読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cobolerのリプレイ置き場

趣味のテープ起こしを活かした、TRPGのリプレイ置き場でございます。

UPされた記事はいつ書き直されてもおかしくない状態で公開されています。 あと、記事を上書きで更新することが多いです

ハートレスメモリー「Heartless Memory ハートレスメモリー」 その4

NPCのセリフの中に、どこからコピペしたのかがモロバレな単語が混じっていた。死にたい。PC1=サン、ご指摘ありがとうございました。

六白神無

嶋岡:じゃあ、出ますね。トォー。(ころころ)5。
GM:神無ちゃんツンデレ!!
嶋岡:え、ツンデレっていうか、ヤンデレでしょう?(笑)
GM:まあ、ヤンデレだったけど。
二階堂:病んでたねぇ…。
GM:六白家、神無の家だ。ドアを開けると、玄関ではなく直接神無の部屋になる。
嶋岡:おお?(笑)
GM:六白家。ドアを開けると、玄関ではなく、直接神無の部屋になる。構造としてはおかしいが、ここではそういうものらしい。部屋はおどろくほど殺風景だ。簡素なベッドと机。机の上には写真立てがあり、幼い寧人の写った写真が置いてある。写真の中の、寧人の隣には誰かが立っているが、その顔はマジックで真っ黒に塗りつぶされている。
嶋岡:まあね!(笑)
梅宮:誰!?
深森:多分、傷無ちゃん…。
GM:これはむしろ、カッターナイフで切りつけた方が俺の趣味に合うんだけど、まあいいや。
宵ヶ崎:病んどる病んどる。
GM:ベッドに腰掛けた神無は、力なく俯いている。
嶋岡:じゃあ、近づくかな。「お邪魔します。」と言って。
神無:…わたしに何か用かな?
嶋岡:じゃあ、ベッドの横にドスンと腰を落として。無言で頭をクシャクシャしますよ。
GM:はい。
梅宮:刺されやしないか心配だから、後から付いて行こう。(ころころ)6。
嶋岡:ハハハ!(笑)
GM:で、なんか言います?
嶋岡:あー、そうだな。こう言うかな。「こういう時、なんていえば良いのか分からんが…」
神無:…私も、どんな顔したらいいのかわからないよ。
宵ヶ崎:笑えば良いんじゃない?(笑)
GM:じゃあ、嘲笑います!
嶋岡:嘲笑われた!(笑)
二階堂:待って待って!(笑)
嶋岡:まあ、そうだな。「神無が落ち込んでいると困る。お前はいつも笑っているから、いつも通り笑ってくれ…っていうのは無理か。」
GM:「うん、そうだね。」と言って、力なく笑います。「オモイデ様に会いたいの?」
嶋岡:まあ、それもあるけど、多分、もう1度君に謝りたくて来たんだと思う。半分はね。
神無:…じゃあ。いいよ。そうしたら、私も謝らないといけないじゃない。
宵ヶ崎:謝るって?嘘ついたから?
GMヤンデレしたから。
梅宮:ですねー。容赦なくシーン攻撃を食らった記憶がある。(笑)
二階堂:自覚があるんですね、この子!(笑)
GM:当然あるよ。
宵ヶ崎:当然あるのか。ってことは、何度も死んだ記憶も?
嶋岡:そうか、当然あるんだよな。そこでふと気づいたように言うよ。「じゃあやっぱり、神無は神無なんだな。」
神無:…そうだね。私は、六白神無。
嶋岡:「そっか。じゃあ、俺の大切な、…大切な人の、六白神無なんだな。」と言って笑いますよ。
宵ヶ崎:そうか。神無個人として認めたのか。
嶋岡:うん。そう思ってるよ。
神無:嘘。
嶋岡:いや、嘘じゃないけど!?
神無:私は神無。傷無じゃないよ。
嶋岡:うん、そうだな。何言ってるんだ。当たり前だろ、そんなの。でもさ、面影島で出会ったのは、傷無じゃなくてお前だぜ。
GM:「うん」と言って…いやこれ、セッションの枠を通り越して、落とされそうで…。(笑)
嶋岡:来いよ!!来いよベネット。かかって来いよ!(笑)
GM:かかれるわけねーだろ!シナリオの進行を何だと思ってるんだ!(笑)
梅宮:さすがPC1…。
嶋岡:シナリオの進行なんか知らない!かかって来いよ!(笑)
二階堂:ええんやで!落ちてもええんやで!(笑)
GM:いや、ここでは落ちられない!一応、シナリオに書いてあることも大事にしたい!じゃあ、そこで気が付きますね。「それ、オモイデ様の欠片?」
嶋岡:ああ、二つ持ってるので。二つが周りをまわっているよ。
GM:PC1の周りをふよふよ回ってるっぽいので。
嶋岡:ああ、みたいだな。これを集めたら、この島をどうにかできるらしい。
神無:寧人君は、オモイデ様と同じ力を持ってるんでしょ?小春ちゃんがそう言ってた。でも、寧人君のその石には、なにか足りないの。それが知識なのか、他のものなのかはわからないけど。それで、その石がちゃんとしたら、オモイデ様にも繋がるんだと思う。
嶋岡:何が足りないんだろう。そっかー。
神無:その石は、オモイデ様の欠片みたいなものなのかな。ふふ、何かが足りないなんて、私みたいだね…。私も足りないものを手に入れて本物になれればよかったのにな…。
嶋岡:それは…
神無:わたしはニセモノだもの、お兄ちゃんもそう言ってたでしょ?寧人君だって、本当はそう思ってるんでしょ?
深森:あの…神無さん。ニセモノって言われて、辛いのは分かります。私も、少し前に言われましたから。でも、だからって、嶋岡さんの言った気持ちを捻じ曲げないでください。お願いします。
GM:この泥棒猫!!
宵ヶ崎:そうだった!泥棒猫だったこいつ!(笑)
深森:えええー!いや、そういうつもりで言ったんじゃないんですけどー!(笑)
二階堂:まあ、よくあるよくある…。
GM:まあ、ニセモノと言えば引っかかると思うし、良い返しだったと思いますよ。ただ、神無としては、「この泥棒猫!」とせざるを得ない。(笑)
二階堂:多分、PC1に近づく異性は全部敵なんだよ。
GM:あなたも、寧人君のことが好きなんでしょう!?
宵ヶ崎:全然興味ない…。
GM:それ、PCじゃなくてプレイヤーの返しな!(笑)
嶋岡:いや、まあ、うん。神無本人に対して、本物も偽物もないだろう。
GM:「…いいよ、もう、行きなよ。あの幽霊みたいな、本物の傷無が待ってるよ。」幽霊みたいなキズナが、こっち来ーいこっち来ーいって手を振ってます。画面端で。(笑)
嶋岡:じゃあ、残りの要件の半分だけ伝えてから行くわ。霧兄がお前のこと、気にしてたぞ。それから、お前のこと頼むって、言ってた。
神無:お兄ちゃんが。
嶋岡:まあ、一応、謝ってたってことだけ、覚えておいてくれ。まあ、すぐには許せないと思うけど。
GM:じゃあ、彼女は後ろを向きます。
嶋岡:じゃあ、最後に頭を撫でて。「また会いに来るから。」と言って、去って行く。
宵ヶ崎:また会いに来れるのか?
二階堂:そこはそこで…。
嶋岡:まあ、それはそれだ。(笑)
GM:ってところでシーンを切る。ではそろそろ、傷無さんに会いに行きますかー。それとも何か、別なシーン入れます?

宵ヶ崎紫乃

宵ヶ崎:父親は、オープニングで実質会ってますよね。じゃあ、そっちは最終話に回すとして、というわけで、宵ヶ崎紫乃にロイスを取ります。(つまり、PC2の育ての親の叔父さんである。)
GM:紫乃か。そうですねー。
宵ヶ崎:感情は、ネガティブ:謝罪。マジで謝罪しかねーわ!ポジティブは感謝にしておこう。
深森:どっちにしても、謝るの字が入ってますね…。
宵ヶ崎:本当だ!で、進んでいくと、
GM:叔父さんがいるよ。
宵ヶ崎:叔父さん、一体どこに居るんだろう?
GM:じゃあ、茶の間でお茶飲んでる。
宵ヶ崎:茶の間?普通に家か。どうしようかな。とりあえず、そのまま彼の前に座りますよ。
GM:では、「うん」と言って頷く。
宵ヶ崎:思い出しました。父がどうして死んだか。
紫乃叔父さん:あいつはお前のことを、ずっと死の間際まで心配していた。
宵ヶ崎:悪いのは私なんですけどね。
紫乃叔父さん:違う。研究所を襲った奴だ!
宵ヶ崎:うん、確かにそうだね!
梅宮:間違いない。
二階堂:せやな!
宵ヶ崎:さっき新しい設定が生えましたけど、私、もともと対抗種に感染してたんですね。
GM:頷く。
宵ヶ崎:この辺は今作られた設定だから、突っ込まずにおくか。…紅ちゃんをここに送り出したのは、霧谷さんじゃないっていう話があったじゃないですか。それってもしかして、この叔父さんだったりします?
GM:違います。それは実はですね、あなたの隣に居る人物です。
深森:ハハハ…。
梅宮:こいつか。
宵ヶ崎:ああ、そうか…プランナーその②か。じゃあ、「今まで私を責めませんでしたね。」
紫乃叔父さん:なぜ、責める必要がある?
宵ヶ崎:叔父さんから見て、私は、あなたの兄の敵(かたき)ですよ?
紫乃叔父さん:私の視点から見れば、お前は兄の娘だ。
宵ヶ崎:ぐう。「…怒ってますか?」
紫乃叔父さん:少し。…なあ、紅。
宵ヶ崎:はい。
紫乃叔父さん:お前、バカなの?
一同:ハハハ!(笑)
二階堂:良いんじゃね?(笑)
宵ヶ崎:その位の言葉は引き出したかった!正直、良かった!(笑)紅ちゃんは、「え?」位に思ってます。
GM:じゃあ、がしりと頭を持って。シェイクされます。
宵ヶ崎:うげー!今日は、何か厄日だ!(笑)
紫乃叔父さん:つまらんことを考えるな!お前は、自分が幸せになることだけを考えてれば良いんだ。
宵ヶ崎:頭をさすりながら。「何か、今日はみんなに似たような事を言われる日な気がします。」
紫乃叔父さん:そうか。良い仲間を持ったな。
宵ヶ崎:良い叔父さんも持ちました!
紫乃叔父さん:ひとつ頷いて、「そっちは大変なようだが、現状、救援が追いつくかどうかは微妙なところだ。」
宵ヶ崎:そこまで把握してるんだ。叔父さんすごい!
紫乃叔父さん:今、霧谷さんがそちらに向かおうとしている。
宵ヶ崎:マジでか!?
嶋岡:ハハハ!コラー!(笑)
GM:ええ、だってシナリオに書いてあるんだもん!(笑)
梅宮:来るのか、本人!(笑)
二階堂:重鎮が出てきた!
GM:ああうん、本人が行くらしい!
嶋岡:結構あの人、フットワーク軽いからなー!
深森:まあ、プランナーが出てくるんなら、日本支部長対日本支部長というか。
GM:概ね合ってる。
宵ヶ崎:状況から考えると、間に合うかは微妙そうですね。ちなみに、叔父さんは来れそう?
嶋岡:いやー、ちょっと…(笑)
宵ヶ崎:無理っすよね!
紫乃叔父さん:実は、霧谷さんの後を頼まれている。
宵ヶ崎:まあ、何人かの支部長に頼んでるんだろうな。「じゃあ、分かりました。では、島の事は、私たちに任せて下さい。」と言って、スカートを払って立ち上がる。「行ってきます。」
嶋岡:じゃ、こう言います。「行ってらっしゃい。ああ、そうそう紅ちゃん。幸せにおなり。」
宵ヶ崎:あなたもですよ。
梅宮NPCをジャックしたー!(笑)
宵ヶ崎:ありがとうございます!よっしゃー!叔父さんと会話できた!紅ちゃんはこの話で後腐れない!
二階堂:よっしゃー!伏線回収ー!
GM:ほんじゃあ、傷無タンに会いに行きますか。
宵ヶ崎:ハイ。

六白傷無

嶋岡:どっちの傷無?漢字の方?
GM:漢字の方。
嶋岡:漢字の方?じゃあ、メモリー取りますわー。
GM:じゃあ、取っちゃってください。
嶋岡:経験点を使います。(と言って、セッションシートをGMに渡す)
GM:ちょうど15点か。はい。例によって、不意に視界が変化いたします。面影島の外れ。目の前には、一件の家がある。寧人は見覚えがある、昔、六白傷無が住んでいた家だ。家の前には少女が立っている。
嶋岡:どんな感じのですか?10年前の姿ですか?
GMキズナ、神無と同じ顔…年齢は2歳ほど下だろうか。けれど確かに同じ人物に見える。六白傷無。2年前に死んだ、あなたの幼なじみだ。
嶋岡:じゃあ、「傷無なのか。」と言う風に、一応声を掛けてみよう。
傷無:うん。六白傷無です。なんだか、わたしがいっぱいいて混乱しちゃうけど、このわたしは、2年前に死んじゃった、六白傷無。お兄ちゃんとか、神無ちゃん…もうひとりのわたしが、色々、ごめんね。
嶋岡:いやまあ…。
宵ヶ崎:ややこしいなぁ。
GM:「わたしが、こんなふうに分かれたのはね、2年前に、病気で死んで、それで、お兄ちゃんが、わたしを連れて、この面影島に来たとき、その時、わたしの身体の中に、まだ命が…いや、別に寧人くんが何かしたとかそういう意味じゃなくてね?…完全に死亡してない状態の、レネゲイドウィルスが残ってたんだ。そのレネゲイドウィルスは、多分10年前のあの時に、寧人くんの血がわたしの中に入って…それで、受け継いだもの。だからかな…身体はもう死んでたんだけど、そこに、オモイデ様が干渉してきた時に、わたしの中のレネゲイドが、オモイデ様の一部と融合した。それで生まれたのが、幽霊みたいなわたし。そして、神無は、お兄ちゃんが、私の黄泉還りを願った結果、生まれた存在。でも、同時にひとりの人がふたり黄泉還ることはない…だからかな、神無にはいくつかの記憶が欠けてて、…お兄ちゃんも、神無も失敗だって思って…あんな風に。」悲しそうな顔になる傷無。顔芸ではありません。
嶋岡:はい。(笑)
宵ヶ崎:うーん。
GM:その手から、淡い緑の、ホタルのような光が浮かび上がった。
嶋岡:それだったら、えーっと。きーちゃんが謝る必要はないよ。今の話を総合すると、どっちかって言うと、俺が悪い気がせんでもない!(笑)
宵ヶ崎:いや、多分お前も悪くない。(笑)
二階堂:つまりは不可抗力?
宵ヶ崎:多分、ジャームが一番悪い!
嶋岡:あの人もね、可哀想な人なんですよ。
梅宮:大方それも、プランナーの仕業だ…。
GM:「神無の記憶はかけている。でも、わたしもそう…あのキズナもそう。わたしたちは、ちょっとしたボタンの掛け違いみたいなもので、バラバラになってしまったんだよ。これを、神無に届けてあげて。そうすれば、わたしたちの記憶や想いが繋がって、欠落が補えるから。ただあの子…神無は、自分が偽物だって、そう思って、傷ついてるから。だから、他の欠片…他の人の記憶にある、全部の"オモイデ様の欠片"を集めてからじゃないと話をちゃんと聞いてくれないと思う…あの子を、わたしを、助けてあげて。そして、あの子は「偽物なんかじゃない」って…全部、みんな、本当のわたしだって、伝えてあげて。」全てやった後だけど。(笑)
宵ヶ崎:ああ、それで。それでさっきの言葉で落ちなかったのか。
二階堂:なるほど。
嶋岡:じゃあ、傷無の頭を撫でて。「やっぱり、きーちゃんはきーちゃんだな。優しい、昔のきーちゃんのままだ。」
傷無:寧人君は昔のまま。ううん、ちょっと危なっかしいかな。
嶋岡:「大丈夫だ。」と言って、後ろを振り返ります。「皆が居る。俺一人じゃないから。皆が居るから、俺は大丈夫。」
GM:じゃあ、それに頷いて。「寧人君は、私が好き?」
梅宮:直球ストレートに…。
嶋岡:ああ、それは「何を言ってるんだ。」みたいな顔をするけど。頷いて。「うん、もちろん好きに決まってるだろう。」と返しますけど。
傷無:どの私が一番好きなのかな?
宵ヶ崎:マジで?(笑)
GM:だって、近いことが書いてあるんだもん。いたずらっぽい笑顔を浮かべて。
嶋岡:ああー。そう言われると、ああ、そういう意味なんだな。と初めて気づきますよ。(笑)
GM:泥棒猫のポーズ!(「鬼女が見張っています」的なポーズを取る)
嶋岡:ああー、そう言われると、頭を掻きながら困るけど。(笑)
GM:困ってます?
嶋岡:困ってます。
GM:「ふふっ。」と言って、視界が揺らぎ、消えていきます。最後に、かつての声がする。「さよなら寧人君。会えてうれしかったよ。」
嶋岡:ああ。俺も、お見舞いに行けずにごめん。
傷無:良いよ。一番大事な時に、来てくれたから。
嶋岡:うん。後は、神無に欠片を持って行くと、次のシーンに進んで行ったりするんだろうなー。

牧島の介入

GM:あとは、神無、PC1。の前に、牧島が介入しに来るよ。
梅宮:来よった。
宵ヶ崎:牧島!これ、誰が出るべき?
GM:いや、誰が出なくても良いよ。全員の前に来る。
嶋岡:どういう登場なんですか?
GM:えっとですねー。展望台ですね。夜の展望台ですね。
宵ヶ崎:踊ってる?
GM:そこにあなた方は居るんですが、空が割れます。
二階堂:はっ!?
宵ヶ崎:ひゅー、ドカーン。
嶋岡:避けます!(笑)
GM:避けないと当たるよ!「ごめん、どいてどいてー!」って言う。
深森:え?誰ですかあなた!
GM:いや、牧やんは牧やんなんですけどね。黒いスーツに赤いネクタイ、長髪を黄色いリボンでまとめた男が落ちてきます。「あー、えーっと、ここ、面影島かなぁ。」
梅宮:(吐き捨てるように)そうだよ。
宵ヶ崎:ここは面影島だよ!
牧島:初めまして。牧島武といいます。
梅宮:「初めましてもクソもねーだろてめえ!」と言って、胸倉を掴む。
牧島:はい?
二階堂:龍子さん、落ち着いて落ち着いて!(笑)
牧島:ひょっとして、会ったことがある?
宵ヶ崎:今、留置場に居ると思いますよ。駐在所の。
牧島:へー、だったら良い目が出そうかな。
宵ヶ崎:サイコロ的に?良い目?
牧島:えーっと、離してくれませんか。タップタップ。
梅宮:「はあ。」と言って離すか。
嶋岡:えーっと、俺たちと面識ありますよね?
牧島:ほうほう。そりゃあ、都合が良いなぁ。
嶋岡:プレイヤーはどういう事か分かってるけど、キャラクターは何が起こってるか、よく分かっていません。(笑)
深森:何か、初対面っぽい言動ですよね?
牧島:えーっと、うん。本題から行こうか。君たちに頼みがあってここに来たんだけど。ひとつ頼まれてやってくれないかな?
嶋岡:内容によりますねー。
宵ヶ崎:報酬にもよりますね。
嶋岡:いや、報酬は!(笑)
牧島:すまんが、報酬は出せない…?
宵ヶ崎:なんか、牧島さんが前言ってたことを言い返してみたんだけど。
牧島:俺だって、こっちの通貨持ってないもん。
梅宮:とか言いよる…。で、何なんだよ?
牧島:女の子、3人ばかり助けてやってくれないかなー。
宵ヶ崎:何か、前に、似たようなことを言われたような!?
嶋岡:ハハハ!(笑)
宵ヶ崎:その、内訳は?
牧島:えっとー。直接言うより…こっちに、源田って子、居ない?
梅宮:源田ぁ!?
牧島:あいつに話を聞いた方が話が早い気がするんだが…まあいいや。どこに居るのか分かんないし。
二階堂:源田さんにロイスを結べということかと思った。
嶋岡:まあ、そうなんだろうけど。皆、枠は大丈夫?
二階堂:ひとつは空いてますから!取りますよ!(笑)
牧島:多分、名前は間違ってないから、そのまま言うけど。小鳥遊小夜。面影小春。面影冬日の3人さ。
宵ヶ崎:その3人?
嶋岡:そうか。その3人か。良かった。まあ、良くは無いけど良かった。プレイヤーの想像と違ってたから良かった。「ていうか、助けるってどういうことですか?ここは記憶の中なんですよね。」
牧島:うん。てことは、俺がここで君たちと契約して、後の準備をしてきたってことなんだろうけど。
嶋岡:うーん。牧島さんが言ってることの、半分もよく分からないぞ。(笑)
牧島:多分今、その子たち、死んでるよね。
宵ヶ崎:死んでます。
嶋岡:死んでないよ!?生きてるよ!(笑)
GM:死んでますよ!君たちのPC視点では!「まあ詳しい話は5話の冒頭でするとして…YESかNOかで応えてほしいなぁ。」
嶋岡:待って。それはどういう意味ですか?もしかして、現実のあいつらは生きてるってことですか?
牧島:うーん、死んでる、ともいえる。むしろ、死んでない方がおかしいんだけど。
二階堂:そうなんですが、あなたの言葉を聞くと、何かしらあるのかと、勘ぐらざるを得ない。
宵ヶ崎:もう少し、話を聞かせて下さい。
牧島:どこから話そうか。はい!俺、異世界から来ました!
深森:あの…
宵ヶ崎:よし!次に進みましょう!(笑)
梅宮:ちょっと待てよ…。
二階堂:龍子さん!龍子さん!待って!(笑)
牧島:その変わらない対応が、逆に嬉しい!(笑)
梅宮:もう既にハッパ、キマってるんだろうがテメェ!!(笑)
牧島:あれ!?あれ、何でそのこともバレてるの!?(笑)
嶋岡:待って待って。龍子さん。二人がかりで止めるよ!(笑)
牧島:うーん、龍子さんみたいな人とお知り合いで。
宵ヶ崎:?????(ハテナマークの数だけ「クエスチョン」と言っておられました)
二階堂:まあ、それはそれで。
嶋岡:異世界云々は置いといて。
牧島:あのー、その話を納得なり何なりしてくれないと、先に進めないというか…。
宵ヶ崎:異世界から来たことだけは、納得します。
深森:私の顔を見て、なんか思い出したりしますか?
牧島:え、どっち?
嶋岡:ああー、二人いるからねぇ…。片方はお得意様でしょう?(笑)
GM:「え、何、君、まさらちゃん?」と言って、ほっぺを縦縦横横に伸ばす。(笑)
深森:ふえぇぇぇ~!
牧島:へー、スゲーな。この子が生きてるのか、この世界。
宵ヶ崎:あっちの世界では、何が起こってるんですか。異世界とやらでは。
牧島:異世界と言うか、俺は異世界から来たんだけど。平行世界から来たとも言えるので…。何とも。
嶋岡:その辺は、俺たちが聞いた方がいいのか。じゃあ一応訊こう。
宵ヶ崎:はい、じゃあ「かくしか」でお願いします!
牧島:「かくしか」で、箇条書きで説明します。僕、異世界からやって来ました。で、まあ、何でしょうね。異世界で、PC4をやってました。
一同:ああ~…。
牧島:で、うっかりPC1の野郎が自律判定に失敗しまして。
宵ヶ崎:え、つまりバックトラック?
牧島:うん。まあ、賽の目が悪かったんだろうね。言った行動は何一つ悪くなかったんだけど、うん。最後に失敗して、ジャーム化しまして。世界がわりと、半分くらい崩壊しました。
深森:えー!!?
牧島:まあ、全壊しなかっただけ、人類よくやったって感じなんだけど。
二階堂:せやな。(笑)
GM:「で、無駄な死人がいっぱい出るじゃない。ちょっとでも助けられないかなーと思って、そういう彼女たちが、生きていられる世界がひとつくらいあっても良いんじゃないかなーと思って。色々要らんことをしてみて。そういう感じです。以上。」自分でも何言ってるのか、良く分かんない様子ですが。
深森:で、さっきの頼み事と何の関連が?
牧島:うん。色々腹立つから、彼女たち、サクッと救ってやってくんね?
嶋岡:いや、救えるんなら、救うけど。むしろ、やらせてくれって感じなんだけど。
牧島:良いの?
宵ヶ崎:良いの、とは。
牧島:しんどいことになるぜ?
嶋岡:「えーっと、牧島さん。多分、その世界をエラいことにしたのって、俺だよね。じゃあ、向こうの俺ならどう言うか、もちろん分かってるよね。」と言って、にっこり笑う。
牧島:うん、まあ実は知ってる。君がそう言う事は。(笑)けど、イカサマ臭くて、申し訳なくてね…。
嶋岡:いや、良いんじゃないですか?どんな形であれ、小鳥遊や面影姉妹が、生きていける、命をつなげるなら、俺がちょっとばかり苦労するのは全然問題ないよ。
牧島:うーん、PCももちろん苦労するんだけど、プレイヤーが苦労するんだな、これが。
宵ヶ崎:え、まだ苦労する事って、ありましたっけ?
牧島:基本的なことは、俺がそろえて、整えて、君たちの前に出すだけなんだけど。まあ、難易度の両替的な。
嶋岡:あー。
牧島:ぶっちゃけると、プランナーが強くなるんだけど、良い?
嶋岡:まあ、それはしょうがないね。YESしかないな。
梅宮:仕方がねえなー。
宵ヶ崎:私は、YESで。
深森:私もYESで。
二階堂:はい。(笑)うーん、そうですねー。
GM:4枠、大丈夫?生きて間宮さんに会えなくなるかもしれないよ。
二階堂:うーん。あの人、居ないと死んじゃうからなー。(笑)
宵ヶ崎:間宮さんは、二階堂が居ないとジャーム化して死んじゃう。(笑)
二階堂天元突破するんだよ、あの人。ストッパーが居ないと。しかしまー。乗りかかった舟だから、やりますか。プレイヤーとしては、そんな感じです。PC的には、「まあ、あれだ。こんなにたくさん、不安なことがあったんだから、ズルくらいして、幸せになっても良いじゃない?はい。行きましょう。」
牧島:じゃあ、俺のイカサマに付き合ってくれるのかな?
二階堂:おう!
牧島:OK、OK。バカ過ぎてみんな、大好きだよ。
嶋岡:それだったらこう言いますよ。「それはこっちのセリフですよ。牧島さん、不思議な人だなー。と思ったら、不思議な人だったんですね!」(笑)
宵ヶ崎:確かに、すごい電波っすよねー。
梅宮:うん。呆れて言葉も出ねぇ。(笑)
牧島:何かひどいこと言われてるけど、気にしないぞ!まあ、詳しい話はまた今度。ちょっと、状況整えて来るわー。
宵ヶ崎:つまり、いつ会うんですかね?
梅宮:最終話のミドルでしょう!?(笑)
牧島:5話の頭と、ミドルかな!?(笑)
嶋岡:まあ、とりあえず目覚めてからってことにするぜ!
牧島:うん。この状態の方が、君たちに会いに来やすかったから、こっちに落ちてきたんだけど。
嶋岡:良かったでしょうけど。ひょっとして、現実世界の方に落ちてきたら、対消滅しません?(笑)
梅宮:ですねー。D4Cラブトレインだっけ。
牧島:まあ、そうかもしれんが!(笑)現実世界に戻ったら、多分診療所の潰れたやつがあると思うから、そこに行って、詳しい話をしよう。
深森:分かりました。診療所ですね。
牧島:地下に、彼女たちの体があるはずだから。
梅宮:ハァー…。深いため息をつく。(笑)
深森:源田さん、そんな所に…。
二階堂:「ああー、まあ、源田さんが回収してたんだよ。」遠い目。
宵ヶ崎:訳が分からない!そういえば、縮地もハンドリングもしてたよねー…。
梅宮:これだけ不思議な目に遭ったら、もう何が起こっても、不思議なじゃない。
二階堂:まあ、そういうことだ。弟と同じくらいの、少年少女が頑張ってるんだったら、二階堂が頑張ります!
宵ヶ崎:小鳥遊が帰ってくるなら、頑張ります!具体的な目標が出来たぜ。
GM:「あっ。」と言って、あらぬ方を見ます。
嶋岡:じゃあ、みんな、クルッと向いてしまう。
梅宮:もうその手には、引っかからないぞ!(笑)
GM:じゃあ、瞬間、見て、体術で姿を消します!(笑)
宵ヶ崎:あ!消えた!
二階堂:牧島さん、不思議な人だねぇ~。
梅宮:(なぜか渋い顔をしている)
宵ヶ崎:梅宮さん、どうしたんですか変な顔して。
梅宮:プレイヤーが変顔してるんだよ!(笑)
宵ヶ崎:多分、PCも変な顔してるんだろうと思って。(笑)
嶋岡:まあ、あれですよ。さっきのはあくまで夢の世界の牧島さんなのであって、現実世界の牧島さんではないので。悪しからず!(笑)
宵ヶ崎:ふう。牧島との楽しい時間が終わった。
GM:楽しいのか!(笑)
深森:とりあえず、キャラ的にはワケわからんですけどねー。
二階堂:とりあえず、皆さん。一縷の望みにかける感じですか、皆さん!
梅宮:オー。
二階堂:頑張って帰る…!

六白神無(2回目)

GM:じゃあ、神無に会いに行くか。
嶋岡:はい。玄関を開けると、なぜか神無の部屋に通じている。
宵ヶ崎:あれだ。展望台の扉を開けたら、そっちに繋がったんだ。その位の不思議空間でもおかしくないはず。
深森:出ましょうか…。(ころころ)6。
嶋岡:侵食率を上げましょう。(ころころ)85。
宵ヶ崎:(ころころ)91。
嶋岡:宣言通り、もう1回会いに来たよ!(笑)
GM:じゃあ、死んだメダカのような目で。(笑)「それが、オモイデ様の欠片?」
嶋岡:うん。何か、何だ。死んだときの傷無に有って来たんだけど、これを取り込んだら、お前の失われた記憶が戻るらしいよ。
GM:傷無から受け取った欠片を渡す?
嶋岡:ただ、こう言います。「記憶が戻ろうが戻るまいが、神無は神無だと俺は思っている。」
GM:じゃあ、それには応えず、黙って受け取る。「あ、これ、私の欠片…。」と言って、溶けるように消えていきます。「分かった…思い出したよ、色々と。寧人君がオモイデ様の力を、―その石を手に入れたのは、10年前のあの時でしょ?…その時の、寧人君の記憶には、欠けてるところが、あるんじゃないかな?」
嶋岡:何と!
神無:その記憶が、ここにはあるの。2年前、死んじゃってた私は、願ったんだ…。寧人君の、黄泉還りを。
深森:黄泉還り!?
神無:でも失敗した。
嶋岡:そりゃあ、生きてたからなぁ。
神無:その時に、私の中にあった寧人君との記憶…もう一人の寧人君が、この世界には居るんだよ。この欠片を寧人君が持って、願えば、会えるはず。私は、自分が死んでても、寧人君の黄泉還りを願った。オモイデ様は人の想いに惹かれるから…きっと、すごく強い想いだったんだね。それで、オモイデ様と融合した、もう一人の私が生まれたんだ。私じゃないけど、わたし…そんな存在が居たから、お兄ちゃんの願った黄泉還りは不完全で、私の…神無の記憶には、欠けたところがあった…。ふ、変なの。別にあっちの私が本物とかじゃなかったんだね。ありがとう、寧人君。
嶋岡:最初から言ってるだろ、まあ、それに前にも言ったけど、たとえ君が神無だろうと、傷無であろうと、俺の大切な人であることには変わりない。
GM:じゃあ、「うん。」と頷いて。「どっち?」
嶋岡:んん!?何が!?(笑)
二階堂:またかよ!(笑)
神無:うん、何でもないの。
嶋岡:「ていうか、うん、それは、あの…」と言ってわたわたしますけど。
宵ヶ崎:ははは。可愛いなあ。
二階堂:ファイナルアンサーを!
梅宮:迫られておる。
GM:じゃあ、神無が触れることで、傷無から受け取ったオモイデ様の欠片が輝き、全ての欠片があなたの賢者の石に吸い込まれていく。「あとは、最後の欠片、寧人君の記憶。」神無は嬉しそうに言った。「ありがとう、会いに来てくれて。さよなら、寧人君。」と言って、何もない空間に戻って行きます。
嶋岡:はい。…これで、俺に会いに行ったら終わるんじゃないかな。

続く。

BLセッションをするときは、必ずプレイヤーの地雷についてリサーチするんやで。せんかったら死ぬで。(ブログ主からのメッセージ)