Cobolerのリプレイ置き場

趣味のテープ起こしを活かした、TRPGのリプレイ置き場でございます。

UPされた記事はいつ書き直されてもおかしくない状態で公開されています。 あと、記事を上書きで更新することが多いです

「惜しからざりし命さへ」 その3

ネタが溜まって来たので、こっそり更新。

菅公の怨讐

偵信:僕ですか。わかりました。
GM:道真公はお知り合いでしたっけ?
偵信:はい、ライバルです。
GM:ライバルですか。なるほど。
偵信:違った。ライバルは物部殿でございます!
GM:ハハハ!(笑)
物部:なってるなってる!!
偵信:強敵と書いて「とも」と読むあれですよ!
GM:強敵と書いてサンドバッグになってるよ!(笑)
偵信:道真公はただの敵です!で、可能であれば、道真が暴れて暴れて、宮中が混乱したときに、自分の出世のチャンスがあるかなーと思ってるくらい。
GM:強敵なのか道具なのか、ちょっと語彙の選択に困るんですけど…。ってなところで進めますね。昼の京は、明るく華やかである。でも、どんなに日が明るかろうと、闇が隣り合うのが平安京である。その闇の中から、君に声を掛ける者がある。
偵信:はい。
GM:声を見やれば、黒い束帯の公卿が立っている。高貴さと、危うい威圧感。どことはなしに、切羽詰まった、ぴりぴりとした雰囲気を感じる。菅公、菅原道真公がそこに居る。「偵信。影鬼について調査が進んでいるようだが、少しわしと話をしないか。」
偵信:なるほど。よかろう。
渡辺:怪しい!
物部:ワーオ、ダークサイドへの誘い。
偵信:「なぜ貴様がそのようなことをするのか分からんが、たかが怨霊ごときが私の道を妨げられると思うな。」的なことを言う。道真公は生きてる人?
GM:怨霊です。超怨霊です。「ほう、お前の道とはどんな道だ。」
偵信:「貴様のように失脚せんことだ。」と言ってやる。
物部:ハハハ!(笑)
:嫌味ー!
道真:お前らの調べの通り、景石の心に囁きかけ、悪鬼へと落とした黒幕はこのわしよ。
偵信:小者を悪鬼に落としたくらいで、何をそのような。自慢げな顔をするか。(笑)
道真:なに、こんなものはただの戯れよ。
偵信:何と。
物部:遊びでやってるんだ。
偵信:裏になにかたくらみがあるということか!
GM:いや、無いんですけどね。「やつもしょせん藤原の血筋。藤原一族を根絶やしにしてもよし、逆に調伏されてもよし、わしにとってはどちらでも良い。それよりも興味があるのは、お主とお主の母親…」って言ったら良いのかな?何か言い呼び方ないかな?
:母方?
GM:何か良い呼び方があったような気がしたんだけど。まあいいや。お前のママよ。
物部:ママー!(笑)
GM:ちなみに中国語だって知ったのは最近ですよ!(笑)
偵信:媽媽ね。「ママになんてことを。ママに手を出すなんて!」
物部:母上で良いじゃないですか!(笑)
偵信:母上に手を出すなんて許さんぞ!
:どこかで「はくしょん!」って言っておこうか。クシャミが。
GM:どうだ。お主のママのため…(笑)えー、「この平安京を物の怪の住みやすい京にするため、わしと手を組まぬか?」
偵信:断る!なぜなら、貴様の手を借りんでも、私単独でできるからだ!
GM:待て待て待て待て!(笑)この平安京を物の怪の住みよい京にしたいんか!
渡辺:いやー…。(笑)
偵信:手を借りるのではない。貴様こそ私に調伏され、我の手足になれ!
GM:それは次のシナリオにやってみてほしいな!(笑)えー、ちょっと待って。「面白いことを言う小童よ。」
偵信:本当の天才の力を見せてやる。
物部:とか言いながら、本当は攻撃できるエフェクトが一つもないから。
偵信:困ったね!(笑)せめて攻撃されないと攻撃できない!
道真:景石をどうにかできるだけの実力を見せてから、その大言を吐くが良い。
偵信:私が手を出すまでもない。わが駒がすべてを達するだろう。
物部:ひどい!(笑)
:違う。自分で手を出さないだけ!(笑)
偵信:そっちも、一応駒を動かして景石をけしかけているので。私も同じ立場で駒を動かして、貴様の立ち位置を壊してやる。決して動けんだけではないんだ!
GM:ハハハ!(笑)
渡辺:ひどすぎる。(笑)
道真:では、やってみるがいい。我が造りし怨念の獣。影なる鬼に食われるが良い。
偵信:わが正義の駒を見せてやる!
物部:なんだかなー…。
GM:都の周辺を見渡しながら、「我が恨み晴らすまで、京にあまねく災厄を!」と言って、呪詛を吐きながら彼は歩いて帰っていきました。
:歩いたんだ!?
偵信:見送るような感じで。「踊れ踊れ私のために。」
GM:空にあがっていっても良いんですけど、台無しシーンの方がいいと思った。(笑)
渡辺:この敵NPCは、瞬間退場を持ってなかったんだな…。
GM:はい、というわけで、あと2シーンでクライマックスです。ということで、だれか面白シーンを俺にカモン!(笑)僕こんなシーンやりたいよ!とか、こいつと絡んでイジメておきたいよ!とか。
:PC2と絡んでおきたいです。
渡辺:自分もロイスを増やしておきたいです。
:そうなんだよね。PC2とロイス取ろう。
偵信:物部殿にロイス、何かがあると思うんだけどなー。尊敬にしておこう。
物部:なんで!
GM:ポジティブが尊敬、ネガティブがおもちゃ。(笑)
偵信:ネガティブの尊敬ですよ!何言ってるんですかやめてください!(笑)
渡辺:何だこのパーティー!
GM:素晴らしい!ほどほどに気が狂ってて素晴らしい!(笑)
偵信:母上には慕情で!

瑪瑙姫の想い

GM:何か面白いシーンやりたいプレイヤーは居ませんかー、無ければトントンとクライマックスに行きますが。
偵信:はい。みなさんと登場してもよろしいですか。相談があるんですけど。
渡辺:侵食率60%以上には上げておきたい。(ころころ)
物部:100%エフェクトを持っているのに使うあてがなかったら困るからー!(ころころ)しょぼい!
:(ころころ)50!
GM:大丈夫!ラストは激しくなるように調整しました!
渡辺:ありがたい。それはありがたい(笑)
:いいなそれ。
GM:ありがたいんですか!(笑)
偵信:ちょっとみなさんに相談したいんですが。姫様は、どうも殿上人になる可能性のある方で。ここから先、たぶん市場に行くことはないでしょう。皆様のようなお強い方々がいれば、ね、遊びに行ってもしも襲われても、あの、大丈夫でしょう。
:ンフフフ(笑)
GM:外に出してあげようと!?
偵信:外に出してあげましょう。基本的には、姫様が館に居るのは当然だと相手も思ってるはずです。外に行けば、その分リスクが下がる可能性があります。
GM:微妙だけど、一番安全なのは、PCの場所やからね。
:確かに。
偵信:どうでしょうか。
GM:逆にあれだよね、おとり捜査しているような気になるけど。(笑)
物部:違うのが寄ってきそうだぞ。スリとか。
偵信:ということを考えておるのですが、みなさん賛同して頂けるでしょうか。私には何の力もございません。
GM:なんか選挙演説みたいだ。
:選挙演説…。そうか、政治家だったのか。
GM:なんか清き1票をささげたくなってくる。清いのか黒いのかわからんけど!(笑)
偵信:で、場所何でございますが、
物部:でも、完全武装して行くんでしょう?目立ちませんか、ムダに。
渡辺:たしかに。
偵信:なので、中継場所が必要だと思うんです。庶民の生活を楽しめる場所。実はですね、この中に既婚者がおりまして。そこの家がちょうど良いかなーと
物部:アホかーー!!(笑)
:ほうほう!(笑)
物部:「人んちで!何する気じゃー!(笑)」と本気で言いますけど。
:「あ、確かに良い場所にあったなー。」以前乗り込んだことがあるので。
偵信陰陽師の家でしたらねぇ!侍が居てもおかしくないかなーと!
GM:これは俺、誘われてる?クライマックスの舞台を屋敷じゃなくて、そちらの家にしろって言われてる?
渡辺:家が変わる。
GM:OK分かった。その方向で!
:そっちの屋敷がまためちゃくちゃに!
渡辺:色々諦めて、ここから出るなら付いていくわ!と思ってます。
偵信:まさか!渡辺殿、「うん」と言いながらも、「いいや」ということは言わないでしょうね!?
物部:ウォォー!こいつゥー!!でも、そこでお姫様が乗り気になってるから、「くそ仕方ねえ!!」と思いつつひきつった笑みを浮かべますよ!「ええ、じゃあそれでは…」
偵信:ありがとうございます。
物部:くそ、嫁さんにまた怒られる!(笑)
:嫁さんがいるのか!(笑)嫁さん何人いるんですか?
物部:いや、考えてなかったですけど、たぶん1人くらい。
偵信:子供は?
物部:子供はわかりません。えー、じゃあ奇数が出たら居るで。(ころころ)偶数だった。
:なんだ、残念。
GM:とりあえず、これはひどい
渡辺:おかしいな、クライマックス前だというに。
GM:舞台が変えられるわ、ヒロイン外に出そうとするわ、素晴らしい。
偵信:いやー、羽が欲しいって言われたらね。
GM:じゃあ、そちらの屋敷に遊びに行く?はいはいはい。
偵信:では、姫様。ちょっと遊びに行きませんか。
瑪瑙姫:良いのか、しかし。兄に怒られる。
偵信:大丈夫です。兄上は、エキストラです。
一同:ハハハ!(笑)
GM:メタい!(笑)「そうじゃな!確かに兄はエキストラじゃ!」
偵信:大丈夫です。兄上を説得しに行きます。で、兄上のところに行って、
物部:交渉判定するんですか?(今確認したら、兄上は社会13だと本に書いてあった。)
偵信:(手をそれっぽく動かして)ふゆふゅ~んってやって!交渉判定もしないですよ!
物部ジェダイ風交渉術か!(笑)
GM:えーっと、そうか。…どうしよう!?じゃあ、任した。(笑)
:姫の身代わりの式神でも置いていけば?
偵信:そっちの方が良いですね。で、お兄さんも含めて全員に、この人形を姫様だと思い込ませる催眠をかけていきましょう!
GM:はい。
渡辺:かかったことにしておきましょうか。
GM:とりあえずひどい。(笑)
偵信:これで姫様に傷でもつけば、みなさん一蓮托生ですなぁ!
GM:ハハハハ!(笑)
物部:何がしたいんだお前はー!(笑)今回の事件にかこつけて、まとめて失脚させるつもりかー!
:私は、息子を連れて逃げれば良いしなー。
GM:最悪ですね!
物部:これでうちで何かあったら、うちの責任にされるがな!!
偵信:で、何か動物を作り変えて、自分も館に居るように偽装しますよ。姫様だけだとおかしいんで。こっちにいて姫様が怪我したら、あいつらの責任だな。本当は僕はあっちに居ますんで。
渡辺:ワーオ。
物部:酷い(笑)
GM:移動は牛車?
偵信:ですね。
GM:では、やって参りましたよ。どうしようかな?このシーンこっちに入れてしまおう。瑪瑙姫が牛車で、…牛車って一人乗り?
物部:どうだったっけ?何人か乗れませんでしたっけ?
GM:じゃあ、一緒に乗ってる扱いで、お話してるってことで。もしくは、外側に居て、一緒に歩いてて話をしてるとか。
偵信:一緒に入るのはマズイと思うで…
:じゃあ、母上と瑪瑙姫で。
物部:それならたぶん、完全武装した武士が居てもおかしくないかな。
渡辺:コイツ、刀持ってないんだけどな。
:刀っぽいものを持っているのでは。
渡辺モルフェウスだから、刀は作れるので。
モルフェウスで作る前は、データととしては無いけど持ってる感じで。
渡辺:じゃあ、フレーバーとして持ってる感じにします。
:じゃあ、瑪瑙姫と何か話したりしながら。
瑪瑙姫:創は偵信の母なのか?
:そういえば母上とか言われてたけど。「おう、そうだぞ。歳は離れているがな。」年が離れているの意味はが分かってないけど!めっちゃ離れているよ!
渡辺:外で、我関せずって顔しているよ。(笑)
:お前にとって、道長が兄であるのと同じくらいに、私は偵信の母である。何か違うな。
GM:いや、不思議なものが居るから、ちょっとつついておくかなーっていう話なんですけど。
:こっちは自信満々に話をするしかないんだよなー。
瑪瑙姫:しかし、偵信の方が年上ではないのか?
:世の中にはそういう不思議なことが、よくあるのだ!
瑪瑙姫:そうなのか。
:鳥が空を飛ぶのと同じくらい、当たり前のことだ!
物部:まーた、得体のしれない話をしておる。
渡辺:ああ、不思議だなー。と思いながら遠い目をしましょう。
:おーい、物部。ちょっと説明してやれ。
GM:何をだよ!(笑)
物部:「知らんがなそんなモン!」(笑)言いますよタメ語で!
:どう説明したら納得してもらえるかのう?
物部:得体のしれない身分だから、そういうことになるのだ!
GM:偵信の方に。「あの雀は飛べるようになるじゃろうか」
偵信:姫様の愛情があれば、大丈夫でございます。今は、手厚く保護しております。決して忘れておりません。
GMGMは忘れてたけど。(笑)
渡辺:思い出しました。(笑)
瑪瑙姫:小鳥らは空を飛び、自由に愛を語らい、つがいとなるのじゃ。わらわには…。
偵信:私には、つがいのことはよく分かりません。よく知ってるものが一人おりますので!ちょっと喋らせましょう!
物部:聞いてないふりをしよう。
渡辺:聞いてないふりをしよう。(笑)
瑪瑙姫:まあ、わらわには想像もつかない世界じゃ。知っておるか、恋とはすばらしいものらしいのじゃ。
偵信:そうなのですか。
GM:もしかしたら、偵信を見つめて。「ううー。こんな気持ちが恋なのじゃろうか。」と言いながら、じーっと見てる。そんな様子を見て、母はどう思います?
物部:いーけないんだ、いけないんだ。
:まだ、まだ早いような、でも息子にも結婚相手が。ううー!「瑪瑙姫!そのなんだ、偵信は私の息子なのじゃなからな!」勝手に取っていくな!という感じで、言うかな。何だこれ。
GM:ホントに何だこれ。(笑)
渡辺:飛んでるスズメとか見ながら、「あー、独り身で良かったなー。」と考えておきます!
偵信:偵信もそのようなことは、よく分かりません。ただ、ちょっと甘いものが欲しくありませんか?ちょっと用意させますので。(笑)
GM:じゃあ、ちょっと茶菓子的なものが供されましたよ。
:わーい!
GM:ペットボトル的なお茶も。
渡辺:時代の感覚が崩れてる。(笑)
GM:竹筒みたいなやつかなーと思いつつ!
瑪瑙姫:誰そ現れて、素敵な歌を贈ってくれんものかのう。
偵信:和歌技能は持ってないな。
物部:残念。芸術とかは取らせてない。
:これは、王子様が現れてくれないかなーって意味ですか?
GM:そんな感じ。ちゃんと、そういうハシラが書いてあります!
:うー、いやいや、偵信にはまだ早い!
GM:じゃあ、瑪瑙姫が国綱にちょっとお話を。
渡辺:あ、はい。
瑪瑙姫:歩いておって、疲れぬか?
渡辺:大丈夫です。鍛えてますから!
GM:その返しは。想像してなかった。(笑)
物部仮面ライダー響鬼か。
瑪瑙姫:そうか。国綱はすごいんじゃのう。
渡辺:いやいや、私などより、回籠殿の方が、鍛えていらっしゃるかと。
瑪瑙姫:そうなのか!
:肉体7あるし。完全獣化したら、もっと上がるし。
渡辺:適当放り投げ。(笑)
GM:じゃあ、着いたので、適当に貝合わせとかして遊んでおけばいいのかな。
:キャッキャッ。
物部:葵上のような姉さん女房に、どやされています。「うちで何かあったらどうすんのよ!」みたいに。
渡辺:お茶をすすりながら、それを見ておきます。(笑)
物部:一人だけ縁側で…。
偵信:それを見てにやにやします!(笑)
GM:警護しているやつに、「よう。」と言って、手を振ります。
渡辺:誰!?誰だろう!(笑)
GM:え、藤原景石が。
物部:うわー!(笑)
渡辺:とっさに、「おう!」と返して、刀を持って。「あれ!?」なんかおる!

景石の歌

GM:ではPC3がシーンプレイヤーで、全員登場でお願いしまーす。
物部:はーい。(ころころ)9が出た!やった!
:(ころころ)56か。まあまあだな。
偵信:(ころころ)78まで行った。
渡辺:もうすぐクライマックスだから、よさげな気がします。
GM:日が落ち始め、うっすらと紫色の世界へと変わりつつある今、庭に現れた藤原景石は、落ち着いた声音で、瑪瑙姫を守ろうとする君たちに向かって話しかけてきます。手をあげて。
渡辺:怪っしい!(笑)「なんだその奇怪なポーズは!」
:荒ぶる鷹のポーズかな?(笑)
GM:あなたたちに向かって言います。「お主らは、助けてやろうとは思わぬのか。瑪瑙姫はこのままでは、政の道具として扱われる。それを救ってやろうとは思わぬのか。」
物部:そういうお前は、瑪瑙姫を害しようと思っているんじゃないのか!
景石:いやいやそんなことはない。瑪瑙姫は、我とともに、幸せになるのだ。瑪瑙姫様、約束通り、歌をきいて頂きたい。"君がため 惜しからざりし命さへ 来るよしもがな 誓い果たさぬ"
偵信:景石さんって何歳くらいでしたっけ。30くらいって考えてたんですけど?
GM:書いてない。けど、見た目30くらいですけどね。
:やーい!ロリコン
GM:この時代では合法!合法ですから!!と景石さんは主張します!
物部:合法かもしらんけど、やろうとしていることは間違いなく誘拐だからな!
:そうだそうだー!
渡辺:お前の趣味は、三下のエキストラ並みだ!
景石:そんなんだから、お主は独り身なのだ!!(笑)
:ハハハ!!(笑)
渡辺:「私はここに妻がおる!」と言って刀をパッと見せます!(笑)
景石:それがお前の妻か!
渡辺:そーだ!悪いか!!
物部:なんか、コレ紹介してやるから!と言いたくなるな。小指を立てながら。
渡辺:結構でございます。(笑)
:かわいそー!(笑)
GM:もっといい話があるのに!
:あ、歌の意味とかあります?
GM:えーっと、知識:和歌の判定をしてください。8ですね。
渡辺:持ってない!
:精神ですか。おいおい1dしか振れねーぞ。(ころころ)無理!
物部:精神だったらまかせろ。(ころころ)
GM:ちなみに失敗した場合、瑪瑙姫はふらふらと景石の方に行ってしまいます。瑪瑙姫は和歌の勉強が苦手であり、素直に愛の歌だと思って、付いていくのも悪くないと思っています。
物部:3個回った。18!
渡辺:(ころころ)9!
偵信:(ころころ)成功した。
GM:はーい。では成功した方。「誓いのために一緒に来い。そのためなら命だって惜しくない」という意味で、内容としては、その誓いとは打倒左大臣なので、瑪瑙姫が好きとかじゃなくて、左大臣を殺すための復讐の道具として、俺のもとに来いと言っております。で、瑪瑙姫は歌の意味がよく分かってないので、「ああ、愛の歌が歌われている。じゃあ行かなきゃだめかなー」となっています!
渡辺:止めたいです。
GM:止められますよ!あと、歌の真意を教えてあげれば、止まるかもしれません。
渡辺:ふらふら歩いていく瑪瑙姫を制止して、「ハッ、馬鹿馬鹿しい。何が愛だ。お前、どう考えたって復讐のためにしか、姫のことを考えてないだろう。」
景石:なぜ分かった…!
渡辺:なぜ分かったって!?うさんくせー!!うさんくせーヤツしか居ないよここ!(笑)
:PCも含めて全員うさん臭い!
渡辺:なんだここ!魔境か!
物部:魔境だ!平安京エイリアンだ!
偵信:僕も和歌をやりますよ!ちゃんと愛の歌を!あなたが居ないと困るんです!みたいな和歌を!アドバイスって自分には使えないですよね。
GM:使えない。だから、妖精の手を使って無理やり、ヤツより高い目を出す!(笑)感覚かな?芸術だから。
偵信:感覚は1!?ダイス1個?
GM:ダイスボーナス入ってませんか?
偵信:70なので、合計で2d?(ころころ)
物部:何点を目指して振ってるんですか?
GM:相手は8点くらいの意味の和歌だったので、それ以上になるように。
物部:ほうほう。
:回った回った!
偵信:わーい回った!18!
渡辺:圧倒的!
GM:内容的には。
偵信:本当の愛は、そんな簡単なものじゃないよ的な。
GM:「歌の意味はわからんが、とにかくすごい言葉じゃ!」とひどく感服しております!(笑)
:瑪瑙姫さーん!(笑)
渡辺:瑪瑙姫がどんどんアホの子になっていってる(笑)
GMゲームマスターの頭だから、その知能指数に引っ張られるんだよ!
偵信:和歌が全然思いつけなかったぜ…。
GM:そこでホイホイ出てきたら、リアル技能の持ち主だな!「おのれ!ならば直接エサを頂くまでよ!あやつが可愛がる瑪瑙姫を奪い、左大臣を呼び出し、その首をカラスの餌にしてやるのだ!」景石の姿がみるみる変わり、その姿は影鬼へと変わります。クライマックスフェイズに移行しまーす。

クライマックスフェイズ

:おー。
GM:彼のワーディングとともに、「偵信!」と言って、アホの子が倒れます。
物部:おい!!(笑)
GM:倒れていい?
偵信:はい。で、僕は動けないって感じで。
GM:ということで、クライマックスの準備を致します。
偵信:最後の戦闘に向けて、一致団結して頑張ろう!
物部:こいつがリーダーみたいになってる!(笑)
渡辺:リーダーが威厳を奪い去られたみたいになってたから!(笑)
物部:嫁さんに怒られるばかりか、こんなところで大問題を起こしおって!ウチがめちゃくちゃになるじゃないか!!(笑)
:大丈夫!めちゃくちゃになるのは庭だけ!
GM:大丈夫大丈夫!今、部屋の中だから!
物部:酷い!(笑)
渡辺:余計質が悪い!(笑)

f:id:Coboler:20160402223215p:plain

イニシアチブは物部14=景石14、⇒怨霊(4体)12⇒渡辺8⇒偵信7⇒創3となっております。

GM:エンゲージが3つあります。こっちは先ほどど同じ、怨霊ですね。ダイス違うけど足りなかったので。内容は一緒です。
物部:わかりました。
GM:なので、あなたの一撃で、落ちます!
物部:はい!(笑)
GM:ではクライマックス入りまーす。
:(ころころ)3!
渡辺:(ころころ)9。やった。
GM:影鬼の周囲に、藤原一族への恨みを抱く怨霊が4体現れ、藤原景石は、きっかけこそ菅公だったが、今やただ、左大臣への復讐に染まった悪鬼羅刹である。左大臣への恨みを叫びつつ、黒き鬼が向かってくるのだった。「瑪瑙姫萌えーーー!!」
:ははは…。
渡辺:酷いわ!!
偵信:ひどいわー!
物部:いくらなんでも引いたわ!!
景石:全ては左大臣のせいなのだ!我は間違っていない!間違っていない!
物部:いくら合法かも知らんけど、キモいわ!
:限度ってもんがありますわ。
渡辺:周りからのヤジが止まらない。(笑)
偵信:他人の家が壊れたとしても、左大臣のせいだ!
物部左大臣っていうか、うち…
:経費で落ちるといいね!
GM:というところで、衝動判定をお願いします。目標値は9です。意志の判定になります。失敗すると、暴走状態となって、リアクションができなくなります。
物部:はーい。(ころころ)大丈夫ー!
渡辺:(ころころ)12!
:(ころころ)11か。問題なし!
偵信:7個振って、(ころころ)9なんで大丈夫ですね。
渡辺:誰も暴走しない。
GM:2d10侵食率が上がります。
渡辺:はーい。(ころころ)なんでこんなに低いんですかねぇ…。
:(ころころ)5!?
偵信:(ころころ)90まで行った!
GM:セットアップ何かする人。
:今のところないですね。
GM:では14からどうぞ!
物部:はーい。マイナーアクションで、エンゲージ離れます。後ろに移動。では、まずはトループからですが、〈コンセントレイト:サラマンダー〉、〈氷の塔〉、〈氷の戒め〉。12個振ります。(ころころ)28です。
GM:当たり当たり。
物部:攻撃力はダイスが4つー。(ころころ)良いね良いね。46です!
GM:はーい、消えました。
渡辺:1回でエンゲージ消してくれる!(笑)
偵信:ザコに定評のある物部殿。
物部:黙っとけ!!(笑)全然嬉しくないぞ!?
:いやいや、普通に「よくやったぞ!」って声かけときます。
物部:そうそう!それで良いの!(笑)
渡辺:かわいそう!(笑)
:ぶっちゃけ、100歳くらい歳が離れている可能性があるので、年下を褒めている感じで。
物部:こっちからしたら、小さい子に「よくやった!」って言われている気分なんですね!
GM:怨霊2体分の2回攻撃が飛びます!
:ウワーオ!
渡辺カバーリングなんか取ってませんよ!?
GM:(ころころ)回らねー!10!と言って偵信を攻撃。
偵信:幸運の守護で回避します。
GMリフレックス使わなくても避けられそう!だってあそこ、RCが4点あるもん。
偵信:(ころころ)これで避けたってことで。
:17で避けた!
渡辺:1発目避けた。
GM:2発目も10!あのサポート役はデコイの役までこなすんですが、どういうことですか!?
渡辺:不思議ですねー!一応狙われた時のことを考えて、防御も上げておいたのに。やはり回避の方が強いのか。
偵信:じゃ、〈幸運の守護〉だけで回避します。(ころころ)避けたと。
:2回とも避けたー。
偵信:避けてないよ!そちらが勝手にコケたんだ。
GM:じゃ、コケました!
偵信:〈幸運の守護〉だからね!
GM:本当は物部の次が影鬼の番だったんだけど、巻き戻して攻撃させてね。でもこいつ、寄って殴るしかできないんだよな。ま、寄るわ。影鬼変化!〈完全獣化〉〈破壊の爪〉〈ハンティングスタイル〉。
渡辺:おお、群れの中に突っ込んでいった。
:ヘイカモン!
GM:まあいいや。普通、前衛に飛び込んじゃうもんな、このパターンだと。…範囲攻撃がホニャララしか無い。はい、殴りまーす。〈コンセントレイト:キュマイラ〉〈獣の力〉〈原初の赤〉〈異形の祭典〉〈レックレスフォース〉〈背教者殺し〉で殴ります。ダイス15個。ここで《傲慢な理想》を使いまして、攻撃を範囲に変更いたします。範囲の皆様に一撃を、プレゼントフォーユー。
:え!?
物部:範囲はどこまでですか?
GM:前のエンゲージだけです。
物部:それならよかった。一番HPが少ない人に、防御プレゼントしますよー。
GM:(ころころ)29!なので結構止めどころ!ヤメテー!
:7個振れるのか。(ころころ)16か。まあいいや。
渡辺:(ころころ)29!
GM:これ当たるとね、ラウンド間ダイスが-4個になる!
偵信:じゃあ、回避します。〈リフレックス:オルクス〉〈幸運の守護〉。(ころころ)24。27か。避けられなかった。
GM:当たっちゃった?(ころころ)30点、装甲有効。
:残り5点か。OK。
偵信:僕は死ぬよ?
物部:じゃあ、ダメージ適応直前に、そっちに〈電磁バリア〉。(ころころ)13点減です。
偵信:13点減!じゃあまだ10点残ってる。すごい!
GM:景石君ちょっと弱いよ?データいじって良い?
:ハハハ!(笑)良いわけない!
渡辺:バトル中にデータが書き換わっている!
GM:よくあるよくある!大丈夫、君たちにはデータ見えてないから!(笑)一応、触らない方向で!
:当たったらラウンド中、ダイスが-4個か。これ位だったら。とりあえずは大丈夫か。
偵信:ありがとう!助かったよ!
物部:うん。嘘くせえわ。
偵信:普通にありがたかったんですけど!(笑)
GM:「貴様にはこの腕の仕返しをしてやろう!」と言って、腕をまくります。うにゅうにゅ。
渡辺:武器作らないといけないんで、〈インフィニティウェポン〉と〈ダブルクリエイト〉組み合わせで。さて、範囲攻撃もしなくていいので、エンゲージ離れずにそのままぶん殴りますね。〈コンセントレイト:モルフェウス〉〈マルチウェポン〉〈咎人の剣〉〈コンバットシステム〉。ダイスが11個か。
GM:ちなみに、装甲は。
渡辺:無視にはなっていません。
GM:はい。〈竜鱗〉と言って、防護点を増やします。ちなみに20点です。
渡辺:おぅ。まあいいや。それでも結構通る。
偵信:待ってください。行動値は?
渡辺:8です。
GM:それなら、待ってもらって、何か支援してもらってからの方が良くないですか?
渡辺:あー、なるほど。じゃあ待機にします。一旦待ちます。
偵信:〈アドバイス〉と〈戦場の魔術師〉を3人にかけます。
GM:クリティカル値が-1、ダイスが+5のはずですがー。
:全員にですか!?
GM:俺にもですか!?
偵信:…は?
GM:ありがとうございます。(笑)
偵信:「みんな心をひとつにして、悪いやつと戦おう!」アドバイス。
渡辺:イマイチ納得いかんが。(笑)
GM:じゃあ、国綱は待ちで、偵信が終わって、創!
:はいよ。せっかく近寄ってきてくれたんだが、さっきのお礼をしようとするか。
渡辺:〈完全獣化〉のフラグ!
:〈完全獣化〉〈破壊の爪〉〈ハンティングスタイル〉〈オリジン:アニマル〉まで入れて。
GM:腹筋で受ける!!(笑)
:メジャーで〈コンセントレイト:キュマイラ〉〈獣の力〉、ダイスがいろいろあって15個振ります!
GM:4個振っても15個か!ひどいな!(笑)
:息子の〈アドバイス〉もあるので!ありがとう息子よ。
渡辺:色々とヤバイ!(笑)
:クリティカル値は7で振ります!(ころころ)66の…70。
GM:妖精の手が来るかと思ったけど、当たってるからいいや。ダメージどうぞ。「そんなヤワな攻撃は、この腹筋を通さない!」(笑)
:8dの…(ころころ)何の話かな?(笑)86ダメージ。装甲有効。
GM:ヤメテ!1/3落ちたけど!(笑)
:思いっきりやらせていただきましたけど!久々に気持ちいいダメージが出た。
渡辺:じゃあ、判定ダイスが17個です。
物部:うっひょー!
GM:腹筋で受けます!(笑)
渡辺:クリティカルが6ですねー。さーて。フルボッコの時間です。(ころころ)59ですね。
GM:まあ、腹筋で受けるんで。ダメージ下さい。
渡辺:ダメージが、6dか。(ころころ)
景石:瑪瑙姫、今そちらに参りまするー。
:多分その前に死ぬよ!
GM:そんな気がする。
渡辺:75ですね。
GM:55点通ります。
:まだ生きてるのか。
GM:まだまだ行けます!私の腹筋、まだ生きてる!
渡辺:つえー!(笑)
物部:次クリンナップー。セットアップー。
GM:セットアップで〈螺旋の悪魔〉を使用して、暴走を受けますー、自分が。攻撃力に+10します。
物部:何かポーズ取ってる!
GM:これからが本気である!
:すみません、セットアップで〈フルパワーアタック〉しても良いですか?
渡辺:容赦ねえ!(笑)
GM:ひでー!あっちの方がひどいよ!(笑)
:という訳で、次の攻撃で、攻撃力が+25。ただし、行動値が0になります。遅いね。
物部:よし、じゃあ行きますよー。〈アドバイス〉が入ってるんですよね。クリティカルが6になって、行きまーす。(ころころ)49です!
GM:当たりです!
物部:はい。(ころころ)低いぞ。えーっと、
GM:残れ!超残れ!
物部:35。
GM:死んだよ!落ちまちた。
物部:はい!(笑)
渡辺:こいつらホント、何もせずに死ぬなー。
GM:いや、攻撃するだけで、向こうの侵食率は上げたぞ!2点だけど!(笑)
偵信:多分ね、罠とか色々仕掛けてたと思うんですよ。それに引っかかったんですよ。
渡辺:人んちなのに!(笑)
GM:はい、ではもう1回同じものが範囲で飛びますよ。(ころころ)27点。
渡辺:普通に避けよう。回避にダイス9個使います!(ころころ)うおー。1足りない。
:回避に16個振れるのか!(ころころ)14。避けれん。まあいいや。
偵信:じゃあ、束縛の領域を。1シーンに1回なので、これで終わり。さらに〈リフレックス〉と、〈幸運の守護〉を使うよ。えーい。(ころころ)31!
GM:止められました…。「バカな!どこに行った!」
偵信:と、お前は言う。
一同:ハハハ!(笑)
渡辺:唐突にジョジョの時空が!(笑)
偵信:どっかでやろうかなーと思って!
物部:どこのジョセフ・ジョースターだよ!
GM:キサマー!この景石に、ジョジョネタだとー!(笑)
渡辺:何かこいつ、生き返りそうな気がする。
偵信:僕が先行の方が良いですか?アドバイスしてから。
渡辺:まあ、1回は仕留められるけど。たぶんこのターンの攻撃で1回沈むんで、そのあとにやってもらった方が。ということで、次動きます。
偵信:わかりました。
渡辺:じゃ、動きますよ。どうせ蘇るから!
GM:殺せると思ってるの!あと50点くらいあるけど。「我が腹筋では貴様の攻撃は止められないと知った!」
渡辺:よし、じゃあ100%超えてるから。クリティカル7でー、14d行きます!えい。(ころころ)43!
GM:暴走中で避けられないです。
渡辺:普通に当たります!(ころころ)37+46。
偵信:どんな攻撃なんですか?庭がえぐれるようなやつですか?
GM:ハハハ!!庭へのダメージ!(笑)
物部:あるかもしれない!
渡辺:ダメージがえげつない値になってるんだよな。
:83ダメージか!
GM:それは落ちますが!オートアクションで、〈復讐の刃〉。41点ダメージを返します。
渡辺:おう。普通に食らいますね。
物部:それはー、〈電磁バリア〉で防げるかな。(ころころ)11点しか減らないですね。
GM:俺も痛いがお前も痛い!
渡辺:30ダメージ?それなら6残ります。
GM:そうなの!?弱すぎる、打撃力が!(笑)
物部:いやー、〈電磁バリア〉でも防げるもんですねー!
渡辺:ありがたい!
GM:では、〈魔獣の証〉で復活しまーす。
物部:しぶといやつ!
渡辺:おはようございまーす。
GM:まだ死なん!
:HPは何点ですか?
GM:20点です。おはようございます。ここでイニシアチブプロセスに入ります、やることがあるので。
渡辺:え、何。
GM:「我がなぜ影鬼なのか教えてやる!」さらなる絶望といって、もう1個出てきます。同じデータのやつが。
物部:わっほーい!
:同じエンゲージですか?
GM:離しておきたいんだけど、影だから近くに居ます!でも同じデータだからな、ダメージ低いからどうしてくれようコイツ…。
渡辺:増えた方もHPは20点ですか?
GM:Eロイスは持ってません。残りは全部同じ。なので、HPは当然175点。
:ふーん。とりあえずできるだけやってみるか。
渡辺:装甲無効系取れば良かったなー。

クライマックス戦闘が結構長くなってしまったので続く!次回、エンディング。

BLセッションをするときは、必ずプレイヤーの地雷についてリサーチするんやで。せんかったら死ぬで。(ブログ主からのメッセージ)