読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cobolerのリプレイ置き場

趣味のテープ起こしを活かした、TRPGのリプレイ置き場でございます。

UPされた記事はいつ書き直されてもおかしくない状態で公開されています。 あと、記事を上書きで更新することが多いです

※全裸注意「ヌーディストの呼び声」 その1

トーキョーN◎VAクルード「ヌーディストの呼び声」

f:id:Coboler:20160906203319p:plain*1

はじめに

今回のリプレイはトーキョーN◎VA THE AXELERATIONのオプションルール、N◎VAクルードを使用したシナリオでお送りします。このシナリオの作者である@yagami_88dai様にはリプレイ化、改変の許可をして頂きました事を、重ねてお礼申し上げます。ありがとうございます!

で、私は初めてクルードでルーラーをしたのですが…キャラシーがレコシーと一体化している事がまず衝撃的でした…。
N◎VAに関しては通常ルールなら4回くらいプレイヤーで参加した事がある程度の初心者なのですが、それでも何とかなったからクルードは素晴らしい…。あと、ルールが色々と「かんたんキルデス」っぽい気がしました。なんとなく。

シナリオの面白さに関しては素晴らしいの一言に尽きるのですが、RLの時間管理がいまいちだったため早く終わってしまったりとか、ロールプレイ的にあまりはっちゃけられなかったとか、そういう所は残念な感じになってしまったかもしれません。そんなわけで、下ネタ満載でお送りします。あと、本来のヒロインであるレティシアは出てきません。理由は後述します。

キャラクター紹介

PC1 クグツ

 キミは後方処理課に所属する工作員だ。
 今回与えられたのは、社長直々の依頼。千早系列のアダルトビデオ制作会社の撮影チームが、新作『素っ裸ギャル300人で冬山登山』の撮影中に消息を絶ったのだという。
 撮影現場の葛城山は、胞子嵐の影響により今でも吹雪が吹き荒れる異常気象の地だ。一刻も早く、彼女らを救い出さなければならない。

RL:では、PC1から紹介をお願いします。
山田:はい、山田太郎です。
RL山田太郎!!?
山田:もちろん偽名。
八幡山田太郎さん…。
RL:そんな偽名は逆に目立つでしょう。地獄極楽丸にしようよ。
山田:嫌だよ!天羅かよ!日ノ本太郎とかも考えたんだけど、別に日本はカンケーないからさ。日本は違うなーと思って。
ベルドカベンとしか呼ばれな…うん。
山田:まあ、何でも良いです。(笑)呼ばれ方は気にしません。カゲ、カタナ、クグツ●◎です。性別は男。外見年齢は良く分かりません。とりあえずミラーシェードを付けています。
ベル:実は社長だった。
RL:ないない!大丈夫!社長はエグゼク、カタナ=カタナ●◎だ。
山田:エグゼク入ってないから大丈夫!まあ将来的にクグツがエグゼクになったら、社長かなって思うけど。まあそんな事は無いので大丈夫です。とりあえず経歴は色々あったんですけど、カゲになって、その辺は捨てました。1回仕事でトラブって、足が付きそうになったことがあったとか無かったとか。そんな話があるらしい。
RL:ああ、ライフパスを引いたら、
山田:犯罪歴が出たからね。
ベル:えーっと、300人の、AV女優を見て、どう思いますか。
カインド:しかも全裸の。
山田:んーっと、何やってんのこいつら。っていう。だって雪山でしょう?
八幡:雪山です!
ベル:明らかに、遭難しに来ているとしか思えない。
山田:お前ら、命を大事にしろよ!っていうか…
ベル:コマンド:いのちをだいじに。
山田:既に手遅れだよ!(笑)
ベル:じゃあ、ガンガンいこうぜ!(笑)
山田:あのー、うん。知り合いとか仕事が無かったら、無視しますね。はい。残念ながら仕事なので。
ベル:嬉しくはない?そんな性癖は無い?
山田:いや、言いたいことは分かるんだけど。とりあえずシチュエーション的に、そんなことを考える前に、服を着ろよっていう話じゃん!
ベル:まあ、そうなんですけど。
RL:今回、社長からの依頼ですが、何か用意はしていきますか。
山田:えーっと、300人くらい居るっていう話は聞いてるんだっけ。手配ができるなら、とりあえず毛布くらいは用意するかな!ヘリで物資を運んでおいて、空から投げればいいかなと。吹雪で着陸はできないだろうから。
八幡:優しい。
山田:いやさすがに、全員無事に帰せって言われて防寒着も無しだったら、全員帰す以前の話でしょう!(笑)ヘリに乗せられはしないけど、物資くらいは届けられてほしい。とりあえず、その位かなぁ。

PC2 マネキン

 キミは今、生死の境をさまよっている。
 ほんの小遣い稼ぎのつもりで参加した企画物AV『素っ裸ギャル300人で冬山登山』の撮影中に、遭難してしまったのだ。
 何度も遠のきかける意識の中、なおも聞こえる声がある。撮影中に知り合った、ナツミという女性。彼女が今も、みんなを励ましてその歩みを続けさせているのだ。

RL:はい、じゃあPC2さんどうぞ。
カインド:はい、私ですね。みんなの恋人、カインドです。はぁと。
八幡:はーと…。
カインド:はい、スタイルはアヤカシ、ヒルコ、マネキン●◎。いわゆるインキュバスとかサキュバスと呼ばれる存在です。インキュバスサキュバスは表裏一体の存在なのです。サキュバスで精を絞って、インキュバスで注ぎ込むっていう、生き物らしいので。
ベル:ハッ…!!(ガタッと立ち上がりかける)
RL:ハハハ!(笑)
カインド:それを再現すべく、わざわざヒルコを入れました!
八幡:すげぇ。
カインド:B&Gが欲しかっただけなんですけど。
RL:B&G、常備化しても1点だからなぁ。
カインド:そう!ただそれだけのためにヒルコが入ってるっていう。おかげで、遊びが何もありません。基本的に、享楽的な性格で、その場その時が楽しければ良いっていう感じの性格です。今回は一応、ハンドアウトではお金のためって書いてあるんですけど、スタッフに知り合いが居たという事で、スタッフに頼まれて。300人も人を集めるのは大変だからね!(笑)何というかですね、直接的な行為に参加する以外のエキストラ、賑やかしが沢山居るんだと思ってるんですけど。だって、元ネタは間違いなく『死霊の盆踊り』ですよね?

死霊の盆踊り』。サイテー映画人として知られるエド・ウッド脚本のZ級ホラー映画である。

 

ベル:俺、知らないけど、クトゥルフ系のアホシナリオが元ネタだと思ってた。
RL:いや、よく知らないんですけど。
山田:スタッフの知り合い。(PC4を指さす)
八幡:指さされてる。
カインド:それでも良いですよ。
ベル:今知り合いになっておけば、後が楽。PC2と4だと、片手を繋がないから。
カインド:まあ、そうですね。じゃあそうします。
八幡:はーい。じゃあそれで。
ベル:だがそうすると、すでに食われちゃってる可能性があるんで。裸を見れて嬉しいかっていうと、まあ嬉しいかもしれんけど。
RLハンドアウトに"まあ『②マネキン』の裸も見れたしこれはこれで役得だ。"って書いてあるんですよ。
八幡:若干変えても良いですか?
RL:良いんじゃないですか?
八幡:PC2をこれに出演させられて嬉しい、みたいな。
カインド:良いのではないでしょうか。なぜかは知りませんが。(笑)
ベル:つまり、やっぱり食われちゃってるんですね!?
八幡:いや、あいつの裸なら世界を獲れる!!みたいなことを考えて。
カインド:質問があります。肉体関係はありますか?
八幡:どうしよう?
カインド:ああ、いや、無いって言われたら、じゃあこれからなんですねって言うだけなんですけど。(笑)
八幡:コネがあるなら、すでにある気がするな。その経緯で裸を知ったんでしょう。
RL:起きたら隣に居たっていうシチュエーションが一番考えられるな。
山田:行きずりで助けたら、なんか隣に居るよ?みたいな。
八幡:じゃあ、それで!
カインド:そんな感じのキャラクターなので。ありがとうございます。
RL:何だろう。介抱されるふりをして部屋に連れ込む、送られ狼。
カインド:いや、普通に送り狼にもなれますよ?
RL:すげぇ!(笑)
山田:そりゃそうだ!
カインド:外見は20歳くらいです。
RL:年齢不詳だ。おそろしい。

PC3 バサラ+α

 キミは聖母殿に仕えるエージェントだ。
 今回キミが呼び出されたのは、聖母殿の秘跡管理局に賊が押し入って貴重な宝具を奪い去っていった件だという。
 頼れる相棒であるレティシアによれば、奪われた宝具とは邪神ヌーディスト召喚の書。300人の素っ裸ギャルを生贄に捧げることで、恐るべき邪神を呼び覚ます驚異のアイテムだ。キミたち二人は、すぐさま魔導書の追跡を開始した。

RL:はい、PC3の人~。
ベル:はい。ベル"コロソマ"山岡です。スタイルはマネキン、カリスマ、マヤカシ●◎です。昔、7つの大罪の色欲から、坊さんたちが色々飢えてたわけですよ。
八幡:ふむふむ。
ベル:女性とするのは悪いから、稚児さんと、っていうのはよくある話で。どっかから買われてきて、イヤーンされてたんですけど、どっかで上沼という神父に出会って。なぜ好きになったかというと、それについては今回は語られることは無いし、未来においても語られることは無いかもしれない。特に決めてないんですけど。
RL:は、はい。
ベル:何かあるごとに、もともと受けだったはずなのに、なぜか上沼神父に対しては、オス目線でつい尻を。
RL:狙っているのか。
ベル:そういうダメな子です。あと、抱きついてチャカを振り回すっていう。
RL:ヤオヨロズ24…。(笑)
ベル:そんなRPを出来たらいいなと。本来バサラ枠で入るキャラクターに、拳銃を突き付ける悪いキャラです!
カインド:うん、《天変地異》が要るとか言われた瞬間にオワタって感じだけど。(笑)
RL:あ、大丈夫です!そこは無くても大丈夫です。ただ単に、
ベル:退魔枠が必要ってだけで呼ばれてるんで、別にバサラじゃなくても良いねってとこから入ってるの。どうせだったらルーラーのキャラを出せるようにしたいじゃん?と思って。で、3枠のバディのレティシアって要るの?ってルーラーに相談したら、PC3がヒロイン?になったから、本来のヒロイン役をどう野郎で代行するかが問題っていう。
RL:なので、ヒロインが女であることが必要なシナリオになっているんですけど、そこは無茶をしました。大丈夫です。ちゃんと許可も頂いております。
八幡:はーい。
ベル:処女ですよ!
RL:知らん!(笑)
ベル:だって、全員AV嬢で300人出てるんですよ?これはもうN◎VAでAVの仕事してる人全員来てるんじゃねーのって思って。素人も数人混ざってるかもしれないけど。ああ、これは処女居ねーなと思って。一人くらいはそういうヒロイン必要よねと思って!
RL:ハハハハハ!!(笑)
ベル:そのアイデアが、今回の発想の一端を担っていたっていうのは、かなりマジな話です。
八幡:ひどいなそれは…。
カインド:何歳でしたっけ?
ベル:14歳。設定的には、童貞で非処女です。
山田:お、おう。
ベル:なんですが、すでにカインドあたりに食われていることにした方が、話が早くていいかなと。
RL:まだの方が面白い気もするが。(笑)
ベル:いや、食われた挙句にもにょもにょしている方が面白いかなと。
RL:あー、で、今回登場する自キャラNPCの上沼英二について、説明を致しますと。これは、バサラ●、カタナ◎、ニューロのエクソシスト
カインド:データ的に、今回は神業を持ってるんですか?
RL:いや、持ってません。エキストラです。この人は、自分のなかでネタロールプレイを封印していかにキャラを立てるかを追及している過程で生まれたキャストなので、とにかくクソ真面目です。最近、川渡白夜とかあの辺の人たちにカモられている気もしますが、本人的には人助けをしているのだと思っている。ていうかそう思いたい。
ベル:なんだろう。教会が裏世界の顔役のたまり場になってる可能性が。
RL:そうなんですよ。
カインド:そんな、真面目を貫こうとするキャラクターが、ネタシナリオに登場するの!?もうダメなのでは!?(笑)
ベル:ダメじゃないように頑張って、大事なところは守りつつ、
RL:酷い目に遭う。大丈夫ダヨ。エキストラだから神業は何も使えないヨ。この、趣味程度の《電脳神》と言われる神業も…あ、そうだ、忘れてた。ニューロはペルソナでもキーでもないので、「トロン関係はあくまで趣味です」と謙遜しながら《電脳神》する姿が面白すぎたためルーラーから「趣味程度の電脳神」と呼ばれています。
ベル:ああ、PC1さんに言っておかないと。「YESファーザー(神父)、NOタッチ!!」っていう、禁欲のキャッチフレーズがあるの。上沼だけにおかしくて、あとは普通です!
山田:お、おう!なんだそりゃ。
RL:足でも手でもないところが当たってるんですけど!っていう。
ベル:すみません!銃のグリップが当たっちゃって!
山田:待て待て!!それは本当に銃のグリップか!?
ベル:とりあえず、可愛い男の子ですよ。いや女の子ですからね!シスターですから!
RL:普段はシスターの格好をしているそうです。
ベル:こっちの方が燃えるって。
八幡:誰に言われたんだろう…。

PC4 トーキー

 キミは『素っ裸ギャル300人で冬山登山』の撮影に、スタッフとして参加している。色物企画であることは確かだが、まあ『②マネキン』の裸も見れたしこれはこれで役得だ。だが撮影の途中、キミは監督兼プロデューサーである白銀オサムが怪しい男と密談しているところを目撃してしまった。咄嗟に身を隠したが、彼らは問答無用で襲いかかってくる。慌てて逃げ出しながらキミは思う。どうやらとんでもない特ダネの尻尾をつかんでしまったようだと――!

RL:はい、次はPC4!
八幡:もう、付いて行けない…!
カインド:お腹いっぱいになってるんじゃないかな?(笑)
山田:わかる。お腹いっぱいだよ。
RL:始まる前からお腹いっぱいだよ!!
八幡:PC4の八幡京也です。今回のAVで、フリーカメラマンとして参加することになりました。カメラマンとして、スタッフとして、カメラを回していると思います。ハンドアウトだと、スタッフとしてお金のために参加ってことになってましたよね。
RL:なってましたね。
八幡:今回、RLに許可をもらって、白銀(はくぎん)オサムの作品を
RL:白銀(しろがね)オサム。
八幡:しろがねって読むのか。白銀(しろがね)オサムの作品にほれ込んでて、自ら参加を志願したという形にさせてもらいました!多分、今回の『素っ裸ギャル300人~』以外のトンデモAVを色々出してるんじゃないかなと。
RL:うん。その前までの功績が認められて、今回こうやって大規模な撮影が実現したという設定です。
ベル:『パイパニック』とか。
RL:『ベロリン 天使の舌』とかね。特に過去作品のタイトルは書いてなかったんですけど、例えば、『素っ裸ギャル100人で東京湾夜景ツアー』とか、そんな感じの作品を撮ってたんじゃないかなと思ったんですよ。
八幡:そんなトンデモ企画をこよなく愛してたんじゃないかと!
ベル:色々ひどいわ!
RL:ひどいわ。
ベル:お前が言うなって感じだけど。
八幡:ひどく行こうと思ったら、他のキャストの方が酷かったっつーね。負けた!設定で!
カインド:いや、勝ち負けじゃないと思う…。(笑)
山田:勝たなくて良いと思うよ?
八幡:んで、今回の作品が出ることを知って、「あいつの裸なら世界を獲れる!」と思ってたカインドさんに、出演を土下座でお願いしに行ったんじゃないかなと。
カインド:いや、土下座せんでも。
RL:まあ、今回の作品はタイトルからして参加したくないという人も多いかもしれない。だって雪山だよ。
ベル:どうやって集めたんだという気がしなくもない。
八幡:こっちで10人くらい手伝いしたのかも。
ベル:多分、300人をパッと集めて、それをトループ扱いで、《プリーズ!》って言ったんじゃないかな。
RL:ああ!!
山田:なるほどな。
八幡:そんな感じで、面白カメラマンとして参加します。スタイルはトーキー◎●、カタナ、カゲです。
RL:オカルト好きなんですよね。
八幡:オカルト超好きです。アストラル関係を嗅ぎ付けると、スクープ関係なしで自分から記事を書きに行くという。
カインド:アヤカシですけど。(笑)
八幡:アヤカシっぽい感じがしないんじゃないのかな。
RL:多分、知らずに付き合ってるんだよ。(笑)
八幡:と言う訳で、今回AV撮影の合間に、イエティ撮れないかなって個人用のハンディカメラとかも持ってる。
RL:この世界ならイエティ居そうだけどさぁ…!(笑)
八幡:AV成功のために、体を張って頑張る!と思ってたところに、スクープですよもう。ガッカリですよ。八幡的には。なので、今回のスクープもガッチリつかんでやろうと思ってます。よろしくお願いしまーす。
RL:よろしくお願いします。(笑)

PC間コネ

クルードにコネのルールはありませんが、とりあえず知り合いになっておいた方が色々良いだろうなと思いました。

RL:じゃあ、PC間コネはどういう感じか教えて頂けたらなと。PC1からPC2。
カインド:じゃあ、言ったらいいんですね。カインドは、山田に対して好意を持っています。昔知り合っていたことになったらしい。
ベル:行為を持ってるんですね。分かります。って言ったら怒られた。
山田:うん、漢字が違うって言う。
RL:行為!?ああー…。(笑)
ベル:300人全員に手を付けましたって言ったら怒られたんだけど。
RL地獄のミサワにそういうのありましたね。「全員と寝る。全員とだ」みたいな。
ベル:300人のAV女優が俺の隣で寝てるよ。すごいなそれ。
山田:どんなでかいベッドなんだよ!
ベル:どこの体育館だよっていう。
カインド:むしろ野戦病院
ベル:冬山だから大丈夫。みんなで暖を取れば良いじゃない。(笑)
カインド:じゃあ、PC2からPC3だよ。
ベル:とりあえず、感情で。恐るべき怪物として理解しています。
カインド:(変なポーズを取る)
RL:何のポーズですかそれ!?(笑)
カインド:恐るべき怪物のポーズ!(笑)
ベル:とりあえず、何だろう。正体を知っている。ので、エロいことに誘われたけど、「YES!ファーザー、ノータッチ!」ってことで触りませんっていう。そんな関係です。見てるだけ!何もしないでガマンしてるのが良いの!っていう。え、待って。(笑)
RL:は、はあ。(笑)
八幡:ひでえ。PC3からPC4は、教会の関係で会ったことがあるんじゃないかっていう。とりあえず、感情で。昔共闘したのかな?
ベル:そこまでではなかったんじゃない?今だってそんなに戦闘力はないけど、こいつの祈りの力は本物だから、アヤカシに対して退魔の力が通じるよっていうデータにしようかなって。でもあんまりやるとアタッカーが居なくなってしまうっていう可能性があったので…クルードのルールが分かってなかった時に作ったキャラなので。
八幡:取材関連で関わりができたのかな?
ベル:顔を見たらわかるよーって感じで。記者の仕事として会ったのかもしれない。
カインド:今日は和やかな日です。「感情」の日です。(笑)
RL:え、どういう事ですか?
ベル:コネが感情一色とか、外界一色とか、よくあるの。
RL:あーなるほど!
カインド:今日は、感情の日。みんなダイヤ、ビジネスの知り合いだとか言い始める日じゃ無い。(笑)
八幡N◎VAだとそういう事もあるのか。
RL:PC4からPC1は?
山田:PC1からは、理性で。
ベル:昔、自分の扱った事件をスッパ抜かれました!ええ!スッパぬかれましたよ!
八幡:スパーン!
RL:梅干食べてスッパマンだよ。
ベル:抜かれましたよ!
山田:もういいから、もういいから。
八幡N◎VAスポの一面を飾ったんだ。
RL:一面どころか三面がいいとこだよ!
カインド:巨大企業、千早の陰謀!か?(笑)
RLN◎VAスポなら良いか…って感じで良いかんじに放置されたんだよ、きっと。(笑)
ベル:なんだよー、政治面は一番イケてんだぜー?ありそうで困る。
八幡:そんな感じで本当だか嘘だかわからない記事を載せたんだけど、多分本当かな?
山田:多分本当の事だったでしょう。まあ私が動いているし。
カインド:それって、もしやアストラル関連の事件だったのでは!?
八幡:趣味で追ってた事件なのかも。
RL:なんだろう。自称"オカルト特派員"って呼んでも良いですか?
八幡:良いですよ!お願いします。
ベル:今日は趣味の神業ではなく、夜の神業が飛びます!
RL:夜の《暴露(エクスポーズ)》!!
カインド:それは単なる露出なのでは。

ここで下記の記事の話が出た。兵庫の変態列伝といったパワーワードが気になる方はぜひご覧ください。期待を裏切らないバカ記事(褒め言葉)です。

www.sankei.com

ベル:ひどいとしか言いようがない。
カインド:そんな愉快な4人組です。
RL:そんな感じで、始めていきましょう。

次の記事に続く。

*1:冬山の写真はこちらのサイトからお借りしました。

freebies-db.com