Cobolerのリプレイ置き場

趣味のテープ起こしを活かした、TRPGのリプレイ置き場でございます。

UPされた記事はいつ書き直されてもおかしくない状態で公開されています。 あと、記事を上書きで更新することが多いです

ハートレスメモリー「Heartless Memory ハートレスメモリー」 その2

記事の掲載順とかを調整したりしてます。PC2のオープニングは、前記事に入れました。

PC4のオープニング

嶋岡:じゃあ、俺が二階堂さんにロイスを取るよ。尊敬と不安だよ。
二階堂:ありがとうございまーす。ちゃんと、彼女の名前も決まりましたよ。石黒絵里(いしぐろ えり)さんです!一発出力したよ!
梅宮:女優みたいな名前だなぁ。
二階堂:じゃあ、過去を見ることになるんですが。一時的に、婚約者さんのロイスを結んでおいて良いですか?
GM:一時的なのか。
二階堂:後は、間宮さん(シナリオクラフトで遊んだ際に、二階堂と一緒に登場したキャラクター。なんだかんだで、二階堂とは3回くらい共演している。中の人はPC2と同一人物。)、美作、龍子さん、Dロイス記憶探索者。
嶋岡:じゃあ、二階堂さんにロイス取りました。ピカー。(扉が出現した的なロールプレイ)
GM:じゃあ、あなたはとある恋人たちの、幸せな時間を垣間見ます。
宵ヶ崎:おおーっ!
梅宮:見たかったなぁ!(笑)
GM:ああ、一応繋がってはいるんで、基本的には、共有。会話は出来ないけど。
嶋岡:大丈夫です。慣れているので。両親が酷いので!いちゃラブは適当に流す能力を持っています!(笑)
GM:俺がひたすら描写を読んでいった方が、二階堂にダメージが入って良いかも。(笑)
二階堂:どうぞどうぞー。
GM:恋人の名前は石黒絵里。寂しがりやで人見知りでツンデレだが、芯は強くてしっかり者だ。高校からの友人で、大学で僕と付き合い始め、就職の後に婚約。仲良くなった高校時代、周りに冷やかされて、石黒が意地を張り、それに僕は、思わず苦笑い。就職した後、飲み屋で失恋の話を聞く。ダメだ、あの一連の流れしか思い出せない。止めよう!(笑)(GMは「ヲタクに恋は難しい」にはまっていた)
二階堂:良いんですよ読んで。読むと決めたなら!
GM:じゃあマンガを引っ張り出そう。「売り子として同伴可能です!」というところまで!(笑)
梅宮:なんだー、同人作家だったのか。知らなかったぜー。
GM:俺も知らなかったよ!(笑)飲み屋で失恋の話を聞く。ちょっと嫉妬して、「僕にしておけば?」その一言で交際を開始した。寒い日に待ち合わせ、初デート。就職して1年、婚約指輪を渡す。給料の3か月分ですか?
二階堂:(笑いながらサムズアップ)
嶋岡:婚約指輪が3か月分!?(笑)
GM:だったそうです!ちょっとしたケンカの後、いつもの通り仲直り。手を繋いで帰ろうとしたところで、ジャーム関連の事件が発生した。建物が倒壊し、なすすべなく二人とも巻き込まれた。彼女は致命傷を負い、僕もそうだったが、彼女の「生きて」の言葉で、僕はオーヴァードに覚醒した。こと切れた彼女を抱いて、茫然と残骸の奥に居て、うずくまっているのを、UGNに発見された。で、目を閉じて、開けたところに、二人が立っています。
宵ヶ崎:あー…けっこう、重かったぞ。記憶としては。ただ、最後に死んでるんじゃないかー!
嶋岡:気まずいなー!と思ってるよ!(笑)これ、あれですか?お互いの記憶を垣間見たってことがばれてるんですか?
GM:まあ、分かるでしょうね。
宵ヶ崎:二階堂さんも、多分紅ちゃんの記憶を持ってますよね。状況的には、そんな感じ?
GM:そんな感じ。これねー、順番に行ってるようなんだけど、時間軸的には、一瞬だと思う。
二階堂:あー、なるほどなるほど。じゃあ、失礼ながら。二人の目を隠すように、両手で、パッと。「ちょっと、今の、見たかな?」
嶋岡:あー…。はい、見ました。(笑)
宵ヶ崎:申し訳ありません…。
二階堂:「いやいや。僕もね、今まで声を忘れていたんだよ。人間、声から忘れていくって、本当なんだね。あれだけ酷かった記憶だったのに、もう忘れてしまっていた。」少しだけ茫然として。「あとは、そうだなー。僕もあの時は幸せだったし、彼女を幸せにしたかった。僕も幸せになりたかった。でももう、それはもう叶わない。けれど、僕は彼女を亡くした悲しみも、彼女の居ない世界で生きていく絶望も、自分自身のものだけでいたいから。この気持ちは、オモイデ様にももうあげないし、君たちにも、欠片だってあげない。だから、忘れてくれると、嬉しいなぁ。」と言って、悲しそうに笑った気配だけします。
宵ヶ崎:このっ…!!
GM:手の温かさを感じながら。
二階堂:そんな感じです。
深森:どこかの世界で、主人公になってそう…。
宵ヶ崎:二階堂さんは、PC1だから。(シナリオクラフトの)
GM:君は、自分の人生というゲームのPC1なんだよ。(笑)
二階堂:ははは。そうそう。
梅宮:人によって、難易度は違うけどな。
宵ヶ崎:ははは…。
二階堂:まあ、そんな感じで。お二人、どうします?
嶋岡:んー、困ったな。二階堂さんは男性だからなー。
宵ヶ崎:大人だったなー!すげー大人だ!じゃあ、「分かりました。」とだけ。寂しそうに。すげー寂しい記憶だったもん…。
嶋岡:二階堂さん。まあ、短い間ですが、二階堂さんにはお世話になっています。だからもし、二階堂さんに困ったことがあったり、何か辛いことがあったら、俺たちに相談してください。まあ、ガキの俺たちじゃあ、大した力になれないかもしれませんけど。
二階堂:じゃあ、その言葉を聞いて。「ありがとう。そういえば、そういう言葉を、他の誰かにも聞いたような気がするな。」と思ったら、他の人の声が聞こえても良いですか?相棒の。
宵ヶ崎:相棒!
二階堂:ちょっとだけそれを思い出して、相棒とのロイスが繋がって、相棒の声が聞こえてきます!(相棒とは、要するにシナリオクラフトで3回ほど共演した間宮のことである。)
宵ヶ崎:よし。間宮だ。「おーい、二階堂君!僕との縁が、君の生きる術になるって言うなら、それはどんなふうに使ってくれても構わない!ただ、必ず帰ってくるように!分かった?約束だよ!!」
二階堂:と言う声が、ふっと聞こえると、寧人君の声で、呼び覚まされて、ちょっとだけ湿った声で、「参ったなぁ。」という震えた声が聞こえてきます。
宵ヶ崎:うぉぉーぅ…!
嶋岡:そうか。それは、宵ヶ崎の肩をガシッと持って。後ろを向けますよ!(笑)男は、泣いてる姿はあまり人に見せるもんじゃないから!
GM:ウホッ!じゅるり。
梅宮:ここでGMが!!
GM:ケダモノのように!!
梅宮:このロールプレイから、ルージュを1点得ました!(笑)
GM:ハハハ!(笑)
宵ヶ崎:間宮さん、何ロイスになってる?
二階堂:Sロイス!
梅宮:Sロイス!?(笑)
宵ヶ崎:よし!!さっきのことを、よく思い出すように!ルール的にも!(笑)
二階堂:はい!ここで寧人君が、上手いこと紅ちゃんと一緒に後ろを向いてくれたので、少しだけ落ち着いたところで、二人の背中を押します。「さあ、前に進んでくれ。僕じゃあ、どこに進んでくれればいいのか、分からないから。君たちの後に付いて行くよ。」
宵ヶ崎:ただね、今度は、二階堂さんのロイスを使わないと。
二階堂:あー、そっか!(笑)
宵ヶ崎:そっちがハンドルを持ってくれたら、こっちがペダル漕ぐから!(笑)
二階堂:そんな感じですかねー。

PC5のオープニング

嶋岡:じゃあ、舟を漕いでいますよ。
GM:そうなのか。じゃあ、舟を漕いで、龍子島にやって参りました。(笑)竜宮城じゃねえの、と思いつつ。
二階堂:はい!(笑)
GM:えーっと、どうも、激しい戦闘があったようです。龍子さんは、地面に押し付けられて、腕をしぼり上げられて。かなりズタボロな感じで。
宵ヶ崎:怖いよ!?
嶋岡:やってるのは、誰!?
GM:顔は見えません。で、その前には、妙齢の女性というか、ぶっちゃけプランナーなんですけど。
梅宮:おいー…。
嶋岡:それは、助けに入るぞ。
二階堂:龍子さーん!
GM:過去の記憶を共有しているだけなので、このシーンには君たちは介入できないのです。
宵ヶ崎:うぇー!
GM:「随分とてこずらせてくれましたね、梅宮龍子。」えっと、昔のコードネームって何だっけ?
梅宮:忘れた。あの頃、多分無かった。
GM:じゃあ、何か番号で呼ばれます。「そんなに簡単にファルスハーツから脱走できると思っていたんですか?」腕掴んでるの、やっぱり馬走にしよう。
梅宮:馬かー!(笑)
GM:その方がやっぱり、因縁的に面白い。もちろん、馬だけに負けたわけじゃないけどね!
梅宮:馬は防御力が高いからよ。(アーマークリエイトとかで)
GM:馬は殴っちゃいけないのに、馬は毎回入って来る!(笑)
梅宮:うーん、そうだな。じゃあ、馬に向かって、「離せよ!!」と叫ぶか。
嶋岡:じゃあ、離します。
GM:「大人しくして下さい。」「確か、あなたには妹さんが居ましたね?」
梅宮:じゃあ、「乃花に何をする気だ!」と。
プランナー:では、こうしましょう。彼女には何もしません。
梅宮:え?
GM:「ただし、あなたには…」と言って、薄く笑う。「何をしてもらいましょうか?」
梅宮:うううううーっ!これは、嫌な予感がするぞっ!
GM:で、ここで、何らかのEロイスなり何なりが使われて。プランナーがジャームかは分からないんですけど。プランナーパワーだったら、きっとEロイスも使えるに違いない!(笑)
宵ヶ崎:何となく納得してしまう!(笑)
GM:彼女の目が赤く輝いたら、鳥っぽいものが飛びますよ!(笑)
梅宮:ええー!?鳥!?
GM:まあ、ネタなのでおいといて下さい!(笑)
梅宮:は、はい。
GM:で、あなたの記憶の一部が欠損します。つまり、妹が生きていること。
梅宮:え?これ、最近の話ですか?
GM:うーんとね、けっこう前の話。10年くらい前の話。
嶋岡:なんか、梅宮さんが若いわ!(笑)
梅宮:うん。あの頃は茶髪だったんだ。
二階堂:高校生!?
GM:もう一つ。自分は脱走できたんだって、そういう風に記憶が上書きされます。で、その後ちょいちょい、記憶に操作が入るんです。思い出しかけたら、消されるとか。何かの拍子に、警察官になってみようと思うとか。それは本当の自分の意思だったのか、それとも相手の操作だったのか。その辺がよく分からないまま。
梅宮:て、ってことは、それを思い出させられて、…
GM:一番大事なのは、妹さんは生きている。馬走のところに、彼女は居るっていうことを思い出します。
梅宮:え、じゃあ、全部、私はプランナーの手のひらの上で、遊ばれていたのかー!!というところで、帰って来るわけか!!
宵ヶ崎:な、なんだってー!?
梅宮:そこで、どうしようかな…大の字になって、そこらへんに横たわるか…。(笑)「もうやだ、こんなのー!」
GM:こんな人生イヤダー!(笑)
二階堂:もしもしー!?
GM:あなたと、妹さんの10年間を奪ってきたのは、10年間だったんだよ。ということを思い出しましたよ。
嶋岡:プランナー許すまじ!(笑)
宵ヶ崎:いやでも、妹さんが生きてるのが確定した!
梅宮:そんなことは分かってたんだよ!?何となく分かってた!
GM:それでね、馬がとある時期に面影島に来てたのもね、妹さんを復活させないためだったんだよ。縁切の祭りの前後に合わせて来てたんだ。
梅宮:そういうことか。え、何でですか?復活できるんですか!?
GM:だから、一部だけでもそれっぽい動きをするような、生き人形のようなものが黄泉還ってくるんだけど。それをさせないように、龍子さんが「妹は生きてる!」って思うように仕向けるんですよ。
梅宮:ああ、だから下手に証拠を残していくんですね。
GM:あれはむしろ、妹さんの…まあ、そこからは馬の心に触れてやってください。(笑)
梅宮:ははは…。(笑)
宵ヶ崎:ああ、そうか。馬は島に来てたわ…。
二階堂:じゃあ、龍子さんに駆け寄らねば。
嶋岡:大の字に寝転がってるところに、3人が立ってるんですね。(笑)
宵ヶ崎:応急手当キットあるんですけど、使います?
梅宮:「見んなよ、もう…。」と言いながら、起き上がりますよ!(笑)
二階堂:龍子さーん!
宵ヶ崎:目が醒めました?
梅宮:いやいや、良いから良いから!(笑)それにしてもあのクソ女、今度会ったら…!!
宵ヶ崎:それはどっちに対して?
梅宮:プランナーの方に対して。
宵ヶ崎:良かった!
GM:馬にそれをされると、俺、かなり泣くなぁ…。(笑)
梅宮:馬にそんなことはしないよ!でも大丈夫だよ。馬はちょっと殴ったくらいじゃ、ダメージ入らないよ。防護点20点くらいあった気がするからさ。(笑)
二階堂:メタいメタい!(笑)
GM:そこ!?そこなの!?
宵ヶ崎:あ、そうだ!妹さんは生きてたんですね!
梅宮:ああ、何となく分かってた。あいつ、わざわざ証拠を持ってきてくれてただろ。来る度に!!
GM:あれ、証拠なの?
梅宮:何となく。だって、あいつはあんなのより、派手な花を持ってきそうじゃん!
GM:え!?ビオランテくらいのやつ、持ってこないと駄目なの!?(笑)
梅宮:あ、良いね良いね…ってビオランテは違うから!ゴジラと戦えるやつだからそれ!(笑)
宵ヶ崎:で、記憶を思い出して。
梅宮:ハズかしいなぁ、もう…。
宵ヶ崎:恥ずかしいとは?
梅宮:もっとマシな記憶もあるのにね、どうしてこんな記憶を見せるのかなぁ…。
GM:上流の方から流れてくるんですよ。プランナー殺すべし!って!(笑)
二階堂:まあ、そんな感じで。龍子さんが、自分の口で言うことだけを僕は信じてるから、今のは忘れることにするよ。
宵ヶ崎:そうですね。私たちは、何も見てませんでした!
梅宮:「そうだねー。」と言いながら、涙をぬぐって。「よし行くか。」
GM:じゃあ、このレアなシーンを心のシャッター切っておこう!
梅宮:お、おう…。
GM:で、二階堂さんのあれやこれやは、知ってるの?何か言う?「君には分けてあげない。」とか言ってるケチンボが居るけど。
梅宮:知らなかった。じゃあ、「さっきのあれ!くっそマブいじゃねーかよ!」と言いながらタックルするか。悔し紛れに。
二階堂:じゃあ、手で受け止めさせてもらおうか!バシッと!(笑)それにしても、ここで何を龍子さんに言うべきか。
梅宮:もう何も言わんといてくれい…。(笑)
二階堂:そうですね。もし何か僕に出来ることがあれば、みんなで協力するから、言ってくださいね。
梅宮:「そうだね…。」そんな感じでしょうか。
GM:皆でプランナーを殴ろうっていう。
宵ヶ崎:ですね。
二階堂:まあ、みんな絶ゆるですけん!
嶋岡:じゃあ、端っこの方で、笑いを噛み殺してますよ!(笑)
GM:笑いなのか!(笑)
宵ヶ崎:端っこの方で、「仲いいなぁ。」と思ってますよ!(笑)
二階堂:あ、そうだ。まだ誤解されたままだ。(笑)
宵ヶ崎:よし!じゃあ、4人揃った!というわけで、こっちがまさらのロイスを持ってるので、それを辿って会いに行きましょう。
GM:これで会いに行けます。
二階堂:良かった良かった。

PC3のオープニング

GM:では、まさらの居る空間というか、時間というか良く分かりませんが、やって参りました。そこには、2人のまさらが居ます。
宵ヶ崎:へ?何か、大きさに違いはありますか?
GM:んー、無いです。でも、カラーリングが違います。
梅宮:カラーリング?2Pカラーか。
GM:2Pカラーですね。まさらはアルビノなので白いんですけどね、向こうは黒髪に、金色の目。
宵ヶ崎:金色の目。キンメダイっと。
二階堂:ハハハハ!!(机に伏せて爆笑している)
GM:それでウケ取れるの!?ずるいなおい!!(笑)
宵ヶ崎アルビノと黒髪なんですね。
プランナー:あら、あなたたちから見たら、こう見えてしまうんですね。困りました。
梅宮:カメラ目線だ!この女、カメラ目線だ!!
深森:え?ええ?みやこちゃん?
宵ヶ崎:黒髪、金目のみやこちゃん?
GM:「私の存在がばれてしまったということは、」首をかしげて。「まさら、あなたはもう要りませんね。」
深森:え、どういう意味?みやこちゃん。要らないって?
GM:「言葉通りの意味です。少し邪魔ですね。あなたは消えなさい。」と言って、圧力をかけられるんですけど、それであなたの体は薄くなっていく。何かしますか。
嶋岡:そりゃあ、深森の名前を呼んで。介入できるんならば、介入するが。
GM:じゃあ、嶋岡が深森の名前を呼ぶ?
嶋岡:うん。
プランナー:おや。邪魔するんですか?
嶋岡:そりゃあまあ…。介入できるの?
GM:会話はできるけど、介入か。それで若干、圧力が減ったような気がする。
宵ヶ崎:それなら、こっちも介入しますよ!「支部長!」
二階堂:こっちも、「まさらさん!」と呼びます。
深森:あ!みんな!
嶋岡:みんなの声が聞こえるのね。
梅宮:じゃあ、プランナーに向かって飛び蹴りを…。(PCが持っている情報としては辻褄が合ってないが、プランナー絶ゆるパワーで飛び蹴りをしてしまった梅宮)
GM:飛び蹴り?じゃあ、怪しげな障壁に阻まれます。(笑)「何をするんですか。この世界では、物理攻撃は無駄ですよ。」
宵ヶ崎:そうなんだ!?
梅宮:エェー…なんだとー…。ATフィールドか。
嶋岡:みんなの想い(物理)だ!(笑)
GM:そんな感じそんな感じ!(笑)
宵ヶ崎:支部長の手を掴みに行きますけど。
二階堂:こっちも。
GM:じゃあ、触れなかったり、触れたりする。そうですねー。私に対して、何か質問とかしませんか?(笑)
宵ヶ崎:じゃあ、お前は何者だ!
梅宮:「いやいや!こいつはプランナーだって!」と言いながら、まだ謎の障壁に張り付いて頑張っています。
深森:だけど、見た目は子供ですよね?
GM:星座の紋章を書きながら、流星拳の構えを取る。(笑)
宵ヶ崎:でも、こっちは分かってないし。「みやこちゃんとか言ってたけど、こいつは誰だよ。」
プランナー:私は都築京香。
深森:都築京香?
プランナー:まさらには、みやこちゃんと呼ばれています。
宵ヶ崎:それ以上は?ファルスハーツ日本支部長ってことは知ってるけど。
プランナー:それは、もう一人の都築京香のことですね。
梅宮:は?ってなるけど。
宵ヶ崎:え?プランナーっていっぱい居たっけ?
プランナー:ええ、私はある意味二人目ですが。
嶋岡:そういうネタはいいから!(笑)
深森:え、みやこちゃんが都築京香で、私の中に居て…
プランナー:あなたは私が作り出した、仮想人格です。UGNに潜入するために、ひどく都合が良かったんですよ?あなたはよくやりました。
深森:仮想人格?
プランナー:偽物です。深森まさらという人間は、この地上に存在しません。
深森:膝が折れて、へたりこみます。(床に座る)
GM:本当にやるなよ!(笑)
梅宮:UGNも大したことねーな。結局プランナーの手のひらの上で遊ばれてるじゃねーか。
宵ヶ崎:「支部長落ち着いて下さい。」一番落ち着いてない紅が言いますけど。
深森:あの…えっと…仮想人格?だけど私、おじいちゃん…が居て…友達も居て。
梅宮:ちょっと待って。そこで深森を抱えられるんなら、プランナーが居る方から反対側に引っ張って行きます。「お前はもうこれ以上言うんじゃねぇ!近寄るな!!」と言って引っ張っていきたいんですが。
GM:じゃあ、そこまでは許しましょうか。じゃあ、不思議そうに、彼女は君たちを見ています。「そうですね、まさら。おじいちゃんのことも、お友達のことも、よく覚えているようですね。」
深森:それは、忘れっこないよ。…
梅宮:良いエフェクト無いかなぁ、クソッ…
二階堂:会話中だから、落ち着いて!(笑)
プランナー:そういう設定こそが、人格にリアリティを持たせるのです。
深森:「え!?だって!?」ポケットの中から、おじいちゃん手帳というか。喜楽紅茶店店員心得を取り出します。
プランナー:よくできてるでしょう?私の手書きですよ。
宵ヶ崎:マジか!?それはそれで価値がありそうだが。
プランナー:おじいちゃんも、お友達も、存在しません。あなたと同じように。ここに至っては、あなたの存在は少々邪魔です。少しでも私の記憶容量を節約しておきたい。あなたは消えて下さい。もう、あなたは不要なのです。あなたのことは、こちらで処理致しますから。
深森:だ、だめっ!!あ、あ、あなたがプランナーだとしたら、あなたのなすことは、自分のプランなんですよね?だけど私は、UGN支部長なんです。霧谷さんに頼まれたことを、ちゃんとやり遂げて、それを報告する義務があるんです!ここで私が消えたら、誰が霧谷さんに、そのことを報告して責任を取らないといけないんですか!?
あなたは責任など取る必要はないのです。
宵ヶ崎:ありゃあー。
プランナー:なぜならあなたは、嘘だから。
深森:「だけど!宵ヶ崎さんも、嶋岡さんも、私の事は知ってるんですよ。」えーっと、どうすれば良いんだ。「宵ヶ崎さんと約束したんです。小鳥遊さんを助けるって。」
嶋岡:おおー。
深森:梅宮さんにもたくさん協力して頂いたのに、まだ妹さんのことは…
梅宮:「これ以上言わなくていい。」としか言いようがねー!
GM:「それもまた、嘘なのですよ。」と言って優しく笑い、君は消えます。
梅宮:ウウワァー!?
二階堂:消えるの!?
嶋岡:えっ!?それは介入できますか?
GM:どう介入します?
嶋岡:具体的に言うとですね。ゲーム的には、深森にロイスを取って、ハートレスメモリーを使用します。
深森:え?
宵ヶ崎:でも、多分そういうことですよね。
GM:そっちで来たかー。その発想は、あったけど無かった。
二階堂:こっちもロイス取ったら、何かプラス補正付きますか?
GM:じゃあ、ロイス取った瞬間に、彼女がやや、…Sロイスはあるかい?
嶋岡:Sロイス?普通に、キズナにSロイス取ろうと思ってたんですが…。
宵ヶ崎:じゃあ、消えそうになった瞬間に、まさらさんをSロイスにしますよー。
梅宮:こっちもやるっきゃないか。Sロイス取った。
宵ヶ崎:「支部長!」と言って。今、姫抱っこ状態ですかね?
梅宮:かもなー。ちっちゃいから、持てると思うし。(笑)
GM:2個か。実はSロイスの数、意味があります。
二階堂:ちょっと待って…!!
GM:そこは勘定に入ってません。
二階堂:良かった良かった!ポッと出だから良かった!(間宮へのSロイスを守り抜いた二階堂)
GM:ぶっちゃけこの後、プランナーと一緒に冒険したいですか?深森ですか?
嶋岡:ああー…。しょうがない。深森をSロイスに指定しよう。
宵ヶ崎:誰がプランナーと一緒に冒険するかゴラァ!
GM:じゃあ、みやこちゃんという主人格と副人格が逆転します。で、みやこちゃんが消えて、まさらの方がこの場に現れます。
深森:アアー!!
宵ヶ崎:よっしゃー!良かったー!
深森:「私、消えたんじゃ…」と言って、手を見る。
嶋岡:まさらの手を掴んでるけど、こう言うよ。「消えるわけないだろう。本当の深森は、ここに居るんだから。」
深森:私、偽物じゃ、なかったの?
梅宮:大したことなかったじゃねーか!プランナー!!(笑)
宵ヶ崎:見たか!(笑)
GM:まさらの隣に、ぼんやりとみやこちゃんが現れて、「いえ、あなたは偽物ですよ。でも、彼らにとっては本物だったようですね。これは、完全に計算外でした。まさか、私が体を乗っ取られるとは。」
梅宮:とりあえず、まさらを嶋岡のところに預けて。プランナーに向かって漆黒の拳を叩きこむ。
GM:当然すり抜けます。
梅宮:あっ!クソッ!(笑)
プランナー:あなたの妹さんを奪ったプランナーは、私ではありませんよ。
宵ヶ崎:プランナーいっぱい居る!(笑)
嶋岡:プレイヤー的に言うとですね、プランナーは同位体と言って、複数存在するらしいので。(笑)
梅宮:へー!
宵ヶ崎:まじでか!
二階堂:代わりが居るもの!(笑)
GM:「ええ、私は、今のプランナーのバックアップです。少々看過できないことができたので、あなた方を使ってこの1件に介入するつもりでしたが、失敗したようですね。」少し、面白そうに。
梅宮:何が面白いんだよ、こいつ。
プランナー:面白いですよ?まさらは本来は存在しない人間。それが私から生まれて、今自我を持ち、一人で新しい道を歩もうとしている。これが面白くなくて、何が面白いんですか。
宵ヶ崎:お前に巣くわれる方は、たまったもんじゃないな。
GM:「レネゲイドの進化には、このような方法もあるのですね。」みやこちゃんはあなたの方を向いて、少し微笑んで。「しょうがありません。こうなったら、あなたの一番傍で、あなたの行く末を観察させて頂きましょう。」
梅宮:残る気か、こいつ。
GM:これ、失敗すると、レネゲイドビーイングでキャラクター作り直して、昼から参加し直しってことになる予定だったんですけどね。
二階堂:ウワーッ!!(笑)
深森:私、レネビになるところでした…。
GM:プランナーが人間なのか、レネゲイドなのか良く分からないんですが、人間深森まさらとして、ここに再誕しております。
宵ヶ崎:良かったー!良かったー!ふあ~!(笑)
GM:付いて来れてますか?
嶋岡:大丈夫。まあ、キャラクター的には、込み入った話は全く分からないんだけどな。(笑)
プランナー:さあ、あなたはまさらなのでしょうか、みやこなのでしょうか。どちらでしょうね?
深森:島に来てからは、まさらでしたけどね…。
GM:源田と一緒にうろちょろしている時は、みやこちゃんだったんですけどね。
嶋岡:まあ、深森は深森だろう。
二階堂:守るべき小さな女の子であることには変わりない。おまわりさん的にはね!
深森:近くで観察されてるってことは、あなた、都築京香に見られてるってことですよね。大丈夫ですか?深森を見てるってことは、他の人の行動も見てるってことじゃ…?
GM:あなたの中に居るだけなので、君に色々と要らんことは言えても、他の人の人生を、君を通してどうこうすることしかできないよ。
宵ヶ崎:おー…。
二階堂:「大丈夫大丈夫。恥ずかしい人生は送らないよ!」と言って、頭を撫でておきます。
深森:ありがとう、ございます。
嶋岡:まあ、みやこちゃんが言う嘘とか本当とかは俺にはよく分からないけど、この島で出会って、一緒に色々やってきた深森は嘘じゃないと、俺は思っているよ。それにさ、仮に嘘のことがあっても、これから先は良いんじゃないか。これからは、深森がやりたいことをやっていけば良いじゃないか。深森の名前の通りに、未来にはきっと、真っ白なページがあるんじゃないか。そこに、深森がやりたいことを書いていけばいい。
深森:「あ…ありがとうございますっ!!」皆にぺこぺこしながら。「紅さん。」
宵ヶ崎:どうしました、支部長。
深森:小鳥遊さん、助けましょうね。
宵ヶ崎:一瞬ハッとした顔をしてから、「はい。」と言って、にっこり笑う。「その約束は、本物ですからね。」
梅宮:深森に一言言って良いですか。「あのクソ女が何か言ってくることがあったら、全部みんなに報告するんだぞ。一人で絶対抱え込むなよ!」
深森:はい!(笑)
宵ヶ崎:じゃあ、円陣組みましょうか。
深森:警察の皆さんも、事件解決まで、色々とご協力をお願いすると思いますが…
梅宮:立件できる限りは立件して、社会的にも裁きを受けてもらおうか!あのアホみたいに。
二階堂:「こちらこそ、よろしくね!」と言って敬礼!
深森:よろしくお願いします!
GM:みやこちゃんね、この精神世界に居る限りは、ぼやけて見えます。重なるように。なので、会話しようと思ったら、できますよ。
宵ヶ崎:じゃあ、情報を引き出すこともできるのか。「お前の目的は何?」とかかな。
プランナー:今稼働しているプランナーを止めることです。
宵ヶ崎:え?つまり、日本支部のプランナーと、ここに居るプランナーは、目的が別?
GM:なので、両方の命令を受けていた源田君は、非常にやりづらかったんです。
宵ヶ崎:源田君、可哀想!
梅宮:ファルスハーツって本当にグダグダだな!
深森:それを想うと、「源田さん、ごめんなさい…」ってつぶやいてしまう。(笑)
GM:言わなくていいことを、ぶっちゃけたこともあったしねー。
嶋岡:一応聞いておくよ。みやこちゃんの目的は何なの?もう一人のプランナーは、オモイデ様の力を借りて、何をしようとしているの?
プランナー:それについては、私の口から説明するより、本人の口から聞いた方が良いでしょう。
梅宮:それに、こいつの話は本当に信用しても良いのか?って気はする。
GM:「そうでしょうね。私の話は信用ならないでしょうね。」と言って、嬉しそうに笑う。人と話ができるので、少し楽しいんでしょう。
宵ヶ崎:こいつ!
嶋岡:とりあえず、みやこちゃんの実在は証明された。(笑)
二階堂:その話、今聞きましたわー。(笑)
嶋岡:何か、どうやらオモイデ様は暴走しているらしいので、その暴走を何とかすれば、この現象は止まるらしいので。オモイデ様に会いに行く方法を、探せば良いとキズナが言ってたよと言います。
二階堂:じゃあ、メインルートに戻りましょう。
GM:じゃあ、ミドルフェイズに入りまーす!

続く。

BLセッションをするときは、必ずプレイヤーの地雷についてリサーチするんやで。せんかったら死ぬで。(ブログ主からのメッセージ)