Cobolerのリプレイ置き場

趣味のテープ起こしを活かした、TRPGのリプレイ置き場でございます。

UPされた記事はいつ書き直されてもおかしくない状態で公開されています。 あと、記事を上書きで更新することが多いです

ハートレスメモリー「Birdcage バードケイジ」 その3

黄泉還りを願わない理由

GM:では一旦シーン切りまして。そちらに参りましょう。
深森:(ころころ)残念。
GM:じゃ、イジメに行きましょう。源田君が、事務な感じで。「あなたには、会いたい人は、居ないんですか?」
深森:…おじいちゃんに…会いたいよ。
源田:では、それをオモイデ様に願いますか?
深森:願っちゃいけない。多分、叱られる。
源田:どうしてそう思うんですか?ずっと会えなかった肉親に会えるんだったら。あなたに会えばきっと喜んでくださると思うんです。
深森:喜んでくれると思う。だけど、多分叱られる…
源田:私には、理解不能な思考ですね。
深森:ごめん、私、みやこちゃんみたいに、理路整然と話せないから。だけど、おじいちゃんだったら、ちょっと褒めてくれて、その100倍くらい叱ると思う。
源田:そうですか。あなたは、黄泉還りを願わないのですね。
深森:ねえ、みやこちゃん。
GM:では、「はい。」と答えますよ。
深森:みやこちゃんだったら、どうする?
みやこちゃん:私には、そんな存在が居ないので、分かりません。でも、もしあなたが死んだとしたら、その時になってみないと、分かりませんね。
嶋岡:みやこちゃんって、どんな存在なんだろう(笑)
GM:え?ソウルメイト。
嶋岡:そりゃあ分かるんだけど…
梅宮:運命共同体のはずだけど。
嶋岡:よく分からないなー。
深森:さっき、梅宮さんにたしなめられたけど、声君…偽物なんだよね、多分。
みやこちゃん:では、訊きますが。偽物と本物の差は何ですか。そこに、故人が存在して、一緒に存在して、一緒に生活して、温かい言葉をかけてくれる。それ以上の何が必要なのですか。
深森:それ以上…だけど、宵ヶ崎さんが言ってた声君の様子、到底そんな感じじゃなかったように思う。
GM:じゃあ、少し思案するような雰囲気になった後、「宵ヶ崎さんに、会いたい人は居ないのでしょうか。」後でイベントしてもらうようなフラグ立てておく!
宵ヶ崎:おいおーい!
深森:…
GM:とりあえず、話を振った後。「分かりました。あなたは黄泉還りを願わないのであれば、今度一緒に、お墓参りに行きましょうね。」という話をします。
深森:ありがとう。
嶋岡:あとそうだな。梅宮はどうだい。会いたい人間は居ないかい。故人で。
梅宮:居るだろうけど、周りの、さっき知り合ったばっかりのような高校生に、言うような筋合いはない。(笑)
嶋岡:いや、そうじゃなくて。プレイヤーとしてよ。
GM禁則事項です!
宵ヶ崎禁則事項か!
梅宮:過去がある風情のおまわりさんと言う風にしておいてください!(笑)
GM:つまり、あるってことだよな!!(笑)
梅宮:情報収集して、13位が出たら、元ファルスハーツってことが分かるんじゃないかな。(笑)
GM:じゃあ、そろそろ色々やっといた方が良いかな。(情報収集の目標値をカードに書きだしながら)どうしようかな。マスターからフリだけでもやっといた方が良いかな。(「まさら 30点」のカードを置く)
梅宮:30って書いてある!(笑)
宵ヶ崎:頭おかしい!
GM:2話でも調べられますからね!
深森:自分で自分のこと調べちゃあかんわなー。(笑)
宵ヶ崎:まさらには自分も知らなかった過去が!ってことになるのかな。
GM:ですな。
嶋岡:あるんじゃない?だって、捨てられてたんでしょ。
梅宮:あー、なるほど。

「この島、変なんだよ。」

GM:ではシーン切りまして。実は、冬日について一切触れてないので、ここでシーンっぽいものをやっておこうかと。彼女と仲良くなるシーン。
梅宮:はい?あーそうか。
GM:だいぶ前の話です。せがまれたので、バイクに乗せてあげて、ツーリングというか、島一周みたいな。
梅宮:はいはい。
GM:そういうイベントをやったと思いねえ。その時に、姉と上手く行ってないんだよ的な妹ポジトークをして。「はやくこんな島出て行って、東京とかで一人暮らししたいなー。」と言います。
梅宮:その、姉ちゃんと上手く行ってないというのは?何か考え方が違ってたりとか?チャンネル権争いとか?
冬日:そんなのだったら、むしろ良かったよ。
梅宮:意味深な感じのことを言われるわけですね。
GM:「誰にも言ったらだめだよ。島の巫女には珍しい特殊な力があって、神通力の類があるって。私やお父さんやお母さんにはそれが無かったの。だから、神社の跡はお姉ちゃんが継ぐことになったんだけど。神社の巫女の立場と、普通の学生の私ってことで、やっぱり話が合わない…。この島の秘密について、少しは調べた?」これ、半年くらい前の話なので。
梅宮:ああ。それなりに。オモイデ様とか、死んだ人が帰って来るとか…
冬日:あれは本当だよ。
梅宮:本当に、生き返るなんて、到底信じられない。何か、幻覚を見ているんじゃないかと思ったんだけど…。
冬日:…でも、この島ではそれが普通なんだよ。私も色々調べてみたんだけど、この島、変なんだよ。葬儀場が無いの。
梅宮:…それは、ゾクッとしますね!ちょっと怖すぎる!「…そっか。」
冬日:人はオモイデ様が蘇らせて、帰って来る。でも、縁切りの祭りっていうのがあってね、それを境に、蘇った人もいなくなってしまうの。
梅宮:んー、何かこう、知ってはいけない秘密を知ったような気がして、反応に困りますね、これは!
GM:「本当かウソかは知らないけどね。」ちなみに、葬儀場が無いっていうのは事実ですし、葬儀屋が無いっていうのも事実ですし、ついでに言うと、お墓も無いんですな。
宵ヶ崎:火葬場とかも…。
梅宮:なんてこった!オーマイガーですね!
宵ヶ崎:このシーンは地味に怖い!
GM:これねー、書いてないんだけど、考えるにあたって、そうなるよねっていう事になったので、そうしました。
宵ヶ崎:こえー!
深森:外部から、島の外の葬儀屋が受注するとかも無い?
梅宮:普通は、近所の葬儀屋さんとかが、斎場まで霊柩車で運んでくれたりするじゃないですか。
宵ヶ崎:ていうか、この島、霊柩車無いんだ。
梅宮:「野辺の送り」で、行列を組んで山に運んで行ったりとか?
GM:無いです。ひょっとしたらあるのかもしれないですが、無い。っていう方を支持したいですね。GMは。
宵ヶ崎:ちょっと何か、意味不明な怖さが…。
嶋岡:すげえ。(おにぎりを机に並べながら)すごい何か伝奇ものっぽい雰囲気になってきた!(笑)
梅宮:いきなりおにぎり2つ机に並べて「すげえ!」とか言い出すから、おにぎりが凄いのかと思っちゃいましたよ!(笑)
GM:俺も同じく(笑)

f:id:Coboler:20160302225933p:plain

すごくどうでも良いんだけど、おにぎりの写真が残っていたぞ。おやつの時間が近づいていた頃だったんだろうとおもう。多分。

GM:って言いますけど。「龍子さんがお姉ちゃんだったら良かったな。」
梅宮:「お、おう。(焦)とりあえず、もうそろそろ夕方になるし、帰ろうか。」怖いよ!!!(笑)
GM:妹が居るとかそういう話、うっかりしちゃったりしません?
梅宮:いや、しないなー。
GM:(ピーカブースタイルで、かいくぐる動作をしつつ)踏み込ませねえなー。(笑)
梅宮:色々だな、とりあえず(笑)ATフィールドは強いぞ!
GM:という感じで。ちょっと、冬日といいシーンをしておかないと、後で彼女が死ぬときに何のロールプレイもできないから!(笑)
宵ヶ崎:こらこらこらこら!
梅宮:おいおいおいい!分かりました!
GM:そんな感じで、食事に誘って来たり、色々ありました。外に人間ということで、色々話を聞いてみたいんですよ。
梅宮:はい。

黄泉還り

GM:ではシーン切りまして。…駄目だな。このままだと、場合によっちゃあコナンに出てくる「犯人的な黒い男」にけしかけられた二人が殴りこみに来るシーンまで一気に飛んじゃう。
梅宮:なんだとー。
宵ヶ崎:とりあえず、全員集合しておきます?
GM:何かする?いつクライマックスに入るか分からない状態になったよ、もう(笑)
深森:まさらは、多分1日に1回は小鳥遊さんの家にピンポン押しに行って声かけてると思う…。
宵ヶ崎:こっちも多分、部屋の前まで行ってうろうろして。
GM:そんなに、何日もかからない。
宵ヶ崎:ですよねー。1日か2日ですよねー。
GM:1日か2日で向こうがキレて、殴りこみに来るよ。君たちが、島の秘密に関わろうとするから。
宵ヶ崎:あー。
GM:あとひとつ、残ってるシーンがありまして。PC1にキズナが会いに来るシーンがあるんですけど、やっておきましょうか。
嶋岡:ほう。
GM:でもこれ、もうちょっと素敵タイミングで出て来たい。
嶋岡:それなら2話に回してもいいのでは?
GM:でもねー。声君に対してどうこうっていう話なのよね。もう1回、しつこく警告をするっていうシーンになってしまうので、まあいいか。やる。(笑)
嶋岡:はい、じゃあ出てくるぜ!(ころころ)88。
GM:義務的に出てきてもらって、ありがとう!(笑)
嶋岡:こっちは侵食率が上がっても、ダイスボーナスが増えるくらいだから大丈夫です!
GM:例によって、宵闇の中に、ホタルのような光が舞う。
嶋岡キズナなのか。
キズナキズナだよ。小鳥遊声君、彼は、オモイデ様の力で「黄泉還り」した存在だよ。
嶋岡:そうか。そんなことがあるんだ…。
キズナ:この島からはやく逃げて。これ以上オモイデ様に関わったら、調べたりしたら、寧人君は殺されてしまう。お願い。
嶋岡:じゃあ、ガッツポーズしてみせますよ。「大丈夫。あの頃より俺は、随分強くなった。そう簡単には、殺されはしないさ。」
GM:石は右手?左手?
嶋岡:右手です。ああそうか。ガッツポーズした時に見えてたんですね。
GM:じゃあ、服に軽くひっかかります。
嶋岡:およ!?
キズナ:右手なら、触れる。
嶋岡:じゃあ、恐る恐る…触る!(笑)いや、女の子触るのはちょっとな!!(笑)
GM:抱きしめる。までは行かないか。むしろ、爆熱ゴッドフィンガー。
嶋岡:いやいやいや!それはない!(笑)頭を撫でます!
GM:撫でられた。
嶋岡:安心させるようなことを言うよ。そのうちに消えちゃうのかな。
GM:じゃあ、あなたの右手を握って、「それでも」と言って、首を振って、消えていく。ってなところでシーン切りまして、休憩入りましょう。

しばらく別の話をしつつ。今後の予告をしながらクライマックス戦闘に入って行く。

GM:もう伝えたかもしれないけど、皆さんにキャラクターのリレーションアイテムを用意する予定なので、ぜひお取りになって下さいまし。
梅宮:はーい!
宵ヶ崎:リレーションって、自分固有のアイテムみたいな?
GM:PCに、自分のリレーションアイテムを取ってもらう感じ。もちろん、自分で使ってもいいけど。もしくは、ピックアップしてほしい設定とかがあったら、拾いに行くよ。じゃ、始めますね。マスターシーン入りますよ。

夜に啼く

GM:どこかの闇の中、男の声が響く。

「彼らはオモイデ様について調べている。」
「このままでは、UGNがオモイデ様と黄泉還りに辿り着き、余計な手を出してくるかもしれない。それでは困るだろう?小鳥遊小夜くん」

月光が差し込む。
雲が流れ、月明かりが部屋を照らす。
映し出されるのは全身を震わせた少女、ナイチンゲール・小鳥遊小夜。

「君の弟君が黄泉還ったことも知られたようだよ。困るよね、このままでは余計な干渉が行われ、せっかくの黄泉還りを邪魔されてしまうかもしれない。」

彼女の全身を恐怖が襲ってきた。それは、オーヴァードなら誰しも抱える、「衝動」だ。過酷な任務により、既に限界に達していた彼女のレネゲイドは、今衝動に突き動かされ、最後に残った理性を食いつくそうとしていた。

「怖いだろう?失いたくないだろう?」闇の中から男の声が響く。
「最愛の弟と共に過ごすため、日常を守るため、…彼らを殺すんだ。ナイチンゲール。」

声に応え、ナイチンゲールが咆哮した。というところで、ナイチンゲールが何かおかしくなります。というシーンです。
宵ヶ崎:うわぁ…。
GM:闇の中から、男の手が伸びる。月光が照らす先には、無表情な少年の姿。
「ほら、これを失いたくないだろう?だから戦うんだ。その身に刻んだ技を、力を使えば簡単な事さ。」
荒い息が響き、闇の中、雷光がきらめく。そしてナイチンゲールとソングバード、2羽の小鳥は、宵闇の中へと走り出した。

クライマックスフェイズ

小鳥たちの襲撃

GM:というところで。クライマックス入ります。夜道を、紅が歩いているところに、襲撃が入るっていうシーンなんですけど、どうしようかな。まあそれで良いか。
宵ヶ崎:これは、一人で居るべきか。嶋岡と居るべきか。
嶋岡:どうする?俺はもちろん駆けつけるんだけど。
GM:基本的には、全員登場した状態で戦闘することになるんで。あんまり気にしなくても。
宵ヶ崎:じゃあ、とりあえず一人で。
GM:夜、放課後。ナイチンゲールの家を訪ねる。扉が開く。戦闘状態になる。という流れで。
宵ヶ崎:はい。
GM:全身に悪寒が走る。悲痛な叫びのようなワーディング。この感覚には覚えがある。ナイチンゲールの、それだ。家の扉が開いて、ナイチンゲールが現れます。全身は小さく震え、まるで怯えているようだ。学校には行ってません。
宵ヶ崎:やっぱりそうだったか。
GM:だが、キミだけは、彼女が戦闘態勢に、それも、本気の状態になっているのが理解できた。「紅…お前を、そして、他のオーヴァードたちを殺す。そうしないと、私はまた、失ってしなう…!」傍らから、奇妙に表情をなくしたソングバードが現れます。二人は訓練された動き、ファルスハーツの戦闘員としての動きで、君に襲い掛かって来た。
嶋岡:それは、割り込むかな。
深森:ワーディングは張ってるから、わかりますよね。
宵ヶ崎:家の中なんですか?
GM:玄関の扉を、いつもみたいにインターホン押したりしてると向こうから出てきて、戦闘状態に入る。
嶋岡:セリフよろしいか。叫びます!「こんな戦いに何の意味がある!宵ヶ崎も!小鳥遊も!みんなが幸せになる選択肢は無いのかよ!!」(笑)
GM:ありがとうございます!(笑)
梅宮:どうしたら良いんです!?とりあえず、駆けつけておけば良いんですよね!?
深森:まさらも駆けつけます!「間に合わなかったぁ…。」
嶋岡:そう言ったらでも、こう言うかな。
GM:そうだ、あいつはもう…!(笑)
嶋岡:あ、いや、そうは言わない!(笑)
宵ヶ崎:それは私が言うべきなのか!?
梅宮:私どうやって介入してくれば良いんですか、このシーン!?
GM:ワーディングを感知した、もしくは、支部長をここまで連れてきた。バイクで。
梅宮:あ、じゃあそれで。
嶋岡:こう言います。「しっかりしろ、深森まさら!アンタはUGNなんだろう!」
深森:ハイッ!
嶋岡:ジャームだって、いつかは治療できるはずだ!
深森:ハイッ!!
宵ヶ崎:ちょっとPC1すみません、PC2も励ましてくだせぇ…。
GM:凹んでるらしい!(笑)
嶋岡:お、おぅ!どういう状況なの?
宵ヶ崎:「どうしたんだ、小鳥遊!」みたいな、茫然とした状況です。いや、まあ良いです!
嶋岡:いや、言うよ。
GM:とりあえず、落ち込んでいるところを察したよ。人の心の弱さを、支えているよ!(笑)
嶋岡:宵ヶ崎。
宵ヶ崎:いや、大丈夫だ。大丈夫だ。
嶋岡:大丈夫じゃないだろう?言って分からないなら、とりあえず、殴ってこいつら止めるしかないだろう!その後でゆっくり話せばいい。違うのか。
宵ヶ崎:「そうだな。もう少しだけ時間は残っているはずだ!」で、カッターナイフを構えておきましょう。
梅宮:痛そう…。
GM:カッターナイフを構えておきましょう。(エヴァ弐号機みたいなポーズで)
梅宮:弐号機だ!(笑)
GM:てなところで戦闘入ります!「倒す。倒すんだ。お前たちを倒す!そして、守るんだ、この日常を!」
梅宮:衝動判定!
GM:はい!ソングバードがワーディング。孤独な叫びをあげる。
梅宮:あー。(ころころ)失敗した!
宵ヶ崎:(ころころ)8!失敗したー。
嶋岡:9だよね。(ころころ)失敗してる!暴走した!どうせ暴走するのか!
深森:(ころころ)ワー!暴走しました!
梅宮:おいおいおい!
嶋岡:誰も成功してないんかい!
GM:大丈夫。リアクションできる人居ないから。

f:id:Coboler:20160303225355p:plain

侵食率を上げたりするところは省略。イニシアチブは、宵ヶ崎15⇒ソングバード13⇒深森9⇒ナイチンゲール7=嶋岡7=梅宮7。

梅宮:ちなみに、このアヒルは夜光るんだ。ハハハ!(笑)
嶋岡:これ、どっちがどっちなんだ!?けっこう大事だけど!ソングバードとナイチンゲール、どっちも鳥か。
GM:アヒルの方がナイチンゲールちゅう事で。(笑)じゃあセットアップです!ナイチンゲールがヴァイタルアーップ!
深森:戦術と、ファンアウト。
嶋岡:ヨシッ!接近しとく。
梅宮:じゃあ私も。これでOK。
GM:食らえ!雷神の槌!と言いたいんですが、同じエンゲージは駄目なのか。しかも開幕する時に殴れねえ。どうしよう。
宵ヶ崎:じゃあ行きます。いつも通り、ハンドレッドガンズとブラッドコントロールでまず銃を作成。手首にグサー。
梅宮:痛あぁ!(笑)
深森:何度見ても慣れない!(笑)
宵ヶ崎:というわけで、ペネトレイトまで入れて撃ちます。
GM:今回は、わりと酷い目の戦闘バランスになっております。(笑)
宵ヶ崎:13個振れる!血の宴で範囲になっているので、2人とも撃ちます。
GM:というわけで、ソングバードが回避を宣言して。なにが酷いか。アクロバットで回避します!ダイスボーナスは+4です!で、クリティカルは、なんと3。(後で聞いたら、マイナス3とのことです。クリティカル値が3ジャナイヨ!)
宵ヶ崎:ハァ!!?
GM:えーっとですね。ここに、命の執着、カウントダウンというリフレックスが3レベルで取れる素敵なエンブレムがありまして。HP-20されるんですけど。(笑)
梅宮:何だソレ!?
宵ヶ崎:待って。おかしくね!?
GM:ダイスは酷いんですけどね。
宵ヶ崎:クリティカル8で振ります!(ころころ)クソがー!クリティカルせんのかい!!
GM:(ころころ)避けました。でも、ナイチンゲールの方は直撃で当たりますが何か。HPは74点あるんで、ダメージ受けとく。
宵ヶ崎:ダメージ振ります(ころころ)35点ダメージ!
GM:直撃で半分減りましたが何か。
宵ヶ崎:まだ半分か!
GM:次は13ですね。ではソングバードが殴ります。どうしよう。待機。
嶋岡:え?
GM:支援をもらってから撃った方が痛い(PC側が)はずなので。
嶋岡:あ、そう。分かった。
GM:とりあえず、クリティカル値が-3がどれだけヤバイか俺も体感中!(笑)ひょっとしたら、本気でヤバイかもしれん!
嶋岡:どうしようかな。ソングバードに当たる気がしない。
GM:そこのアドバイスをもらって、そこの本気殴りを一発づつ当てていくとかじゃないと。当たらん可能性があるよ。
嶋岡:まあ次とりあえず9だよね。アドバイスをどっちかにお願いします。
深森:どっちに飛ばしましょうか?
梅宮:私の方がダイスが少ないので、多い方にアドバイスを。
深森:じゃあ、嶋岡さんに、お願いします。あと、勝利の女神できるようになったので。
嶋岡:はい。俺の本気を見せてやろう。(笑)
梅宮:おおっ!
嶋岡:とりあえず、シーン攻撃します。とりあえず、賢者の石抜きで。
GM:あっそうか!賢者の石があったのか!
嶋岡:賢者の石はまだ残しておかないといけないと思う。怒涛の大蛇まで入れます。破壊の爪、炎の刃、伸縮腕、怒涛の大蛇、コンセントレイト・サラマンダーと言います。これで、侵食率が100超えるな。(ころころ)48!
GM:両方?はーい。肝心のソングバードから。(ころころ)うぉ。27。
嶋岡:よし!ありがたい!
GMナイチンゲールがマグネットフォースでカバーリング
嶋岡:ですよねー。行くぜダメージ。(ころころ)出目ありがとう出目。47!
GM:37ダメージ食らってしまうので、電磁反応装甲。2枚使って0にするよ。
梅宮:うぉぉ…。
宵ヶ崎:ゲー。
嶋岡:やっぱり本気じゃないと無理だったか。切り札を無駄にしてしまった。
GM:次の方どうぞー。あと60点は止められる。
嶋岡:60点!?電磁反応装甲5レベルあるのか!でも侵食率でレベル上がってない!?
GM:大丈夫!5で止めてあげてるから!優しさか!優しさなのか!(笑)
宵ヶ崎:やさしさとは…。
GM:あとね、俺伏線踏んでないんだけど、出していい?
宵ヶ崎:え、何の?
GM:茂みの中から、何かが現れます。ニャー。(ΦωΦ)プレイヤーサイドに。
梅宮:え!?
嶋岡:猫だ!見覚えがある猫?俺は見覚えはないけど!
宵ヶ崎:ん?見覚えはあるかもしれん…。
GM:いえ、残念ながら。関係あることにしても良いんだけど。何も関係ない猫が。あなたがたの様子をうかがっております。
梅宮:では次行きます。コンセントレイト・バロール、漆黒の拳、黒星の門。ダイスは11個だ。(ころころ)うーん。目が悪い。ナイチンゲールに31。
GM:猫がニャーと鳴きます。(ΦωΦ)猫がまさらの方を見ながら。
深森:あ、妖精の手!
梅宮:(ころころ)おわっ。回った。51になった。
GM:姉を殴ったなら、電磁反応装甲の構え。とりあえずダメージ下さい。
梅宮:はーい。(ころころ)31。
GM:食らっても死なないから食らう。64。と言う訳で、どなたか代表者。オルクスの能力から、3回。もう1回は使ってしまったので、2回だけ、オルクスのエフェクトの最大レベルで、猫が援護してくれるよ。
嶋岡:はい。じゃ、今使うよ!使っていい?力の法則って言う!
GM:ダメージで!?それは死ぬ!それはやめて!(笑)
嶋岡:力の法則!ここは押し時だよ。電磁反応装甲の残り回数を減らせるし。
GM:うん、それはキツイ!ダメージ下さい。
嶋岡:龍子さんのダメージが、合計39点増える!
GM:ニャーと2回鳴きました。ニャーニャー。(ΦωΦ)
梅宮:オオー。
嶋岡:次はナイチンゲールの番だ。何するんだっけこの人。支援を飛ばすんだっけ?
GM:うん。狂戦士、解放の雷。これでクリティカルが-2また下がっております。
宵ヶ崎:ヒィー。
GM:ソングバードが攻撃しますー。(ころころ)12!だから17!
宵ヶ崎:地味!!
嶋岡:よし皆回避しようぜ。猫は範囲外よね!(ころころ)
GM:猫は大丈夫!あそこに妖精の手があるから、一人くらいは回避できるんじゃない?
宵ヶ崎:(ころころ)あら20。うそだろ避けた。
梅宮:(ころころ)18です!
嶋岡:当たったけど大丈夫だよ。
深森:避けられなかった…。
GM:固定値がムダにあるので、それで死ぬはず。(ころころ)50!装甲無視です。
梅宮:これは防御しきれんな。
深森:倒れます。時雨あたりを切ろう。
嶋岡:仕方ない。神無のロイスを切るしかない。
GM:ブリッツクリーク!追加で行動を入れます。
宵ヶ崎:死ぬ!これは死ぬ!
GM:からの、マイナーアクションでライトスピード。2回殴るよ。ダメージは高いけど、命中率は低いよ!(ころころ)シーン攻撃です!(ころころ)1個回った!
嶋岡:じゃあ潰す。支配の領域。(ここで猫の支援は無くなった。(ΦωΦ))
GM:ガーン。でもライトスピードだから2回目振るよ。最初の達成値は16。
深森:絶対避けられない!(ころころ)まさらは避けられるわけがない!
嶋岡:避けられる可能性がある!(ころころ)やった、20だから避けられる。
宵ヶ崎:(ころころ)あ、20。
梅宮:回ったー!(ころころ)25ですよ!
GM:なんだよそこ!ふざけんな!(笑)
深森:2回死んだ…。ロイスで生き返ります。(ここでGMはダメージを振っていない気がするけども、まあ即死で間違いないんだよな、多分)
GM:さらに俺追い打ちかけるよ。2回目が飛ぶよ。(ころころ)24!
宵ヶ崎:これは避けられんな!(ころころ)2!
梅宮:(ころころ)残念!回らなかった!
嶋岡:(ころころ)1個回ってるけど当たり。
深森:(ころころ)ソングバードをタイタスにします…。
宵ヶ崎:ダメージは何点ですか?
GM:固定値が30点あるので、(ころころ)39点でした。
宵ヶ崎:無理無理!
梅宮:デモンズウェブあるけど、これは無理かな…。
GM:じゃあ、良いですか。クリンナップ。セットアップ。では15の方どうぞ。
深森:セットアップで戦術します。なんかもう全部死んだ…。
GM:(えなりかずきのような喋り方で)大丈夫大丈夫。公式キャンペーンだとー、ジャーム化してもー、死なないでそのまま一応進めるようなー救済策があるからー、ただラスボスが強くなるだけ。ホホホホ!(笑)
宵ヶ崎:クリティカル値7です。(ころころ)血の宴で範囲攻撃。ひでぇ!29!
深森:妖精の手!
宵ヶ崎:(ころころ)じゃあこれで36!
GM:(ころころ)畜生!1個しか回ってない!13!17!両方当たり!カバーリングします。
宵ヶ崎:(ころころ)41ダメージ!ペネトレイトで装甲無視!
嶋岡:倒れて復活だろう。アクアウィターエで。
GM:だねえ。1回死んで、アクアウィターエします。HP30で回復。13はソングバードで普通に殴るぜ!(ころころ)これはひどい。27!
宵ヶ崎:避けれるか!2dでどうしろってんだ。(ころころ)8!無理!
梅宮:頑張るぞ。(ころころ)ヤッター!32で避けた!!
GM:そろそろ支部長がヤバイ気がする。
深森:支部長4回死んでます。
GM:ちょっと待って、本気でヤバイんじゃないの!?
梅宮:ちょっとどうしてくれるんすか!敵強すぎっすよ!
嶋岡:正直、残りのロイスが2個ならもう倒れておいた方が良い。
GM:(ころころ)ダメージは38点。
宵ヶ崎:死んだ。ロイス使って復活します。
嶋岡:ロイス切るしかないな。さらば両親。今みんな、ロイスいくつ残ってるの?
梅宮:6つあります。回避に成功しまくってるんで。
宵ヶ崎:さっきから成功しまくってるんで、5つ残ってます。
嶋岡:余裕だな!?そこは大丈夫か。
GM:支部長は5個タイタスになってるの?まあ、フルで食らってるもんね。
深森:うう…(笑)
GM:もうこれ、戦えない。
嶋岡:支部長はね、もう後はエフェクトを1こ食らったら、倒れて良いよ。
GM:今復活してこれか。もう2倍振りが確定してる。相手にEロイスがひとつも無いから。(実はEロイスを持たせようとしていたものの、データを入れるのを忘れていたそうです)
嶋岡:はーい。とりあえず、次は9で支部長だ。支援だけど、どうしようかな。
深森:とりあえず、梅宮さんにアドバイス投げて。111…うう…。
梅宮:はい、じゃあさっきのと同じコンボでナイチンゲールに行くよー。クリティカル値6。(ころころ)25か…
深森:妖精の手行きましょうか。
梅宮:あ、じゃあ。(ころころ)51。
深森:じゃあ、勝利の女神で61に。
GM:食らう。
梅宮:えーっと。(ころころ)しょっぺえ。35。
GM:それは生きてるな。電磁反応装甲を使って、あと15点。
嶋岡:よし。「境界線上のスクールライフ」でもらった経験点を使うぞ。(笑)今ここで15点使って、エフェクトを取得します!
GM:はい。
梅宮:クソッ!何だこの敗色濃厚な状態は!(笑)
宵ヶ崎:たった2人なのに!
嶋岡:とりあえず、取るのは吹き飛ばし。
GM:はーい。あ、エンゲージ離すの?
嶋岡:当たり前だ!(笑)基本的にあんまりやりたくないんだけど、とりあえずこの状態を打開しなきゃ。色々考えて、こうするよ。省エネで、コンセントレイト・サラマンダーのみでナイチンゲールを攻撃した。(ころころ)
GM:回避回避!PC側のような奇跡の出目が出れば!
宵ヶ崎:やめんか!!
GM:(ころころ)終了。(笑)
嶋岡:達成値は55です。ダメージは固定値が16点あるから、装甲有効でも死ぬよ。
GM:ダメージお願いします。21点以上あれば死にます。
嶋岡:(ころころ)21点以上あります。ダメージ通ったので、4メートル移動します。あ、でも次のラウンドで移動して帰って来るよね…しまったわ。意味なかった。
GM:はい、落ちまちた。落ちまちたので、ソングバードの方が、タイムリーオペレーション、レネゲイズアージ収録の、自傷のアージエフェクトを使用します。
梅宮:何それ。
GM:HP1点で回復してきます!
宵ヶ崎:うぉぅ…。
GM:4メートル移動した。
梅宮:もうやだー!こっち初期なのに!
深森:ホント、初期なのに…。
嶋岡:色々ミスったな…。でも龍子さんと紅はまだまだ戦闘力は残ってるから、諦めずに攻撃すれば、次は倒せます。大丈夫!
宵ヶ崎:分かりました!
GM:タイムリーオペレーションで暴走を受けます。自傷暴走で、5dダメージを受けます!(ころころ)死にました。
嶋岡:あれ!?さっき皆暴走してたよね!?みんなリアクションしてたけど…?
梅宮:あっ。
GM:俺も忘れてた!まあ、巻き戻さない!一番グダグダなところだった(笑)
嶋岡:初手でマイナーアクションしてない人は大丈夫だと思うけど、まあしょうがない!
深森:どうなってんだ、今…。
GM:ゴメンね訳わかんなくて。えっとですねー。タイムリーオペレーションというスキルを使って、ナイチンゲールを回復させました。で、これ、自傷のアージエフェクトで、変異暴走の自傷の効果って、暴走したら自分がダメージ食らうっていうやつなの。だから、いきなり倒れます。
深森:え、自滅!?
宵ヶ崎:何なんだよ!?
GM:姉さんを助けて死にます。
嶋岡:ですよね。ある意味ちょっと、良いんじゃないんでしょうかねぇ。演出としては。
梅宮:「今、なにやったんだー!」と言いながら、こっちは衝撃を受けていますけど!
宵ヶ崎:声くーん!
GM:次はナイチンゲールです。じゃ、「声ー!」と大声で叫ぶ。ソングバードが倒れる。「またね、…姉さん」最期の瞬間、彼は奇妙に安らかな表情になると、そう呟く。ナイチンゲールは、奥歯を噛みしめ、向き直る。「まただ…また私は失った。…だが、終わりではない。お前たちを殺し、私は家族を取り戻す!」ナイチンゲールは攻撃の態勢を取った。ここから、範囲でPCを殴ります。雷神の槌、コンセントレイト・ブラックドッグ。おわり。寂しい…。しょぼすぎる。(ころころ)そして、36。22点ダメージ。
梅宮:オッケー、やってみるぜ。(ころころ)無理だった。
嶋岡:デモンズウェブなりなんなり使って頂ければ!
梅宮:オッケー!使います!(ころころ)16!これはそちらに!私はまだロイスあるから大丈夫でーす。
嶋岡:おお、ありがとう。
GM:ホントはダメなんだけど、ここで衝動侵食。
嶋岡:何それ。
GM:衝動判定してください。もう1回。
梅宮:モウヤダー!!
宵ヶ崎:(ころころ)あー失敗したー!
梅宮:(ころころ)はーい駄目でした失敗!(ころころ)14点も上がった!最悪だよ!
深森:(ころころ)9ギリギリ成功!
嶋岡:(ころころ)成功したので暴走は受けない。侵食率は上がるね。
梅宮:すごい勢いで侵食率が上がる!このレコシー、160%までしか書けないやつなのに!(笑)
深森:今132ですー!
GM:それは本当にやばいな(笑)次の方は誰かな。クリンナップ、セットアップ。もうぶっちゃけ、戦闘は終わったも同然ですが。さあ、さっさと処刑すれば良いじゃない。処刑用BGMが流れ始めるよ。テレッテー!(「愛を取り戻せ!!」を口ずさむ)
梅宮:私は「Tough Boy」の方が好きだなー。
宵ヶ崎:普通に撃ちます。どうしてこうなったんでしょうね本当に。
GM:マスターが接待のつもりだったけど、こっそりヘル入ってたから…(笑)
梅宮:勘弁してよー!
嶋岡:まあ、これで加速する時とか言われなくて良かった方ですよ。
宵ヶ崎:(ころころ)49!
GM:直撃でございます。
宵ヶ崎:(ころころ)42!ペネトレイトで装甲無視!
GM:落ちましたー。
宵ヶ崎:アアー!何とかなったー!

バックトラックでなんとか皆戻って参りました。入れ忘れてたEロイス分も入れて4個追加で振りました。続く。

BLセッションをするときは、必ずプレイヤーの地雷についてリサーチするんやで。せんかったら死ぬで。(ブログ主からのメッセージ)