Cobolerのリプレイ置き場

趣味のテープ起こしを活かした、TRPGのリプレイ置き場でございます。

UPされた記事はいつ書き直されてもおかしくない状態で公開されています。 あと、記事を上書きで更新することが多いです

※BL注意「Assassin's Party」 その5

ミドルフェイズ

GM:はい、ではシーン切りまして。ミドルフェイズに入ります!
荒也:はーい。

狙撃

GM:とりあえず、逃走中のPC1とテレーズが、狙撃を受けます。
隠瀬院:なんだってー。
荒也:なんだってー!PC1!
GM:では、知覚の判定をして下さい。
雅也:はーい。2個振れるよ。(ころころ)26!
GM:まず、風切り音が聞こえました。
雅也:あっ、ヤベッ!と思って。風切り音だしなあ。多分、自分の体の下に、テレーズを隠すような感じにします。
GM:はい。むしろ口の中に隠す!(笑)
雅也:あんまりでかくないから残念だったなぁ!(笑)正直、モロの君くらいの大きさなんで。
荒也:メッチャでかい!
雅也:お前にサンが救えるか!
GM:あなたがかわした後に、ターン!と銃声が聞こえます。発射音ですね。
雅也:あ、ヤッベ!これ、あいつらだ!じゃあ、エフェクト使っていいですか?もう空の音楽を使ってたことにして。「俺、テレーズのことしか聞かないよ!」って言う。口塞がってるから。というわけで、テレーズに指示を仰ぎましょう。多分、戦略とか、逃走経路のこととか、カウンターテロのこととか。テレーズの方が優秀だと思うので。まさやんはバカですから!
荒也:自分で言いよった!(笑)
テレーズ:とりあえず、近くの路地裏に逃げ込みましょう!射線が通らないように逃げて!
雅也:じゃあ多分地の利はこっちにあると思うので、N市の、裏路地とかでたむろしてたんでしょう。
GM:とりあえず、逃げました。「支部まであと少し。このまま何事もなく行けば良いんだけど。」その後、(ころころ)…狙撃をされることもなく、とりあえず逃げ切りました。

全員集合

GM:次、PCは全員登場でございます。登場順は任せます。合流系のシーンでございます。
水無川:とりあえず、先行してたので。
GM:シーンプレイヤーは支部長ということになります。
荒也:はーい。
雅也:はーはー、はっはっは!
水無川:だ、大丈夫だった!?
雅也:とりあえず、テレーズを降ろそう。「歯茎乾いたー。」
荒也:(笑)
水無川:ありがとう、良く!良く持ちこたえてくれた!
隠瀬院:そこに、なんとかチャリで登場します。
GM:チャリか!
水無川:(笑)
荒也:私は、ディメンションゲートで来ましょう。「雅也!大丈夫か!」
雅也:テレーズ、大丈夫!?服に穴開いちゃって、ごめんね!
テレーズ:とりあえず、大丈夫。
荒也:後で、繕っておきましょう。
水無川:とりあえず、室内へ。
隠瀬院:すみません。捻挫していたロールプレイを主張していくのを忘れていたので、歩き方がぎこちない様子を察してください!
荒也:はーい(笑)
水無川:あれ、先生、足…
GM:治療系のエフェクトってあったっけ?
隠瀬院:癒しの水が都合よく効きません!
水無川:ちょっとすみません。先生。怪我?ですか。
隠瀬院:まあ、そんなことは良いから。
水無川:え!?
隠瀬院:そんなロールプレイにしかならないんだけど!怪我してます!(こだわり)
水無川:え、え!?先生、適当な処置を受けたんですか?
隠瀬院:「まあまあ、あんまり関係ないから!」と話しを逸らしながら。
荒也:はっはっは。
水無川:とりあえず、屋内に。
荒也:さて、屋内に退避。
雅也:PC5は?
真由紀:今、タイミング見計らってたんだが…。工務店の前にバイクが止まると。
テレーズ:敵!?
荒也:じゃあ、全員警戒を。
隠瀬院:じゃあ、そこで、カッコよく「待って味方だ!」ってやりたい!(笑)
真由紀:分かるのかソレ!?
隠瀬院:知り合いでしょう、だって!?顔が分かればまあ…
荒也:じゃあ、入って来たら、「味方だ。」って。
真由紀:じゃあ、店の中から、すっごい緊張感というか、何と言うか、殺気が感じられたので。ピンポ~ン♪「すみませ~ん、どなたかいらっしゃいませんか~♪」
荒也:これは!?(笑)
隠瀬院:じゃあ、開けに行きます(笑)
荒也:後ろで構えておきましょう、皆で。
隠瀬院:久しぶり。
真由紀:じゃあ、ガラガラッと開けると。女の子…?
水無川:知り合いですか?
隠瀬院:えーと。UGNチルドレンの、式部 真由紀(まさゆき)君。
水無川:まさゆきくん。
真由紀:式部 真由紀(まゆき)で~す!
荒也:まゆき?
隠瀬院:アレッ?まあいいや。
真由紀:そういやこういうヤツだった!という感じで!
隠瀬院:とにかく、味方だ!
水無川:分かりました!
荒也:味方なら良いや。
水無川:と、とりあえず、中、入って。
真由紀:はいはいー。
荒也:お茶でも出そう。(律儀)
雅也:仲間かー。
GM:じゃあ、そこに一人の男がやって来ます。「お嬢さん、お嬢さん、スリーサイズは!?」
水無川:まーたー!!貴家か!!
真由紀:ん~、ダメ♪ファンクラブの人にも教えてないの!
隠瀬院:ノリノリだこいつ…!
紫紋:ファンクラブの入会方法は。
真由紀:ん~、じゃあ。「「まゆきLOVE」で検索してね!」
紫紋:分かりました。まゆきLOVE!と!
荒也:変人が増えた!
雅也:はい!じゃあ、誰か、窓を開けよう!窓を開けるんだ!(笑)
真由紀:怪しい空気が蔓延し始めた!(笑)
荒也:ディメンションゲート開いておくから、好きにして!
雅也:あ、じゃあ後ろから蹴りこみます。
GM:「エロいことに興味はありませんか」…ここら辺で抹殺されるな。(笑)ぽいっと捨てられました。
水無川:窓は早く閉めましょう…。
GM:紫紋君かわいそう…。
雅也:何回出されれば気が済むのか…。
水無川:ていうかテレーズさん!
荒也:テレーズさん、お茶でもどうぞ。
テレーズ:とりあえず大丈夫ですけど、変わった支部なんですね。
真由紀:大変だ…ここ女の子一人しか居ないよ!
雅也:にぎやかだけど、良い所だわん!
GM:今、ほんとに女子は一人だな…。
荒也:とりあえず、情報を交換しましょう。
GM:ていうかここは支部なので、ロケランの一発で吹っ飛びますよ。
荒也:ひゃー。こ、工務店が!
水無川:ウワァァ…
雅也:とりあえず、テレーズに指示を仰いだ方が良いんじゃない?わんわん。
荒也:ですねー。わーん!なあ、テレーズさんに指示を仰ぐシーン。
水無川:護送するための車が来るんですよね?
テレーズ:支部長は、あなたですか?
水無川:はい。
テレーズ:とりあえず、迎えに来てくれて、助かりました。
水無川:いえいえ!
テレーズ:ただ、敵は諦めたわけじゃないから、安全になったとは言えないけど。とりあえず、敵、アサシンズセルだっけ?あいつらのことを調べておかないとね。戦うんだったら、敵の情報があった方が良いもの。
水無川:で、情報収集…。
GM:霧谷の方からも連絡がありまして。「状況を教えてください。」
水無川:いま、テレーズ、…評議員と、合流し、し…いま…
隠瀬院:代わります!私が!(電話を奪うジェスチャー)「テレーズ評議員と合流しました!N市支部に集合してます。」
霧谷:分かりました。もうじき、迎えのヘリが行きます。
雅也:あっ!あー、ちょっと良いですか?
隠瀬院:はい。
雅也:ライフルで狙われたわん!
隠瀬院:ライフルで狙われたそうです!?
荒也:あー、ヘリも気を付けてってことか。
水無川:窓際は危ないってことですね。
霧谷:先に、スナイパーを排除する必要があるかもしれませんね。
荒也:ウチに優秀なのが一人。
隠瀬院:支部長がヤル気満々なので、そこら辺はもう。先にそういうのを排除してから、何とか。
GM:そうですね。これから後も発展がありますし。(笑)
荒也:メタい!!(笑)
隠瀬院:はい。(電話を返すジェスチャー)
水無川:はい…代わりました。
霧谷:まあ、落ち着いて、下さいね。(笑)
雅也:だーいじょうぶっすよ、支部長ー!
荒也:こっちも何とかしますから!
水無川:あぅぅ…、頑張る…。
霧谷:とりあえず、ヘリが到着するまで、何とか耐えて下さいね。
水無川:はい。
GM:じゃあ、次は情報収集のシーン。他にやりたいことがあったら、軽く回してもらっても良いかな位で。

で、シチュエーションカードが無くなったので、このタイミングで補給しております。セッション一時中断中。

雅也:ていうか今、獣化したから服脱いでます。
荒也:予備があるんでしょう、支部に。
雅也:支部に雅也部屋があるんで!
荒也:荒也部屋もあるんで!
GM:あるのか…。無ければ作る。「大丈夫。牧島部屋もあるよ。」と言って、押し入れから出てくる。
荒也:無いよ!あってたまるか!(笑)
水無川:いつの間に部屋作ってるんですか、あなた…
GM:手を振って。また閉めます。
荒也:そうか、インセインの押し入れに居るのか…。
GM:いや、インセインの押し入れに入ろうとしたら、追い出されてしまったので。(笑)クスン。
隠瀬院:よそでやってよ!(笑)
水無川:ということは、今支部に居るの…?
GM:いますね。「大丈夫大丈夫。悪さはしないから!」

情報収集

GM:ってなわけで、情報収集も一応しておきますか。ダブルクロスっぽく!
荒也ダブルクロスです、実際。
GM:えーっと。「FHの襲撃について」。「シャフトについて」。「アサシンズセルについて」。ですね。情報:UGNか裏社会。
隠瀬院:UGNだったらあるので。振りますよー。(ころころ)28。
GM:FHの襲撃について。「どうやら、ファルスハーツはテレーズのスケジュールを掴んだ上で、計画的に襲撃を仕掛けてきたようだ。だが、テレーズのような、中枢評議員のスケジュールは厳重な管理がされており、外部の者が掴むのは難しい。そのため、内部情報を流出させたものが居る可能性がある。情報漏えい者については不明だが、テレーズの詳細な情報を掴めるものとなれば、UGN本部の上層部、あるいは中枢評議員クラスでもなければ無理だろう。」という、次回以降のシナリオフックが手に入ります。
荒也:おー。
GM:今回は、これ以上は追えません。
荒也:シャフトについて振ってみても良いですか。過去の因縁があるんで。2個だけど、ものは試しだ。(ころころ)8。
GM:「アサシンズセルと呼ばれる、セルを管理しているセルリーダー。何よりも戦いに悦びを見出す男であり、強敵と戦うためならば、自らの危険もいとわない。現在は、N市に潜伏中。しかし、最初の襲撃以降、動いているのは部下たちのみで、本人は目立った動きを見せていない。」
荒也:ほー。シャフトに関して、他の情報は。
GM:N市から離れたという情報もないため、どこかに潜伏して、テレーズ殺害の機会を狙っていると思われる感じ。
荒也:分かりましたー。
水無川:アサシンズセルで。(ころころ)17!
GM:「ファルスハーツの中でも、暗殺や破壊工作、対UGN戦闘を主な任務とする戦闘セルの一つ。現在はテレーズを狙ってN市に潜伏中である。セルとしての規模は大きくないが、癖が強いながらも優秀なエージェントがそろっており脅威度は高い。」アサシンズセルの構成員についてが、調査可能になります。でですねー。ちょっと一旦シーン切りますね。。

「悪い予感がする」

GM:シーンプレイヤーそちらに戻しまして。ちょっと前の話になります。
荒也:うん。
GM:場所は、支部になります。嚆矢に、この1件が始まる前に、別件で、ひとつの任務が入ります。「で、俺ちょっと行ってくるわ」という話になっております。で、嚆矢は言います。「俺が居なくなると、寂しいか。」
荒也:「ああ、寂しいな。」素直に返しましょう。「寂しいよ。」
GM:じゃあ、軽く肩を抱いて、「ありがとう。すぐ帰ってくるさ。けど、何となく…」
荒也:何となく!?何となくなんだ!
GM:すごいどうでもいいネタなんだけど…
荒也:どんなネタだ!?
嚆矢:こういう時はああ言うんだ、確か。"I have a bad feeling about this."
荒也:ははは。嫌な予感がするってか?
隠瀬院スターウォーズか。
荒也:元ネタは分からんが、意味はわかるぞ!
嚆矢:多分、左遷じゃねーけど、一旦問題のあるチルドレンを動かすつもりなんだろう。多分、VIPか誰かが来るな、これ。
荒也:ああ、つまりテレーズが来るからか。今のタイミングで。「UGNの上の連中は、お前を信用できないらしいが。俺はそんなこと思ってないからな!」
GM:「ありがとう。」肩を抱いてるんですけど、その手でくしゃっと頭を撫でて。
荒也:撫でられます!わー!ちょっとシャフトの話出しても良いですか?
GM:はい。
荒也:嚆矢。シャフトって奴と戦った時の事覚えてるか?
嚆矢:忘れるわけがねーだろ。
荒也:俺は未だに忘れてないからな。お前が、自分ごと撃てって言ったときのこと。で、拗ねます。

f:id:Coboler:20160201000454p:plain

嚆矢:あれはお前が正しかった。そう拗ねるなよ。
荒也:「今のお前なら、どうする?」と聞きたいです。同じ状況になったら。
嚆矢:同じ状況なら、撃てって言うさ。が、お前がやってるんだったら、撃てないかもしれねーな。
荒也:じゃ、その答えが来てちょっと満足して。
GM:荒也なんかの攻撃で死になんかしねーよ、と言って、ほっぺたをつねります。
荒也:ハハハ!引っ張られながら、そのままモゴモゴ言ってますよ。放されて、ほっぺたさすってる。…ラブコメしてしまったな!普通に!後はそうだなー。どうしますか。
GM:というわけで、現代の時間軸に戻りまして。もう1回ごめんなさい。情報収集する人だけ登場してね。シーン的に。

情報収集からのー…

真由紀:さて。また情報収集をやるか。
GM:と言っても、後はアサシンズセルと、これから登場する構成員と、後は元シナリオには無いんですけど、嚆矢君についての項目が浮上します。
荒也:なぜ!?
水無川:えー!?
荒也:それは私が調べたい!
隠瀬院:私それ、やっておきたいです。
荒也:けど、そうだな。隠瀬院さん。
真由紀:緊張するか。
荒也:けど、嚆矢君が、なんで?
隠瀬院:はーい、行きまーす。(ころころ)12!
GM:えーっと。お察しのとおり、派遣先から姿を消したっていう。
荒也:何してんだアイツー!
水無川:え、嚆矢君!?
隠瀬院:マジか?
GM:ちなみに、けっこう遠くです。
荒也:嚆矢君!えぇぇー…。ここは、信じて待つ!
隠瀬院:「何やってんの、あの子!?」というリアクションをしてます。
荒也:後で情報を教えて下さい…。
隠瀬院:えーっと…非常に言いにくいんだが、嚆矢君が派遣先で、行方不明になったそうだ。
真由紀:あー、彼のことは知らねえんだよな、こいつは!
隠瀬院:「リベレーターズ」事件のときに中心人物だった、チルドレンだね。
真由紀:報告書で読んだくらいだねぇ、多分。
雅也:じゃあ、ちらっと荒兄さんを見ます。あー、でも出ると侵食率が上がるなあ…
荒也:侵食率は良いんですよ。どうせ120まで上げるんで(黒星粉砕)。(ころころ)2か。
雅也:じゃあ、登場しときまーす。
荒也:いや、俺はそんなにも心配してないんだがなー。
GM:では、アサシンズセルの構成員について、どうぞー。
荒也:コネがあるから4つ振れるのか。(ころころ)12。
GM:はーい。じゃあ、おのおの構成員について調べてきたということで。
隠瀬院:さっきの変な人のことを知りたいです。
GM:はい。ジェイルブレイカー、電子戦と後方支援を担当する、ブラックドッグのオーヴァード。通常の戦闘能力は皆無。本体さえ見つければ、PC以外のエージェントでも対応可能。
荒也:本体?
雅也:踊ってる本体!
隠瀬院:「なんだ、さっきチャンスだったのか!残念!」まぬけそうに、一人で言ってます。
GM:次、レイジングブル。大型車両を操る、オルクスのオーヴァード。彼の運転する車は、まるで車自体が生きているかのように自由自在に動くという。
雅也コンボイ司令官
GM:すんません。モルフェウスに変えていいですか。
荒也:良いっすよ(笑)
GM:いまいちオルクスって感じ…まあオルクスでもいけるんだけど。
隠瀬院オプティマスプライム
GM:で、最後。名前が思いつかないので、何か良い名前ありますか。スナイパー用のコードネーム思いついた方がおられましたら。
荒也:はー。
隠瀬院:何だろう。アベンジャーズ風に言うと、そこはホークアイだけど。
荒也:じゃあ、ホークアイ
GM:でもそれ、
荒也錬金術師?
GM:って気がするけどまあ良いや。
隠瀬院:まあ確かに。あくまでもホークアイは弓の達人ですからねー。
荒也:スナイパー。シンドロームを教えて下さい。
GM:オルクスと、ノイマンじゃないかな。オルクスの能力で、狙撃しやすいポイントまで移動して、撃つっていう。スナイパーとしては理に適っているんだけど。相手にすると面倒臭いですね。常に一番いいポイントから狙撃してくるんで。
荒也:まあ、こっちには最悪のポイントからでも狙撃できる男がいるから。
水無川:え、ど、どういう意味?
荒也:とりあえず、カッコよく言ってみた。
GM:狙い撃つぜ!
水無川:不利なポイントからも撃てるタイプなんだ…
真由紀:じゃあ情報無くなったな。
雅也:情報無いんで、このままシーンに移って良いですか?
隠瀬院:絡んでおきましょうよ!二人!
雅也:あーでも、テレーズと明日香ちゃんとも絡んでおきたい!
GM:じゃあ、明日香の方から。「何か出来ることはある?」って言う。
雅也:じゃあ、「とりあえず、俺の部屋から服取って来てほしいなぁ。」
水無川:ああ、犬になってるから…
雅也:わんわん。あとバスタオルもね!
荒也:足を拭くやつ。
雅也:部屋の中だと動きにくいわんわん。待ってる間に。俺、新井雅也って言います。君、何て呼んだら良いの?
真由紀:じゃあ、まゆきって読んでください!
雅也:まゆきちゃん?それとも、くん?
真由紀:「お好きなほうで!」にっこり。
雅也:じゃあ、まゆきちゃん!
隠瀬院:それにしても、相変わらず全身ピンク色でフリッフリだね!
真由紀:ということになった!今決まった。
荒也:ピンクでフリフリ!魔法少女か。
真由紀:まあそういうのもあるか!
雅也:俺、イリーガルであんまりこっちには居ないけどさ、ちゃんとUGNの仲間だから、仲良くしようぜー!わんわん!
真由紀:ああ、イリーガルの人なんですか。
雅也:そうそう!普段は高校生やってるんだよ。○×高校って知ってる?
隠瀬院:ハハハ!
荒也:なんて適当な名前にしやがった!(笑)
真由紀:いかにも何か、後から決めます!的な!
隠瀬院:後で決めればいいじゃない!
雅也:だれか、命名表を!
荒也:今日は冒企の本持ってないわ。
真由紀:まあ、それはともかくとして!
隠瀬院:ラブコメ方針が分からないから、絡みにくいにゃー。
真由紀:イリーガルですかぁ。UGNの仕事がけっこう多くて、あんまり学校には行けてなくて。表向きはアイドル活動で通してますけど♪(笑)
雅也:あー!なんかソレっぽいよね!
真由紀:とかなんとか言って、無理やり誤魔化し?
GM:「はいはーい。こちらのサイトからファンクラブに登録できるよー。」と言って、紫紋が…
隠瀬院:ウワーッ!どっから出てきやがったこいつ!
荒也:ディメンションゲートを開くんで、そこに放り込んで良いですか?
GM:はい、どうぞ(笑)
真由紀:ちょっと聞いておきたいな。「こちらの方は?紫紋君だっけ。」ぶっちゃけると、一般人なのか、それとも?
荒也:バカです!
紫紋:イヤですねー。僕はあなたの王子様です!
荒也:放り込もう!
水無川:イエス。
雅也:荒兄!荒兄!ディメンションゲート!
荒也:はいよっ!いつでも放り込め!(笑)
隠瀬院:本当に仲がいいな、君たちは…。
GM:じゃあ、開いて、ポイッと。素晴らしいコンビネーションで、彼は居なくなります。「バイバイキーン!」
隠瀬院:「本当にノリノリだな、この支部は!」半ば呆れながら、ニコニコしています!
雅也:そろそろ明日香ちゃんが戻ってくるかな?
GM:戻って来ました。じゃあ何か、すごい服を持ってきました。
荒也:すごい服!?
雅也:明日香ちゃーん!ありが…あれ!?この服どこから持ってきたの!?
真由紀:あいつのような、すごい服か!
明日香:クローゼットに入ってた。雅也の。
真由紀:誰かが仕込んでいたらしい。
雅也:え!?えーっと…
GM:洗濯して間違えたのかもしれないですし…
隠瀬院:その服に見覚えはないですよね!?
GM:ないと思う。でも、買おうと思って迷った1着かもしれない。(笑)
隠瀬院:高くて買えないんじゃないですか、高校生には…。
水無川:とりあえず、どうしよう…
雅也:明日香ちゃん。とりあえず、バスタオルもらえる?
GM:はいと言って、渡してくれる。えーっとねー。「ちょっとだけ抱きついてもいい?」
雅也:ああ、どうぞどうぞー。
GM:モフります。
雅也:モフりますか!じゃあ、胸毛のあたりがモフモフなんで!触っていいよー!(笑)首のへんがいいよー!
GM:じゃあ、ぽりぽりする。

f:id:Coboler:20160203233048p:plain

雅也:明日香ちゃん、動物好きなのかなぁ~。と思っておきます!(笑)
GM:これ、自分の毛に手を触れさせるって感じだよね!(笑)
真由紀:ていうか、獣と人じゃ羞恥の感じ方が違うと思う…。
荒也:良いんだよ、良いんだよそんな感じで!
隠瀬院:じゃあ、そこに空気を読まずに。「雅也君!これ、買ったら上下で3万円くらいすると思うから、着といた方が良いと思うよー!」
一同:(笑)
水無川:先生いつの間にそんな!
隠瀬院:詳しいんですよ、無駄に。
荒也:お前はそんな服しか買ってないのか!(笑)
雅也:じゃあ、素早く、足りない脳みそで計算します!「じゃあ、2万円で売りますから、いかがですか隠瀬院さん!?」
隠瀬院:いやー良いわ!!(笑)
GM:出所が分からないから怖すぎる(笑)
荒也:誰かがモルフェウスで作った可能性もありますしね…。
隠瀬院KERAとか読みながら作ったんですよ、きっと…。(笑)
真由紀:まあまあ良いじゃありませんか。とりあえず、着たらどうです?
雅也:じゃあ、明日香ちゃん、ちょっと…えーっと…
真由紀GM。テクスチャーチェンジ、他人の服だけど出来ますかね。
GM:まあ、出来てもいいですよ。
真由紀:じゃあ、エフェクトを使って、見かけが変わる!
荒也:見かけが変わった!
雅也:じゃあ、頭の上にバスタオルを載せて。完全獣化を解きます!そしたら見えない!
GM:これが、裸タオルというやつか…(笑)
雅也:ウェ~イ!
荒也:服を着ろ服を!
GM:カメラ目線で!(笑)
真由紀:裸タオルにノリノリです!
隠瀬院:とりあえず、さっさと着替えよう…。
雅也:とりあえず着替えてくるわー。
隠瀬院:緊張感ゼロー!!
荒也:緊張感とは。
雅也:じゃあ、着替えた後に、テレーズと会話してシリアス感出して良いですか?(笑)
GM:余裕なので、みんな(笑)
水無川:余裕は無いはずなんですけど…。
荒也:緊張しててもしょうがないですし。
雅也:じゃあ、居間で着替えました。出て来ました。「明日香ちゃん、ありがとうー!」
GM:彼女は、お茶を淹れに行っております。
雅也:じゃあ、テレーズに話しかけます。「テレーズ、大丈夫?今の状況とか、緊張してない?」
テレーズ:いえ、あなたたちを見てたら、緊張とかどこかへ飛んで行ったわ(笑)
真由紀:そりゃあそうだろうな(笑)
水無川:ていうか何かと脱ぎますよね、この卓…。
テレーズ:良い支部よね。
雅也:だいたい毎日こんな感じだから、楽しくやってるよー。
水無川:こんなんじゃない!!いつもこんなんじゃないーはずぅぅぅ!!
隠瀬院:内心この人たちと一緒にして欲しくない!!と思ってますが黙ってます!
荒也:いつもこんなんだと思ってます!
GM:なんだろう。すごくアレなこと言いたくなってきた。「チップはどこに刺せばいいのかしら。」とか(笑)
真由紀:ダメじゃああ!!それは言ってはダメだぁ!!
隠瀬院:そんな言葉は聞きたくなかったぁ!
GM:15歳の女の子が(笑)さすがに今のセリフは無かった方向で!
雅也:(笑)「テレーズ、このミッションの成功確率ってどのくらい?」って気軽に聞きます。
テレーズ:分からないわ。まあ、100&じゃないと、私が死ぬんだけど。
雅也:ああ、まあそうか…。「100%じゃないと、俺たちも何かなっちゃう可能性もあるのかー。俺、死ぬの嫌だなぁ。」
荒也:な、何て気楽な!
雅也:死ぬの怖いよ!
GM:てなところで、トリガーイベント的なものを発生させたいところなんですけれど。N市支部の機能が、ジェイルブレイカーによって奪われるシーンなんて言われるんですけど。すみません。工務店ですよね?(笑)
水無川:工務店です!
GM:迎撃用の装備とかあるんですか?
荒也:あるのかなぁ?
隠瀬院:無いと思う。あ、分かった!停電するで良いじゃないですか?
荒也:ハハハ!(笑)
GM:なので、ジェイルブレイカー、あまりにも貧弱な装備すぎて、別の意味で手に余りすぎたので、都市機能をジャックし始めます!(笑)
雅也:逆に、どうするよ!?って感じかー。
GM:と言う訳で!購入判定、情報収集の判定もできなくなります。
隠瀬院:何だってー。
荒也:ちなみに、停電を解消する方法ってあります?
GM:あります。難易度7の知識:ネットワークの判定を成功させると。
隠瀬院:知識は無いなー。
水無川:無いです。
隠瀬院:平目で振ってみるかー!
荒也:精神8あるんで、成功率は悪くない。(ころころ)9で成功!
GM:二人成功したら、除去できます。
隠瀬院:みんな振ってー!(ころころ)だめでしたー。
水無川:(ころころ)7だ。
GM:はい、じゃあ成功したので、ちょっと場面が入ります。ジェイルブレイカーが、踊りながら、ロリコンソングを歌っておりますが。テレーズたんへの賛歌というか。具体的な内容については各々考えて下さい。
荒也:脳に直結みたいな…。
隠瀬院:あいつはロリコンだ!気を付けろー!(笑)
GM:で、まあ何かそういうことをやっていると、頭上に、黒いゲートが開きまして!そこから何かが落ちてきます。ドシャン。
荒也:あ!変態だ!変態が落ちてくる!
GM:変態が、変態を押しつぶして、「あれ、何がどうなってんの?」っていう状況です。
水無川:(笑)
真由紀:なにそれ!?
GM:ディメンションゲートに放り込まれた変態が、変態の頭の上に落ちてきた。
真由紀:ああ、それはしょうがねーな!
水無川:荒也君グッジョブ!(笑)
GM:で、紫紋から連絡が入って。「ジェイルブレイカー、捕まえたんだけど、これどうしよう?」(笑)
水無川:いつの間にか手柄になってる!
荒也:誰の手柄になるの、この場合(笑)
隠瀬院:弱っ!
GM:そうこうしておりますと。シーン1回切り替わりますよー。

続く…。

BLセッションをするときは、必ずプレイヤーの地雷についてリサーチするんやで。せんかったら死ぬで。(ブログ主からのメッセージ)