Cobolerのリプレイ置き場

趣味のテープ起こしを活かした、TRPGのリプレイ置き場でございます。

UPされた記事はいつ書き直されてもおかしくない状態で公開されています。 あと、記事を上書きで更新することが多いです

ハートレスメモリー「Invader Festa インベーダー・フェスタ」 その4

まさらと寧人

嶋岡:じゃあ、登場するよ。(ころころ)1!
深森:(ころころ)7。
嶋岡:どうしたんだ深森。なんか顔色が悪いけど。侵食率でも高いのか?(FS判定中にエフェクトを使ったせいで、一人だけ侵食率がけっこう高くなっている支部長)
一同:ハハハ!(笑)
二階堂:メタい!!
GMこれはひどい!(笑)
深森:思わぬところで、力を使っちゃったので…。
嶋岡:ああ、そうか。そりゃあ悪かったなあ。まかないまで出してもらったもんなー。ごめんな、気が付かなくて。
深森:勝手にやったことなので。気を付けなくちゃいけないって分かっててても、みんなでこういうことするの、本当に久しぶりというか、初めてに近いので…。張り切り過ぎた私が悪いんです。
嶋岡:そっか。俺も楽しかったよ。思いつきにみんな乗ってくれて。特に、深森には、色々穴があった俺たちをフォローしてくれて。すごく助かった。ありがとう。
深森:ありがとうございます…。えっと…何だろう。
嶋岡:何だろう。二人の間に沈黙が流れます。
宵ヶ崎:キュンキュンするロールをしても良いのよ。
二階堂:キャー!
深森:あのう…六白神無さんとは、お付き合いしているんですか?
嶋岡:「ああ。そういえば言ってなかったっけ。実はさ、霧兄、六白霧人さんとは、子供のころにちょっと面識があったんだ。でね、傷無っていう女の子が居たんだけど、彼女と俺が幼馴染で、その縁で…。」昔、とある事件で別れ別れになって。この島で再開した程度のことを、説明しまして。「まあ、それで、神無を見てると、傷無ちゃんを思い出してね。つい構いたくなるって感じかな。」
深森:そう…なんですか。
嶋岡:そういやさあ。深森はさぁ、普通の家庭で育ったんだよね?
深森:いえ。チルドレンなので…。
嶋岡:ああ、そうなの…。じゃあ、友達とかは?聞いたこと無かったんだけど。
深森:なんか、沢山いたんですけど…私が支部長になっちゃったせいか、すっかり疎遠になってしまって。
嶋岡:そうかー。それは大変だよな。お仕事だもんな。しょうがない!
深森:はい!?
嶋岡:そういうことならば、この嶋岡お兄さんとか、宵ヶ崎お姉さんとか、あとクラスの皆が!深森ちゃんと超遊んであげようじゃないか!
深森:ええ!?
二階堂:いえーい!優しい!(笑)
GMこれはひどい!(笑)
宵ヶ崎:良い意味で、PC1だった。
深森:あああ、あの…。
嶋岡:ん?それとも、嫌?
深森:えええ、嬉しいですけど、えーっと!あの!
嶋岡:正直、今までもずっと遊んでたんだけどね。まあ確かに、小鳥遊の件も、時雨さんの件もあったけど、それ以外はけっこういい思い出じゃない?どう?
深森:あります…。
嶋岡:そうか。じゃあさ、これからもこんな思い出を作っていけば、いいんじゃないのか?これから先どうなるか分からないけど。あの、出会ったんだからさ、色々一緒に楽しいことも悲しいことも…悲しいことがあるのは良くないけど。していけば良いと思う。
深森:あ、は、はい…?ああ。えー、えっと…!!
嶋岡:どうした深森!挙動が変だぞ!!
深森:あああっ!あのう!!そ、その!!!好きです!!!
梅宮:言いよったー!
宵ヶ崎:やったー。
GM:ここで来るかー…。
嶋岡:はい。じゃあ、普通に笑いながら。「うん、俺も好きだぜ。」って答えるよ。ハハハ!(笑)
梅宮:アカンやつ!!
GM:最悪ですぞー!
二階堂:今のはLIKEよ!
深森:なに口走ってるんだ!わたしぃ…。
GM:毎回じゃないか!!(笑)
梅宮:うん。昔見たぞこんなの。
GM:ここで切りに行った方がいいかな…。
深森:はいぃ…。
二階堂:侵食値上げたいんで、登場しても良いですか?
梅宮:じゃあ、私は馬のお付きの人たちに、ドレスアップさせられているので。仕事に戻ろうとしますが。(笑)
二階堂:じゃあ、私服のまま。「お二人ともー、お疲れ様ー。」
嶋岡:おお、二階堂さん。お疲れ様です。
GM:じゃあ、無駄にカットインするか。視界の端に、黒いスーツの男が過る。埠頭で会ったやつが。
嶋岡:過るのね。ですよねー。じゃあ、一応気になるな。「二人とも、ごめん。ちょっと急用ができたわ。」と言って去ろうとするが。
二階堂:あ、じゃあその後に。その背中に向かって。「寧人君。良く分からないけど、多分言わなきゃいけないから、これだけは言っておく。気を付けてね。」
嶋岡:「ああ、うん。気を付けますよ。もちろん、あの事は覚えてますよ。」俺たちが狙われてるって話ね。
宵ヶ崎:正直、ここで一人行動は大丈夫かなって思ってる。
嶋岡:大丈夫。
梅宮:私はそろそろ、浴衣から制服に着替えて戻ってこようか。「おーい、戻って来たよ。」
宵ヶ崎:こっちはどう考えても浴衣だな。
二階堂:しゃがんで、にっこり笑って。「ごめんね、デートの邪魔しちゃって。」
深森:ええええぇぇ!?で、で、でーと…。
梅宮:じゃあ、ヨーヨーをばいんばいんさせながら。「何やってんのさ?」
宵ヶ崎:まだ持ってたのか…。
二階堂:そんな感じで。「あ、龍子さーん。」
深森:えぇ…。
二階堂:「僕はここに来たばかりだからよく分からないけど、彼らには何だか色々あるんじゃないかな。でも、彼はきっと大したヤツだと思うから。今はそっとしておいてほしいなあ。これは僕のわがままだからね。」また、茶目っ気たっぷりに笑います。
深森:えっと、無駄に騒がせてはいけないってことですよね…。
二階堂:そうだなぁ。彼の意志を、今は尊重して、大切にしてほしいな。
深森:わかりました…。
二階堂:そんな感じで。
梅宮:何お前、サボってんの…?(笑)
嶋岡:いや、ばいんばいんさせてる人に言われたくないな!(笑)
GM:ばいんばいん!!(それっぽいジェスチャーつきで)
梅宮:ハハハ!(笑)
二階堂:何言ってるんですか龍子さん。僕は非番ですよ?
梅宮:代わってくれるんじゃなかったのかよー。(笑)
二階堂:ゴメンゴメン、代わる代わる。じゃ、一緒に行こうか。
梅宮:人気のない所に居ちゃ、警備の意味ないじゃんかよー。

頼み事

GM:シーンプレイヤー的にはそちらなので。何か1個だけ質問に答えます。侵食率は大丈夫なのかな。
嶋岡:大丈夫よ。(ころころ)1!
GM:じゃあ、追いつきました。
嶋岡:しまった。名前を知らない。ちょっと、そこの人!(笑)
GM:「ん?」と言って振り向くと、イカ焼きを食べています。
宵ヶ崎:誰だ。あ、写真を見てるから知ってるかも。
嶋岡:確か君は!源田さんの何かの人!(笑)
深森:留置場ダブルピース…。
牧島:よう。久しぶりだなぁ。
嶋岡:そういえば、島に来た時に会ったきりですね。
GM:で、賢者の石がここで反応しまして。暫く後、通常に戻ります。
嶋岡:あー、そういえば。お名前は何でしたっけ。牧島さん?分かりました。(笑)
宵ヶ崎:スキップした!(笑)
GM:話が早くて助かるよ。
嶋岡:牧島さんは、ファルスハーツの人なんですよね。
牧島:一応、そういう事になってるっぽいよ。
嶋岡:ちなみに、何の用事でこの島に来てるんですか?教えてもらえないかも知れないですけど。
牧島:んー。言って信じないし…おせっかい?というか、そんな何か。
嶋岡:はあ。
牧島:まあ、じき分かるよ。
嶋岡:牧島さんは、強いんですよね。
牧島:いや、全然。
宵ヶ崎:ウソつきよった…。
梅宮:経験点3000点じゃろうが…。
嶋岡:何を言えば良いんだろうか。つい追いかけてしまったが、何かプランがあるわけじゃ、なかったんだよな。
GM:顔見せくらいはしておきたかったの。次で介入していくために。
梅宮:ね。ちゃんと鍵かけてたのに、脱走してるだろコイツ。(笑)
嶋岡:あー…どうしようかな。牧島さんは、頼み事をしたら、引き受けてもらえます?
牧島:ものによるし、額によるし、規模にもよるね。ま、普通の人と一緒だけど。
嶋岡:そうですね。
牧島:君を殺せってのは、ナシな。
嶋岡:「いえ、殺されるつもりは無いんですけど。」じゃあ、こう言いますよ。「じゃあ、女の人を3人ほど守ってもらえません?ってのはどうです?」
牧島:誰の話かな?
嶋岡:そうですねー。宵ヶ崎って子と、深森って子と、それと梅宮さんのことです。俺の大切な仲間なんです。もし、俺が彼女たちを守れなくなったら、一度だけ、彼女たちのことを守ってもらえませんか?って言ったら、どの位必要です?俺、あんまり持ってないんですけど。(笑)
牧島:言ったろう。君を殺せってのはナシだ。
嶋岡:そうですか。分かりました。じゃあ…みんなは、必ず俺の手で守ります。すみません、呼び止めてしまって。
牧島:またね。
嶋岡:ありがとうございました。お祭り楽しんで下さい。
GM:じゃあ、君が居なくなった後で。「それはこっちのセリフだけどね。」
嶋岡:そんな感じですかね。というわけで、嶋岡の中で、牧島さんはカッコイイ人だという認識になりました!(笑)
GM:ハハハ!(笑)
宵ヶ崎:他の人は、ウサン臭い人だって認識なのに!(笑)
嶋岡:だって、そういう情報はないもん。とりあえず、牢屋に泊まってるなっていう話だけで。(笑)
二階堂:牧島さんにロイス取りました。同情です。(笑)
GM:じゃあ、ホテルに籠城してます!
二階堂:はい!「あー、うん、そうなんだな!」って感じです!
GM:ビール片手にイカ焼き食べながら!
梅宮:素泊まりはタダだと思ってやがる…。
二階堂:あと、寧人君にもロイス取りました!尽力です!
宵ヶ崎:こっちも、そろそろ埋めておこう。嶋岡に連帯感で。
嶋岡:オウ、ありがとう。こっちも連帯感持ってるぜ。ナカーマ!
梅宮:牧島は食傷だな。
GM:プレイヤーが食傷!もう出て来なくて良い!(笑)

クライマックスフェイズ

神無のお願い

GM:ミドルじゃねえや。クライマックスが2回あるんだ、これ。
深森:エェー!?
梅宮:どういうこと?
嶋岡:ダブルクライマーックス。
GM:はい、じゃあ始めます。日曜の夕暮れ。島内は祭りに浮かれ、明るい雰囲気だ。待ち合わせの場所で、浴衣姿の神無が待っていた。
嶋岡:おおー、ごめんごめん。店番抜けられなくて。
神無:もう、遅いー。プンプン。神無ちゃんはずっと待ってたんですよー。
嶋岡:ああー、ちゃんと言っとかないとな。
神無:へへー、ちゃんと浴衣だよ。似合ってるかな?
嶋岡:「似合ってると思うよ。可愛い可愛い。」あんまり言葉を喋らせると、テキトー感が増すので!(笑)
GM:素晴らしい!でも、可愛いって言われたので機嫌は良さそうです。「じゃあ、一緒に行こう!」と言って、あなたの手を取ります。」
嶋岡:オゥ。じゃあ、ごく自然に手をつなぐよ。
梅宮:ワーオー。
宵ヶ崎:タラシー。
嶋岡:いやー、まあ何か手を握って歩きながらこう言うよ。「何か昔、よく手を繋いでたっけなー。」それは実は、傷無となんだけどね!
神無:寧人君、屋台の食べ物は何が好きかな?甘いのかな?ソースとかかな?新世代系かな?
嶋岡:新世代!?
梅宮:って何だ?
GM:俺も知らん。
梅宮:クロワッサンたい焼きみたいなやつかな…。
GM:あと、ケバブとかかな。
宵ヶ崎:ああー。
嶋岡:安くて腹にたまる、粉もんが最強でしょう!(笑)学生だし。
GM:「うんと小さい頃、こうやってお祭りに来たことがあったよね。」行ったのは傷無だ。
嶋岡:そうだよねー!(笑)「そうだなー。」と言って、本当は傷無なんだけど黙っておこう。神無が楽しそうなので。
GM:「寧人君は、昔から優しかった。私は小さい頃から大好きだったよ。…あ、私何言っちゃってるのかな。」後攻・神無、苦戦しております。「そろそろ大人のみんなが酔っぱらってるし、うるさいし、静かなところへ行かないかな。」視界に、祭りを楽しんでいるみんなの姿が見える。
嶋岡:ありがとう。シーンを用意してもらったので、読んでおくぜ。(折りたたんでいた紙を広げる)
梅宮:原稿用意しとるー!!(笑)
嶋岡:こう言いますね。「時雨さん、あんたが言いたかったことは分かるよ。みんな笑っている。これがあんたが守りたかった奇跡なんだな。けど、俺は、深森が言ったことも分かるんだ。夢から覚めて、現実を見なければならない。時雨さんの思いも、深森の強さも、全部守れる方法は何だったのかな。」と、自分の手を見ながらふと思っています。
梅宮:いいね!
深森:PC1!
二階堂:いいぞいいぞー!
嶋岡:時雨さんと絡むシーンが少なかったので。
梅宮:ああっ!また合気チット投げている!GMも投げている!(なんか妙に、合気チットを投げるジェスチャーが流行っている)
宵ヶ崎:フレアを投げているのか。(カオスフレア)
二階堂:クライマックスで使えるぞ!(笑)
GM:じゃあ、進めますね。街中から少し離れた小高い場所。すっかり日も暮れて、見下ろす町には、明かりが見える。展望台付近じゃないかな?いつもより町が明るく見えるのは、今日が祭りだからだろう。
嶋岡:描写の途中だけど、こう言います。「そういえば、ここで神無と出会ったんだよな。」
GM:正確に言うと、この下ですけど。町灯の向こうでは、夜空を背景に、山や海が見える。「ほらほらここ、良い景色でしょう?色々見えるよ。町に、山に、海に。山では、山菜がいっぱい採れるんだよね。」
嶋岡:そうだな。
GM:で、初めて会った時の様に、オモカゲソウを1本引き抜いて。「この花かわいいでしょう?島のどこでも、一年中咲いてるんだ。きれいだよね。」
嶋岡:「一年中咲いてるのか。不思議な花だな。」と言いながら、俺も1本取るかな?
GM:「じゃあ、あげるね。」と言って、渡してきます。
嶋岡:オゥ。じゃあ、貰った奴はもらって、自分のやつは神無の髪に挿します。
宵ヶ崎:ふふふ。
GM:「ありがとう。」とりあえず、島の良い所を超話します。
嶋岡:はい。(笑)
GM:後ろで手を組んで。「ねえ寧人君、面影島っていい所でしょう?ここで静かに過ごすのも悪くないと思うんだけど、どうかな。」
嶋岡:ここは、本当に良い所だと思う。こんな所で暮らせたら、幸せだろうな。
GM:「そうだよね!嬉しいな。」嬉しいのか。「ねえ、寧人君、私、ここならずっと寧人君と居られるんだ。ここじゃないと、面影島じゃないと駄目なんだよ。」
嶋岡:いや、さすがにそれは。「ちょっと待って。どういうことだ、神無。別に、…お前、まさか。」と言って顔色が変わるかな。で、手を伸ばしたあたりでイベントが発生しますか。(笑)
GM:「だから、どこにも行かないで。」と言ったあたりで、イベント発生です。そう言った神無の背後で、明々と街の明かりが輝いております。いや、あれは炎。
深森:え!?
GM:喫茶喜楽が燃えております。
一同:えー!!!
GM:炎だ。そして、島全体を強力なワーディングが包み込む。
嶋岡:それは、神無の手を取って、抱き寄せるが。守ろうとしますよ。
GM:ってところでシーンを切ります。シーンプレイヤーはPC2になります。

狂乱の祭り

宵ヶ崎:はい。
GM:それは、平凡な祭りのはずだった。食事や娯楽で騒いでいたはずの、島の住人たちが、いつの間にか目から正気を失い、手に手に武器を構えてます。
二階堂:わー!!
宵ヶ崎:えー!?
嶋岡:ヒャッハー!(笑)
GM:そして君たちは、今の君の家を燃やし、君を殺そうと迫って来た。
宵ヶ崎:だから紅茶店が燃やされたのか。
梅宮:支部が燃やされた!
宵ヶ崎:ゴメーン!
深森:えぇぇぇ~!?
梅宮:わーい、八つ墓村だ。岡山だけに!
宵ヶ崎:とりあえず侵食率上げて。(ころころ)4。待って、小夜はどうしてます?多分、一緒に祭りを見て回ってたと思うんですけど。
GM:うーんとねー。一緒に巻き込まれたい?
宵ヶ崎:…!?
梅宮:固まった!(笑)
宵ヶ崎:だって!小夜は武器を持って襲ってきますか?
GM:おかしい状態ではないな。特には影響を受けてはいません。
嶋岡:どうかな?どっちの人が影響を受けるんだろうね。まあ、小夜は必死に声を守っているんだろうけど。
宵ヶ崎:じゃあ、小夜とはこのイベントでは別行動をさせて下さい。
嶋岡:この混乱の中ではぐれてしまった。
GM:とりあえず解説しますと。PC2が島の住人に襲撃されるシーンでございます。
宵ヶ崎:ヒィー!
梅宮:なんてこった!
GM:登場したいPCは登場してくれて構いません。
梅宮:これ、私らも気が付きますよね?(ころころ)3!
二階堂:警察組が行きますけん!
GM:脱出するって話になるんですけど、住人たちはエキストラであり、殺害するなら判定なしで脱出可能。
嶋岡:いや、それはまずい。(笑)
GM:殺害せずに脱出する場合は、運動…あるいは隠密で判定してください。
嶋岡:運動はね、3rdになって無くなったのよね。隠密は確か感覚だったけど。
GM:肉体または感覚でお願いします!何と、全員の達成値の合計が20以上になれば脱出できる!援護が必要になったら出てくれば良いんじゃない。
嶋岡:悪いが、神無を守らねばならんので…
GM:とりあえず、ここは逃げてもらわないと。「オモイデ様のたたりじゃー。」
宵ヶ崎:お願いします。じゃあ、「チッ!」と言って、咄嗟にカッターナイフで切って、銃じゃなくって、逃げるように煙幕を作って。とりあえず、感覚で判定します。(ころころ)
二階堂:頑張れー。
宵ヶ崎:19!イチタリナイ。
GM:誰か、ちょっとだけ手を貸してあげて。
梅宮:じゃあ、パトカーが間に合ったってことで。
嶋岡:横づけして、ドアをバッと開けて「乗れ!」ってやつですね!
GM:かっこいい。
梅宮:(ころころ)5が出たから、達成ってことで。
二階堂:じゃあ、宵ヶ崎さんが居ました。そこに龍子さんが来ました。
宵ヶ崎:「すみません!乗せて下さい!」と言って飛び乗ります。
梅宮:ですね。
宵ヶ崎:扉を閉めて、映画ばりのアクションで。

面影のみちびき

GM:じゃ、PC1のシーン。ひとまず安全な場所に、そう考えた君たちがたどり着いた場所は、どこ?
宵ヶ崎:支部は燃えちゃったからな…。学校はどうでしょう。
嶋岡:じゃあ、学校にしましょうか。
GM:まあ、シナリオにも学校って書いてあるんで。
二階堂:これは全員出てくるんですね。
宵ヶ崎:出ましょう。
GMキズナが見える。
嶋岡:全員に?神無は居るの?
GM:巻き込まないんでしょ?だから適当なところに逃がしたってことで。暗い教室の中、淡い緑の光が踊る。そして弱く光る、半透明の少女が姿を現した。キズナだ。
嶋岡:傷無。お前は、何かを知っているのか。
GM:時間が押してるから、箇条書きで説明するね!
一同:ハハハ!(笑)
梅宮:笑うに笑えんな!
GM:縁切の儀式が失敗したから、オモイデ様の力が暴走し、島の住人が暴れている。儀式が失敗した原因は分からないが、誰かが儀式に介入した。それはPC1や、PC2や、今まで出てきたNPCではない。いや、一番最初に出てきたから、そうとも言えんな。小春は、暴徒化した住人を操作できる。儀式をやり直すために、PC1とPC2を殺害し、生贄にしようとしている。
嶋岡:なんでやねん。
宵ヶ崎:なんだってー。
GM:この暴走を止めるためには、PC1がオモイデ様と接触する必要がある。
嶋岡:ほほー。接触するためには、どこへ行けばいいんだい。神社かな。
GM:神社に行かなきゃいけないんだけど。「寧人君、島の様子がおかしいの。前にも言ったけど、黄泉還りはオモイデ様の力で、死者が復活すること。それは黄泉還りを望む誰かの想いから発生するの。黄泉還った後、想いが薄れたり、望んだ人が死んだりすると、黄泉還った人は怪物みたいになって、暴れちゃうんだ。縁切の祭りは、そういう風に悪い縁になった思いを整理するための儀式。でも今回は…オモイデ様に寧人君が出会うことができれば、止められると思う。オモイデ様の場所は、…ああ、ごめん。もう時間みたい。」
嶋岡:いや、もうちょっと待って!頑張って。
GM:シナリオには、ここで消えるって書いてあるの。
嶋岡:そうなのか。
二階堂:ウワァー。
GM:情報収集の判定がもう1回入ります。でも、やってる時間が。俺は戦闘の方がしたいので、ぶっちゃけていい?振りたい人居る?
二階堂:じゃあ、ブチ抜きました。
GM:調べたってことで!島の中は、どこも暴れる住人でいっぱいだー!でも何とかして情報を集める必要があるだろうって話で。情報収集に入ります。島内の状況について。暴れてます。
嶋岡:お、おう!
GM:島の中には、暴徒と化した住人が暴れており、安全な場所は学校など少数しかない。潜伏するのは不可能だ。船などは破壊されており、どこかに脱出するのは不可能だ。
梅宮:なんだって!?
GM:島の住人は、面影小春に指揮されて動いているようだ。小春は縁切の儀式のために、面影神社の本殿にいる。縁切の儀式について。縁切の祭りの際に、本殿で行われる神事。詳細は外部には明かされていない。面影小春か、霧人なら知っているだろう。今年の儀式はどうやら失敗したようだ。
宵ヶ崎:失敗かあ。
GM:面影神社本殿について。神社の裏手にある、隠された本殿。オモイデ様のご神体と呼ばれるものがある。正確な場所を知らずに向かうのは危険だ。霧人なら知っているかもしれない。オモイデ様のご神体について。巨大な水晶の結晶だという。賢者の石に似ている気がする。しばらく前から、神主である小春の呼びかけに応えられなくなっている。
嶋岡:これで、霧人に会いに行くんですね。
梅宮:PC1、2が行くのはマズイと思うが…。
嶋岡:でも、行かなければ。ていうか、皆で行けば良いんではないでしょうか。
梅宮:とりあえず、パトカーなら大丈夫かな?ということで。
二階堂:パトカーなら大丈夫。
宵ヶ崎:暴徒のふりして行きましょう。
嶋岡:いや、トランクに入って行くよ。(笑)

魔女の誘い

GM:PC5のケータイが鳴ります。
梅宮:出ます。
GM:面影小春からの連絡です。「島の状況はご覧になりましたかしら。」
梅宮:見てるに決まってるじゃないですか!何が起こってるんですか、これは!?
小春:困りましたわ。縁切の祭りの日に、オモイデ様の力があふれ出すのはいつもの事ですけど、普段は祭りで騒いではしゃぎ出す程度で済むのです。ですが今年は、オモイデ様の力が暴走していますわ。やはり、皆さん、特に嶋岡さんと、宵ヶ崎さんのせいでしょうね。
梅宮:そんな…
小春:彼らをこちらに差し出して下さいませんかしら?そうすれば、あなた達の事は見逃してあげます。
梅宮:それは出来ない。としか言いようがないな。
小春:なぜですか。あなたの命は、彼らの命より大事だとは思えませんが。
梅宮:「そんなんじゃないんだ!」と言って電話を切ります。
二階堂:OK!かっこいい!
宵ヶ崎:ありがとう龍子さん!
梅宮:いやいや…これ、アカンやつじゃん。
GM:ちょっとだけマスターシーンに入りまして。「そう、愚かな方。狭い島ですもの、どこに居ても探し出せますわ。」で、シーンを切ります。霧人さんがやって来るよ。

霧人の助言

梅宮:来るのか。
GM:いや、携帯電話が鳴るって書いてある。あなたのがです。
宵ヶ崎:そうか。出ます。「もしもし、紅です。」
GM:時間が無いから箇条書きで説明するね!
宵ヶ崎:分かりました!ですよね!(笑)
霧人:オモイデ様とは多分、はるか昔から存在する知性あるレネゲイド。これを自分はレネゲイドビーイングと呼んでいる。
宵ヶ崎:このワードはこの時出たんだな。
霧人:こんな状況だけど、俺の考えたオモイデ様の正体について聞いてくれ。あれはEXレネゲイドとも違い、レネゲイドそのものが意志を持った存在だ。黄泉還りとは、死者を想う気持ちに反応して、オモイデ様が発生させる現象だ。これは、オルクス、ソラリス、ブラムストーカー、モルフェウスといった複数のシンドロームの力が複合されたものだろう。縁切の祭りの際には、島全体をオモイデ様のワーディングが包む。これは恐らく、島内に居る人間の記憶にアクセスするためだ。今回は、そのワーディングが制御されず、暴走を招いたのだろう。ただしオモイデ様は全ての人間に黄泉還りを与えるわけではない。黄泉還りを行えるのは、オモイデ様と同種の力を持つ者、つまりオーヴァードのみだ。儀式が失敗した理由は分からない。俺はとりあえず無事だ。神無と一緒に身を隠している。
宵ヶ崎:神無と一緒なんだ。
霧人:島の住人は、君と寧人君を狙っている。面影小春は、君たちを殺せば、事態は解決すると考えているみたいだけど、実際には上手く行かないだろう。
嶋岡:いや、それは…。つーか、何もしてないしなー。
宵ヶ崎:多分、それをやったとことで、もっと悪いことが起こりそうだし。
霧人:面影神社の本殿は、神社の裏の山肌から行ける。警備も居るだろうが、陽動してみる。俺に手伝えるのはその位だ。
宵ヶ崎:「いやいや!そんな危ないことは!」と、言ってみますけど、どうです?
霧人:任せろ。大丈夫だ。
嶋岡:大丈夫だ!問題ない。(笑)
GM:霧人はそう言うと、通話を切りました。
宵ヶ崎:ちょっ…。急ぐぞ!!
嶋岡:そうだな!俺たちが何とかできれば、その分陽動に回ってくれた霧兄も助かる。
宵ヶ崎:じゃあ、かくかくしかじかと説明して、神社に乗り込めー!
梅宮:乗り込めー!
二階堂:はーい、行くよー。龍子さーん、俺たちの出番ですね。と言って、タクシー…じゃない。
梅宮:パトカーで!(笑)
宵ヶ崎:パトカーって5人乗れます?
梅宮:じゃあ、とりあえず殿を務めるためにバイクで行くか。
二階堂:パトカーは二階堂が運転して、龍子さんは、トーカッター号で…
梅宮:バイクで後ろから付いて行きます。トーカッター号言うな。(笑)
GM:きゅんきゅん!面影神社の前には、暴走した村人だけではなく、数多くのジャーム、黄泉還った人々が、うごめいていた。これを潜り抜けないと、神社にはたどり着けないだろう。しばらくすると、神社から離れた場所で、何か騒ぎがあったようだ。
嶋岡:オゥ。やばい。
GM:銃声のような、爆竹のような音がする。霧人による、陽動作戦のようだ。本殿の裏に、知覚か情報:面影島の目標値10でお願いします。失敗したら、クライマックスフェイズにジャームを増やします。ここで戦闘すると面倒臭いから。
嶋岡:知覚か情報ね。じゃあ振ってみよう。1個9があった。これでぴったり10!
GM:じゃあ抜けました。寧人君の先導の元。
嶋岡:じゃあ、段ボールを被って。
二階堂:スネーク!(笑)

六白兄弟の戦い

GM:気のせいか…。じゃあシーン切り替えます。マスターシーンです。少し離れた森の中。両手に拳銃を持った霧人が、隣でうつむく神無に言葉をかける。「何も心配は要らない。彼らは操られているんだ。」神無はしょんぼりとした顔で、「寧人君…紅さんの方に行ってしまった。」
二階堂:あっ!
宵ヶ崎:やっべ!私、そんな気は無いぞ!
GM:薄く笑って、「それはお前が偽物だからだ、神無。これが済めば本物になれるさ。本物の傷無に。」「分かった、お兄ちゃん。私、頑張るよ。」「ああ、もうすぐだ。もうすぐ全て上手く行くと思う。」霧人が2丁の拳銃を構えると、森の中からジャームの群れがやって来る。ザアッと夜の風が周囲の木々を揺らす。というところで。神無は夜空を見上げ、つぶやいた。「寧人君、待っててね。ちゃんと本物になって、ずっと一緒に暮らそうね。」その目は大きく見開かれ、狂気の光を宿していた。彼女の周囲には無数のジャームの死体。血みどろの森の中、神無はただ恍惚の笑みを漏らす。愛しい人との平和な一生を思い浮かべて、その静けさに酔いながら。
梅宮:表紙のイラストだー。
宵ヶ崎:怖いよー。
二階堂:表紙のイラストでしたー。

続く。

BLセッションをするときは、必ずプレイヤーの地雷についてリサーチするんやで。せんかったら死ぬで。(ブログ主からのメッセージ)