読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cobolerのリプレイ置き場

趣味のテープ起こしを活かした、TRPGのリプレイ置き場でございます。

UPされた記事はいつ書き直されてもおかしくない状態で公開されています。 あと、記事を上書きで更新することが多いです

第3回 その4「みんな、必死に生き残ろうとする」

誰かさんの寝落ちから数日…セミマルが本格的に参加する初のセッションとなりました。セミマルは冒険者の店のシークエンスしか見ていません。

セミマル:いま導入(のリプレイ)見てたよー。俺…30のおっさんがこれやんのけ!!(笑)にゃんこ…「にゃ」か!語尾!
ベネラ:いやいや、どうでもいいんですよそんなの。
GM:そう。どうでもいいですよ。
アスコルビン:前のもどうでもいいよね。夢落ちですよ。
ベネラ:リプレイも、あれからまだまだ続きがあるんですけど、野営のところで超絶ぐだってて!途中で、寝かける人が出るくらいぐだぐだで!実際、戦闘の最中に人が寝たじゃないですか!
マキシム:そんな奴がおるんか!(お前さんじゃろうが)
セミマル:(笑)OK、OK!
GM:(どどんとふの)前の場所が残ってるんで、そこ見てください~
アスコルビン:消えてればいいのに!
セミマル:なにこれ!?人少なくない!?あ、後ろにいるのか!何この状況!?
マキシム:こういう状況なんです…
ベネラ:私もびっくりですよ!
セミマル:にゃあ~…!まじか~!にゃんじゃこりゃ…えー…ベネちゃん死ぬが。
ベネラ:死ぬですわ!!ホント死ぬよ!!
GM:死ぬですわ!
アスコルビン:実はこの御者が高レベルハンターで…
セミマル:きっとあの、覚醒したの。命の危険に晒されて、目覚めたの。
アスコルビン:いきなりコール・ゴッドしてくれる感じ。
GM:そういうゲームじゃないから!

この後、かくかくしかじかと状況の説明が入ります。ベネラとセミマルのみ山賊4名と乱戦状態で、マキシムとアスコルビンは、3ターンかけないと追いつかない位置まで離れた場所にいます。途中参加するには厳しすぎる状況です。アスコの現実逃避が面白いことになっています。

アスコルビン:もうソード・ワールドのルールなんて覚えてないよ。全力移動で500メートルくらい行けるような…
GM:行けねえよ!何だその面白いの!
アスコルビン:あっ!魔動バイクに乗ってきてたの忘れてた!
GM:無い無い。
ベネラ:はい!じゃあマキシムの番からだ!

★味方のターン★

マキシム:えーと、じゃあ全力移動やな…もちろん接弦するで!全力移動30メートル!
セミマル:一択ですな。
GM:2回でなんとか(追いつく)。では、30メートル全力移動。山賊ももちろん気が付く。「おっ、まだ居たのか!」って顔をされるね。

★山賊のターン★

ベネラ:で、敵の番ですな!
GM:で、武器を捨てろといって、殴ってくるよ。
ベネラ:武器を捨てろだってぇ!?わぁー!
セミマル:これ、降伏した方がいいパターンじゃない?
GM:じゃあ、とりあえず山賊の突撃兵が一人づつ、目の前の相手を殴ります。
ベネラ:ふおおおお…

山賊の突撃兵の攻撃、セミマルは華麗に回避。ベネラは5ダメージを受けたものの、防護点6で防ぎきりました。

GM:なんて硬いやつなんだ…
セミマル:それは何、種族特徴的な?
ベネラ:防護点プラス2もある。種族特徴強化になったら、プラス4だ!
セミマル:すごく硬いのね…
ベネラ:しかもMPはプラス45だ!もう訳がわからない!
GM:では、首領の方は、硬いほうを避けて、柔らかいほうを狙ってみようか。(ころころ)
セミマル:カモ~ン!!(余裕)
アスコルビン:セミマル頑張って避けて!
セミマル:おっ、これは余裕じゃない?(ころころ)よっしゃぁぁ~!ヨシッ!!
GM:かわされたか…
セミマル:はっはっは!
GM:全力攻撃中なんで、今回の山賊の首領は、回避にマイナス2です。
セミマル:でもこれ、どっちを狙えばいいんだ!?
アスコルビン:頭数を減らすか、首領を落とすか。でも、首領を落とせば、向こうは散り散りになるような気がしなくもない。
セミマル:なるほど。
GM:なるほど~
ベネラ:全員倒さないと意味がないんじゃないのか?
セミマル:なんでそんなに戦闘狂なのよ?(笑)
ベネラ:そうじゃなくて!
セミマル:ここはリーダーから!
ベネラ:えー、やる!?じゃあエネルギーボルトぶち込みますか?それともブラントウェポンしますか?
セミマル:回避マイナス2してるんなら、俺の両手効きもペナルティが相殺だから。(セミマルは2刀流フェンサー)
ベネラ:あ、そうだね!
セミマル:神官ちゃんは行動してるの?
GM:するよー。これからー。
セミマル:しなくていいよ!!
アスコルビン:うん、しなくていい。
セミマル:まごまごしていたとか、そんな感じで。
GM:セミマルの方にフォースでも撃ってみようか。(ころころ)
ベネラ:フォース!!!?
セミマル:魔法はやめて避けれない!!
ベネラ:精神抵抗で何とかするんです!
アスコルビン:セミマルHP16…
ベネラ:あっこれやばい!
セミマル:6ゾロ!?
GM:威力は後でーす。
セミマル:精神抵抗俺はなんぼで振るんだ…2d+5!(ころころ)ウワァ!!!
GM:おしい。お互い出目がすさまじく良かったな。
セミマル:チキショウ…!
GM:(ころころ)では8点。そのまま入ります。
セミマル:イヤァァァちょっと待って~!次確実にわたくし…
ベネラ:気絶するな。
セミマル:回復だよね!!
ベネラ:あっ!そうですね!!!(勝手に殺すな。)

★味方のターン★

GM:ではそちらの番どうぞ~。こっちは結構押してるんで、ウッホウッホ言ってるわ。
セミマル:サルじゃなかったんと違うんかい…
GM:似たようなもんだろ。
ベネラ:どうする~?どうすれば良い…?
セミマル:とりあえず俺はいつものアース・ヒール…(ころころ)あっぶね!!(ころころ)はい。7。魔力けっこうあるのよ。
ベネラ:どうしよう私山賊の首領にスリープでもかけようか。
アスコルビン:それはもうドン詰まりになりそうな感じだけど。1ターンでは倒しきれないか…
ベネラ:神官あたりをスリープかけましょうか。
セミマル:効いたらそれが一番ありがたいけど。スリープって叩いたら起きたりするんだっけ。
GM:叩いて起きます。
アスコルビン:寝ぼけて味方にフォース撃ったりせんのん。
GM:しません。
ベネラ:とりあえず、全力移動する人はしちゃって下さい…どこまで行けるんかな…
マキシム:じゃあ俺、全力移動で接近する。30メートル動きます。
GM:じゃあ一応、圏内には入ったけど、まだ一応巻き込まれてない扱いになります。まあ、誰も範囲魔法撃たないと思うけど。
アスコルビン:じゃあ、アスコルビンも半分くらい近づきます。全力移動で24メートルなので、残り21メートルあります。
ベネラドワーフは足が遅い…
GM:そろそろ銃も…無理か。
アスコルビン:精密射撃無いので、味方撃ちます…
セミマル:にゃるほど…
ベネラ:射線上のセミマルが危ない!
セミマル:俺後ろからも撃たれるの?うにゃ~…
GM:恐ろしいね!
ベネラ:さてどうしよう私…どうしましょうか…
セミマル:回復されるよね。首領を撃っても。
ベネラ:うん。される。
マキシム:それならブラントウェポンやろ。
ベネラ:ブラントウェポンだな。(ころころ)はい。成功
GM:(ころころ)はい抵抗。
ベネラ:うそーん!!消滅した!!MPが勿体ない!!確かにまだ37点とかあるけど!!

★山賊のターン★

このへんから、GMの出目が爆発します。そして、お察しのように、大惨事が発生します。

GM:削れたけど当たってもしょうがない方と…普通だったらどっち狙うかな…まあHP減ってないし、じゃあフォースをベネラの方に撃ってみようか。
ベネラ:フグウェァ!!(?)
セミマル:すごい声出たな…
GM:じゃあ抵抗してね~(ころころ)
ベネラ:精神抵抗+2dか…(ころころ)
GM:では、半減。
ベネラ:半減なんだ。…酷…
GM:では3点で。きっかけはつかめたけどなー。じゃあ残り3人はベネラに集中してみよっか。
ベネラ:うぞぉぉぉぉ!!この人酷いわ!!
GM:あっちヒラヒラするしなぁ。
セミマル:ヒラヒラ~。いいのよ来て。
GM:(ころころ)(ころころ)突撃兵A、B。
ベネラ:これ避けられないじゃないですか。
セミマル:頑張って6ゾロ出してください。
ベネラ:(ころころ)(ころころ)ひっくぃ…
GM:惜しい!では5点と1点か。
ベネラ:辛うじてセーフ…うううー!!
GM:じゃあ首領の全力攻撃いきます。(ころころ)
ベネラ:おい!!!!(声がでかい)あんた!!殺す気か!
セミマル:ヤッベ(笑)うわ最悪
ベネラ:おい!死ぬじゃんか!
GM:どうしてこんなに走るんだろうか…謎だわ…とりあえず回避お願いします。
マキシム:これを回避するんか。6ゾロを出せばなんとかなるか…
ベネラ:なんでそんなに全力攻撃ばっかりするの!?
GM:誰もこの弱点を突いてこないからです!
セミマル:突けないからです!
ベネラ:これ、死ぬでぇ…(ころころ)
セミマル:うーむ、新キャラか…(勝手に殺すな。)
ベネラ:大丈夫。控え選手がいる。(ベネラを見捨てるな。)
GM:(ころころ)ブフゥ!!!
ベネラ:おい!!私これ生き返れないよ!?(ベネラのHPはこのときマイナス9)
アスコルビン:ていうか死ぬ…
GM:そういえば薔薇のチョーカー装備してなかったっけ?
ベネラ:そうか!!薔薇のチョーカーあった!こんな時こそ!
マキシム:そうや!(使用すると1回だけダメージを2点減できるこのアイテムは、第2回セッションの際に、マキシムがNPCから借りパクしたものです)ここに使えるんか!ドラマやな!(笑)
ベネラ:結局、何点ダメージが経るの!?
GM:…まあ目標値がちょっとは下がるか…
ベネラ:この人さあ、人に「死なないように」とか言っておきながらさぁ、殺しにかかってるじゃん!!
GM:大惨事が起こってしまった…
ベネラ:アンタどういうつもり!?(笑)
セミマル:まままま、とりあえず!!
マキシム:マイナス7点!目標値が期待値まで下がった!これはいけるんじゃね!?
セミマル:生死判定は生命抵抗を使うから、マイナス4まで下がるのか!!
ベネラ:えー、じゃあ行くよ!私は次にキャラ作ったとしても、フロウライト1択だから!!…死んだら嫌だなぁ…(ころころ)おおおお!生きてたぁぁぁ!!
マキシム:全然大丈夫やん

★味方のターン★

ベネラ:アウェイクポーション持ってるから、ポケットから出して使ってください…
マキシム:ベネラはそのままにしとこう。起こしたら危ない。また生死判定で死ぬから!!
セミマル:アウェイクしてアースヒールしても…すぐ死ぬか…
マキシム:行けるとこまで3人で行くで!!
GM:山賊どもは、さあ降伏するのだー!って叫んでますけど。
アスコルビン:降伏なあ…
ベネラ:あのー、多分なあ、悪に手を染めた神官に、総攻撃を。
マキシム:一番ダメージが大きいのはマキシムやから、俺が削ろう。補助動作で、御者にオースかけます。悪に手を染めた神官に、魔力撃を使って、アタック。
ベネラ:ワオ!魔力撃きた!
マキシム:(ころころ)こっちの命中力は…10!!
GM:(ころころ)こっちの回避力を見よ~!
マキシム:マジかよ!
アスコルビン:何このGM
マキシム:しゅーーりょーー!
セミマル:じゃあ俺両手効きでいくよ!2d+4か。まず右手!(ころころ)15!じゃ左手。(ころころ)!
アスコルビン:うぉぉ!このままぐるぐる回って一気に落として!
GM:どっちも神官ね。(ころころ)(ころころ)片方回避~
セミマル:おい!!こんにゃろぉぉぉ!!
ベネラ:うっそお!?あんた!
アスコルビン:今日3回目のGM6ゾロなんですけど!?
セミマル:酷いな。
ベネラ:酷いこの人~!だれかベネラひっぱって後ろに持っていって、アウェイクポーションぶっかけて下さい!
セミマル:(ころころ)ウワァー!もう!低いし!!
GM:1手番消費するんならいいよ。…防護点がフィールドプロテクションで上がってるんで、2点でーす。
アスコルビン:はいじゃあアスコルビン接近します。到着!
ベネラ:ツキもここまでだぞ!GM
GM:ほーう!(笑)
マキシム:集まった!

★山賊のターン★


GM:じゃあこっちの番だね!マキシムのHPが下がっているからマキシムに集中しよう。全員マキシムにGO!!
マキシム:俺はすごいぞ!
GM:じゃあまず突撃兵ふたり。(ころころ)(ころころ)
アスコルビン:頑張れマキシム!
ベネラ:おいなにこれ
GM:8と9!さあ突撃兵の攻撃をかわしてみろ!
マキシム:ほいほい。さっきのマイナス修正が来るから。(ころころ)(ころころ)
ベネラ:おっ!かわした!
アスコルビン:ナイスマキシム!
GM:山賊の首領全力攻撃で。
ベネラ:さっきからこの人なんで全力攻撃ばっかりしてくるの!?
GM:だって誰もこの弱点を突いてこないから…こっちも、あっちも前のめりなんだよね。
マキシム:これはGMの愛やで!(笑)
GM:当ててこいと言っているようなもんだよ!(笑)(ころころ)さあかわして見せろ!
セミマル:うわーヒデェ!
マキシム:なんだこのダイス…(ころころ)ダイス目同じなのにな!(回避できなかった)
GM:ダメージ(ころころ)
マキシム:なんか見たことないような数字来たんやけど(笑)
アスコルビン:レベル詐欺よなこれ。
マキシム:うわはははは!!(HPが一桁まで減った模様)

神官が攻撃してこないまま味方のターンに入っていきますが、GMは何も言いません。愛ですね。

★味方のターン★

セミマル:じゃあ俺が回復するわ…
マキシム:俺も魔法拡大・数持ってるんで、俺が回復するわ…
セミマル:じゃあ、相変わらず神官を狙うか…
ベネラ:もうさあ、首領をどうにかして~!
セミマル首領狙ったほうがいい!?
ベネラ:ぜったい首領のほうがいい!だってこのままだったらみんな死ぬでぇ!!
セミマル:よっしゃ、じゃあ首領に切り替えて。いきまっせ。じゃあまず右手の命中~(ころころ)11。左手の命中~(ころころ)13。
GM:(ころころ)(ころころ)じゃあ、1発当たり。
セミマル:k5+4@9。回れっ!!回った~~~~!…10点。
GM:じゃあ、6削られました。
セミマル:回ってこれかぁ~…フェンサー非力やのう~…
アスコルビン:回避6防護4てなにこれ!?
GM:純粋な戦士って頼りになるよな~ってことだな。
ベネラ:アスコ頑張って~
セミマル:マギシューは火力の塊なんだから、ここでぜひ。
アスコルビン:ターゲットサイト使います。両手効き。(ころころ)(ころころ)
ベネラ:おおっ!おおおっ!!!両方当たった!
GM:では、ダメージ下さい。
アスコルビン:シャアッ!!右手威力!(ころころ)ありゃっ?
GM:7点~そのままいきます。残りHP17。
アスコルビン:左手!頑張れ左手!ハッ!(ころころ)
GM:9点か…残りHPは8。
セミマル:やっぱり当たると違うな~マギシュー!
ベネラ:これ!倒せるかも!
セミマル:次で回復されるフラグが立ったわけだが…でもフォースが来ない!
マキシム:俺もう攻撃される可能性があるんで、御者にオースかけて(ころころ)、成功。自分らを回復で良いですかね?(笑)(ころころ)よし。これでセミマルも回復です。
セミマル:あざーす!
マキシム:回復する量は…(ころころ)ウワァー!8点です!8点回復しました!

★山賊のターン★

GM:じゃあこっちの番だな!
セミマル:来いやぁ~!こっちに!頼むからこっちに来て。
アスコルビン:わしゃカラダが弱くてのう…
GM:(笑)なんか言ってる人がいる。
マキシム:御者だけは俺が守る…!(御者はオース要員)
GM:とりあえずまあ、神官は回復を打っておこうか。(ころころ)
ベネラ:バチが当たればいい!
セミマル:悪に手を染めてるんだから、魔法使えなくなってて当然やん…
GM:まあ邪神にでも仕えてるんでしょ。
ベネラ:邪神に仕えてるのぉ!?このカルティストめ!
GM:10点回復だな。
ベネラ:さっきからさぁ、何なんこのGMの出目の良さ!
アスコルビン:ヤダァも~…
ベネラ:こっちは死ぬしさぁ!
GM:じゃあ、銃撃してきた危ない人に攻撃集中します。(ころころ)(ころころ)両方当たったね!(ころころ)(ころころ)6点と9点が当たります。
アスコルビン:うん!うん…
GM:この状況で全力攻撃するのは危険なので、アスコルビンは首領に普通に殴られます。(ころころ)14を回避お願いしま~す。
アスコルビン:(ころころ)
GM:おしいっ!!(ころころ)ダメージは10点。運が良かったようだな…

★味方のターン★

ベネラ:とりあえずさあ、山賊の首領さあ、みんなでかかればいけるよっ!
アスコルビン:とりあえず撃ってみようか。ただ、ここでデリンジャーが弾切れになります。もう1丁あるから、片手になるけど、首領に向けて撃ちます。
GM:外したらオイシイよな~。外したらオイシイよな~!!
ベネラ:この人何言ってるの!?みんな死にかけてるんだよっ!このキャンペーンどうする気アンタ!?(必死)
アスコルビン:ヨシ!とりあえずターゲットサイト!両手およびけん制使って、命中+7で行きます!
GM:7ね。よし来い。
アスコルビン:よし、じゃ右手!(ころころ)よし。
GM:じゃ1回ダメージくださいー。
アスコルビン:ホッ!!(ころころ)
ベネラ:回転した!
アスコルビン:あっ!HP1残った!
GM:残り1!
セミマル:じゃ確実にするために…フォースで殺しちゃって。
マキシム:じゃ、マキシムがMP2消費してオースかけます。(ころころ)成功。で、対象を山賊の首領にして、フォースします。(ころころ)ウワ低っ!同値抵抗された!
アスコルビン:でも削れるから。
GM:この時点で気絶したわな。一応ダメージ。
マキシム:(ころころ)8点か…
GM:4点ダメージ。(ころころ)ギリ生きてます~
セミマル:で、ふたりにアース・ヒールかけるから…(ころころ)成功。はい8点づつ回復!よっしゃ!
マキシム:完璧!
アスコルビン:相手に逆に降伏を!
GM:まだ人数で上回ってないから、まだダメだな。

★山賊のターン★

GM:こっちのターンでいいかな!よしではアウェイクン。
ベネラ:ウソォォ!
セミマル:まあそうよね…
GM:当たり前でしょう…(ころころ)1で蘇り。
アスコルビン首領がゾンビアタックしてきたらやっかいだな。
GM:するに決まってんだろ!(笑)
セミマル首領はこのターンから攻撃できるの?
GM:できます!じゃあ、アスコルビンに全力攻撃+突撃兵が突撃してきます。(ころころ)(ころころ)やっぱ普通の攻撃にしよ。(ころころ)!6がよく見えるな今日は…
アスコルビン:(ころころ)(ころころ)(ころころ)全部くらったー…
GM:(ころころ)(ころころ)
アスコルビン:オゥフ!!後は頼んだ…マイナス4。
ベネラ:んもぉー…!何なんだよ今日!
セミマル:でもアスコは生命抵抗が高いから、1ゾロ意外じゃ死なないよ。
GM:ヤメテ。フラグ立てるのやめて!(笑)
アスコルビン:(ころころ)
セミマル:オッケェェ!

★味方のターン★

GM:はい!そちらのターンです。
セミマル:どうしよう!
マキシム:セミマルさん、これは一旦仲間になると見せかけて、…「お強いお方ですねぇ!ぜひとも仲間に!」それしか無いっすよ!!
セミマル:そっすね!!もともとは、サルを殺しに来たんだから、それを追っ払ったこの人たちは、ある意味味方!?
ベネラ:もうどうにでもして~!
GM:こっちも死にたくないから、適当なところで幕引きの準備はあるよ。

この後、降伏するのかどうするのか話し合いが始まります。さて、どう結論つけるのか…ていうか、見かねたGMからテコ入れが入ってますが。

マキシム:セミマルが首領を攻撃。それでも幕を引けなかったら、アウェイクンをベネラとアスコルビンに俺がかけて、生き返ったところで二人で神官をボコる。それが一番効率的や
アスコルビン:はい。
GM:なんだこの沈痛な雰囲気。
ベネラ:あんたねぇ!(笑)本物のお通夜で、お通夜ムードを経験したことがないからそんなこと言えるんじゃ!(笑)私はしたぞ!こないだ!「これで故人が生きていたら…」という雰囲気!
セミマル:じゃあ、いくよ!首領!片手で!おりゃっ!(ころころ)
GM:(ころころ)避けた!
ベネラ:嘘!
マキシム:最悪!!えー、どうする?このターンで、「いやぁ、さすがですねえ!」(笑)
セミマル:そうね。俺の攻撃が避けられた時点で、その勢いでジャンピング土下座みたいな。そんな感じよね。さすがですニャー!みたいな…
GM:メタいことを言うと、人数を上回った状態で降伏勧告したら受け入れるからね。こっちは。
アスコルビン:御者は頭数に入りますか。
GM:入れてません!入ってないでしょ!全部アウェイクンで起こして一人倒したらいいじゃん!
セミマル:そうか。二人をアウェイクンで起こして、ベネちゃんがエネルギーボルトして首領を倒して、アスコが降伏勧告すればいいんじゃない?。
マキシム:MP10消費して、残りゼロ。アウェイクンを二人に撃ちます!(ころころ)二人が蘇りました!
GM:二人のHPは1まで上がります!
ベネラ:ウゥゥゥ!生きてる?私!?
セミマル:生きてるよ!
アスコルビン:おはよう!
ベネラ:アスコ、キリっとしてる!じゃあ、エネルギーボルト…(ころころ)成功。(ころころ)8点!
GM:抵抗失敗。マイナス6ね。(ころころ)生きてはいる。
アスコルビン:さあ首領は、2回目だけど倒したぞ!銃構えながら脅しておこうか。
ベネラ:私だってスタッフを持って脅すぞ!
GM:それはあんまり怖くないです!
ベネラ:そのうち殴る!(笑)
 
降伏勧告は受け入れられるのか…続きは次回更新で。

BLセッションをするときは、必ずプレイヤーの地雷についてリサーチするんやで。せんかったら死ぬで。(ブログ主からのメッセージ)