読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cobolerのリプレイ置き場

趣味のテープ起こしを活かした、TRPGのリプレイ置き場でございます。

UPされた記事はいつ書き直されてもおかしくない状態で公開されています。 あと、記事を上書きで更新することが多いです

※BL注意「World End Juvenile」 その4

途中、身もふたもないことを口走っていますが。そんな感じで、もうすぐクライマックス。

明日香を探す

GM:はーい。じゃマスターシーン入ります。
荒也:イエーイ!
GM:ぶっちゃけ、防衛隊のミサイルのプロテクトが解除されるシーンであります。
荒也:ワーオ!
GM:薄暗く、埃臭い部屋。モニターには一見、無意味な文字列が表示されているが、迷う様子は微塵もなく、キーボードを打つ与儀。その作業を見守っているのは、コードウェル博士だ。彼らの足元には、防衛隊士官とおぼしき影が転がっているが、ぴくりとも動かない。博士が「なるほど、これでミサイル発射が可能になったということか。」与儀が「ええ、これで政府に圧力をかけることができます。オーヴァードの存在が公表され、世界が動き出す。明日香や嚆矢のような犠牲者を生まなくて済みます。私は今まで、自分のしていることが正しいのかどうか、自信を持てないでいました。」「今まで?これからも、の間違いではないか。君は良心の呵責から、自分のしてきたことから目をそらしたかっただけだ。だが、彼らは違う。」といって、嚆矢たちが出てきます。「どういうことですか!?」騙されているの?博士がメインっぽいんだけどこれ。「今回の計画は、ミサイルの発射をきっかけに、オーヴァードの存在を公表させるということではなかったのですか。」博士は首を振りながら、「君は最後まで、生徒たちが抱えていた思いに気づけなかったようだな。」嚆矢君言います。「先生、甘いよ。オーヴァードの存在を公表したところで、世界は変わらない。それでもあいつらは、俺たちを否定し、必要な時に甘えてくるだけだ。弾頭にはレネゲイドウイルスを詰める予定だ。こいつが空中を爆発すれば、町一つくらいは覚醒させられるだろうさ。20年前の再現ってやつだ。アンタも結局、向こう側の人間だったな、ティーチャー。」といって、与儀を殺害しちゃうんですよなあ。
雅也:うわー、与儀さん死んじゃった。
荒也:ティーチャー。甘すぎじゃなかったけど。多分。
GM:良い人はいい人だったっぽい。でもまあ、調整は色々していたわけだし。で、明日香の方は、その行為をびっくりして見ていて、「なんで、なんで与儀を殺したの。一体、何人殺さなくちゃいけないの。誰もが笑って暮らせる世界を作るんでしょう。違うの、嚆矢。答えて。」で、嚆矢は問いには答えず、明日香は、研究所から飛び出していきます。「嚆矢は携帯を取り出し、連絡を取り始める。「俺だ。明日香が逃げた。面倒だから、処理しておけ。」携帯を閉じまして、「何人殺すかって?世界が目を覚ますまで。何人でも。…たとえ、荒矢が相手でも。」
荒也:うーん…
GM: で、与儀の研究室に君たちが来たんですけど。という所でシーン始めます。シーンプレイヤーはPC4って書いてあるから、一応こっち。
隠瀬院:私か。はい。(ころころ)まあ、そんな感じでいっちゃいましょう。
GM:じゃあ、与儀の研究室に君たちが向かうと、血だまりの中で、倒れている与儀さんを発見します。
雅也:ギャーッス!
水無川:与儀さーん!
GM:何とここに、コードウェル博士が居りまして!
隠瀬院:何だって!?
荒也:帰ってねぇ!!ビビりますわ!
GM:その遺体を、まるでつまらないものを見るかのように見下ろしております。
隠瀬院:この状況で、あなたは…何をしていらっしゃるんですか!?
GM:まあ、ぶっちゃけ逃げそびれただけなんだが。(笑)「UGNの者だな。与儀はこの通りだ。もう間に合わん。彼は自らの手で、人形を作りだしていたことに、深い後悔の念を抱いていた。ミサイルによる威力外交で、世界にオーヴァードの存在を認めさせる。そうすれば、犠牲になるチルドレンも居なくなる。と彼は考えていたらしい。だからだろう。子供たちの考えとずれてしまったのは。桐生 嚆矢はミサイルの発射をためらうことは無い。社会から疎外されたがゆえに、その憎しみは非常に大きい。彼の復讐には、正当性がある。」
隠瀬院:うう…
GM:急ぎ給え。「世界の終焉を求める少年たちの物語」と書いてWorld End Juvenileと読む!!
隠瀬院:これがダブルクロス邪気眼パワーです!
雅也:ウッ、右目が!!
GM:言いたい事だけ言って、博士はアデューしていきます。普通に帰って行くから、何かお話ししたいんだったら、良いっちゃ良い。気もするけど。
隠瀬院:「くそーっ!急がなけりゃいけないシチュエーションで出てきやがってー!色々質問したいこととか有ったのに!!」走って逃げていく隠瀬院であった。
荒也:まあ、ここで出てきても勝てないですしねえ。
隠瀬院:勝てない。FHエージェントが絶対に居る!危ないから逃げる!
GM:戦うっていう選択肢をしたら、GMが一番困る。
隠瀬院:とっ、とりあえず、与儀が殺されたってことで、別の部屋に居たみんなに伝えます。「もうすでに、嚆矢はミサイル基地に向かって、ミサイルを強奪したに違いない。すぐに向かわないと、大変なことになる。あと、白銀 明日香が行方不明だそうだ!」
雅也:うぇぇ!?
隠瀬院:うちの猫が探しているけど、どうにかなるかなぁぁっ!?はーはー。
雅也:俺探す!俺探すよ!
荒也:「嚆矢!何してるんだあいつは!!」とりあえず、明日香探します?
水無川:とりあえず、PCで、何か探せるかなぁ…
GM:えーっと、嚆矢の方から、明日香を探して殺せっていう話が。来るんですけど。シーンプレイヤーそちらに回しまして。
雅也:はい。(ころころ)9!もう80%まで上がってますが。
嚆矢:雅也か?
雅也:どうしたの?
嚆矢:明日香が逃げ出した。
雅也:は!?また、何で!?
嚆矢:俺たちを裏切った。探し出して、見つけたら、殺してくれ。
雅也:良く分からないけど、どこに向かっていったとか、そういう情報は無いの?
嚆矢:えーっと、町からは出はしないだろう。
雅也:じゃあ、そこらへんの、明日香と仲良かったやつらに声かけて、どこに行きそうか聞いてから行くわ。そっちのことは、俺に全部任せてくれ!そっちも何かあるんだろ?
嚆矢:良いだろう。取り込み中だから、そうしてくれ。
雅也:うん分かった。それじゃあな。ぷちっ。ヨシッ!
荒也:明日香、やばい!
雅也:明日香やばい!でも、こっちの方に一任されているんだったら、情報は操りやすい。
GM:そんな感じで、路地にうずくまっている明日香を発見してください。
雅也:リベレーターズの他のメンバーに、直通の電話を使って、言う。「明日香を探すぞ!」
GM:と言う訳で、難易度12の知覚か、情報:N市の判定をお願いします。なので、射撃系が強い!
隠瀬院:支部長!とりあえず、10個振って下さい!
GM:あと今の侵食率ボーナスをプラスしてください。
水無川:(ころころ)13。
GM:では見つけることができました。
荒也:急いで弟に電話します。「雅也!明日香ちゃんが居たぞ!」
雅也:ありがとう!荒兄!
水無川:衰弱とかは大丈夫?
GM:衰弱しており、保護したとたん、気を失ってしまう。
隠瀬院:癒しの水~!
水無川:病院!
GM:リベレーターズの少年たちも見つけまして。「雅也、よく見つけたな!」と言って、武器に手をやりますが…まあ、殴って終わりで良いですよ。
雅也:「あー、うーん。ゴメンな?」(笑)多分、自由を謳歌してたやつらなんで。他の奴らには、「あっちの方で見つかったぞ!」って情報をかく乱しておきます。「明日香ちゃん大丈夫かー!」
荒也:とりあえず病院へ!

約束

GM:病院に連れてきました。場所が変わりますよ。シーンプレイヤーPC1に変わりまして。
雅也:(ころころ)1。
GM:UGN傘下の病院です。霧谷が現在の状況を解説してくれます。嚆矢の行方と、ミサイルの隠し場所は、UGNが捜索しているんですが、現状は一向に見つかっておりません。しばらくすると、明日香が目を覚まします。
雅也:おはよー。
GM:ベッドの上には、治療の後が痛々しい明日香が横たわっております。相変わらずその表情に変化はないが、どこかもの悲しくも見える。と言う訳ですが。「やはり、防衛隊のミサイルが奪われたようです。訓練を受けたチルドレンの襲撃ですから、防衛隊の危機管理能力を問うのは酷というものでしょう。発射位置が特定できれば、対処もできるのですが…」で、目を覚ました明日香が。「コードウェル博士が与儀に言っていた。人形ばかり作ってきて、何かを成したつもりになっていたのかって。与儀もきっと辛かったんだと思う。与儀は殺された。嚆矢が防衛隊のミサイルを乗っ取って、この町に向けて発射するって。私は、防衛隊士官からコードを読みとったせいなの。それが、私の能力。手を触れると、いろんなことが分かる。相手の考えていることとか。あとは鍵になる言葉だとか。IDカードとか。」
雅也:あらっ…
隠瀬院:ユーIDカード持ってる!
荒也:持ってます!
GM:という話をします…。
雅也:次の目標は、ミサイルの発射地点か…。
荒也:まあミサイルの情報は欲しいので、IDカードを持ってきます。登場します。
GM:明日香とお話しします?
雅也:はい。「なんか、すごい悲しいことがあったみたいだね。」って慰めます
GM:じゃあ、少し頷きます。
雅也:「それは、嚆矢のこと?それとも与儀さんのこと?それとも、今の自分のこと?」って一つづつ訊いて行きます。
GM:嚆矢のこと。って答えます。
雅也:「そっかぁ。嚆矢のこと大好きだったもんなぁ。」と頭を撫でます。どういう感情を抱いていたのかなぁ。
荒也:信頼?尊敬、崇拝。自分たちを救ってくれるっていう。
雅也:感情が未発達なら、「好き」でひとくくりにした方が良いかなぁ。ふわっと。
GM:何て返そう。久しぶりに困った。
雅也:じゃあ、泣くだけでも良いですよ。なぐさめますんで。
水無川コミュ力ある子はすごいなぁ。
GM:じゃあ、「うん、好きだよ。」と答えます。「だから、嚆矢が血を流し続けるのが、つらい。」
雅也:じゃあ、君は今どうしたい?
明日香:彼を止めたいけど、私には…嚆矢は強いもん。
雅也:「強いのか。なーるほど。強いのか。1,2を争ってたもんな。…それが、君がいまやりたい事なら、俺が手伝うよ。約束したろ。君がやりたいことは、俺が手伝うって。」手を握ります。
荒也:おおー。良いねえ。
GM:「じゃあ、良いの。」と言って、握り返します。
雅也:「俺、こう見えても強いからさ。あんたの、好きなことや、やりたいことは、全部守ってやるよ!」グッと(サムズアップ)。それでも顔が曇っているようなら、鼻をつまんで。「ホラホラー。笑わないとブサイクに見えるぜー。スマイルスマイルー!」と言ってからかいます。
水無川コミュ力(笑)
荒也:かわいいなぁ。
GM:不器用に笑って、「おねがい雅也。嚆矢を止めて。」
雅也:「おう!じゃあ、ここで待ってろ!」と言って、部屋から出て行きます。はい!フラグ立った!
隠瀬院:上手いなぁ~!

f:id:Coboler:20151209233729p:plain

一同:「オォ~!」拍手
荒也:立った!フラグが立った!で、IDカード渡します。
GM:じゃあ、この後入れ違いに部屋に入ってくる。
荒也:話は聞かせてもらった!というわけで、侵食率上げます。(ころころ)「お前、明日香だったか。」と言って、入っていきますけど。
雅也:あ、これは一緒に居たほうがいいかな!?
隠瀬院:一緒に居た方がいいな!!
雅也:出かける前に、扉を開けたら、「あ、兄貴!荒兄どうしたんだよ。」(笑)
GM:じゃあ、シーンプレイヤーそのままで、そこに入ってくる。
荒也:ですね。「話は聞かせてもらった!」で入って。「さっきのお前の能力だけど…」って話して、ちょっと焦げ付いたIDカードを渡します。「これで、嚆矢の情報を読み取ることはできるか?」
明日香:できると思う。だいぶ溶けてるけど。
雅也:明日香ちゃんに、「こいつ、俺の兄貴。」と紹介します。
荒也:「弟だ。」って言っておきますか。
明日香:よく似てるね。
雅也:似てるだろ。自慢の兄貴なんだぜ!
荒也:自慢の弟だ!(笑)
隠瀬院:仲いいなあ。
水無川:仲いいなあ~
明日香:じゃあ、雅也はお兄さんが好きなんだね。
雅也:おう!大好きだぜ!でもこんな対応は久しぶりだな~。(笑)
荒也:ちょっと照れながら。「へへ。おい、明日香。俺と雅也がいるから、嚆矢だって止めてやる。何があっても、あいつを止めてやる。」で。IDカードをずいっと渡します。
GM:「お願い。」と言って、IDカードを受け取ります。
荒也:じゃあ今のうちに明日香にロイス取っておきますか。ポジティブで約束。
明日香:見えた。嚆矢はN市の廃ビル群にいる。もう時間がないから急いで!
雅也:あぁ…!
隠瀬院:じゃ、そこで。病室で話をしているときに、待合に居ることにしましょう。
荒也:じゃあ、病室を飛び出して、待合に居る二人に声をかけて、
隠瀬院:なんですけどー!いいですか。
GM:シーンをやりたいんじゃないかな。
隠瀬院:そうです!

無茶ぶり

GM:じゃあ、ここでシーン切りますね。シーンプレイヤーはそちらに回しまして。
隠瀬院:はい!(ころころ)1点だった!全然上がらない!
水無川:(ころころ)6。
隠瀬院:えーっと。なんか無理やりになるんですけど。支部長疲れて寝てました。並んで座ってました。だんだんこっちによりかかってきました。最終的にこうなりました。で良いですか?

f:id:Coboler:20151209233832p:plain

水無川:(笑)
隠瀬院:膝枕~!
GM:色々酷いとしか言いようがない!
水無川:りべれーたーが…みさいるが~…(寝言)
隠瀬院:だいぶ疲れてるなあ、こいつ…で、ニコニコしながら見守ってます。
水無川:まだ…まだあきらめちゃいけない~ぼくはしにましぇ~ん!(笑)

f:id:Coboler:20151209233706p:plain

隠瀬院:めちゃくちゃだぁぁ~!(笑)
雅也:支部長頑張れ!(笑)
GM:マスター死んでます。
隠瀬院101回目のプロポーズみたいな夢見てるなこの子!(笑)
水無川:みさいるはそししなきゃ~…
GM:頑張った!頑張った!!書いたヤツが悪い!!
雅也:キャー!支部長さーん!
水無川:(笑)
隠瀬院:ありがとうございます!(←この札を書いた張本人)
水無川:まけるわけにはいかんのじゃぁぁ~!
GM:良い話になるはずが、こんな流れになるとは思わなかった!(笑)
隠瀬院:よくわかんないけど、やっぱこの子かわいいなぁ。ニコニコ。
GM:かわいかったら良いのか!?
隠瀬院:滅茶苦茶うなされてるけど、何か面白いから見とこ!(笑)
水無川:しにきれんのじゃぁ~!みさいるじゃぁ~!(笑)
隠瀬院:じゃあ、ここで二人が飛び出てきて、急ごう!ってことになったって事で。
雅也:二人して登板!
水無川:ファァァッ!!(笑)えー、えーっと、えーっと。お話し終わった?
雅也:支部長ー!大変っすよー!
水無川:ごめん、寝ちゃった!!
隠瀬院:「ヨーシ行くぞ!」肩を組んで!(笑)
GM:ってな所で、次回クライマックスになりますー。
水無川:(笑)
隠瀬院:無茶苦茶やりまくりましたね!
GM:見てて面白いは面白いね(笑)ただ、「面白い」が求めてる方向じゃない気が、若干しなくもないんだが(笑)
雅也:ベクトルが違うだけですよ!
GM:もー、ラブコメばっかりになってるじゃーん。一部を除いて!
雅也:シリアス担当!
水無川:シリアス担当~!シリアスを一身に背負ってる!
隠瀬院:頑張って~!
荒也:え、何かあったんですか。(何かで離席していた荒也が戻ってくる)
GM:隠瀬院の無茶ぶりでした。
隠瀬院:はい、すみません!

クライマックスフェイズ

GM:では次クライマックスになります。皆さん自分の駒を用意してください。今更NGワードを引くやつも居ないと思うんで。
隠瀬院:公開してもらっていいですか?
GMNGワードは「やらないか」と「アッー!」でした。
水無川:やっぱり!(笑)
隠瀬院:そういう系だったのか。でも、そこまでさすがに持ち込めなかったですねぇ。
GM:持ち込んでもらっても困る!
雅也:「やらないか」と「ウホッ!」だと思ってた。(笑)
荒也:(コンベンションの閉会式まで)あと30分あるし何とかなりますよね。
雅也:ていうか質問なんですけど…嚆矢くん、ジャーム化してません?
荒也:ああ…嫌だよね。ジャーム同士でロイス保つメリットってあるんですかね?
雅也:それを実験中なんですよね。
隠瀬院:なんか、説得を聞かなくなってくると、怪しいですよね。
雅也:洗脳されてるだけなら、ワンパンで何とかなるんですけど。
荒也:ワンパンで、抱きしめて。こっちに連れ戻すっていう。ジャームと普通の人間で何が違うかっていうと、見た目とかが変わらないっていうのもあるので。
雅也:まあ、荒兄のやりたいようにやってください。多分、雅也君は頑張って守ってくれますよ。
荒也:ありがとうございます!いざとなったら、ディメンションゲートで二人で逃避行するんで。
隠瀬院:(笑)
荒也:だめだ、本格的に、BLになっとる。
隠瀬院:そこは純愛ですよ!

ルルブにも載っているけど、エンゲージ配置の写真を撮って頂きました。写真奥側から、ミサイル、嚆矢、リベレーターズ戦闘員、PC。

f:id:Coboler:20151210101315j:plain

雅也:よし、始めましょう!
GM:これが、阻止限界点になりまーす。PCこれね。
雅也:あ、すごい遅い…。大丈夫かな。
荒也:リベレーターズが1こ色が違うのが怖い…。
GM:あ、これは単に同じ色が無かっただけ。
荒也:あれが嚆矢なのか。あ、私黒の鉄槌をあいつに直接撃てるのか!
GM:シーン始めます。侵食率上げて下さい。場所は、N市郊外の廃ビル群。嚆矢達は誰にも見つかることなく、ワーディングで堂々とミサイルを運んでいるけど…さあこれ。オーヴァードには見つかるんじゃねえの?
一同:見つかりますね!
GM:まあいいや。君たちがやってくると、ちょうどミサイルが発射される所に鉢合わせになりまーす。ミサイルは3発。ミサイルは移動のみを行い、阻止限界点を超えるとN市に落ちる。ミサイルが落ちたら、シナリオは終了となる。ミサイルを全て破壊すると、敵が生きていても、戦闘は終了となる。なので、ミサイルだけ破壊してしまっても、それはそれで。阻止限界点に到達する前に、嚆矢とリベレーターズを倒すことができれば、解除コードを入力して、ミサイルの着弾を阻止できます。なお、ミサイルを破壊しても、レネゲイドウイルスが漏れて散布されることは無いです。という所で、明け方も近い。N市廃ビル群の中、その場には似つかわしくないミサイルが…どこだったら似つかわしいんだろう。
隠瀬院:そりゃあ、軍事パレードとかでしょう。
GM:そういう話?基地とか?ビル群の中に屹立していた。嚆矢が、君たちの気配にゆっくりと振り返るが、驚いた様子もない。むしろ嚆矢は微笑さえ浮かべている。
雅也:わあ。
GM:君たちに気が付いて、「まさか街中にミサイルを運び込むとは思わないだろ?意外な盲点ってやつさ。じきに、審判のラッパが鳴り響く。N市だけじゃない。世界中に緊張が走り、そこから生じる精神的、肉体的ストレスは、全世界的にオーヴァードの覚醒を促すだろう。博士の予測が正しければ、人類の半分が目覚めるだろう。そして、オーヴァード、俺たちを認めざるを得ない世界がやって来る。これまで俺たちの心を殺して、のうのうと生き延びてきたやつらへの審判だよ。さあ、止められるものなら止めてみろ。人に生きる価値があるというのなら、その手で証明してみせろ。」
一同:おー!
隠瀬院:って、何か違くない?(笑)
荒也:なんか違うなあ。(笑)
GM:まあ、やる気だってことで。
隠瀬院:そんなことはさせないぞっ!
荒也:お前は神にでもなったつもりか!?
嚆矢:良いのか荒也。力を持って生まれてしまったというだけで、死ぬまで他人に奉仕する生き方でも。…いやお前は良いって言うんだろうな。
荒也:「単純に良いって言う理由はないさ。ただ、俺にだって譲れないものがある。俺は神になろうって気は無いんでな。」さっき終末のラッパがどうのって言ってたんで。「俺は俺だよ。どこまで行っても俺は荒也だ。お前が名付けてくれた、荒也だ。そうだろう、嚆矢!」嚆矢の名前に反応することを祈る。
嚆矢:お前は荒也として、人の盾として死ぬが良い。
荒也:ヒィー。やっぱジャーム化しとるー。
雅也:聞く気ナッスィング。
GM:Eロイスデータが無いので、今から搭載する構え。
隠瀬院:やめて下さい。
GM:白兵でミサイル殴ろうと思ったら、30メートルあるんだよなぁ!
荒也:でも、黒の鉄槌は範囲:視界なので。行けます!あと、灰色の庭で、対象の行動値が下げられるんですけど。
GM:ミサイルは行動値0です!嚆矢のイニシアチブが8です。
荒也:8!?まじで!?
GM:そんなに強いデータではないので!ていうかあの、初期データで相手するような敵なんで!
隠瀬院:じゃあなんで100点もくれたんですか。
GM:そりゃあ、フレーバー性と、若干のアレと。
荒也:若干とは…。灰色の庭使ってほしいヤツいます?9点下がるんですけど。
隠瀬院:そりゃあ、この辺…だって、3でしょう?
雅也:3でーす!
GM:えーっと、支部長は行動値が26…26ぅ!?

f:id:Coboler:20151211001308j:plain

何となくセッションログシートを貼っておこう。

隠瀬院:すげぇ!!
水無川:(笑)
荒也:あ、待って。セットアップで灰色の庭使っておきたいです。
GM:どうぞー。
荒也:じゃあ、嚆矢に灰色の庭使います!行動値-9です。お前、遅くなれー!
GM:一応、バイタルアップだけは持たせておこう。なので、セットアップでバイタルアップします。HPがちょっと増え…10点しか増えねぇよ!!(笑)
荒也:地味ー!
GM:UGNストライクハウンドの行動値は17~。NPCのくせに速い!というわけで、26どうぞ!
雅也:わー速ーい。
水無川:セットアップで光の銃、メジャーでコンセントレイト・エンジェルハイロゥ、小さな塵、主の右腕、スキルフォーカス。
GM:どこ殴ります?今の侵食値だとマスビジョンが使えないですが。ジェネシフトはしない?
水無川:嚆矢を狙います。
隠瀬院:射線が通ってるから撃てるのか。あ、セットアップで扇動の香り使うの忘れてた。この赤いのに使ったってことで。
水無川:(ころころ)27。
GM:10しか無いんで当たりで。
水無川:(ころころ)34!
GM:はーい。けっこう痛い。次の方どうぞ。俺だよ。トループが殴りますよ。(ころころ)PC4に18。
隠瀬院:はい。避けられるかな~。(ころころ)だめでした。
GM:19点ダメージ。
隠瀬院:すごい服の装甲が1点あって良かった。18ですね。
GM:次はPC3。11点。肉体のダイスと、侵食率ボーナスで、素振り。
水無川:(ころころ)。当たった!
GM:22点ダメージで。
水無川:ウワーッ!ひん死!(笑)
GM:普通は死んでるんだけどな!あのタイトな構成なら!(笑)それではPC1。かわされそうだな。12です。
雅也:10個振りまーす!(ころころ)19!
GM:かわされました。
雅也:お前ら!俺の速さ見てるだろ!(笑)
GM:「逃げ足だけかよ!」って言ってます。で、逃げ足だけじゃない所を見せてやってください。
雅也:はーい!行ってら!
GM:次は荒也か。
荒也:どうしよう。嚆矢を攻撃したいんだけど。このままジェネシフトして、黒星粉砕をお見舞いしようかと迷ってます。
GM:あれメジャーでしょ?普通にやっても良いんじゃない?
荒也:ロマンだからやりたいんですよー。まあ普通に殴りましょう。コンセントレイト・バロール。黒の鉄槌、黒星の門、暗黒の槍。HPが5点減ってー、ダイス13個でーす!(ころころ)こういう時に限って出目が振るわねぇ!
隠瀬院:あ、妖精の手要りますか?
荒也:良いです?じゃあ、(ころころ)42!
GM:当たりです。ダメージ下さい。
荒也:てことは5d+10!(ころころ)37!暗黒の槍が乗るので、装甲無視です!
GM:はい。結構痛い。すぐ落ちそうだなぁ。次が、7。
隠瀬院:おっけーです。すごい服アニマルアタックか…いや、嚆矢に抗いがたき言葉か。超かわいそう。
GM:良いもん、かわせばいいんだもん!
荒也:超タコ殴り!
水無川:1ターンでガンガンやられてる…。
隠瀬院:そう簡単には避けられませんよ~!せーの。コンセントレイト・ソラリス。抗いがたき言葉。(ころころ)37!
GM:当たったな…。直撃です。ダメージは無いんですよね。
隠瀬院:とりあえず抗いがたき言葉。ダイスペナルティ5。
GM:シーン中ね。シーン変えて良い?(笑)
隠瀬院:いやいやいやいや!(笑)
荒也:どういうことやねん(笑)
GM:と言う訳で、お待たせしましたPC1。
雅也:はーい!完全獣化と破壊の爪使います!
GM:侵食率がまず上がります。肉体の能力が上がって、素手のデータが変更されますよ。前は封鎖されているので、移動できてもザコの所までですが。
雅也:まあ、前に出てるやつらをぶん殴ればいいんですよね。
GM:まあ、そうですね。
雅也:じゃあ、獅子奮迅使って、範囲攻撃で。えーっと。破壊の爪の攻撃力が10ですね。完全獣化で、ダイスが+5。
荒也:あと、後+1でクリティカルすることがあったら言ってくださいね。クロノトリガーがあるんで。
GM:多分ザコだから、普通に死ぬぜこれ。HPは40。装甲無視だから意味がない。
雅也:とりあえず15個振ります!(ころころ)24か。

コンベンションの閉会式が迫る中、色々あった。要するに、いざダメージ出したら低かったので、妖精の手を使った扱いにして、ここで振り直しをした。

雅也:(ころころ)あっ回った。(ころころ)36!
GM:4d10+13か!
雅也:(ころころ)あっ!
GM:39か!1点残ってしまった。残念でした…。
荒也:ざんねーん。あ、でもこいつ扇動を食らってるので、
GM:えー、じゃあ5d振ってください。
隠瀬院:忘れてましたね…。
雅也:(ころころ)
GM:落ちました。
雅也:イェーイ!「逃げ足だけじゃないだろ!」(笑)
隠瀬院:はたして(笑)
GM:「確かに逃げ足だけじゃなかったな。だがツメが甘かったな!俺たちはまだ動いてる!」僕の心臓まだ生きてる!(笑)えーっというわけで、嚆矢が動きます!…えっ!?
荒也:どうしました?
GM:お前それは…だめだろう…そのエンゲージはだめだろう!白兵キャラだから寄るしかない!雅也が来てるから、ザコが居るエンゲージが前線になってて、前に進めない。だから、範囲攻撃に巻き込まれるだけな気がする…(笑)ダイス振っていいですか?そこ相手に。
荒也:ごめんな弟!(笑)
雅也:いいんだよ荒兄!
水無川:だれがこうなることを予想できただろうか…。
隠瀬院:PC2も白兵になれば良かった!今更ですね!
荒也:ですな!
GM:32と言って、当たりかけているので、回避よろしく。
隠瀬院:あ、じゃあここで、支配の領域。
GM:そんなのもあったな!?これは、かわされた気がする。
雅也リフレックスも使って切り払い良いですかー。12個で、行きまーす。(ころころ)45!「な!言ったろ!?俺は速いって!」
GM:カッチーン!凄いなぁ!
雅也:止まって見えるぜー!
GM:マスター今まで衝動判定振らせて無かったこと忘れてた、でももう良い(笑)えー、クリンナップ。セットアップ。
荒也:灰色の庭しときますよー。
隠瀬院:セットアップ扇動の香りー。今度は、嚆矢に!今のターンで全部倒してくれ!
GM:じゃあ、一番速い人から。
水無川:それじゃあ、さっきの繰り返しで。
隠瀬院:やっちゃって下さい!支部長!
荒也:負けるな支部長ー!
雅也:支部長の、ちょっといいとこ見てみたい!
荒也:それイッキ!イッキ!
水無川:えーっと。

ゲーッ!何でここで録音終わってんの!まあとりあえず、延長戦の録音はちゃんと残ってるんで!続く!ゴメンよ~!多分運営から終了コールがあったんだ。それで一旦録音切ったら、実はセッション続行してたとかそんなパターンですわ、もう覚えてないけど(汗)。次いきなり戦闘終了してます。みんな、申し訳ない。もう誰がとどめ刺したとか覚えてないので、ミクシとかで教えてください。申し訳ありません…。このポンコツスマホの動作が遅いせいかもしれないから(多分)来年こそは機種変更しますぅぅぅ!

BLセッションをするときは、必ずプレイヤーの地雷についてリサーチするんやで。せんかったら死ぬで。(ブログ主からのメッセージ)