Cobolerのリプレイ置き場

趣味のテープ起こしを活かした、TRPGのリプレイ置き場でございます。

UPされた記事はいつ書き直されてもおかしくない状態で公開されています。 あと、記事を上書きで更新することが多いです

ハートレスメモリー「Heartless Memory ハートレスメモリー」 その3

去る2016年5月15日。我々は、ハートレスメモリーを全話攻略した。というわけで、完成がいつになるかは分からんが、ガンバって書き起こすよ~!!いえーい。

ミドルフェイズ

GM:色々ありまして、ロイスを切り替えたり、そんな感じでミドルフェイズ。シナリオを良く読めよっていう。そんな何かでございます。色んな人に会いに行けますけど、誰から行きましょう?
宵ヶ崎:じゃあ、六白兄弟。
嶋岡:え、そっちなの?せっかくのチャンスなので、周りから攻めて行かないのかなと。小鳥遊とかさー。
宵ヶ崎:こっちは、六白兄弟と、小鳥遊と、インセインと、あと一人取る予定ですが。
梅宮冬日が良い。
二階堂冬日さん、重陽さん。
GM重陽は…「そうですか、私に会いに来てくれたんですかぁ?」とか言いそう。(笑)
梅宮:うぜー。(笑)
嶋岡重陽に会いに行ったら、ここでクライマックスって感じだよな。(笑)
宵ヶ崎:というわけで、冬日さんあたりが良いと思います。
梅宮:じゃあ、ロイス取ります。
GM冬日に会いに行った?はーい。
嶋岡:じゃあ、にやにや見てます。
宵ヶ崎:不安そうに見てます!

面影冬日

GM:不意に視界が変化する。東京、原宿。最新のファッションに身をまとった若者たちの中に、面影冬日が。
梅宮:おおー!?
GM:「あはは、ごめん、うそうそ!」風景はぼやけ、栄田商店の前になる。
宵ヶ崎:ははは。(笑)
GM:周囲や店の中には誰も居らず、冬日は照れくさそうに立っている。「アイス食べる?」
梅宮:食べる。(笑)ううー、生きとる、この子!
GM:割るタイプのアイスをこう、割ってくれる。
一同:ああー!(笑)
GM:で、ものの見事に失敗して、「んー、大きい方あげるね。」と言って、くれる。(笑)
梅宮:ええ子じゃなぁ…!!(ころころ)7。
冬日:しかし面目ない。ボクとしたことが、あんなふうにやられちゃうとはな~
梅宮:いやいやいや!(笑)あんなのに狙われたら、仕方ないよ。まあ、仇は取っておいた。うう…。
GM:「ありがとう。まあ、でもボクが死ぬとは思わなかったでしょ?」いや、みんな死ぬと思ったよ。(笑)
深森:どんだけしぶとい自信があったんだ!(笑)
冬日:今なら分かることがあるよ。ボク、FHだっけ?オモイデ様を狙ってる組織に利用されてたんだね…。ネットで知り合った人とか、掲示板の書き込みとかで誘導されてたんだと思う。ボクが、梅宮さんや嶋岡くんに色々言ったりしたのも、そういうふうに動かされた感じかな。
宵ヶ崎:うーん。
梅宮:お姉ちゃんのことは…うー…あの人を、自分らは手をかけてしまった…。うう…。
冬日:だからさ、お姉ちゃんとかさ、時雨さんのこと…黄泉還りを守るために、悪いコトしてたけどさ、怒らないであげてほしいんだ。
梅宮:何て子だ!ええ子や…!
二階堂:良い子だ。
冬日:みんな、ただ、大切なものを守りたかっただけなんだよね…。ボクがその辺を、分かってあげなかったから。お姉ちゃん、島や神社のことばっかりでさ、好きな人とか居なかったのかな。もう1回、妹に生まれたら、ボクの方から説教しちゃうのにな。
梅宮:うっ。(笑)
GM:「命短しだから、恋せよってさ。」日本語変だよお前!(笑)
梅宮:良いヤツだなぁー、もうー!!
冬日:妹さん、生きてたんだね。
梅宮:「そうなんだよ。うん…」と言って、「ちくしょう、良いヤツだなー!!」と言って、抱きつくぞ。
冬日:良かった。まあ、その、妹さんのこと、他人と思えないくてさ。(笑)
梅宮:うん、そうだね!(笑)なんか、嬉しい。
冬日:えっと、今回の1件がきれいに済んだらさ、会いに行くんでしょ?
梅宮:それはそうだけど…でも、冬日が…。GM、生き返るの?生き返らないの?
GM:生き返らないよ。(超良い笑顔で)
梅宮:あ、はい。(笑)
二階堂:にっこり!!(笑)
冬日:じゃあ、会えたらさ、いっぱい優しくしてあげてほしいんだ。
梅宮:「一緒にお墓参りに行くよ。」うう…これは泣いちゃう!!ということで…。(涙)
冬日:うん、ありがとう。
梅宮:なんだよなー。これから墓が建つのか…っていうか、この島には墓が無いのか?なんだよなー。
GM冬日は、やはり照れくさそうに笑って、「ありがとう、会いに来てくれて。ボクはもう死んでるけど、それでも嬉しかったよ。」というわけで、ポヤポヤポヤポヤ~っという感じで。
梅宮:うん。消えていくと。
GM:見てた人が居るんだったら、侵食率を上げて下さい。(笑)
嶋岡:じゃあ、侵食率だけ上げておくよ!(笑)
梅宮:これ、登場シーンを節約してたら、全然侵食率が上がらないようなことになりそうだな。
GM:というわけで、面影冬日、一旦終了でございます。次誰行きます?

面影小春

深森:小春さん。(ころころ)7。
GM:はーい。不意に視界が変化する。面影島の自然の中に居たキミたちは、気が付くと、広大な、面影家の屋敷にいる。囲炉裏の切ってある茶室。小春はひとりでそこにいた。生前の張り詰めた表情ではなく、穏やかな表情で、彼女はキミを出迎える。「よくいらして下さいました。こうして…変な言い方ですけれど、今思うと、わたくしのやっていたことは、そのやり方が幼かった、と思います。そのために…多くの、人が…犠牲になりました…。それより、オモイデ様のことですよね?」
深森:はい。
GM:「どうやら、わたくしの巫女としての力は、こうやっていても、少しは働くようです。どうやら、オモイデ様は今、何者かに、無理矢理暴走させられているようですわ。そのためには嶋岡さんの持つ、オモイデ様の分身たる"石"を使い、オモイデ様に干渉し、鎮めることが必要だと考えられますわ。」オモイデ様の分身―と、小春がそういった時。手元の本の中から、淡い緑の、ホタルのような光が浮かび上がった。
深森:え、何ですか?これ。
嶋岡:ホ、タールの、ひ、かーり♪これは、正解を踏んだフラグだよ。(笑)
GM:(GM、荷物をがさごそし始める)まあいいや。
深森:まあいいや!?(笑)
GM:どうやら、これが"オモイデ様の欠片"のようですね。「オモイデ様の欠片を入手した!」と、システムメッセージが出ます。
梅宮:ハハハ!(笑)
GM:これ、チェックシートがあるんだけどね。
宵ヶ崎:オモイデ様の欠片は、複数集めないといけないのか。
嶋岡:集めた数によって、効果が変わるんじゃないかな。何らかの判定だったり。
GM:単純に、個数の判定です。
深森:欠片。
小春:嶋岡さんの持つ石が、オモイデ様の分身ならば、これはそこから欠け落ちた断片のようなもの。欠片は、恐らく3つあるはずです。
深森:3つ。残り2つ…。
GM:そうですね。私は、4つの情報を持ってきた。で、ひとつ消去しますね。七姫について。このセッション、七姫は居ないので。
嶋岡:うん。
GM:えーっと、とりあえず、巫女としての勘、オーヴァードとしての勘、女としての勘とかそういう事を言ってくれる。

  • 面影神社について
  • オモイデ様について
  • 冬日について

二階堂:上から行こうぜ。
GM:何その、上から行こうぜって。じゃあ、上からガンガン行こうぜ!(笑)真ん中から、「いのちをだいじに」って感じですね。面影神社について。「わたくしは、物心ついたころから、オモイデ様と、黄泉還りの秘密を守るように教わって来ました。火を操る力も、そのためのものだと…そうですね、他の事は考えていませんでしたわ。ただ、役目を果たすことばかり。」オモイデ様については、「わたくしは、幼いころから、巫女としてオモイデ様の声を聴き、その力を借りることができました。縁切の祭りのときに、島の皆を操ったり、山にあふれる獣を制御したり、といったことです。そういった方法は、何百年と役目を続けてきた中で、築かれてきたものなのでしょう。縁切の祭りという儀式もそうです。」冬日について。「あの子は可哀想な子でした。私が、お祖父様以来の大きな力を持った当主であったために、逆にあの子はオモイデ様から遠ざけられて育ちました。わたくしは…本当は、あの子に、島の闇に関わってほしく無かったのかも知れません。どうしたのでしょうね、生きている時は、それが悪いことだとは考えませんでしたのに。手をかけたのは時雨さんでしたが…私が殺したようなものです。もう一度姉妹となれたら、…その時は、あの子を幸せに…。
深森:えっと、私自身も、梅宮さんと冬日さんの会話を聞いていたので…。私とは別の方が聞いたんですけど、冬日さんは、あなたのことを、こう言う風に話されてましたよ、と伝えます。
GM:それについては、「ありがとう。」と言ってくれる。「今思えば、オモイデ様は、けっして人が苦しんだり、悲しんだりすることを望んではいなかったのです。」小春は憂い顔で、そうつぶやきます。「モイデ様は人の悲しみ救おうと応えただけ。…わたくしは、そう思います。」で、彼女がいう事は、それでおしまいかなー。
宵ヶ崎:よし、登場しておこう。さっきの情報は欲しい。(ころころ)
深森:欠片は、やっぱり嶋岡さんのところに。
GM:フラフラ寄って行きます。
嶋岡:ん?俺か?
GM:まあ、出て来なくても、舞台裏で渡したらいいと思うよ。じゃあ、次。

馬走灯

宵ヶ崎:うーん。時雨さんか、小鳥遊かな。二階堂さん、会いたい人いる?
二階堂:うーんと、3話以降に出てきた人で、会えるのって、誰だ?(笑)
GM:あっ。牧島…。
梅宮:牧島は要らん!(笑)
宵ヶ崎:あ、龍子さーん。馬に会いに行くとかは?
GM:そのシーンは欲しいなぁ。
梅宮:じゃあ、馬にロイス取るか。
GM:じゃあ、皆さん、リプレイの方を思い出してください。ホワンホワンホワンホワン。(笑)
梅宮:とりあえず、馬だけで良いや。(笑)
GM:馬の描写だけしますね!「そう。全て思い出しましたのね。」と言って、交番の前で、パラソルを出して、お茶を飲んでいる。(笑)
梅宮:ブレないなー、こいつは…と思いながら。(笑)「何があったのかは知らないけど、乃花はお前んちに居るんだろ?この花を育てたのも…」と言って、交番の前に置いてた、例の花を見ながら。
:ええ。この花は、良いものですわ。
梅宮:だから…うん。ハハハ!(笑)どういう事情があるのかは知らないけど、あれでしょう。プランナーには逆らえないってことでしょう。
:そうですね。馬走家を再興するためにも、プランナーには逆らえないところですわ。そして、あなたを失うことなど、私には耐えられない。
梅宮:なるほどね。
:乃花は良い子だから、死なせたくはなかった。
梅宮:「事情はともあれ、プランナーの命令で、そうしてくれてたんだろう。あの女が良いヤツなのかはさっぱり分からないが…とにかく!プランナーをぶっ飛ばしてから!乃花に会いに行くよ!お前んちに居るんだろ!」と、笑いながら。
:そうね。それが出来るなら、そうするといいわ。プランナーは、恐ろしい相手よ。
梅宮:ま、とにかく今は。生きて帰ることを最優先するよ!

宵ヶ崎:龍子さんよりも恐ろしい相手…。
梅宮:なんでやねん。(笑)
GM:じゃあ、去りゆく君に、「死なないで。」と言う。
梅宮:じゃあ、そこで「アイルビーバック!」と言って、サムズアップする。(笑)
宵ヶ崎:面白いことを!ユーシャルリターン!(笑)
GM:何かのネタで返したいが、出て来ねぇ!!V8を讃えよ…それは違う。(笑)
梅宮冬日を前にすると、生前邪険にしていた手前、なかなかデレられないんだよなーって思った。まあ、そんな感じで。
GM:むしろ、今はデレた。
梅宮:うん!
GM:次、どちらへ行きましょう。

小鳥遊小夜

宵ヶ崎:できればそろそろ、小鳥遊に会いたいです。では、1d10上げます。(ころころ)56。場所は、どこになりますかね?
GM:ああ、これ、高校ですね。
宵ヶ崎:高校。小夜と声は居ます?
GM:居ません。小夜だけです。
宵ヶ崎:声君のメモリー取ってるんですけど、居ませんか?
GM:居ません。
宵ヶ崎:順番間違えたかな。
GM:いや、違います。同時には出られないんです。
宵ヶ崎:同時には出られないのか!
嶋岡:うむ。だから、冬日と小春は、二度と会えないんだ。(笑)
梅宮:なんだっとー!
宵ヶ崎:後で、声君に会いに行こう!
GM:穏やかな午後の日差しが差し込むそこに、"ナイチンゲール"小鳥遊小夜は立っていた。
宵ヶ崎:なんだか、お前とここで会うのも久しぶりな気がするな。
嶋岡:毎日会ってるけどな。(笑)
宵ヶ崎:でもさー!今までのが本物かっていうとさー!また別な気がするし…。
GM:えーっと。ナイチンゲールは、「誇り高き戦士の顔で!」リアルに笑う!(笑)
宵ヶ崎:なぜ!?
GM:いや、書いてあるもん。
二階堂:書いてあるの!?(笑)
梅宮:公式だった!
GM:だって、公式だからそれは通さないとだめじゃん。まあ、たまに変えるけど。でも、これは通さないといけないでしょう!(笑)で、あなたを見て。「どうやら、私は利用されていたようだな。」
宵ヶ崎:ああ、美作とか美作とか美作とかプランナーに。
GM:ああ、プランナーとかプランナーとかプランナーとか。美作もだけど。(笑)「私の行動は、プランナーの計画に組み込まれ、利用されていた…。現在の私は、そう考えている。現在の、というのも変な話だがな。ソングバードが死んだ後、私の耳に黄泉還り、つまりこの島の噂が入ってきた。レネゲイド関連の噂を無差別に抽出するFHのデータベースからだ。…出来過ぎだな。だが、その時の私は、そんな事には気づかなかった。島に逃亡し、追っ手が掛からない不自然さにも、プランナーの腹心・美作が私を報告しない怪しさにも、目を瞑っていたよ…ただ、この日常を手放したくなかったんだ。その結果、美作にそそのかされ…いや、違うな。自分の意思で、お前たちに刃を向けることになった。すまない、とは言わん。だが、お前に倒されたなら、そこに不満はないさ。もし、生まれる場所が違えば、お前と私は…友人になれたかもしれない…そう思うよ。」
宵ヶ崎:あー…。そしたらちょっとな…。
ナイチンゲール:なんだ、可笑しいか?
宵ヶ崎:「まずは私から。改めて謝らないといけない。私にもっと、力があれば。お前の事も、声君のことも、もっと早くに助けられたかもしれない。最後のワガママなんだが、ここで私と友達になってくれないか?」握手のために、手を差し出しますけど。
GM:じゃあ、少し考えて。「いいのか?」
宵ヶ崎:良いのか、とは?
ナイチンゲール:私と友達になっても、それはお前の傷にしかならん。私は既に死者なのだから、お前は忘れて、先に行くべきだ。それが、生者の生きる道だ。…忘れることは、幸せな事なんだよ。
宵ヶ崎:「忘れるだけが、幸せではないだろう?」と言って、ぎゅっと手を掴みます。「私はお前のことを、忘れたりはしないよ。」穏やかに笑ってみますが。
GM:じゃあ、手を握って。「そうだな。」で、途中で小夜が目を閉じます。
宵ヶ崎:はい。
GM:どこからか、きれいな歌声が聞こえてきます。"ソングバード"、小鳥遊声の素朴な、そして暖かな歌声だ。これは小夜の記憶から再生された歌声であり、ある日の学校で、小学校の音楽室で歌声を聞いた小夜の、彼女にとってはとても大切な、幸せな記憶だ。
宵ヶ崎:うんうん。
GM:「不思議なものだな。記憶にある限り、ずっと血と硝煙の中で過ごしてきた私が、短い間とは言え、こんなふうに日常を過ごすとは…。お前たちが日常を守るというその意味は、今なら、分かる気がする。今更だな。」で、まあここで声の歌が聞こえ始めて。「聞こえるか?声の、弟の歌だ。この場所では声には会えないけど、こうして歌くらいは呼び出せる。きれいな声だろう?だから、私が付けたんだ。あの子の名前を。声って。」セイセイセイセイ!!!ごめんなさい。
宵ヶ崎:どーゆーこっちゃねん…。(笑)「良い名前だな。」と、返しておきましょう!逆に、小夜の名前は?
GM:どこにも書いてない…。
宵ヶ崎:ソングバードが付けたってわけじゃないんですね!!(笑)
GM:さすがにない。「お前は、何のために戦っているんだ。」
宵ヶ崎:「大切なもののために。」と、一言。
ナイチンゲール:私は、あの子のために戦っていた。まだ赤ん坊のあの子が、ファルスハーツの訓練施設に連れて来られたその時から、私はあの子を守るために戦うと決めたんだ。だから、声が、ソングバードが死んで、目的を失って、ただ噂に縋り付くようにこの島に来た。
宵ヶ崎:うん。
ナイチンゲール:死んでしまったはずのあの子と、本物の家族の様に暮らせた日々は。本当に幸せだったよ。
宵ヶ崎:「じゃあ、お前はちゃんと、声君を守ってきたんだな。お前も、最後まで一人じゃなかったし、声君も最後まで一人じゃなかったんだ。」その位かなー、言えるのは。
ナイチンゲール:ありがとう。…礼が言えて良かったよ。
宵ヶ崎:「そうだよ。小鳥遊。」ナイチンゲールとは呼んでやりません。
GM:台無しなことを言って良い?
宵ヶ崎:え?
GM:「あの二人にも、よろしくな。」マスターがね、名前をド忘れしてしまったんだ…。

ハートレスメモリー1話に先駆けて開催された0話に登場したキャラクターのことです。詳しくは、この記事に書いた気がする。書き起こしてなくてゴメンよー。録音すら無いもんで…。

daitokaiokayama.hatenablog.com

 

宵ヶ崎:秋透。
梅宮:長月佳奈。
宵ヶ崎:分かりました。そこで何となく、消えていく感覚が。
GM:そうですね。
宵ヶ崎:最後に、もう一度、強く手を握り返して。シーンを終了させてください。
GM:「では、世話になった。と言うのも変だが…」彼女はふっと柔らかく笑って。「お前は…大切なものを、決して失うなよ。お前なら、守れるはずだ。」
宵ヶ崎:「約束しよう。」と言います。
GM:では、ひゅる~んと戻って来ます。弟の方にも行く?

小鳥遊声

宵ヶ崎:行ける?じゃあ。もう1回侵食率を上げます。(ころころ)5。
GM:えーっと、おうちですな。
宵ヶ崎:家か。じゃあ、気づいたら座ってます。
梅宮:ちゃぶ台の前に。
GM:急に視界が変化する。小鳥遊姉妹が住んでいた…
嶋岡:兄弟では?ひらがなで「きょうだい」。
宵ヶ崎:姉と弟ですな。
GM:姉・妹になっとる!!
二階堂:え!?(笑)

f:id:Coboler:20160516220024p:plain

この誤植に気が付いた後、しばらくどうでもいいネタで卓が大盛り上がりしました。しばらくお待ちください。

梅宮:妹だったん!?
GM:盛大に誤植っとる!(笑)
宵ヶ崎:ひでー誤植だ!(笑)
GM:このトラップに、一体どれだけのGMが引っかかってきたんだろうか!?(笑)まあいいや、進めますね!これはひどい
梅宮:ショタボーイ!
GM:ショタボーイ!ショタボーイ!(「Tough Boy」のメロディーで)
二階堂:帰って来てー!!今、これから良いシーンよ!(笑)
GM:チャーンチャチャーチャーン!!南斗水鳥拳の構えを取りながら!(笑)…じゃあ、声が「こんにちは。」と言う。
宵ヶ崎:「久しぶり!」と言って、頭を撫でますけど。
GM:じゃあ、少しはにかみます。
宵ヶ崎:ふふふふ!可愛いなあ!(笑)声の視点では、私とはどの位面識が無いんですかね。島で私と会話した記憶はあるんですか?
ソングバード:んっと、黄泉還った後の記憶も、それなりにあるんですよ。でもまあ、謝るのも、恨むのも、変ですよね。
宵ヶ崎:「小鳥遊にも言ったけど、お前には、どっちかと言うと、謝らないといけないから。」と言って、頭をワシワシッと。繰り返し。
ソングバード:一つだけ、ここでずっと考えていることがあるんです。
宵ヶ崎:どうした?
ソングバード:僕が死んだから、僕が弱かったから、だから姉さんがしなくていい戦いをして、それで、死ななくていいのに、…死んだ。僕が足を引っ張って、姉さんの任務を台無しにして、それで姉さんは僕のせいで死んだのかな。
宵ヶ崎:「それは違うよ。」と言って、抱きしめますよ。「君が居たから、小鳥遊小夜は、あんなに強くなれたんだよ。守る人が居ることは、人を本当に強くするんだよ。」というか、ぶっちゃけ、あのタッグ、強かった。
一同:(口々に)強かったよ!(笑)
梅宮:0話でも戦ってたから、分かってたことなのに。ガード無効のエフェクトとか取っておけば良かったよ!(笑)
宵ヶ崎:クスンクスン。うん。ぶっちゃけ君たち、オニ強かったからね。とは言いませんけど。(笑)
GM:ええ、あなた方を苦戦させられて、GMは大変満足です。
宵ヶ崎:そっちかい!!(笑)「だから、小夜は君が居てくれて、とっても幸せだったよ。」
ソングバード:ありがとう。紅お姉ちゃん。
宵ヶ崎:お姉ちゃんかぁ…。
GM:んー、どこにも繋がらんけど言うか。「きっと、紅お姉ちゃんが小夜お姉ちゃんの、一番の友達だったんだね。」
宵ヶ崎:「君の友達でもあるよ。」ちょっと笑って。
GM:じゃあ、嬉しそうに、「うん。」と頷きます。
宵ヶ崎:じゃあ、その辺でシーンを。
GM:切りますね。
宵ヶ崎:くそっ!小鳥遊姉弟!!

時雨京一郎

梅宮:あとは時雨か。
深森:じゃあ、時雨さんにロイス取ります。
GM:じゃあ、時雨タンでーす。
嶋岡:こっそり出ておこう。(ころころ)10。
二階堂:出ておいた方が良いかしら…。
梅宮:私も出ておこう。(ころころ)
GM:ふいに、視界が変化する。時雨京一郎の家。縁側に座り、ぼんやりと甚平を着て…
宵ヶ崎:甚平!?
GM:蚊取り線香を入れる豚の形のあれが、隣に置いてある。
梅宮:なんだこの日本の夏の景色は。
GM金鳥の夏・日本の夏。みたいな感じで。あ、花火も上がっております。
二階堂:パーン。パーン。
深森:なんか、すごく満喫してますね…。
GM:縁側に座り、ぼんやりと空を見上げる時雨は、キミたちに気づいて視線を向けると、どこか寂しげに笑った。やっぱり、戦いなんてするもんじゃないよねぇ」苦笑いを浮かべてそう言った。「いやぁ、うん、まぁ、その、ごめんね!」
深森:何がですか…。
時雨:今になって考えればねぇ、あの時もしキミたちに勝っててもさー、きっと"縁切り"で、奥さん消えちゃってたよねえ…。
二階堂:せやな。
時雨:それでも1日でも、1秒でも、一緒にいたかったな。…うん、そう思ったことが、僕の罪だな。
梅宮:これは…陰でこっそり、しくしく泣いてしまうな…。
宵ヶ崎:私もそれ、否定できない…。隣でめそめそ泣いとく!
時雨:僕も死んだんだし、こんな夢だか幻だかみたいな状態になったらさ、奥さんと一緒に居させてくれても良いのにねぇ。
深森:今は、一緒にいらっしゃらないんですか?
時雨:ここは、そういう空間じゃないからね。あくまで、君たちは僕の記憶にアクセスしている。その中に、他人は存在できないんだ。
梅宮:映画と同じとはいかないのか…。
深森:あの時は…怒りのままに、酷なことを言ってしまって、ごめんなさい。
GM:「いや、君は正しいよ。でも、正しすぎるからこそ、いつか君が折れてしまわないか、心配だね。」と言って。傍まで来ているよね?座ってると思うんで、目線が一緒だと思うから、そのまま少し頭を撫でて。「でもまあ、君は一人じゃないようだから、大丈夫だね。」
深森:ありがとうございます…。
GM:少し頷いて。「面影島の研究成果について、知っていることを話しておこうか。」
深森:お願いします。
時雨:オーヴァードが異常に多い件について、実はけっこう調べてたんだよね。島全体がオモイデ様の領域…オルクスのアレね?で、包まれていたこと。その内部に、微弱なワーディングが使用されていたこと、が影響してるんだと思うよ。それはつまり、オモイデ様が、人の想いとか、記憶とかに干渉…うーん、まぁ、読み取ろうと、理解しようとしてたから、って事じゃないかなぁ。最初はさ、僕も普通に研究するつもりもあったんだけどね…でも黄泉還りが本当にあるみたいだ、って知った時。僕は「これを止めることはできないな」って思ったんだ。いいことなのか、悪いことなのか…僕には今でもわからないんだよ。誰だって、何を犠牲にしてもいいから、もう一度会いたい、って人はいると思ったからね。
深森:何を犠牲にしても、…ですか。
GM:それについて、重く頷いて。「冬日ちゃんにはね、…うん。許してもらおうとは思わない…僕の罪だ。」で、時雨はいつもの、どこかとぼけた表情を消して、顔を伏せる。「すまなかった。僕は、愚かだった」…嶋岡、何か言う?
嶋岡:ああ、そうですね。一応、最後に声を掛けようと思ってるんですけど。
GM:去るときに声をかける感じ?「もしよかったらね、」
深森:はい?
時雨:僕の家に、妻が作ったジャムが残ってると思うんだよ。冷蔵庫に。
梅宮:うう。
時雨:良かったら、それ、食べちゃってくれないかな?勿体ないから。
宵ヶ崎:おお…。1個欲しい。
時雨:死人が作ったものなんて、気持ち悪くて食べられないかもしれないけど。
深森:いえいえいえ!
二階堂:食べ物に、罪は無いっす!
深森:時雨さん。言おうかどうか、迷ってたことがあるんです。
GM:愛の告白!?
深森:違う!!(笑)「奥さんって、体が弱かったんですよね。きっと、あなたがUGNの仕事でずっと帰れなかった時、心細かったんだと思います。だけど、その心細さを我慢して、ジャムを送ってくれていた。亡くなる寸前まで頑張れたのはきっと、日常を守るという責務を果たそうとしていたあなたが、格好良かったんだと思います。私が一番に思ったのは、その奥様が、愛した格好良かったあなたが、言い方はなんですが、見る影もなくなってしまったことに、すごく腹を立てたんだと思います」
GM:んー。「そうだね。ありがとう」
深森:色々言葉足らずで、すみませんでした。では、失礼させて頂きます。
GM:じゃあ、一言だけ。「頑張って。」と。っていう感じで。
宵ヶ崎:あ、そういえば、この人、オモイデ様の欠片とか、持ってないの?
嶋岡:ハハハ!(笑)
二階堂:ちゃんとチェックしてる!偉い!(笑)
GM:ラスボスだけど、そんな重要なものを持てるようなキャラじゃないんだ…。多分、シナリオヒロインとかが持ってるんじゃないのかなー。(えなりかずきのような口調で)
嶋岡:じゃあ、最後にこう言うよ。「時雨さん、ありがとうございました。あなたのお蔭で、今の俺があると思ってます。だから、あなたの代わりに、俺が、俺たちの日常を守って行きます。」と言って、頭を下げて、去って行きます。
時雨:すまない。僕は、君の日常を守れなかった。
嶋岡:そうですね。それは、足をそこで止めて。首を横に振って。にっこり笑って、進んでいく。
GM:一言だけ。「これからの未来を頼む。」という所で…。シーンを終了。
宵ヶ崎:後は、霧人と、神無と、傷無と。PC1本人か。
GM:PC1本人は、イベントなので。出てくるまで会えないっす。

六白霧人

嶋岡:はい。じゃあ、霧兄に会いに行くぜ。(ころころ)6。
宵ヶ崎:さすがに、霧兄は私も出ておいた方が良いな。(ころころ)9。78か!
嶋岡:さっきからバリバリ出てるからなー。
宵ヶ崎:これで、まだ出したいシーンがあるんだよー。まあ、何とかなるだろ。メモリーふたつ取ったし。
嶋岡:はい、じゃあ出たよー。
GM:不意に視界が変化する。面影島の自然の中に居たキミは、気がつくと、図書館の中にいる。六白霧人は、本を積み上げた机の前に座り、キミに振り向いた。ここでの霧人はジャームではなく、理性のある状態のようだ。彼本来の表情なのだろう、見たことがない穏やかな笑みを浮かべた。やぁ、「来たね。待っていたよ。」私がこのセッションのラスボスです。カモンカモン!!嘘です。
嶋岡:じゃあ、こう言うぞ!「歯を食いしばれ!!」(笑)
梅宮:歯を食いしばれって、カミーユかよ!(笑)
二階堂:霧人さんがフルボッコされる前に、早く。(笑)
GM:「あぁ、うん。キミたちには謝らなくてはならない、と思っていたんだ…」シリアスな雰囲気に耐えられなかったんだ!(笑)
嶋岡:まあね!気持ちは分かる。だが俺も色々面白いネタを吐きたいのをガマンして、PC1を頑張っているんだ!(笑)
GM:そのために、これからはもっと真面目にやることにするよ!(笑)
宵ヶ崎:最初から、真面目にして下さいね!
GM:「本当にすまなかったね。今の俺は、記憶を持った幻影のような物だ。ただ、感情はある、と自分では思うよ。現在の島の状況は認識している。黄泉還りの際、オモイデ様は俺達の意識から記憶を読み取る。それは、強い想い、願いに反応してのことだ。今の状況は、そういったトリガーなしに、無差別に他人を侵蝕しているのだろう。放置すれば、人は夢から覚めず衰弱し、精神がオモイデ様の侵蝕に耐えられない。"記憶"―俺が思うに、オモイデ様の力は、それに特化したものだ。人の形をしたものを生み出すことは難しい事じゃないだろう?黄泉還らせたことの矛盾を消すために、記憶を操作することだって、現在知られてるオーヴァードの能力でも可能なはずだ。」ペンライトとか。
嶋岡:ウム。
梅宮:「メン・イン・ブラック」に出てくるやつか。
GM:何か、昔はあるのよ。でも、3rdには載って無かった気がするなー。2ndにはモロに載ってたんだけど。
嶋岡NPC能力になりましたね。記憶の操作系は。
GM:「それよりも、誰かの記憶の中から、死人そのものを再構成するほどの、膨大な情報を読み取ること、そちらのほうが、オモイデ様本来の、独自の能力だと思う。」記憶―と、彼が言った時、手元の本の中から、淡い緑の、ホタルのような光が浮かび上がった。どうやら、これが"オモイデ様の欠片"のようだ。「"オモイデ様の欠片"を一つ手に入れた。」と、システムメッセージが出ます。
嶋岡:二つ目だよ!
GM:んー。あと、システムメッセージで、

  • キズナと神無について
  • FHとの関わりについて

という選択肢が出るけど。(笑)
嶋岡:はい!じゃあ、先にFHについて訊いておくよ!
霧人:ファルスハーツという組織が、俺に接触してきたのは、この島に来てからだ。最初は只の情報提供だった。島の中にいる俺を、情報収集のコネとして利用していたんだろう。俺の方は、彼らからレネゲイドに関する知識をもらっていた。何度繰り返しても、黄泉還りは完全にならず、そして俺は自分が黄泉還りを行う限界を超えていることを…オモイデ様に願いを託せない、ジャームになっていることに気づいた。そこに、あの美作が接触してきた。自分が縁切りの祭を妨害してやる、とね。後は知っての通り、俺はオモイデ様のご神体を手に入れれば、神無を本物の傷無にできると思っていた…情けないことにね。本当にすまなかった。
嶋岡:そうですか。
GM:霧人は悲しそうに微笑み、「君たちにも、…俺の妹の、神無にも」
嶋岡:「今は、神無にしたことを、後悔しているんだな。」って言う風に訊くよ。
霧人:ああ。
嶋岡:それは、頭を掻きながら。「まあ、出来れば本人に言って欲しかったけど、それは無理なんだよね。」
霧人:ここでは僕らは、情報の形でしか存在できない。神無に会ったら、謝っておいてくれないか。
嶋岡:それには頷くよ。「分かった。」
宵ヶ崎:もちろん。「一つだけ。六白神無は、あなたにとって、家族でしたか?」
GM:「そうだね。」と言って、頷きます。
宵ヶ崎:「分かりました。」とだけ返事をする。じゃあ、キズナと神無について訊きましょう。
霧人:神無か…。この島に来て、黄泉還りが起こった。けれど黄泉還った妹は、不完全なものだったと、当時の俺は思った。そして、もう一人のキズナを、あの幽霊のような光を見て、俺は確信した…してしまったんだ。黄泉還った妹はニセモノだと。…それから後は知っての通りさ。俺は神無を壊してしまった。そして、それによって俺自身も。あのもう一人のキズナがどういう存在なのかはわからない。だが、神無…そう名付けた妹も、決して偽物なんかじゃなかったと、今ならそう思う。…俺の妹は手違いでバラバラの記憶を持ち、それぞれに黄泉還ってしまっただけなんだ。…もしかしたら、ここにはすべての記憶を持った妹がいるのかもしれないな。
梅宮:不思議なもんですなぁ。
宵ヶ崎:まあ、ダブルクロスだし。サタスペ風に言うと、オオサカゆえに致し方なし。ふう。
GM:というところで、どうします?
嶋岡:一応。「霧兄。最後は色々あったけど、この島で霧兄に会えたことは、嬉しかったよ。」
霧人:そうだね。僕も君とあえて、良かったよ。
嶋岡:「じゃあ。」と言って、立ち去ろうとします。
宵ヶ崎:こちらも、一礼して立ち去ります。
GM:背中に向かって、「妹たちのことを、よろしく頼む。」
嶋岡:それには、手をグッと挙げて。
GM:というところで、シーンを終了いたします。
宵ヶ崎:妹に会いに行ったら、クライマックス一直線ですかね?
GM:いや、神無→傷無PC1の順で終わる。じゃあ、PC1の前に、変なダンサーがやって来るよ。
宵ヶ崎:じゃあ、その前に別の人を挟んでも良いですか?
梅宮:あいつか!(笑)

 

隠瀬院志美人

誰こいつ?と思った方は、グランドオープニングをご覧ください。ちょっと出てくるんで。 

daitokaiokayama.hatenablog.com

 

GM:良いですよ。インセイン行く?
宵ヶ崎:そろそろインセイン行っておこうかと。メモリーも取ったし。(経験点を前借りして、メモリーを取得した)
GM:はーい。
宵ヶ崎:じゃあ、あれ、みんなとはぐれた。と思ったら…(ころころ)あれ?もう80点台?まあ大丈夫か。メモリー2つあるし。
梅宮:大丈夫?マジで。
宵ヶ崎:大丈夫!この後、叔父さんにも会いに行く予定なんで!
二階堂:頑張るなー!
GM:えっと、大丈夫?
宵ヶ崎:前回低かったんで!今回頑張る!と言う訳で、ふらふらっと。
GM:まあ、インセインそっちなんで。(中の人が、PC5と同一人物なので)
梅宮:アイツ何してるんだろう?って思ったんですけど。
GM:じゃあ、シャワー浴びてる。すごいドヤ顔しながら!
梅宮:違う違う違う!それはない!それはない!勘弁してください!(笑)
GM:なんでダメなの!?美味しいじゃん!!
二階堂:特に指定してないと、ヤバイことに!(笑)
梅宮:思ったんだけど、多分イカ釣り漁船以上に明るくなってしまった面影島のことを、何かの手段で知って。「面影島オワタ…」と思って泣き崩れているところだと思うんですよ。(笑)
GM:分かりました。面影島\(^o^)/オワタ!
宵ヶ崎:インセインの部屋ですか?飲んだくれて、テーブルに突っ伏してる?
梅宮:多分。どうだろう?その位凹んでると思いますけど。
宵ヶ崎:「えー…」と思いながら、ゆさゆさ揺らしますけど。「おーい。」
GM:居る!何か居るよ!
宵ヶ崎:インセインー。呼びかけ続けてみますけど。
梅宮:じゃあ。「あれ、天使がいる…」
宵ヶ崎:それは、無言でビンタする。スパーン!(笑)
梅宮:じゃあ、いい音がしました。「はっ。これは一体…」
GM:ご褒美!?
梅宮:「ご褒美かもしれない。」
宵ヶ崎:ははは!そのまま、もう片方に1発!
二階堂:また良い音がしました!
深森:普段どんだけバイオレンスだったんですか!?
梅宮:「いやー、こんなもんじゃ済まないくらい、普段はバイオレンスだったよ。」と言って、メガネをかけるが。(笑)誰にアピールしてんだ今のは!(笑)
GM:しびっつぁん!しばかれないと、たたない人?いや、精神的に!(笑)
梅宮:いや、飲んだくれているからでしょう。今は、何が起こってるのかさっぱり分からないだろうし。
宵ヶ崎:「あーもう!こんなに散らかしてー!」と言いながら、テーブルの上の酒瓶を片付けだしますけど。
GM:待って!そんな面白いことが、この精神空間でできるの!?まあできたことにしよう!(笑)
梅宮:実際どうなんですか?本土にいる本人は分かってるんですか!?
GM:分かって良いんじゃない?
二階堂:繋がってる繋がってる!
宵ヶ崎:何でこんなに飲んだくれているのか、訊きますけど。
梅宮:「面影島…ウッ、ウウッ…!!」ハハハ!(笑)
宵ヶ崎:泣くな泣くな。ゆっさゆっさ。
梅宮:それじゃあ、とりあえず、かくかくしかじかで、宵ヶ崎さん生きてる!と分かって、平静を取り戻したということで。
宵ヶ崎:今、島で、オモイデ様の記憶の中に居るんだけど。島の外の未練と言ったら、お前が思い浮かんでな…
梅宮:「う、くぅぅぅ!!」(笑)
深森:「お前」だったんですか?
宵ヶ崎:うん。多分、インセインは「お前」。(笑)
梅宮:うん、お前って呼ばれてました。間違いなく。
宵ヶ崎:昔は「あなた」だったのが、段々「お前」に。
GM:だんだんぞんざいな扱いに!(笑)
梅宮:「未練なんて、未練なんて…!!」と言って、また机に伏せていった後に、「嶋岡寧人君だっけ…彼は、ご両親もとても立派な方だ…」(笑)
宵ヶ崎:「何を言ってるんだ、こいつは!?」とクエスチョンマークを飛ばしますけど!(笑)「いやまあ、頼りになるイリーガルだが…」
GM:何だろう。インセインの良い所が普通に出てきてる。
梅宮:多分、宵ヶ崎さんは嶋岡と仲良くなるだろうと察しているので。「お幸せに!!」と言って部屋から出て行く。
嶋岡:(笑)
二階堂:待って!(笑)
梅宮:「止めないでくれェェーッ!!」
宵ヶ崎:「何をだー!!」と言ってドデーンと床に転がす!
梅宮:そして、みんなが気づく。「今の誰?」みたいな感じで。(笑)
宵ヶ崎:「何の心配だかよく分からんけどなぁ、もうー!」みたいな。「お前は一体何の心配をしてるんだ、本当に!?」紅ちゃん視点だと、なぜそんなことを言いだすのか、分かりませんよ!?
梅宮:うん、良いと思うよ。
二階堂:ええんかい!!(笑)
宵ヶ崎:「ああそうだ、インセイン!私が帰って来るまで、死ぬんじゃないぞ!」とだけ。
梅宮:それじゃあ、また泣き崩れる。
宵ヶ崎:何でだよー!?何で泣くんだよー?
梅宮:酒が入ってるから。(笑)
宵ヶ崎:「ああ、そろそろ時間だな。じゃあな。」と言って消えますけど。ちょっと面白シーンができて良かった。
梅宮:「お元気でー…」(笑)
二階堂:オモイデ様が空気を読んだ。(笑)
GM:では、戻って来ます。


続く。

BLセッションをするときは、必ずプレイヤーの地雷についてリサーチするんやで。せんかったら死ぬで。(ブログ主からのメッセージ)