は21です。
RL:はい。【スティグマの欠片】⑱通常のAI生命体マキノイドとは一線を画す能力を持つ、超AIという存在の一部。⑳元々スティグマという一つの存在だったが、何らかの理由により多くの存在に分裂した。分裂した一部でも超AI級ほどではないが、常識を超えた能力を持つ。㉑それぞれが自我を持った存在として活動しているが、最終的には再統合して元の一つの存在になることを望んでいる。
影助:…了解です。
セキュア:全員が事の大きさに困惑しているんで…。
イリヤ:探さなきゃだめじゃん!
ルビー:まあ、まあ!まずは仲間を見つけて女神様を助けに行こう!な!!?
JB:んー…。なるほど。…「ちなみに、そこの杖くん。君もクロセルに成り代われるだけの力はあるわけかい?」って、これは〈知覚〉しないといけないんだよね?
RL:しないといけないですね!目標値は10です。情報収集とは別に判定できます。そうしないとシーン数が無駄に多くなっちゃんで。
セキュア:〈電脳〉ならまかせろ!バリバリ。
イリヤ:これ、下手したら自分で自分を判定することになる。
RL:そうですね。それも可能です。今のところ、ここにいる魔法少女は3人。
セキュア:まあ、手分けして電脳をバリバリすればいいんですね。〈心理〉で出せる方は〈心理〉でバリバリすればよいのです。

ここで現状近くにいる魔法少女たちの適合率を判定する面々。アカリンは87%、アリーサは72%であることが分かる。そして…

RL:ルビー&イリヤ、96%。
イリヤ:うん、そんな気がした!!(笑)
セキュア:約束されていた!(笑)じゃあ、賛辞を送ろう。「スゲーじゃねえか!この面子の中では最高の適合率だ。」
イリヤ:なんでぇー!?
セキュア:もっと自信を持ちなよ!明日のニューリーダーになれるかもしれないんだぜ。
イリヤ:そんなのしなくていいもん!私は普通に小学校に通っていればいいのにー!
セキュア:案外こうやって、この国の次の世代が育っていくのかもしれん。楽しみだ楽しみだ。
イリヤ:…でも、女神様の仕事はこっちに移せるってことで良いのかな?
セキュア:そういうこったな!冗談はさておき、奴らへの交渉材料の一つにはなるだろうさ。
イリヤ:じゃあ…代わる?
JB:ちょっと待って?状況を整理させて。現状、入る方法が確立してないじゃん。クロセルとか開いてない情報もあるじゃん。女神様のかわりになれるとしても、とんでもない副作用がありましたってこともあるのでは?
RL:メタなところを申しますと、現在の時点で《神出鬼没》を使用しますと、実は宮殿で囚われていたのはイリヤだったってことになる。
イリヤ:そっかー!
セキュア:罠だ!
RL:または、単純に女神様の代わりになるということであれば、都市制御システムの管理権限が全部あなたに切り替わります。
イリヤ:ああ…。
セキュア:映画版で全部台無しになるやつだ。(一同笑)
RL:権限が全部あなたに移りますが!宮殿に入れない問題に関しては、敵の手によるものなので、解決はしません。宮殿を見ないふりすれば、他の魔法少女たちと一緒にこの街を平和に保つことはできます。(笑)
イリヤ:いやー、まだだめだね。とりあえず、宮殿を何とかしなきゃ。どうしよっか…。
セキュア:もう少し下調べをして、作戦を立てるのが良さそうだな。何も思いつかなかったら、それはそれで、とにかくぶつかってみる度量もこれからの指導者としては必要なんじゃないか。(笑)
オリバー:結局正面突破か~!
JB:指導者前提なのかい…。
イリヤ:それ、私をトップに立てようとしてますよね…。
セキュア:夢は追うに越したことはねえだろ。海の男としては、やっぱり夢は外せねえよ!(笑)
イリヤ:私は男じゃないです…。
オリバー:さっきからセキュアさんがすごくロマンを語っている…。(笑)
RL:微妙にロマンが食い違ったところでシーン終了じゃな。
セキュア:とりあえず、情報項目が無くなるまで調べて、何も出なかったら突撃で。何か出るでしょうから。

次の記事に続く。

「氷原の魔法少女」 その2

daitokaiokayama.hatenablog.com

これの続きです。

リサーチフェイズ

信用の問題

RL:では、リサーチフェイズ最初のシーンです。実は最初には特にイベントとか用意してなかったりするんだ。
JB:オゥ…。
RL:では、まず皆さんが状況を把握しつつ合流するような感じのシーンにしていますが。
オリバー:あれ、もしかして、この緊急事態。フル武装して出て行っても違和感がない位には緊張している状況なのでは?と思ってみたりするんですけど…。どんなですか?
RL:では、街の状況ですが。誰のシーンから行きましょうか。
オリバー:情報項目って、どんなのがありますか?
RL:情報項目は、まずイリヤさんとオリバーさんは【魔法少女】。【リペツクについて】【町の異変】は全員。あと【"ディアボルス"キョウ・カスガ】についても情報項目があります。
オリバー:こいつ…。(笑) 
RL:あと、【"女神"マーテルについて】はPC1~4。それ以外はキーハンドアウトに書いてあるやつですね。でもPC4、PC5のキーハンドアウトの情報は、他の人の情報から出てきます。
JB:ははははは。
RL:いや、まあ、3人でも回るように作ってるからね!
影助:ですね。
JB:まあ、早めに開けていくかな。
RL:というわけで、何もなければ、イリヤさんがとオリバーさんが合流したシーンの続きから。
全員:OKでーす。
オリバー:とりあえずキーハンドアウトの情報をまず調べたい…と思ったんだけど…うう!
JB:オリバーさんと同じタイミングでここに来たんですよね?
RL:街に入ってきた時はそうです。登場判定は全員可能です。〈社会:ストリート、企業、リペツク〉。〈社会:N◎VA〉は-3で良いです。
JB:二人とも合流している感じのシーンですよね?
RL:じゃあ、シーンプレイヤーはイリヤさんで、オリバーさんは同行者で。
オリバー:分かりました。
JB:じゃあ。〈社会:ストリート〉と〈隠密〉!〈隠密〉を組み合わせなくても達成値10は出るんだけど、組み合わせます。
RL:陰から来てるのか。カゲっぽい。
JB:というわけで、ハートの8。達成値は20。
RL:見破るのは〈知覚〉で20。
オリバー:20!?
イリヤ:リアクションします。失敗します。分かりません。
RL:はーい。
オリバー:カード要らないからこっちも判定します…。分からなかった。
RL:はい。では、とりあえず周囲の状況を説明しましょうか。まず、道がすごく渋滞しています。今まで、この街は交通渋滞とかほぼ無縁だったのですが、今は信号は動いているんだけど、あっちこっちでクラクションが鳴ったりしています。あとは、女神様がいる宮殿と連絡が取れなくなったという噂が広まり始めていて、街の人たちが暗い表情をしています。これ以上のことを調べようとする場合は、情報収集です。
オリバー:じゃあ…そうですね…。普段ヤマタイのジャングルで戦っている身としては、渋滞、ヤバイ、くらいしか分からなかったってことで…。(笑)イリヤに向かって「ごめん、今の状況、ちょっとヤバイ位しか分からない。正直言うと、情報収集のネタはあるんだけど…」メタいことを言うと、手札が悪すぎて判定できないから…!(笑)キーハンドアウトを開けます!
RL:はい。開けちゃいます?キーハンドアウト
オリバー:もう、イリヤに対して、自分はこういう者ですって正体をあかす位しか、安心させる方法がないので…。
RL:なるほど。なるほど。情報収集すらできない感じですか?
オリバー:そうですね…。手札がハート一色で、ハートに割り振っている技能では情報収集が何もできないので、失敗するしかできないです…。キツい!
RL:確かにそれはキツい!
オリバー:何しにここへ来たのかバラすのが一番良いかなと思いまして…。
RL:なるほど。
オリバー:代わりに情報収集してください!(笑)頼りない人間ですみません!
イリヤ:こんなに早くバラされるキーハンドアウト、初めて見た。
オリバー:いや、これ以外に手段がない気がしていて…実際、早くあかしておいても問題ないやつかなと思っていて。
RL:全員が揃っていないので、△ではあるんですけどね。
オリバー:ああ!△なんですか!?すみません!
RL:いや、でも、ここは良い手だとおもいますよ。

コネ:三矢丈二(外界:仕事)
公開条件:ほかのキャストが信用できると(あなたが)確信したら。
情報:「三矢丈二」
キミに仕事を持ってきたのは、三矢丈二というフリーの傭兵部隊を指揮する男だ。
仕事の内容は、リペツクの指導者「マーテル」の誘拐。ゴエルロ「リペツク」に行ったことがあり、現地の情報を持つ君は、有用だと判断されたのだ。
だが、依頼の背後に不穏なものを感じ取ったキミは、その仕事を断り、裏を探るために単身リペツクに乗り込むことにした。
PS:マーテル誘拐の裏を探る

JB:ははは。
イリヤ:信用できると確信したら。
オリバー:はい…。というわけで、「もう既に、自分よりこの男が早く来ていることは知っている。だけど、正直言って、名前とフリーの傭兵だっていうことしか知らない。それ以上のことは全く分からないけど、とにかく装備をそろえてここに来たんだ。」と言います。
RL:ということで、ここでミッションシーンが入ります!
オリバー:はーい。

ミッションシーン:PC2

RL:M○●Nの酒場。一仕事終えたあなたのところに、一人の男が現れます。「オリバー・ローズ君かな。」
オリバー:「そう…ですけど。」どんな雰囲気の人ですか?
RL:エグゼク◎ですね。スーツにヒゲの、どこかの部隊の司令官然とした人物です。「私は三矢丈二という。君は以前、リペツクに行ったことがあると聞いてね。君をスカウトしに来たんだ。」
オリバー:…そうですか。
三矢:実は今私は、リペツクの指導者、マーテルの誘拐という依頼を受けている。君のリペツクに関する知識があると、非常に役に立つんだ。
オリバー:うーん。それは…お断りします。
RL:「そうか。」三矢さんは割とあっさりと引き下がります。
オリバー:はやっ!
RL:「まあ、君がNOだというのなら、仕方がない。ただ、この事は他の人には黙っておいてくれるかな。」と、あなたの前にプラチナムを置きます。
オリバー:なるほどねー!「そうですか…。自分は、お金には困ってないです。このカネをどういうふうに使うかは、考えさせて頂きますが…。この仕事が、誰の役に立つのか、説明できますか?説明できるんだったら考えます」
三矢:悪いが、私も雇われの身でね。ま、君がそう言うのなら、無理に勧誘はしない。別ルートで何とかする。それだけだ。そのカネは取っておいてくれ。いわゆる口止め料なんだ。
オリバー:「…分かりました。」と言いますが、あまりにもヤバい情報を知ってしまったので、どうしよう、今から仕事休めるのかとか、あれとこれを手配しようとか考えながら、真っ青な顔で現場を後にするとかそんな感じで。シーン終了でお願いします!

RL:はい。というわけで、現在に帰ってきました。
オリバー:と、というわけなんだ。相手は、とても金持ちそうなやつだったけど、こっちもお金には困っていないから!僕はここにはボランティアで来てる!このカネはヤツから貰ったものだけど、君が好きに使うんだイリヤ!(一同笑)
セキュア:処分した!汚いカネを子供に押し付けた!(笑)
イリヤ:こんな大金、私は持ったことないです!!(笑)
オリバー:うう~んとにかく口止め料として貰ったものを使わずにここに来ちゃったというか、ここに来てしまった以上このカネが邪魔なんだよね!!(笑)申し訳なーい!やっぱり人の役に立つ仕事をしたいんだよぉ!傭兵っていったって! (必死)
イリヤ:え、え、え…?
オリバー:公共の利益にならない仕事だってことは聞いただけで分かったから、もう絶対に受ける気はないって思ってたんだけど!カネ貰ったらもうどうしようもないでしょう!?こっちだって…いやうん、とにかく、あいつをぶっ殺してしまえば良いんだ!!(笑)
イリヤ:ふええ…。
オリバー:「ということで、このでかいトランクの中にはアーマーギアと搭載兵器が一式入ってるから!!ガチな装備を持ってきた!一応市街地で目立たないようなものを持ってきているつもりだけど、もう何か臨戦態勢だからいいでしょうってことでちょっと着替えてくるから!」という感じで…。あと「自分は…ヒルコと戦って来てるけど…ぶっちゃけ人間相手は初めてだ!」言っておきます!(笑)
イリヤ:「あの、そのお金…口止め料として貰ったお金が私のほうに来たら、結局汚いお金のままじゃないんですか?」という言葉が頭の中でリフレインする。
オリバー:とにかく…この事件がひと段落したら…このお金をリペツクのために役立ててほしい…! 
イリヤ:はぁぁ~…。
ルビー:大丈夫だイリヤ!こういうカネは元々足が付かないようになってるから、使ってもバレないぞ!
イリヤ:そういう問題じゃないよ!(笑)
セキュア:どうしようかな。何か放っておけない情報が出ちゃったからなぁ。出るかな。
オリバー:フーズでも買おうかと思ったけどとにかく、この三矢とかいうヤツについて調べてほしいー!
イリヤ:ああ…はあ…
RL:セキュアさん出てきます?
セキュア:私は、その三矢とかいうやつは何でも多分抜けるような気がするかなぁ。
RL:ちなみに、セキュアさんは自分が登場するシーンにキョウ・カスガを同行させるか選ぶことができます。(笑)
セキュア:それはさておき出ます!
JB:それはさておきって言っちゃったわ!(笑)
セキュア:それはさておき出ます!出ます!〈電脳〉〈ヴィジョナリー〉を組み合わせて出ます。〈ヴィジョナリー〉って言っちゃったから、ニューロであることがばれてしまった。(一同笑)
オリバー:知ってる!知ってます!!(笑)
セキュア:もったいぶったけど、けっこう普通のキャラだってことがだんだん分かっていくんだな、ここで。(笑)じゃあ、「命を狙われてお困りかな?」と信号機が話しかけてきます。
オリバー:ええー!?
イリヤ:信号機が喋ってる!!
セキュア:いやいや、怪しい者じゃあないんだ。
オリバー:怪しいでしょう!?(笑)
セキュア:怪しい者じゃあないんだが、この都市のネットワークは複雑でね。どうも話しかけられる機械がこれしか無かったんだよ。
二人:へえー…。
セキュア:俺はフリーのニューロで情報屋の、セキュア・ストリームって者だ。よろしくな。
イリヤ:えっと、イリヤです。覚えといてください。
オリバー:え…じゃあ、自己紹介します。
セキュア:時に、そっちの兄ちゃん。どうやら、このゴエルロの指導者を断った件で、命を狙われているらしいじゃないか。
オリバー:えぇ…そういうことは無いと思いたいんだけど…。
セキュア:まあまあ。(笑)情報を買っていかないか?こっちが協力する代わりに、そちらもこの街の状況を色々教えてくれると助かるんだが。そういうギブアンドテイクと行かないか。
オリバー:じゃあ…RL、このハンドアウトに書いてある情報を、こっちはまだ知らないですよね。PC3のハンドアウトを見たらなんかこの人、敵っぽいんですけど。知らないんですよね。
RL:そうですね。その話はどこにも出てないです。
オリバー:「あんたが信用できる人間なのか、まだ分からない。」と言う。
イリヤ:でも、その、何とかさんっていう人のことをある程度知っておくのは、いいことだと思うんですけど…私も、調べてくれとは言われましたけど…何勘違いしてるのか分かりませんが、私、ただの小学生ですからね!?(一同笑)
オリバー:いやいやいやいや!!
セキュア:そんなに卑下しなくたって。俺が知りたいのは、今のこの街。この街は初めて来たんで、この街がどういう状態なのか、お嬢ちゃん目線で教えてくれりゃ良い。
イリヤ:そのくらいでしたら、構いませんけど…。
オリバー:じゃあ…これから命が狙われる…今回は協力しましょう…ということでチーム宣言って感じで…。
セキュア:短い付き合いにならないことを願いたいね。
オリバー:なんか、この人にはオークションに出品したあれこれを買ってもらったことがある気がするんだ、この人には…。(笑)
RL:さて、それぞれ何を調べますか?
オリバー:〈社会:社交界〉で調べられるもの、あります?今この手札で調べられるのはこれだけ…。
RL:んー、ないっすね。社交界
オリバー:はーい。止めます。悲しい。数字だけは良い!でも失敗して捨てます…。
セキュア:悲しい…。(笑)
イリヤ:【町の異変について】を調べます。〈社会:リペツク〉でスペードのJを出して、マイナーアクションでコッペリオンを使用。達成値は19です。
RL:はい。⑤ドローンや都市の基幹システムの一部が停止し、行政サービスが滞っている。⑧昨日から"女神"の住む宮殿の城門が閉ざされたままで、彼女も姿を見せていない。⑫企業軍の一部が、宮殿の周囲をガードしているようだ。⇒【企業軍の動き】⑬停止しているドローンや基幹システムは、"女神"直轄のもの。⑮企業軍のクーデターや"女神"の逝去など様々な憶測が流れ、市内はパニック寸前の状態にある。⑯宮殿は物理的・電子的(およびアストラル的)に封鎖されており、現在侵入は難しい。
イリヤ:見てる感じでは、女神様が扱っているトロンとかシステムとかがダウンしているみたいですね。さっき言ってたけど、どこかの企業が宮殿をマークしているから、入れないみたいです。
オリバー:なるほど…。
RL:セキュアさんは三矢を調べるんでしたっけ。
セキュア:大したことない手札でも情報が抜けてしまうんです。なぜならニューロだから。(笑)
RL:ニューロ強い!
セキュア:でもこれが使えるなら〈社会:N◎VA〉で判定。クラブのQで達成値は19。
RL:⑩フリーの傭兵部隊を率いる指揮官。自身の手勢だけでなく、依頼の内容や予算に応じてフリーランスを一時的に雇用することもある。ペルソナはエグゼク。⑫現在、ロシアで何かしらの作戦活動を行っているらしい。⑮少し前に、日本軍の和泉情報官と接触したのが確認されている。⑯リペツク企業軍の上層部を《買収》し、宮殿に潜入した模様。⑰彼に買収されたのは【アレクセイ=巻部】。ほかに【毒島学】【フェウス】というフリーランスを雇っている。
セキュア:了解でーす。
イリヤ:つまりその人が、宮殿に起こっている色々なことを企てた人ですか?
セキュア:そういうことらしいな。
イリヤ:ひええ…なんか、やばそう…。
オリバー:日本軍と接触…でも何で日本軍?すごく嫌な予感が…。
セキュア:日本と繋がりがあるって、実質、…今回の宮殿封鎖騒動は、さっき言ってた誘拐が目的なのかもしれんし。どこまで考えているのか、分からんヤツだねえ。しかし、アンタもとんでもないヤツに目を付けられちまったもんだねえ。
オリバー:いやー、まあ、うーん…。 
セキュア:しかし、これは俺としても困ったことになっちまったなぁ。
イリヤ:困る?
オリバー:あんたは観光で来たんじゃないんだろ?仕事しに来たんだろ。何をしにここに来たんだ?
セキュア:まあ、半分は仕事さ。もう半分は、"女神"マーテル様に謁見してみたかったっていう、個人的な理由もあってね。こっちはどうやら、今回は達成できなさそうだ。
イリヤ:今回の事態の収拾を手伝ってくれるんなら、少しかけあうことは、できますけど。
セキュア:マジで!?協力する!協力するよ。するする!(笑)
オリバー:えー!?
イリヤ:超うさんくせー!(笑)
オリバー:「女神に謁見したい」とか言ってる時点ですごくウェイウェイしてて嫌なんですけど…。(笑)今のしゃべり方だと、そんな感じが。
セキュア:まあまあ!細かいことは、ねえ!
イリヤ:でも、なんか、私たちでは分からないことを教えてくれたのは確かですから…。
オリバー:使命感から何となく飛んできてしまったけど、何をしたら良いのか、分からないんだよな…。って思ってはいるので、そういうセキュアさんと協力していけたらいいな、と思っています。そんな感じです。
セキュア:まあ悩んでてもしょうがねえ。とりあえず、手掛かりを片っ端から当たってみようぜ、こういう時は。
オリバー:そうだなぁ…。という感じで、そろそろ舞台裏…ですかね。
JB:舞台裏に行く前に判定!
セキュア:来ました!(一同笑)結局誰も見破れませんでした。
JBイリヤ嬢に子蜘蛛を仕掛ける!
イリヤ:やめろー!やめろー!(笑)
JB:達成値は、22!
イリヤ:やめろー!そんなリアクション取れねえよー!あれ、でもこれ〈知覚〉でリアクションできるんでしたっけ?
JB:(手札を引いた後)アアーッ!!報いが来た!(笑)
RL:リアクションできます!目標値は22!他の人もリアクションできます。
イリヤ:やったぁ!ていうか報いが来るって笑うわ!
オリバー:じゃあ、札回しする。ハァー…。一応警戒してたけど何もわかりませんでした。
JB:では、イリヤちゃんにこっそり盗聴器が仕掛けられたね。僕はそれだけだ!
セキュア:そっかぁ。だめかぁ。1足りないか。こっちも札を捨てておきます。

RL:じゃあ、舞台裏に行って良いかな。我胴さんどうぞ。
影助:とりあえず【リペツクについて】を調べます。〈社会:企業〉に〈企業情報〉を組み合わせて、15。
RL:はい。⑩モスクワゴエルロからおよそ500kmの距離に位置するゴエルロ。災厄前から金属資源の採掘と加工を行っており、現在でも利益率は高い。⑪ゴエルロ建設時の日系企業の出資割合はイワサキ7割、千早2割、その他の合計が1割。12企業が支配権を持つ他のゴエルロとは大きく異なり、"女神"マーテルと呼ばれる人物により統治されている。また、マーテルは【魔法少女】と呼ばれる配下を用いている。⑬イワサキの企業軍も駐留しているが、規模は小さい。⇒【企業軍の動き】⑮そもそもの利益率の高さに加え、マーテルの手腕により市民の生活水準は他のゴエルロと比較しても非常に高い。彼女が統治権を得たのは何らかの【イワサキとの取引】によるものだろう。
影助:はい。

密命をおびて

RL:というところで、次のシーンに行きます。登場する順序でいうと、次は我胴さんのシーンですね。 シーンカードはヒルコ。
影助:じゃあ、そうですね。他の人とは移動手段も違うし。ヘリの中で調べてて、ようやくヘリを降りた感じですかね。
RL:では、ヘリを降り立って、リペツクに入ってきた。どんな感じに入ってきますか?
影助:はい。こんな格好だけど、普通に。隠密するわけでもなく普通に歩いてますね。きっと、街中がちょっと混乱しているのは分かるので、きょろきょろしながら。
JB:では、入ってきたところで!(一同笑)これ、〈社会:N◎VA〉で登場判定できる?
RL:〈社会:N◎VA〉は-3ね。〈社会:リペツク〉は他の都市社会-3で代用判定できます。もしくは、〈社会:ロシア〉は-1。もしくは、ロシア系のコネがあるなら、場合によってはそれでも良いです。
オリバー:ロシア系のコネ…?
RL:具体例を出せと言われたらRLも困る!(笑)
JB:-3。オッケー。ちょっとここは、無理にでも出てきたいので。2報酬点を使って、〈社会:N◎VA〉で達成値は10。
RL:はい。
JB:じゃあ、降り立ったところに居ようかな。手をひらひらさせておこう。
影助:そしたら。コネがあるので名前くらいは知っているし…訝しげな顔をしながら、てくてく近づいていきましょう。
JB:はい。
影助:では、近づくと分かります。この人の身長は150cmです。
オリバー:小さい!
セキュア:小さいですね!
影助:あと、動くと少しカチャカチャと音がします。
セキュア:さすが忍者。
影助:ある程度の距離まで、ちょっと距離を置いているなーくらいの距離で。「ジューダス備前といったか。 」
JB:ああ、そうだよ。名前を憶えてもらえるなんて光栄だねえ。確か、我胴影助、と名乗っているのかな。
影助:いかにも。して、貴様はなぜこのような処にいる。
JB:なになに、君と同じ仕事だと思うよ。
影助:なるほど、仕事か。
JB:あぁ、仕事さ!少々困ったことになってねぇ。ん~、実のある情報を提供しようと思うんだけども…と言って、先ほど聞いたことをゲロるかな!(一同笑)
イリヤ:アアーッ!勝手に立ち聞きしやがってー!
影助:わーい。こっちに情報が来たー。
セキュア:いや~、これは無理にでも登場しておいた方が良いのかな。うーん、まあいいや。
JB:というわけで、まあ何だったっけ、3だか2だか1だか知らないけれど、そんな名前の男が、もしかしたらイワサキの企業軍まで、カネで雇い入れちまったって可能性もある。
影助:そこまで有益な情報をこちらに渡すということは、何か見返りを求めるつもりか。
JB:なに、そうだねぇ。イワサキの利権とか、そういうのもあるんだろう?であれば、これが片付いた暁には、ある程度の報酬も頂けるんじゃないかなぁと思ってね。
影助:うむ、なるほど。
JB:あくまで今は、今後のための慈善事業と思ってもらって良いよ。
影助:「すでにそれほどまでの情報を仕入れてしまっているのであれば、貴様一人に勝手に動かれる方が厄介だ。」ということで!こっちもキーハンドアウトを公開しよう!
オリバー:おおっ!

コネ:篁綾(理性:信頼)
公開条件:いつでも
情報:【企業軍の内通者】
リペツクの沈黙。それがどういう原因によるものにせよ、駐留している企業軍の動きが無いということは考えられない。
そのため、内部に破壊工作を企むもの。あるいは、買収されて外部からの工作員を手引きした者がいる可能性が非常に高い。
キミの任務は、この裏切り者を見つけ出し、しかるべき処分を下すことである。
PS:裏切り者への対処を行う

イリヤ:エェー…?
影助:はい。ということで…。

ミッションシーン:PC5

RL:では、ミッションシーンが入ります!通信の主は篁綾。イワサキグループの総帥。
影助:じゃあ、相手が分かると、少し驚いた目でバッと通信に応じまして。「こ、これは篁様。どういたしましたか。」
篁綾:ええ。リペツクの件、あなたが対応することになっているのですね。
影助:は、今現地へ向かうヘリの中でございます。
篁綾:よろしく頼みました。この件、どういう訳か分かりませんが、現地には我々イワサキの企業軍も駐留しています。そこからの連絡が一切絶えるということは考えにくいのです。
影助:つまり、我らの駐留部隊は機能しておらぬと…?
篁綾:壊滅したのであれば、その前に緊急の連絡があるはずです。内部で破壊工作が行われたか、買収されて外部からの工作員が手引きした、裏切り者がいる。その可能性は非常に高いでしょう。
影助:なるほど。現地の者と協力できればと思っておりましたが、そうはいかないというわけですか。
篁綾:もし仮に現地の者が何もしていないのであれば、それも我々に対する大きな裏切りです。あなたに任務を与えます。裏切り者に、然るべき処分を下しなさい。
影助:は、かしこまりました。必ずや、裏切り者を滅してくれましょう。
RL:「頼みましたよ。」と言うと、通信は切れます。

影助:はい。
RL:というシーンがござったのです。
影助:そんな感じで、かくしかして。「と、いうわけだ。イワサキとしては、この騒動には全く関与していないが、内通者がいる可能性がある。外部に協力を要請しようと思っていたところだ」
JB:なるほど。お互い都合が良かったということか。
影助:うむ、そういうわけだ。
JB:ちなみにリペツクの話もついでに聞いたってことで良いかな?
影助:そうですね。こっちも出せる情報は出したってことで。
JB:だったらまあ良いだろう。子蜘蛛を使ってシーンに自動登場できる権利を我胴さんにポイします。
影助:え?
RL:おや?(笑)
JB:いや、その方が良くない?今、繋がりがないよね。
影助:そうですね。じゃあ、ポイっとされたら「む、これは。」
JB:ああ、これはね。この情報を仕入れてくるときに、あの魔法少女というやつに出くわしたもので。ちょっと仕掛けをね。
影助:なるほど。私は来るのが少し遅れていたようだな。
JB:「そうだよぉ。シノビは速さが大事だ。」にやにやしながら。
影助ぐぬぬってなりながらも。(笑)「分かった。それは、こちらで受け取らせて頂く。」だがまあ、近いうちに使うことになるだろうな。
JB:「まあ、どうせすぐ俺も追いかけるだろうけどね。」どうするかな。一旦組むべきか、そのまま分かれるべきか。
影助:この後何もなければ、現地の協力者をプラスするという感じで影助さんも動くよ。向こう側に声掛けにいくかなって感じですけど。
JB:じゃあ、あえて離れるかな。
影助:はーい、了解です。
JB:じゃあまあ、そいつを渡したからには、都合よく合流してくれるだろうし。俺はまた別件で調べて回るとするよ。
影助:うむ。それではまた、お互い情報があればどこかで合流し、情報の共有をしようではないか。
JB:そうだな。「あ、ああ。忘れていた。こいつをやっとくよ。」と言って、買ったポケットロン1号に、6号の番号を入れたやつを渡します。(一同笑)「連絡先は、こちらに。」
影助:こくりと頷いて、ジューダスさんが去っていくのを見送るかな。で、見送った後につぶやく。「準備が良すぎて、やはりあいつは信用ならんな!!」(一同爆笑)それから動き出すかな!
RL:はーい!(笑)あ、このシーン情報収集したっけ?
JB:してない!
影助:していこー!
JB:じゃあ、ここで出てきた情報まで共有を済ませた感じにしていきましょう。えーっと。
RL:今調べられるのは、【"女神"マーテル】とか、三矢丈二の仲間たちについてとかですね。
JB:あと一応、影助さんから【企業軍の内通者】っていう情報が出てるかな。
RL:そうですね。
JB:ここはあえて、【魔法少女について】で行くかな。でも、今すごく手札が呪われているんだよね。
影助:インガオホー。
イリヤ:勝手に子蜘蛛なんか付けるから!(笑)
JB:そうだねー!報いが来てるんだよな!「まあ手の内を明かすことにはなるが、その方が混乱を呼ぶことだろう。」〈社会:警察〉〈情報屋〉で判定する前に〈裏予算〉で判定。(笑)
オリバー:〈裏予算〉…!?
JB:報酬点1点プラスするけどさらに1点支払い!これで達成値は13です。
RL:【魔法少女について】。 ⑤リペツクの平和のために活動する少女たち。マーテルからそのための力を与えられている。⑩犯罪組織への対応などの治安維持のための活動や、都市の設備の維持をはじめ、様々な活動を行っている。⑫市民からの評判は総じて高い。マーテルの側近でもある【プリメラ】をはじめ、【白銀の魔法少女】【金の雪の魔法少女」【紅に染まる月の魔法少女】は特に人気がある。⑬その他の著名な魔法少女は【鉄腕の魔法少女】【幻想の魔法少女】【鏡の魔法少女】などがいる。
イリヤ:人気あったんだ。
JB:てか、かなりの数いるよね。
RL:実はいっぱいいる。というわけで、追加の情報項目が増えましたが、まあこの子たちの目標値は全部10だから。
影助:じゃあ、こっちですかね。キーハンドアウトにある【企業軍の内通者】じゃあ〈企業情報〉とチャイナドールで達成値は16です。
RL:情報としては、先ほど出た情報の答え合わせになる感じですが。⑬司令官補佐の【アレクセイ=巻部】が、【三矢丈二】よって《買収》されたとみられる。
オリバー:ああ…。
影助:裏取りOK。

RL:では、舞台裏に行きます。イリヤちゃんから。
イリヤ:はーい。【"女神"マーテルについて】を調べておきますか。えーっと、〈社会:ストリート〉で。クラブのQを出して、マイナーアクションでコッペリオンで+1、これに報酬点を1点乗せて18です。
RL:⑧ゴエルロ「リペツク」を統治する女性。ミストレス◎
⑩毎日夕方、城門のバルコニーに姿を見せる。だが、昨日は現れなかった。⑪10年ほど前にリペツクに表れ、しばらくは市井でフリーの魔法使いとして活動していた。それ以前の経歴は不明。⑮何かしらの【イワサキとの取引】によって、リペツクの統治権を買い取った。⑱城門のバルコニーに姿を見せる際のマーテルはヒューマンドローンだ。
イリヤ:なるほど?
オリバー:〈社会:テクノロジー〉を使って判定できる項目はありますか?
RL:【イワサキとの取引】がありますね。
オリバー:よし!じゃあ、スペードの8を使って、〈社会:テクノロジー〉で3点報酬点を入れて、達成値は18です。
RL:⑮マーテルは、イワサキと都市機能維持のためのエネルギー供給と引き換えに、リペツクの統治権を手に入れた。⑰エネルギー供給のためのシステムは千早が旧ルテチアと共同で開発していたものだと目されている。⑱エネルギー供給システムの本体は宮殿の地下に存在する。
オリバー:(手札を引いて)ハアッ…ダイヤがほしい…2でも欲しい…。(笑)
RL:判定さえできれば!ってやつですね!次はセキュアさん。
セキュア:はい。キーハンドアウトの情報項目をいつ出すか迷うなあ。何が残ってるんでしたっけ?
RL:こっちは【魔法少女について】はまだ引いてないですね。あと【企業軍の動き】とか三矢の仲間【アレクセイ=巻部】【毒島学】【フェウス】ですね。
セキュア:【フェウス】から抜いておくか。〈社会:ストリート〉で判定。情報収集には+4があるので、スペードの10を使うと達成値は23です。
RL:制御値:ウェブとアストラルの両道を極めた防壁遣いを自称する謎の人物。常にローブをまとい、その正体を見たものはいない。⑱彼の作成する防壁プログラムと結界は、アストラルに干渉してどちらか片方を破壊してももう片方がそれを再生する。再生の仕方に独特の癖があり、そこを上手く突く事で再生を阻止できるだろう。ペルソナはマヤカシ。制御値との差分値は8ですね!
イリヤ:理性15か。そこそこ高い。
RL:オープニングで《天罰》を撃ったやつですね。
オリバー:分かったも同然!
セキュア:スタイルが割れてる!(笑)
RL:あと【"ディアボルス"キョウ・カスガ】もありますね。
セキュア:あぶねー!忘れていた!まあいいや。
RL:でもこの名前はまだ皆の前で出していないので、調べられるのはセキュア・ストリームさんだけですね。
セキュア:はい。分かってます!大丈夫です。おいおい。

マーテルはいずこに

RL:では、舞台裏も終了して次のシーンですが、次はイベント。ルーラーシーンです。シーンカードはヒルコ。三矢丈二は宮殿に入って行って、玉座の間にやって来たところです。「なんだこれは?ただの人形ではないか。おい、アレクセイ」「へいよ」「"女神"マーテルとやらは、ただの人形か?」「そんなはずはねえですがね。」「だが見ろ。これはただのドローンではないか」「まあ、俺たちも詳しいことは全然聞いてないですがね」「ええい、使えん奴め。おい、この宮殿を徹底的に探せ。どこかに隠れているに違いない」「よっしゃ。じゃあ、行きますか。」というところで、企業軍の一部と、三矢丈二が連れてきた部隊が宮殿の中を探し始めた辺りでシーン終了です。というわけで、そのまま舞台裏です。マーテルはいずこに。

イリヤ:マーテルはいずこに。ていうかフェウス…(画面上に表示されたコマにつけられた名前を見ながら)"紅い月の魔法使い"フェウス?名前が似てる…。(一同笑)
RL:そうなんだよなー。それでは何を調べましょうか。
イリヤ:キーハンドアウトの、前者の情報を調べたいです。
オリバー:2つあるのかー!
RL:前者の情報。はい。前者のほうは、調べたいと宣言したら判定なしで情報が分かります。
イリヤ:えー!?(笑)じゃあそのまま情報をください!
RL:ここに出てる情報の答え合わせです。【侵入者たち】。【アレクセイ=巻部】はイワサキから派遣されたクグツで、リペツク駐留の企業軍を統括している人物ですが、この人が裏切ったようです。そのほかに、派手な服を着たカタナ、【毒島学】。指揮官らしき【三矢丈二】。フードを被った【フェウス】と呼ばれるマヤカシです。全員アイコンを出しておきますね。

f:id:Coboler:20190521204704p:plain

皆が見ているアイコンはこちらです。

セキュア:フィーバー…?派手な服…。(笑)
RL:こいつを一番よく表している絵がこれだったんだよな。キラキラしたすごい派手な服を着ています。
イリヤ:「すごい服」じゃん!(笑)
RL:むしろ、服のキラキラが逆光になって顔が見えない。
イリヤ:それ、謎のイケメンみたいなヤツじゃないですか?(笑)
RL:もしかすると、アフロかもしれないですけどね!
イリヤ:それはそれで似合ってそうですね!
RL:というわけで、判定して調査もしていいよ!
イリヤ:あ!ああー…。あと開いてないのは…キーハンドアウトの後者の方を調べます。ハートの8を出して、〈コネ:魔法少女たち〉で、報酬点を3点入れて16です。
RL:では、キーハンドアウトの情報【魔法少女システム】です。⑩複数のクロガネをマーテルを中心として独自のネットワークで結び、情報を共有するシステム。クロガネ本体もしくは、それと協調して動く存在を魔法少女と呼ぶ。それぞれのクロガネの由来は様々だが、マーテルもしくは他の魔法少女によってスカウトされた。⑪情報を共有することで都市内で発生する問題を把握し、最適な能力を持つ魔法少女が急行して問題に対処するか、その場にいる魔法少女が他からサポートを受けて対応する。⑬それぞれの得た経験をフィードバックすることで、全体の魔法少女の経験値が上昇するようになっている。⑯各魔法少女からの経験値データ以外に、マーテルから「何かしらの情報」が共有され、各魔法少女に蓄積されている。
セキュア:おや…?(笑)
イリヤ:おやー?
オリバー:これは、私らは知らない感じですかね?
RL:そうですね。舞台裏なので。
セキュア:フフフ!(笑)
イリヤ:なんだこれ。
RL:なんでしょうね。
イリヤ:勘弁してくれよ…。(笑)
RL:はい。次はオリバーさん。
オリバー:カードが全くない!捨てます!(カードを引いて)もうダメ…もうほんと無理だから…。(笑)
RL:次はセキュアさん。
セキュア:大丈夫、大丈夫ですよオリバーさん。オリバーさんの代わりに私がPC1を手中におさめてみせますから。
イリヤ:あれー!?
オリバー:ちがうわ!そういうのじゃない!!(笑)
セキュア:たった1シーンでこれほど状況が変わると思っていなかったので、私もキーハンドアウトの情報項目を調べましょう。〈社会:N◎VA〉で判定。クラブのJを出して、情報収集に+3が乗って、達成値は19。
RL:ふふふ!【"女神"マーテルの正体】⑫リペツクの都市機能の多くを制御するマキノイドである。⑭準超AI級の能力を持つ【スティグマの欠片】である。都市の制御は、その能力の一部に過ぎない。⑯電脳聖母事件で覚醒するまでは、ルテチアの支援AIとして活動していた。当時の名前は【クロセル】という。
イリヤ:うわぁ!とんでもない情報がどんどん出てくるぞ!
オリバースティグマ!?(笑)
JB:はっはっは!(笑)
オリバー:しかし、PLが知っているこの情報をPCは知らないのである!!
セキュア:はーん、それでそういうことになって、そういうことになって、つまり今の状況が発生しているわけだ。
イリヤ:何となく分かっては来たんだけど…。(笑)とんでもない状況だなぁ。
RL:ではジューダスさん。
JB:んー。どうしたものかなぁ。正直、僕のキーハンドアウトの情報を調べたところで、意味内容が重複している気がするんだよね。
RL:ははは。
JB:そうなってくると…次の手を打とう。
セキュア:おお?
JB魔法少女達は目標値が10なんだよね。んー…ちょっと待って。〈社会:企業〉で調べられる子、いる?
RL:【"鉄腕の"アリーサ】と【"鏡の"ミク】かな。
JB:な、なるほどー。じゃあ、あえて"鉄腕の"を調べよう!〈社会:企業〉で、クラブの2を出して、色々足して、報酬点を2点入れて達成値10!(手札を交換して)んー!ゴミ!!
RL:はい。【"鉄腕の"アリーサ】。⑩力仕事を一手に引き受ける、ウォーカーを駆る魔法少女。ウォーカーから降りた素顔を見た者はいない。
オリバー:何者なんだ。
セキュア:キャラ被ってる?(笑)
RL:ペルソナはアラシ。
オリバー:果たして少女なんだろうか。
RL魔法少女ですよ!
JB:りょうかーい。
RL:では我胴さん。
影助:では、【企業軍の動き】について調べたいな。じゃあ、ダイヤのJを出して、先ほどと同じ組み合わせで、達成値は16です。
RL:⑩一部の部隊が宮殿の周囲に展開している以外は、沈黙を守っている。というか、基地内に引きこもっています。⑫元々上層部はほとんどやる気がなく、何か問題があっても部隊を動かすとは考えにくい。宮殿周囲の部隊は、今回の騒動を引き起こした犯人あるいはその【内通者】の手によるものの可能性が高い。まあそもそも何もしない段階で、物理的に首を飛ばされても文句は言えないんじゃがね、こいつら。
影助:なるほど。はい。了解です。

次の記事に続く。登場判定に失敗してカードを捨てる宣言とかはところどころ省略しています。

「氷原の魔法少女」 その1

f:id:Coboler:20190505212326p:plain

*1

連休中に参加させて頂いたセッションのリプレイを、今回私が書かせて頂けることになりました!このセッションはダブルハンドアウトを使用しております。最初は相手のキャストの表向きの設定だけ分かる状態で、キーハンドアウトを公開してもキャラシーの公開はPLの任意でやっていくため、「どんな設定のキャストが出てくるんだ…!?」というワクワク感が最後まで続く感じになっております。ただ、皆趣味全開でキャストを作っており、色々、すごいです。そんなセッションです。

自己紹介

イリヤ:いや、でもミドル戦闘とかあったら、スタイルがバレる可能性がある。
オリバー:でも、そこが楽しみ!(笑)
イリヤ:お前、そんなのを持っていたのか!
セキュア:びっくり人間ショーになるのでは。(笑)
オリバー:いいな!びっくり人間ショー!
JB:びっくり人間で済めばいいけどな!
セキュア:人間で済めばいいけどな!(笑)
RL:じゃあ、まず自己紹介とコネの取得をやっていきましょう。ここで「俺、クラブしかダメなんだ」とか言い出したら天使だってのがバレるけど。(一同爆笑)
イリヤ:はやい!(笑)
JB:今回そういう人はいないはず!では、キャスト①、魔法少女の方からお願いします。

PC1 "紅に染まる月"イリヤ

◎ペルソナハンドアウト PC1:指定なし(魔法少女
推奨QS:なし
コネ:“リンデンの女神”マーテル(信頼:理性)
 キミは、ゴエルロ「リペツク」を統治する女神マーテルより力を授かり、都市の平和と人々の幸せのために日夜戦う魔法少女である。
ある日、突然女神との連絡が途絶え、姿を現さなくなってしまった。このままでは、街が大変なことになってしまう。キミは状況を打破するために行動を開始した。
PS:女神を助け出す。

イリヤ:はい。魔法少女"紅に染まる月"と書いて「スカーレット」イリヤです。ごく普通の小学生です。親の姓が違ったり、メイドが二人くらいいたり、血のつながっていない兄ちゃんがいたりしますが、ただの小学生です。至って普通の生活を送っていたんですけど、ある日空から謎の魔法のステッキが降って来て、その魔法のステッキに丸め込まれ、あれよあれよという間に魔法少女にされてしまいました。
セキュア:大変ですね。(笑)
イリヤ:大変です。最近は、日々悪をやっつける魔法少女として、夜の町で暗躍しています。
オリバー:RL、この街にはどの程度悪者がいるんですか?
RL:そうですね。毎週アニメで退治される程度には。(笑)
イリヤ:週に一人くらいの確率で出てくるんですね!
RL:ざっと言っておきますと、平和なドーム都市です。ただこう、そうは言っても悪者は湧いてくるので、魔法少女がやっつけてるという感じだと思います。そういうイメージです。
オリバー:なるほど。
JB:あのさあ、魔法少女のさ、下二つ、三つくらいがさ、全然平和そうに見えないんだよね。(笑)

このアクトには登場する味方側のNPCとして、以下のような名前のアイコンが既に置かれていた。リペツクの魔法少女は、PC1一人ではないのだ。

  • 魔法少女”プリメラ
  • “白銀の”エカチェリーナ
  • “金の雪の”イズミ
  • “幻想の”アカリン
  • “鉄腕の”アリーサ
  • “鏡の”ミク

そして、皆の注目の的は、“鉄腕の”アリーサだった。その絵はどう見ても黄色いウォーカーだったからだ。

RL魔法少女(物理)にしても、接近戦で殴るのと、ビルの上から狙撃するのとがいます。あとは、がれきの下敷きになった人を助けるのが得意な魔法少女もいますから。
オリバー:ああ、このウォーカー…。(笑)
セキュア:そりゃあそうですよ。平和を魔法少女が守ってるんですもん。そういうことで良いんですよね?
JB:まあ、せやな!(笑)
RL:そうですね。はい。
セキュア:良いんですね!?(爆笑)
JB魔法少女(銃)がいるじゃん。ナイトウィザードのさあ。(笑)

そこには、「ナイトウィザード」の灯のような魔法少女の姿があった。

オリバー:なんだと…!?
イリヤ:そこに付いていくために、日々頑張っていると思うんです。
オリバー:この人たちで戦隊を組んでいて、その一人がイリヤなんですか?
イリヤ:各個人で動いているんじゃないかな?魔法少女っていう肩書の人は何人かいるけど、いろいろ各個人で動いている感じのを想像したんですけど。
RL:そうですね。どちらかというと、情報にも出てくるんですけど、全体で「見つけたぞ!悪者め!」ってビルの上に並ぶというよりは、個別に事件に対応するというイメージです。あとは、皆それぞれ得意分野があるので。
オリバー:なるほど。
イリヤ:得意分野は、杖で殴ることです。SSSに載ってるアウトフィットの「爆裂お祓い棒」で殴ることです!(笑)
JB:どういうことだってばよ!
イリヤ:本体を使って攻撃します!杖で殴るか、杖から謎の光線が出るかで殴ります。あとウェットではないです。という感じでよろしくお願いしますー。
全員:よろしくお願いしますー。

PC2 オリバー・ローズ

◎ペルソナハンドアウト PC2:カブトワリ(フリーの荒事屋)
推奨QS:災厄のカゼ
コネ:『PC1』
 数年前、キミはゴエルロ「リペツク」を訪れた事がある。その際、ちょっとしたトラブルに巻き込まれたキミを助けてくれたのが“魔法少女”を名乗る『PC1』だった。
他のゴエルロとは雰囲気の異なるこの都市を気に入ったキミは、数年ぶりに再びそこを訪れた。だが、街は大変なことが起こり始めていた。
PS:リペツクの平和のために協力する。
※リペツクを以前訪れた際のトラブルについての詳細は決めていないので、適宜PC1と相談すること。

RL:では、キャスト②、オリバーさん。
オリバー:オリバー・ローズと申します。M○●N傭兵団で働いてます。1年半くらい居るんですが、大変キツいです。リペツクには、昔、自分探しの旅で行ったことがあります。その時に財布をスリに盗られたとき、助けて頂いたのが魔法少女でした。という位の縁があります。その時に、イリヤと知り合ったのかなと思っています。
RL:基本的に、そのトラブルを助けてくれたのがイリヤだと仮定してますが、もしかするとまだイリヤは居なかったかもしれない。
イリヤ:まあ大丈夫ですよ。助けたんですよ。
オリバー:なので、こんなに魔法少女たくさんいるの?というところまでは知らない。そこで、多分ここは他のゴエルロとは違って、女神様とかおって、スゲーなってところだけ覚えて帰りました。そんな感じです。あとは、仕事に疲れています。そんな感じです。以上です。
セキュア:すごい疲れてる。(笑)
RL:疲れたお兄さん。(笑)
オリバー:今回は旅行で来ました!以上です!

PC3 セキュア・ストリーム

◎ペルソナハンドアウト PC3:タタラorニューロ(フリーのプログラマ
推奨QS:ニューロキッズ
コネ:“ディアボルス”キョウ=カスガ(感情:友人)
 カスガは、君の友人の荒事屋であり、何度かキミと共に仕事をしたこともある。
今回彼から持ち掛けられた仕事は、ゴエルロ「リペツク」を統治する女神「マーテル」の誘拐だ。
彼が前線に立ち、君が万全のバックアップをする。まあ、いつも通りのビズというわけだ。
PS:マーテルの身柄を確保する。

セキュア:どうも、セキュア・ストリームです。姿は見えない。今まで人前に姿を出したことがない。というニューロです。ですが、現地の事情をわりと知ってたり、どこかから見てるんじゃね、みたいな疑惑が持ち上がったりする、疑惑のニューロです。このペルソナが正しければ、少なくとも私もウェットではないですね。(一同爆笑)Xではウェットのニューロって、駄目ですよね。
RL:ウェットのニューロを作ってしまうと、神業しか使えないですね。
セキュア:どっかにウェットは取得できないって書いてあった気がするんですけど。それはさておいて、この時代のテクノロジーとかサイバーウェアとかトロンとかの収集家でもあり、報酬の代わりにそういうものを要求してくることが多いです。そういう感じで、わりとフレンドリーな男だと思っておいて頂ければと思います。上から目線で、何かと仕切りたがり屋で、スケールのでかい男だと思って頂ければ。
オリバー:男なんですね。分かりました。
RL:ふふふふ!(笑)
セキュア:なんで笑ってるんですか!?(笑)
RL:なんでもないです!(笑)なんでもないです!

この時、全てのキャストのキャラクターシートを見ているのはRLだけなので、そういう笑いである。

セキュア:よろしくお願いしまーす。
JB:これは、商売敵が出てきたかな?
セキュア:え?

PC4 ジューダス備前

◎ペルソナハンドアウト PC4:バサラ(聖母殿あるいはフリーの退魔師)
推奨QS:炎の退魔師
コネ:アメリア・アインスブルグ(感情:友人)
キミにお願いしたことがある。とコンタクトを取ってきたのは、アメリア・アインスブルグと名乗るシスターだった。
彼女からの依頼は、ゴエルロ「リペツク」の調査。詳細は不明だが、この都市で何か重大な事件が起きる予兆があるのだという。
気になることはあるが、報酬は悪くない。キミは調査のために現地に向かう事にした。
PS:リペツクの調査を行う。

RL:では、ジューダス備前さん。
JB:やあやあ諸君。初めての人がほとんどかな?ジューダス備前(JB)という者だ。そうだね、僕のことに関して簡単に言うなら、アドバイザーかな?なんて適当なことを言ってるんだけど、イワサキとか、ヒラサカとかそういう感じの企業の手伝いをちょこちょこしているような、謎の傭兵と言っておいた方がいいかな。ここ最近は、そうだねえ。セキュア・ストリームの中の人さん。君には迷惑をかけたね。
セキュア:ふふふ…(笑)
JB:あと、RLにもかな。
RL:ふふふ!(笑)
JB:まあとりあえず、前の事件でいろいろやって、挙句の果てにクビを飛ばされたっていう話なんだけど、なぜか僕はここに居る。なぜだろうねえ。ふふふ。他に悪行を言うとするなら、新星帝都大学に突如現れたロボットの上でお茶をしたとか。(笑)木更津湖に現れた幽霊船の幽霊船長を捕まえて売り払ったとか。(笑)
イリヤ:売り払った?
オリバー:どんな悪党だ。
JB:まあ何だ、クロガネ、アヤカシ、バサラ関係、そういう超常現象的なアイテムを集めては他の方に譲渡したり。情報として調べたりするような、正体不明のフリーランスさ。そういったところだね。
セキュア:相変わらずの備前節で安心しました。安心?(笑)
JB:まあほら。今回は報酬が良いってことだし。ついでに何か面白いものでも見つけたら、それはそれで…おっと。口が滑った。そういったところだよ。
RL:はーい。怪しいやつです。では次、我胴さん。

PC5 "有象無尽蔵の"我胴影助

◎ペルソナハンドアウト PC5:クグツ(イワサキor千早のエージェント)
推奨QS:企業戦士
コネ:服部半蔵or早川美沙(外界:仕事)
日系企業が出資して建造されたゴエルロのひとつ「リペツク」が連絡を絶った。
このゴエルロは、現在直接企業が統治しているものではないが、他と比較してもたらされる利益が大きく、このまま放置するのは得策ではない。
状況を確認し、必要な手段を講じるため、キミは急遽現地に向かうこととなった。
PS:リペツクで発生した問題を解決する。

影助:はーい。イワサキ御庭番衆の我胴影助さんです。見た目が完全に忍者です。
イリヤアイエエエ!
影助:完全に忍者です。むしろ魔法少女が活躍しているときに現れちゃっても良いのかとか考えてしまいました。(笑)
セキュア:カゲ◎って何やねん!
影助:見た目は完全に忍者ですが、イワサキのためにその身を粉にしても頑張る御庭番衆の人です。あとは、忍者なので、高いところが好きです。(笑)
イリヤ:低いところに行きたくないだけじゃなくて!?(笑)
影助:屋根の上とかを移動するのが好きです。
イリヤ:忍者だ。
影助:あとは、色々分かると思います!(笑)
RL:はい!

オリバー:だめだ。本当にみんなのことが何も分からない。(笑)
RL:そのペルソナもどこまでが本当かっていうのがね。
影助:私の子はイワサキに誇りを持っているので、あまり隠さないかもしれません。
RL:それはそれで良いと思うんです。それで実は「ハッハッハ、私は実は千早のスパイだったのだ」とか言われると私もびっくりです。(笑)
オリバー:もうこれ分かんねえな!(笑)
影助:そんな感じです!
セキュア:そういうことをやりかねないプレイヤーだけど!(笑)

PC間コネ

RL:では、キャスト間のコネを取っていきたいと思います。オリバーさんからイリヤさん。
オリバー:クラブです。良く思う以外の発想がないです。
RL:では、セキュア・ストリームさんからオリバーさんに。
セキュア:傭兵かー。じゃあ、情報を売ってやるから、現地のジャンクでも送ってくれや、って感じで、外界ですかね。
オリバー:なるほど。オーサカはジャンクなもの多そう。
RL:けっこう面白いもの多そうですよね。
オリバー:最後のフロンティアって感じがします、オーサカM○●N。
RL:では、ジューダスさんからセキュアさん。
JB:そうだねー。色々と興味が尽きないから、感情かな?
セキュア:ふふふ!(笑)
RL:はい。では、我胴さんからジューダスさん。
影助:うーん。協力することもあるんだろうけど、怪しいヤツという気持ちも強いので、外界かな。(笑)
RL:はーい。では、イリヤさんから我胴さん。
イリヤ:忍者!すごいですね!!クラブ。
影助:やったー。
イリヤ:実在していたんですね!初めて見ました!(笑)
RL魔法少女がそれ言う?っていう感じはする。(笑)
イリヤ:自分の身に起こっていることに実感がわいてないけど、忍者を見たら「居たの!?」って思う。
RL:確かに分かる。
イリヤ魔法少女は珍しいもの、という意識が完全になくなっている。(笑)
オリバー:あなたの方がよっぽど珍しいですよ!
イリヤ:えっ!?冷静に考えてみれば本当にそうかも!そんなことないですって!いやだって、そうじゃん!周りに少ししか居ないよ、魔法少女!(笑)
RL:というわけで、では、手札を引いて行ってくださいー。
全員:はーい。
JB:すみません、ポケットロンを7つほどプレアクト購入します。(一同爆笑)
イリヤ:7つ!!??(笑)
オリバー:多いな!
影助:それが使えるほどの…?
RL:7つのポケットロンを持つ男。
JB:全部使うかどうかは分からないけどねー。
オリバー:そ、そうだ。こっちもプレアクト購入するものがあります。
RL:カード引きながら、プレアクト購入するものがあれば教えてください。
イリヤ:プレアクト購入するものはないです。
オリバー:キャラシーに書いてある2つを購入します!
RL:えーっと、はいはい。
セキュア:特にないです。
影助:購入はないです。
RL:では、アクトトレーラーを読んでから、始めて行きたいと思います!
全員:はーい。
RL
氷に閉ざされた大地に存在するドーム都市ゴエルロ
その中の一つは、魔法を使う女神さまの加護を受け、
人々は幸せに暮していました。

しかしある日、女神さまが悪者たちに囚われ、
たちまち街は大混乱になってしまいます。

そんな中、女神さまから力を授かった魔法少女が、
悪者たちの闇の鎖を打ち砕くため、
仲間とともに立ち上がりました。

これはそんな、ニューロエイジの機械仕掛けの英雄譚。

トーキョーN◎VA THE AXLERATION
『氷原の魔法少女(プリンセス)』

かくて運命の扉はひらかれた

オープニングフェイズ

剣十字修道会からの依頼

RL:というわけで、オープニング最初のシーンは、ジューダスさんですね。シーンカードはタタラ。
JB:あ、マジ。はいはーい。
RL:あなたは、アメリア・アインスブルクさんに呼び出されますというところですね。
JB:はーい。「さてさて。アメリア嬢、呼んだかい。」
アメリ:はい。ぜひあなたにお願いしたいことがあります。
JB:俺のような男に。
アメリ:はい。ロシアにあるゴエルロ。リペツクというところがあります。詳細は不明ですが、このリペツクという都市で、何か重大な事件が起きる予兆があります。あなたにこの件を調査して頂きたいんです。
JB:んー。調査だけでいいのかな。
RL:「そうですね…」と言ったところで、シーンが切れます。
JB:りょうかーい。
RL:さて、今回は報酬点を多めに渡しておきますね。というわけで、プラチナムをあげる。
JB:マジでー!
RL:情報収集の難易度が高いんでね。そのぶんね。というわけで、シーン変わって、あなたは吹雪の中、飛行機に乗っています。いや、車だね。そして、あなたは目的のドーム都市、リペツクに到達します。
JB:えっと、税関とか、そういうのはあるの。
RL:そうですね。そこまではたどり着いていませんですが、守衛とかがいるゲートはあるようです。
JB:うん。
RL:ただ、衛兵が外に立っていられるような土地ではないですから。
JB:衛兵の代わりに、魔法少女がいる感じなの?
RL:いや、最外郭のゲートに関しては、普通に自動化されたシステムになっています。魔法少女は外に置いておくわけにはいかないでしょ?
JB:なるほど。(笑)ではまあ、そこはそのまま通る感じかな。
RL:では、一番外のゲートは、ノーチェックであなたを迎え入れてくれます。話が通っていたのかな?という感じです。
JB:うん。
RL:あなたの後ろで、最外郭のゲートが閉じたところで、シーン終了です。
JB:はーい。

決して姿を現さない男

RL:次は、セキュア・ストリームさんのシーンですね。シーンカードはバサラ。
セキュア:はーい。
RL:では。あなたに、キョウ・カスガさんが依頼を持ってくる場面なんですが、どこに行けば良いですか?

そこには、どう見ても「パブリック・エネミー」の表紙の春日恭二的な絵があった。ハンドアウトにも書いてあった通り、このNPCの名前は"ディアボルス"キョウ・カスガなのである。

セキュア:そうですね。いつでもオンラインですから。コールして頂ければ。ただし、カメラはそちら側に。
RL:はい。カメラはN◎VAしないのどこかにある、公衆DAK。そこで、眼鏡をかけた神経質そうな男があなたにコールします。
セキュア:相変わらず用心深いな、あんたは。
カスガ:こうでもしなきゃ、この業界じゃ生き残れねえ。で、あんたにちょっとばかし、頼みがある。リペツクっていうゴエルロがあるんだが、そこを統治しているのが、マーテルとかいう「女神」だ。
セキュア:ほうほう。
カスガ:で、今回は、そいつを誘拐したい。
セキュア:なるほどねえ。リペツクって、あれだろ?女の子が街を守ってるっていう、噂があるとこだろ。聞いたことあるぜ。
カスガ:そうだ。魔法少女が居るとかいう、噂がある。ただのロシアの田舎だったら、俺が一人で突っ込んでも何の問題も無いんだがな。魔法少女が居るとなると話は別だ。あんたに力を貸してほしい。
セキュア:ほう。良いとも良いとも。ちょうど近くに寄ってたんだ。早速こっちの方でも調査を始めさせてもらうぜ。
カスガ:助かる。俺は別途、飛行機で現地へ向かう。バックアップを頼むぜ。
セキュア:おう。俺を誰だと思ってるんだよ。まあ、大船に乗ったつもりで任せとけって。
カスガ:ああ。あんたとなら、上手く行く。なんとなく今回は、そういう予感がしてる。
セキュア:お互い、上手くやろうぜ。
カスガ:報酬は、例のところにいつも通り送っておく。受け取ってくれ。
セキュア:よろしく頼むぜ!
RL:というと、カスガは通話を終え、N◎VAの路地に消えて行きます。さて、というわけで、カメラはあなたの方に向きます。
セキュア:そうですねー。私のほうだとすると、吹雪の中の、ロシアの荒野の廃墟あたりが写るんじゃないですかね。
RL:じゃあ、それがチラッと映ってエンドですかね。
セキュア:「うん。俺も久しぶりに動くとしますか。」と言って、シーン終了って感じでよろしくお願いします。
RL:では、カスガさんから前金の報酬としてプラチナムを受け取ってください。
セキュア:デカいですね。こんなに貰っちゃっていいんですか…。(笑)
RL:いや、手札が悪いと全部使うことになりそうなんで。
セキュア:一瞬で溶けることを想定しているんですね。
RL:と言ったところで、シーン終了です。

始まり

RL:次のシーンはルーラーシーンです!シーンカードはマヤカシ。ロシアにあるゴエルロ、リペツク。その中心部に建つ宮殿。その周囲の壁を、何人かの人物が歩いています。その中の一人の、指揮官風の男が、ローブを着た人物に話しかけます。「準備は整ったか」「ええ、いつでも。こちらの準備は整っております」「よし。表の連中に伝達しろ。今からきっちり1分後に突入。その後、こちらも裏から侵入し、ここを封鎖する。アレクセイ。」「へいよ!任せといてくれ」「よし。では行くとする。」ローブの人物はここで《神罰》を使用します。先ほどの会話から1分後、兵士たちの集団が突入し、その直後に城門は固く閉ざされ、再び開くことは無かった。ということでシーン終了します。
オリバー:もう始まっている。
RL:事件はもう始まっています。

断絶

RL:では、次のシーンです。イリヤさんのオープニングです。シーンカードはカブトワリ。
イリヤ:はーい。
RL:では、あなたはいつも通り、魔法少女として、街に出ています。
イリヤ:今回も悪者退治ですか?
RL:そうですね。悪者といっても、小物のチンピラとかが多いんですけど。
イリヤ:「イリヤさん!今日はこっちです!」「ええ~…今日もやるの~!?」とか杖の「ルビー」と話しながら、てくてく歩いています。
ルビー:もちろんです!魔法少女の活動は、継続が力ですから!
イリヤ:「ええー…」と言いながら、変身したまま杖に連れられて、現場に連れていかれます。そして、チンピラをやっつけます。
RL:はい。それで、数分後。「くそーっ!」と言って、チンピラは去っていきますが。「大変だよイリヤちゃん!マーテル様…女神様と連絡が付かない。」
イリヤ:「ええー…?ルビーの不調じゃないの?」と言いながら、杖をぶんぶん振ります。
ルビー:分かんない!分かんないけど、リンクが切れちゃった。他の魔法少女の子に連絡を取ろう。
イリヤ:ええー…じゃあ、ルビー、よろしく…。そのあたりの通信ができるのって、あなたでしょ?
ルビー:どうしよう!?イリヤちゃん!他の子たちとも連絡が付かないよ!
イリヤ:「もうダメじゃーん!?このポンコツ!」とか言いながら、ぶんぶん振ります。「でも、どうにかしなくちゃいけないよね…?連絡が付かないってことは、きっと女神様に何かが起こっちゃったんだと思うし…。ひとまず、女神様が居たのは宮殿の方だったと思うから、そっちに行ってみよう」
RL:では、宮殿の方にあなたが向かうと、宮殿は女神様が姿を見せなくなったということで、人が集まって、ざわついている感じです。で、あなたの同僚の魔法少女、“幻想の”アカリンが話しかけてきます。
イリヤ:アカリン…。
アカリンイリヤ、大変。
イリヤ:どうしたの?アカリン…
アカリン:宮殿に入れないわ。
イリヤ:入れない?入れないって、どういう事ですかぁ…?
アカリン:分からない。何者かが、結界を張っているみたい。
イリヤ:結界?魔法少女って、そういうのを破壊できるものじゃないんですかぁ…?
アカリン:さっきから何回かやってみたけど、相手はなかなかの手練れのようね。
イリヤ:ってことは、女神様とは、今は、会えないってこと?じゃあ、どうするんですか…?ふええ…。
アカリン:ええ。外に居る私たちだけで、何とかする方法を考えましょう。中の子たちもきっと、対策を練っているはずよ。
イリヤ:宮殿の中に捕らえられているのは、女神様たちだけじゃないってことですね…
アカリン:ええ。プリメラは宮殿にずっといるから、中に居るはず。
イリヤ:じゃあ、なんとかに連絡を取れるようにやってみましょう。
アカリン:もしかしたら、私たちだけでは解決できないかもしれないわ。外部の人たちに手伝ってもらう必要があるかも。
イリヤ:外部の人たち…?でも、今まで私が聞いてた話だと、私たちみたいな魔法少女がここを統治しているって、聞いてましたけど…外部の人たちは、そんな簡単に手伝ってくれるんですか?
アカリン:正直、無理ね。
イリヤ:「ダメじゃないですかぁ!これ、どうするんですかぁ…?」肩を掴んで、ブンブンします。
RL:アカリンは、されるままにブンブンされていますが。
イリヤ:どうするのぉ~!?
アカリン:まずは、情報を集めましょう。あの結界を破る方法を見つけなければ、どうにもならないわ。
イリヤ:ええ…はい…。頑張ります…。
RL:「期待しているわよ、"紅に染まる月"。」と言うと、アカリンはふわりと飛んでいきます。
イリヤ:「本当にどうにかなるのぉ~!?」と言いながら、膝から崩れ落ちて、シーン終了します。
RL:膝から崩れ落ちたところでシーン終了です!
イリヤ:世界はコモンに厳しい。(笑)

頼りない大人

RL:では、そこで頼れる味方?の登場かな。というわけで、オリバーさんのシーンです。
オリバー:はい。
RL:シーンカードは、エグゼク。
オリバー:エグゼクの逆位置か…。
あなたは、久しぶりにロシアの辺境にあるゴエルロ、リペツクにやって参りました。なんだか、怪しげな人物も一緒に居た気がするんですけども、はっきりしない。
オリバー:ああ、さっきの人!…じゃあ、一人でやたらでかいトランクをゴロゴロしながら行きます。
RL:以前ですと、ここで最外郭のゲートの次に入国審査のゲートがあったはずなのですが、開けっ放しになってます。
オリバー:なんという…。じゃあ、黙ってこっそり入ります。
RL:どうやら、ここのゲートを統括しているシステムが止まっちゃっているみたいですね。
オリバー:うーん。もっと良いものを持ち込めたかもしれないけど…と思うけど先を急ぎます。
RL:さて、街の中に入ると、肌で感じる雰囲気がちょっと違う感じ。なんだか、空気がピリピリしています。
オリバー:なんだって。やっぱり事件がもう始まっているのかな!?と思いますけど、何かが起こっている感じではないんですか?
RL:そうですね。以前はすごく平和な空気感だったのですが、今は重い空気が漂っています。道を行く人たちの中にちらほらと、顔つきが心なしか焦っていたり、暗かったりする人がいます。
オリバー:あー…やばい。これは始まってしまったに違いない。と確信します…。でも、誰を頼ればいいのか分からない…!
RL:では、そこであなたがあてもなく歩いていると、そこに崩れ落ちている、見たことのある女の子がいます。
イリヤ:あ…。(笑)
オリバー:え!?ここで出会うの!?そっかぁ~!(笑)
イリヤ:うう~!
オリバー:「あっ…!あなたは、魔法少女ですか!?あの時の!」と声をかけます。
イリヤ:誰、あなた…?なんかどっかで見たことがある気がします…
オリバー:はい!1年半くらい前にここに来た時に、盗まれたおさいふを取り返してもらったことがあります!オリバーって呼んでください!
イリヤ:オリバーさん…助けてください~!私じゃあもう何もできません~!
オリバー:ひゃー!?うそだー!こんな返事が返ってくるとは思っていなかったァーッ!!と思いつつ「わ、分かった!状況は何となく察しているからもちろん協力するよ!」
ルビーイリヤちゃん泣いちゃだめだよ!魔法少女なんだから!ほら、笑顔笑顔!
オリバー:うわぁ…。(笑)
イリヤ:だってこんな状況ぉー!私何もできるわけじゃない!!
オリバー:ハァーッ!危機的状況!!「と、と、とにかく、協力してもらえる人をもっと集めて、なんとかしないと…もっと、こう、僕一人では火力が足りないんだ…前よりは強くなったはずなんだけど!!」(笑)あと、ダイヤの手札が欲しい!(笑)
JBメメタァ!(笑)
オリバー:ということで、アワアワしながら。「とりあえず何が起こっているか、察しがついたから…仲間を探したり情報収集をしよう!!」と言います。
イリヤ:はい…。
オリバー:どうしよう…。
RL:二人が出会ったところで、シーン終了です。
イリヤ:ところで、私は報酬点は貰えたりするんですか?
RL:そうですね。イリヤちゃんはゴールド。オリバーさんはキーハンドアウトのあれこれで、プラチナム
オリバー:えっ?そうなんですか?
RL:はい。
オリバー:てっきりボランティアで…んーまあありがとうございます!「大丈夫。カネならある。」といって励ましておく!
RL:ハッハッハ。(笑) 
イリヤ:いたいけな小学生に何てことを!(笑)
オリバー:カネで解決できることは何とかしていこう。
イリヤ:大人ってすごいですね…。

イワサキの思惑 

RL:では、オープニング最後は我胴さんのシーンです。シーンカードはカゲムシャ。
影助:はーい。
RL:あなたは、服部半蔵に呼び出されます。
影助:はーい。あれですね。やっぱり、忍者風に、上からシュバッって、感じで現れて、かしずきます。
RL:では、振り向きもせずに。「来たな、我胴。」
影助:は、此度の要件は。
服部半蔵:ロシアにあるゴエルロのひとつ、リペツクが連絡を絶った。
影助:ロシア、ですか。それは、ずいぶん遠い…。
服部半蔵:これらのゴエルロは我らがイワサキと日系企業の出資によって作られたものだ。その多くは我らの支配下にある。しかしこのゴエルロに関しては、我らが直接統治をしているわけではない。とはいえ、ここからもたらされる利益は非常に大きい。
影助:なるほど。現地で何が起こっているのかを把握してくるというのが、今回の使命ですか。
服部半蔵:そうだ。できるだけ、早急に事情を知りたい。
影助:早急に現地へ向かいます。
服部半蔵:屋上に高速ヘリを用意してある。それを使ってくれ。
影助:それは、かたじけない。では早速向かってまいります。
服部半蔵:頼んだぞ。
影助:ということで、また上の方にシュバッと飛んで、その場からいなくなります。
RL:では、現地へ着くとリサーチフェイズになりますので。ヘリの中に支度金として、プラチナムが入っていたってことで。
影助:わーい。
RL:こんだけ渡しておきゃいいだろ!報酬点が足らんってことはないだろう。(笑)
イリヤ:合計45報酬点。
影助:すごい。
RL:まあ、全体で10あれば足りるから。では、ヘリからあなたが眼下に広がるドーム都市を見たところで、シーン終了となります。
影助:はい。

次の記事へ続く。

*1:写真素材はこちらを使わせていただきました

札幌の街並み(夜景)|無料の写真素材はフリー素材のぱくたそ

近況報告~OGA春季大会で獸ノ森のGMします~(追記あり)

f:id:Coboler:20190506190544p:plain

Twitterアイコンに使っているイラスト。なぜか壁紙サイズで描いており、正方形ではない

今年もGM参加!

まだわしのトレーラー画像は完成していないのですが、やっぱ記事を先に書いておかねばならないと思いました。OGAの公式サイトがジオシティーズから移転してはてなに来て以来、初めてリンクを貼ることになったのですが、先方に通知が出たりするのでしょうか。というわけで、詳しくはこちらをご覧ください。

oga-site.hatenablog.com

ウェルカム・トゥ・ザ・クレイジー

最近イチオシのシステムは獸ノ森!!と公言して憚らないコボラーさんなので、私は獸ノ森のGMをやります!シナリオは、獸ノ森ではよくありそうな普通の話です!でも一応、今回の大会のテーマが「第一話」なので、全4話くらいのキャンペーンの1話目として作っています!好評だったら続きをコンベンションとかでやっていきたいですね!

このシナリオの進捗は、↓の「進捗ノート」でリアルタイムに報告したりしていますが、『野性の証明』を見てるとか『エクスペンダブルズ3』を見たとか余計な話も無駄に書いてあるな!とりあえずトレーラー画像が出来たらこのブログとかでもまた報告するんで、取り急ぎブログを更新しました!以上!(本当は、リプレイ記事のその1とその2の間にこの記事が挟まらないようにタイムスタンプを誤魔化して、同じ日の過去に投稿する必要があったから急いで更新したんです!なんて無駄な努力なんだ!)

shinchoku.net

ちなみに私の獸ノ森卓はこんな感じで専用のセッションシート、オブジェクトマーカー、自作装備のレシピ表などイラレを駆使して作ったグッズをもりもり使っております。サンプルキャラクターのキャラシーもイラレで1枚づつ手作りしたから、ルルブのデータよりちょっと違ったりするでー!

トレーラー画像ができました(5/16追記)

トレーラー画像がやっとできました!!ということで追記するドン!

こんな感じで、どこのオーガニック食品やねんというデザインになっておりまして、これはCanvaで作りました!省エネ!どんなトレーラー画像にするべきか迷いに迷った末に、自力で全部作ることは諦めてイラストをバーンと使う感じにしました!あのスクリプト体のフォントが全てを物語っておるわ!!「歌うネオンの木」というのはシナリオのタイトルです!この名前に引っ張られたせいでトレーラー画像の完成が遅れたんですね!

そしてスレッドに繋がっているのが、ろーどないつのあらがねさんのトレーラー画像です!今回もシナリオは見ずにトレーラー画像だけ作ってしまいました!というわけでこのブログを見ている岡山近県のゲーマーの皆様!岡山県生涯学習センターでわしと握手!以上です!

【更新中】岡山市内のTRPGコンベンション立卓状況2019年版

岡山市内の主要4サークルの開催状況です。今年も2019年の開催状況をリアルタイムで報告します。そんな感じです。

前記事と同様に、はてなブログの仕様で、セルに色をつけているのですがPCからは見えません。スマホからだと見えるようです。見づらくてスミマセン。

サークル名(敬称略) 立卓状況 備考
1月
OGA インセイン(2卓)
獸ノ森
ビギニングアイドル
迷宮キングダム
ほかにボードゲーム卓あり
獸ノ森
ロードス島戦記RPG
 
ろーどないつ ニンジャスレイヤーTRPG
パスファインダーRPG
ヤンキー&ヨグ=ソトース
 
2月
OGA ダブルクロスThe 3rd Edition
ビギニングアイドル
ロードス島戦記RPG
ほかにボードゲーム卓あり
神聖課金RPG ディヴァインチャージャー
ロードス島戦記RPG
 
ろーどないつ 艦これRPG
獸ノ森
パスファインダーRPG
 
Easy GoinG ソード・ワールド2.5
ロードス島戦記RPG
 
3月
OGA インセイン(2卓)
ソード・ワールド2.5
マギカロギア
ほかにボードゲーム卓あり
ロードス島戦記RPG  
ろーどないつ 艦これRPG
トーキョーN◎VA THE AXLERATION
マージナルヒーローズ
 
4月
OGA ストラトシャウト
フタリソウサ
メタリックガーディアン
モノトーンミュージアム
ほかにボードゲーム卓あり
クトゥルフ神話TRPG  
ろーどないつ アリアンロッド2E
パスファインダーRPG
フタリソウサ
 
Easy GoinG ソード・ワールド2.5  
5月
ウタカゼ  
OGA(春季大会) インセイン(2卓)
ウィザードリィRPG
カードランカー
獸ノ森
ソード・ワールド2.5
装甲騎兵ボトムズTRPG
フタリソウサ
ほかにボードゲーム卓あり
ろーどないつ アドバンスト・ファイティング・ファンタジー 第2版
トーキョーN◎VA THE AXLERATION
パスファインダーRPG
 
6月
OGA インセイン
ソード・ワールド2.5(2卓)
マギカロギア
ほかにボードゲーム卓あり
ゴブリンスレイヤーTRPG  
Easy GoinG 獸ノ森  
ろーどないつ インセイン
黒絢のアヴァンドナー
パスファインダーRPG
 
7月
OGA インセイン(2卓)
フタリソウサ
ブラインドミトス
メタリックガーディアン
ほかにボードゲーム卓あり
メタリックガーディアン  

BLセッションをするときは、必ずプレイヤーの地雷についてリサーチするんやで。せんかったら死ぬで。(ブログ主からのメッセージ)