Cobolerのリプレイ置き場

趣味のテープ起こしを活かした、TRPGのリプレイ置き場でございます。

UPされた記事はいつ書き直されてもおかしくない状態で公開されています。 あと、記事を上書きで更新することが多いです

※BL注意「good-bye long long friend」 その2

今回のセッションは単体で8時間超えてますので、全力で頑張ります。

どこにも行かないで

雅也:じゃあ、トントンと2階に上がって。明日香ちゃんのところに、バーンと!…あ、ダメだ。ノックしなきゃ…!(笑)
時那:開けようとして踏みとどまった!(笑)
雅也:あっ…!ぐぐぐ…トントン。堪えた!がんばったワン!(笑)
GM:開ければいいのに!開けてくれたら着替えシーンを挿入できたのに。男の着替えシーンを!(笑)
荒也:キャミソール着てるから、ほぼ女性な気がする!見た感じは!
雅也:「きゃいん!」とか言っちゃうからやめて!トントン!「明日香ちゃーん!明日香ちゃーん!俺だよー!開けて良いー?」
明日香:良いよ。
雅也:「入るよー!」着替えシーンじゃないですよね?(笑)
GM:期待されているのか。困ったときはサイコロだ。(ころころ)着替えシーンでは無かった。
雅也:じゃあ、明日香ちゃんに、「ねえねえ、聞いた聞いた?新しい人が来るんだってよ!ヤッフゥ!」
GM:「うん。」と頷いて。ちょっと背中を縮める。
雅也:「新しい仲間が増えたぜ!家族が増えたみたいで何か嬉しいよなー!」と言いながら、隣にポンと座ります。
GM:ポンと座った。じゃあ、ちょっと最初戸惑って、向き直ってから、ガバッと抱きしめます。ぎゅー。
時那:お、お、お、おお!
荒也:ガバッと!来た来た来た!
雅也:…
時那:あっ。ピシッと固まったぞ。(笑)
雅也:何かされるかなと思って!(笑)
GM:そのまま、強めにぎゅーっと抱きしめます。
雅也:じゃあ、ちょっとびっくりして、一瞬止まりますけど、片手で背中をポンポン叩いて、「どうしたの?」って訊きます。
GM:消えそうな声で、「どこにも行かないで。」
雅也:うーん。じゃあ、「前みたいに寂しかった?」って訊きます。
GM:こくこくと、頷いて返される。
雅也:やった!分かってくれてるんだ!自分の気持ちを!ああ、あの子が…。(笑)「そうだな。じゃあ、また何か叫んでみる?」って訊いてみます。
時那:これは、子ども扱いしないでほしいっていう風になるかな?
荒也:微妙なすれ違いが起こっている気がする。
GM:ストレートに言いますよ。「雅也が好き。」
雅也:「ありがとう。俺も大好き!」って言います。
GM:じゃあ、落ち着いて、「うん。」と言って離れます。
雅也:じゃあ、離れようとする明日香ちゃんを、逆にガバッと抱きしめて、そのままお姫様抱っこでグルグル回ります!

f:id:Coboler:20160323230834p:plain

時那:オワァー!(笑)
荒也:この!この!この弟め!
雅也:ちょっと嬉しそう!明日香ちゃん、どんな感じですか?
GM:ちょっと嬉しそう。
雅也:で、まさやんとしては、何だろうな?自分の気持ちを言ってくれても嬉しいし。何か、そういう風に色んな気持ちが出てきてくれて嬉しいので。何だろうな?「明日香ちゃんの色んな気持ちが出てきてくれて、俺、超嬉しい!」って言います。ニコニコ!
明日香:じゃあ、雅也が喜んでくれるなら、私も嬉しい。
雅也:ちょっと立ち止まって。「そっか。じゃあ、俺が嬉しくて、明日香ちゃんが嬉しいんだったら、俺はもっと嬉しい!」って言います。(笑)
時那:タラシめぇ…!
水無川:タラシがおる!(笑)
荒也:タラシめ!褒め言葉だよ!
GM:じゃあ、強く頷きます。
雅也:その後に、フォローじゃないけど。「だからさあ、好きなように、嬉しがったら良いんだよ。」って言います。ピタって止まってます。
GM:じゃあ、うんと頷いて。「あのね、雅也。私、学校に行きたい。」
雅也:え、そうなの!?えっとー、「え、マジで!?じゃあ、支部長に相談して、自分がどの位の勉強が出来るか、分かってから学校に行こう。きっと楽しいよ!」って言います。
GM:「うん!」と言って、強く頷いております。
雅也:勉強に付いて行けないとか、そういうのがあると思うので。イリーガルとか、チルドレンとかを、学校に違和感なく送る過程で、ノウハウとかがあると思うんで。
荒也:あー。
雅也:そういうのがあるっぽいよ、って感じで!
GM:学力とかのデータ、作ってないんですけどね。ここは普通に進めてくれた方が助かるわ(笑)
雅也:「よし!じゃあ、早速支部長のところにゴー!」と言って、お姫様抱っこのまま連れて行きます!
水無川:(笑)
GM:じゃあ、支部長の前に連れて行きましたよ!
雅也:支部長ー!
水無川:ちょおおおお!(笑)どうされたの!!?
時那:降ろそうよ!(笑)
雅也:「え、何かね、明日香ちゃんが…」ちょっと考えてから。「明日香ちゃんが何か用事あるって!」
水無川:うんうん、分かった!明日香ちゃん、何かな?
明日香:支部長、私、学校に行きたいです。
水無川:学校に行く?そしたら、…荒也君の手続きはもう終わってるから、今からでも明日香ちゃんのてつ、手続き、初めても、大丈夫だよ。
GM:「お願いします。」ちなみに、明日香ちゃんは、雅也の腕から降りる気は無さそうです。(笑)
水無川:学校行くって自分から言い出す子が2人目で、ちょっと嬉しい気分です。
GM:じゃあ、ガラガラッと、紫紋がやってきて。「雅也!俺も俺も!お姫様抱っこ!」
荒也:どうしよう。そっち行こうか?(笑)
GM:次元の彼方に飛ばしたら良いんじゃないかな?
荒也:じゃあ、ディメンションゲートが紫紋の足元に。ヒュッ。
紫紋:これはこれで美味しいー!
雅也:それを背中に聞きながら。「紫紋…良いヤツだった…。」(笑)「やったー!これで明日香ちゃんも学生だー!」高い高いしながら。
水無川:そういえば、性別はどっちで手続きをしたら良いんだ、これは…。
雅也:ははは。
水無川:無理やり、そういう病気をでっち上げるのもどうかと思われるし…。
荒也:N市が、どっちでも良いよっていう校風かもしれない。
GM:えー!?(笑)
時那:進んでる学校は、進んでるんですよ。
GM:まあ、そうかもしれない。じゃあ、どっちでも選べる。
水無川:明日香ちゃん。えっと…
GM:明日香に訊いたら、女物の制服を選ぶよ。(笑)
水無川:だけど本人の希望だしな、そういうのは…。「明日香ちゃん。N市の高校に行くのにね、制服ね、ズボンとスカート、どっちが良い?」
GM:「じゃあ、スカート。」と小さな声で応える。
水無川:スカート。スカートね。分かった!(笑)
GM:じゃあ、嬉しそうに笑う。
荒也:スカート好きなのか。
雅也:じゃあ、工務店の、おしゃれが好きそうな女性に。
時那:ホンダさんですね。(笑)
雅也:ホンダさんに!相談したら、喜々として服を選んでくれると思いますよ!制服の着崩し方とかを!あと、学校のバッグをデコる子居るじゃないですか。ああいうこととかも。
荒也:良いなあ。
時那:ですね。鉄板を仕込んだりとかね。
荒也:それは不良だ。(笑)
GM:後何か、したいことある?
水無川:あ、ちょっと。これより前の時系列になるかも知れないんですけど。インセインに、おわびをしようと…
時那:ハハハ!予告していたシーンですね!(笑)

チャンネーの衝撃

水無川:お詫びの菓子折りを、紙袋に入れて。ガッチガチになりながら!ピンポーン!
時那:…
荒也:返事が無い。
時那:返事が無いんだけど。出ても良いのかなーって感じで、中から「どちら様ですかー?」っていう声がする。インセインの声ではないです。
水無川:あ、あ、あ、あの…
GM:ある意味、これは繰り返しギャグ…。(笑)
水無川水無川工務店の、水無川といいますが、先日、隠瀬院志美人さんの、に、ご迷惑をおかけしまして…
時那:じゃあ、チェーンをつけた状態で、ドアが開いて出て来ますよ。とんでもないビジュアルの女性が。
水無川:だけど、先生とは気が合いそうな女性が!(笑)
時那:具体的なビジュアルは、また後で紹介します。(KERA SHOPの店員の画像を。)
水無川:先生と、気が合いそう…。「ちょっと、ご迷惑をおかけしましたので…こちら、お納め、ください…」
時那:「あ、そうなのねー」と言って。もらった瞬間に電話が鳴り出して、「じゃ、ちょっと…」と気まずそうな感じで奥に入って行きます。で、実際には、コンビニに買い出しに行かされていたインセインから「どうしよう、今全然おにぎりとか無いんだけど、あと30分くらい待ったらトラックが来るかもしれないって、どうする!?」という電話がかかってきております。(笑)でも、ドアは閉まりました。
荒也:パタン。
水無川:…あれって多分、彼女さん?(笑)
雅也:何か、このシチュエーション見たことがある!(笑)
荒也:天丼かな?天丼かな?(笑)
GM:天丼だよね!(笑)
荒也:どうする?ドア閉まっちゃったよ。
水無川:とぼとぼと歩きながら。どす黒いものが渦巻いています!(笑)「…あの人を殺して…」
GM:おい!(笑)

f:id:Coboler:20160324224517p:plain

時那:出たァー!あんたを殺してうちも死ぬ!!
荒也:待って、それ誰が書いた?(笑)
時那:私が書きました!(笑)
雅也:どうしよう!ザ・修羅場!
GM:あのさあ!立てなくていいフラグってあると思うよ!(笑)
水無川:いや、ダメ!ダメ!ダメ!
時那:それ程とは…!コワイ!(笑)
GMヤンデレてますなあ…。
水無川:ダメダメダメダメ!といってメガネを投げます!
雅也:パリーン!(笑)
GM:お前のメガネが割れるんかーい!
水無川:で、拾ってはバキバキ割って行きます!(笑)
雅也:はいカウント!1メガネ!
荒也:1セッション1メガネ?(笑)
水無川:もうバッキバキに、素手で壊せるところは壊していきます!
荒也:もうコナゴナじゃん…。
水無川:ちゃんとゴミは拾って。で、支部に帰ったら、殺人衝動を抑えるために、ハサミで自分の前髪とかを切ります!自分の部屋で切りまくって。
時那:帰ってきた瞬間に修羅場だ…!
荒也:うわぁ…!支部長怖い!
雅也:あ、質問があったのですが。他のPCを落としても良いんですよね?(笑)
荒也:い、良いと思いますけど…。
水無川:ひたすらジョキジョキやってます!
時那:で、周りが髪だらけに。
荒也:その支部長に会うの?怖っ!
雅也:そこでガラッと開けたら。双子がちょこーん。
荒也:し、支部長…。何かありました?
雅也:支部長。どうしたんスか?
水無川:(笑)
荒也:メガネもどうしたんスか?
水無川:壊しちゃった。
荒也:メガネを壊したら、髪を切りたくなったんですか?
水無川:そういう訳じゃないんだけど…。
時那:正気に戻った!
水無川:な、何か気分転換。もともとメガネも、エンジェルハイロゥシンドロームのおかげで視力は良くなってたから、伊達だったし。
荒也:あ、あれ伊達だったんだ。
雅也:だってよ荒兄。知ってた?
荒也:知らなかった!
時那:必死に空気を変えようとしている二人!(笑)
水無川:ご、ごめんね。ちょっとへんなところ見せちゃって。(笑顔)
荒也:だ、大丈夫ですよ。
時那:で、ものすごい笑顔で出てくるんですよね!今日はバーベキューパーティーだ!的な。
荒也:肉は、殺した彼女さんで?
GM:おいいいい!!
荒也:な、何か発想がバイオレンスになってた!(笑)
GM:と、とりあえず、その辺で面白シーンは一旦切りましょうか。何かバイオレンスになってきた。
雅也:何か、まさやんが初めて、「助けてインセインさん!」ってなってた。(笑)
GM:じゃあ、気分を変えるためにちょっと。「支部長、辛かったら俺に言って良いのよ。」って紫紋が。
水無川:(間髪入れずに)年下には興味ありません。
紫紋:じゃあ年上になる!
時那:意味がわかんねえ!
水無川:君、本当はいくつなの!?
紫紋:多分、17…のはず。
水無川:僕は逮捕されたくないですから。
紫紋:あと3年待てば良いじゃん!
雅也:そう。あと3年待てば良い。
水無川:…だが断る!!
GM:それは諦めるときのセリフだ!(笑)
水無川:すがりそうになってしまうから怖い!(笑)
GM:じゃあ、「振られた!荒也、慰めて!」と言って無駄に抱きつきます。
時那:ハイウェイスターか。早く時速60キロ以上で逃げるんだ。
荒也:弟に助けを請うべきか。ぺりっと剥がして、窓から投げます。「飛んでけー!」
雅也:じゃあ、ジャストなタイミングで窓を開けます。
紫紋:あばよー!
雅也:あれだね。また工務店から人が落ちてきた!ってなるんですよね。(笑)
水無川:「あ、気にしないでね!」と、5分刈りの1歩手前になった支部長がすごく良い笑顔で。
荒也:美容院か、床屋に行った方が良いですよ。その髪は。
雅也:あー!じゃあ支部長!俺と一緒に、行きつけの美容院行こうぜ!
GM:美容院なんだ!
荒也:行きつけのがあるんだ!
雅也:行きつけあるよー!友達の兄貴がやってる!
荒也:ちょっと行きたいな、みたいな感じでそわそわ。
雅也:荒兄も行こうぜ!
荒也:行く!行く!
水無川:行くしかないね…。人に会えない、この頭じゃ…。
GM:じゃあ、髪を切りに行きました、って所でシーン切りましょうか。ところで、4枠は何かすることはありますか?
時那:いえ、特には。
雅也:電話かけてきても良いのよー?
時那:今頃インセインは、チャンネーにフルメイクを施されて、写真を撮られています。
荒也:チャンネー!(笑)原宿でばったり会ったりして!
時那:あるかもね。ただし、インセインはもはや同じ人には見えないよ!(笑)
水無川:ていうか思ったより怖くなっちゃった…。フラグ。
時那:トンでもない札がそっちに行っちゃったな。(笑)
GM:全部使わんでもいいのよ!まさかそのパスをシュートしに来るとは思わんかった!(笑)
水無川:多分、一時的なものだと思うんで…。
GM:そうであってほしいよ!違ったらもう、PCに適さなくなってしまう!

 

この後3人は美容院へ行ったのですが、まあちょっと後のシーンにはあまり関係なかったので、省略。(約5分程度。)支部長は結局ウィッグを購入、荒也と雅也はカッコ良くしてもらいました。

踊ろう!

GM:何か希望のシーンとかあります?無ければ、ちょいちょい動かしていこうと思ってるんですが。
雅也:はーい。
GM:はい。じゃあ、こっちのシーンから。マスターシーンのようなものでございます。夜中でございます。牧島が、押し入れから出て参りまして。一番広い部屋って、談話室?食堂?
荒也:談話室兼食堂かも。
GM:じゃあ、そこに行きまして。踊り始めます。
荒也:踊る?
水無川:踊るんかい!
GM:神楽っぽい何かを。そうしますと、夜中なので、トイレに起きることもありますわな。で、明日香ちゃんが、ばったりそれを見て。神楽を踊った後に、フリースタイルで何か踊っていたんですけど、それを見て、牧島と目が合いまして。そのまま、30秒ほど、2人で固まったまま。
水無川:固まりすぎ?
GM:「…やる?」と牧島が言ったら、「うん」と頷いたので。その後二人で踊っています。
水無川:神楽を?
GM:いや、普通のダンス。後でホニャララを振りに行くんですけどねえ、まさやん。
雅也:何ですか?
GM:じゃあ、そのまま雅也にしますね。
雅也:あ、はい!
GM:じゃあ、朝方起きた後。学校行って、帰って来たら、音楽っぽいものがCDラジカセから流れておりまして。ドレスを着た明日香ちゃんと、着物を着た牧島。
荒也:は?
GM:それは明らかにダンスに向いてないだろう?ヤル気あるのかよ?っていうスタイルで、社交ダンスを踊っています。「はい1、2、3。1、2、3。」雅也に気づいた明日香は、「あ、雅也!」と言って、手を放す。
雅也:牧島さんと、明日香ちゃんが、二人とも。
GM:礼服を着て、社交ダンスを踊っている。「やあ雅也君。いい所に来たね。」
雅也:あ、お帰り。えっとねー。色々言いたい事があるけど。それ、どうやって着たの?(笑)
牧島:大丈夫大丈夫。こっちにちゃんとしたタキシード用意したから。
雅也:エェー、スーツとかタキシードとか、親戚の結婚式で着たけど、あれはもう着れないわん!キツイわん!
牧島:じゃあ、制服で良いよ。
雅也:制服!俺、さっき帰りにひと悶着あったから、泥だらけっすよ!?
GM:「しょうがないな。着せるか。」(笑)明日香ちゃんは、カッコ良くなった雅也を想像して、下を向いております。
雅也:おおー!牧島さんが来るのか!じゃあ、謎のスイッチが入って。「着せれるもんなら着せてみろ!」という追いかけっこ態勢に入ります!(笑)
牧島:着たくないの?
雅也:んー。というか。着なきゃダメなんすか?
牧島:んー。明日香ちゃんが盛り上がると思うよ。もちろん、かけっこしたいっていうんなら、勝負しないこともないが。
雅也:というか、俺、踊らなきゃダメなんすか!?(笑)
牧島:明日香ちゃんが、君と踊りたがっているというか。何か、君と一緒にできる何かが良いっていうから、社交ダンスに落ち着いたんだけど。他の事が良いというんなら、そっちをしないこともない。
雅也:「牧島さん、社交ダンス出来たんすねー」っと素直に感心しております!
GM:あ、ダンス系一般全部得意よ。
荒也:マジか。ブレイクダンスとか。ムーンウォーク出来る?
牧島:そうそう。当然できる。
雅也:1回、それを見てみたい。ちょっと!一つショーをやってもらって良いですか!?
GM:良いよ。20個。(ころころ)
時那:え、そんなに感覚があるの!?そういえば、聞いたことがある。牧島には2000点くらい経験点を突っ込んで作られてるって。
GM:3000点!
荒也:3000点!?クリティカル値は?
GM:10なので19です。えーっと。達成値49くらいの素敵なダンスを踊ってくれます。
時那:さらに固定値があるってことですよ!
雅也:ポカーン…。明日香ちゃんと一緒に拍手します。
牧島:俺、ダンスの神だから、ホラ。
雅也:ダンスかー。「俺、とりあえず着替えてくるから、踊ってみるか!」と言って、上にあがって、着替えてきて、バッチコイの態勢に入ります!「カモン!」
時那:おおー。
GM:じゃあ、2人で踊ります。
雅也:多分、まさやんは初めてですよね。感覚は2しかない。お、踊れない!
荒也:これは逆に、上手く踊れなくて、明日香ちゃんにリードしてもらうっていうのは?
雅也:(ころころ)8が出ました。
荒也:けっこういいじゃん。
GM:「お、上手い上手い!」と言って、牧島が褒める。
雅也:元々運動神経とかが良いんだと思うなー。多分、感覚で踊ってる。
GM:上手くリードできているので、明日香ちゃんも嬉しそうにしております。
雅也:良かった良かった。「でも俺、初めてだから、明日香ちゃん、踊りにくいところがあったら、ズバッと言ってね。」
GM:「うん。」と頷くけど、特になにも言いません。ただ、ひたすら楽しそうに、嬉しそうにしております。
雅也:それを見て、にやにやします!雅也も上手く踊れて楽しいと思うので、ニッコニコです!ゴキゲンである!
GM:じゃあ、ちょっと汗かいたので、「ごめん、ちょっとタオル取って来るね!」といって、明日香ちゃんは自分の部屋に戻ります。牧島が「雅也君。ちょっと。サイコメトリーってどんな能力だと思う?」
雅也:えーっと。とりあえず、色々、ものが頭に入って来る!(笑)
牧島:まあ、そうなんだけどさ。じゃあ、その頭に入って来る状態って、どういう状況の人間だと、上手く使えると思う?
雅也:わかんねえっす!(笑)
荒也:多分、そういう人じゃないかな…。
牧島:まあ、君ならそう言うんじゃないかと思ってた。(笑)うんうん、でも先生素直な子が好きだ。
雅也:ありがとう!あざっす!(笑)
牧島:えっとねー、だいたい2種類あるんだ。入って来るのが情報だから、分別と理性のある人が使うと、情報の整理がしやすいよね。もう1つのパターンは、自分っていうものが無い人間。そうであれば、上手く使える。
雅也:ふむふむ。
牧島:彼女、じゃねえや彼だっけ。あの子は、薬によって、自我を潰されてるはず。
雅也:そうそう。なんだか、最近、色んなことを言ってくれるようになって、俺嬉しいっす!
牧島:でもそれ、自我が目覚め始めたばかりってことだから、きっと、問題も起こすと思うんだ。
雅也:例えば?
牧島:君に近づく人間に敵意を覚えるとか。
雅也:何ですか!?
牧島:ぶっちゃけ、嫉妬だろうね。ちっちゃい子が一番大事な人を、独り占めしようっていうのがあるでしょう?
雅也:ああー。そっすねー。
牧島:荒也君、危ないんじゃないかなー…。
雅也:荒也君!?あー、あー、あー。
荒也:お兄ちゃん?
雅也:「荒兄の方に行くんスね!」と言って、ちょっと驚きます。
牧島:多分、一番君に近いのって荒也君だろう?
雅也:確かにそっすね。荒兄の方が、俺大好きっすね。
牧島:まあ、ひょっとしたら君の親に行くかもしれないけど、それは多分無いだろう。一番目にそこが心配。だからもし何かあっても、見捨てないであげてほしいなあ。
雅也:なるほど。じゃあ、ちょっと質問していいすか?
牧島:スリーサイズ?
時那:牧島の…?要らんわ。(笑)
雅也:いやいやいや!とりあえず、整髪料は何使ってるっすか!?(笑)髪長くて、つやつやだから。何で洗ってるんすか?
牧島:適当。…川の水とか。
時那:は!?いつの時代の人だよ!?(笑)
荒也:工務店に住んでるんだから、シャワー位使ってよ。怒んないよ…。
雅也:二つ目!何で、見捨てないといけないんすか?
牧島:なるほど。君と言う人格が良く分かった。逆に安心したよ。(笑)…貴様、PC1か!
雅也:そういえばPC1だ。
時那:メタいなー!(笑)
荒也:PC1!PC1!
雅也:だって、周りに教えておけば何ともないっすよ。準備もできますしー。やっちゃうのは仕方ないっすよ。だって、嫉妬とか、怒ったり、悲しんだりするのは、俺たちが人間だからってことでしょ?
牧島:まあ、そうだね。
雅也:俺たちは、そりゃあまあ一応化け物だけど、思考があるから人間でいられるんでしょう。それだから、UGNに居るんでしょう?だったら、良いんじゃないすか?それで。
牧島:お、お兄さん、降参。君、本当に大したヤツだなあ。
雅也:だって…未来のこととか、俺、わかんない…!!(苦しそうな表情で笑いながら)
牧島:まあ、それはそれで良いんじゃないかな。
雅也:先のこと考えるの、俺、苦手っす!
牧島:ま俺からはそれだけだよ。
雅也:お、じゃあ牧島さん、俺の事心配してくれたんすね!あざっす!
牧島:あ、ごめん(笑)君より、明日香ちゃんかな。だって君、心配する必要、なさそうだもん!
雅也:あざっす!あと、仲間のことも心配してくれて、あざっす!(笑)
牧島:恥ずかしいから、やめよ?(笑)
雅也:じゃあ、閉めるということで。「じゃ、明日香ちゃん!もう1回踊ってみるかー!」と言って、グルグル回して終わります。
GM:じゃあ、牧やんがビシビシと指導してくれます。
雅也:筋肉痛にはならないわん!大丈夫!(笑)
荒也:しかし珍しく筋肉痛になる雅也君!
雅也:多分、翌朝に「あ、来た。」
水無川:「芸術:リラクゼーション」持ってるんで、マッサージとかはできるよ。
GM:そんなの持ってるんだ…。

あなたに優しい人は誰にでも優しい

GM:じゃあ、しびっちゃん、ちょっと出てきて。
隠瀬院:おっす。
GM:牧島がちょっと出てくるだけなんですけど。
隠瀬院:どういう状態なんですか?
GM:じゃあ、後日。道で遭遇して。「しびっつぁん。おひさ。」と言って、手を振っています。
隠瀬院:じゃあ、そこで、養豚場の豚を見るような目で。(リサリサ先生)
GM:ヤバイ!ゾクゾクするぜ!(笑)
荒也:ぞくぞくされてる。
雅也:仕方がない!仕方がないわ、でもね!
牧島:えー、ちょっと、付き合って?
隠瀬院:具体的には?
牧島:喫茶店まで…。話がしたいかな、っていう。
隠瀬院:「それじゃあ、まあ…。」内心、暇なので構わないか、だけど。じゃあ、行きました。
GM:「とりあえず、お茶くらいおごるよ。」と言って、喫茶喜楽と書いてある店に。
隠瀬院:ワァーオ…。はい、分かりました。
荒也:喫茶喜楽。あ。
隠瀬院:これ、離島じゃないですよね…。

似たような名前の喫茶店が、面影島にあるという設定で《ハートレスメモリー》をやっていました。

daitokaiokayama.hatenablog.com

GM:離島にしても良いけど!(笑)で、「しびとさん、コーヒーで良い?」
隠瀬院:じゃあ、それで。
牧島:じゃあ、マスター、コーヒーと水。
隠瀬院:水なんだ…。水なんですね?
雅也:水と光があれば大丈夫!
水無川:植物かよ!?(笑)
牧島:あ、こないだ見たよ。男に声かけられてるとこ。モテモテじゃん!
隠瀬院:ハハハ!(笑)「あー…あれはねえ…。」
荒也:えぐるべし!えぐるべし!
隠瀬院:フルメイクを施されて、ビジュアル系になってたやつだろ…。
牧島:良いじゃん。カッコよかったじゃん。似合う似合う。
隠瀬院:内心ノリノリでやってたんだけど、「あれは、チャンネー…姉がやったやつだ…。ストリートスナップ撮られたいからって言うから、付き合ってやっただけだよ…。」
牧島:え、お姉さんいくつ?
隠瀬院:年子だから、34。いまだにあんなナリだよ。(PL自身は決して悪いことだとは思ってません!念のため!)
牧島:まあ、それはおいといて。ほら、あれだよ。水無川ちゃんの事なんだけどさ。
水無川:ちゃん付けだー!(笑)
荒也:まあ、年下だし。
隠瀬院:で、何…。
GM:「コーヒーでーす。」
隠瀬院:もしかして源田!?
GM:顔が分かるやつだったら、そうかも!
隠瀬院:まあ、源田の顔は知らないので!(笑)「で、何の話。」
牧島:んー、どう思ってたのかなーって。
隠瀬院:それは過去の事?今の事?
牧島:つうか、なんぼかでもフォローしとこうかなと思って。
隠瀬院:フォローとは。
牧島:えーっと、俺ね。水無川ちゃんの事でね、なんていうの、しびとさんのことをエラい尊敬したの。
隠瀬院:…どの辺が?
牧島:いや、だって。しびっつぁんが昔声かけてから、今ああしてUGNの支部長をしてるでしょ。
隠瀬院:…そりゃあ、そうみたいだけど。
牧島:ホラだって。支部長なんて、絶対割にあわないじゃん。普通に暗殺されるしさ。
荒也:へえぇ…。
隠瀬院:そりゃまあ、自分なら絶対やりたくない、としか言いようがないけど。
牧島:それだけすごい人材を育てた、先生だったわけでしょう?君。君っていうか…ごめん、口のききかたを知らないんだ。(笑)
隠瀬院:そんな、本人がたまたま支部長に任命されたってだけでしょう。全然関わってなかったし。この10年間。
牧島:でも、昔、そういう良い所を見つけて、それが彼の心を射抜いたわけでしょう。スゲーなって思ってさ。何か、家庭環境を聞いたけど、酷いじゃん?ってことは、君の言葉だけを、灯台にして、あそこまで行ったわけでしょう。
隠瀬院:まあ、あの子に関してはそういう風に思ってたかも知れないけど。こっちからは何とも思ってないから。
牧島:うん、それは分かるし。今、言われても困るよねっていうのは、あるよね。
隠瀬院:そりゃあ、困るでしょう。
GM:「それはそれ、これはこれで分かってやって欲しかったなーって。傍から見て思った次第でございましてね。」と言いながら、水を飲む。
隠瀬院:喫茶店で水頼むとは…よっぽどお金ないんだな…。
GM:「こっちの通貨、あんまり持ってないんだもんー。源田、ツケで良い?」「あ、うん」
隠瀬院:ハハハ!やっぱり源田だったー!(笑)
荒也:源田君ということが確定したー!
隠瀬院:ツケか…。と半ばヒキつつ。「だからと言って、何とも思うことはないなー…。」
牧島:まあ、それはそれでいいと思うし。そこはそれ、それはそれできっぱり断った方が良いと思う。
隠瀬院:まあ、牧島に言うかは分からないけど、本音を言うと、断って悪者にされるのが嫌だから、ほのめかして、向こうから諦めるように仕向けているんですよね。「だからもう、メンドクサイんだよ…。」
牧島:人に好かれるって、面倒臭い?
隠瀬院:そりゃあ、そうでしょう。
牧島:って言う?…(沈黙)
隠瀬院:これは一体!?(笑)
荒也:行け!行け!
雅也:言葉のスマッシュ入りました!(笑)
隠瀬院:す、スマーッシュ…。「今まで人とほとんど関わらずにやって来れたから、安定して仕事を続けてこられた。最近ああやって、深い関わりをしたいのか分からないけど、そういうのに巻き込まれるようになってから、酷い目に遭ってばっかりだよ。」
牧島:ひょっとして、それ、俺?
雅也:ああっ?
水無川水無川もだ…。
隠瀬院:あのバーに行く前に、階段から落ちて捻挫した。まだ包帯してる。こんなことは過去に無かった。面倒臭いんですよ。
GM:「そっか。俺、しびとさんのこと、結構好きなんだけどな。」机に、ぐでーっとうなだれている。
荒也:牧島は、干物だったのか…。
隠瀬院:あなたに優しい人は誰にでも優しい。ってやつだな。嘉門達夫が言ってた。そこに勘違いしているうちは痛い目見るでしょう。
牧島:じゃあ、全部知ったうえで、突っ込んできたらどうする?
隠瀬院:突っ込む?…何を知っているつもりなのかは知らないけど。
牧島:知ってるというか、受け入れて諦めない。…過程が過程だから、答えてもしょうがない話なんだけど。
隠瀬院:…まあ、とにかく今は、自分の仕事がまともに出来ていない状態だから、そこを…どう元のパフォーマンスが出せるようにするかしか、考えてない。しばらく人に関わることは止めておきたいと考えてる。
GM:さよか。ってなところで、本編に導入するために、電話かな。
荒也:プルルルル。
GM:というわけで、霧谷さんから電話が入りました。
隠瀬院:まあ、それは。牧島には聞かれない方が良いでしょうということで、席を立って、出ていきます。
GM:「じゃあ、またねー」といって、手を振っております。
隠瀬院:では、電話に出ます。
霧谷:霧谷です。早速で申し訳ないのですが、仕事の話をしてよろしいでしょうか?
隠瀬院:それじゃあ、メモを出して。「はい。」
霧谷:実はそちらに、ファルスハーツの研究施設があるという情報が入りまして、それの調査をお願いしたいのです。
隠瀬院:それは…住所を言っていただければ、すぐに見取り図だけでも作ってお送りしますが。
霧谷:研究施設があるという噂話の段階なので、その施設の探索をお願いしたいのです。
隠瀬院:それがN市周辺と。わかりました。
霧谷:そんな施設が置けるような場所があるとは思えないのですが…。
隠瀬院:まあ、貸しビルの1室単位だと、時間がかかると思いますが…ひとつづつ、潰していきます…1週間以内には。という感じで。
GM:「ありがとうございます。それでお願いします。」といって、電話が切れます。
隠瀬院:わかりましたー。なるほどねえ。ところで、なんで、男に声をかけられた事実が必要なんでしょうか。
GM:単に面白かったから。(笑)
荒也:面白いは正義!
GM:ほかに何かありますか!
隠瀬院:大丈夫っす!それは大事っす!面白いは正義!
GM:新しいNPC出しても良いんですけどねー。(笑)ってなところで、そちらでございまーす。

無自覚な荒也

荒也:はーい。
GM:ぶっちゃけまだ、牧島が遊んでいるだけなんですけどね。嚆矢君と、楽しそうにじゃれております。
荒也:え、嚆矢と牧島が?
雅也:二人の関係性は?
GM:はっきり言って、なぐりあい宇宙(そら)ってやつですが。(笑)
水無川:あー、戦闘訓練的な?
GM:そうです。
荒也:何してんだー!
GM:どこでやってるんだ、っていうのがねー。訓練室なんて、あるの?
雅也:工務店の地下にある!
荒也:というわけで地下か。で、何だ、そのお互いがっつり殴り合ってるかんじ?
GM:いや、ぺしぺしと。エフェクト無しでやって、良い感じに嚆矢君が、子供のようにあしらわれている。
荒也:「何やってるんですか、牧島さん。」この場合は、何やってるんだ嚆矢!なのか?とか思いながら。頭を抱えつつ。
GM:牧島が「はい?」って言った瞬間に、嚆矢のパンチが入る。(笑)「お前、止めろよー!」「えー、隙を見せる方が悪いんじゃねーの?」こっちは全然入らなかったから、今ので気が晴れた的な。
荒也:ナイスパンチ、嚆矢ー。
牧島:要らねえアシストすんじゃねーよ!
荒也:俺はどっちかっていうと、嚆矢の味方ですしー!
GM:「別にケンカしてたわけじゃないよなー。」「俺、半分本気だった…。」(笑)「だんだんムカついてくるんだコイツ!」といって指をさす。
荒也:あー、分かる分かる。ディメンションゲートで送り出したい。と思ったけど、なんか重要な話があるんですかね?
GM:いや、別に。紫紋君と一緒に、ギャグ要因だから落ちていくよ。(笑)
荒也:いや、ここはちゃんと話をするよ。
GM:じゃあ、嚆矢君が、「おい、荒也。ちょっと後にしてくれ。」と言って。「もうちょっとこのバカと突くから。」「やれるもんならやってみろー!俺のお蔭で、こないだのヤツに勝てたんじゃねーかよ!」
荒也:こないだのやつ。シャフト?え、何かあったのか?
GM:まあ何か説明しましたよと。
荒也:ムスー。俺がいない間に、訓練してたのかー!と。ムスー。焼きもち的なことをしていたら、どうなる?
GM:「俺の訓練にならないから、お前だけエフェクトありにしようぜー。」「お前、本気でナメてるな!?」ガチギレしております。
荒也:嚆矢君VS牧島。嚆矢君のみエフェクトありか。
GM:これで大体互角ぐらいか?
雅也:経験点3000点の壁。
GM:えーっと。前回と同じように対シャフト戦で使った切り札を使うんですけど、それがことどとく、牧やんにカウンターをくらう。
荒也:さすがにそれは、ぎょっとして見ますよ。だって、それが一応嚆矢の切り札だってことは知ってますよね。
GM:「良い必殺技だけど、俺には効かないぜ。っつーか、多分、最初の必殺技の方が俺には効果が高いな。」という話をしています。技の解説をすると、フルインストールを使ってダイスをガンと増やして、ライトスピードで2回攻撃をするやつですね。
時那:なるほど。
GM:同じくらいの出力なら2発とも当たってるんだけど、低い達成値だから効果が薄いんですよね。それなら、自分に開放の雷を撃って、クリティカルを下げて、1発本気で殴った方が、強かったって話。
荒也:ほうほう。
嚆矢:新しく覚えたから、吠え面かかせようと思ったのに。
荒也:「大丈夫か、嚆矢。」駆け寄って、手を。
GM:「おう、悪いな。」ふらふらっとして、あなたに抱きつきます。
時那:おおお!
荒也:あ!じゃあ、そのまま、バランスを崩して、押し倒します!

f:id:Coboler:20160326224101p:plain

GM:うおおおおーい!お前がか!
荒也:うっかり!みたいな感じで!床ドンです!うっかり!
雅也:床ドン入りましたー!(拍手)
荒也:今のうちに、埋めれるだけ埋めておこうと思って!顔が近づいて、「あ、すまん!」と言って、パッと離れます!
嚆矢:えーっと…受け止めてくれるんじゃねーのかよ…。頭打たなくて良かった。そっちは大丈夫か?
荒也:「あー、すまん。ちょっと、うっかり。昔と比べて重くなったと思って。」多分、何やかんやで鍛えてるだろうから。しかもこいつはRC系だから、別に肉体が高いわけではないという…。
牧島:何だろう。えらいドキドキする。
水無川:牧島ー!?
荒也:そうだ。このタイミングで、嚆矢に…でも頼むシーンではないなー。「そうだ、嚆矢。頼んでおきたいことがあるんだ。」
嚆矢:何が?
荒也:ナンパ手伝ってくれ!
嚆矢:お、良いぞ。
荒也:何だこの気持ち…。「うん、ありがとう…。」と言いたいところなんだが…。
嚆矢:何手伝うの?一緒に声かければいいのか?でもそれ、優歌に見つかったら俺怒られね?
荒也:あ。
嚆矢:まあいいや。良く無いけど!(笑)
荒也:良く無いけど良いのか!
嚆矢:バレないようにやろうな!
荒也:「バレないようにやろうな!」と言って。「ちょっとスコップと、米袋と、炊飯器を用意してくる!」と言って。
時那:ハハハハ!(笑)
嚆矢:なにそれ!?
荒也:ナンパの仕方をネットで調べてみたんだけど、何か、炊飯器の方は、炊飯器を持って「すみません。俺とごはん食べませんか?」って言って炊いたごはんを見せる。米袋は「俺とメシ食いませんか?」と、スコップは「俺と自然薯掘りに行きませんか?」。
雅也:最後が酷い!(笑)
GM:最後っつーか、どれも酷いわ!(笑)「それでひっかかる女の子居るのか!?」
時那:笑ってくれたらOKなんですよ!
荒也:数撃ちゃ当たる戦法で行けって書いてあったぞ。と言いながら、走っていきます。
GM:じゃ、荒也の方が居なくなる?
荒也:どうだろう。牧島と話した方が良い?
GM:ひどいネタを一発振りたいんだ。嚆矢の居ないところで。
荒也:じゃ、牧島さん手伝ってください。ちょっと米袋運ぶので。(笑)
GM:「一食一飯の恩もあることだし、手伝っても良いけど。」ってことで、倉庫に行ってガサガサいってると。「あのさあ、ひとつ訊いていい?」
荒也:はい。
牧島:嚆矢の事好きなの?
荒也:「好きですよ。」良く分かんないままに。
牧島:ああ、やっぱそうなのか。
荒也:で、「???」みたいな。なんで、この人こんなこと訊いて来たんだ。
牧島:…ダメだこいつ。(笑)
荒也:まだ恋心って自覚してないと思うんですよ!ドキドキはするけど!みたいな。
GM:じゃあ、それ以上触れようがなかった!(笑)
荒也:あら、どうしようかな。好きですけどねえー。
GM:気づかないんなら、気づかないで良いんじゃないでしょうかね…。もう1回待っても…。十分、おいしいキャラだったんで。
荒也:よし!スコップ見っけ!
GM:これ、自覚したい?
荒也:いや、もうちょっと引っ張りたい!(笑)とりあえず、ナンパのムーブをしてみたい!よし、こんな感じでシーンは。
GM:とりあえず、終わる。
荒也:オープニングでナンパします。
GM:これは色々、困ったなーと思いながら、牧島。(笑)
雅也:はーい!ここで周知のメールを送りたいです!牧島さんが、こうこう、こういうことを教えてくれたよ!だから、ちょっと気を付けてね!
荒也:これ、今牧島と話そうかな。ケータイを見ながら。「嫉妬?嫉妬かー。」ちょっと、一瞬ピンときた顔。「え?」
GM:明日香ちゃんのことね。
荒也:「んー?いや、違うよな。」と言いながら、ケータイを折りたたんで。ポケットに突っ込んで。「牧島さーん。」
牧島:ほいほい?
荒也:ちょっと、お礼言っておこうかと。
牧島:何を?
荒也:雅也の方に、相談に乗ったっていうか。何か、アドバイスしてくれたみたいで。
牧島:アドバイスしたというか、ほら、明日香ちゃん、可哀想な子じゃん。
荒也:かわいそう。ですか?
牧島:君らも十分可哀想なんだろうけどさ。
時那:他人から可哀想とか言われる筋合いは無いっすよなー。
牧島:腹立つ話でしょ、それって。
荒也:「腹立つっていうか、あんまり自覚はないですからねー、自分に。」わりと本気で自覚がないぞ。可哀想なことを言う。「俺には弟が居ますし、家族だって生きてるし。嚆矢が居て、あとは、明日香ちゃんも居ますし。十分幸せだと思うんですけどねー。あ、炊飯器見っけ!」と引っ張りだして。(笑)
雅也:見つけちゃったー!(笑)
荒也:あとは米袋だな!
GM:聞こえないように。「この支部は、良いヤツばっかりだな~。」
荒也:何か言いました?
GM:「いや、何にも。」一旦良い?
荒也:ああ、何でこんなギャグシーンになってしまったんだろう!?
GM:誰かに鈍感って言ってなかった?
荒也:「鈍感?」人の事言えねー!(笑)
GM:はい、鏡!(笑)ではシーン切り替えまして。

明日香ちゃんのこれから

雅也:明日香ちゃんと話をしておいて良いですか?
GM:じゃあ、回してみましょうか。
雅也:自分の能力についてとか。一応、知っておいた方が良いと思いますし。じゃあ、トントン。開けます!
GM:ガチャッと開けた方が面白いのに。じゃ、開けまして。「なあに?」と言っております。
雅也:あと、支部長。入って来て良いですよ?一緒に明日香ちゃんの学校についての説明と、これからについての説明を。多分、支部長が説明した方がうまくまとまると思うんで!
荒也:あー。
雅也:雅也が理路整然と説明したら、ちょっと怖い!(笑)
水無川:学校に行く説明と、編入の日程はこうなりましたー、で。制服とか、そういうことも説明して。「で、雅也君から聞いたんだけど。もう少しでお薬が切れるので、情緒的に、色んな気持ちがいっぺんに沸き起こって、…」
雅也:力が出てくるかもしれない。
水無川:力とかトラブルが起きるかもしれないよ、みたいな。多分、本人でも制御できないことがあるかもしれないという説明をして。で、それについて…
雅也:そうだな。明日香ちゃんに言って良いですか?「前みたいに、寂しいこともあると思うし、力の制御が出来なくなって、ちょっと怖くなることもあるかもしれないから、それは大人の人に言っても良いし、何なら、俺の携帯番号があるから、まず俺に言ってくれたら嬉しいな。」と言います。
GM:じゃあ、「分かった。」と言ってくれます。
水無川:それに、嫌な事、を、嫌な思いをするだろうけど、ど、…嫌な思いをさせようと、として、嫌なことをしてくる人、案外居ないよ?が、学校とか、普通の生活だったら。多分、明日香ちゃん、明日香ちゃんは初めて入るところだから。ら、多分その区別がつかないかもしれないけど。そういう時も、みんなに相談してね。本当に、明日香ちゃんに嫌な思いをさせようとして、そういうことをしてくるのか、そういうつもりがなかったけど、うっかり嫌な思いをさせてしまったのか、分からなくなったら。
荒也:そういえば、明日香ちゃんはどっちで扱われるんだろう。学校では。
GM:明日香ちゃん、カッコ男で。
雅也:そんな感じで!
GM:とりあえず、予防線を張って行くんですね。じゃ、ここから侵食率上げて行きましょうか。オープニング入ります。


続く。

BLセッションをするときは、必ずプレイヤーの地雷についてリサーチするんやで。せんかったら死ぬで。(ブログ主からのメッセージ)