Cobolerのリプレイ置き場

趣味のテープ起こしを活かした、TRPGのリプレイ置き場でございます。

UPされた記事はいつ書き直されてもおかしくない状態で公開されています。 あと、記事を上書きで更新することが多いです

※BL注意「good-bye long long friend」 その8

f:id:Coboler:20160414224124p:plain

今日は大量にアップしますぞー。前記事もちょっと、加筆修正しておりますー。

落とし神の功罪

荒也:じゃあ、明日香ちゃんと個別に面談したいです。
GM:じゃあ、二人っきりになった、どこかのシーン。どこのシーンかは特に決めない。
時那:片付け中かな。
明日香:雅也を私にちょうだい。
荒也:ちょうだい!?ちょうだい、とはどういうことだ。
明日香:他に言葉が、思いつかなかったの。
水無川:何か、独占欲みたいな…。
雅也:キャッ☆(笑)
荒也:ああ、言ってたなあ…。明日香ちゃん本人に話してないのか…。「あー、うー…」
明日香:荒也は、嚆矢のことが好きなんでしょ?
荒也:荒也は、嚆矢が…。さっきのことを思い出して、ぼーっとしながら。「ああ、そうだな。」大げさに頭を振って。
明日香:優歌に負けていいの?
荒也:負けたくないよ。
時那:オホー。認めよった!(笑)
荒也:何か、胸がぎゅっとする感じで。「俺が、嚆矢を好きなように、お前も、雅也を好きなのか?」
明日香:たぶん、きっと、そう。
荒也:多分きっとメイビーか。「あー、うー…俺はさあ、何だ。支部長みたいに頭が良くないし、隠瀬院さんみたいに色々できるわけでもないし、しかも雅也みたいに、人との関わりが上手いわけじゃないからさあー。」
明日香:自分の感情なら、分かるでしょう?
荒也:「それが分かってないから、俺はいままで苦労してたんだよう!」頭を抱えながら。
明日香:でも、理解はしたの。
荒也:理解したというか、理解してしまったというか…。"orz"な感じで。「それでそもそも、お前は分かってるのかよ!?」
GM:それには返事せず。「嚆矢は荒也のことが好きだよ。」
荒也:へ!?はぁ!?それはどういう意味だ!?…言い方が悪かった。えっと、嚆矢は?俺が嚆矢を好きなように、隙なのか?
GM:じゃあ、そこで首をかしげる。
荒也:「んー、それは難しいことを聞いたなあ。んー…UGNチルドレンの俺に分かってるのか、そんなことが、そもそも!?んー…。」どういう風に攻めるかな?「あのさあ、俺さ、嚆矢を誰にも取られたくないって思ってるわけよ。お前はさ、雅也を誰かに取られたくないのか?」
GM:それは頷く。「私が一番、そばに居てあげたい。」
荒也:俺さあ、雅也みたいに口が上手くないからハッキリ言うぞ。何だ、そういうことを思ってるよ、雅也に。俺はあいつの兄貴なんだぞ。ずっと離れてたけど、ずっと心配してて、やっと1年前に会えて!でも、正直何だ、…
時那:どもってる、どもってる…。
荒也:「あー、うー!」ため息をひとつついて、「お前が嫉妬してるっていう話を聞いたよ。」
GM:何だろう。面白いこと言って良い?「兄弟は結婚できないんでしょ?」
荒也:知っとるわ!!
GM:男同士もだよ!(笑)
荒也:ていうかそれ、ブーメラン!
雅也:ブーメラン!
荒也:別に俺は、結婚とか恋愛とか、そういう話じゃないんだよ!雅也に対しては。
明日香:どんな話なの?
荒也:お前さあ。一番、雅也に守られてるのって、誰だと思う?少なくとも、俺視点からだと、お前に見えるよ。明日香。
明日香:私から見たら、あなたに見えるの。
荒也:マジか!それは驚きだなあ。だって、お前は一番、守られてるよ。一番に思われて、一番大事にされて、一番庇護されてる。何だろうな、それが、俺はあいつの兄貴だから、あいつを守らなくちゃいけないんだけど、それが、恐ろしく羨ましい。俺もUGNチルドレンだから、あんまり他所の事は言えないけど。多分、お前に嫉妬してるんだと思う。お前が、俺に嫉妬するように。
明日香:じゃあ、そう。
荒也:俺も、雅也を取られたくないって思ってるけど、別に、雅也は俺の物でも無いんだよな。
GM:じゃあ、雅也にドン引きされるようなセリフを。
雅也:雅也は別の所に居るてことで!(笑)
荒也:ドンと来い!
明日香:嚆矢の気持ちを、教えてあげようか。
時那:お、おお~う!
明日香:教えたら、雅也を私にくれる?
荒也:「まず、ひとつ言おう。絶対に言うな。俺は、嚆矢が俺をどう思ってるかは、俺が直接嚆矢に訊く。それから2つ目だ。雅也はあげられん。というか、何度も言うが、雅也は俺の物じゃない。自分でも大変不本意だがな!」ガリガリっと頭を掻いて。
GM:ちなみに、明日香ちゃんは、この時点では知らないです。嚆矢の気持ち。サイコメトリーで、見ようとしてる。
荒也:「要らん!」キッパリ言う。んー、独占、嚆矢。独占。他に伝えるべきことって、あるかな?荒也君としては、男同士とかは別にどうでも良い。雅也が明日香ちゃんとくっついても別に構わない。ただ、その独占欲がこっちに向けられても困るっていうか。こっちは兄貴なんだから。弟を守るのは当然だ。みたいな態度だしなー。
明日香:とりあえず、分かった。
荒也:何が分かったんだ。
GM:「雅也は、荒也の物ではない。」だから、遠慮する必要はないんだなと言う話。
荒也:ま、遠慮する必要はないわな。「ああ、そうだそうだ。おーい、明日香。仮に、雅也の相手をするんなら、恐ろしく大変だぞ。分かってると思うが。」
明日香:何となく分かる。
時那:落とし神だからなー。
荒也:「あいつの兄貴として言っておこうか。」ちょっとすごんで、「あいつを泣かせたら許さんぞ。双子の絆ってもんを、なめるな。」
雅也:悲しませたら、って位にとどめておいてください!(笑)
明日香:じゃあ、気を付ける。
荒也:何でこんな、私は明日香ちゃんとバチバチしてるんだー!(笑)
GM:知らない!(笑)
荒也:良かったのかな、今の動きで!
時那:わ、分からん。これが、TRPGの凄い所というか、PLが結果を自分で導き出しているのに、PCの気が乗って行かないというか…。
荒也:とりあえず、RPとしては間違っていないと思うんですけど、明日香ちゃんと敵対する気は無いんです。
GMゲームマスターとしては、子供の純粋さと酷薄さみたいなものを、表現できて満足です。
荒也:こっちもとりあえず、何だ。ブラコンロールが出来た!(笑)
雅也:多分、こっちからは評価が出来ない。傍から見ていて、「いたたまれねぇ!」と、ずっと思ってました!(笑)「雅也、お前…!」みたいな感じで…!
水無川:落とし神の功罪というか…。
荒也:まあ、明日香ちゃんとの会話だけですから。

奪っちゃった!

雅也:じゃあ、明日香ちゃんと話しましょうか。
GM:はいはい。じゃあ、何を話しましょうか。
雅也:じゃあ、さっきのお話しの後。見た感じ、明日香ちゃんに変わったところは有りますか?
GM:えーっと。あなたのことを真剣に見つめております。で、どういう思考回路なのかGMにも分からないんですけど、黙って目を瞑ります。
荒也:ウウーン!(笑)
時那:何の構えだ!?
GM:で、ちょっと首をかしげて…
荒也:アハハ!(笑)
時那:オォーウ!
雅也:明日香ちゃんって身長どのくらいでしたっけ?
GM:じゃあ、140センチ+1d20。(ころころ)154。
荒也:女の子にしても小さいな。
雅也:じゃあ、右手をあげます。はい!キツネの形を作ります。唇にチュッとやって、「奪っちゃった!」って言います!
荒也:くっ!この!!(笑)
GM:じゃあ、あなたを抱きしめて、「奪われちゃった!」と言います!
雅也:はははははー。
荒也:このー!!
水無川:そういう冗談も通じるようになったんだ…。
雅也:じゃあ、こっちも思いっきり笑い転げて。抱きしめ返して、グルグル回ります。ははは。
荒也:なんだこのバカップル。
時那:ええモン見させてもらったわ。合気チットを投げたい勢いだ。最後の幕間で気合にしたまえ!(笑)
荒也:こいつは、このー!!
GM:何だろう。NPCばっかりが無双してる気がする。(笑)
時那:そうですね!
雅也:じゃあ、バカップルのような感じでクルクル回っておりますが…。
GM:じゃあ、「いつか、ちゃんとしてね。」と言う。
雅也:いつか、ちゃんとかー。うん分かった!
荒也:スゲー軽いノリで了承しおった!
雅也:じゃあ、立ち止まって、「ん?」みたいに首をかしげてます。「お、おう。分かった。」
荒也:気を付けろ…そいつ、意外と根深いっつーか…。
GM:違いますよ!ただのヤンデレですよ!(笑)
荒也:根深いんだよそれは。純粋なヤンデレってやつ!ぷしゅー。
GMヤンデレより病んでる方が得意です!(笑)
雅也:んー…。(笑)
荒也:では、一旦シーンを切りましょう~。

俺の傍を離れるなよ

GM:じゃあ、嚆矢が酔っぱらった状態でやって来ます。
水無川:酔うんかい!
荒也:「飲むな!」と、叩いておきます!
GM:「牧島さんがー、えらく旨い菓子を持って来るんだよー。」えらいお酒が入ったやつ。
荒也:「チョコレートボンボンか!あーもう、お前、こんなんなってー!」うにゅーっと、ほっぺか耳か、耳にしよう。うにゅー。
GM:じゃあ、そのままあなたのそばに寄って来て、あなたを抱きしめて。
荒也:あー、ったくー。
GM:「あんまり俺の傍を離れるなよ。」と囁きます。
時那:お、おおーぅ!!
荒也:最初に離れたのはお前のくせして!と思いながら、ぎゅっと。このまま部屋に連れて行きます!「あー、もー!」とか言いながら。
GM:ベッドに連れて行く?
荒也:こうなったら、連れて行きましょう!え、聞き耳?
時那:(聞き耳を立てるジェスチャーをしながら)デバガメだ。
GM:はい!じゃあ連れて行った。あなたの腕を掴みます。
荒也:おう。
GM:一緒にベッドになだれ込みます。
荒也:ありゃー!べしょっ!
GM:そのままあなたにキスします。唇ですよ。
荒也:エェェエ!?
時那:ウォホーイ!!!進んでるぅ!
GM:その後に、寝ます!
水無川:…(笑)
荒也:声にならない悲鳴をあげる!
GM:はい!
雅也:ちゃんちゃん?
荒也:そうですね!やりたいことはやってしまった!
時那GMが、やりたいことをやっただけな気もするが。
GM:ハハハ!(笑)
荒也:下敷きにさせてください!もう、やり場のない手とやり場のない悲鳴!ベッドで呻いて。あー、面白かったー!よし、次のセッションで告白しよう!(すごく良い笑顔で)
水無川:あ、次回予告になっちゃった!(笑)
荒也:いやー、やれることがないな!
GM:何かやれよ!(笑)
荒也:だって!だって!やり場のない悲鳴を上げるしかないし!このままベッドから蹴り出すわけにもいかないし!
GM:蹴り出せばいいじゃない!
荒也:べしょ。床に叩きつけてみました。起きます?
GM:いや、起きない。完全に寝ています。
荒也:やっぱり、声にならない悲鳴。しょうがないので、お姫様抱っこして、ちゃんとベッドに寝かしますよ!起きない?
GM:起きない。シーン変わるか、セッション終わるまでは。
荒也:ですよねー。これはこのままで良いと思うので。起きないなら。
GM:キスし返せますよ!
荒也:そうなんですよねー!
雅也:ダイス振って決めましょう!
荒也:①おでこ、②ほっぺ、③唇か!④しないか!
時那:そこなんだ!(笑)それは、1d4だ!
荒也:(ころころ)3!空気読んだ!!!
雅也:ダイスの女神さまは、BLがお好き!(笑)
GM:最悪だな、その女神さま!(笑)ありがとうございます!!
時那SANチェックくらいにしか使ったことが無いd4が、いい仕事をした!(笑)
荒也:で、自分で真っ赤になって、支部をダッと飛び出す!ワーワー叫びながら、部屋を飛び出して走って行って!
GM:いやー、嚆矢、攻めやすくて良いキャラだな。やっぱり。
荒也:荒也は翻弄されまくりですよ…。
GM:逆に、誘い受けっぽくて、逆に攻めやすいのかもしれん…。
時那:ハハハハハ!!(笑)
荒也:私は襲い受けしかしないつもりです!嚆矢君相手では受けにしか回らないつもりですよ!
GM:そうですか~。
荒也:嚆矢君相手に攻めるとか、無理無理!せいぜい襲い受け!(笑)いやー、出来ることは全部やった気がする!後は、牧島に恋愛相談する位か。
GM:するのか!

雅也の進路相談

雅也:じゃあ、ちょっと良いですか?「支部長、ちょっと良いですか?」
水無川:何ですか…。
雅也:テレーズに回線繋いで!
水無川:あ、はい。
雅也:ついでに支部長も一緒に来て!あれだよ。進路相談!
水無川:ああー。
GM:どんな進路相談するの…。じゃあ、回線が繋がりました。
雅也:わーい!テレビ電話だ!久しぶりテレーズ!いえーい!
テレーズ:あの話は、あの後どうなったの?
雅也:「とりあえず、次の運動会の閉会式に!俺たち皆で行動することになった!」ちなみに、電話してるけど、テレビ電話だからテンションが上がってるって感じです!で、その後に。「ちょっと時間があるんだったら、相談に乗ってほしいんだけど。」
テレーズ:何かしら?
雅也:進路でさぁ。世界中を回れて、UGNの仕事に関われる職業って何がある?
テレーズ:えーっと、一番いいのが有るけど。危ないわよ。
雅也:んー、参考までに聞かせてくれる?
テレーズ:私の直轄部隊で、ナイトフォールというのがあるんだけど。
荒也:ナイトフォール?
GM:ナイトフォールというのはね、かくかくしかじかうまうまで、端的に言うと、遺跡対策部門というか、そんな感じで。今度リプレイ的な何かを投げてみる構えで…。(笑)だからまあ、世界の変事に対処するような部門がある。この時系列だと、まだリプレイのお話が終わってない気がする。ナイツっていうリプレイシリーズがあってね。こっちから、発掘できたら渡すわ。
時那:ああ…。(笑)
水無川:UGNの仕事に関わりたいの?
雅也:んー、オーヴァードになった以上、切っても切れないような気がするんだよね。だったら、UGNに関わりつつ、自分の好きなことを譲りたくない。
テレーズ:世界を見るっていう事が?
雅也:「俺、世界の絶景とかを見るのが好きなんだ。だから、冒険しながらでも良いし、色んな町にいってみたいし、色んな人に会ってみたい。」後、支部長にも質問。「高卒で就職するって、どんな感じだった?」
水無川:「えっとね、家からすぐに離れたくて…」というか兄ですけど。「僕の場合、理由が不純で不純で。先生に、勧められちゃったのと、もう自分の日常に嫌気がさして、しょうがなかったんだよね。4人の兄とどこに行っても比べられそうで…。大学に行っても、兄の名前を聞くだろうし。」
雅也:じゃあ、聞かなかったら、大学行きたかったんすか?
水無川:いや、あんまり行きたいとは思わなかったな。

色々話をした後…。

テレーズ:私の休みも一体いつの話だったかしら…。
雅也:テレーズ、あのさあ。今度、俺とお昼寝デートしような。
テレーズ:そうね。出来たらいいわね。スケジュールを見る限りでは、あと半年は無理よね。
雅也:そんなハードスケジュール!
テレーズ:でもまあ、誰かがしなきゃいけない仕事だから。
雅也:「UGNなぁー。聞きたいことはそれだけだから。ありがとう!」と言って手を振ります。
GM:じゃあ、またねと言って手を振る。で、フクロウ隊長も軽く鳴いて。喋れるけど。手を振っている。
雅也:「あ、フクロウ隊長!元気になったんだな!今度は日本に来いよ!」と言って通信は終了です。「おしまいでしたよー!ありがとうございます!」
水無川:僕、そんなに大したこと、喋れてないよ?
雅也:いやー、いやー。周りに訊ける人が少ないんで!言っただけでも俺の気は晴れるし!(笑)
水無川:そうなの?
雅也:そうそう!あざっす!
GM:で、ヅラはどうするの?
時那:ヅラは今度で良いでしょう。取るって話になったし。
雅也:次回で。
GM:次回っていうか、いつになるか分からんけど。まあ、そういうことでよろしいですかね。
荒也:はーい。
GM:では、長々とお疲れ様でございました。ダブルクロスThe 3rd Edition、 【校長先生のヅラ疑惑払拭同好会活動記録】 “good-bye longlong friend”これにて終了させて頂きます。お疲れさまでした。
一同:お疲れさまでしたー。(拍手)
雅也:活動は続く!

感想

けっこう省略しているんだけど…どうなんでしょう。あれから皆で「ここはこうすれば良かった」という話をしているのですが、「編集されたところを見たら、まあ読める感じになってて良かった」という声が聞けたので、私としては良かったかなと思ってます。ちなみに、次回のセッションは、《ハートレスメモリー》が全部終わってからにしようということになりました。ちょっと先になると思うがまあ楽しみにしてつかあさい。

総セッション時間:8:08:36 書き起こしに要した日数:25日

おまけ

GMが持って来てくれたロイズの箱を見ていたら、とんでもないことに気が付いてしまった。

f:id:Coboler:20160415221813p:plain

時那:ちょっと待て!!「新鮮な生クリームを使用しております。16年2月20日」に賞味期限切れてるぞ!(セッション日の1か月前)
荒也:いや、美味しかったですよ?
雅也:やっべ!
時那:やべぇな!まあ良いや!
GM:どうする?もう止めとく!?
荒也:まだ食べよう。やっちまったぜとか言いながら、まだ食べてるよね!(笑)
雅也:いやー!ロイズにテンション上がってたから、賞味期限見るの忘れてたー!
GM:俺やっちまったぜ!チョコだから賞味期限けっこう長いんだろうなーと思ったら、そんなことはなかったぜ!(笑)せめて冷蔵庫に入れておけばよかった!
時那:常温…かよ…。

だが結局、セッションが終わった頃には全部食べつくされていたという。そして腹を下した者は、一人も居なかったことを追記しておく。めでたしめでたし。

BLセッションをするときは、必ずプレイヤーの地雷についてリサーチするんやで。せんかったら死ぬで。(ブログ主からのメッセージ)