読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cobolerのリプレイ置き場

趣味のテープ起こしを活かした、TRPGのリプレイ置き場でございます。

UPされた記事はいつ書き直されてもおかしくない状態で公開されています。 あと、記事を上書きで更新することが多いです

コンベンション参加レポート 輪 2015年3月例会

本日、市内で行われたコンベンションに参加して参りました。キャンペーンとは全く関係ありませんが、忘備録としてUPいたします。当方、コンベンション初参加です。わくわく。

 あらすじ

 冬、ある町のある冒険者の店にて…。そろそろ懐が心もとなくなってきた主人公らパーティに、店主が仕事の依頼をもちかけてきた。ここから徒歩で3日ほど行ったところにある村の裏山で、蛮族の足跡を見つけた村人が居るという。春になったら村を荒しに来るかもしれない。早めに退治してほしい。そんなわけで、村を目指して雪中行軍を開始するのだった。
 猛吹雪で体力を消耗しながら、雪山を登ること2日。蛮族が住み着いたという山城の跡に到着。大した作戦なんか無ぇ!とりあえず突撃ー!って感じで戦いを挑むのだった。

 GM曰く、このシナリオは先週チラッと「雪中行軍がしたい」と言っていた参加者の要望に応えて作ったものだとか。最初はりゅうたま向けにシナリオを作っていたのだが、りゅうたまのルール的に全員死にかねんと判断しSW2.0用に書き直したという。

 参加者のPCとその戦績

ラミアの神官

プリースト(ユリスカロア):2
レンジャー:1
ウォーリーダー:1(怒涛の功陣Ⅰ)
コンジャラー:1

「雪の上でヘビなんか見ないよなぁ…冬は冬眠してるもんなぁ…」

 メッチャ負けず嫌いなのが高じて、超レアな古代神ユリスカロアの神官をやっているラミア。乱戦エリアにスパークを撃ち込んでみたり、敵の弱点が魔法の時は味方にも容赦なかった。MPは37。吹雪で体力が削られていくので回復に大わらわ。
 一般技能はフォーチュンテラー。「今日の血の味で占う吸血占いのおかげで、男には困ってない!」とおっしゃっていました。おもろい。

シャドウの戦士

ファイター:3(剣)
スカウト:1
エンハンサー:1(ビートルスキン)

「どうやらここが俺の死に場所みたいだぜぇ…(ガクガクブルブル)」

 死に場所を求めて冒険に挑むシャドウの青年。作戦会議中や、吹雪の中で生存判定に失敗したときなど、上記のセリフをセッション中何回か言っていた。
 今回は出目が爆発してたみたいで、クリティカルが2回くらい出た。強い!精神抵抗は9あったが、味方にスパーク撃たれたとき位しか役に立っていなかった。あと、ビートルスキンは1回も使う機会がなかったため、「キャッツアイにしておけば良かった…。」と語っていた。

ドワーフの錬金重戦士

ファイター:3(メイス)
アルケミスト:1(パラライズミスト)
スカウト:1

「今日はいつもより多く回っておりまする~!」

 ドワーフのおっさん。20台だけどおっさん。補助動作でパラライズミストからの薙ぎ払いが必勝パターン。メイスをぶん回してから、ダメージに応じてお染ブラザーズ風のセリフ。わろうた。
 金属鎧を着ていたので、防護点は7あった。しかし、金属鎧のせいで隠密行動ができねーよ!というわけで仕方なく敵に突撃せざるを得ない場面も。しかしHPが低い味方をかばったり、やっぱ金属鎧は頼りになるのであった。行使判定に6ゾロを連発しており、「これがダメージだったら良かったのに…」と語っていた。

フィーのフェアリーテイマー戦士

ファイター:1(フレイル)
フェアリーテイマー:3

「あ、ありがとうございますぅ…(涙)」

 千年祭りが始まって間もなく、里を飛び出してきたフィーの男の子。買い物のしすぎで保存食が買えなくなり、茫然としていたところ、店主が(賞味期限の怪しい)保存食をタダでくれたのでうれし泣きした。そういうところがルーズなんだよ。というキャラかと思いきやプレイヤーの素であった。
 HPが14しか無いにも関わらず前衛という不思議キャラ。これで防御しようと思っていたストーンガードは、1回も使えなかった。セッション終了時に「前衛でテイマーなんてやること無かったでしょ?」と言われて納得していた。フレイルの攻撃は意外と1回も外さなかった。あと、プライマリーヒーリングとヒールウォーターで回復役に回ることも。「水が一瞬で凍ったりして!」「魔法の水だから凍らないんですぅー!」

フローライトの占い師

ソーサラー:3
ミスティック:1(幸運の星の導きを知る)
セージ:1

「さーて、今日のラッキーカラーを教えてもらうとしますか…」

 辻占い師として路銀を稼ぎながら、自分探しの旅をしていたフローライトの女の子。精神力ボーナス+4あるので、得意な占具はオーブであるぞ!といって占うも失敗しダメージを食らった。しかも今回のセッションでは1回も成功しませんでした。残念。「HPは21あるのに、実質15しか無いも同然ですやん!」と言われたりしていた。
 MP50を活かして、リープスラッシュを魔法拡大・確実化で2回仕掛けるとか超余裕だった。しかも、3時間しか寝られなくてもMPは25回復するので、夜襲されたときも余裕だった。ただし今回、占瞳に失敗しまくる等出目が振るわず。「そのダイスは呪われておるぞ!(笑)」と言われて頭を抱える場面も。

f:id:Coboler:20150810233854j:image

感想

 午前中にキャラ作成を終わらせて、昼ごはん食べたらセッション開始!完成させられなかったらサンプルキャラクターで行くけんね!といった感じで開始。インスタントにキャラの設定を盛るには、経歴表はとても便利なものだなと思いました。ただし、今回限りのキャラゆえに、夕方になったらお別れ。経験点をもらって成長させるにもちょっぴり寂しい。コンベンションのセッションなんてそんなもんよ。と思いつつ、楽しかったです。

BLセッションをするときは、必ずプレイヤーの地雷についてリサーチするんやで。せんかったら死ぬで。(ブログ主からのメッセージ)