Cobolerのリプレイ置き場

趣味のテープ起こしを活かした、TRPGのリプレイ置き場でございます。

UPされた記事はいつ書き直されてもおかしくない状態で公開されています。 あと、記事を上書きで更新することが多いです

「すしちクトゥルフ」 その3

前記事がきっかけになって、ちょっとした論争が発生していました。

twitter.com

ACT-4-2 洋館(夜)

斑鳩:まず、館の前に集合ー!
凛子:暗いよー。
斑鳩:暗いっすね!
植田:暗いっす。懐中電灯あります?
斑鳩:あります。
毛留:ちゃんとヘルメットのヘッドライトをカチッっとつけるよ。
凛子:そっちを持ってきているのか。(笑)
毛留:いやまあ、ヘルメットはさすがに持ってないだろうから、とりあえずバンドか何かで固定しているよ。
斑鳩:デジカメを念のため、首から下げてますよ。
KP:はい、分かりました。
斑鳩:「入ります?」って皆さんに声を掛けますよ。
凛子:いやもう、入るしかないでしょ。
斑鳩:じゃあ、小麦粉があるところをできるだけ避けて。
凛子:小麦粉に変化は?
KP:小麦粉は、扉を開ける前に撒いてるんですよね。
毛留:うん。
斑鳩:玄関回りに撒いてる。
KP:何という事でしょう。小麦粉は一切残っていません。
一同:(口々に)こえーよ!!
斑鳩:しまった!言うんじゃなかった!
毛留:これはSANチェック案件だぜ!?
植田:食べられたんじゃないか?
凛子:誰かが舐めていってみたいにぃぃ~!ウワァーン!
斑鳩:人間が掃除したっていうのは、どうでしょう。SANチェックを受けないために。
毛留:えーっとねー。これは…地面は、乾いてるかどうかくらいは、わかりますよね。
KP:乾いてますね。
凛子:そういえばこの洋館、どういう由来があるものなのか、調べてくればよかったぁ!
斑鳩:いやでも、何だかんだでわかんなかったと思うぞ。でもそうだったッスねー!下手こいたー!
毛留:ていうか、普通、こんなん想定してないって!
斑鳩:先生!これ、民俗学だったッスよね!?
植田:…ああ。民俗学
凛子:もういい!わーん!行きましょうとりあえずー!
斑鳩:ここがあの女のハウスねー!(?)
KP:扉を開けようとしたって事で、良いですね?誰が開けます?
植田:じゃあ、自分が開けようか。入ろう入ろう。
KP:では、開けようとすると、「キャァ!」と。
斑鳩:エエー!?どこから!?
KP:中からです。
凛子:中!?
KP:若い女性の声がします。
斑鳩:そういえば神奈子さんはどこに居ますか?
KP:神奈子さんは、皆さんと一緒に居ますよ。
植田:居るんだ!?
斑鳩:良かった良かった。
凛子:中に人がいるの怖い!!
斑鳩:先生!早く開けよう!
植田:バーン!
KP:開けると、玄関の前に、力なく座っている少女が。そして目の前の階段を、駆け上って行く黒い影。
毛留:オォゥ。
KP:黒い影は階段を駆け上り、目の前の扉に、スッと消えていきました。
植田:消えた!?
毛留:階段があって、その上の階の扉に消えていった?
KP:階段を上がったところにある、正面の扉に消えていきました。
斑鳩:「何か居たぞ!?」階段を見上げながら。
凛子:ちょっ!?大丈夫ですか!?
KP:黒い影は扉の中に、溶けるように消えていきました。で、SANチェックですね!!
斑鳩:溶け込んで!?待って待って。なんで扉開けてねんだよー!
凛子:(ころころ)成功した!
植田:(ころころ)成功したー。
毛留:今、我々は…(ころころ)失敗した。
斑鳩:(ころころ)失敗したーっ!!
KP:成功したら、1です。
凛子:1!?
KP:失敗したら、1d3です。
毛留:(ころころ)3だった。
斑鳩:(ころころ)3。
植田:うわー。
凛子:今、ドアの中に溶けて行ったよ!?
斑鳩:溶けて行ったよぉ!!
毛留:先輩。そんなこと、あるはずないじゃないっすかー…ハハハ…。
斑鳩:「何言ってんだおまえはー!」両肩を持って、ゆっさゆっさ。
毛留:ハハハハァ…。
植田:影送りかな…?
毛留:とりあえず、外出ましょうよ!?女の子を連れて。
KP:連れて行きますね。はい。
斑鳩:何歳くらいの女の子ですか?
KP:女の子に近寄るってことですね。15~6歳くらいです。高校生くらいの女の子です。
斑鳩:JKか。「大丈夫ですか!?」
KP:声をかけますと、「助けてください!あいつ、あの子が!あの子が!あんなに頑張ったのに!ああ!ああああ!お願いします!!」
毛留:はい?
凛子:はいぃ?何が起こったんですか!?
KP:〈精神分析〉あたりをどうぞ。
毛留:俺は持ってない。誰かどうぞ。
植田:〈精神分析〉。えーい。(ころころ)4。
斑鳩:すげーっ。クリティカルしたー!(拍手)
植田:どうやったんだろう。「どうどう」とか言いながら。「とりあえず落ち着け。そんな事言っても、あいつは帰って来ない!」(笑)
凛子:帰ってくる前提かよ!?まあ、とにかく!
KP:じゃあ、落ち着いたので。女の子が喋りだします。「みっともない姿を見せてしまって、ごめんなさい。私は、真紀子(まきこ)っていいます。」
斑鳩:まきこ…?苗字は?
KP:羽暮(はぐれ)。
凛子:はぐれまきこ!!!(笑)
斑鳩:うん!!
植田:なんか、すげーのが出てきた!(笑)
斑鳩:羽暮真紀子さん!
真紀子:私、友達と例の巻き寿司を見に来たんです。だって、巻き寿司はそんなことをするわけが無いじゃないですか。
斑鳩:うんうん。
真紀子:けど、さっき、友達がさらわれちゃったんです。
凛子:はいー!?
植田:な、なに!?
真紀子:だから、私、頑張って、抵抗して、友達を取り返そうとしたんです。でも、私だけの力じゃあ、どうにもならなくなったんです。
凛子:そ、その、攫われたっていうのは、あの黒い影に!?
真紀子:そうです。
植田:うわぁぁー!
真紀子:これ、きっと警察に行っても信じてもらえないと思うんです。
毛留:そりゃそうだろう。(笑)
真紀子:だから、お願いします。私と一緒に、友達を助けてください。
凛子:ちょっ。神奈子。カナちゃん。羽暮さんに見覚えは?
神奈子:さすがに、街の人間一人一人は覚えてないわねー。
凛子:それもそうだな…
斑鳩:「ちなみにあの黒い影だけどさ。あれって…?」と、羽暮さんに。
真紀子:巻き寿司のフリをしている何かじゃないのかしら。
斑鳩:巻き寿司っぽい、何か!?
凛子:巻き寿司ぃ…!(笑)
毛留:っていうか、この町の人間って、巻き寿司が動いているところを見たことがある人って、けっこういるの?
KP:それはどうなんでしょうね。
凛子:こうやって、肝試しに来る人も多いのかなぁ。
斑鳩:肝試しじゃなくて、「巻き寿司はこんなことをするはずがない」って調べに来た探索者的な何かじゃないの!?
凛子:う、うん。
斑鳩:とりあえず、俺は助けに行きたいけど…。
凛子:2階に上がるっきゃない。
植田:行くしかないでしょう…。
毛留:うん。
植田:とりあえず、真紀子さんも付いて来るの?
KP:そうですね。だって、友達が誰か分からないじゃないですか。
凛子:あのー、友達の名前とか、背格好とか、教えてもらってもいいですか?
真紀子:友達の名前は、さだおって言います。
毛留:男なんだ。
斑鳩:下の名前だよね。上の名前は?
KP:武和(たけかず)です。ちくわから、だんだん変化していった感じですね。(笑)
凛子:あ、ハィィ!!(笑)アアーッ!!こわいよぉぉ!
斑鳩:助けに行く!?
凛子:行きましょう!
毛留:行かなきゃいけんだろう。
KP:ということで、他に彼女から聞きたいことは?
斑鳩:二人で来たの?
KP:そうですね。
斑鳩:ここでうっかり、3人で来たとか言われたらトンでもねえなと思って!(笑)
真紀子:二人で来ました。さすがに、私一人だと怖かったので…。
毛留:夜道をひとりで歩くのは怖いから、二人で来たと。
KP:そうですね。変な噂もいっぱいあるし。
凛子:あのー、入り口の前に小麦粉が撒いてあったのには、気がつきました?
真紀子:小麦粉?よく見えなかったけど、多分無かったと思います。
凛子:ホォォォー…。
植田:その頃には無かったのか。
斑鳩:誰が片付けたんだよぉ。
植田:管理人さんかな。
斑鳩:かなぁ。この洋館の由来についてとか、何か知ってますか?
真紀子:何か、昔のすごい魔術師の人が、住んでたって聞いたことがあります。
植田:えー!?
毛留:ファー!!(笑)
斑鳩:そっかぁ~!…先生、キナ臭いですねぇ。
植田:キナ臭いなぁ。
凛子:普通に怖いよー!
斑鳩:どうしようアレ!!あの黒いヤツ!「あのう、誰か巻き寿司的な黒いヤツの倒し方、知ってます?」
神奈子:なんで巻き寿司を倒さないといけないのよ。
斑鳩:っぽいもの!巻き寿司に見えるけど、巻き寿司じゃないってみんなが言ってるんですよね。巻き寿司っぽいけど、そうじゃないもののことを聞いておこうと思って。
真紀子:変な大人が、巻き寿司の格好をしているとかだったら、普通に殴ったりとか…
斑鳩:ハハハ!!(笑)
凛子:アグレッシブだのぉ~。
毛留:巻き寿司じゃなければ、少々なにやっても構わんと!!
KP:はい。
植田:巻き寿司が好きなものとかは?
凛子:醤油じゃないですか?
植田:例えば、暴れている時に、落ち着かせるためのアイテムとか。そういうのって、伝説にないのかな。
真紀子:巻き寿司は温厚な存在だから。暴れるなんてことは、ないですよ。
植田:じゃあ、単純に好きなものは?こういう捧げものをしたら良いよ、とかは?
真紀子:好きなもの?ちくわ大明神様じゃないのかな?
凛子:ウワァー!!(笑)
斑鳩:ちくわ大明神様はどうやって呼ぶんだよー!(笑)しょうがないから、殴るってことで良いんじゃないですかね?
凛子:すみません。角材とか、落ちてますか?手で持てそうなやつ。
KP:角材は、分かりませんねー。えっとね。地図を出しておこう。

ACT-5 探索

斑鳩:なにこれ!?
KP:私が手で作っているので!(笑)これ、1階です。みんなは階段の手前にいて、ここに入って来たら、巻き寿司的なものがガッと上に登ってくのが見えました。f:id:Coboler:20170426205412p:plain

なんていうか、撮った位置が悪かったので、正面から見た図を作ったらこんなふうになった…。ちなみに下にちょっと見えているのは、ファミマのロールケーキです。

斑鳩:真紀子さんに、他の部屋は探索したか訊いてみましょう。
KP:他の部屋に入ってみるまえに、あの黒いやつに襲われたので、部屋は全然見てないって言ってます。
斑鳩:黒い影をとっとと見つけた方が良いと思いますけど。
凛子:しかし、ドアが沢山あるなぁ。
毛留:恐ろしいのは、敵が1体じゃないかもしれないってことです。2体以上いる可能性が高いってことですよ。
植田:ああ、群れでいるから…。
KP:群れるけど、どうなんでしょうね。
毛留:はぐれたのが1体とは限らんわけですから。
凛子:ほんとだー!
斑鳩:どうする?影が消えた部屋から探索する?それとも、他の部屋から見ていく?
凛子:他の部屋から行ってみようか。ウォーミングアップ的に。
斑鳩:真紀子さんは何か言ってきますか?
真紀子:準備も必要だと思いますし、何かしら武器もあったほうが良いと思うんです。私は、頼む側の人間だから、指図できるほどの立場じゃないから…。
毛留:とっとと行った方が良い気がするんだ。ただ、角材か何か、武器は要ると思う。なんで角材かっていうと…そうだ、すり抜けるんだった…。(笑)
斑鳩:物理攻撃が効かない可能性があるのか!
凛子:(ウルフルズバンザイ」の節で)はんざーい。キミを~武器で殴った~。
植田:このままず~っとー
毛留:死ぬまでハッピー…(笑)
斑鳩:巻き寿司の対抗策が何かないか、他の部屋を見て調べようか!
植田:何か、あるかもしれない。
KP:巻き寿司のHPが100あるかもしれないですからねー。(笑)
凛子:ウワァー…私HP14しかないよ。(笑)
斑鳩:9しかねーよ!!
凛子:一桁!?
植田:9。
毛留:9、9、9、14。
凛子:ウッソォ!?私が一番高いんかい!(笑)
毛留:とりあえず、行ってみよう…。
斑鳩:とりあえず、1階のふたつの部屋を、分散して調べる?
凛子:ダメ!別れたくない!(笑)
斑鳩:ふたつに分かれた方が、ペース早いかなと思って!(笑)
毛留:そう思ったんだけど、今までのSANチェックのペースを考えると、ヤバイんじゃないかなーっと…。なんか、SANチェックの成功率が妙に低いんで。半々で成功するくらいのはずなんだけど、どうも失敗率の方が高いんで。
植田サーセン
凛子:ハハハハァ…。
斑鳩:これさ、2階に行ったと思ったら、1階にいたっていうのが超怖いよね。
毛留:こえーな…。
凛子:とりあえず、みんなで行ってみましょうよ。誰かが発狂しても、引っ張って後ろに連れて行ってくれる人が居たら安心!

ACT-5-1 探索(部屋2)

斑鳩:じゃあ、1階の部屋2の方に行ってみましょう。
KP:じゃあ、図の赤色の部屋の方ですね。
斑鳩:扉を開けまーす。ガチャ。
KP:書斎のようですね。机とか椅子がある、小さな部屋です。
斑鳩:机に引き出しは。
KP:机の引き出しは、〈目星〉で。
凛子:本棚に〈目星〉しても良いですか?
KP:本棚は、本がぐちゃぐちゃのボロボロになっています。
毛留:本としての資料は、もう無いと。
KP:そうですね。
凛子:はい。わかりました。
斑鳩:誰か机に〈目星〉をお願いします。25しかないんだ。
凛子:じゃあ、75あるから私がやろう。とう。(ころころ)76か。
毛留:妖怪イチタリナイが!
凛子:はい!誰か振って!
毛留:じゃあ私が。(ころころ)21成功!
KP:では、机の上に、手帳があるのが分かります。赤色の手帳です。読むには〈図書館〉が必要です。
斑鳩:赤色の手帳。じゃあそれは振ろう。〈図書館〉85あるから。「読んでみますね。」と言って。(ころころ)5。
凛子:すごい。クリティカルやん。
KP:では。すしちく教徒の、魔術師の日記です。「3月なんとか日。最近、人間に憑りつき、悪行を行う悪しきものが居る。あまり大それたことはしていないが、用心しなければならない。」
斑鳩:人間に憑りつくなにか?
KP:「4月。以前に書いた、人に憑りつき、悪行を行っていた悪しきものが、ついに人を殺してしまった。」
凛子:ファーッ!!
毛留:ウワァーッ!
斑鳩:まだ俺が読んでるだけだから!(笑)人を殺した!?
KP:「これは、どうにかせねばならない。名前がないと、不便なので、以後"ダークファルスシ"と呼ぶことにした。」(一同爆笑)
斑鳩:待って!?ダーク…!?
KP:ダークファルスシです!
凛子:なんかそれ、すしちく十連で昨日引いたヤツの中に出てきたよ!(笑)
KP:なんかよくわかんないけど、強そうだから!(笑)
斑鳩:ここでブッと噴き出しておこう!(笑)
植田:待って。すしちく…いや、すしち…!?(混乱)
毛留:すしちくがどんなものかもまだ、分かっていないっていうのに…。(笑)
KP:まだ続きがあります!「7月。ようやくダークファルスシを倒した。これで皆が、恐怖から解放される。静子、慎太郎、仇は取ったぞ。」読めるのはこの辺だけです。
植田:…しずこ。
凛子:一体、どうやって!
斑鳩:静子、慎太郎、この名前に聞き覚えは?
真紀子:この人たちはアレじゃないですか?やられた人たちじゃないんですか?
毛留:その日付が何年前か、っていうのは分かりますか?
KP:特には、分からないです。
毛留:古そうだなぁ。
斑鳩:館自体も古そうだし、ということで、日記の内容を共有しましょう。「なんか、魔術師が、ダークファルスシ…(笑)を倒したらしいです!大名さん、ダークファルスシって知ってます?」
神奈子:ダークファルスシね。ずっと昔に、人々を襲った悪いもので、魔術師様が倒したから安心って聞いたわ。
斑鳩:「ここに住んでたのが、その魔術師?」日記を見せて訊こう。
神奈子:多分そうね。魔術師様が住んでるところだから。
植田:これで倒した?封印したって感じなのかな。
斑鳩:大名さん、静子と慎太郎って知ってます?
神奈子:さあ、分からないけど、知り合いかなんかだったんじゃない?倒された人とか、家族とか。
凛子:怖いよー。
植田:ダークファルスシちく。
斑鳩:先生。
毛留:「ちく」まで入れたらだめだよ。
植田:ダークファルスシ。
斑鳩:こんなレポート、書けませんよ。
毛留:こんなレポート書いたら、またボツになるよ!また×ファイルの仲間入りだよ!!
凛子:まって。ダークファルスシの事をカナちゃんが知ってるってことは、民俗学的にも、まあまあ有名ってことじゃないんですかー!?
斑鳩:そうなのかな!?
KP:すしちく的に有名な話ではあるけど、多分…。
凛子:教義の中には入っているんですね!?アークエネミーとして!!(笑)
KP:昔N市を、恐怖のどん底に陥れた悪しきものということで。ただ、封印だか倒したか、されているから大丈夫ってことは教義に入ってます。すしちく教徒の必修科目として教えられてます。
凛子:なんて恐ろしいんだ。ダークファルスシ!!
斑鳩:じゃあ、真紀子さんも知ってるのか。
KP:小学校の時に習ったそうです。
毛留:小学校でも習うんだ。(笑)
凛子:これは、道徳の授業とか、総合科目とかで教えてるんじゃないですかね…。
毛留:それはつまり、パン屋を和菓子屋に変えるように、N市民はすしちくに…
凛子:いや、Y県民が吉田松陰先生の生涯について学ぶように、N市民はすしちくのことを学んでいるんだよ!!(笑)
KP:そういう感じです。
植田:むかしむかし。偉い魔術師様が居たのじゃ。
KP:地元出身の偉い人みたいな感じで。
凛子:よし!続けましょう!では、この部屋にはそれ以上のものは、無さそうですよね。
KP:無さそうですね。
斑鳩:次の部屋に行きましょう。

ACT-5-2 探索(部屋1)

凛子:次は私が扉を開けましょう。
KP:部屋1ですね。開けると、足の踏み場もないくらいに散らかった、怪しい魔術的な道具や本が、うずたかく積まれています。
斑鳩:汚っ!
毛留:道具を〈目星〉したい。
KP:どうぞ。本にも〈目星〉できます。
毛留:道具。(ころころ)7!
凛子:本で。(ころころ)95だから失敗です。
斑鳩:本にします。〈図書館〉でも良いですか?
KP:じゃあ良いですよ。
斑鳩:〈図書館〉で振ります。20!
植田:生徒が優秀すぎてやることがないぞ…。
KP:じゃあ、道具のほうから。ちくわ型の、魔術的な道具です。
斑鳩:うん!(笑)
植田:何だろうこれ…。
KP:効果は、MPを消費する時に、MPを1d6肩代わりしてくれます。
斑鳩:便利じゃん。
毛留:便利だ。
凛子:だが我々は魔法を知らない。
斑鳩:魔法を学ぶかも。
毛留ソードワールドでいうところの、魔晶石みたいなものか。
KP:魔術師いるので、魔法が使えるかもしれないですね。としか言いようがないです。本のほうは、"すしちくノミコン"という本が見つかりました。
凛子:すしちくノミコン!!(笑)
斑鳩:あー…。何語?
毛留:そりゃあもう…あれでしょう!!
凛子:駄目ダメ!禍々しい気が出てる!!
斑鳩:いや、ここは聞いておかなければならない!さあ言えキーパー!!
KP:何語かっていうと、表紙を見る限り、自分の読める言語に変換されますね。
植田:どうなってるんだ!?
KP:頭の中に、文字が流れ込んできます。
斑鳩:この字!見たこと無いのに、なんか読めるんですけど!明らかにおかしくないですか!?
凛子:キャー!!(笑)
毛留:それはもう、この本の存在自体が…。
斑鳩SANチェックですか?
KP:まあ、まあ、まあ!そこら辺は、とりあえず読めたっていうことで。
斑鳩:本開いてみます?先生。
植田:読んでみよう。
凛子:私は怖いので、外を警戒しておきます!
KP:読んだんですね。読もうと思って本を開けると、文字が頭の中に勝手に入って来ます。
斑鳩:こえー!
凛子:あなたの頭の中に、直接流れ込んでいます!!(笑)
KP:そして、あなたは巻き寿司になった気分に!
植田:巻き寿司!!
KP:巻き寿司にされるような感覚を覚えます!
植田:巻き寿司に!?
KPSANチェックをお願いします!
毛留:まあ、そうだろうなぁ。(笑)
斑鳩:なんかゴメン!
植田:まあ…SANチェックは覚悟してたけど…(ころころ)20で成功!
KP:1d3振って下さい。
凛子:1d3!?
KP:そりゃあ、あんな本読んだらSANチェックは必要でしょう!
植田:(ころころ)1!「あ、俺、巻き寿司になったんだった。」
斑鳩:先生!巻き寿司だったんですか!?
凛子:過去形で言ったよ!?(笑)
植田:俺は巻き寿司になったんだ!!
毛留前前前世は巻き寿司!!(笑)
凛子ハーブティー噴き出すかと思ったわ!!(笑)やばい!
KP:あとはまあ、この部屋を掃除したい、とかがなければ…。
凛子:大丈夫です!
植田:とりあえず、この本を持って行って。相手に見せてたりしたら、何かリアクション変わるかも。
凛子:神奈子さんに、すしちくノミコンを見せてみたら、何かリアクションありますか?
KP:「えっ!?これ、あの伝説のすしちくノミコンじゃない!!」と言って、目をキラキラさせています。
斑鳩:何か、貴重なものなの?
凛子:じゃあ、このちくわ型の何かは!?
KP:とりあえず、どちらもすしちく教徒的には有名なアイテムみたいです。
斑鳩:あのすしちく教本部に持って行ったら、
KP:多分、本部で宝物として扱われるはずです。
凛子:ワーオ。これはちゃんと後で寄贈しよう。
斑鳩:この本もあとで寄贈しましょうか。この本、誰が持っておく?「この本持っておく?鈍器代わりに。」
凛子:うん。わかった。
神奈子:ちょっとあなた!貴重な本を鈍器代わりに!?
凛子:ア゛ーン!!(笑)
毛留:と言っても、我々にとっては、鈍器以上の使い道は無いんだが…。(笑)
斑鳩:「俺たちは、まずここから生きて帰らないといけないんだ!寄贈する前に!」力説する!
植田:他に何かないの?
凛子:窓の外に変なものが見えるとか、ないですよね!?
KP:掃除すれば何かあるかもね、としか言いようがないです。
毛留:時間が押してるから、とりあえず、そういう部屋があったってことだけ押さえておいて。
斑鳩:時間があったら掃除しよう。よし、2階へレッツゴー。
KP:2階ですね。
斑鳩:階段上がるときに、何かイベントがあったりは?
KP:特にないです。
斑鳩:まず、影が消えた部屋に〈聞き耳〉しておく?
KP:はい。〈聞き耳〉しておく?はい。
凛子:〈聞き耳〉はな…25しかないのじゃ。ファンブルが怖いのでやりません。
毛留:〈聞き耳〉やる。
植田:全員でやるか。
斑鳩:いや、3人くらいで!(ころころ)83。失敗!
植田:(ころころ)87。失敗。
毛留:(ころころ)40成功。
KP:成功した人は、犬が「ハッハッハッ」みたいな感じの、荒ぶった声が聞こえてきます。
毛留:それは伝えるよ。「犬みたいな声がする!」
凛子:犬?
植田:やっぱり野犬かなぁ。
KP:それは分かんないですけど。そんな感じの、生き物がいそうな音がします。
毛留:でも!みんな忘れちゃだめだよ。野犬は壁をすり抜けません。(笑)
凛子:ティンダロスの猟犬という可能性もある!(笑)
斑鳩:1匹でした?
毛留:それは…何匹いるっていうのは?
KP:そこまでは分からないですね。
毛留:我々は、他の部屋を調べるときも、大きな音をさせちゃだめ。大きな音を立てたら、あいつらは壁をすり抜けてやってくるわけですから!
凛子:でもさぁ、友達がそいつに連れ去られたんだったら今、何かされてるんじゃないの。(;゚∀゚)=3ハァハァいってるんだよ。こわいよ!!
毛留:(*´Д`)ハァハァされてるって嫌だな!?(笑)
凛子:犬にハァハァされるなんて、私は絶対ヤダー!(笑)
植田:なんか、一刻も早く入った方が良い気もする。
斑鳩:入ります?
毛留:一気に全員で入った方が良いよね。
凛子:鈍器になるようなものを探してから来たいんですけど。さっきの部屋で、なんかありませんでしたっけ。
KP:鈍器っぽいもの?
植田:燭台とか。
斑鳩:金槌とか。
KP:金槌とかは無いですね。ほとんどは、よく分からないアイテムだったと思います。本で殴るしかないですね。
凛子:これしかないよー。
KP:でも、この部屋の扉には、鍵が掛かってます。
斑鳩:え!?「ここ、鍵がかかってます。」
植田:あれ。結局だめだったじゃん。
毛留:そのガチャガチャ音に気が付いてないことを祈ろう。それなら、この部屋は離れましょう。
KP:壁をぶち破るか、〈鍵開け〉を使うか、鍵を探すかですね。
斑鳩:鍵を探すかー。ますます、アレ見間違いじゃなかったんだー!って思います!壁すり抜けてたんだな~って。

ACT-5-3 探索(部屋3)

凛子:じゃあ、一番左の部屋から見ていくか。
KP:一番左だと、部屋3ですね。
斑鳩:よっしゃー。誰が開ける?
植田:開けましょう。開ける!「ガチャ!」…〈聞き耳〉した方が良かった?
KP:まあ、いいです。開けたら、使用人の部屋っぽいです。本棚つきの机とベッドがあります。
凛子:本棚に〈目星〉をしても良いでしょうか。
KP:良いですよ。
凛子:成功させたいなー。(ころころ)ん、なんだこれ。000になった。
毛留:それって、ファンブル
斑鳩ファンブル!!(笑)
凛子:これが100ファンブルというやつか!
毛留:じゃあ、かわりに本棚に〈目星〉します。(ころころ)成功です。
KP:じゃあ、幻想生物図鑑という本を見つけます。
斑鳩:じゃあ、それは〈図書館〉で読みます。(ころころ)
植田:机の方に〈目星〉します。98!ファンブル
KP:はい!ファンブル二人目。
斑鳩:図鑑の方、13で成功しました。
KP:では、ちくわについての方が読めました。ちくわは、幻想生物、空想上の生物の一種として、有名な生物です。白地の筒に、茶色いまだら模様があるとされています。
斑鳩:うん、いわゆるちくわだな。
KP:O県の一部地域では、ちくわ大明神として、信仰されています。
凛子:ちくわとちくわ大明神は、別のものなんですか!?
KP:普通の人は、ちくわを神として崇めないので、ちくわに大明神という神格をつけて、神として扱っているのはN市の人だけっていう意味です。
斑鳩:なるほどー。その辺は、何となく知識として知ってたけど、他の事は?
凛子:巻き寿司のことは載っていないの?
KP:巻き寿司の事は載ってないです。
斑鳩:「あんまり新しいことは、載ってないなあ。」と言って閉じておこう。
凛子:机の方をファンブルしてしまったので、どうなるんだ?
KP:じゃあ、机はぶっ壊れます。
凛子:あちゃー!
植田:あっ!バラバラ。
KP:二人で机をバキバキに壊したって感じですかね。
毛留:隠し扉があるに違いない!バンバンバン!みたいな。
斑鳩:ってことは、こっちが本を読み終わってみたら、先生と先輩が机をぶっ壊していたという。
凛子:ゴメーン。
斑鳩:大丈夫!?二人とも正気ですか!?
凛子:大丈夫っす!
植田:大丈夫っす。
斑鳩:大丈夫じゃねえっす!
凛子:じゃ、じゃあまあこの部屋は終わりかな。
斑鳩:いや、ベッドはまだ見てないよ。
KP:ベッドは特には無いです。
斑鳩:じゃあ、幻想生物図鑑を、「これ何かあったら使って。」と言って真紀子さんに武器?防具として渡しておこう。
KP:はい。「ありがとうございます。」と言って受け取ります。
斑鳩:腹ん中にしまっとけ!
凛子:そっか。その手があったー。でも…
毛留:神奈子たちはこれを武器として使うことは考えないだろうな。
斑鳩:いやでも、幻想生物図鑑は一般の書籍でしょう。
KP:すしちく教徒の本ではないですね。
斑鳩:じゃあ、隣の部屋を見てみるか。

ACT-5-4 探索(部屋4)

KP:部屋4ですね。
斑鳩:はい。開けまーす。
KP:子ども部屋のようですね。巻き寿司とかちくわの形をしたぬいぐるみと、あとは絵本があります。
斑鳩:オゥ!絵本か。絵本はみたいな。ちくわとか、巻き寿司に関する昔話っぽい本とかない?
KP:昔話っぽい?とりあえず〈目星〉で。
毛留:ぬいぐるみとか、おもちゃに〈目星〉しても良いですか?
KP:しても良いですけど、多分「かわいい」としか分からないですよ。
凛子:じゃあ、絵本に〈目星〉をしてみますね。成功。
KP:ではですね。可愛い巻き寿司の絵が描いてある絵本があるんですけど、これは、すしちく語で書いてあるので。〈言語:すしちく〉に成功しないと読めないです。
斑鳩:ゴメン!これ、読めねー…!
凛子:せ、先生。これ…
KP:巻き寿司の絵本としか分からないです。
毛留:あ!最悪、神奈子さんに読んでもらえるな。
植田:ちょっと貸せ。(ころころ)29。惜しい!(笑)
毛留:書いてあることは読めるけど、意味がわからない的な。
凛子:神奈子さん、これ、わかる?
KP:神奈子さんが振りますね。(ころころ)32ですね。
毛留:なんかヤベーなぁ。(笑)
KP:「巻き寿司は、ちくわ大名氏様の眷属だよ。巻き寿司は、争いを好まないよ。集団で、家族みたいに生活しているよ。ちくわ大明神様は、僕たちの前に現れるときは、巻き寿司に乗ってやってくるよ。ロールケーキから進化して、巻き寿司になったんだよ。」(一同爆笑)
植田:ちょっと待って!!(笑)
毛留:最後!!!(笑)
凛子:ロールケーキから!?あれ、おかしいな!?なんか違う気がする!(笑)
毛留:ちくわの眷属なんじゃないの!?(笑)
斑鳩:待って。整理しよう。まず、ちくわ大明神がいます。神様です。ちくわ大明神様の眷属が巻き寿司です。巻き寿司は元々、ロールケーキでした。ロールケーキが進化すると、巻き寿司になります。これでいいよね!?
KP:はい。
斑鳩:アハハハハハハ!!(笑)
植田:はいじゃねぇ…(笑)
毛留:だから最初、ロールケーキの持ち込みはダメだったんだ!(笑)
凛子:この話は、概ね、本部で訊いた話と一緒ですよね。
KP:そうですね。
斑鳩:ただ、ロールケーキのことは今初めて知ったぞ!
KP:そうです。(笑)
斑鳩:ロールケーキの事を、大名さんに訊きます!「ロールケーキって何!?」ていうか、我々はロールケーキの事を知っているんですか!?
KP:ロールケーキは、絶滅した存在です。(笑)
斑鳩アンモナイト的な何かなんだね!
KP:そうです。
凛子:ていうか、ダークファルスシの外見的な特徴って、みんな知ってるんですかね。
KP:ダークファルスシは、恐ろしい存在としか知られていないですね。
凛子:ウーン。
斑鳩:で、ロールケーキについて訊こう!「絶滅したはずなんですけど、ロールケーキ!?」みたいな感じで。
KP:ロールケーキだと暮らしにくいから、ロールケーキから巻き寿司に進化して、残ったロールケーキは全部絶滅したっていう感じです。
斑鳩:うん!!
毛留:日本の生活に慣れるために、巻き寿司に進化したと。(笑)
植田:進化…。(笑)
KP:生きづらかったから、進化して、種を残したんです。
毛留:そもそも何でロールケーキだと不都合だったんだ!(笑)
凛子:ファー…N市、魔境すぎる!!(笑)
毛留:(机の上のロールケーキを見ながら)そうか、お前、絶滅した存在だったのか…。(笑)
凛子:じゃ、この部屋は、こんな感じですかね。
KP:はい。
凛子:じゃあ、このかわいいちくわのぬいぐるみでも、貰って行こうか…。(笑)
KP:いつのか知らないですけど。(笑)
凛子:はい!そ、それでは次の部屋に。

次の記事に続く。

BLセッションをするときは、必ずプレイヤーの地雷についてリサーチするんやで。せんかったら死ぬで。(ブログ主からのメッセージ)