Cobolerのリプレイ置き場

趣味のテープ起こしを活かした、TRPGのリプレイ置き場でございます。

UPされた記事はいつ書き直されてもおかしくない状態で公開されています。 あと、記事を上書きで更新することが多いです

コンベンション参加レポート FGN 2016年7月例会

f:id:Coboler:20160711182432j:image

出張した!

ガンダムRPGのために、福山まで出張して参りました。今回のシナリオは、「ジオンの奇妙なIF世界」と「宇宙神主の挑戦」という2本から選ぶ感じに。どちらも何だこれはっていうタイトルなのですが、とりあえず前者に決まりました。いつか後者もやってみたい…。

今回のシナリオ!

オープニング

色々あって、ガルマがニューヤークでホワイトベースを撃墜してしまった!ホワイトベース搭載のMSは、ジオン軍に山賊されてしまった!そんなわけで、すっかりジオン優勢になってしまった宇宙世紀0079年の11月末、南米。なかなかジャブロー基地の入口とかを見つけられないことに*1業を煮やしたジオン軍は、例のビックリドッキリメカを投入した。手がドリルになったSDみたいなあいつ、アッグである!とりあえず地下から入口を見つけてみてよ!という無茶な要求をされたアッグは頑張った。で、遭難した。
そして現在。上官から指示を受ける新人パイロット達。「連邦の秘密基地を探しに行ったアッグていうMSが居たんだけど、遭難しちゃったみたいなんよ。」「技術部の連中が隠蔽しててさ、遭難したらしい事が分かってから、もう2週間経つんよね。」「とりあえず、アッグを見つけて、回収して欲しいんよね。」そんなグダグダな話を聞かされて、げっそりするPC達。ザク(茶色のFS型というかガルマザク、普通のF型)、グフ、ドム・トローペンという妙に素敵なMSを用意して貰えてるなーと思いつつ、PC達はダンジョン探検に出発するのでした。*2その前に、「ダメでした!」って手ぶらで戻ってきても、許して貰えますよね…!?という事は確認してから…。ちなみに、今回私はドム・トローペンに乗っています。

ダンジョン編

途中のダンジョンで、足元の地盤沈下?に巻き込まれる一行!4人中3人は回避に成功するのですが、RGのF型ザクは避けられなかった!ここでダメージを振ったところ、なんとゾロ目がでてしまったのでした!このゲームでダメージの出目でゾロ目が出た場合、機体損害表を振ってさらにバッドステータスやらなんやらを受けなくてはいけないのです!で、結果はモニター破損。「まだだ…メインカメラをやられただけだ!」とか言ってる場合じゃねぇー!そんな感じで、敵と遭遇する前から暗雲が立ち込めます!
この後は、敵が設置したセキュリティを突破するぞーって感じのイベントがありつつ続きます。

戦闘編・序盤

遂にジャブローの外郭に辿り着いた!そこには、色違いのジム2体とガンキャノン2体、そしてアッグの姿が。でも何かすごく遠い!

f:id:Coboler:20160711182518j:image
写真:「閣下、敵です!」「なんだとぅ!?」的な会話をしている敵さん達が奥にいる。アッグのかわりにアッガイが出演しています。
 
ここでGMから解説が入ります。あそこに居る連中は、ジャブローから逃げ出そうとしている、とある高官とその護衛であると。高官はアッグに乗り、「ふはは、スペースノイドども!再起の暁には云々」とか捨て台詞を残しつつ穴を掘って出ていこうとしていると。でもこれ遠くない!?いくらドム・トローペンの足が早いとは言っても、マップ左上の脱出口には追いつかなくねぇ!?と話し合うPC達。実はダンジョンでセキュリティを解除するのに手間取ったために、あそこまで進んで行っていたんですと。しかも、緑色のジムはジム・ストライカー*3。やばいってこれ!!というわけで、ダメな感じがしつつも戦闘開始。とりあえず、最短ルートでアッグに追いつくため、鍾乳洞の壁を壊そうとします。

中盤

ガンキャノン2体のうち1体は量産型だったのですが、とりあえず装甲が硬い。ドムとF型ザクは頑張って壁を壊そうとするのですが、こっちの壁も硬いわー!そんなことをやっていると、GMから補足事項の説明が!「今逃げ出そうとしているのはジーン・コリニー。護衛に来てるこいつらは、将来ティターンズの中核になるメンバーだよ!」これを聞いて俄然やる気になるPL達。「うおー!絶対捕まえたい!」しかし壁は壊れない。そうこうしているうちに、機体損害表によりドム・トローペンのモニターが壊れた!*4ていうかまたモニターかよっ!とか言っているうちに、アッグには逃げられました。隣にいたジム・コマンドも「私は閣下の護衛に付く!」と言い残して去っていきました。うーん。残念。
そのうちに、ジム・ストライカーと戦っていたグフが撃墜された!*5GMから「まさかグフが撃墜されるとは思ってなかったわー」と言われる始末!さらにドム・トローペンは攻撃の際に3d6して1の目を出してしまったため、このゲームのファンブル表であるPAD(パーソナルアビリティダイス)*6を振ることに。これ、時にはいい効果が出る場合があるんだけど、今回は運悪く「次ターン、移動できる範囲内の味方に衝突」が出てしまったよ…。
f:id:Coboler:20160711182614j:image
写真:グフ、ドム・トローペン、ジム・ストライカー、ガンキャノン2体は、ゲーム的には全部同じマスに入っている扱いです。「やっぱりHEXはもう少し大きい方が良いですね」

終盤

「今ここで誰かに衝突されたら、まとめて死にかねん!!*7でも次ターンが来なければ良いんだよ!」という事で、PC達は敵さんの生き残り連中に投降を持ちかける事に!「君たちの上官はちゃんと逃げられたじゃないか!命を粗末にするな!きっとあのジムが、君たちは撃破されたって上官に伝えてくれてるからさ!!」そんな感じの事を言いながら交渉した結果、とりあえず3人は投降してくれる事に。ああ良かった、生きて帰れるわー…ということで、来た道を戻っていくのでした…。
そして、帰ってきたPC達に明かされる裏話。あれ、あのジム・コマンドに乗ってた奴が、アッグに乗ってたパイロットなんじゃね?ジオンの裏工作によって、ジャブローからうまい具合に連邦軍の高官を逃せるように、準備してたって事なんじゃね…?うわー、魑魅魍魎どもの策略に利用されてしまいましたわー!そんなPC達の上司は、実はギレン親衛隊の一員でしたよと。「君たちには勲章をあげるから!あと、皆1階級づつ昇進ね!これで皆ギレン親衛隊の一員だからね!」ポカーンとするPC達!*8ああ、これはこの人の部下でいる限りは出世確実ですわ!めでたしめでたし…。「君たちには、今度から宇宙でサイコミュ試験型ザクのテストやってもらうからね!」*9

感想

今回はギレンの野望的なIFストーリーだったのですが、壮大な背景がある割には、その辺を楽しみきれなかったなーと思ってしまいまする。*10そこらへんに色々とシナリオフックがありすぎるのがガンダムRPGなのか…!!次はソルジャーとかブリッジクルーがやってみたい。と言う訳で、今回も乱文乱筆失礼しました。
 
写真:ぬいぐるみ的なポーズで可愛らしさをアピールするアッガイたん

*1:要は、ホワイトベースが入港したのがきっかけで、場所がバレたんでしょ?ってことで…。

*2:アッグも全高15メートルあるそうなので、MSでも入れる穴が掘れるんだよ多分。という事だった。

*3:最近出てきた機体なので、データを自作したそうです。

*4:命中、回避、防御の判定に-1d。機体損害表はMS毎に設定されている。なので、もちろんガンタンクの機体損害表にモニターは含まれていない。

*5:例によって、中の人はちゃんと生き残った。

*6:キャラクター作成時に、性格別のPAD元表から1d6でランダムに選択して作成する。キャラクターの性格や練度によって、発生するイベントの傾向が違う。

*7:衝突すると、した側とされた側に3d6のダメージが入る。データ的には、ガンダムハンマーと同じくらいのダメージだと思って頂ければOK。

*8:今回、政治に詳しいPCが一人も居なかったのだ。このゲーム、PCに軍オタとか政治とか、そういう趣味を持たせておくと、こういう場面で役に立ったりする。

*9:アフタープレイの成長ルールでは、ダイス目によってはPCがニュータイプに覚醒してしまう事もある。今回、なんと二人もニュータイプになってしまった。わりと珍しい。

*10:「この戦況だと、ヅダはもう表には出てこないだろうな」「ガルマの恋愛もさぞ上手く行っているだろう」等、PLからは興味深い話が色々出て参りました。ぐぬぬ。ヅダはスプリンター迷彩がおしゃれだ

BLセッションをするときは、必ずプレイヤーの地雷についてリサーチするんやで。せんかったら死ぬで。(ブログ主からのメッセージ)