読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cobolerのリプレイ置き場

趣味のテープ起こしを活かした、TRPGのリプレイ置き場でございます。

UPされた記事はいつ書き直されてもおかしくない状態で公開されています。 あと、記事を上書きで更新することが多いです

「とらい∵願」 その3

ミドルフェイズ中です。ここからはまたラブコメに戻ります。

猫の家来

時那:さっきのはどうなったんですかね?
ミズク:ああ、芦屋とどうなったってこと?戦ってみたら、思いのほか強かったので逃げた!っていう感じですよね。
時那:ああ、そうか。結局逃げたで良いんですよね。
GM:基本的には。
ミズク:こりゃヤバイわー。ていうか生徒を手伝えよ。(笑)
GM:ていうかラブコメの方も進めてみるか。じゃ、PC2に戻して。
ミズク:わし?別に良いですけど。そろそろこの酷い本体が出てくるのかな?どうかな?
GM:猫を持って行って、食べればいいんじゃないかな。
ミズク:待てや!食べねーよ!
GM:ねえ所ジョージ。猫好きの…アルフか!
:ああ~、アルフ。
時那:思い出した!所ジョージ声でしたね!
GM:という訳で、エサを持っていけばいいと思うよ。
ミズク:どうしよう?って事で猫を持ってくるってことですね。
:ああ、うん…エサって言われると持っていくことに抵抗があるけど、プレイヤー的に…。(笑)
ミズク:俺は食わないよ猫なんか!(笑)
:まあとりあえず…。
ミズク:しょうがないんですよねぇ。
:登場すればいいんですよね。(ころころ)
GM:先が見える。猫が化け物に気が付いて、シャーッ!ってなるんだけど、3秒くらいやって、シューン…となって、てててって傍まで行って、ゴロンと転がる。(笑)おなか見せる!
ミズク:じゃあ、分身が出てくるよ。(ころころ)はい。じゃあ8点も上がったぜイエイ。侵食率70%(笑)
時那:あ、さっきの情報収集で、芦屋の顔も分かったってことで良いですか?
GM:良いですよ。だから、逃げながら気が付いた。
:じゃあ、一方そのころ。びしょ濡れになりながら、猫が入った段ボールを抱えて、神社まで戻るわけですね私は。
ミズク:寺ですよ。そうだなー。来るといったので、昔のように、山門のところで、そわそわしている!?(笑)
GM:じゃあ、お土産だと言って。
ミズク:いや、猫渡されてもなぁ…。
:じゃあ、登場して。えーっと…別れてそうそうにこんな事頼むのはあれなんだけど…この子の面倒を見てくれない?で、段ボールをそっと置きます。
ミズク:ああ、まあ分かるんだが…困るな。多分、袈裟を着てるから、寺の人間だと思われてるんだけど(笑)困ったなあ。
GM:次に来る口実にもなるしね!(笑)受け取ると、また来てくれるかもしれないよ!
時那:猫には見えてるんですか?分身は。
GM:しぎゃー!しぎゃー!といって暴れはじめるんだけど、やっぱり、以下その流れ。コロン…。ダメ。この何かには勝てない。(笑)
ミズク:あー…困ったな。という顔をしてるんだけど…うううーん。仕方ないなあ、こういう時は、伝家の宝刀。寺の床下にかくまうということで。(笑)
GM:まあ、そうなるよな。後は、山の色々な何かを。
ミズク:ため息をついて。「仕方ないのう。」
:ありがとう!助かるよ!ふう…
ミズク:善行を積むことは、仏の道にも通じることじゃ。仏の道は人の道。
:いやぁ~…どうにも、こういうの見ると放っておけなくて。
時那:それ以前に、とんでもない目に遭ったことは報告して下さいよ。変なおっさんが銃を持ってっていうの!
GM:そういうのは、警察案件だと思われる。まあ、ワーディングしたんならUGN案件か。
:だって、そういうのは、UGNが何とかするよ。
ミズク:どうしよう。ここらへんで台無しにすべきか…と思う。
GM:行きますか!?
ミズク:どうしようかなぁ。でも、ここで行かないと、私の本体が出てくるのがクライマックス位になってしまって。こう、面白いシーンをやる暇がない。(笑)こう言おうと思うんです。「この猫を引き受ける代わりに、代わりにわしの頼みを聞いてくれんか。」と言って、取引を持ち掛けたいんですが、どうでしょうか。
GM:ほう!ここで自由になる。ここで自由になると、俺が用意してる面白シーンがひとつ減るよ!
ミズク:え!?そうなの!?(笑)ダメ!?抜くかどうかは本人の判断なので!
GM:ああ、それで。
:こっちとしては、別に良いんだけど。そういう風に言われたら、何の疑いも無く、良いよって言うよ。
ミズク:「じゃあ、ちょっとこちらに来てくれんか。」と言って、寺の裏手にある大きな桜の木の下に彼を誘導します。
GM:どんな感じです?
ミズク:そうですね。そんな感じですよ。犬夜叉みたいな感じですよ。木がありまして、そこに、目の前で案内してくれた女性と同じ顔をした、人間が刀に貫かれた状態で、桜の木にはりつけになっています。という状況なんだが!(笑)
:おぅ!えーと…そうだな。只者じゃないと思っていたけど…これは一体どういうことだい?
ミズク:そう言うとですね。分身がふっと消えて、本体の方がカッと目を開きます。おどろおどろしい声でこう言います。「我は大妖怪、金毛白面九尾の狐と呼ばれた存在。そこな原住民!わが身を縛るこの忌々しい刀を、抜きなさい。」
:んー…と…抜くのは別にいいんだけど。…何があってこんなことになっているの?説明はしてもらえるかな?
ミズク:ああ、そうですか。「なあに、さっきも言った通り、我はあやかし。この国で昔、ちょっと好き放題しただけじゃ。国を焼き、人の肉を食らってやったまでのこと。ま、人の子は、無い知恵を絞って、こんな目に遭わせたというわけじゃ。」と答えるかな。偉そうに。
時那:アカンやつや。アカンやつや!
:そうだなぁ…これを抜いたら、猫の面倒は見てくれるんだね?
ミズク:ん?猫の面倒か?そんな事しったことか!自由になった暁には、我は空に舞い上がり、この国の人々を、恐怖のずんどこに突き落とし、思うさまに人の肉を食らってやるわ!
GMツンデレ発言をするんですね。(笑)ツンデレかそれ!?
:どうしよう。でも、見た目がアレなんだよなー。
ミズク:見た目はあれなんですが、おどろおどろしいオーラを出しています。
GM:まさか、そんなことを言うとは思わなかった。(笑)
ミズク:妖怪っぽいムーブを!
GM:したかったか!(笑)
:じゃあ、そう言われると、刀は抜けないなぁ。しょうがない。猫は他を当たるよ。
ミズク:ああ!?そう言って去られるとこう言うしかない。「ああ、待って待って!600年もこんな所に縛られて、退屈して冗談を言っただけなんです!身動きができないから、ワイドショーを見るか、知り合いのfacebookにいいね!をするか、MMOをする位しかないんです!」
GM:アンタ、最悪だ!
時那:ハハハ!!(笑)下手に出てる!課金もできず可愛そうに。(笑)
:ポカンとしているよ。
GM:こんなヒロインがかつて存在しただろうか…。あったかもしれない。
ミズク:最後にこう言いますよ。面の厚い顔をしてこう言いますよ。「という訳で原住民、このかわいそうな私を助けると良いと思いますよ♪」
:んー…(笑)とりあえず、その原住民っていうの、やめてくんない?
ミズク:何を言っているのです。しょせん、あなたはこの未開の保護惑星、地球の人類でしょ。何を隠そうこの私は、銀河連邦所属のウルペクラ星人なんですよ。それに比べれば、どんな未開惑星だろうが、原住民に決まっています。
時那:ポカーンですね。(笑)それは、悪友が持っていたマーとかモーとかいう雑誌のネタだ。電波系だ!(笑)
GM:それを聞いたPC1の気持ちも考えてみたことがあるの!?むしろプレイヤーの!(笑)これどうしよう。
:えーと…。
ミズク:分かりました!猫の面倒はみましょう。その代り、自由になったら、辺り一面を焼き尽くして、人は食います。
:…( ゚Д゚`)
ミズク:まだダメですか!?(笑)
GM:突っ込めない!突っ込むのはPC1の仕事だから突っ込めない!(笑)
ミズク:「まだダメですか!?分かりました、しょうがありませんねぇ。かくなる上は、個人的なお礼をしてあげても良いですよ。たとえば、嫌なヤツとか居るでしょう。そいつを殺しちゃうとかですね。あとは、」胸元をチラッと見せて、「それとも、青少年的なお礼でも良いですよ?」と言います。
時那:お、おう…。
:えーっと…。
GM:これに乗れとは、よう言わんな…。(岡山弁で、「とても言えません」の意)
:どうしようコレ…。
時那:えーっと、じゃあそこで介入…は止めよう!うーん!
ミズク:ちょっとな!(笑)
時那:「くそーっ!ケン坊~!」とか言いながら今走ってますよ。
:どうしよう。こんな面白妖怪だとは思わなかった。
GM:だいたい予想はついてましたが。(笑)ラブコメになってはいるのか!?
:コメディではあるな。
時那To Loveるっぽくはなった!
:僕としては、猫の面倒を見てくれるだけで十分なんだけど…。
ミズク:ヨッシャァ!!
GM:やばいな。猫の家来になりつつある。
:ただ、町に迷惑をかけるとかはやめてね。
ミズク:ふう~。そう言うのであれば、町に迷惑をかけるのは止めましょう。あ、もちろん、言葉尻を取って、この町以外を滅ぼすとかは考えていませんからね!(笑)
:ああ、うん、そうだと思ったヨ。(棒)
ミズク:ものすごく信じてませんね!この袈裟が示す通り、600年前に懲りました!
時那:もう、走って逃げたら良いんじゃないかな?一晩考えな?って感じですけど。(笑)
:いや、うん、もう…暴れたら止めればいいっていう軽い考えなんで、それはできるんだけれども…本当に、暴れないよね。
ミズク:ふふ?(笑)
:暴れないよね?
時那:そこで、デートしてくださいって言うんだよ!
ミズク:何でだ!?(笑)こんな面白生物とデートしてもしょうがないだろう!(笑)
:刀を抜いていいのかな、この流れ。
GM:別に俺は構わんよ。根城自体は、ここに変わらんだろうし。ちょっと境内でやりたいことがあったんだ。
ミズク:ああ、そうなの。
:じゃあ、刀を抜くけど。猫の世話と、人に迷惑をかけないこと。
ミズク:分かった。じゃあその2つは約束しよう。どうする!?最後のお礼はどうするんだ!?保留でも構わんぞ!
:じゃ、抜いちゃおう。えいやっと。
GM:顔面を踏みつけて、えいやっと。そんなことされた日には、完全にヒロインの扱いじゃねえ。
:違う違う!(笑)
ミズク:そうですか。一瞬呻き声を上げますが、傷はすぐ治ります。「感謝しますよ、原住民。」
時那:また原住民に戻ってる。
:その言い方はどうにかならないかな…。
ミズク:じゃあ、どう呼べばいいのだ。えーっと。ダーリン?
:いやヤメテヤメテ!なんでいきなりそうなるの!?普通に謙とかで良いんだけど!?
ミズク:分かりました。お前のことは、原住民ケンと呼びましょう。
:だから、原住民は止めれ。
ミズク:…と、そんな面白い会話をしているんですが…。(笑)
GM:むしろ、構ってオーラの方が強いのかな。
時那:強いですね。
GM:じゃあ、シーンを収束して行く方で。
ミズク:じゃあ、猫を高い高いして、クルクル回りながらこう言いますよ。「仕方ないのう!約束だからのう~!可愛がってやるかのう~!可愛いのう~!」クルクル回ってますよ。
GM:猫はわりとぐったりしています。(笑)
時那:ありがち、ありがち!(笑)
ミズク:仕方ない。密林で猫グッズを買って、床下に持ち込まないといけませんねぇ~!
時那:どこからそんなカネが…。
ミズクアフェリエイトで稼いでますよ?(笑)
:じゃ、よろしくね~と言って、帰っていきます。
ミズク:そうか。じゃあ、付いて行きますかね。
GM:くそ…面白いことばっかり…。(笑)
:じゃあ、境内を出たあたりで、ついてこられて居るのを確認して。「あれ、猫は!?」
ミズク:抱えてますよ!
:おお、おう。これからどこへ行くの?
ミズク:久々の自由だからのう。その辺を、ちょろっと散歩に。
:ああ、うん。そう。
ミズク:何か不都合でも?
:え、別に…。僕は帰るよ。
ミズク:そうか。じゃあ、またな。
:またね。
ミズク:付いて行きます。(笑)
GM:このヒロインは全ての想定を外していくな…。プレイヤーとかの…。(笑)どうなるんだろう!?と思いつつ、しばらくストーキングされればいいと思うよ!シーン切ります!むしろ、試合続行不可能って感じ!(笑)
ミズク:いや、寺には帰りますよ。
時那:今の状態は、普通の人にも見えるんですかね?
ミズク:どうなの?
:見えても良いんじゃない。
GM:自由にして下さって良いですよ。シーン続行不可能。

どこにいるの

GM:はい、じゃあそっちのシーン。思いついたシーンがあるんで、やってみましょうか。
時那:はい。(ころころ)さっきから低い目ばかり出るな。ありがたい。
GM:電話がかかってきます。
時那:はい。
GM:発信者は不明。多分公衆電話からでしょう。
時那:あいつからか…。「ハイもしもしぃ~♪」1トーン高い声で。
:時那…?
時那:電話が少々、遠いようですが?(1トーン高い声で)
:どうして…?
時那:ゆずりは。ゆずりは、なの。今どこに居るの。大変な目に遭っているんだったら、何でも相談して。…もしもし~!
:ごめん、許して。帰って!
時那:公衆電話…あの女の子…色々考えて。「ちょ、今からそっちに行く。何が見える!?」と言います。そんな、分かるもんか!?
GM:じゃあ、もう一度、「お願い!」と言って、切られます。
時那:んノォォォォ~~!と言いながら、…どうすればいい!?
GM:情報収集のシーンになりますが、どうしましょう。
時那:してみましょう。今の手がかりで、何を知れと!?っていう感じですけど。
ミズク:問題はですね…この2人は、面白いことをしているだけで、事件にあまり関わってないんですよ…。(笑)
GM:シーンを先に進めないと。あの二人は、ラブコメが終わるまで、事件に関わってこないんで。
時那:あ、ああ…。
ミズク:だって、仕方ないんですよ。何も知らないんで…。なので、こっちに連絡を取るのも自然な流れかと。
GM:ゆずりはについて、調べてみるのは?
時那:そうですね。当然、さっきあった猫と2人のことは気になってますよね。とりあえずは、ゆずりはのことを調べてから。(ころころ)そして、またね。社会で9が出るとかね。
GM:はい。B市での戦闘、金色の体毛をもつ狐と戦闘していたようです。その余波で暴走したみたいですね。
時那:はー。侵食値が下がりきらなかった、みたいな?
GM:エフェクトの結果で暴走した、ですね。
時那:はあ。
GM:戦闘の様子は監視カメラとかに映っていたんですけど、ゆずりはには何か、しっぽと耳が、生えてるみたいに見えた。そんな趣味があったのか。教えてくれれば、衣装作ったのに。(笑)
ミズク:ゆずりはのシンドロームは何ですか?
GMモルフェウス、あと決めてないです。
ミズク:キュマイラだったら、獣化してもおかしくないけど、キュマイラでないなら、
時那:おかしいですねえ。じゃあ、またUGNに連絡を取りますよ。今、電話がかかって来たように思ったんで…って教えたら、向こうがそういう情報を教えてくれた、と。
GM:前からそういうことを知ってたってことで。プレイヤーの方に入る情報なんで。キャラは知ってたかもしれませんしね。位かな。進まないな。もう1個調べてもいいですよ。
時那:進まないなあ!それじゃあ!
GM:後は、クスハ。
時那:クスハ。例によって、社会。(ころころ)18。
GM:はい。伝説の九尾の狐と言われております。
ミズク:伝説の九尾の狐と言われております!
:おぅ!
時那:私はまだ面識はないですからね!(笑)
GM:曰く、3つに分かれたうちの1匹だと。で、芦屋は、クスハを完全体にしようとしております。で、あちこちを回っております。この町に1匹いるらしい。
時那:それで…時々、食事をさせる時とかに、人を襲ったりしてるんですね。
GM:そんな感じですね。
時那:もしかしたら、ゆずりはは、クスハを探しているのか…そこで戦って?
GM:クスハは、芦屋に、術で。
時那:いいように使われていると。うーん。
ミズク:重要な質問です。クスハってジャームなんですか?
GM:いいえ。
ミズク:では、何とかしてやらねば…姉妹として。
GM:何で?邪悪な生き物じゃない。
時那:何となく…分かったぜ。という感じで。これは、設定的に、ホテルに連泊してるっていう感じなんですか?
GM:でも良いですし、適当な橋の下でも構いませんよ。
時那:いやそれはちょっと…。(笑)
GM:ラブコメ的なアクションはできます?その伏せたカードは?
時那:伏せたカード!?(笑)これ…最終的な…だいぶ厳しい!
ミズク:厳しい!なんていうか、エンディングの時に出来るかできないか。という…
時那:おぼれた時に助ける!みたいなシチュエーションがあれば…!目を充血させながら、「ついにこの時が…!」という感じで。(笑)
GM:何この肉食系!?(笑)ステキ!は置いといて。一旦休憩。どうしよ、どうしよ…

どんなカードを渡されたかはあえて黙っておこう。この後、ミズクと時那ってどういう知り合いなの?どう引き合わせたらええの?という話が続きます…

時那:多分、自力で動けるようになったみたいな記事でfacebookが更新されて。写真が送られてくる。みたいな。違うな?
ミズク:自分の顔は…まあ、あっさり登録していそうな気がするが。(笑)
GM:ちなみに、次はPC2の面白シーンをやろうと思ってます。ここでやっとかないと、もうできない。
時那:キャラクター的には、さっきの猫気になるなあ…って思ってるんですが。
ミズク:ああ!じゃあ、猫飼い始めました。って投稿しよう。
時那:ああ!更新した!へえ、元気そうじゃん。ポチッ。いいね!
ミズク:いや、猫の顔を知らなくないですか!?知り合いと再会しました!っていうのは?そこで2人で写った写真をアップします!
時那:おおっ!?(笑)
:おぉう!?
GM:プライバシー!プライバシー!(笑)
時那:タグ付けされとる!さっきの猫、ここにつながった!
GM:私情をタラタラ流しておけば?
ミズク:そうですね。基本的には、ネット上では、夢見がちな少女というか、乙女チックな感じの人なので。
:おぅ!
GM:後で見せてもらえば良いんじゃないかな!(笑)
:お、お、おぅ!
時那:あいつ、何してんねん?と思いつつ、今日はもう寝る!ってことで…。
ミズク:そうですね。繋がりが薄いので、謙を経由して知り合ってですね、あれ?なんでゆずりはと同じ顔の人間がいるの?という…あ、写真をUPしたから、知ってるのか!
GM:君ならやりそう。相方の写真すらなんの躊躇もなく載せてるくらいだし!
ミズク:じゃあ、顔写真も載せています。でも、ピンクブロンドで、エルフ耳なので、よくできたコスプレだな~的なイメージを持たれてますね!(笑)
GM:エルフ耳だけでも外しておこうかな?エルフ耳を外したら、ゆずりはにも似てるかもしれない。
時那:へえ、こんな顔してたんだ。そして、こいつ。彼女出来たんだ。
GM:やべぇ。そのシーンやりたい。(笑)問い詰めたい(笑)茶化す方向で!

FHの花見

GM:はい、シーン切りますよ。俺が面白シーンをやりたい為だけに、PC2に回すよ!
ミズク:猫を抱きかかえて、床下でぬくぬくしてますよ。
GM:桜まつりの会場です。夜でもお客さんが沢山います。あなたが縫いとめられていた桜の周りには、お客さんは居ないんですね。なぜか、人が自然に避けるような感じで。ワーディング張ってるんでしょうけど。ってなところで。ちょっと貸してね。(謙が持ってきた「パブリックエネミー」を持って)ちょっと、FHが載ってるやつ出して。言えばわかるんだけど。
ミズク:誰?
GM:誰というか。この人が、沢山の部下を連れて、やってまいります。(中央の人物を示しながら)
ミズク:ほう。でも面識ないしな!(笑)
GM:よいしょ。バッ!といって、敷物を敷いて、お花見を始めました。
ミズク:まあ、良いんじゃないでしょうか。特に断る理由はないなあ。
GM:「リーダー、なんでこんな所に来たんですか?」「ああ、何でも、この辺りには、凄いオーヴァードが居るらしい。その捕獲が我々の仕事だ。だがまあ、それも明日からの話。今日は花見だ。俺を持ち上げろ!細かいところは無礼講だ。パァーッと行け、パァーッと!」ビールを開けて「プハァーっ!おいケータリングはまだか?」って凄く楽しそうですが、混ざりますか?
ミズク:混ざりますよ。ごく自然に混ざってますよ!(笑)
春日:おぅ姉ちゃん!どっから来たんだ?
ミズク:見てのとおり、この寺の者なんですぅ♪
春日:ああ、そうか。ちょっと片隅を借りるぜ。何か飲むかい?
ミズク:ああ、ありがとうございます~♪
春日:おい寿司持ってこい!寿司!
ミズク:「じゃあ、お酌しますね♪」といって、瓶ビールを注いでいきます。(笑)
GM:という訳で、楽し気な宴会が始まりましたが、何かツッコミ入れる?
:突っ込むどころか、一緒に飲んでるからね!
春日:寺の人かぁ。この辺にさぁ、エラい美人な、妖怪が出るって話聞いたことねえか?
ミズク:いや~、分からないですねえ。まあ、お寺ですから、そういう話はちょくちょくありますけど。まあ、あくまで説話ですよぉ♪
春日:姉ちゃんみたいな、きれいな妖怪のはずなんだがなぁ!
ミズク:「ヤダおじさん、口が上手いですねぇ♪」といってビールを注いでますよ!(笑)
春日:そうかい!?ありがとな~!
時那:超嬉しそう…。
GM:超アッパー系で。
時那:当然、カラオケセットとかも持ってきてて。
GM:当然、カラオケセットとかもあったり。宴会芸が始まります。「おい牧島、あっちへ行って踊って来い!」といっったら、すごい踊りを始めます。(牧島はGMの持ちキャラです)
時那:踊り!?
GM:達成値50位の神楽を。
春日:馬鹿野郎そういうスゲーやつじゃなくて、もっと皆が盛り上がれるやつだよ!?
時那:ハハハ!!(笑)
GM:で、その牧島て人が、「OKボーイズ&ガールズ!」って言って、一緒に来てる黒服連中に声を掛けて、「リーダーの許可が出たから、一緒にやろうぜ!」って言って。小さい女の子たちが出てきて。ありの~ままの~♪ってやり始めます。男連中は、その後ろでバックダンサーをやってます。(笑)で、春日は一人で盛り上がってる。
:何やってんだコイツら…(笑)
GM:「お前らいつ練習したんだよ!?」「いや、今日のために!」「俺をハブるな!俺にも何かやらせろ!」と言って、春日は入って行って、一度落ちぶれた男が、もう一度這い上がるサクセスストーリーっぽいミュージカルを始めます!(一同笑)
GM:で、若い兄ちゃんがこちらに近寄って来て。「どうだい。俺にも1本くれない?」と言って。
ミズク:注ぎますよ。
牧島:この辺に、狐が2匹寄って来てるって話は知ってるかい?
ミズク:これは知ってて良いのかな?知らないんじゃない?
GM:本能的に、気がついてもいいかもしれない。
ミズク:ああ、そうか。そうですね。じゃあ、ちょっと微笑んで。「ついこの間、自由になれましたが、ようやくそういったことを感知できるようになりました。それで、今回のあなた方の望みは、その狐ですか?」
牧島:ん~、まあ、そうらしいな。俺の目的は違うんだけどね。正直、殺すしかないかな~って思ってたんだけど、随分面白そうな話になってるじゃないか。
ミズク:「そうですね。」…何も知らないんじゃないかな?どうしようか。
GM:「色々困ってるようなら、お近づきのしるしに、今知りたそうな情報を、耳打ちしても良いんだけど。」という訳で、「耳よりな話」「アドバイス」…。
時那:ん?
GM:3つ、君の質問に答えよう。
ミズク:じゃあ、「耳よりな話」を聞いてみようか。
GM:耳寄りな話っていうのは。「芦屋っていう陰陽師が居る。そいつが九尾の狐の分裂体を集めてる」
ミズク:それは厄介ですね。
牧島:で、隣町に居たやつが、この町に逃げ込んでるらしい。名前は、ゆずりはって言ったかな。
ミズク:何と、マイシスターが…
GM:ちなみにアドバイスはマジにアドバイスなので、戦闘時にアドバイスが分かる(笑)
時那:シナリオ的なアドバイスじゃなくて(笑)
ミズク:ちなみに、2人って言ってましたが、もう一人居るはずですが?
牧島:名前はクスハとか言ったか。その陰陽師の手下になってるらしいね。
ミズク:それは、穏やかな話ではありませんね。
GM:「首輪、で呪を埋め込まれているらしい。」Eロイス的に説明すると、《絶対の儀式》。説明すると、ひとついう事を聞かせるっていうやつなんだけど。普通にあるやつは、エキストラ用なんだけど、こっちは意思のあるやつもひっかかる。
ミズク:それは、眉をひそめますよ。
牧島:随分と残虐なことをさせているらしい。いや、自分からしているのか。だから、止めにゃいかんな、と思っていたんだが。
ミズク:少し待って頂いても?こちらでアプローチしてみて、駄目であれば、後は好きにしていただいて構いません。
牧島:どうして、そんなことを気にするんだい?
ミズク:まあ、遠く離れてしまいましたが、私にとっては家族のようなものですから。
GM:「フーン。まあ、本音を言うと、期待してるんだがな。キミたちなら、解けぬはずのゴルディアスの結び目も、切らずに解いてしまうかもしれないね。と、嬉しそうに。というわけで、俺がやりたかったシーン、終わり!
ミズク:良いんじゃないでしょうか。

この後、牧島と連絡先を交換するミズク…なんだけど、ケータイは持っていないが、フリーメールのアドレスは持っているから…といった話が続きます。そして、次のシーンどう始めるかの話になり…

ミズク:想定しているシーンがあって。決意に満ちた表情で、どこかに行くのを謙に目撃して頂きたいです。そして、問いただして止めてほしいです!
:ああ。
GM:このシーンに出てきてくれた方が、侵食率的には優しい?
ミズク:いや、ある程度上がってくれた方が。100%行くまで、大した火力が出ないので。(笑)
GM:あ、牧島が何か1つ言い忘れたような顔をしています。
ミズク:聞いておきましょう。
牧島:物事には色々順序があるらしいから、気を付けた方がいいぜ。関係性っていうのは、大事だと思うんだよ。UGNだと、ロイスって言うんだろ?
ミズク:まあ、私はUGNじゃないんですけど…正確に言うと、データ的にUGNを持っているので。
時那:おお!?
牧島:それは、どんな関係であろうとも、そういう風に証言されるわけだ。それを持ってる限りは、人間で居られる。もう一つ。ゆずりはとも会っておいた方がいいな。後、ロイスを無くせばジャームになる。そこは1つ、押さえておいた方がいい。
ミズク:そうかもね。会えるなら、探しにいこうかね。自由になったことだし。
GM:君にも1つ、情報収集の判定ができるけどね。自分の中の情報を、プレイヤーが知るかっていうことなんだけど。
ミズク:ああ、はいはい。今判定していいの?これ、判定は何でするの?
GM:妖怪とか。自分自身とか。それっぽい何か。
ミズク:じゃあ、しょうがないので、要人への貸しを使います!
GM:どうぞ。
ミズク:申し訳ありません。私の中のモヤモヤを、教えてください。都築京香さん。(笑)
GM:上位の私!(笑)
ミズク:違うわ!
時那ハイヤーセルフというやつか~!
ミズク:じゃ、まあ。今侵食率ボーナスが入っています。データブレインを使用します。私の中の記憶が!(ころころ)20になります。
GMNARUTOはどこまで読んでいますか?皆さん。
ミズク:あまり読んでない。
時那:全然読んでない。
:全然読んでない。
GM:全然読んでないのか。そうか。魂の綱引きなんですけど、セットアップに、魂の綱引きっていうアクションが入ります。具体的に言うと、失敗すると、NPC化します。
ミズク:私?
GM:はい。
ミズク:それはきついですね。何で判定するの?
GM:意思ですね。意思の判定で、負けると。勝っても、そのまま。等符号で強さが決まってて、クスハ>あなた>ゆずりはの順です。
ミズク:あらまあ、困ったなあ。
GM:ゆずりはを取り込めば、対抗できますよ。
ミズク:取り込んでもなあ…
GM:もしくは、2人で引っ張る。
ミズク:そうだね。それが良いね。
GM:そのためには、ロイス取ってね。会わないとだめ。
ミズク:しょうがない。後で会うシーンを設けて下さいって感じかな。場所は?
GM:調べてください。
ミズク:はーい。6個振ります。(ころころ)13!居場所が分かりますかね。

合流シーン(やっと)

GM:ところで、PC1と2と出会うシーンがこれからあると分かってるんですよね。茶化しに行かないといけない。
時那:そう!茶化しに行かないといけない!
:正直、私は事件に関わる動機がすごく薄いので。
ミズク:そうですね。
時那:それじゃあ。また、さっきのクスハとは別人で、ゆずりはとそっくりな人だということが分かるわけか。それじゃあ、謙の家は知ってるんで。
GM:謙が勉強してると、家にやって来ます。何かしてる?
:家に居た方が良いよね。家で大人しく勉強してます。
GM:じゃ、やって来ました。どうぞ。
時那:(ころころ)高い。7。ところで、どういう関係なんだろう。さっきから勝手にケン坊とか呼んでたけど(笑)
GM:ケン坊。
ミズク:家庭教師というよりは、結構近い感じじゃないですか?
GM:一緒にゲームしてるとか。
時那:そうですね。じゃあ、茶化しに行こうか。「このFacebookは何だぁ~?」みたいな感じで。見せに行きます!
GM:じゃ、見せられました。
:お、おう!?むしろ何だそれ!(笑)
ミズク:ああ(笑)ちなみにFacebookには、乙女チックな文体で、こう書いてありますよ。「今日、彼と10年ぶりに再会しちゃった!」という内容が!(笑)
GM:そうなるよね!
ミズク:「久しぶりに会って、超ビックリ!なんか男らしくなっちゃって!一瞬見違えちゃった!」といった恥ずかしい話が…!
GM:後ろ頭ハタきてえ!(笑)彼は猫に会いに、また来てくれるかな!?とか書いてあるわけね!
ミズク:そんな感じで!
:お、おう!
GM:超好き好きオーラが漂ってきています!見なかったことに!(笑)
:でも、その衝撃の内容だと、芦屋がうんたらかんたらが右から左になりそうだよ!(笑)
時那:見せたらぁ!(笑)「ああ、あの時の…!!」っていうのが分かるわけですね。これこれ、こういう訳なんだって事を言いますよ。こう、実は友達のゆずりはという子を探してここまで来たんだけど、陰陽師というのが居て!そっくりな狐の妖怪が3人いる内の一人が、このミズクさんだということが分かったんだ!つまり!この人は狙われているんだ!という事が、ええ感じに伝わったら良いな。(相当はしょってます)
GM:つまり、地球は狙われていると。
時那:な、何だってー!
:な、何だってー!
GM:猫が危ない!
時那:猫じゃねえよ。
:猫も危ないけど!(笑)待って待って!一応ロイス持ってるからね!タイタスになってないからね!
時那:持ってますよ!(笑)
:そうだなあ。どうしようかな。
時那:それで、その芦屋ってやつは、こないだ橋から猫を落としたあの変態だ!
:あいつか!それは、色々お礼をしないといけない訳だよね。うん。OK。
時那:境内に行ってみようじゃん。私は、ゆずりはがどこに居るかっていう手がかりを全然持ってないから、何とかミズクのところに行かないといけないんだ。
GM:情報収集として、ゆずりはの居場所を調べることはできるよ。
ミズク:調べたよ。
:調べてるんで。寺に一緒に行ってもいいと思うし。
ミズク:提案としましては、私が一人でゆずりはに会いに行こうとするところで、2人が会いにくれば良いのでは?そこで、事情を知って協力するっていう話をするのが良いんじゃないかな。
:そだね。とりあえず、顔が一緒なら、何か事情を知ってるかもしれない。話を聞きに行こう。的な提案をしてみようか。

続く。

BLセッションをするときは、必ずプレイヤーの地雷についてリサーチするんやで。せんかったら死ぬで。(ブログ主からのメッセージ)