Cobolerのリプレイ置き場

趣味のテープ起こしを活かした、TRPGのリプレイ置き場でございます。

UPされた記事はいつ書き直されてもおかしくない状態で公開されています。 あと、記事を上書きで更新することが多いです

「すしちクトゥルフ」 その2

カーチェイスが始まっています。

f:id:Coboler:20170417203651p:plain

凛子:とりあえず、先生が完全にビビッっているのを見て、「先生!!私、運転代わりますっ!!」と言います!
植田:ちょ、ちょっと待って!!
凛子:という事で、先生を助手席に押しのけて、私がハンドルを奪います。
斑鳩:運転中にそれは、キツくね?
毛留:上にいきなり乗っかって、先生が横にどける感じかな?
斑鳩:キーパー、大丈夫ですか?
KP:大丈夫です。(笑)
毛留:とりあえず、それくらいは認めてあげないと、ここで我々が負けてしまうと、セッションが終わってしまうので!
(笑)
KP:セッション終わることはないです!大丈夫です!何かしらのペナルティは。あると思いますが。これは「ひまつぶし卓」のカーチェイスのルールを使っています。

詳しくはこちらをご覧ください。

ch.nicovideo.jp 斑鳩:幽霊二人いるの?
KP:二人います。
斑鳩:おい!!「先生、右にもいます!」
植田:ウソォー!!
KP:後ろにいる幽霊Bと、並走している幽霊Aが居るので、幽霊に前を取られたら、負けです。
凛子:イヤダー!とりあえず、判定すれば良いですかね。
KP:順番はですね、横にいる幽霊Aが1番、次がみなさんの車で、3番目が後ろにいる幽霊Bです。
植田:大名さん、もしかして、気づいていたんですか!?
毛留:これはもしかして、すしちく教が…
斑鳩:我々に差し向けた、刺客!?
凛子:違うよ。私たちは、民俗学のレポートを書きに来ただけなのにー!(笑)
KP:はい。では前方に何もないので、幽霊Aはそのままダッシュで前に進みます。はさまれてしまいました。
凛子:ヤダー。(ころころ)51で成功。
KP:成功なので、幽霊Aの横に出ます。幽霊Bは、みなさんの後ろに付いてきます。
凛子:そうか。そうなるのか。
KP:幽霊Aの番なので、また前に出ます。
凛子:そして私は振る。
毛留:我々は、ずっと成功させなければならないんですね。
KP:そういう事です。
凛子:(ころころ)あ、失敗。
KP:じゃあ、前に出れないですね。幽霊Bは〈運転〉で振ります。(ころころ)幽霊Bは失敗したので、前には進めないです。幽霊Aは、ずっと妨害しています。
凛子:はーい。じゃあ、振ります。(ころころ)31だから成功。
斑鳩:おおー、前だ前だ。進めー。
植田:君、どこでそんな運転を習ったんだ!
凛子:ええ!?免許センターに決まってるじゃないですか!!(笑)
斑鳩:ううー。幽霊に攻撃したいな。
KP:攻撃、できますよ。
植田:助手席から塩を投げて、撃退できないかなーって思ったけど、無理かな。
凛子:そんなの持ってないもん。
植田:塩は持ってる。
KP:塩を持ってる?じゃあ、〈投擲〉で振ってください。
植田:〈投擲〉は25…。
凛子:うわぁ、絶対当たらない…。
植田:(ころころ)これで成功したら面白かったのに、71です。
KP:残念。
植田:塩は使い切りました…。
凛子:じゃあ〈運転〉振ります。20、成功。
KP:(駒を動かす)
凛子:というわけで、また運転を振ります。(ころころ)すごい!クリティカルじゃない?1だよ。
KP:1は、2マス進みましょう。
斑鳩:おおー、やったぁ。
植田:やった!
KP:では、進めます。
斑鳩:キーパー、この幽霊たちって、何で判定してるの?DEX的な何か?
KP:〈跳躍〉的な何か。(一同笑)
毛留:跳躍!!間違ってないけど怖ええ!(笑)
KP:(ころころ)成功ですね。
凛子:でも、我々は、このまま進めばゴールですね。トンネル出た!
斑鳩:終わる前に、幽霊に対して、〈目星〉をしておけませんか?
KP:はい、どうぞ。
凛子:私はしないでおく。
斑鳩:じゃあ、先生とあと2人は振ろう。(ころころ)10!成功したわ。
毛留:(ころころ)成功。
植田:(ころころ)71。失敗。
KP:そうですねー。〈目星〉しても、ただのダッシュしてくる幽霊としか言いようがないんですけど。
斑鳩:え、マジで幽霊なんだ。
KP:マジで幽霊ですね。
斑鳩:実は人間が猛スピードで走っているとかじゃないの?
毛留:そっちの方がこえーよ!(笑)
KP:マジレスをすると、古城池トンネルをググって下さい!(笑)

なんか、心霊スポットらしいです。

毛留:そうか、我々は、古城池トンネルを通っていたんだ!(笑)
斑鳩:そういう心霊スポットなんだね!?
凛子:私は53号線より西にはあんまり行ったことがないんだ。分からん。(笑)というわけで、なんとか振り切った!!
KP:これ、捕まってたら、CONが減ってました。
凛子:CONが減ってた!やばかった!(笑)
斑鳩:おい!!4しか無いのにー!
凛子:とりあえず、最寄りのコンビニとかに寄って、運転を代わろう!「死ぬかと思ったよぉぉ!」(笑)
斑鳩:先生!潰れてませんか!?
植田:多分、潰れてる。(笑)
斑鳩:ああ!先生がぺっちゃんこに!(笑)生きてて良かった!
毛留:ていうか、あれは何だったんだ。大名さんは、ケロッとしてそうだな。
斑鳩:N市はこんなのばっかりなんですか!?
神奈子:まっさかー。友達が、このトンネルは出るってウワサしてたから。でも本当に出るとは思わなかったわー。(笑)
凛子:何で一人だけ余裕なんだよー!!この子やっぱりおかしい!!(笑)
斑鳩:まあ、何がとは言わんけど、80あるから。
毛留:某ガープス友野詳が言ってたよ。こうやって、人間が信じるから、妖怪っていうのは具現化するんだって。(笑)
斑鳩:信じれば信じるほど強くなるのか。こわっ。
KP:というわけで、N市に着きました。
凛子:何とか着きましたか。よかったー。

ACT-3 すしちく教本部

KP:N市は神奈子さんの地元なので。洋館までそのまま連れて行ってもらえますよ。
斑鳩:あ、しまった。宿取ってない。
凛子:何言ってるんだよ。日帰りするんだよ。
斑鳩:そっか!
毛留:日帰りじゃなきゃ、ヤダよ!(笑)夜寝たら何が起きるかわからんよ!
植田スマホで、すしちく教の歴史とかを調べたいです。
KP:すしちくの歴史!?
凛子:あ、じゃあとりあえず、喫茶店とかでお昼休憩しながら調べるってことで。
斑鳩:わーい、休憩だ。
植田:さっきのは何だったんだー!
毛留:昼間に出てくるなんて、想定外でした、まる。
植田:〈図書館〉振ります!13。
凛子:こっちも振ります。(ころころ)ファンブル。98だって。
斑鳩:すげー!(笑)
凛子:さっきクリティカルした反動かな?
KP:はい。すしちくの歴史…。そこまで考えてなかったです!(笑)
斑鳩:なかったんだ!?
KP:考えてなかったですけど、まあとりあえず…
植田:いつ頃が発祥なのかとか。
凛子:村人が、巻き寿司のような何かを見たのが、きっかけなんですかね。
植田:江戸時代からとか?
KP:あれですね。世の中的には、卑弥呼を信仰していたらしいんですけど。
凛子弥生時代!?古墳時代!?
KP:そのくらいの時代にしておきましょう。
斑鳩卑弥呼の時代からちくわがあったんかい!(笑)
凛子:おかしい。まあいいや。とりあえず、竹の周りに魚のすり身を巻いて作ったんでしょう。そして生まれたんだ。ちくわが。
毛留:当時は邪馬台国卑弥呼が統治していたけど、この吉備の国は、ちくわ大明神が統治していたんだ。(笑)
植田:とりあえず、昔からあったんだね。
凛子:最初のちくわを生み出した神が、ちくわ大明神になって、眷属の巻いた寿司とかを生み出していったんだよ。
斑鳩:なるほど。
植田:吉備の国の国王が、眷属。
凛子吉備津彦命が、眷属…。また新しい歴史が…。(笑)
KP吉備津彦命にちくわ大明神が降りたってきて。
凛子:イタコか!!(笑)
KP:それで、きびだんごの代わりに、巻き寿司でもあげたんじゃないですか?
凛子:ファー!!!(笑)
KP:いや、3匹の巻き寿司をお供に、温羅退治に行ったと。
植田:温羅…!!
毛留:そうか、温羅かぁ。(笑)N市には、そう伝えられているんだね!
KP:N市の人たちは、吉備津彦の命にちくわ大明神が降りたって、3匹の巻き寿司を貸し与えて、温羅退治に行って、見事に温羅を倒したというふうに言っているんです。
斑鳩:うん!頭溶けそう。PCは、そういう歴史があるんだなって理解した!
凛子:ああ…頭が溶けそう。本当に溶けそう。(一同笑)
毛留:ていうか、SANチェックしても良いのよっていう位の案件だよ…。
斑鳩:プレイヤーがSANチェックだよ!(笑)そうだ、神社があるんなら、神社へ行こう。
凛子:ちくわ大明神神社とか、あるんでしょうか。
植田:教会みたいな、神社みたいな。
斑鳩:ところで、ファンブルの処理は?
KP:〈図書館〉のファンブルスマホが熱暴走しました。
凛子:アー。(笑)これ以降スマホが使えない!
毛留:やべぇ!(笑)いや、タブレットがあるからいいんじゃね…。
凛子:ああー。またauのお店に持って行かなきゃー。ということで。
KP:じゃあ、神社に生きましょうか。神社というか、ちくわ大明神を祀っている、建物。すしちく教本部ですね。
一同:おおー。
凛子宗教法人、すしちく教。
斑鳩:神奈子さんは、知ってるんですよね。
KP:知ってますね。
毛留:ていうか、休みの間、ずっとここに居るんじゃね?
KP:多分。今はN市に住んでないと思うけど、多分週5くらいで帰ってきていると思います。
斑鳩:だいたいここに居るんじゃん!(笑)
毛留:週5かよ!(笑)逆に言えば、ここから大学に通っている感じじゃね!?
KP:じゃあ、入っても良いですけど。入りますか?神奈子さんが居るから、入れますよ。
斑鳩:じゃあ、受付に進みますか。
神奈子:ここが、すしちく教の本部なのよ!あなた達も本堂に行って、ちくわ大明神様を崇める?
植田:えっとー。まあ、ぶらり拝んでおくだけ、拝んでおこうか。
凛子:そうそう。日本なら、神様は3つくらいまでは信じててもいいはず。
斑鳩:マジか!多いな!
凛子:いや、その位なんじゃないの?何となく。
毛留:まあ最低3つくらいはOK。八百万の神がいるからね。
斑鳩:よし。じゃあ見に行こう。見に行こう。
凛子:じゃあ、ご神体が神々しい感じで鎮座しているんですね。
KP:じゃあ、礼拝堂に行くと、信者の方々が、ぼつぼつ居て、お祈りをしています。
凛子五体投地しているんですね。
KP:その前に、黄金の巻き寿司に乗った、ちくわ大明神の像が。
植田:あれかな、お盆の時期に作る、なすびの牛みたいな…(笑)
KP:イメージ的にはそんな感じですね。
凛子:ってことは!?巻き寿司に爪楊枝の足が4つ生えているの!?
KP:爪楊枝の足は生えてないです!巻き寿司が宙に浮いてる感じです。
斑鳩:シュールだなオイ!!
神奈子:写真は撮ってもいいわよ。ちくわ大明神様がこの地に降り立つときは、黄金の巻き寿司に乗って現れるのよ。
毛留:くっくっくっく…ひひひ…(笑いをこらえきれてない)
神奈子:その姿を表現したのが、この像なの。
斑鳩:そっか!!ちくわ大明神と、巻き寿司が黄金!
KP:巻き寿司が黄金で、ちくわ大明神は多分ちくわの色をしていると思いますよ。(笑)
凛子:きつね色だ!!
斑鳩:俺の質問のせいで、かなりひどい絵面になっちゃった!(笑)
KP:ただ、ちくわ大明神は後光が差しているので、黄金の巻き寿司には負けていないと思います。
凛子:ファー!(笑)
斑鳩:黄金の巻き寿司とちくわのコラボレーション!!(笑)今日の晩御飯はちくわに決定してしまった!
凛子:わかりました。いやー、すごいなー!
毛留クラスタの絵も、よく進むと思います…。
凛子:うちは神道なんだけど、うっかり改宗してしまいそうな神々しさを感じてしまうわ。
斑鳩:こうやって、地域独自の神様が祀られているんだなってPC的には理解しておきましょう。プレイヤー的には、アタマが…!!(笑)
毛留:その神奈子さんの話をきいて、「あっはい」「お、おう」のふたつしか返事ができてないと思う。(笑)
斑鳩:プレイヤーの知識としては、河童とかツチノコを崇めているみたいな感じなんだよね?
KP:そんな感じですね。
斑鳩:納得はいくかも。
植田:歴史とかを書いてあるパンフレットとか、貰えたりするの?
KP:もらえますけど、さっきの事が書いてあると思います。
斑鳩:じゃあ、そこにいる信者の人たちに、人を襲う巻き寿司のことについて訊いてみよう。
凛子:忘れてたな。(笑)
斑鳩:巻き寿司がそんなことをするわけないのよ!って言ってくれるかも。
KP:そうですね。「あ、神奈子ちゃん、久しぶりじゃない。」と言って、おばさんが言ってくれます。「はぐれ巻き寿司のこと?怖いわよねえ~。でも巻き寿司が、そんな悪いことをするわけがないわよ。」
凛子:そりゃあ、ちくわ大明神様の乗り物ですからねー…。(笑)
植田:でも、馬も暴れるくらいだから、巻き寿司も暴れるのかも。
毛留:そんな事を言ったら、大変な目で見られるよ!
KP:「私たちすしちく教を潰すために、何者かが偽って、巻き寿司のせいにしているだけよ。」
斑鳩:巻き寿司を操れる人がいる?
KP:巻き寿司を操れるっていうか、巻き寿司のせいにしているっていうことです。
凛子:単なる見間違いでも…いやでも、ここに住んでる人たちだったら、巻き寿司って、…言わないよね。普通は言わないよね。
KP:「野犬に巻き寿司っぽい恰好をさせて、何か悪さをさせているのかもしれないわ。」(笑)
凛子:とりあえず、巻き寿司に対する悪意は感じるね!それを聞いたら。
斑鳩:人に巻き寿司の格好をさせているとか?
植田:布団にくるまって、突っ込んでくるとか。
凛子:簀巻きだそれは!(笑)
斑鳩:とりあえず、N市に住んでるすしちく教を信仰している人たちは、基本的に、巻き寿司のせいじゃないとは思っていると。
KP:巻き寿司のせいじゃないか、巻き寿司は人を襲いたくないのに、本意でない事をしている理由があるんじゃないのかとか。巻き寿司じゃないのに、誰かがすしちく教を貶めようとして、そう言っているとか。
斑鳩:ダメだ…!!(笑)だいたいの証言は集まりましたね!!
凛子:とりあえず、被害者に会いに行けるんだったら、会いに行きたいけど。
毛留:入院しているって?
KP:入院しているって言われてますけど、噂レベルなので。どの人なのかは、分からないです。
毛留:友達の友達のお兄さんだもんな。ただの他人だ。(笑)
KP:ただの噂レベルなので。
凛子:気になるなー。でもその噂自体は有名なの?
KP:噂自体は有名ですね。
毛留:もしかしたら、友達の友達のお兄さんが、実は自分が怪我したんだけど、他人にバレちゃいけないような原因だったから、巻き寿司のせいにしているのかもしれない。
凛子:それは逆効果でしょう。だって、巻き寿司って言った瞬間に、話がウワッと拡散するじゃない。(笑)
KP:もしかしたら、噂が独り歩きしているだけで、巻き寿司に襲われてないかもしれないです。入院もしていないかもしれない。
斑鳩:巻き寿司に襲われた人なんて、いなかった、みたいな。
KP:何か変な声が聞こえるから、巻き寿司なんじゃないかな、みたいな。
凛子:「ママー!」だもんね。おかしいよね!?(笑)
斑鳩:ママーって日本語だもんね。
凛子:「ママー」っていう言葉と、巻き寿司に関係があるんですか?ここのすしちく教本部だったら、そういうことも分かりますよね。
KP:うーん。「巻き寿司は群れて行動するから。その子供が迷子になったりはするかもしれないわね。」くらいのことは分かります。
毛留:そっかそっかー!(笑)
斑鳩:そっかー!!(笑)ってことは、巻き寿司の幼体がいて、母親を探せばハッピーエンドかも。
KP:可能性はあります。
凛子:日本語が通じるんだ!!(笑)
植田:それを視野に入れて、準備しておこう。(笑)
斑鳩:そうですね。洋館に行くっていうのが、良いと思うんです。襲われたのは、夜でしたっけ。
KP:夜ですね。日中から巻き寿司が襲ってたら、噂とかそういうレベルじゃないですよね。(笑)
毛留:もう一つ質問。襲われたのは一人?何人かいる?
KP:噂だから、まあ、人によって変わります。10人襲われたとかいう人もいるし、一人だったって言う人もいるし、襲われてはないっていう人もいるし。それはもう、バラバラなので。正しいことは分からないです。
毛留:とりあえず、夜に、
KP:怪しい洋館に行ったから、その効果で思い込んでいるのかもしれないです。
毛留:怪しい洋館に、今のところ、噂の中には町のはずれの洋館があって、そこの中に巻き寿司がいて、その巻き寿司が人を襲ったっていう話だけで、それが本当に襲われたかもわからないし、何人襲われたかもわからない。
斑鳩:なるほどね。
凛子:とりあえず、先生。日帰りのつもりだったけど、どうやら泊まりになっちゃうかもしれないですね。
斑鳩:夜の話ですしねぇ。
植田:うーん。とりあえず、適当な宿を取っておこう。
毛留:N市って、宿、あったっけ?みたいな。
神奈子:ここのすしちく教本部には、宿泊施設もあるのよ。
毛留:え!?(笑)
KP:親戚の人とかがN市に来たときとかに、宿が無いからって困らないように。
凛子:ですよねー。
斑鳩:そりゃそうだよねー。
植田:だったら、泊まって良いの?そもそも。
KP:だから、外部の人とかが来た時には、あわよくば洗脳してやろうみたいな。(一同爆笑)
毛留:やっぱりそっちかぁー!!だから今、はいって言いづらかったんだよ!(笑)
植田:でも、他にないよね…。
凛子:今日は土曜で、明日は日曜って事にしておこう。
毛留:早く都合つけないと、セッションに差し障るしなぁ。(笑)
植田:まあ、ビジネスホテルもネカフェも無いし、ここにするしかない。仕方がない。
斑鳩:とりあえず、宿はここにするってことで。昼のうちに、洋館見に行きません?あと、その前に懐中電灯を購入したい。
凛子:ホンマや。
斑鳩:私もすっかり忘れていたから。
毛留:まあ、ホームセンターとかはあるから…。
斑鳩:一人1個くらい買っておこう。あと、予備の電池も。
凛子:そう!絶対電池は要る!あと、塩も!
植田:塩!1キロ!
毛留:1キロでも足りないかもしれないから、でっかり袋買っておこうぜ。
KP:すしちく教本部の購買に、だいたいのものはあるので。
斑鳩:懐中電灯も…!?
植田:塩も!
毛留:あと、可燃物が欲しい。ライターとか。いざとなったら、たいまつを作れるくらいのものを。
斑鳩:三脚と包帯があるから、これに油を染み込ませればいいかな。
植田:ウォッカとかかな?
凛子ワンカップ大関を買って行きましょう。
KP:宿泊に来るすしちく教徒のためのものだから、ある程度のものは揃っています。

結局懐中電灯、電池、塩、サラダ油とお菓子を買い、エルグランドに給油することにしました。

凛子:では、町はずれの洋館とやらに、レッツゴー。
斑鳩:レッツゴー!

ACT-4-1 洋館(昼)

KP:まだ昼ですよね。
斑鳩:まだ昼だね。
KP:古びた、蔦とかがめっちゃ覆いかぶさっている感じの屋敷です。
凛子:中入る、とは言ってないからなぁ。
斑鳩:雰囲気出てる洋館っすねぇ~。
植田:パシャッ。写真撮った。
毛留:とりあえず様子だけ見ておいて、ツタを斬らなきゃいけないんだったら、それ用の道具を買わなきゃいけん。
凛子:でも、入らないよね?
毛留:入らないけど、入らざるを得ない可能性もあるんで、とりあえずなにが要るかだけ…
植田:ペンチなら持ってる。
斑鳩:マジ!?何で!?
凛子:工具箱?
植田:こういう調査とかで、何か要るかなーと思って。
斑鳩:いわゆる、古びた洋館なんですよね。
KP:外観だけで言うと、古びた洋館です。
斑鳩:周りは、塀とかで囲まれてますか?
KP:普通の家なので。柵とかで囲ってあるかな。
斑鳩:正面から見て、扉はひとつ?
KP:そうですね。
斑鳩:遠目から見て、鍵はかかってる感じ?
KP:かかっているかは、分からないです。そこまでは、入ってみないと。
毛留:耳を澄まして、まわりの音を聞きたいです。
斑鳩:あ、良いね。耳を澄ましてみよう。
凛子:〈聞き耳〉か。持ってないな。
毛留:〈聞き耳〉。洋館の前に立って、全体的に。(ころころ)失敗!
凛子:(ころころ)おっ。成功した。
植田:えーい。(ころころ)70。失敗。
斑鳩:〈目星〉を振ったら、何か分かりませんか?(ころころ)失敗。
毛留:98、ファンブルです。「うわぁぁっ!何か聞こえた!」
KP:はい。成功した人は、ただの静かな山間の、鳥の鳴き声とかが聞こえます。
凛子:残念。
KPファンブルの人は…鳥の糞が落ちてきました。(笑)
毛留:あっ。
凛子:あーあ…。
斑鳩:あー。はい、ハンカチどうぞ。
毛留:ありがとう…。
KP:日中は、そんなに情報は無いです。夜じゃないと。
斑鳩:洋館の出入り口だけ、確認しておきたいな。裏口はあるかとか。
KP:裏口とかは、特にないです。入り口はひとつだけです。
植田:見取り図は、さすがに手に入らない?
凛子:作りゃあ、あるだろうけど。
KP:見取り図は、まあ中に入らないと。
斑鳩:ドアが、今開くかだけ、確認してもいいですか?
KP:ドアは、開くには開きますよ。
斑鳩:じゃあ、ちょっと覗きます。
凛子:人が入った形跡とかは?
植田:中に入った人が「ママー」。
KP:特にないです。
斑鳩:待った!今「ママー」って言うな!呼び出したらどうすんだよ!(笑)
KP:静かな、古びた洋館としか、言いようがないです。
斑鳩:玄関前に、小麦粉でも撒いときゃ良かったか。足跡とか残るじゃん。
凛子:あ、そうか。
斑鳩:というのはどうでしょう。昼のうちに撒いておいて、夜になれば見えないし。と思ったんだけど。でも、よっぽぼの巨大生物が来たらどうしようもなくなるけどね!
毛留:ただ、巻き寿司がどんなふうに移動しているかが問題であって、ズリズリーって、海苔を引きずって歩いていたら、足跡とかは多分わからんと思う。(笑)
斑鳩:でも、ピョコンピョコンって歩いていたら!(笑)
植田:でも、小麦粉に流れたような跡が残っていたら、それだけでっかい生物が実在するって、証拠になるんじゃないかな。
凛子:でも、ちくわは浮いてるし…巻き寿司って、浮いてるの?それともズルズル移動するの!?
毛留:それすら分かってないんですよ、我々は。
凛子:そういえば、分かってなかった!
植田:図書館かどこかに行って、その辺のことを調べることは?
凛子:こういうのの生態は、分かるんですか?
KP:わかんないです!(笑)
斑鳩:分からないかー!(笑)
KP:巻き寿司がどう動いてるかなんて…。(笑)
斑鳩:小麦粉どうする?玄関の前にだけ撒いておく?
毛留:まあ、撒くのは撒いておこう。もしかして、野犬とか人の可能性は捨てきれていないし。
斑鳩:じゃあ、小麦粉だけ、コンビニとかで買っておいて、撒いても良いですか?
KP:はい。
斑鳩:ザバザバザバ。先生、先輩も手伝ってくださいー!
植田:ザバザバザバ。
毛留:バッサー。
凛子:バッサー。
植田:こういうのも、経費で落ちないかなー。(笑)
凛子:落ちないっすよー。(笑)
毛留:こいうのが沢山手に入るんだったら、これを洋館の中にぶちまけて、それから火を付ければいいんだ。ヘッヘッヘ!(笑)
斑鳩:粉が沢山あるところは火気厳禁だって言ってるでしょー!もう!!
毛留:まあ、たいていのKPは許可出さないよね!(笑)
斑鳩:これ撒いてたら、天ぷらが食いたくなってきたっす。
毛留:あれですね、磯部…ゲフンゲフン!!(笑)
斑鳩:タマゴ揚げたやつがいい。
凛子:よし!とりあえず、夜まで仮眠だ!
斑鳩:マジレスすると、夜中に動くから、寝てないペナルティは受けたくないから。
KP:夜中っていうか、日暮れだから。7時とか、8時とか。
毛留:日が暮れてから、周りの視界が悪くなったら、十分だろうと。
凛子:なるほどねー。
毛留:じゃあKP、鎌とか買っておきたいんですけど。
KP:はい。何に使うんですか?
毛留:あそこらへん、蔦とかが絡まってるんで。それをバサバサ切ろうかなと。
KP:はい。
斑鳩:こっちはどうかなー。デジカメと使い捨てカメラの確認をしておきたい。野犬か人間だったら、なおさら写真は必要でしょう。
KP:はい。それは買ってもらって構いません。他なんかありますか。
凛子:いや、特にないです。
KP:じゃあ、夜が来るのを待って、入るって感じですね。

次の記事に続く。

BLセッションをするときは、必ずプレイヤーの地雷についてリサーチするんやで。せんかったら死ぬで。(ブログ主からのメッセージ)