Cobolerのリプレイ置き場

趣味のテープ起こしを活かした、TRPGのリプレイ置き場でございます。

UPされた記事はいつ書き直されてもおかしくない状態で公開されています。 あと、記事を上書きで更新することが多いです

第1回 その3「道が二手に分かれているんだがどうする」

順番が前後しますが、第1回セッションのリプレイを上げておきます。
寝ていたコボルドをコテンパンにした一行だったが、コボルドは仲間を呼んでしまった!というところから。

GM:ていうかまあ、気づかないわけはないよね。これだけ光を発したりしていたら。ガン撃ったりしてるんだから。
ベネラ:フン、来よったわ。
アスコルビン:何体くらい来てる?
GM:奥に2体見える。ではまず魔物知識判定から行ってみましょう。
ベネラ:2d+4。(ころころ)12か!
アスコルビン:(ころころ)…1ゾロ振ってるわ…
GM:1ゾロ!?おめでとうございます。
カンナ:経験点や!
GM:50点進呈いたします。
アスコルビン:頂きます!

その後、2体分のデータが開示されました。

ベネラコボルドシューター…なんだ、飛び道具持ってやがるぞこいつ。
アスコルビン:ゴブリンが来た!
GM:ではまた改めて、先制判定から行きます。目標値は11。
カンナ:先制。はいっ(ころころ)7!
ベネラ:えーっと…(ころころ)11!
アスコルビン:(ころころ)平目7!
GM:これはまあ、相手を上回れなかったので、失敗扱いになるな。ではこちらから。
アスコルビン:ゴフゥ!!

★蛮族のターン★

GM:では、距離は20メートル。ゴブリンはダッシュ!ただまあ移動速度は11しかないんで、真ん中で止まることになるな。コボルドシューターは、そちらと同じくマギテックガンが撃てます。
アスコルビン:まさか、この距離から…!
GM:てか、撃てるでしょ、20メートルなら。両手持ちの銃だから。では撃ちます!前に居る二人だな。奇数でアスコ、偶数でカンナ。(ころころ)
カンナ:さっ(ベネラの後ろに隠れるカンナ)
ベネラ:ウオオ!なんてことしてくれるんだ!HP低いんだ私はー!(必死)
カンナ:いやいや!おふざけやで!(笑)
ベネラ:あっ、でも当たっても大したダメージにならないかも。
アスコルビン:いや、魔法ダメージなんで、防護点関係なしに当たります。何てモンいきなり出してんだコノヤロー!
GM:(ころころ)銃撃で命中は10です!ではカンナ、回避よろしくー。
カンナ:俺かー。回避はどうするんな。
GM:えーと、ファイター+敏捷ボーナス。
アスコルビン:カンナがんばれ!
カンナ:(ころころ)余裕。で当たった。
ベネラ:余裕なんだ(笑)
GM:ダメージ振ります!(ころころ)えっ!?9点!?
ベネラ:これは回復しないとヤバイ…。
GM:よろしくメカドッグ。わんわん!
カンナ:大丈夫。

★味方のターン★

GM:ではそちらの手番です。
ベネラ:コノヤロー!もちろんエネルギーボルトでコボルドを撃ちますよ!
GM:20メートルくらいは届くか。ではどうぞ。
ベネラ:届きます!くらえ!(ころころ)9。
GM:精神抵抗は11なんで、抜けていません。ダメージは半分で。
ベネラ:アァー!えーっと…(ころころ)
GM:10点か。じゃあ5点だな。
ベネラ:意外と効かんかった!くっそー!
GM:ガバッと光が命中したけど、まだ元気そうです。
アスコルビン:うーん…ていうかカンナがわりと死にそうです。
GM:まあ自分で回復するんじゃないかと思うけど…まあよう相談して?
アスコルビン:えー…怒れるゴブリンが目の前に居るけど…これは射線が通っているってことで良いのかな?
GM:通っていることで良いよ。
アスコルビン:ダメだ。コボルドには届かない。こっちの移動が8メートルしか無いから…。とりあえず射線を防ぐように、8メートル移動。ここからゴブリンを撃ちます。
GM:射撃って通常移動の後に撃てた?…どちらにしても、通常移動した後は魔法が使えない。補助動作であっても。
アスコルビン:制限移動ならOKなのね。3メートルならとりあえず前には出れるな。ここから撃ちます。ゴブリンを。ソリッドバレット!(ころころ)やな予感…。
GM:回避は10なので、当たってないです。
ベネラ:ちょ、いきなりピンチですよ!
GM:まあ横の洞窟の壁をえぐったってことで。
アスコルビン:ノォー…
GM:後はカンナの行動の手番かな。
カンナ:うん。じゃあこの位置で、キュアウーンズを自分に。
ベネラ:ですよねー!
カンナ:(ころころ)…!!(1ゾロ)
GM:むははははは!俺のせいじゃないぞ(笑)50点どうぞ!

★蛮族のターン★

GM:では次のターン入ります。こちらですね。まずシューターが1発撃ってからにしようか。射線が消されてるんで、アスコルビンに1発撃ちます。10で回避。
アスコルビン:平目で回避!(ころころ)おっと!華麗に避けた!
GM:華麗に避けた!素晴らしいね~
ベネラ:華麗に避けた~!
GMコボルドシューターは弾が2なので、これで装填に入ります。ではゴブリンがおりゃーっと。もし追い越して行きそうになったら、制限移動で邪魔をして、乱戦エリアに引きずり込むことができます。この場合はアスコルビンでいいや。では怒るゴブリンは、手に持った鉈みたいなもので、殴ってきます。
アスコルビン:甘いわ!(ころころ)アハァー!
カンナ:6!
アスコルビン:攻撃が…2d+2か…ちょ…ちょう…
GM:(ころころ)9点。
アスコルビン:防護点4だから5点…。
GM:まだまだ頑丈じゃないか。ではそちらの番です。

★味方のターン★

ベネラ:そうっすなあー…コボルドシューターが…もう1回攻撃してもいいよねー。いま私のMPが、38か。別に余裕なんですけど。
GM:鷹の目でもない限り、乱戦を突き抜けては撃てないよ。
ベネラ:じゃあ、そこのゴブリン相手に何かするしかねーなー。
カンナ:じゃあエネルギーボルトやろ。
ベネラ:なるほど、スリープか。とりあえず…ほっ。(ころころ)
アスコルビン:余裕で行った。
GM:そうだねえ、精神抵抗は10なので、その場で眠りに落ちます。
ベネラ:今のうちにボコるんだ!
アスコルビン:よし。カンナは回復した方が…。
カンナ:とりあえずアスコルビンの行動を見てから。
アスコルビン:えー、とりあえず移動しないと当たらない位置にいるから…普通に移動しても主動作はしてもいいんだよね。射撃とか魔法じゃなければ。
GM:そうだねー。何をするつもりなの?
アスコルビン:弾が1個しかないから。どうせならリロードしておきたい。
GM:なるほどそういうことね。どうぞ行ってくれ。
アスコルビン:えー、じゃあ3メートル前に出てるから、これでちょっと動けば10メートルくらいには。行くんじゃないかと。ついでにリロードしておきます。
GM:はいはいー。ガチャガチャと。カンナは?
カンナ:どうしよっかな~。補助動作でキュアウーンズはできないんで。
GM:制限移動ならってとこだな。3メートル。
カンナ:とりあえず3メートル動いておくか。3メートル動いて、キュアウーンズしとくわ。(ころころ)成功で。威力表。(ころころ)6点回復しておきます。はい。

★蛮族のターン★

GM:ではこちらの番かな。うーん、コボルドシューター、リロード。えんど。銃をかちゃかちゃと入れ替えてます。

★味方のターン★

アスコルビン:よし!じゃあここでコボルドシューターとどめを刺す!狙う。ソリッドバレットで…まだMPあるな。ターゲットサイト使います。命中+1。(ころころ)11。あぶなーい!やってなかったら危なかった。
GM:では命中やね。ダメージお願いします。
アスコルビン:えーっと。威力表の入れ方を覚えてない。(ころころ)5点。
GM:5点~ダメージはそのまま来る~残り6。フゥー…
アスコルビン:後は任せた!
カンナ:ベネラが攻撃する?
ベネラ:このゴブリン何とかしてくださいよぉ!すごい武器持ってんでしょ!
アスコルビン:この距離だと殴りに行けない気がする。
GM:移動して武器でぶん殴るのはすぐできるよ。
アスコルビン:いま距離は10メートルよな?3メートル動いて、13メートル動いても…7メートルある。
カンナ:カンナ行ってええんやったら、移動力10あるから。接近するけど。
アスコルビン:ゴブリン寝てるし。でもコボルドのところまでは来れない。
GM:20メートルあるからなぁ。
カンナ:なんだ20か。じゃあゴブリンのところに。
GM:でもゴブリンのところには届かないなあ。
カンナ:まあ10メートル動いておくわ。移動で終わり。
ベネラ:え。こんなところに取り残されてしまったよ。それじゃあ、ここでエネルギーボルトぶちかましますよ。ゴブリンに。
アスコルビン:いやいや、ゴブリンを刺激すると起きちゃうので!
ベネラ:あーそっかー。よしじゃあコボルドシューターの方に。(ころころ)
GM:12か。コボルドシューターの精神抵抗は12だから、抜いたか。魔法誘導があるので、前に乱戦エリアもないし、届きます。さあダメージが回るかな?
ベネラ:ダメージは!(ころころ)
GM:6点!ピッタリ0か!じゃあコボルドシューター気絶。では戦闘修了です!
アスコルビン:よくよく考えたら、さっき弱点足してなかったよね。
GM:うん!

GM:では追いはぎタイムに入りますー。
アスコルビン:ちょっと待って。ゴブリン寝てるんだけど。
GM:さすがにこのタイミングになると、首ナイフ問題なりますんで、とどめを刺そうと思えば刺せる状態なんで。もう終わりで良いです!
アスコルビン:そうか。はいっ!
GM:HPダメージかMPダメージで起きるけど、まあこんなの。ねえ。
ベネラ:フルボッコだよな!
GM:フルボッコだったら、1回殴っただけで起きるんですけど。まあとどめ的な一撃を撃つでしょう普通は。だからまあ現実的に考えて、これで終了でいいです。さて君たちは坑道での戦いが終了しました。このコボルドにせよ、ゴブリンにせよ、何かを持っているはずです。君たちは戦利品表を振ることができます。これは代表一人だな。トレジャーハンターは、スカウトだからと言って、持ってるわけじゃないよな。
アスコルビン:レベル上げれば、+1ボーナスだったっけ。
ベネラ:そうそう。
GM:それでは、一人1体づつ。振って下さい!一人が誰について振るか言って。まあ当然、ゴブリンの方がいいモノを持っているな。コボルドシューターも良いモノを持っているな。高い目が出れば。君たちは事前に話をしていなかったんだけど、この洞窟内で見つけた宝物については、基本的に個人預かりにします。分けるなり何なりは後で話し合ってください。一応、君たちは他人です。
ベネラ:じゃ、とりあえずゴブリンに追いはぎターイム!。(ころころ)6。
GM:6は武器が手に入ります。30ガメルに換算してください。
アスコルビンコボルドシューターに追いはぎ!(ころころ)6。
GM:なしです!粗末な武器が手に入ります。10ガメル。
カンナ:じゃあ、寝とったコボルドな。(ころころ)9。
GM:おしい!無しです。粗末な武器が手に入ります。10ガメル。
カンナ:ありがと。
GM:ここで10だったらな~。お金の詰まった袋が手に入ったんだけど。
アスコルビン:ウウー!
GM:というわけで君たちは、気絶したり何だったりとりあえず、蛮族を一蹴しました。ただまあ、銃声は上げたわ、色んな光は走ったわでもし奥に何かいれば、気づかれただろうと思います。
カンナ:さあ奥に行くか。
ベネラ:実際は…。
GM:さて君たちは今、まっすぐ坑道の真ん中に居ます。
アスコルビン:入ってすぐだったっけ。ライトつけていきなりコボルドがわーってなって、いきなり襲ってきた気がする。
GM:まあそうだね。
アスコルビン:聞き耳判定て使える?
GM:使えるよ。
アスコルビン:また何か押しかけてこないか、聞き耳をしたい。
GM:まあ、追いはぎしている間に来るわな。来るなら。
アスコルビン:そうですよね!えー…依頼はそもそも蛮族を倒せってことであって。どれだけ倒せとかいう話ではないと。
GM:依頼の内容としてはそうだね!
アスコルビン:足跡もっと多かった気がするなあ。
カンナ:もうちょっと奥に行って、倒したらいいんじゃない?
アスコルビン:もうちょっと奥にいくか。
ベネラ:大丈夫ですかカンナさん。
カンナ:へ?平気だよ。
ベネラ:ああ、それならいい。じゃあ奥行ってみよ。
カンナ:奥に行く前に、回復しておきます。MP減らしてー、振ります。(ころころ)6点回復します。HPもフルに戻ったんで、大丈夫です!
GM:ではここからは、宣言と、駒を実際に進めたら、進んだ扱いにします。うかつな行動は、一応謹んでください。
ベネラ:はーい。
GM:では、今見える範囲では、T字路が見えます。
カンナ:ほう。
ベネラ:さっきのライトは残っているな。
GM:残ってます!だから明かりは燦々としていますからね!剣なら収めればいいけど、フレイルだからなぁ。
アスコルビン:ここからは先行して調べていきたいです!
GM:じゃあ自分一人で進んでいくんだね。
アスコルビン:うん。
GM:じゃあ進むとこまで進んで。
カンナ:行けアスコ!
アスコルビン:とりあえずT字路のところまで。
GM:1歩手前ってことね。
アスコルビン:ここから何か、暗視で見える情報があれば。広い?
カンナ:どっちか全然わからんな。
GM:アスコルビンは臭い匂いは大丈夫?ふっふっふ!(笑)
アスコルビン:普通…並程度に。
GM:たぶん先ほどの二人の蛮族がいたところだろう。明かりはついていない。だがたいまつをかけた跡がある。腐った果物や、肉片が落ちている。いやな匂いだ。分かれ道があり、左右に道がある。奥に続いていれば、緩やかなカーブになっており、奥を見通しても、すぐ陰に隠れてしまう。
アスコルビン:うーん…二手に分かれておるのう…。よし、大丈夫そうなので、二人ともこっち来て大丈夫だ。
カンナ:そそくさ。
アスコルビン:ちょっと待って。これ、通路的には、一人分くらいってこと?
GM:うーん、二人分ってことにしておこうか。
カンナ:右か左か二手に分かれるか。
ベネラ:二手に分かれないとダメ?
GM:二手に分かれるって?いいよ。
カンナ:いやいや、そういう選択肢があるってことな。
ベネラ:ああ。
アスコルビン:二手に分かれる?
GM:まあ、それが正解するかもしれないね。よく話し合ってね。
カンナ:どういうトラブルがあるか分からんなー。
アスコルビン:とりあえず右に進んでみようかと思うが。
カンナ:アスコルビン、右に進むの?
ベネラ:お?
カンナ:おお?ちょっと進みよんな。弓が飛んでくるとかは無いな。
ベネラ:はあ?弓?
アスコルビン:今のところなさそう。
ベネラ:私にしんがりを務めさせないでください。頼みます。
GM:まだその位進んだんじゃ、無理かなあ。変化があるところまで先に進む?
アスコルビン:なんか、カンナが付いてきてなさそうな…
カンナ:いま様子見てる。もうちょっと進むか?
アスコルビン:もうちょっと進む。
カンナ:そこまで進むんやったら、ここまで進むで。
アスコルビン:よし。じゃ、こんな感じで、変化がありそうなところまで進んでみようと思います。
カンナ:何か見えてきたな。ちょっと開けてる。こっから、何かが?
GM:かな?
アスコルビン:カモーン!
GM:カモーン!?何か出てきてほしいのか!?
アスコルビン:何か居ない?まだ何も居ないの?
GM:今のところは…。まだ角のその辺が見えてるだけなんで…。
カンナ:行っちゃいなよ!行った!
GM:では、君たちは右に進みました。左へ直角に進む道と、真っ直ぐに奥へと進む道が見える。左の道はやや広い空間がありそうだ。真っ直ぐへ進む道は、またもゆったりとした左へのカーブになっている。地図描きます~。
カンナ:どっちかなぁ…
アスコルビン:開けた方は、見える範囲がいっぱいいっぱい?まだこの奥が…
GM:今のところは。奥はありそうです。
ベネラ:行ってみましょうよ、左の方。
アスコルビン:とりあえず手前から…うおお!ベネラが!(左方向へ先に進むベネラ。アスコが急いで付いて行く)
GM:暗視あるんだっけ?
ベネラ:自分が光ってます!ライトもあるっす!
GM:自分が光って行くのね。
アスコルビン:思いっきり、的にされそうな気がするんですけど…
ベネラ:そうですねー!こわーい!
アスコルビン:えー!(カンナ、直進方向へ進んでいく)
GM:協調性のない人が居ます。
カンナ:言われて行ったら、やられそうやからな…。
GM:では、左に進んだ人の描写いきます。やや広めの空間になっています。何かをしていた場所のようですが、もうちょっと奥に進まないと、何かは分かりません。
アスコルビン:ちょろっ!(微速前進
カンナ:儀式か!?
GM:先に進んだカンナは、先ほど曲がったカーブの時と同じく、もうちょっと奥にカーブが続いていそうです。
アスコルビン:カンナは一人で大丈夫なの!?
カンナ:大丈夫大丈夫。繋がってるかもしれないよ。
GM:この2パーティーは、見た目よりもけっこう離れていることとして下さい。
カンナ:オッケー。
ベネラ:協調性のない人がいるよー!
カンナ:その二人の協調性が無いの?
ベネラ:参ったなあ…
アスコルビン:こっちはまだ奥があるってこと?
GM:どういう空間だかは、真ん中まで行ってみないと分かりません。ただ少し、広めの空間がありそうだなとはわかります。

協調性のない人が居ますが…続く。

BLセッションをするときは、必ずプレイヤーの地雷についてリサーチするんやで。せんかったら死ぬで。(ブログ主からのメッセージ)