読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cobolerのリプレイ置き場

趣味のテープ起こしを活かした、TRPGのリプレイ置き場でございます。

UPされた記事はいつ書き直されてもおかしくない状態で公開されています。 あと、記事を上書きで更新することが多いです

ハートレスメモリー「Heartless Memory ハートレスメモリー」 その5

《ハートレスメモリー》キャンペーン ダブルクロス「Heartless Memory ハートレスメモリー」

4話のラスボスとかどうでもいいんで、はやく5話の書き起こしを始めたい。とか思いつつ…。

源田九郎

GM:なので、追加のシーンがやりたい人が居たら、やるけど。
嶋岡:じゃあ、自分自身にロイスを取ろう。
GM:では、源田が君たちを寂しそうに見送るよ。(笑)
二階堂:すみません!!源田さんのシーン、やって良いですか!?(笑)ロイス取るから!取りますよ!はい~!猜疑心ね~!!(ころころ)59!
深森:本当は、私がロイス取るべきなんでしょうけどね…。
宵ヶ崎:ひくっ!(笑)
二階堂:出てないんだー!他の人のシーンに!(笑)
GM:じゃあ、源田が、黒猫と白猫にえさをやっています。場所は、喫茶喜楽であります。
宵ヶ崎ノワールとブラン。
GM:いえ、違います。黒猫の官兵衛と、白猫の半兵衛です。
梅宮:その元ネタは?
嶋岡:戦国武将ですね。
梅宮:ああ、なるほど。そういうことか。
嶋岡:俺も登場しておくよ。(ころころ)
GM:手にえさを乗っけて、モフモフ食わしてる感じ。
宵ヶ崎:ぐっ…撫でに行きたい。撫でに行くために出よう。
二階堂:ちょっと待って!侵食値と相談してね!(笑)
宵ヶ崎:ガマンする…!
二階堂:じゃあ、それを見て。二階堂が声を掛けるのも何なので。まさらちゃんにちょっと目くばせをして、「行ってらっしゃい。」みたいな感じで。
深森:源田さーん。
源田:やあ。まさらちゃんだよね。
深森:はい。
源田:そっか。中の人は、大人しくしてくれてるんだね。
嶋岡:「いえ、私はここに居ますよ。」(笑)
二階堂:ジャックされとるー!(笑)
源田:あれ!?消えねーのかよ!!
深森:何か、私の行く末をずっと見ているつもりらしいです。
源田:えー…、ストーカー…。消す方法を考えた方が良くない?
嶋岡:「ひどい言いぐさです!」(笑)
深森:まあ、元はと言えば、みやこちゃんが本体だったみたいなんで…。
源田:うん、それは知ってます。
二階堂:知ってたんだ…。
深森:えっと、いわゆる、…
嶋岡:「そうですね、いわゆる守護霊というやつですね!」
源田:そんな良いもんじゃないですよね!?
梅宮:普通に会話しとる!びっくり!
GM:この世界だと、普通にみやこちゃんとも会話できます。
梅宮:出来るんだ。
深森:ある意味、みやこちゃんのお情けで生きているようなものですし…。
嶋岡:「そんなことはありませんよ、まさら。私はあくまで、まさらを通じて、人を操る程度の能力しかありませんよ!」
梅宮:(頭をハタくジェスチャー)スパーン!!(笑)
二階堂:龍子さん落ち着いて!(笑)
宵ヶ崎:結果的にまさらちゃんに当たると思います!
深森:はう!
梅宮:あ、そうだった。
源田:ごめんね、最後まで手を貸してあげたかったんだけど。
深森:いえ、こちらこそ…。
源田:プランナーが見てるとね…。ていうか、聞いてよ。プランナー二人から無茶ぶりされる中間管理職の悲哀的なものを!
深森:ごめんなさい!ごめんなさい!(笑)
GM:と言って、タバコに火をつけようとするが、ライターをしまう。
宵ヶ崎:源田君って、いくつ位でしたっけ?
嶋岡:源田はマスターレイスなので、しょうがないです。
梅宮:いやいやいや!未成年だもんなっ!
源田:いえいえ、実は俺、自分の年齢、知らなんですよ。
宵ヶ崎:ウワーッ!!そ、そうか!
源田:調べりゃあ分かるんでしょうけどね。
深森:家族と疎遠…っていう意味でしょうか…。
源田:ああ、うん、そんな感じ。
深森:ご苦労をおかけして、申し訳ありませんでした…。
GM:え、何?極道って聞こえた。(笑)
二階堂:まさらちゃん!まさらちゃん!こういう時は、「ありがとう」って言うんだよ!
梅宮:任侠が進むべき道・極道1号線をキャデラックで優勝パレードすれば、モテるんじゃよ!
深森:ハハハ!!(笑)
嶋岡:やめたげてよぉ。(笑)
源田:いや、こっちも目的があってしたことだしね。えっと、…まあ、先輩。パイセン。
梅宮:うるせー。センパイ言うな!(笑)
源田:いやー、ジャックのやつがまた生き返って来てさ、似たようなことをやらかしてくれたんですよ。
梅宮:お前らは、ちゃんと処分したんだろうな…。あのクソ野郎、生きてたんかい…。
源田:いや、わっかんないけど…。あれ、死ぬの?
宵ヶ崎:ああ、「Slaughter School」に出てきたヤツ。
源田:まあ、神様と同義だと思うんで。何か、特別な方法なり何なりが必要だと思うんだけど…。力は弱いけど、俺達でも倒せるっていうレベルだから。内容としては、ここのオモイデ様と同じようなものでしょ?あれって。
梅宮:よっぽどの陰険な、本体が居るんでしょうねぇ…。
源田:悪想念が凝り固まったら、またジャックになる的な。
嶋岡:「いえいえ。ぼくはもちろん、死にますよぉ?」ニュッ。
梅宮:ウワーッ!!くそ!こいつ、出てきよった!!(笑)
嶋岡:「具体的に言うと、人の世界から殺人がなくなったら、私は消滅してしまいマース!」(笑)
GM:ほら!やっぱりそうなんだ!(笑)でさ、まあ、ほら。俺のあの、イベントシーンに入るわけなんだけど。「Slaughter School」がセッションとして終わった後、一人の女の子と話しているシーンになるんですよ。源田が「ハッハー!ざまあみろ!お前の目的を防いでやったぜ!」と言ってます。実はとある女の子が、肉親を黄泉還らせようと、対戦チームの相手を皆殺しにしようとしたことが判明してたんですな。
梅宮:ああー。いたいた。
GM:で、思いっきりビンタを食らって。で、源田は「俺の協力要る?」って感じの話をして、相手を落としにかかるわけですよ。で、一度だけ家族に会わせてやるよと。話くらいはさせてやる的な話をするわけですな。で、源田に戻って。「まあ、そんな感じ。っていうのが、俺の理屈でね。そのために、この島に普通に連れてくると、家族の生活を望んじゃいそうでさ。」
深森:そうですね…。
源田:それは何か、違うっしょ?ここまで言って、あれなんだけど。
梅宮:「まあ、そんな悲劇を繰り返さないためにも!プランナーぶっ殺そうや。」満面の笑みで。(笑)
源田:あれも死なないと思うんだけど、今回は止めてもらわないと困るなー。
梅宮:その通りさ。死なないんだったら、戦闘不能にするまでよ。
宵ヶ崎:ちなみにその、家族との再会を願う女の子は、今どこに?
源田:島には来てる。
嶋岡:来てるんだ!(笑)
宵ヶ崎:ってことは、今、意識不明だ!マズい!マズいぞ!
二階堂:でも、その子は今頃家族と会ってるんじゃないかな?
GM:「いや…」ダラダラ汗を流しながら。
深森:どうしたんですか!?
源田:気絶させてる。
宵ヶ崎:お前…。この薄情ものめ!(笑)
源田:また殴られるのかなぁ…。
嶋岡:いえ、むしろぶち殺されます。(笑)まあ、それはさておき。「源田さん、なんかさ、牧島さんだっけ。」
源田:ああ、先生。
嶋岡:あの人から聞いたんだけどさ。
源田:女の子たちの話?
嶋岡:知ってるの?
源田:知ってるもなにも、俺、あの人に頼まれて、…ぶっちゃけると、人さらいやってたわけで。
嶋岡:あー、やっぱり…。
源田:んー、でもあれ、死んでるんじゃねーの?何か生きてるっぽいけど。良く分からん状態。ちなみに、報酬は、この島の情報。
宵ヶ崎:ほうほう。よこせそれ。
源田:俺が、彼女たちを保護する代わりに、この島があるっていう情報を、先生から教えてもらったの。
宵ヶ崎:ああー。そういうことか。お前、意外とバカだなぁ。やることと、見返りとの釣り合いを考えると。
源田:んー、いやあ、目的には合ってるから、別に構わないよ。
二階堂:目的はどんなに大きくても、小さくても、ひとつはひとつなんです。
嶋岡:まあ、えーっと。一応、深森をじーっと見るよ。まあ、源田さんは、こういう奴なんで。出来れば、許してやってほしいです。(笑)
深森:っていうか、源田さんって、そういう喋り方される方だったんですね…。
源田:ああー、まあ、そっちが素かなぁ。よく先生に似てるって言われるけど、中の人が同じだから。
宵ヶ崎:あー、そりゃあねえ。
嶋岡:…まあ、源田さんありがとう。とりあえず、あの3人のことは、こっちで何とかするよ。
宵ヶ崎:ラスボスは任せろ!
嶋岡:いや、ラスボスは任せろとは言えない!(笑)
深森:その子と親御さん、会わせてあげられるといいですね。
源田:ああ、それは大丈夫だと思う。そこから先は、まあいいか。君たちが頑張るだろうしね。ただ、いつかの話の続きを良いか、寧人君。家族の話なんだけど。
嶋岡:ああ、何ですか。
源田:家族は俺を捨てたんじゃないって話をしたよね。
嶋岡:ああ…。
源田:俺は、ファルスハーツに売られた。でもね、俺自身が家族の事を愛してるんだったら、俺を売ったカネで、家族が助かったんだから、それは家族が無事だったことを、俺は喜ぶべきなんじゃないんだろうかと。俺はファルスハーツに用がある。
嶋岡:俺には何も言えないかな…。まあ、源田さんがそう思うのであれば…。
源田:セントラルの方でちょっと、面倒くさいことがあるらしくってね。
嶋岡:何か、えらいこと言われてるぞ。(笑)
宵ヶ崎:大丈夫か!?
源田:君たちと敵対しなきゃいけないかもしれない。
嶋岡:そう言うなら、拳を突き出しますよ。「その時は、手加減しませんよ。」
GM:じゃあ、それを打ち合わせて。「そうだね。まあ、言いたくないが、俺から狙うと良いよ。」
宵ヶ崎:ふふふふ!
源田:先生も勧めてたしね!
宵ヶ崎:つまり、支援系を先に潰せと!よし。
源田:先生を潰すのは難しそうだから。
嶋岡:いやまあ、無理です!(笑)
二階堂:はい、じゃあ源田さんに他に言うことは有りませんね?
宵ヶ崎:ないね。ばいばい。
二階堂:源田さんから他に言うことは有りませんね?
源田:ラストシナリオの、ミドルフェイズで、先生とディアボロスと一緒に待ってまーす。
宵ヶ崎:なぜその3人!?(笑)
GM:「まあ、聞いてくれてありがとうね。」と言って、手を振る。
二階堂:あー、そうだ、源田さん。源田さんってマスターレイスだっけ?マスターレイスとしての話は分かったけど、源田さん自体としての話は無し?深森さんに一言とか。
源田:まあ、正々堂々とはイカンかもしれないけど、その時はよろしく。
深森:分かりました…。
二階堂:はい、終了。
嶋岡:何でそんな、事務的なセリフなんだよ~。(笑)
GM:じゃあ、去りゆく君たちを、笑って見送ります。
梅宮:はい!
GM:じゃあ、足元に半兵衛官兵衛が。ニャアニャアと。
宵ヶ崎:撫でていって良いですか?
梅宮:ほう、猫が好きなのか。
宵ヶ崎:可愛いものは好きです!
GM:ちなみにねー。これ、どっちかが紅になついて付いて行くって予定だったんだけど、…なかなか出番が無かったので、そういうことは無かった。
宵ヶ崎:シューン。

嶋岡寧人

GM:じゃあ、クライマックスフェイズ前のシーンに入ります!
嶋岡:とりあえず、俺だけは出るよ。(ころころ)5点!97!
宵ヶ崎:こっちは、94っす!
嶋岡:けっこう出たからな。会いたい人が多くて。
宵ヶ崎:会いたい人が多くて!
GM:合わせたい人が多くて。
嶋岡:じゃあ、ちなみにどんな俺なんですか?10年前の俺ですか?
GM:そうですね。
宵ヶ崎:キャー恥ずかしい。
GM:不意に視界が変化する。
嶋岡:出来れば見て欲しくない!(笑)
GM:面影島のはずれ、そこに、森が出現する。うっそうとした森の中、そこでは一人の幼い少年が佇んでいた。
嶋岡:どうしよう!何て声を掛ければいいんだ!(笑)
GM:幼い顔に寧人の面影がある。それは、10年前の寧人だった。彼は立ち上がって、「やあ、こんにちは。待ってたよ。」
嶋岡:オゥ。こんにちは。
もうひとりの寧人:僕は、嶋岡寧人。正確に言うと、10年前に死んだ君かな。
嶋岡:そうなんだ。それじゃあ、ちょっと不思議な感覚だが、良かったぞ。俺自身だとか言われたら、どうしようかと思った!(笑)
もうひとりの寧人:10年前に一度死んだ時、ショックで記憶が欠けてるよね。
嶋岡:うん。
もうひとりの寧人:よくあることなんだけど…
嶋岡:てっきり、あの事が原因だと思ってたけど…。
もうひとりの寧人:でも、その石の力を本当に引き出すのは、その時の記憶が、思い出の欠片が必要なんだよ。さあ、嶋岡寧人。手を出して。
嶋岡:「ああ、分かった。」と言って手を差し出します。…
梅宮:待て、これは孔明の罠だ。とか言うのかと思った…。(笑)
宵ヶ崎:アホが!かかったな!!とか言うのかと思った。
GM:うん。何か失敗したかなーと思った!(笑)幼い寧人と、現在の寧人が手を触れあうと、ウホッ。っと再び、周囲の情景が書き換わる。同じ森の中、小さな神社の前、そこに居るのは幼い寧人と傷無だ。そして、凶悪な姿をしたジャーム。(ツッコむにツッコめなかった人たちの声が漏れる)
嶋岡:じゃあ、二人を守るよ!守れませんが。(笑)
GM:ジャームの爪が振り下ろされる。とっさに傷無をかばった寧人の胴体が両断され、傷無の方にも深い傷が出来る。幼い二人は倒れ、互いの血が混ざりあっていく。泣き叫ぶ傷無の声が遠ざかる…そして、寧人に不思議なことが起こる。

「ネ……ガ……イ…………」
「……カ……ナ…………エ……ル…」
「ナカ……ナイ……デ」

嶋岡:はい。
GM:神社の中から光る欠片が飛んでくる。
梅宮:おおー?
嶋岡:そうだったんだ。そういうシーンだったんだ。
もうひとりの寧人:良かった。これでやっと、僕と傷無の忘れ物を、僕に届けることが出来たよ。ねえ、嶋岡寧人。僕が生き返って、10年まえに死なずに済んで良かったかな?
嶋岡:「ああ、それはもちろん。おかげで、…」と言って、みんなのことを思い浮かべて。「皆に会えた。」
もうひとりの寧人:そっか。良かった。じゃあ、オモイデ様に会ったら、生き返らせてくれてありがとうって、伝えておいてくれるかな。
嶋岡:「ああ。分かったよ。でもさ。」と言って、自分自身の手を取るよ。「お前も俺なんだぜ。だから、一緒に、お礼を言いに行こう。」
GM:それに頷いて。光った後に、消えます。で、静かな空間の中。ふっと顔をあげると、あなたが居ます。
嶋岡:俺?あれかな?同じ姿の俺が居るの?
GM:あなたが居ます。あなたが居ます!あなたが居ます!あなたが居ます!あなたが居ます!
梅宮:沢山いるの!?
GM:えーっとね。その全員が、光って消えて。
宵ヶ崎:怖い怖い怖い。
GM:君の中に消えていきます。うーん、これで石の声が聞こえてもいいかな?
嶋岡:なんて言ってますか?石は。
GM:「俺の、俺たちの無念を晴らしてくれ」
宵ヶ崎:ああー。
嶋岡:えーっと。じゃあ、こう言います。「俺はもう、決して間違えない。皆が居るから」
GM:で、全ての記憶を取り戻したあなたは、ひとつ変なものを見た気がします。
嶋岡:なに?変なのって。
GM:神社の鳥居の影に、黄色いリボンが揺れている。
梅宮:あー、あいつか。
宵ヶ崎:牧島?
嶋岡:黄色いリボン!?
GM:髪の毛に結んであるヤツかな?まあ、紐かもしれませんし。どこかで見たような気がする。
嶋岡:ま、気にしないでおこう。
GM:というところで。
嶋岡:みんなに報告しておくよ。オモイデ様の力で俺は黄泉還ったらしいぞ。
宵ヶ崎:そうだったんだ!
GM:そう。俺が、俺がオモイデ様だ!(笑)
梅宮:ていうか、ジャームに襲われたのも面影島だったっていうのは、初耳だが。
嶋岡:いや、あれはたしか、近所の神社だったはず。
GM:盗んだご神体を、あちこちに配置していたうちの一つですね。うっかり引っかかっちゃった感じで。
宵ヶ崎:完全に偶然。
嶋岡:いや、そんなことは無い。これもプランナーの仕業。
GM:いや、適合したのは偶然だろうけど。ただ、その偶然が起きるまで、何回もやったろうねって話だけど。
深森:その辺にジャームを放って?
二階堂:かも知れないし、目の前ででっかいことを起こすとか、手当たり次第だったかもしれないし。
宵ヶ崎:文字通り、生贄を捧げてたかもしれないし。
二階堂:ジャームに襲わせてたんじゃ、効率が悪いからね。
GM:でですね、さっきのシーンのお蔭で、Dロイス・ハートレスメモリーを使えるようになりました。
一同:おー。(拍手)
宵ヶ崎:どういう効果だっけ?
GM:んーっとね、ロイスひとつを復活させる。
嶋岡:タイタスをロイスに戻します。
GM:ただ、モノがモノなんで、賢者の石とハートレスメモリーの2重の効果が受けられるってことで、どうぞ。
二階堂:やったね!
嶋岡:どういうこと?
GM:両方使って良いよってこと。元のシナリオがそうなってるので。
深森:だからと言って、Dロイスが二つに増えるわけではない。
GM:ですね。このセッションが終わったら、ハートレスメモリーに固定される可能性がありますよ。
宵ヶ崎:あー、そんな気がする。
嶋岡:ま、これで良いんじゃない。

オモイデ様

GM:で、キズナがやって来ます。
宵ヶ崎:(ころころ)5。99!
深森:(ころころ)100ジャスト。
GM:はい!君たちは、長い長い記憶の迷宮で、最後の欠片を見つけた。寧人の持つ賢者の石が、淡い緑の輝きを放つと、周囲に現代の面影島が広がっている。人の姿は無いが、その風景は見慣れた者だった。
宵ヶ崎:おー。
GM:君たちの眼前に、再びキズナが現れた。どこか悲しそうで…そして、以前より明確な意志を持った表情に見える。「オモイデ様には会えたかな?」
嶋岡:いや。
宵ヶ崎:会えてない!そういえば!すっかり忘れてた!
嶋岡:でも、何となく、手がかりは見つけた気分だ。きっとこれで会えると思う。
キズナ:うん、そうだね。その石からつながりを辿って、オモイデ様の心まで行けると思う。
嶋岡:まあ、どんな状況かは分からないが、暴走しているっていうんなら、苦しんでるのかもしれないな。早くなんとかしてやらないと。
キズナ:うん、そうだね。オモイデ様を助けてあげて。
嶋岡:そうだよなー。なんだかんだで、美作先生が悪いヤツなんだよなー。(笑)
キズナ:ねえ、記憶の迷宮は、死んだ人に会うのは、どうだった?
梅宮:申し訳無さ過ぎて…。合わせる顔も無いと思ってたから、何とも言いようがないな…。
宵ヶ崎:何か、寂しかった。
嶋岡:俺の答えはもう決まってる。
GM:ウホッ。
宵ヶ崎:どういうこっちゃねん!!(笑)
嶋岡:俺はこう言いますよ。「俺は、嬉しかったよ。まあ、これは夢の話なのかもしれないけど、霧兄とは最後はあんなことになっちまったから。それでも、そのことをちゃんと言えたのは、嬉しかったと思う。
GM:では、「うん。」と頷く。
宵ヶ崎:PC1が良いこと言ってくれたから、もういいかな!(笑)
嶋岡:しまった!これはもうちょっと、引っ張れば良かったか!(笑)
二階堂:何か言っても良いのよ。
宵ヶ崎:「少しだけ寂しかったけど、本当の事が知れて良かった。」紅ちゃん視点では、本当に忘れていたことを思い出しちゃったので。…
二階堂:言わんぞ!二階堂は真逆のことをするからな!(笑)ごめんよ!!
深森:私は、死んですらいない、会える人は居なかったですけど、言えなかったことを言えて、少し満足しています。それだけです。
GM:じゃあ、そこで言うかな。みやこちゃんへのロイスって持ってましたっけ?
深森:前、タイタスになっちゃいました…。
GM:あ、じゃあ良いです。
嶋岡:みやこちゃんは、Dロイスなのです。(笑)
二階堂:Dロイス・プランナー。新しいわー。(笑)これ以上ないくらいストレンジだわー!
宵ヶ崎:ストレンジすぎるわー。
GM:大丈夫です。これで彼女は、プランナーの力を使えるようになるのですよ!
二階堂:ワーオ。
GM:と言う訳で。「オモイデ様は、ただ泣いてる人を、止めてあげたかっただけなんじゃないかな。寧人君が願えば、この記憶領域の一番深く、オモイデ様の前に行くことが出来るよ。そこでなら、オモイデ様の暴走を止めることができる。ただ、気を付けて。寧人君はオモイデ様の力と融合している。それは、オモイデ様に働きかける、ってだけじゃなくて、オモイデ様に取り込まれる可能性があるってことなの。オモイデ様はものすごく協力な存在だから、飲み込まれちゃう危険性がある。私は今の状態のオモイデ様の前には、付いて行けない。会った瞬間に、取り込まれちゃう。」
嶋岡:ほうほう。
キズナ:だから、紅さん。あなたの力が必要なの。
宵ヶ崎:へ?
二階堂:対抗種!
キズナ:対抗種の力は、オモイデ様の力でさえ抑制することができる。紅さん、寧人君を守ってあげて。私にはできないから。
宵ヶ崎:分かった。任せろ。
キズナ:寧人君と、紅さんの両方の力がないと、オモイデ様を止めることは出来ない。それに、みんなの力が。ここで見たことを、思い出して…オモイデ様をどう思うか、考えてみて。オモイデ様は、人の想いに惹かれる。みんなの力があれば、暴走を止めやすくなるはずだよ。気を付けて。
宵ヶ崎:つまり、オモイデ様にロイスを取れと?そういうことじゃないか。
嶋岡:もう、ロイス枠がありません…。(笑)
宵ヶ崎:ですよねー!!フルに埋まってまーす!(笑)
二階堂:ちょっと、思った…。オモイデ様と寧人君にロイスを残しておくべきだったかと…。
GM:確かに、そうだと書いてある。
梅宮:今更感すごいわ。(笑)
GM:ガンバレ!
嶋岡:宵ヶ崎。みんな。悪いが、力を貸してくれ。みんなの力がないと、この異変は止められないらしい。
二階堂:当然!
梅宮:当然だ。
宵ヶ崎:ここで、円陣やりましょう!

というわけで、円陣組んでみるのだった。嶋岡「みんなで必ず、オモイデ様を助けよう!」こんな感じだったとおもう。

f:id:Coboler:20160524221818p:plain

GM:うん。やっぱり。2部制にするべきだった気がする。(この時、けっこう時間が押していたため、GMはクライマックス戦闘は日を改めて行いたかったようだ…。)
宵ヶ崎:というわけで、オモイデ様のところに!
GM:じゃあ、「気を付けてね。」と言われます。オモイデ様のところに行こうとする意志に応えるように、何もなかった空間にひとつの扉が出現して開かれていく。「それじゃ、気を付けて。」キズナはそう言って、姿を消した。扉の向こうでは、真っ白な空間と、淡い緑の輝きを放つ光の塊が君たちを待っていた。あの輝きが、オモイデ様なのだろう。
嶋岡:ゆっくりと、近づいていきますよ。
宵ヶ崎:では、嶋岡の隣に、しっかり付いて行きます。
美作:おっと、それ以上近づいてもらっては困ります。止まって下さい。
梅宮:出よった!
宵ヶ崎:出たな!
GM慇懃無礼な物言い。声のした方を振り返ると、そこには美作重陽が酷薄な笑みを浮かべて立っていた。
宵ヶ崎:この不届きものめが。その口を…えーっと、どうしよう。(笑)
二階堂:分かった、分かった。まだ、重陽さんは言いたいことがあるから!(笑)
GM:いえ、私が言いたいことはただ一つ。次回、クライマックスフェイズです!

クライマックスフェイズ

GM:うん、確かに色々失敗してるわー。1回読んだつもりだったんだけどなー。オモイデ様にロイスを持っているPCの数一人につき、達成値が-5されるって書いてあるんだけど…。
梅宮:おーい!知らんぞー!(笑)
GM:目標値はRCで30って言うけど!まあ大丈夫だね!
嶋岡:30!?いや、困ったな…。
GM:大丈夫!妖精の手がある!
嶋岡:そうか。
GM:賢者の石もある!
嶋岡:あー…そうか。石使うしかないか。
二階堂:あー、そうね…。とりあえずまあ、頑張ろう。みんなで生還しようぜ。
GM:まあ、この編成なら大丈夫な気がする。
嶋岡:ちなみに、オモイデ様を止める判定は、重陽を倒してからの話?戦闘と平行?
GM:えーと、PCを1エンゲージとし、そこから5メートルの場所。同時にオモイデ様の暴走を止める判定。
嶋岡:じゃあ、別々にやるってことだな。
GM:3ターン目のクリンナッププロセスまでに、暴走を止めなければならない。
二階堂:具体的でした!(笑)まあ、大丈夫大丈夫!
GM重陽は、強いんだか弱いんだか、良く分からないデータです。
宵ヶ崎:とりあえず、あれだ。達成値でぶん殴ります。
GM:(机の上にフィギュアを置きつつ)金髪巨乳の嫁、メアリーさんです。
梅宮:ちちがでかい!!
GM:それで嫁になったような女の子です。
宵ヶ崎:本当だ!胸がでかい!
GM:金髪巨乳!人、それを正義と言う!
嶋岡:じゃ、とりあえず何だろう。美作先生の最後のセリフを待ってるよ。
GM:オモイデ様の最深部、純白の部屋の中で、君たちは美作と対峙していた。不敵な笑みを浮かべる美作。その手には賢者の石が不気味な輝きを放ち、すさまじい重圧感が君たちを襲う。
梅宮:プレッシャー…。
GM:「よくここまで辿り着きましたね。見事と言わせてもらいましょうか。」美作が、嗜虐的な笑みを浮かべた。「私の目的は、オモイデ様に人間の記憶を食わせること。これにより、オモイデ様というレネゲイドビーイングは、より強力になる。ふふ、本来なら昏睡状態で放置していれば、君たちオーヴァードといえど、自我が崩壊し、飲み込まれる。そうなるのが、一番手間がかからなかったんですがね。」
宵ヶ崎:ふんふん。
GM:「私自身も、オモイデ様に飲み込まれますが、それが任務です。不満などありません。ここまで直接やって来るとは…」(卓がざわつき始める)
二階堂:(美作の駒を指さした手を上下させる)
梅宮:ちょ!ちょ!ちょっと待って!今の面白かった!写真撮らせて!(笑)
二階堂:こいつが、アイコン的なやつなら、今これが話してるんだなと思って。(笑)

こんな写真が撮れました。電源のRPGで、よくあるやつですな。分かる分かる。

f:id:Coboler:20160525221413p:plain

嶋岡:えーっと…。(笑)
美作:まあ良いでしょう!私に倒され、オモイデ様に飲み込まれるが良い。あのキズナという少女だけならば、ここまではたどり着けなかった。全ての鍵は、寧人君。君のようですね。やはり、君の賢者の石は、オモイデ様の一部だったのですね。10年前にプランによってばら撒かれた、オモイデ様の欠片。まさか、適合者が居るとは。
嶋岡:あれ、そうなの?
二階堂:一人だけだったんや!
嶋岡:というかむしろ、ファルスハーツも把握してなかったんだ。
GM:うん。
宵ヶ崎:プランナーだけが把握してたとか?
嶋岡:その可能性が高いな!それはさておき。
GM:「それもまた、プランのうちなのでしょうね!」と、自己完結する。(笑)私は知らされていなかった!がーん!
嶋岡:うーん。先生、悪いけど、俺たちの日常を守るために、先生を止めさせてもらう。こっち側に先生が居なかったのは、とても残念だけど。
美作:それは、非常に困ります。
嶋岡:どういう意味で?
GM:え。そのままの意味で。「私は、プランナーのプランを進めなければいけません。ところで、紅くん。」
宵ヶ崎:はい?
美作:君は大変優秀だ。
宵ヶ崎:優秀?
美作:ファルスハーツに来る意思はありませんか?
宵ヶ崎:…どの面下げて言いに来た?
GM:(美作の満面の笑みが描かれた挿絵を見せながら)この面ですよ!!(笑)
梅宮:ニッコー!!(笑)
宵ヶ崎:私の経歴を知っての事か!(笑)
美作:あなたの敵のことを教えましょう。
梅宮:ほう?
宵ヶ崎:つまり、誰が父親を殺したかを教えてあげるよ、的なことですか?いや、私なんですけどね!(笑)つまり、誰が襲撃したかってことですか?
GM:まあ、本当に訊かれると、データ作成してないから、困るんですけどね!(笑)
梅宮:は、はい…。
宵ヶ崎:というか、ファルスハーツになんか行きませんよ!何て答えようかなー。「ちなみに支部長、私がファルスハーツに付くと言ったら、どうします?」
GM:その発想は無かった!
深森:いやです…。(笑)
宵ヶ崎:「とのことです!(笑)私の仲間が駄目だと言ってるので、駄目ですね!」にこっと。
美作:そうですか。あくまで敵対すると。ならば仕方ありません。君は貴重な存在ですが、邪魔をするとあらば、排除させて頂きます。
宵ヶ崎:「排除されるのは、どっちかな?」と言って、銃を構えますが。
GM:支部長に向かって。「来ましたね、UGN。本当に諦めの悪い方々だ。」あ、私はあなたがプランナーだと知りませんので!(笑)「今までは事件を解決してこれましたが、今回は無理ですよ。私が動いたのですから。格の違いというものを見せてあげますよ。」
深森:えっと、なんて言おう…。
梅宮:あっそー。ふふん!
嶋岡:そう。この私こそ、次のマスターレイスと呼ばれた…
梅宮:ハァ!?勝手なことを!(笑)
GM:いやいやいや!
宵ヶ崎:負けフラグっす、そういう事を言うのは…。
GM:「メイカーとは、マスターに次ぐ位階。」そうなの?
二階堂:知らなかった。
GM:いや、俺も知らなかった。(笑)で、④⑤に対しては。「しかし、警察ごときがちょろちょろと。二人とも鬱陶しいですね。」
梅宮:はいはい、分かりましたよ。(笑)
GM:「目障りです。ここで死になさい。」もうちょっと何かないですか?寂しいです!(笑)
二階堂:じゃあ、「いきなりここに来て、まだ考えがばらばらだし、正直僕だって怖い。けれども、僕の年下の子たちが頑張ってるんだ。僕たちだって負けていられない。」
GM:素晴らしい。
梅宮:特別なセリフは、三下のためには使わないんだ。と言う訳で、お前を倒すぜ。(何かセリフを用意していたらしい)
GM:私が三下ですと!?(笑)
宵ヶ崎:嶋岡ー。今のうちに訊いておこうか。私がファルスハーツに付いたらどうする?
嶋岡:そうだな。殴って止める。殴って連れ戻すかな。
宵ヶ崎:やっぱりファルスハーツに付いたらだめだな!お前に殴られたら死にそう。(笑)
GM:とりあえず、クライマックスの状況を説明します!PC1がオモイデ様を止める行動を行った際、PC2はPC1の傍、同じエンゲージに居る必要があるそうです!
梅宮:なんぞ!?
宵ヶ崎:ああ、つまりファンアウトで動けば良いわけだね。
嶋岡:そっすね。
宵ヶ崎:オモイデ様ってどれだ。
GM:ちょうどいいクリスタルっぽい何かはありますか?あ、その目薬で良いですよ。(机の上に置いてあった、PC2のサンテ40プラスを、美作の駒の後ろに置く)
宵ヶ崎:いや、良いけど!(笑)目薬がオモイデ様です!何だコレ。
深森:美作が、この後ろに居るってことですよね?
GM:同一エンゲージで良いと思うんですけど…。やっぱエンゲージしてるのか。光背!!
二階堂:ああ、美作に後光が差してるイメージ。
宵ヶ崎:いやだな。後光が差してる美作。
梅宮:駄目だ!こいつは逆光で写真が撮れない!(笑)
嶋岡:じゃあ、衝動判定ですね。
宵ヶ崎:(ころころ)8!でも成功してるー!
嶋岡:(ころころ)回ったから大丈夫。
深森:(ころころ)成功!
二階堂:はい。成功したよ!
梅宮:3dだ。ほっ!(ころころ)失敗した!!でもマイナーアクション使わないからOK!でも先に攻撃来たら駄目だな!

続く。