読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cobolerのリプレイ置き場

趣味のテープ起こしを活かした、TRPGのリプレイ置き場でございます。

UPされた記事はいつ書き直されてもおかしくない状態で公開されています。 あと、記事を上書きで更新することが多いです

「地獄のセト・ロード」 その3

トーキョーN◎VA「地獄のセト・ロード」

作者様から、「黒い『R』マスの処理は7ページに書いてあるよ!」という指摘がありました。…痛恨のミスでした…。orz
これからこのシナリオを回そうかな、と考えているルーラーさんはご注意ください!

爆裂!696団

RL:地平線の彼方から、凄まじい数の武装車両が輸送隊めがけて殺到してくる。
白子:山賊だ!
新藤:おおーっ!?
RL:彼らこそヤマタイ最凶と恐れられる無法者集団(ロードウォリアー)、ムクロ団だ。その中心に、一際目立つ“696”のタトゥーを刻んだ男――首領・ムクロ大王の姿がある。彼らは問答無用で襲いかかってくる!
ヒジリ:だ、だせぇ!(笑)
RL:「ヒャッハー! ムクロ団首領、ムクロ大王様のお出ましだ!」「6・9・6! 6・9・6!」
白子:せ、聖なる数字が!
ヒジリ:む・く・ろ!む・く・ろ!(笑)
RL:「やっぱり大王様は最高にイカれてるぜー!」
エイジ:あいつら!わざわざスピーカーで騒ぎ立ててやがる!(笑)
ヒジリ:最高にイカれてやがる!
RL:「我はムクロ大王、セト・ロードの新たなる支配者!全てを捧げよ。積み荷、ヴィークル、武器、命、全てだーー!」ということで、いきなり襲ってきます!「我は生ける骸、死など恐れぬわ!」カット進行に入ります!
エイジ:マジかよー。
ヒジリ:うぇーい!というわけで駒を出した方が良いね。
新藤:うわー、いやだー。蛮族だわー。
白子:じゃあ、ここらへんのモノをどけましょう。
ヒジリ:(机の上のアメを片付けながら)はちみつきんかんのど~飴♪
新藤:ノーベル♪
ヒジリ:ノッってくれた!(笑)
RL:はい!というわけで、敵はムクロ団トループ20人2グループ!いい駒が無かったから、のど飴。
新藤:わーい、トループだ。で、ボスもいるんでしょ?
RL:います。ボスは、ムクロ大王。駒はマスター・ヨーダ。キャストからの距離は、近距離!
新藤:大王様かわいいー。
白子:車から降ります!
ヒジリ:じゃあ、こっちはドローンを出している間、本体は装甲車で寝てます。
エイジ:すげえ。あの女、降りる気満々だ!(笑)
白子:いやー、ここからじゃハサミがさすがに届かないんで。なんか、カタパルトみたいなので射出してもらえると嬉しいんですけど。
エイジ:射出!?
RL:特攻かよ!?(笑)
新藤:ルシファーズハンマー乗るか?(笑)
エイジ:わかった任せろ。ここの席に、脱出用の装置がある!
白子:わー、カッコイイ!
ヒジリ:何か、着々と自殺計画が進行している。(笑)
白子:行きますよー!

第一カットのCSは、白子10⇒ムクロ大王9⇒エイジ8=新藤8⇒ヒジリ6⇒ムクロ団トループ4です。

RL:じゃあ、セットアップに入りまーす!では、ムクロ大王はセットアップで〈心理〉〈触れ得ざる者〉〈名将〉を使用して、達成値は11。キャスト全員、理性の制御値が11以下だった人は、バッドステータスの萎縮を受けます。
ヒジリ:つまり、11以上あればいいわけか。それは余裕。
新藤:理性は14。
白子:12です!
エイジ:15-2だから、13。
RL:全員OKか。残念。当たっていたら、ムクロ大王に向かって攻撃するときの達成値-5になってた。
白子:6・9・6!6・9・6!になっちゃうんですね。
新藤:なるほどね!
ヒジリ:あの集団にはなりたくないなー。
新藤:つまり、敵はバカなんだ。(一同笑)
RL:ムクロ大王はカリスマなんですよ。
エイジ:クレイジー。イカレてやがる。
RL:というわけで、トループはセットアップでターボユニットを使用し、SF+1。以上です。
新藤:こっちもターボユニットを使います。SF+1。
エイジ:ターボユニットを使用します。Go!って感じで。
ヒジリ:そんなもん無いぜ!敵で一番速いのは?
RL:ムクロ大王の9です。では、白子さんどうぞ!
白子:ムクロ大王さんのところまで行けますか?
エイジ:いや、2マスあるうえに、前にトループもいる。
RL:とりあえず、トループとエンゲージして攻撃してみては。
白子:じゃあ、トループで。ムーブアクションで移動します。マイナーは無いです。
新藤:その前にルーラー、私は火炎放射器の息吹を持っているんだが、この範囲っていうのは、味方が巻き込まれるやつ?
RL:範囲(選択)って書いてなかったら、巻き込まれますよ!汚物は消毒だー!
白子:あ、それはやばい!焼きガニになる。
ヒジリ:まあ、攻撃するエンゲージを変えればいいんで。
白子:焼きガニは回避された。
新藤:だから!カニから離れようぜ!?(笑)
エイジ:カニが全部持って行くなぁ!?
白子:いや、カニは白子ちゃんのアイデンティティなんで。大事にしているんです。
エイジ:そこは否定しないけど!(笑)
ヒジリ:ってことは、今は完全に見た目がカニになっているの!?
白子:そうです。なってます!
RL:うわー!なんか8足歩行しとるー!(笑)
白子:〈白兵〉〈核酸毒〉〈怪力〉〈牙の王〉で。達成値は、18です。
RL:18ですね。こっちは〈操縦:地上車両〉で回避せざるを得ないなー。じゃあ、…13で失敗。当たったよ。
白子:良かったー。ダメージは、まず6+8+5=19と、〈核酸毒〉の邪毒2。
RL:エェー!?そんなに固定値あるの!?分かった!(笑)

新藤:固定値のバケモノだぁ!(笑)
ヒジリ:20以上のダメージを出せば相手は全滅するけど。
白子:じゃあ、ダメージカードは、3で、Sの22ダメージです。
RL:ヒルコ半端ねぇー!!
白子:カニのハサミでチョキンと。
エイジ:カニが…!やべえ、あいつ怒らせないようにしようぜ。
RL:じゃあ、モブが「俺を見ろー!!」と言って死んでいきます。ドカーン!!泡に飲まれて彼らは死んだ。
ヒジリ:カニ怖い。カニ怖い。
新藤:開幕1ターンでこれかい!!(笑)
白子:やったぁ!ハサミの餌食になりました!
RL:じゃあ、敵もみんなで茫然としていますよ!「あの子強すぎる!!」「ちょ!なんだあのヒルコパワー!」

f:id:Coboler:20161229205352p:plain

↑きっと白子ちゃん戦闘形態はこんな格好なのだろう…と思って図を描いてみた。(人に見せられるギリギリのクオリティ)

新藤:何だろうこれ。何だろうこの理不尽さ。
RL:はーい。じゃあ、次はムクロ大王だよ。
新藤:大王様だ。様をつけないといけない気がした。(萎縮)
RL:〈射撃〉〈鉄砲玉〉〈イカサマ〉で。戦車の方が射程が長そうなので、同じく息吹で最初に新藤のいるエンゲージを狙います。達成値は16。
エイジ:マジでー。
ヒジリ:避けよう。〈操縦:ドローン〉16。これで避けられる。
新藤:〈操縦:地上車両〉で避ける。〈バーンナウト〉があるので、常に+3がある。で、15…1足りない。避けた方が良さそうなんだけどなー。
RL:そりゃ、当たったら痛いよ。
エイジ:大丈夫!俺の改造を信じるんだ!
RL:それっぽい!!(笑)
エイジ:だが俺は避けられない。
ヒジリ:ダメじゃん!!(笑)どうすんの!?
エイジ:自分の改造を信じるんだ!ダメージは-13されるはずだ!っと思ったらエースドライバーがあるから避けられた!
新藤:なんだ。避けれるの?じゃあ、こっちは受けようか。
エイジ:演出をします。「アブねぇぇー!!」と言いながら、火炎放射器の炎の真ん中に突っ込みます。
RL:受けるんかい!!(笑)
エイジ:大丈夫。炎を放射される面積が少なければきっと大丈夫!
ヒジリ:な、なるほど。じゃあ、こちらもドローンを縦横無尽に動かしながら回避。
RL:避けられなかったのですか…。
エイジ:大丈夫。俺の改造を信じるんだ。
白子:お守りもありますからねー。
エイジ:お守りもあるから、防御は最大で+7されてるはずなんだ。
新藤:(山引きして)足りん!クラブじゃ避けられん!(笑)ダメージどうぞ。
RL:分かりましたー。息吹はI+10で、ここにダメージカード10、+6。Iの26ダメージ。
新藤:私のI防御は10+2+6で、18。とお守りなので、7点通し。
RL:物理ダメージチャート。7は腕部損傷。片腕に大きな損傷を受け、治療されるまで使用不可となる。
新藤:ヴィークルはどうなるんだ?
RL:ヴィークルは…どうとも書いてないな…?
ヒジリ:片腕に何か装備しているものはありますか?
新藤:ないっすね。
ヒジリ:え、その場合は…
RL:な、何も起こらないね。とりあえず、当たって、若干壊れたと。
新藤:そういう事だね!(笑)
RL:とにかくこの改造の成果がすごいんだってことにしておこう。
ヒジリ:よし!というわけで、大王のメインプロセスは終了!
RL:はーい。じゃあ次は8の人。
新藤:私が先に動いてもいい?
エイジ:ああ、どうぞ。
新藤:私が息吹で、前の敵を薙ぎ払うか。
RL:おおっ!キター!
エイジ:ていうか、自分の番になっても、攻撃することはできないんで。Xになってから、〈操縦〉で体当たりできなくなったんだ。
RL:〈ライドファイト〉みたいな特技が無いとだめみたいですねー。
新藤:むしろ、大王にエース使ってぶっ放すか。ここのエンゲージはまだ誰もいないし。向こうが避ける可能性があるから、エース使った方が良いよなー。じゃあ、〈射撃〉でルシファーズハンマーを使います。エースで、21。
RL:あー、大王か。それは、ハートで避けられない。全然避けられない。じゃあ、当たります。
新藤:ダメージは、トドメ刺すのにジョーカー使おうかな。
エイジ:そう。撃つときは殺す気で!このゲームにダメージをちまちま蓄積という概念はあんまりない!
新藤:P+11、ダメージカードで11だからPの22。
RL:それは、6点止めるけど、16…!?
ヒジリ:それは、死ぬのでは?
RL:仕方ない。ここで《脱出》を使って回避!「逃げはせぬわ!」
新藤:クソッ。仕留めたと思ったのに避けられた。
RL:そこで「ムクロ大王の前にひれ伏せー!」と言って、《神の御言葉》を使用します!
新藤:ちょ、待って!
エイジ:さあ、精神攻撃に対して防御できるヤツはこの中に居たかな!?
ヒジリ:じゃあ、ここで《電脳神》使いましょうか?
白子:お願いします。たぶん、死にますこれ。
ヒジリ:《電脳神》を使って《神の御言葉》を打ち消す!相手の電脳を乗っ取って、発言を邪魔するぞ。
RL:大王は動きがぎこちなくなって、ガガガガッ。て言ってる。
エイジ:ムクロ大王「おっぱい大好き」。(一同爆笑)
RL:イヤーン!サイアクー!(笑)
エイジ:戦場の空気が止まった!(笑)
ヒジリ:適当なゴミデータを送り込んだら、うっかりなものが紛れ込んじゃったぜ!(笑)
RL:最悪だコレ!大王のメンツが丸つぶれだ!(笑)
新藤:くそ、助けてもらっといて何だが、これはひどい!(笑)
ヒジリ:別に俺が「おっぱい大好き」って言い出したわけじゃないからなー!(笑)
RL:大王、大ショックです!はい、以上でーす。
エイジ:じゃあ、俺か。ちょっと迷うんですよねー。前に行くか、後ろに逃げるか。
ヒジリ:白子のそばにいるっていう手もありますよ?
白子:あ、そうですね。かばえる範囲にいて下されば。〈ボディウォール〉は近距離までかばえます。
エイジ:んー、でもここまで移動しておきます。
RL:そ、そうか。SFが3になっていたのか!ありえねー!
エイジ:〈魔改造〉とターボユニットで!
RL:じゃあ、ヒジリどうぞ。

ここでやっと戦闘配置の写真を撮っていたので、掲載しておきます。(セト・ロードMAPが変な状態になっていますが、仮想プリンタ経由でPDFをマージしたら文字が一部消えてしまったとかそんな状態であります。)それにしても、ここらへんは裁定が微妙なルールばっかりで、色々アレだなぁと思う。

f:id:Coboler:20170103211909p:plain

ヒジリ:S13イーグルは射程が近距離だから、その場から動かず撃つのがベストか。先にトループ潰しといていいですか?
新藤:とりあえず大王の神業は2つ使わせた。
ヒジリ:〈射撃〉〈必殺の矢〉で判定します。理性8、カードは9の、〈電脳〉〈01フィーリング〉で、達成値22。トループを攻撃します。
RL:達成値22は当然避けられません。達成値は10です。
ヒジリ:差分値は12か。じゃあPの24ダメージ。
RL:おおー、死んだー。ザコどもはクラッシュして、誰も付いて来なくなる。
ヒジリ:ダウンダウンダウン!大口径の拳銃で撃つ!だが、ゴメン。この時点で手札が腐った!
エイジ:あ、しまった。精神攻撃すればよかった!
RL:そうだね。〈心理〉を使ったら、誰でもできないことはないんですよね。
ヒジリ:まあねえ。
エイジ:せっかく「おっぱい大好き」って言わせたのに!(笑)
新藤:だから!それをやめんかー!(笑)
エイジ:スピーカーを使ってリフレインさせれば、この状況でばっちりな精神攻撃になったのに!(笑)
RL:分かりましたー!クリンナップ!第2カット、セットアーップ!では、ムクロ大王一人になってしまいました!
ヒジリ:可哀想!大王!
RL:もう1回〈心理〉〈触れ得ざる者〉〈名将〉をヒジリのエンゲージに使用します!クラブの9を出すと、15!
新藤:これは、誰も耐えられないのでは。
白子:ちょうど15です。
新藤:お、一人耐えられるのがいた。
RL:同値はリアクション有利のはず。
ヒジリ:これ、無理でした。だめだー。
RL:ムクロ大王のカリスマの前にひれ伏すのじゃー!というわけで、言われた人はバッドステータスの萎縮で達成値-5になる。さっきまで「おっぱい大好き」とか言ってたのに、カリスマは腐ってもカリスマ!(笑)
新藤:カリスマ(笑)だと思うけど!
ヒジリ:動けないことはない。
RL:メインプロセスの終了時に自動的に回復します!以上です。白子さんどうぞ!
白子:ムクロ大王のエンゲージまで動けますか?
RL:いや、駄目っすね。(この時、戦闘配置シートの点線の意味をよく理解していなかった。申し訳ない。)
白子:うーん、ツメの射程が足りない。何もできません。
エイジ:メジャーアクションで動くことは?
ヒジリ:できる。近づくだけ近づいたら?
白子:じゃあ、これで大王のエンゲージまで移動します。
新藤:こうすれば大王の移動を妨害できる。
RL:ただし、これで息吹の範囲攻撃に巻き込まれる可能性はあるがな。
エイジ:まあ、こっちから息吹を使わなければいい。
RL:次は9だから、ムクロ大王だね。
新藤:大王様ー。
RL:じゃあ、こっちから汚物を消毒させて頂こうか。〈射撃〉〈鉄砲玉〉〈イカサマ〉で、18。新藤のいるエンゲージを狙います!
新藤:私らか!
ヒジリ:ヒー!避けれない。どうしよう。
エイジ:〈ブロック〉してもらうしか無いんじゃないかな?
ヒジリ:山引きという手もあるけど、そしたら死ぬなぁ。
新藤:〈ブロック〉は、相手のダメージを肩代わりするものだから、自分のダメージも受けるんだ。ダメージを2回受ける扱いになる。
RL:大丈夫?インヴァる?
新藤:さっき良い手札を使ってたから、ダメージは大したことないはず。
RL:そうかなー!?(笑)
新藤:あとで修理してもらうから!
エイジ:故障までならなんとかしてやる!
新藤:じゃあ、受ける!私は判定に失敗したってことで。
ヒジリ:こっちも判定に失敗しておく。ありがとうございます。
RL:はい。じゃあ、ダメージはIの26。さっきと同じ。
ヒジリ:それぞれ26受けるの?
RL:いやー、手札が良いですわぁ!さっきから絵札しか来ない!
新藤:ああ、どっちも腕部損傷になった。
RL:両腕が使えなくなった。
ヒジリ:両腕どころか、3本ダメになったぞ!(笑)
新藤:なんだろう。こういう形のヴィークルで良かったと思うしかない。1カットにレベル回使えるから、あと1回使えるね。よし!
RL:うっそー、信じられなーい!ムクロ大王もびっくり!
新藤:いや、改造してもらえてなかったら死んでるよ!
白子:実質的なダメージはゼロですか?
新藤:ゼロだった。中の人間はボロボロだけど!(笑)
RL:はーい、次の方。
新藤:先に動きます。SFが2になっているので、大王と同じマスに移動。〈ヘヴィファイト〉〈マシンファイト〉宣言。これで、〈操縦:地上車両〉で命中判定をする。18-5で、13。
RL:特攻してきた。こっちも〈操縦:地上車両〉で避ける。あれ!?イケるんじゃね!?ダイヤで15になるな!
新藤:それは無理だな。
ヒジリ:避けられたー。
新藤:OKOK。まあ、相手の良い手札は使わせられた。
エイジ:どうしようかなー。すごいロマン行動があるんだけど、失敗したら死ぬからなー。
RL:エェ!?そんなロマンあるんですか!?
白子:大丈夫ですよ!《黄泉還り》あるんで!
新藤:最悪、カバーリングもできる。
エイジ:じゃあ、超絶あり得ない行動をしますね!ムーブアクションで、大王のエンゲージまで移動します。
新藤:はい。
エイジ:マイナーアクションで、ヴィークルを降ります。
白子:エェー!?
エイジ:で、メジャーアクションで、〈白兵〉素手パンチ。(一同爆笑)オラァァァ!!
新藤:落ち着けぇ!こっちがかばうから!(笑)
エイジ:トレーラーで前に出て!キキーッ!フルパワーでブレーキ踏んで、前で止まる!マイナーアクションでドアをバーン!開けて降りる!オラァ!食らえバーン!!
白子:かっこいい!!(笑)
RL:やってみろよ!じゃあ判定してごらんなさいよ!(笑)
エイジ:問題は、大した手札が無いからどうせ避けられるってことだ。でも〈白兵〉1レベルあるからね!
新藤:手札を使わせるのが目的か!(笑)
RL:なんて日だ!!これは〈操縦〉で避けますよ!?
エイジ:でも達成値は10なんだ。
RL:10か!これは、ハートが使えないのか!うわ低っく!えーっと、ちょっと待って!?当たるかもしれない…!(笑)
エイジ:マジで!?殴った俺もビックリなんだけど!
白子:これはやばいですね!?
RL:アアーッ!!これはだめだ!当たる!ほらダメージ出せよ!(笑)
エイジ:マジか!生身は+0だから、ここで11出してやるよ!(一同笑)
白子:特攻じゃないですか!?
エイジ:だから、トレーラーから鉄パイプ1本持って飛び出して、オラァ!覚悟せえや!!って感じで!
RL:待って!待って!だから〈曲芸走行〉で10点減点!
新藤:1点!
ヒジリ:内出血!
RL:あぶないぃぃ!
白子:って事は、軽減技能で10を出したってことは、
RL:もうスカンピンだよぉ。
エイジ:よし!軽減技能は使わせた!みんなで決めろ!!
ヒジリ:とりあえず攻撃してみて良いですか?このターンでトドメは刺せないんで。手札クッソ腐ってる!
RL:頑張ってよー!
エイジ:頑張ってよ!せっかく削ったのに!
ヒジリ:とりあえず、SFが2になってるんで、ムクロ大王の傍まで近づきます。
RL:うわー!近い!
白子:密集してる!
ヒジリ:ルーラー、今ドローンなんだけど、〈心理〉で精神攻撃しても良い?
RL:マジかよ!?やってみて下さいよ!(笑)
ヒジリ:だってさー、せっかくクラブ持ってるんだもん!じゃあ、〈心理〉に〈電脳〉を組み合わせて、12。-5があるんだけど、〈01フィーリング〉で相殺!というわけで達成値は12。〈自我〉で判定しいや!
RL:〈自我〉?3しかないわ!ってことは、9だから、失敗!?
ヒジリ:通った!?ハハハ!(笑)
エイジ:すごい。N◎VAとは思えない戦闘になってきた!(笑)
ヒジリ:ダメージは10!
新藤:精神攻撃10で、防げないんだったら、恐慌。失神したよ。
白子:おお!?やったぁ!
新藤:感情の制御判定をして、成功したら無効。
RL:感情の制御判定!?感情の制御判定は…無いよ!!(一同爆笑)
新藤:え!え!?ウソじゃろ!(笑)
エイジ:山引きだ!山引きするんだ!
RL:ハハハハァ…やった!クラブの2!成功した!!
ヒジリ:ああー!ごめーん!ちきしょー!手札が腐りまくっとるー!
エイジ:惜しかったなぁー!熱い!
RL:わけがわからないよ!とりあえず、辛うじて大王の防壁がSPAMに耐えきった!暑いな!(物理的に)はい!クリンナップ!セットアップ!
ヒジリ:第3カット!
新藤:みんな!-5は無くなったぞ!
RL:くそ!またやってやる!と思ったんだけど、ここはサッサと切り上げておこう。これで、失敗。(残り時間を気にし始めた)白子さんどうぞ!
白子:えぇ!?ありがとうございます!
エイジ:あっちのタイヤに鉄パイプ入れとこ!(笑)
白子:〈白兵〉〈核酸毒〉〈怪力〉〈牙の王〉を宣言して、達成値は18です!
RL:はーい、18ですね。回避は、どうしようかなー。…出せるんだけど、当たる。
エイジ:もう第3カットだもんな。
ヒジリ:RLも疲れてきたな。
RL:ムダに盛り上がってしまった。
白子:なんか、最近絵札しか来ないんですけど。
RL:ちょ、何そのブルジョワ発言!?
白子:えっと、すみません!(笑)Sの29です!
新藤:29点!?
RL:それは死んだ!
ヒジリ:死んだー!
RL:死ぬ前に!白子さん!《不可触》を《死の舞踏》相当で使う〈復讐者〉じゃ!

これ最近気が付いたんだけど、〈復讐者〉の効果は正しくは《タケミカヅチ》ですね!(N◎VAにはタケミカヅチの加護相当の神業が〈復讐者〉以外には無い。)チャクラの神業変更技能のところと、効果を見間違えていました。(汗)辛うじて使いどころは合ってた。良かった良かった。

新藤:《難攻不落》!
白子:オオーッ!
RL:ア゛ア゛ーン!というわけで、最後にドスを持って特攻したけど、駄目だった。「ウボワーッ!」
新藤:タマ取ったらぁー!と思ったら戦車がドーン!!
エイジ:俺はその戦車に轢かれそうになって逃げる!「やべっ!」
新藤:さっきまたダメージを肩代わりする感じになったけど、実質こいつからのダメージは全部私が受けたんじゃないだろうか。
ヒジリ:本当だ!(笑)
新藤:これで役目は果たしたけど、ボロボロだよぉ!
白子:ありがとうございます!
RL:というわけで、君たちはムクロ団を退けた。
ヒジリ:予想以上に厳しい敵だった。
エイジ:全くだ…降りるとは思わなかったぜ!
RL:本当だよ!(笑)ルーラーがびっくりだよ!
エイジ:俺だってびっくりだよ!
新藤:ところで誰か、俺の腕治してくれないかな。
RL:〈医療〉の判定を!目標値は7!
ヒジリ:あ、無理。
エイジ:スペード持ってるけど。これで11点出しましょうか。
RL:じゃあ、応急手当てをしてくれた。
エイジ:ちょっと待て。ここに医療キットがある。
RL:さすがタタラ。
エイジ:奴らの残骸から引っ張り出してきたぜ。
ヒジリ:まさに山賊行為。(笑)剥ぎ取りだー!
新藤:戦利品の獲得は基本だよな。(笑)

戦場の打ち手

RL:はい!次のシーンです。シーンカードは、
ヒジリ:アラシだ。
RL:残念。こんな所で出てしまった。でも、誰のキーでもなかったか。
ヒジリ:実は関係ない!
エイジ:キーはタタラでございます。
RL:ルーラーシーンです!ヤマタイの荒野の仮設基地。所属を巧妙に隠したドローンやウォーカーが駐機されている。その一画で、傭兵然とした男…ジェットストリーム遼が、荒野に不似合いなスーツの男と碁を打っている。
白子:碁?
RL:「奴らめ、ムクロ団の縄張りを抜けよったぞ。碁なぞ打っていてよいのかのう」
囲碁十訣に曰く、不得貪勝。 今、奴らに仕掛ける必要はない」
「なるほど、さらに消耗させてから叩くてか。さすがは“戦場の打ち手”阮海峰どのよ。小ずるいことを考えよる」
「むろん監視は続ける。不満かね?」
「いや。セト・ロードを抜けられぬ弱敵を食ろうても、どうせ俺の名は上がらん」
「そうかね。ところでキミの手番だが」
「むむ……置き石9子でも足りんか……」
ヒジリ:のん気にゲームしてやがる!
RL:ではまあ、そんな感じでシーン終了。
白子:はい。

ランダムイベント:メカトラブル

ヒジリ:というわけで、『H1』から進めていいの?
RLOKだ!
ヒジリ:今度は北側の道に進んでみよう。
RL:シーンカードは、カゲ、正位置です。
白子:ダイス振りますね。(ころころ)6です!
RL:6で正位置なので、メカトラブル。ヴィークルにトラブル発生。急いで修理しなければならない。キャスト全員、目標値15の〈製作:ヴィークル〉判定を行なう。誰か1人でも成功すれば、修理できる。さっきの戦闘で、戦車にトラブルが発生したことにしよう。
ヒジリ:なるほど。
新藤:ボコボコにされてたからなー。
白子:〈製作〉は持ってないです。
RL:代用判定は?代用は〈信用〉で。達成値-5。
ヒジリ:信用!?
RL:その場合、予備パーツを前もって調達していたとする。
ヒジリ:〈信用〉20出せます。
エイジ:ていうか、〈即席修理〉10で良いかな?
RL:〈製作:ヴィークル〉ってめっちゃ持ってますよね。
エイジ:俺は持ってる。
ヒジリ:じゃあ、ここで失敗しておこう。
新藤:私は持ってないです。こっちも失敗しておこう。
白子:私も捨てておきます。
エイジ:〈即席修理〉でも良さそうだけど。〈製作:ヴィークル〉だと、カネを使うか?報酬点2点使って、これで15。
RL:おおー!じゃあ、そんな感じで無事に修理ができたので、ここから進むことができました。おおかた、ホバーに穴でも開いてたんだろう。(笑)
新藤:さっきなんか色々飛んできたもんなぁ。ドスで穴が開いたか!(笑)
エイジ:こりゃあ、ヤベーな。
RL:大王、最後の悪あがきだ!
ヒジリ:すまんな、新藤。半分くらい俺がダメージ与えちゃった気がする。
新藤:大丈夫大丈夫。
エイジ:任せろ。こんなこともあろうかと、ここに宇宙船補修用のフォームがある。
新藤:おお!そいつはレアだなおい!?(笑)
ヒジリ:なんか戦場育ちっぽい!
エイジ:SFとかでよくある、コロニーの外壁を補修する用の、泡がぶくぶく出てくるやつ。
新藤:良いなあ。

ランダムイベント:障害物

ヒジリ:次の『R』マスに進みましょう。登場判定、失敗。
新藤:登場判定失敗。
エイジ:登場判定失敗ー。
RL:はーい。シーンカードは、ハイランダー正位置。自動的に、今まで出ていない2のシーンが出ます。2は、障害物。岩場や河などの困難な地形が障害物として立ちはだかる。速度を落とすことなく、走破しなければならない。キャスト全員、目標値18の〈操縦〉判定を行なう。1人でも成功すれば、遅れを出さずに走破できる。抜けられなかった場合、このシーンでは移動できず、次のシーンでは再度このイベントを行なう。成功するまで続ける。
新藤:18か。
白子:全員だったら、出さないといけないですか?
RL:まあ、うーん、そうだね。
エイジ:出せますけど。
ヒジリ:ごめん。こっちは失敗しておく。
新藤:〈バーンナウト〉で操縦判定に全部+3だから、いけるわ。9出したら、19で行ける。これで成功だ。
白子:手札が良いので、山引きしておきます。
エイジ:それなら、失敗しておくか。
新藤:「修理されてから調子が良いぜー!」と言いながら、ヒャッハーしてます!
白子:ひゃっはー!
エイジ:やべーんだよ!悪路は!
RL:よし!じゃあ、次の場面に行くか。『H2』!

続く。