Cobolerのリプレイ置き場

趣味のテープ起こしを活かした、TRPGのリプレイ置き場でございます。

UPされた記事はいつ書き直されてもおかしくない状態で公開されています。 あと、記事を上書きで更新することが多いです

ハートレスメモリー「Heartless Memory ハートレスメモリー」 その1

f:id:Coboler:20160508230536p:plain

daitokaiokayama.hatenablog.com

これの続きです。

ハートレスメモリー4話のリプレイを早速始めていくよー。ちなみに今回は、ベネッセ本社の近所にある旭公民館で開催されました!庭で何かのイベントが開催されてたけど、別に屋外でセッションしてたわけじゃないよ!

成長報告

嶋岡:嶋岡寧人です。最近、さすがに攻撃力不足を感じましたので。わりと宵ヶ崎が強いので、負けないようにと思って。
宵ヶ崎:いやいや!そんな事ないですよ!
嶋岡:えーっと。初めからの夢である、炎の刃を4レベルまで伸ばし、アマテラスを2レベルで取りました!以上!そんな感じ。これで火力が上がるよ!
宵ヶ崎:やったね!
GM:色々どうかと思った。
宵ヶ崎:どうかと思う編成なのか。じゃあ、PC2行きまーす。紅ちゃんですが、まず、副能力値の製菓と射撃が1上がって、それぞれ2になりました。エフェクトなんですけど、まず、ハンドレッドガンズが2から5だったかな。ふふふ。これで、レベルが最高レベルになったので、リミットエフェクト、魔弾の悪魔を取得しました!これで、レベル回分、達成値が10上がる。これがシナリオ中2回。ふふふ!これでもう負けない!多分。
GM:ダイス目で勝てばいいんだ!(笑)
宵ヶ崎:ううー!
二階堂:大丈夫だよ紅ちゃん!0を3つ、4つ出せばいいのさ!
宵ヶ崎:そうだね!うん!(笑)
GM:まあこのGM、目が悪いので…。
宵ヶ崎:そんな感じですー。と言う訳でPC3。
深森:うわぁぁぁ…。えーっと、深森まさらの成長報告です。戦場の魔術師、アドバイスのリミットエフェクトを取りました。癖なんですけど、レベル5まできっちり…。3体まで出来るので、私の後の順番の方には全部できます。
宵ヶ崎:強い!
深森:あと、お茶の知識を増やしました。何か経験点がちょっと余ってたので…。以上です。
GM:4枠の方。
二階堂:二階堂周です。成長報告としては、絵が増えた。(下図)

f:id:Coboler:20160508230727p:plain

それって、焼酎じゃろ?というイラストがキャラシーに描かれていました!ちなみにこの写真は、Office Lensで撮りました!色はともかく、歪みを勝手に補正してくれる優れものだよ!

GM:それは…アップロードした方が面白いのではないかと。(笑)
梅宮:後で写真撮らせてください。(笑)
二階堂:分かりました。(笑)あと、扇動の香りが7になったので。
嶋岡:7!?
二階堂:命中ダイスが+7dになりました!
宵ヶ崎:恐ろしい!(笑)
二階堂:後、力の霊水が5になったので、攻撃ダイスが+5されます。最終的に抗いがたき言葉と組み合わせてオーバードーズも合わさるので、+7されます!皆さん、攻撃力不足なんて、そんな事は言わせないぜ!というわけで、抗いがたき言葉のダイスペナルティが9になりました!
梅宮:おー!
GM:何でそんなの持ってるの!?
梅宮:ピュアだからでしょう。
嶋岡:メジャーでやることが無いからだよ!(笑)
二階堂:と言う訳で、支部長の手の届かないところに、痒い所に手が届く、都合のいい男二階堂!以上です!(笑)
GM:ホラ足の裏掻けよ!みたいな。(笑)
二階堂:孫の手と呼んでくれ!はい!
梅宮:孫の手男ー!えーっと、龍子さんは、前からやりたかった、蛇の動きとリフレックスをセットで取りましたー。レベルは1なんですが、まあその時には、ダイス増えてるでしょ、ということで。
宵ヶ崎:ということは、9でクリティカル?
梅宮:残念ながら。なので、そこはこれからですね。えっと、後は異世界の因子を取りました。これで、急に伸縮腕が要るとか言われたら、コピーする。
深森:おおー!
梅宮:手番がほぼ最後だから!多分GMが嫌がることができるにゃーと思って、取りました。敵のエフェクトもコピーできるからね。
宵ヶ崎:帰還の声をコピーするとか。
梅宮:それも良いね。あと、白兵と回避も伸びたよ。
二階堂:やったね!
GM:こんな感じの5人で始めていきたいと思います。今回予告!
梅宮:はいっ!どうなのかなー。練習してみたっちゃ、してみたんだけど。
GM:オレはネタを入れてくれる方を期待していたんだけど。
梅宮:あー、じゃあやろう。テレッテー♪

ここで梅宮のPLは、北斗の拳の予告編風に以下の文章を読み上げた。ナレーション千葉繁のハイテンションから、落ち着いた声色でケンシロウ神谷明が「北斗の掟は俺が守る」と言う様子まで再現していたつもりらしかった。そして時々、小さい「あ」が入るところまでこだわっていた…。

哀しき兄妹の想いは潰え、時計の針は時を刻む。 記憶の迷宮の中で2つのプランは交錯する。奪われる記憶、甦るオモイデ達、始まりの君、終わりの貴方。

喪ったものと与えられたものは等価なのか。

幾多の時間、幾度もの戦い、幾重にも連なる世界の中で私達の選択は。

ダブルクロス The 2nd→3rd Edition
ハートレスメモリー第四話
「Heartless Memory ハートレスメモリー」

ダブルクロス――
それは裏切りを意味する言葉

それが世界の選択。

梅宮:それが世界の!!あ選択ウゥゥゥー!!!…と。
二階堂:はい!(笑)
GM:声芸ずるい!!(笑)
梅宮:だってさあ!私はマッドマックスが好きだって言ってるのにさ、GM北斗の拳のネタ期待してるじゃない。
GM:いやぁ、どうだろう…?分かるのは、そっちだっていう、申し訳ない現象が…。(笑)
梅宮:私もさぁ、イチゴ味しか読んだことないんだよ!?
宵ヶ崎:知らんわ!(笑)
GM:ハハハ!それはそれで酷い!!(笑)
宵ヶ崎:場が温まりました!(笑)
二階堂:リプレイ書くときに、ちゃんと声芸してましたって書いておいてね!(笑)
GM:いや、リプレイ読んでもわかんないじゃん!顔芸と一緒で!酷いものを見たわ。ほくほく!(笑)

この後PC間ロイスとシナリオロイスを云々しているのですが省略。

オープニングフェイズ

幻影の創造

GM:ざっくり始めますねー。
二階堂:開始とあいなりますー。(拍手)
宵ヶ崎:イェーイ!(拍手)
GM:まずはマスターシーン!自然道を利用した面影神社本殿。その奥に鎮座した巨大な水晶に似た結晶体・オモイデ様のご神体。それは、周囲を白く染め上げる強烈な輝きを放っていた。まばゆい光の中、不気味に笑う男。ひょっひょっひょっひょ。
嶋岡:それは!前回と違う気がするが!(笑)
梅宮:前回は3段笑いでしたよね!
GM:今日は上手く声出せないの!FHエージェント、"クロックメーカー"美作重陽。「くく、素晴らしい。素晴らしいぞ。賢者の石など比べものにならない。これが純粋なるレネゲイド、レネゲイドビーイングの力。エンジェルハイロゥの光。モルフェウスの物質創造と、ブラムストーカー、ソラリスによる形状・形質変化と操作。はは、なるほど、この島全体がオルクスの領域か!あらゆるシンドロームを内包しているというのか!」
深森:んんー!?
嶋岡:説明セリフってやつだ!(笑)
GM:美作は両手を広げ、笑いながら洞窟の中を歩いて行く。その手に埋め込まれた賢者の石が、やはりまばゆい光を放っている。足元には、六白霧人の死体。そして、気を失っている君たちの姿。だが美作は、倒れた者を無視して歩を進める。洞窟を出た美作の前には、夜空までをもまばゆく染める、島全体を覆う光。「さあオモイデ様、無常なる記憶の集合よ。この島に住む1000人の生贄を捧げよう。その記憶、全てを食らいつくすが良い!」美作はオモイデ様を暴走させ、その記憶領域に飲み込まれていく。そんな感じでございます。
宵ヶ崎:ほうほう。
GM:「そして、進化したその力を、わがファルスハーツとわが主に捧げるのだ!」で、例の3段笑いをしながら、自信も光に飲み込まれていく。と言う感じで。
宵ヶ崎衛星写真にも写りそう。だって、イカ釣り漁船の光だって宇宙から見えるんだよ。
梅宮:ですよねー。
GM:はい!イカ釣り漁船で大賑わいの面影島でーす!
二階堂:はーい!(笑)

PC1のオープニング

GM:PC1!シーンに登場して下さい。シーンプレイヤーです。
嶋岡:とはいえ、みんな居るんですよね。
GM:ところがですね。今回は若干趣向が違いまして。
嶋岡:違うのか。
GM:あなただけです!色々説明しなきゃいけないことがあったり、会話しなきゃいけない事があったりするんで!まあ箇条書きで行きますね!(笑)
嶋岡:え?(笑)
GM:ふと気が付くと、君は見知らぬ場所に居た。見知らぬ、いや違う。建物や道路、一切の人工物がないために気づかなかったが、よく見ればここは、面影島だ。 不意に、目の前にキズナが姿を現した。そして、彼女は言った。ウホッ。
宵ヶ崎:え?
梅宮:またかよ。
GM:…ごめんなさい。「ここはオモイデ様の中…記憶の迷宮よ」
嶋岡:どういうことだ。
GM:人も、人工物もない、自然のままの面影島。そういう風に、辺りを見渡すと思うんで。先程まで夜だったはずの空は、抜けるように青く晴れ渡り、太陽は中天で輝いている。いつもは夜にしか現れないキズナ。陽光の下で見る彼女は、やはり半透明に透き通り、よく見れば足も宙に浮いている。で、キズナはこの場所について。「えぇと、上手く説明できないんだけど…私の思ってるところは、こう。今の皆は、心がオモイデ様の中に吸い込まれている状態なんだと思う。夢を見ている、とも、ちょっと違うかな。ここはオモイデ様の中。この島で暮らしてた人の、記憶とか、思いとかを保存する場所。今なにも見えないのは、わたしたちがまだ、それにアクセスしてないから。黄泉還りは、ここにある記憶から、オモイデ様がその人を再現していたものなの。誰かの想いが強ければ、オモイデ様はそれを読み取って、実体化させるの。それが黄泉還り。今は、その読み取る力が暴走している感じなんじゃないかな。相手の意識を奪うほど強い力で…こんなの、初めて見たよ。あの美作って人が何かしたのかな…」そんな感じ。
嶋岡:んー、良くは分からんが、オモイデ様の中っていうことは、何となく分かった。
GM:と言う訳で、選択肢があります。

  • 現在の状況について訊く。
  • 何故わかるのかと訊く。
  • オモイデ様について訊く。
  • この状況を解決する方法について訊く。

嶋岡:情報項目?
GM:いえ。会話項目。
嶋岡:ハハハ!(笑)
梅宮アドベンチャーゲームか!!(笑)
嶋岡:じゃあ、上から聞いてみるか!(笑)
GM:現在の状況について訊いた!(笑)「お祭りの時は、儀式が行えない、縁切りができないって状況だったの。つまり小春ちゃんが、オモイデ様のアクセスできなかった。島の皆がおかしくなったのもそのせいだと思う。でも今はオモイデ様の方から、島の皆を取り込んでる…暴走してる。」最初の選択肢に戻りますか。
嶋岡:はい、そうですね。(笑)
GM:はい!何故わかるのかと訊く!「私も完全に理解している訳じゃないんだけど…私はオモイデ様の一部とか、子供?みたいなものなんだと思う。私は昔死んだんだよね。で、気が付いたら島に居て、時々夜にだけ姿を出せるようになって。消えてる間は眠ってるみたいな感じで、ここで夢を見ていたの。」選択肢に色が付きます。既読のやつだけ。
嶋岡:ハハハ!分かりました!そういうことね!(笑)

今回のセッションは、概ねこんな感じで時短して進行していくよ!TRPGなのに、まるで電源ゲームみたいだ!

二階堂:あるあるある!
嶋岡:びっくりした!最後の選択肢を選んだから、次のシーンに進むのかと思ったぜ。(笑)
GM:オモイデ様について!「オモイデ様のことは、私もよく分からないの。何だろう、人間みたいな、そういうはっきりした意思は持ってない、と思う。」
嶋岡:まあ何か、神様っぽい存在らしいからなぁ。霧兄の話では。
キズナ:今、みんなの体は眠っている状態。島のみんなも多分そうだよ。私も今は、外を見れないけど、何となく分かる。このまま放っておいたら、みんな衰弱して死んじゃうんだ。
嶋岡:まあ、そうだろうな。(笑)
宵ヶ崎:現実的な死に方だ!
キズナ:オモイデ様に会えば、この状態をどうにかできるかも。
嶋岡:ほう。じゃあ、オモイデ様に会えばいいんだな。じゃあ、選択肢は決まったぞ。
GM:「でも、私には今、オモイデ様がどこに居るのか良く分からないし…」宙にふわふわ浮きながら。しばしあって、キズナはひとつ頷いた。「うん、分かんない!」
深森:分かんない?
嶋岡:ああ、そうですか。(笑)じゃ、まいっかー。とりあえず、皆が居ないんだよね。とりあえず、みんなと合流しようとしますよ。
GM:「うん。だから知ってる人に訊いてみよ…あ、待って待って。」動こうとする君に追随してくるよ。
嶋岡:いや、キズナの腕をガシリと掴んで、持って行きますけど。(笑)
宵ヶ崎:ガッシリ!
嶋岡:いや、実は掴めるんです。賢者の石がある方の手だと、掴めるっていう話なので。
GM:んんー。ここまでは良いか。
嶋岡:まだ何か他にイベントがあるの?バラバラにしたからには、それなりに意図があるんじゃないかと思って。

GM:んー。意図はあるんだけど。だから、ミドルの最初のシーンだけやろうかと思って。まあいいや、やってしまうね。ミドルに入るから、シーン変えるね。
梅宮:わしらのオープニングは無かったぞ。
GM:そうすると、そーなるんだよなー。そうか、個々の話をオープニングに持って行けばいいのか。そういう感じでやって行くわ。
嶋岡:続き~。
GM:面影島の中心部。かつては街の中心部だった場所は、今はまばらな木々と草原しか無い。キズナはフワフワと、どこかを目指して進んでいたが、ふと足を止めた。「このへんかな…よいしょ」突然、何もなかった原っぱに、唐突に民家、それも現代風のものが現れた。
嶋岡:おお、何ですか?
GM:六白家。神無の家ですね。だから、ゲーム的にちょっと箇条書きで説明するね!キズナの情報量が多すぎて、会話では出せないんで…。この記憶領域の中には、死者の記憶と人格が保存されている。対象のロイスを保持しているPCが願うことで、その人物に会うことができる。手がかりを持つ人物と話すことで、情報を手に入れることができるだろう。「あそこは神無ちゃんの家だよ。」自分の家とは言わない。「この記憶領域の中には、死んだ人の記憶とか、想いとか、人格とかが残ってる。だから、会いたい人を思い浮かべて扉を開けば、その人に会えるんだ。色んな人に会って話を聞けば、オモイデ様と会う方法が分かるかもしれない。」
宵ヶ崎:ほうほう。
キズナ:ここに居る人は、その、死ぬ前には気づいてなかったことも、分かったりするから。わたしは、ここからついてはいけない。ごめんね。力を使ったから…眠い、かも
嶋岡:そうですか。じゃあ、「ありがとう、キズナ。」と言って、ちょっと笑うかな。消えていくのかな?それとも、ここでスヤァ…ってなるの?
GM:「オモイデ様の暴走が止まったら、また出て来れると思うから。頑張って。」と言って消えていきます。
嶋岡:はい。じゃあ、扉をガラッと開けてたところで、シーン終了かな。
GM:開けます?
嶋岡:大丈夫だ。実は、六白兄弟のロイスは、前回守り抜いたんだぜ。
GM:うーん、そこに入られてしまうと、もうミドルを普通に始めるしかないので…。(笑)他の人に会いに行こう!みんなとはぐれたのは、みんなにショックなことがあったからだと思うんだ。
宵ヶ崎:ああー…。
嶋岡:オゥ。そうなんだ。
GM:みんなを、迎えにいってあげてほしい。
嶋岡:分かりました。実は、各PCのエピソードこそが今回の本筋だと思ってるので!
梅宮:なんか、今回は沢山、脇道に面白いエピソードを用意してくれているっていうことだから、そこから潰して行きましょう。
二階堂:おー。
GM:どこから行きましょう!?(笑)

というわけで、PC1から、PC間ロイスを持つPC2に会いに行くことになるのだった!色々相談してたんだけど、省略するね!

宵ヶ崎:気まずい。
梅宮:頑張れ!

PC2のオープニング

GM:じゃあ、紅ちゃんを見つけました。
嶋岡:どんな状況かな?
GM:えーっと、じゃあ紅の心に触れると、彼女の記憶が、あなたに流れ込んできます。
宵ヶ崎:ゲッ。
GM:昔、研究所にいたときの話でございます。そこに賊が入って参りまして。激しい戦闘をやっておりまして。で、支部長だったお父さんが指揮を執って、防衛に当たっているのでございます。
嶋岡:ほう。
GM:で、そんな防衛戦の中、心配になったのかな。どこかの部屋に居た紅ちゃんは、お父さんに会いに行こうと、外に出たんですな。
宵ヶ崎:はい。
GM:で、お父さんが居るところにやって来たんですが、そこで、お父さんと襲撃者が戦っておりまして。お父さん、撃たれます。で、目の前ですごいスローモーションで倒れていくんですけど。
宵ヶ崎:じゃあ、「お父さん!」と言って駆け寄ります。
GM:じゃあ、襲撃者が1歩、2歩と近づいて参ります。すがりついて泣いている紅に、「お前も、死ね?」って言って、銃を持ってコッキング。というところで、場面が飛びます。
宵ヶ崎:飛ぶ?
GM:実際には動いてるんですけど、シーン演出的に、してもしょうがないと思うので。やっても良いんですけどね。あなたが無双するシーンです。
宵ヶ崎:え!?いやいやいや!(笑)
GM:まあ、大事っちゃ大事です!でも、一番大事なのは、…
嶋岡:いや、できれば、それは見たい。
GM:見たいの?分かりました。えーっとですね、彼女は父親の形見を手に取りまして、相手が撃った弾丸を叩き落します。
宵ヶ崎:強い!
二階堂:これが、対抗種の力!
GM:バカな、これが対抗種の力。被った。(笑)対抗種の力を得たのは、ここで良いんですかね?
宵ヶ崎:アンプルを接種したとか、そういうのを考えていたんですけど。
嶋岡:力が欲しいか。俺もないけど心配するな!(笑)
宵ヶ崎:そういう感じのシーンを想定してたんですよ!(笑)レネゲイドが呼びかけて、とか。
GM:じゃあ、こうしましょう。アンプルの力じゃなくて、アンプルが切れたんです。あなたは投与されたんじゃなくて、あなたの中に眠っていたパワーを、アンプルの力で抑えていたんです!
宵ヶ崎:おおー!それ、採用でお願いします。
GM:で、ここでドクンと!さっきの言葉が聞こえますよ。嘘です。(笑)
嶋岡:俺も無いけど心配するな!(笑)
二階堂:すごいフランクなレネゲイドだな!(笑)
GM:そんなレネゲイドは嫌なので!力が欲しいか?というか、あなたの衝動は何でしたっけ。
宵ヶ崎自傷ですね。
GM自傷ですか。
宵ヶ崎:じゃあ、この時点でカッターナイフを準備しておきますか。カチカチカチッと。それで、首でも刺して。
GM:怖い!自分の首か!じゃあ、それで。採用で。
深森:何歳でしたっけ、紅ちゃん。
宵ヶ崎:8歳くらいですね。
GM:「娘!気でも狂ったか!」と言って、襲撃者は再度攻撃しようとするんですが、あなたの方が早かったってことで。
宵ヶ崎:はい。流れた血から形成した銃弾を、父親の形見の銃につめて、撃ちますよ!
GM:はい。じゃあ、一撃くらった襲撃者は、「くっ…俺の見せ場はまた今度だ。」と言って逃げます。
梅宮:おお?おおっ!?良いねー!
宵ヶ崎:待った!誰だそいつ!
GM:いや、内容がまだ微妙に決まってないから、どうしたものかと思って!ぶっちゃけね、やれって言われたからやってみたけど、決まってないからやっぱ厳しいものがある!
宵ヶ崎:私も、実はどんだけGMが設定固めてるか分かってなかったから!
梅宮:いや、大丈夫だと思いますよ!あいまいなくらいが丁度いいです!
宵ヶ崎:ちょうどいい!じゃあ、ひゅーひゅー言いながら、銃が重いので、腕を下げて。
GM:あなたの目が真っ赤に染まります。ここから先は、ええ、サーチ&デストロイですよ。UGNの職員を。
一同:ええー!?
GM:なので、ゆらりと立ち上がったところで、声がかかります。「紅…その銃から、手を放しなさい。」と言って、お父さんが立ち上がります。ドクンドクンと血を流していて、ああこれ死にますわー!って感じの状態。でも、あなたにはそれが分からない。目の前に居るのは、父親じゃなくて、ただの敵。相手を傷つけ、自分を傷つけたい、その欲求ばかりがあなたの心を支配します。
宵ヶ崎:うんうん。
GM:ってな所で、父親との凄惨な殺し合い?が始まります。
宵ヶ崎:ウワァー…。
GM:で、無事あなたを、お父さんが、捕縛してくれるんですけど、そこであなたは、気を失います。
宵ヶ崎:失った。
GM:で、暫く後ですが、あなたの叔父さんとお父さんが話をしているシーンです。血だまりの中、お父さんが、あなたをずっと抱きしめています。で、お父さんのセリフなんですけど、「この子の記憶を奪う。後は、お前に任せる」途切れ途切れに語り掛ける。で、何か、針っぽいものを、作り出す。で、それを頭にゴーンして。あなたは、自分の父親を殺したっていう、過失致死ではあるんですけど、その記憶を失いました。
宵ヶ崎:痛そう。
梅宮:ニューナルコ的なアプローチじゃなくて、ロボトミー手術みたいなやつだ。
GM:叔父さんの方にね、「ホーラあなたは眠くなる~」ってやってもらおうかと思ってたんだけどね!まあ、父親に奪われた方がそれっぽいかなと思って。そちらを採用という方法でやってみました。
嶋岡:奪われたの?
GM:それを今、思い出しました。
宵ヶ崎:なんか、おぼろげに、そういうことがあったってことは覚えていたんですけど、ほとんど自分が殺したっていうことを思い出しました。
GM:と言う訳で、ある意味廃人が、ここに一人居ます。
宵ヶ崎:改めて思い出したってことで、今は嶋岡と二人でいるってことで良いんですかね?
GM:嶋岡の存在に気付けるかどうか。
嶋岡:あ、その前に。宵ヶ崎は今、どういう状況なのかな?
GM:光る空間に、三角座りですか。(笑)
宵ヶ崎:どうしようかな?嶋岡が来たタイミングで、カッターナイフを持って、首に…
嶋岡:待て。それは止めるぞ。
宵ヶ崎:おおー。止めて欲しかったー。ありがとう!
嶋岡:おもに手で!(笑)自分が傷つくのも構わずに、手で受け止めるが。
梅宮:おおーっ!!
二階堂:PC1!PC1!
嶋岡:どういう状況なのかな?とりあえず止めたけど。
GM:そういう、ショッキングな仲間の過去を見ます。そういう過去を共有します。
宵ヶ崎:めそめそ。共有されたー。
嶋岡:じゃあ、まあ。「宵ヶ崎。」
宵ヶ崎:離してくれ。
嶋岡:離してもいいけど、お前は何をするつもりだ。
宵ヶ崎:「死ぬしかないだろう!!」自嘲的に「ははっ。」と笑って、「やっと思い出したよ。」何だろうこれ!?記憶を思い出して、殺してくれって懇願するシーンでしかないんだけど。「笑えるだろう?家族殺しが何より許せなくて、霧人を何より許せなかった私が、一番大切な家族を、この手で。私がこの島に来た理由がやっと分かった!私の罪を思い出して、死ぬこと。そのために私は来たんだ。」と言って、カッターナイフを持ってない方の手で銃を持ちます。
嶋岡:それは、もう片方の手で止めるよ。
GM:大丈夫。向こうにはいっぱい手がある。(笑)
宵ヶ崎:そうだった!ドラゴンの手もあった!(笑)
嶋岡:それは、普通の手ですよ。今は変異してませんので。こう言います。「宵ヶ崎、前に言ったな。俺も人を殺したことがある。まあ、宵ヶ崎も、同じことで苦しんでるのは、俺は知らなかった。」
宵ヶ崎:私も今思い出した、実は!(笑)
GM:ずっと思い出したかった。当時の記憶は、あるはずなのに、無かった。というシーンです。
宵ヶ崎:むしろ、なくて不思議に思ってなかったんでしょうね。これ。
GM:その方が自然な気もするな。どれほどの能力者だったんだろう、お父さん。(笑)
嶋岡:まあ、それはさておき。そうだな~。
宵ヶ崎:殺してくれって懇願してみようか。止めるって言うんなら、殺してくれ!って。
嶋岡:はい?なぜ?じゃあ、やることはひとつだな。宵ヶ崎が膝を抱えて座っていますので、それを両手で止めたってことは、けっこう距離は近いと思うんですよ。「じゃあ、しょうがないな~。」と言いますよ。思いっきり頭を後ろにのけぞらせて、そして、頭突きを食らわせますよ!!(笑)
GM:どっかで見たネタだなぁ。(笑)
嶋岡:まあ、両手が塞がってるんでな!
宵ヶ崎:みんな頭突きするんだ!さすがにそれは、頭を抱えて転がりだしますよ。ゴロゴロ!痛い!ダメージは!?
GM:俺の頭突きは痛いだろう~!(笑)
嶋岡:じゃあ、目は覚めたか?
宵ヶ崎:ふるふるっと頭を振って。「目は醒めたか?何に関して?」
嶋岡:宵ヶ崎、寝ぼけたことを言うんじゃないぞ。まあ、悪いけど、その、ちょっと、宵ヶ崎の過去的なものを見せてもらったけど、確かに宵ヶ崎のせいで、お父さんが死んだのかもしれない。でも逆に言えばさ、死んでしまいそうな宵ヶ崎を助けてくれたのは、宵ヶ崎紅を命懸けで助けたのは、お父さんなんだぜ。そのお父さんの想いを無駄にして、今ここで死ぬのか?
宵ヶ崎:ハッとした表情になって。落としてた銃とカッターナイフを拾い上げますよ。
嶋岡:じゃあ、拾って、じっと見るんですか。宵ヶ崎の方に手を触れます。真剣な顔で言いますよ。「それに、死ぬなんて言うなよ。殺してくれなんて言うなよ。俺たちは仲間じゃないか。宵ヶ崎が辛いときはさ、俺たちに頼ってくれて良いんだよ。」
宵ヶ崎:くっ…!!!この!!PC1力っつーか、主人公力というか!!!(笑)
嶋岡:えっ、何!?(笑)
梅宮:主人公力すげーな。
宵ヶ崎:「ヨッシャァ~!」みたいな気分になった!
GM:この、何だろう。かなり無体なシーン回しで、それだけ返してくれるなんて、ありがとうございます。(笑)
嶋岡:いえいえ!?あ、言葉を遮ってしまったか。(笑)
宵ヶ崎:そんな感じのセリフを待ってた!(笑)
GM:まあ、当然だけどな!!(笑)
宵ヶ崎:まあ、この辺で最後かな。ちょっと不安になって。「家族殺しでも、仲間を守れると思うか?」
嶋岡:ありがとう、宵ヶ崎。じゃあ、こう言います。ここでちょっと設定を作っても良いでしょうか?
宵ヶ崎:はい!
嶋岡:ちょっと盛りますよ~。実はですね。俺と宵ヶ崎が出会った事件があるんですが。その時にですね、宵ヶ崎のおかげで助かりました。なのでこう言います。「宵ヶ崎、何でも一人で抱え込むなよ。あの時、俺と宵ヶ崎が初めて出会ったとき、俺たちを助けてくれたのは宵ヶ崎じゃないか。」
宵ヶ崎:助かったんだ。
梅宮:いつ頃だったんですか?
宵ヶ崎:1年くらい前?
嶋岡:半年かな?まあ出会った時の話です。「だから、今度は俺が、俺たちが宵ヶ崎を助ける。みんなで力を合わせれば、宵ヶ崎の大切なものを、守れるはずだ。」と言います。元ネタはガンダムだ。(笑)
宵ヶ崎:じゃあ、ちょっとだけ笑って、「ありがとう。」と言って。というわけで、紅が仲間に加わりました!テレレレッテー♪すごい適当に言ってみた!
嶋岡:流れた!(笑)
宵ヶ崎:とりあえず、小鳥遊を助けたい的なことを言っておきますよ。
嶋岡:小鳥遊の事が気になると。
宵ヶ崎:他のPCの事も気になります。
嶋岡:どこに居るんだろうなぁ…。
宵ヶ崎:そこで、問題がひとつ。私、PC3以外のロイスはまだ持っていません!
GM:じゃあ、新しく取らないといけませんねー。PC3のオープニングは最後なので。

というわけで、次のPC誰にしよう?と考えた結果…

嶋岡:梅宮さんは、二階堂さんにロイス持ってるの?
梅宮:持ってません。
嶋岡:じゃあ、二階堂さんに会いに行こう!(笑)
GM:それが正解だと思う!
二階堂:一方通行だと思う!(笑)
GM:龍子さんに物申せるのは、年齢が近い二階堂くらいだと思うので。説得キャラとしは妥当だと思う。

続く!今回のシナリオのオープニングは、ほぼオリジナルです!

BLセッションをするときは、必ずプレイヤーの地雷についてリサーチするんやで。せんかったら死ぬで。(ブログ主からのメッセージ)