Cobolerのリプレイ置き場

趣味のテープ起こしを活かした、TRPGのリプレイ置き場でございます。

UPされた記事はいつ書き直されてもおかしくない状態で公開されています。 あと、記事を上書きで更新することが多いです

近況報告とか予定

f:id:Coboler:20170306201606p:plain上の写真は…先輩方から頂いたDの同人シナリオ集です!これは、私にルーラーしなさいということですね、わかります。こういうシナリオ集って、リプレイ書く場合は誰にどうやって連絡すれば良いのかな…?

近況報告

最近色々ごたついてて、全然更新できていませんでした。新しいリプレイをアップしたいのはやまやまなのですが、色々と都合が悪くて、毎週コンベンションに出てGMしてても、リプレイ収録には至っておりませんでした。すごくモヤモヤします!リプレイ書いていないと禁断症状が出るんですよね…!書いてる最中はあんなにしんどいのにね!(笑)

過去記事改修情報

過去記事の中でも、今読んでも面白いやつを選んでフォーマット直したりはしていたんです。

モノトーンミュージアム「死を忘れた街」

daitokaiokayama.hatenablog.com

特技と逸脱能力にカッコを付けておきました。モノトーンはオリジナルシナリオのアイデアが幾つかあるので、今後も何かリプレイがアップされる可能性が高いです。

ダブルクロス「惜しからざりし命さへ」「とらい∵願」

daitokaiokayama.hatenablog.com

エフェクトとEロイスにカッコを付けました。ついでに見出しの付け方等を修正。

daitokaiokayama.hatenablog.com

「とらい∵願」については、1記事あたりのシーン数を調節した結果、記事が2こ減って「その5」までで全部読めるようになりました。 

予定

3月はどこかで必ずリプレイの収録を行う予定です。システムが何になるかは分からないけど、12日とか19日とか、たぶん何か公式ではないシナリオを回す予定ではあります。とりあえず、3月12日に向けてオリジナルシナリオの準備に追われているため、ここらへんで失礼します。リプレイを書きたいぞー!

「地獄のセト・ロード」 その6

f:id:Coboler:20170124211304p:plain

岡山市内(市民会館)で行われたセッションでは、プレイヤーは3人でした。こちらでは、PC1が〈コミックヒーロー〉を連発してボロボロになる様子が壮絶でした。

エンディングフェイズ

それからどうなった?

RL:というわけで、何とかなったよー!
ヒジリ:何とかなっちゃった!めっちゃ大変だった!
RL:すべての妨害を超えた輸送隊。その眼前に、オーサカM○●Nが見えてくる。ドーム都市が見えてくるんですよ。
ヒジリ:あ、あれは!
白子大阪ドームが!
RL大阪ドームじゃねえよ!(一同笑)
白子:オーサカM○●Nか!すいません!
エイジ:オーサカM○●Nのドームでも良いけどさぁ!
RL:というわけで、白子の天然ボケでみんな笑い死んでいるぞ!と!
白子:わぁ~。(笑)
ヒジリ:「なんとかなったぁー!」と言って、トレーラーの中でグデーっとなっているぞ。
エイジ:何とかなったー…。
RL:というわけで、エンディングフェイズに入ります!
新藤:シーンカード、ここでイヌが出た。
RL:キャストたちが輸送した治療薬により、M○●Nの被害は最小限に留められました。ヘイロンの陰謀は十分な成果を挙げられず、実質的に失敗したといえます。
白子:はい!
RL:神業的な話をすると、もし《暴露》《制裁》などの神業があるなら、真相を明かしヘイロンを攻撃することで“うまく使う”条件を満たせるっていう話なんだけど。
新藤:あら!
RL:このままだと、ヘイロンがなんの制裁も受けないままになっちゃうから、誰かが神業を使って攻撃して!
エイジ:よーし。ルーラー、さっき撮った映像を!
RL:《タイムリー》だ!
エイジ:こんなこともあろうかと!記録は取っておいた!後は任せろ!
白子:オオーッ!!
ヒジリ:ヒーロー!!(拍手)
RL:上手い!
エイジ:フレーバーとして、ヘリに乗って、ヘイロンの社屋から実況生中継してる映像を流したい!そして、警備が来たら、「ヤベェ逃げろ!」って言って逃げる!!(笑)
新藤:大丈夫!ヘイロンの警備が来た時には《脱出》使ってやるよ!(笑)残ってるから!
RL:そんな映像とともにニュースで伝えられたと!(笑)というわけで、《タイムリー》で、ことの真相も明らかになりました。ヘイロンが王玲華に報復行動に出ることは当分ないでしょう。M○●Nを救ったことで、この街で彼女は英雄的な扱いを受け、手出しが難しくなるためです。
ヒジリ:イェーイ。
白子:王玲華さんも、逃げられたんですね。
新藤:ここまで来たんだから、手は考えてたんだろうな。
エイジ:行きたいところがあったら、言ってくれ。俺がどこでも運んでやるぜ。有料で。(一同笑)
RL:そこはお金取るんですね!(笑)
ヒジリ:「有料で!」は決め台詞にしても良いんじゃないかな?(笑)
白子:大丈夫ですか?今、スカンピンじゃなかったですか?
エイジ:だから有料なんだ。(笑)でも、多分1カッパーしか無くても大丈夫だ。
RL:良いヤツだなぁ~!
ヒジリ:おおっ!良いヤツだ!1カッパー分は送ってくれるんだな。
エイジ:それは嫌すぎるだろ!!(笑)
新藤:仕事探してるんなら、マダムを紹介するぞ。
ヒジリ:一緒に傭兵やらない?って誘うけど。

ウサギはまた跳ねる

RL:というわけで、個別のエンディング入ります。白子さん!
白子:はい!
RL:入院しているラビを見舞う白子。治療薬のおかげで経過も良く、じきに退院できるようだ。「わーっ!白子!来てくれたぴょん!すっごい活躍したって聞いてるぴょん!」
白子:いや~。
新藤:ぴょんが懐かしい。
白子:大丈夫!私の装甲にかかれば、戦車だってはね返してやるぶく!(笑)
ヒジリ:はね返してたねー。(笑)
新藤:はね返したな!
エイジ:活躍したって聞いても社交辞令だと思って、実際にやったとは誰も思わない。(一同笑)
新藤:何だったんだろう、あの頑丈さ。(笑)
白子:カニならではの頑丈さ!
RL:まあ、ラビは話でしか聞いてないですからね。
新藤:でも映像は撮られてるぞ!
ヒジリ:全部は撮りきれていないんだよ。
エイジ:うん。そこは多分カットしてる。生身でウォーカーと戦う女の子とか、逆にCG疑惑をもたれるからな!(笑)
ラビ:これも、お薬を運んでくれた人たちのおかげだぴょん。退院したら輸送隊の人たちを探して、ちゃんとお礼を言いたいぴょん。
白子:「すごく良い人たちだから!」あれ、でも、連絡つくんですかね、みなさん。
エイジ:うちの会社は、多分電話帳に載ってるよ。(笑)
RL:多分、連絡先を交換したでしょう。
ヒジリ:電話してくれたら、いつでも依頼はうけつけるぞ。
白子:じゃあ、みんなでうどんを食べに行くぴょん!
新藤:まさか!食いに行く気か!
エイジ:俺、うどん食いに死国に行くってのは嫌だからな!(笑)
ラビ:やった!じゃあ、テンペランスで美味しい店、知ってるぴょん!
白子:やったぁ!一緒にそこ行こうね!
ヒジリテンペランスで!?うどんの形状を保ってるか不安!(笑)
新藤:天ぷらうどん相当の、何か…!?
白子:大丈夫です!うどんはちくわの方がおいしいですから!!
RL:お、おう!!ひどいな!(笑)
白子:いい運び屋さんも居るから、大丈夫!

戦いは続く

RL:次はPC3。後のエンディングはサラッと書いてあるだけなので。
新藤:はい。
RL:あなたはM○●N傭兵団に戻って来ました。マダムM○●Nに労をねぎらわれます。「今回は、あなたたちのお蔭で、この町も救われました。ありがとうございました。」
新藤:まあ、仕事だったしな。次の仕事を紹介してもらおうか。
RL:そうですねー、という感じのところで、タイラント警報が発令される。「早速次の仕事のようです。」
新藤:そういう事だな。仕事は無くならない。変なのも多い。(笑)
白子 :またか、ですもんねー。
新藤:「だからM○●Nは面白い。」と言いながら、また鍵をくるくる回しながら出て行こう。
RL:良いですね。オーサカゆえに、致し方なし!
ヒジリ:エンドロールがこのまま流れても良いくらいだ。
RL:いやいや!次あなたですよ!(笑)

新しい依頼

ヒジリ:シーンカードは、レッガー!
RL:白夜だ。
ヒジリ:久々のお外で、疲れたので、ホテルかどっかで、ぐだっとしてると思うよ。「疲れた…。久々に外に出た…。いや、久々じゃねーんだけど…」
RL:じゃあ、あなたはジェットストリーム遼を倒したことで、傭兵たちの間で有名になります。
ヒジリ:ほうほう。
RL:なんか、コネ持ってますか?
ヒジリ:ドーリスと、天國…全部ろくでもねえ!!(笑)
RL:じゃあ、せっかくだから、白夜が出てきたことにしましょうか。
ヒジリ:いいよー。
RL:じゃあ、電話がかかってきます。IANUSに着信!
ヒジリ:あ、はい、筋肉痛が、あがが。(笑)
新藤:筋肉痛!?
RL:あれですよ!イントロン中、ヴィークルの中で、激しく揺さぶられたんですよ。固定はされてたんだろうけど、どこかが痛い!(笑)
ヒジリ:も、もしもし!
RL:じゃあ、白夜からコールがあったと。「話は聞かせてもらった。あんた、腕が立つんだってな。」
ヒジリ:まあ、それほどでも。
RL:「仕事の相談だ。秋川会、知ってるな。」
ヒジリ:ごめん、プレイヤーが知らない。確か、M○●Nのヤクザでしたっけ?
RL:そう。扉小説で白夜と話をしているシーンがあるのね。というわけで、「篠田ってヤツがいる。あいつを狙ってくれ。」
ヒジリ:やり方は?報酬は?
RL:というわけで、そんな感じで終わらせておこう。あんまり、公式ゲストをコロスっていう話になっても良くないんで。(笑)
白子:次回作フラグ!
ヒジリ:というわけで、傭兵?としての生活はまだまだ続くって感じですね。
RL:そうですね。ドローン使いとしての名前があがったので。
新藤:私、河渡にコネ持ってたから、もしかしたら仕事が来るかも。
ヒジリ:戦車だよ!?街中で目立ちまくりだよ!(笑)

風だけが知っている

RL:最後、PC1。というわけで、M○●Nに到着すると、輸送隊は解散となった。玲華は治療薬を分配するために、M○●Nの医療関係者との調整で忙しくなり、すぐに会えなくなった。ようやく騒動も落ち着いてきた頃、街で王玲華と偶然出くわした。「忙しくてお礼も言えなくて、ごめんなさい。あなたがいなければ、輸送は成功しなかった。本当にありがとうございました。」
エイジ:なーに、気にするな。こっちはただの仕事だった。
ヒジリ:本当にただの仕事だったよね!
エイジ:あれのおかげで、俺もひと息つけたよ。
RL:ひと息っていうか、とりあえず町で英雄ていな扱いを受けた。そして、報酬よりも、でっかいものが得られたって感じかな。
新藤:あ、フェイタルゲイズは返したよ!(笑)
ヒジリ:仕事が沢山入ってるんですよね?
エイジ:仕事は入って来てるんだ。でも、やったことがあれだから、命知らずなヤツなんだと思われて、そんな仕事ばっかり入ってくるんだ。(一同笑)
新藤:だよね!
ヒジリ:でも、報酬は弾んでくれるでしょう!(笑)
エイジ:そういうわけなんで、あんたも生きていければ良いんじゃないかな。しみじみと。
王玲華:これからの事は、あまり考えていないんです。何社かからスカウトが来たのですが…でも当分、メガコーポ勤めはやめておきます。
ヒジリ:そうなのか?
RL:「待遇はともかく、また今回のようなことになるのも嫌ですから。それでは、縁があったらまた…」と言って立ち去りかけるんですけど。足を止めて。「ひとつ教えてください。あのバーで依頼をしたとき、他のカゼはみな断りました。…あなたは、借金を返したかったんですよね。」苦笑しながら!(笑)
ヒジリ:なんて締まらねぇー!(笑)
エイジ:俺もはははって笑った後に!一言。「実は、俺の会社の、社員が居たからさ。」
白子:ああ。オーサカに居たんですね。
エイジ:「地元企業なんです。」それだけ言って、何も言わずに去って行く。
RL:「ありがとうございました。では、また」王玲華は去って行く。
ヒジリ:かっけぇ!
白子:多くを語らず。
RL:というわけで、トーキョーN◎VA THE AXLERATION『地獄のセト・ロード』終了させて頂きます。ありがとうございましたー。
一同:ありがとうございましたー。(ぱちぱち)
白子:お疲れ様です!
エイジ:なんだ、このシナリオ。(笑)
新藤:終わったなぁ!
RL:楽しかったなぁこれ!
ヒジリ:予想以上に楽しかった!

感想

福山と岡山で、1回づつ回してみた感想を箇条書きにしてみました。

  • 神業の使用想定場所がかっこいい
    《突破》の使用想定場所として《買収》されたドローン部隊を突破する場面や、FS[ブラックドラゴンを振り切る]の結末でゲストが神業を使う場面など、感動的にカッコ良いい仕上がりでした…!
  • ヒルコがすごい
    ウォーカーと素手で戦うPC2ヒルコの活躍が、各卓で大ウケしました。ルーラーとして、演出を考えるのが楽しかったです。
  • 初心者PLにはきついけどルーラー的には楽ができた
    福山のセッションでは終了後に、PC2さんから「頭から煙が出そうだった」という話を聞きました。さすがにN◎VA2回目の方にはきつかった模様です。なのですが、FS判定のイベントを読み上げていると、自然と荒野が目に浮かんでくる感じがとても良かったです。カット進行に夢中でも、背景の描写を入れることが簡単にできたので、初心者ルーラーとしては演出的な面でとても助かりました。
  • “セトロードデスワーム”はパワーワードだ!
    岡山のプレイヤー達からも、福山と同様のリアクションを見る事ができました。
  • 王玲華と芳華玲を勘違いした
    D以前から遊んでいる人たちが勘違いしていたようです。残念ながら、私はXからN◎VAを始めた人なので、事情が良く分からないのですが…。
  • アクトルールが多くて目が滑った
    これは、その3で書いた通りです…。
  • ムクロ大王が強烈すぎた
    福山でのセッション後にプレイヤーから感想を聞いたところ、「クライマックスのブラックドラゴンより、ムクロ団のほうが印象に残っている」という人が多かったです。確かに、福山のセッションではムクロ団との戦闘のほうが盛り上がったのかもしれない。
  • ゲストの殺意がすごい
    敵がバッドステータス邪毒や電子妨害を与えてくる!という話をしたところ、「殺意が高すぎる!」といって、古参プレイヤーほど異常に怖がる様子が観察できました。ちょっと面白かったです。
  • 「ぴょん」が伝染る
    ラビの「ぴょん」が強烈なインパクトを持っていたため、エンディングフェイズで遂にPC2さんに伝染しました。ちなみに岡山で回した際のPC2さんは、オープニング後には完全に伝染していました。
  • 経験点50点を渡すべきか否か、迷う
    福山のセッションでは、神業が余った人が多くなりました。PC1さんからは、「〈タイムマジック〉のお陰で、ゲストの攻撃が当たってもなんとか耐えられたから《脱出》が余った」という意見がありました。サンプルキャラクターを使用するだけならとても厳しい戦いになったと思うのですが、それなら神業が余らなかったかな?と思ってみたり。

最後に

書き起こし完了に際しまして…なんていうか、セッション直後の「めっちゃ楽しかった!」という興奮した気持ちのまま書き起こしをしてみたら、意外とアッサリしたリプレイに仕上がったなと思いました。どうしてそんなことになったかといえば、恐らくこのシナリオが、ランダム要素に翻弄されるプレイヤー達を見ながら、ルーラーも楽しめる良いシナリオだったからだ!と思っています。

最後に、このリプレイの書き起こしを許可してくださった作者の@SONE_99様に感謝の気持ちを表明しつつ、この場を締めくくらせて頂きます。ありがとうございました!

このシナリオは、下記サイトから全文をダウンロードすることができます。

Neuro/CrowD -トーキョーN◎VA THE AXLERATION 投稿型シナリオ共有サイト-

総セッション時間:4:39:27 書き起こしに要した日数:40日

「地獄のセト・ロード」 その5

クライマックスフェイズ中です。こんなに長く続いたカット進行、初めて!

RL:はい、じゃあ次の人ー。白子さん!
白子:はい。私は攻撃した方が良いんですよね。だったら、ここのチャーハン!
RL:チャーハン言うなぁ!(笑)
白子:名前覚えられなくて。えっと、エースがあるんですけど、避けられたくないので使います。
ヒジリ:相手はチャーハン!!
新藤:阮さん…。(笑)
白子:そう!ルァンさんです!
RL:正しくは阮のドローンだけどな!あ、でもここまで来るにはジェットストリーム遼の傍を通らないといけないので、〈運動〉の判定をして下さい。攻撃できるのは自動的に、遼だけですね。
白子:あー、そうでしたか。
ヒジリ:移動するためだけにAR使うのはもったいないなぁ。
白子:じゃあ、因縁の相手ですけど、良いですか?みすみすカニなんかに…!?(笑)
RL:「カニなんか」なんて言わないの!今日すっごい活躍してるんだから!!(笑)
ヒジリ:大丈夫だよ!
白子:じゃあ、〈牙の王〉〈怪力〉〈核酸毒〉〈白兵〉で、21です。避けて下さい!
RL:21でぇー!?そういうウォーカーは、ダメージ軽減を持っているな…。
白子:あー、避けられちゃいますかね?
ヒジリ:まあ、いざという時には、こっちにも必殺神業があるんで。
エイジ:21を避けるのは、なかなか大変だぞ。
RL:えーっと…じゃあ、ウーン。失敗しておこう。手札が良くない!
ヒジリ:よし!ダメージ出そう!
RL:ただし相手はウォーカーだぞ!滅茶苦茶防御力あるぞっ!
白子:固定値は19あるので、Sの28です!
エイジ:あと、〈核酸毒〉も入る。俺が食らってすごく苦労したやつを、お前も受けてしまえ!!(笑)
ヒジリ:なにその恨み言!?(笑)
RL:しゅごしゅぎましゅう!!えっと、どうしよう!?神業を使うしかないなぁ!?ダメージがありすぎて、ダメージ軽減を使ってもけっこうなダメージを受けてしまうのよ!
新藤:しかもこれが毎ターン使われるのよ!(笑)
RL:仕方ない!《死の舞踏》を撃ちながら、当たる!さらに〈ヘッドオフ〉を使用!10点減!18-6で、12か!狼狽を受けるんか…。
ヒジリ:達成値-10だ!
白子:え、でも、《死の舞踏》って…
RL:しました。正確に狙いをつけて、メタルザッパーが白子に迫ってきます!「カニごときがァーッ!!」
エイジ:これを食らったら確実に死ぬけど、今防御できるのは誰?
白子:じゃあ、自分に《黄泉還り》を!
RL:分かりました。ズバッと斬られるんだけど、謎のヒルコ的パワーで復活する!怖いわっ!!(笑)
新藤:泡が出てきて、ブクブクっと再生したんだ!(笑)
白子:「この装甲には勝てないぶく!!」ポーズを決めます!!(笑)
エイジ:ビジュアル的には変異系ヒロインだけど、やってることが仮面ライダーの怪人だよ!(笑)で、ちょっと気になるんですけど、遼が〈ヘッドオフ〉使ってますけど、邪毒は入るんですよね?
新藤:入るよね。
白子:邪毒2なので、ランクは4になりますね。
RL:4だったの!?じゃあ、クリンナップに邪毒を受けますよ…!(笑)キツイなぁー!結局、このゲームもバッドステータス祭りなんだなぁ。今までは、生きるか死ぬかのカット進行しかした事がなくって、あんまり考えたことがなかった。
新藤:ダメージが入って、バッドステータスが入るのが珍しいんだよなぁ。
RL:はい、次は窮奇なんだな。
新藤:窮奇をどうにかしないとなー。
RL:強いな、コイツ。最初にみんなに経験点50点あげといてよかった。
エイジ:その50点は全部〈タイムマジック〉に使ったけどな!(笑)おかげで2倍くらい生きてる気がする!
ヒジリ:2回くらい死にかけましたからねぇ…。
RL:どんどん窮奇にとって手札が悪くなっていくんですけどー!あ、いける!〈射撃〉〈拡大〉〈変異抜刀〉〈毒術〉〈核酸毒〉!もちろん範囲だから、遼のいるエンゲージを狙うよ!
エイジ:遼だけ避けてるのか。
RL:でも達成値は、たったの10なんです!
ヒジリ:回避には〈知覚〉を組み合わせないといけないのか。
RL:ただし、本来狙ったのはヒジリなので、理性の制御値は…(二人のキャラシーを見ながら)
ヒジリ:抜いてないね!
RL:抜いてないね!じゃあ、白子には当たらなかった。というわけで、ヒジリだけ当たったみたい!
白子:えっと…?これ、何を…?
エイジ:つまり、〈拡大〉っていう特技の効果で白子まで巻き込もうと思ったんだけど、巻き込もうとする特技が不発だったので、本来狙ってた方しか当たらなかったの!
白子:ああー!分かりました!(笑)でも、ダメージ算出前なので、今から〈ボディウォール〉使います!
ヒジリ:ありがとう!回避に失敗しておきます。
白子:えっと、クラブだから、成功します!よし!ダメージが算出されたら〈鉄心〉も使います!
RL:分かりましたー。ダメージはP+10。さらに邪毒のランクは5。で、大したカードが無いので、たったの16です。
白子:えーっと。
RL:装甲無茶苦茶あるんだよ、この子。
白子:ってことは、11点ダメージが減る。さらに〈鉄心〉で、…
エイジ:いや、この堅皮の効果の使いどころでは。シナリオ中1回だし。
白子:ということは、カキーン。
RL:ありえねぇ!固いー!だが、邪毒5は受けるぞっ!(笑)すぐに山札を引くんだ!
白子:3です。
RL:うわ低い。8か。…衝撃。狼狽を受ける。
白子:狼狽だ!あー。
エイジ:ムーブアクションが出来なくなって、メジャーアクションの達成値が-10される。
白子:でも、支援はできますね。
ヒジリ:みんな、すごい勢いで狼狽を受けまくってるなー。
エイジ:いや、支援判定にも-10は入るよ。すごい苦労するぞ。
白子:うーん、すみませんー。
ヒジリ:いえいえ!ありがとうございます!マイナーアクション何も使わないので、狼狽は次のメインプロセスで解除できますよー。
RL:では、次の人ー。あ、窮奇の次は遼だわ。実質動けないんだけど。
新藤:今、動いているのはCSが9のやつか。
RL:そうです。こっちも狼狽を受けているので。
ヒジリ:こいつ、近距離は攻撃できるの?
RL:至近になると、攻撃できないんですよ。なので、近距離だと、新藤になるな。まあ中距離まで使える気もするが。〈白兵〉〈鬼の爪〉〈カマイタチ〉〈ヘヴィファイト〉を組み合わせて、メタルザッパー。達成値が+3になっているので、ダイヤの5を出す!達成値は、15です。
ヒジリ:-10も入れて?
RL:そうか!狼狽が入っているから、5だ!ゲー!
新藤:私が回避するのか。これは何出しても避けれるんだけど。(笑)
RL:分かったよ!!(笑)あと、〈鬼の爪〉は制御値が抜けてないからダメダメね!あんまり意味がないけど!
新藤:とりあえず、回避。
RL:攻撃がヘロヘロな感じですかね!悔しいね!で、CS8の人ー。みんな、FSするのかな。
エイジ:ムーブアクションできないし、やることがねーんだよな!
新藤:息吹の射程は中距離まであるぞ。(笑)
エイジ:そうか中距離まであるのか。
新藤:まず、先に私が〈知覚〉判定するぞ。エースを使って、達成値を21にします。
RL:21なので、差分値11。進行修正は2。なので、進行値は3になるぞ。
エイジ:3になったって事は、判定に使う技能が〈操縦〉になったのか。
RL:目標値は10です!"災厄"前、セト・ロードは海の底だった。その頃にかけられていた巨大な橋の残骸を発見する。あそこに誘い込めば、好機があるかもしれない!
白子:おお!
RL:進行判定の技能を〈操縦〉に変更!あそこに巨大なジャンクションが!与島パーキングエリアだ!(一同笑)
新藤:待て!ここは明石大橋だ!!(笑)
RL:違うわ!瀬戸大橋なんだよ!!(笑)

ちなみに、2週間後に岡山市内でこのシナリオを回した時は、この場面で、岡山県民のプレイヤー達「瀬戸大橋だ!」2週間前に同じことを考えてたRL「明石大橋だよ!」というやり取りが発生しました。やはり県外の方のほうが、その辺の地理に敏感だったらしい。そして、瀬戸内海にかかる橋と言えば瀬戸大橋と言ってしまう岡山県民たちであった…。

RL:(地図を確認しながら)た、確かに明石大橋ですね。はい!(笑)与島のジャンクションはカッコイイんだぞ!
エイジ:「行くしかねえ!」って感じで。ムーブアクションができないので、マイナーで狼狽を解除します。20は無理なので、〈操縦〉で10を出します。で、SFが2なので、進行修正は2になります。
RL:分かりましたー。SFが2って事は、現在の進行値は6になりました。
白子:これ、みんなで移動してるんですか?
RL:そんな感じ。
エイジ:移動しながらバトルしているイメージです。
白子:ほう。横移動。
エイジ:横移動!!(笑)
RL:ヴィークルの上を飛び回って戦闘していると思って下さい!カッコイイねー!(笑)
新藤:カッコイイなおい!
ヒジリ:どうするかなー。今は、まだ〈操縦〉判定なんですよね。SFは2なので…〈操縦〉判定しても良いよね。
エイジ:どうぞ!
ヒジリ:7まで行ったら、判定に使う技能が〈白兵〉〈射撃〉に変わるのか…。
新藤:今かけたい音楽があるが、かけたら邪魔になる?ロマサガ3の術戦車バトルの曲。(YouTubeを見せる)

RL:知らないなぁ。
ヒジリ:なんか、セト・ロードっぽいな。
白子:なんか、砂埃を感じますね。(笑)
ヒジリ:とりあえず、これで達成値21って言おうと思ってるんですけども。差分値11です!さらにSFが2なので。
RL:進行値9に進みますね。巨大橋の下にさしかかる!橋脚を破壊すれば、瓦礫で敵を押しつぶして、振り切ることができるだろう。全火力を集中して、橋脚を粉砕せよ!進行判定の技能を〈白兵〉〈射撃〉に変更。12です!
ヒジリ:はーい!
白子:12か!
RL:というわけで、クリンナップに入るよー。
ヒジリ:邪毒+4。
RL:はい。8です。また狼狽だった!!
新藤:また狼狽か!?(笑)
ヒジリ:なんでさらに狼狽してるん!?(笑)
RL:知らん!分からん!要するに、核酸毒だよ!泡を食らって、ア゛ーン!!ってなってるんだよ!
新藤:泡に毒があったのか!!(笑)
白子:わぁ!(笑)
ヒジリスベスベマンジュウガニって、すごい毒を持ってるんだよ。(笑)
RLスベスベマンジュウガニ!(笑)カニカーニ!!
エイジ:全部カニが持って行くな…。
ヒジリ:カニ強い!
RL:いやぁ、PC1もけっこう強烈ですけどね!(笑)
ヒジリ:みんな強烈だ!あと1進めばFSは終了だ!
白子:じゃあ、エースを持っているので。次のマイナーアクションで狼狽を解除して、「そーい!」ですね!
ヒジリ:そーい!
新藤:そーい!!(笑)
白子:ハサミでパッチンしちゃえばいいんですね!
RL:すごい!橋脚までパッチンされたー!それとも核酸毒で溶けましたって感じかな!リアルバイオハザードだなこの子。
白子:みんな、お友達にな~れ!みたいな!
ヒジリ:怖いよ!
新藤:どんどん増えるのかよ!(笑)
ヒジリ:ラビの事も思い出してあげて!(笑)
新藤:そういえば忘れてたな!
白子:ラビのためだからこそ、心を鬼にして戦っているんですよー!
エイジ:おに…!?
新藤:心をカニにしての間違いだろ!(一同笑)
RL:みんな、頑張れー!というわけで、第3カット!セットアップでーす!閃鋼はシーン中有効!なので、
ヒジリ:まずは阮さんの攻撃ですね。
RL:ですねー!もちろん、窮奇を動かすよ。〈電脳〉〈サポート〉で、これで成功!…また、この手札は窮奇にとってはヒドイな。…〈射撃〉〈拡大〉〈変異抜刀〉〈毒術〉〈核酸毒〉。さっきから、白子ヤバイんだよねー!ということで、ここを狙っていこうか!
白子:えー!?
エイジ:べつに、こっちに来てもいいんだぜ!?
白子:これ、回避ができない!
RL:えーっと、16!〈拡大〉があるから、ついでにヒジリも狙ってやろう!
ヒジリ:それは避けれるぞ。
白子:狼狽って、回避にも-10入るんですかね?
エイジ:狼狽はメジャーアクションだけだ。
白子:いやー、でも〈知覚〉を組み合わせて、16は無理です。
ヒジリ:とりあえず、失敗してカード回しておこう。
白子:分かりました。
新藤:〈ブロック〉は近距離までかばえるぞ。
RL:《突破》で、窮奇の生体武器:銃を壊してしまうっていうのはどうだ?
新藤:あー!なるほど!
白子:つまり、主砲を、やってしまおう、ってことですか?
RL:そういうこと。
新藤:じゃあ、このタイミングで《突破》を使って、相手の攻撃より前に壊してしまおう。
ヒジリ:オオー!
白子:かっこいい!
新藤:じゃあ、演出的なものだけど、ルーラー、突撃していい?
RL:どうぞ!
新藤:というわけで、相手が主砲を撃とうとしたときに、アクセル全開で主砲を相手の武器にブチ込んで!
一同:おおー!
新藤:「邪魔すんな!って言ってんだろうがッ!!」《突破》!!
ヒジリ:おーっ!(ぱちぱち)
RL:レーザーで撃ち抜かれたー!
新藤:レーザーじゃなくて、ルシファーズハンマーの方だ!実弾だ!だって、フェイタルゲイズ壊したら怒られるもん!!(笑)
エイジ:地獄の果てまで追いかけるからな!(笑)
新藤:よし。これで窮奇は無力化されたぞ。
エイジ:生体銃は一瞬膨らんで、中から破裂させられた。
新藤:終わったら、Uターンして元の場所に戻る。ゲーム的にはな!(笑)
RL:「ギャーッ!!」そうだな。だがここで窮奇は《突然変異》を使用。いきなり遼の《死の舞踏》をコピーします!で、よく分からない刃物的な残骸で斬りかかってくる…と思ったけど、射程が足りないな!!
ヒジリ:足りないな!
RL:くそー、コピーできる必殺神業が無い!できなかった!普通に食らってしまったわ。
新藤:じゃあ、破壊されたってことで!
ヒジリ:っていうか、窮奇は全然神業を使ってないじゃないかー!こえー!
RL:3つ残ってるんだよなー。じゃあ、16が終わり。(ダメージの算出を忘れているけど)9の人どうぞ。
新藤:通常の流れに戻ろう。
白子:分かりました。マイナーアクションで狼狽を解除して、12あればいいから、〈白兵〉で、18!
RL:達成値は18なので、普通に1進んで、進行値10。橋脚すらもパッチンするハサミの力がさく裂した!
白子:弱きものの声を聞けー!
ヒジリ:お前強いじゃん!!(笑)
エイジ:周囲からワーッとカニが集まってきたのか!
RL:クリア。橋の残骸が敵の上に降り注ぐ。やったか!?
新藤:「やったか」はフラグだ!(笑)
RL:橋の残骸が敵の頭上に降り注ぐ。だが、敵もさるもの。瓦礫を吹き飛ばしながら、なおも追いすがる。というわけで、ジェットストリーム遼は《突破》を使用します!
ヒジリ:え、何が起こるの!?
エイジ:落ちてくる瓦礫を吹き飛ばすのか?
RL:そうです。そこを突破するんです。「ははは! 味なマネをしよる!」
ヒジリ:よっしゃ!使わせたぞ!
RL:阮海峰は《タイムリー》を使用します。「やる……だが、逃がさんよ」
ヒジリ:あ!やった!
RL:窮奇は、《天変地異》を使用して避けます!「ボバァーッ!」
新藤:避けた…。
エイジ:や、野郎!《タイムリー》をコピーしやがった!?
白子:あ、全員避けた!?
RL:だが、そこで3つも使わせたってことだ!
ヒジリ:なるほど!こうやって、良いことが起こるのか!
RL:そうそう。だから、このFSをクリアしないままだと、3つとも残ってしまうんですよ。
ヒジリ:うわ、こわー。
RL:OK!じゃあ、カット進行に戻りまーす。
新藤:結構リソースを削ったなぁ!
エイジ:今のCSは9ですよね?
RL:次は窮奇と遼だ!
新藤:さあ。主武装が無くなってるやつと、狼狽を食らってるやつだが。
RL:そうなのよー!だから、マイナーで遼が狼狽を回復します。っていうか、さっきの手番で狼狽を回復してても、邪毒でもう1回狼狽を食らってたのよね!最悪だよね!(笑)
ヒジリ:すごい可哀想!
RL:〈白兵〉〈鬼の爪〉〈カマイタチ〉〈ヘヴィファイト〉全部いけるな。…射程的に、ここを狙うっきゃねーな。
新藤:私か。
RL:達成値は、生命の13。制御値は抜けてますか?
新藤:12だから、抜いてるよ。
RL:良かった!ダメージ軽減不可になります!13です。
新藤:回避できればいいんだな!それなら普通に避ける。〈操縦〉で18。
RL:アチャー。斬ったんだけど、向こうの方が素早かった。
エイジ:巧みなハンドルワーク。
新藤:いかん!だがこっちの手札は悪くなった!これはまずい!
RL:次は窮奇だよ。では、そうだなー。ムーブアクションで、移動します。うーんと、近距離まで移動して、《突然変異》でコピーした《死の舞踏》を使用します!神業にも射程があるのよね!
ヒジリ:誰を狙うの?
RL:さっきからずーっとこっちを狙い続けていた、彼女を!
白子:えー!?
エイジ:ここは《タイムリー》か。あと防げるのは…
新藤:《難攻不落》をコピーして使うのもアリだぞ。
白子:じゃあ、それで。分かりました!
RL:残った主砲の欠片か何かでシャーッと斬りかかって来る窮奇!でも、
白子:《難攻不落》。「効かぬわ!!」(一同笑)
新藤:何でそんな男前なのよ、カニ!?(笑)
RL:何だろう?泡がブクブクっと出てきて、
白子:滑った感じですね!
エイジ:何だろう。他はヴィークルでバトルしてるのに、そこは生身なんですよね。なんか、なろう小説の転生系主人公みたいだ!(笑)
新藤:なんか一人だけ活躍の仕方が違う!(笑)
RL:確かに、なろう小説的な無双っぷりだ!!(笑)
白子:「なろう」でカニにはならなくないですか!?(笑)
新藤:いや、でも最近はスライムとかにもなってるんで!
ヒジリ:ああ、あったなぁ、そんなの。
RL:だが、まだ残ってるぞ!《不可知》を使用します!
ヒジリ:《不可知》!?
RL:でもねー、大した攻撃ができないんですよー…。何にもなくなっちゃったから。勢いで言ってしまったが、手札もコレ…。
新藤:イェーイ。
エイジ:白兵だけはできるんじゃないの?でも、装甲抜けるの?
RL:んー。じゃあ、仕方ない。《不可知》で私はここに移動したって事にしよう。
エイジ:オオゥ!?
RL:で、〈白兵〉で攻撃しようと思ったけど、何も出来なかったから、手札を1枚捨てる。
エイジ:演出的には、装甲だけ削った感じか。ガリガリガリッと。
新藤:なんか、駄々っ子パンチにしか見えない。(笑)
RL:だって主砲がやられたんだもん!
エイジ:やべー!なんでこいつが来るんだよ!一番、降りて殴りたくないやつが来たじゃねーかよ!(笑)
RL:よく考えてみろ!メジャーアクションはまだ残ってるもんね!というわけで、でもいいカードは来なかったんだよなぁ…。ハートが無いから、白兵攻撃ができないんですよー!仕方がない!仕方がないよ!山引き!…失敗。
ヒジリ:失敗しとる!(笑)
エイジ:あぶねー!
RL:ありゃりゃ。次、どうぞ。
新藤:私だ。主砲を撃つか。
エイジ:ちょっと待った。俺、今ここに居ると、降りて殴るか、遼のいるエンゲージに息吹を吹くしかないのよ。
RL:近づいておいて良かったわー。
白子:ここに息吹されたら困ります!(笑)
エイジ:できないじゃん!何も!(笑)
新藤:しまった。息吹の射程は近と中だ!
エイジ:というわけで、〈操縦〉の判定で、窮奇と別のエンゲージに移動しますわ!
RL:窮奇は、ぴちぴちしながらそこに居ます。なので、〈運動〉で対決しなきゃいけないんだけど、ぶっちゃけるとハートが無いからできないのよ、こいつ。
新藤:〈運動〉1しか無いのか。
RL:おりゃっ!…失敗。
エイジ:じゃあ、これで17を出して、成功。移動します。じゃあ、前に移動する。
白子:混戦ですねー。
新藤:さて、フェイタルゲイズを撃つか。(笑)

f:id:Coboler:20170121141903p:plain

RL:出たー、フェイタルゲイズ。(写真を撮りながら)っていうか、このカット進行の台本がね…本当によく出来てるよね…!
ヒジリ:混戦してる感じがすごく良いよね。
白子:今の逃げるところも、ヴィークルならではですよね。
RL:そうそう。でも窮奇の悪あがきが何とも言えない。カッコ悪くて申し訳ない!(笑)
新藤:武器壊されたらこうなるよな。逆をやられたらツライけど。というわけで、狙って一番いいのは、誰だろうね。
ヒジリ:誰でもありではあるな。
RL:神業が余ってもしょうがないしー。
新藤:窮奇は多分、無視しても良いんだ。
RL:素手しかないもんな。しかもハート来ないし!
新藤:さっきから援護がうっとおしいので、阮を撃ってしまおうか。
白子:え!?今、射線上に居ますけど…
RL:大丈夫!「避けろー!!」ってなって、この密集地帯も散開してるはずですから!(笑)
新藤:というわけで、チャーハンに…!
白子:チャーハン…。(笑)
ヒジリ:本当にチャーハン食べたくなってきたぞ!
新藤:長射程で範囲攻撃をできる技能もあったが、私は取っていない。というわけで〈射撃〉。ダイヤを出して、19!
RL:こっちも〈操縦:ドローン〉で避けなければならないんですが…えーっと、避けたいんだけど、手札を温存したい。でも同値で回避する。19。
ヒジリ:はい!じゃあ、そこで宣言!《とどめの一撃》!
RL:わー!あっちゃー!
ヒジリ:油断したところで、ドローンが陰から撃つ!
RL:「やりよるな……ぐふっ」どこかで本体が倒れた。
白子:おーっ!!
ヒジリ:倒れたっ!よっしゃ!支援役がいなくなった!
RL:「良い、一手だ…」今のは良かったぞ。
ヒジリ:緊張したー!あと二人!
エイジ:よし。じゃあ、ヒジリの番だ。
ヒジリ:射程が近距離なので、ここから出ないと。〈運動〉の判定をしたいです。
RL:えー?
ヒジリ:ヨロヨロになっていますが、一旦退避!遼は狼狽は解除しているんですよね?
エイジ:狼狽は解除されているが、邪毒は残ってる!俺もそれで苦労したんだよ!(笑)
白子:ああ!じゃあ、また山札引いて貰えるんですね!
RL:そうだよっ!!これで高い値が出たら、死にます!
ヒジリ:というわけで、〈操縦:ドローン〉で判定しますね!〈電脳〉を組み合わせて、22!
RL:で、達成値比べろと?えーっと、遼の〈操縦:ウォーカー〉はけっこう高いよ。これで、21…じゃあダメなのか!!
新藤:こっちは22だよ!負けてるよ!
RL:駄目なのか!じゃあ、失敗しておこう!
ヒジリ:じゃあ、ドローンは後ろにさがる。よし。これで、窮奇でも遼でも攻撃できる位置についたぞ。ただ、問題は、遼にはまだ神業が残ってるってことだ。
RL:さて、次は、クリンナップ。邪毒のダメージを受けまーす。…
エイジ:(RLが引いた札を見て)9点かな?
RL:9は、朦朧…。酩酊(小)を受けるのか…。
新藤:なんでそんなバッドステータスが来まくってるの!?
RL:一人やられたから、ちょっと動揺してるんだよ…。
ヒジリ:すべての制御値と達成値に-2のはず。
RL:そうでした…。
白子:やっぱり、女の子は毒を持ってるんですよ。(笑)
RL:いやいやいやいや!カニだから!
ヒジリ:そんな、きれいなバラには棘がある的な。
RL:確かにカニにもトゲがあるけどー!(笑)
新藤:酩酊(小)はクリンナップに回復するけど、今、クリンナップ過ぎたよね?(笑)
ヒジリ:もう1周かかるね!
白子:良かったー!
RL:じゃあ、第4カット。セットアップ。こっちは何もしません。
新藤:念のため、ターボユニットを使うぞ。
ヒジリ:何をターボするんだよ、今更?
新藤:チャージ!勢いつけて行こうと思って!
RL:じゃあ、次は白子の番。
白子:じゃあ、邪毒で達成値にマイナスが入っている遼に。
RL:神業がまだ残ってるぞー!
白子:でも、それで神業を使わせたら、皆さんが後はやってくださるのでわかりました。当たるかなー?
RL:死に体の窮奇で私は何をすればいいんだよ…。
白子:21で〈牙の王〉〈怪力〉〈核酸毒〉〈白兵〉を宣言します!
RL:クッ…(笑)避けれるわけないだろぅ!!《脱出》を使います!まだやられるわけにはいかんよ!!
エイジ:神業で回避されたけど、《突然変異》で無理やり当てに行っても良いとおもう。
白子:でも、《難攻不落》を使わせてもらったので。
エイジ:じゃあ、しょうがない。
RL:誰かの《突破》を《ファイト!》して、遼のウォーカーを壊して、裸でひっ捕らえるというのもある。(一同笑)
ヒジリ:かわいそすぎる!!それはもう死ぬより屈辱的だぞ!?(笑)
RL:まあな!私は以前、敵の多脚戦車を《天変地異》で壊して似たようなことをしたことがあるんだけどね!
エイジ:カゼはヴィークルを壊されると本当に痛いんだぞ!?
RL:アラシ同士カゼ同士のルールなんて、バサラの知ったことかってんだ!はい!
白子:次は窮奇さん?
RL:そうだねー。どうしようね、これ。(この一言に惑わされて遼を動かすのを忘れてしまったRL)
新藤:なんかする?
RL:窮奇ねー…良い所に来たのよ!ハートのA!
新藤:おお!誰に攻撃するの?
RL:ムーブアクションでトレーラーの傍に移動して、〈白兵〉で21!(笑)
エイジ:なにぃー!21!?
新藤:しまった!ここからだとカバーできん!
ヒジリ:まだだ!神業がある!
エイジ:任せろ!〈操縦〉で21だ!
一同:おおー!!(拍手)
RL:避けた!?
新藤:持ってたのか!
白子:カッコイイ!すごーい!
RL:悪あがきまで失敗してしまったわ!
エイジ:「あぶねぇぇぇー!」と言って避けて、「なんでこいつ俺にばっかり付いて来るんだ!?」
ヒジリ:ワクチン持ってるからでしょ!?
新藤:敵さんが一番優先で狙ってる目標だからだよ!(笑)
RL:ここを狙えって言われてるんだよ!(笑)
エイジ:来るなら来い!まだ壊れちゃいないぜ!
RL:だが遼はとりあえず邪毒を解除して終わるぜ!手番間違ったわっ!(笑)
ヒジリ:僕の心臓、まだ動いてる!
新藤:さて、次は8か。とりあえず、窮奇をやろうか!
エイジ:こいつを何とかしてください!
新藤:窮奇に対してやるとしたら、〈射撃〉で19。
エイジ:ちなみに、撃つのはフェイタルゲイズですか。
新藤:そうだよ!ダメージがXになるのは強いよ!
エイジ:大活躍だな。何であんなのが基本ルルブに載ってるんだ。
新藤:普通は搭載できんからだろ!
RL:こわーい!じゃあどうぞ!じゃあ、窮奇だったら、普通に回避するな。
新藤:できるのか?
RL:回避だとスペードが使えるから17は出せるか。でも駄目だ。仕方ない…失敗しておこう。
新藤:ダメージは、Xの21!
RL:エーックス!「ボバァーッ!!」…死んだ。(間違えて同エンゲージにいたエイジの駒を取り上げる)
エイジ:そっちじゃない!!それ俺のトレーラー!!誤爆したー!(一同笑)
新藤誤爆しちゃったー!!
エイジ:まさかの誤爆!!
RL:ご、ゴメン!(笑)
白子:そ、そこで燃やされたら!せっかくの頑張りが!(笑)
ヒジリ:今、神の手でトレーラーが取り上げられるところだった!
RL:ゴメン!まじサーセン!(焦)あやうく襲われかけたトレーラーは、新藤によって救われたって感じでした!はい!!
エイジ:ちょっと面白かった!(笑)というわけで、ムーブアクションでここまで移動して、メジャーで、やることはない!(一同笑)だって、息吹撃ったら遼と一緒に巻き込まれるだろ!?
新藤:焼きガニの出来上がりだー。
RL:はい。では次が最後の手番。
ヒジリ:皆さん、よろしいでしょうか。〈射撃〉〈電脳〉〈パワーファイト〉〈必殺の矢〉で達成値は25。差分値よこせー!
RL:25?差分値!?差分値に沢山入れられては困る!というわけで、冷や汗タラタラ!
白子:酩酊(小)の場合って、達成値が下がるんですよね?
RL:そうか!-2入るから、15…。
ヒジリ:差分値は10。久々にまともにダメージの計算をしたぞ。大盤振る舞いだ!Pの32ダメージ!
白子:おおーっ!!消し炭だ!
RL:ちょい待てやぁー!!Pは5点止めます!
エイジ:27ダメージ。
RL:…どちらにせよ死んだ。
ヒジリ:死んだね。
RL:ああー…。なので。「この俺を倒したことを、世に誇れい! ぐはあっ!」と言ってしめやかに爆発四散した…。
ヒジリ:地獄で待っててくれ。
エイジ:その様子を、ずーっとカメラに収めておこう。(笑)
ヒジリ:何で!?
白子:戦場カメラマンですか!?
エイジ:いやー、こっちもミラーシェード持ってるんだけど、カメラ機能があるんだよ。
RL:はいはいはいはい~!何か、撮られちゃった!証拠的な何かを!(笑)
ヒジリ:そうなんだ!撮られてるよー。

続く。次、エンディングフェイズ…!

「地獄のセト・ロード」 その4

f:id:Coboler:20170108210453p:plain

前記事も更新しながら、きりがいいところで次の記事を更新しています。現在、時間的には折り返し地点に来ております。

地中よりの脅威

ヒジリ:では、先に登場判定に失敗。
エイジ:こっちも失敗しておこう。
RL:地中よりの脅威。
新藤:あっ!
白子:わぁー!きたー!
RL:地面が鳴動したかと思うと、地中から巨大なミミズを思わせるミュータントが姿を現す。伝説のヒルコ、セトロードデスワームだ!
ヒジリ:セトロードデスワーム!!
RL:まだ輸送隊に気付いてはいないようだが……?「あれはセトロードデスワーム、別名スーパーグラボイズ! やはり実在していたのね!」(笑)
新藤:何なんだよアンタ!?
エイジ:何だよそれは!?
ヒジリ:アンタ、知ってるのか?
王玲華:それはもう専門分野ですから!ご存知ないのですか!?推定全長150m、地中を猛スピードで進み、動くものは何でも食べる獰猛なヒルコですよ!
ヒジリ:あんた、怪獣マニアか何かか!?(笑)
新藤:ぶっちゃけ、倒せる見込みは?
RL:「関わらないのが一番です。デスワームは振動を感知して獲物をとらえます。静かに進んで、やり過ごしましょう。」FS判定に入ります!
ヒジリ:イェーイ!これ、カット進行じゃないんだ。
新藤:RL、ホバーだけどなんかボーナスない?
RL:無いですねー!
新藤:無いんだ。
RL:そりゃあ、地形的に一番いいかもしれないけど。何だかんだで、うるさいでしょうし。
ヒジリ:RL、ドローンは何か良いことある?
RL:ねーよ!結局トレーラーが通過できなかったら意味ないんだよ!
新藤:そうか。トレーラーが居たな。(おい)

ここで、FS判定のルールを確認する一同であった。詳しくはCTLを見てください、ということで省略します。

RL:というわけで、〈隠密〉の達成値で一番高い値が出せる人に、支援判定をしておけば、その人の達成値が上がって、進行値も上がって、最後10になったら終了。と言う訳なので。
ヒジリ:誰か、隠密持ってます?
新藤:1しか無いねぇ。
エイジ:無いぜ。
RL:まあ、外界が高い人が一番かな。
ヒジリ:外界みんな、いくつ?
エイジ:お前のブルジョアさ加減からして一番だろ。(笑)
ヒジリ:外界9で、ダイヤの10があるので、これで19。これ、〈電脳〉を組み合わせられる?
エイジ:一応、ダイヤのAなら持ってる。1回だけならOKだと思う。
RL:えーっと、他の行動との組み合わせはできない。うーん、RLが認めれば可って感じか。どうしよう。まあOKってことで。
ヒジリ:よし。じゃあ、〈電脳〉を組み合わせられるから、達成値は24にできるぞ。
RL:進行値は高ければ高いほどいいので。つまり、目標値が10だから、2点になるわな。支援判定する人がいたら、もうちょっと増える。支援判定には、〈知覚〉〈隠密〉〈社会:テクノロジー〉が使える。
白子:〈知覚〉は出せるんですけど…。
新藤:〈社会:テクノロジー〉は、ある!でもダイヤが無い!しまった!
白子:待機しておいてもらえば、次で何かが使えるかも。
新藤:じゃあ、私は支援はしない。
白子:目標値は10ですよね。じゃあ、〈知覚〉で成功。
ヒジリ:よし。じゃあ、進行修正が2になるな。
新藤:〈知覚〉だったら出せる!
エイジ:こっちも〈知覚〉で出します。
ヒジリ:じゃあ、進行修正は4か。これはもう、できるだけ高くしちゃった方が良いですよね。じゃあ、外界9で、カードは10を出して、19。〈電脳〉を組み合わせたら、24。
RL:差分値が、14ですね。じゃあ、5進みます。5になったので、進行値3のイベント。気付かれた! 猛スピードで迫るデスワームから全速力で逃げる。
ヒジリ:ぎゃー!
RL:「気付かれました! 戦っても勝ち目はありません、逃げて!」なぜ王玲華がこんなに詳しいかと言うと、彼女はUMAマニアだからだそうです。
新藤:やっぱりか!(笑)
ヒジリ:やっぱりマニアなんじゃねーか!(笑)
RL:では、進行判定の技能を〈操縦〉に変更。目標値は12。でも、さっき皆判定しちゃったよね。じゃあ、クリンナップ。3カット経過で敗北。今、1カット目が終わったので、次のセットアップに入ります。
新藤:〈操縦〉の判定なら私が行こう。12は普通に成功できる。
ヒジリ:まず、支援をしよう。〈隠密〉13で、成功。
エイジ:〈操縦〉は15で成功させられる。
白子:うーん、〈知覚〉は理性が4しかないので…
RL:これはだめだなー。
新藤:じゃあ、失敗しておけばいい。
白子:じゃあ、失敗しておきます。あ、ジョーカーだ。
RL:進行修正はSFになります。
新藤:今、2になってる。あ!ターボユニット!
ヒジリ:3!
RL:じゃあ、セットアップで使ったってことで。
エイジ:CSは二人とも8だから、どっちからでも良いな。
新藤:なら、10出して、〈操縦〉の判定で、6スタートの、9。19。
RL:進行値+3になりました。8になった。デスワームが背後まで迫る。
白子:え!?もうですか!?
RL:「ブモー!!フゴゴー!!」(笑)攻撃で怯ませつつ、谷にかかる細い橋を超えて振り切る。進行判定の目標値+5。
新藤:どこまで来るんじゃコイツ!(笑)
RL:支援判定に〈白兵〉〈射撃〉を加える。
白子:あ!やった!
エイジ:じゃあ、その前に。〈操縦〉で16。ターボユニット使ったことにしても良いんですよね?
RL:使った方が良いですね。そしたら、一気に振り切って、進行値が10になる。
エイジ:じゃあ、SFが3になるので、+3です。
RL:3で、進んで、11になるので。改造の成果があって、超特急で振り切った!「ああー、良かった!振り切ったようですね。さあ、先を急ぎましょう」ちょっと嬉しそう!(一同笑)
新藤:すっごく食われかけたぞ!?(笑)
ヒジリ:やっぱりヘイロンは変人ばっかりだ!
RL:「変人というか…UMAが好きだから最初はこの会社に入ったんですよ。最初は。だったんですけどね…」残念そうに。
白子:あー。
ヒジリ:残念そうなんだ?
RL:それは!こんなろくでもない企業だとは思ってなかったですもん!
新藤:希望に満ち溢れていた時期があったんだなぁ。
ヒジリ:いっそ起業してみたらどうだ?俺みたいに、独立するとか。
RL:「そうですね…」まあ、そんな感じで、次のシーンに進みましょう。

ジプシーのキャンプ②

ヒジリ:次は、『C』!
RL:次はジプシーだ。オーサカが近づいてきたから、またいるぞ。シーンカードは、タタラ。
ヒジリ:タタラって確か、キーが。
エイジ:タタラです。
ヒジリ:キー効果が使えるから、要らないカードを使って、買い物したらどうですか?
エイジ:ふむ。じゃあ何か買うか。
RL:肉体ダメージを受けている人は、治療できますよ。
新藤:あ、さっき受けたダメージが完全に消えたね。さっき3本目までダメになった気がするけどな!(笑)
ヒジリ:腕は2本しか無いのにな!
RL:というわけで、ジプシーのヒルコのお医者さんが、よく分からないヒルコ的な治療をしてくれる。
新藤:ありがたや、ありがたやー。
ヒジリ:ありがとうございますー。
エイジ:ありがたやー。ところで、購入判定したいんですけど。
RL:できます。
エイジ:これを、キー効果で、11にしたい。11と外界の6で17で、そこに報酬点を13点入れて、搭載兵器を。
新藤:おま、おま!?(笑)
RL:搭載兵器!?
ヒジリ:何を買う気ですか!?
白子:報酬点はどこに!?
エイジ:残ってたやつを、ほぼ全部使ったの。
白子:おわー…!
RL:まあ、買い時かもしれん。
エイジ:ここで生き残れば!次の仕事が来るんだ!!
白子:何か、フラグが…。
新藤:なんか、何か。自転車操業は止めないか?(笑)
エイジ:イケるはずなんだ。このフェイタルゲイズが!!
RL:レーザー兵器!?ダメージがXになるやつだ!
新藤:それ、最初に載せようと思って諦めたやつ…!
エイジ:「こんなこともあとうかと!」と言って、ターボユニットをバッカーン!!外して、乗せ換える!「もういい!!どうせ最後だ。俺の中の、ありったけを!」
RL:うわーぁぁぁぁ…。
白子:ジプシーから買ったって事ですか!?
RL:それは、ジャンクを売買しているジプシーが居たんでしょう。「こんなんがありますけど。」て見せた中から、「買います!!」って感じだと思う。
エイジ:自分で造る!
ヒジリ:そうか。タタラだから、作ったんだ!あんた!
RL:「直して使います!」って感じですかね。
ヒジリ:リサイクルだ。
新藤:輝いてるよ…!(笑)
エイジ:これで、問題は、俺は〈射撃〉1レベルしかないってことだ。(笑)
新藤:なあ、こっちはスロットが余ってるから、こっちに載せんか?
エイジ:どっちでもいいぜ!
新藤:え、いいの!?武器無いんでしょ!?
エイジ:無いよ!任せろ!あ、そっちから武器を1個くれるなら良いよ!
新藤:ルシファーズハンマーと入れ替えるか?
RL:タタラが居ると、こういう時に頼りになるなー!なんか、できそうな気がしてくる!
エイジ:ルシファーズハンマーの方が強くないか!?
新藤:こっちは、あと息吹しかないぞ。
ヒジリ:「なあ、アンタは射撃が得意なのか?」キャラクターとして訊くぞ。
エイジ:うーん…すごく微妙だよ!だから、買うだけかったけど意味がないかも!
白子:ロマン武器ってやつですね…。
エイジ:じゃあ、そっちに積もうぜ!戦車をフルチューン!スペシャルウェポンだ!
新藤:いや、マジでいいのか!?
白子:でも、すごいですね。丸腰でここまで駆け抜けたんですね。結局。
新藤:確かにスロットは足りるけどさ!?良いのか、本当に!?
エイジ:任せろ!仕事が終わったら返してくれ!!(一同爆笑)
新藤:じゃあ、データを書き写すか。
エイジ:ちなみに、他のものでも良いよ!30までなら出せるから!(笑)
ヒジリ:もうちょっと出そうか?お金。なんか、かわいそう…。
白子:私も…。
新藤:いやー、欲しかったんだ。これ。
RL:じゃあ、ジプシーさんたちが。「儲かった儲かった。この辺では、ウォーカーがそういうのを落としていくんだ。でも買ってくれる人は最近いかなった。」要は、戦って負けた連中から取って来ているんですね。
白子:なるほど。
エイジ:ちなみに、あんたの報酬点を出したら、もっと良いのが買えるぜ!(笑)
RL:いやー、プラチナムを貰ったら、こういう事が出来るんですねぇー!(笑)
新藤:いやー、スロットが4つあってよかった!
エイジ:で、報酬点の残りは1点か。
RL:1シルバーは、30万円くらいですね。
エイジ:終わったら返せよ!終わったら返せよ!!(一同笑)
新藤:これで、故障とかさせたら大事だなぁ。
エイジ:故障ならまだいい!破壊させたら、地獄の果てまで取り立てにいくぞ!(笑)
白子:ギリギリで生きてますねー…。
ヒジリ:「世知辛いなぁ。」傍で白子と話をしている。
新藤:なあ、息吹持って行くか?
エイジ:そっちの方が安くねぇか!?そういうシャークトレードは止めろ!(笑)
RL:シャークトレード!!(笑)
新藤:い、いや!ちゃんと終わったら交換するから!
エイジ:じゃ、息吹をこっちに積みましょう。ガシャーン。…俺たちは何をしているんだ。
ヒジリ:クライマックスの準備ですよねー!
白子:そうですねー!
RL:なんだろう。この朗らかな、傭兵たちの、世知辛い…。(笑)
新藤:でも、先生。大変な事になりました。主砲が2本。(笑)
ヒジリ:なんかこう、トンデモ兵器ですね!(笑)
白子:じゃあ、お揃いですね!
新藤:カニかぁーッ!!!(笑)
エイジ:すごいな。そのセンスには勝てない!(笑)
新藤:このクルマの名前は「シザーズ号」でほぼ決定だ!(笑)主砲が2本ついた戦車って、すっごいキワモノだぜ!
RL:ヒルコの女の子がパなかったっす!
ヒジリ:なんか、色々極めすぎですよね!
新藤:タタラが居たおかげで…!
エイジ:いや、これはタタラ関係ない気がする。
白子:シナリオがそうだったんですね!
新藤:買っちゃったもんなぁ。
RL:まあ、そういう兵器が買えそうな場所ではある!なんせ、セト・ロードだからだ!!(笑)
エイジ:壊れたものがいっぱい落ちてる!
白子:だから、クルマを降りて、殴りに行ったんですか?(一同笑)
エイジ:もういいかなー!!さすがに、ガチな傭兵に対して、そういう事はできないな!!
ヒジリ:さっき、ガチな大王様を殴りにいってましたけど…。
エイジ:大丈夫大丈夫!あれは!ちゃんと作戦があったんだ!至近距離だから、銃で撃たれることはないかなーって!轢かれる危険性はあったけど。(笑)
RL:そりゃそうだよ!相手はヴィークルに乗ってるんだから!(笑)
白子:カッコ良すぎる!(笑)
エイジ:だって、戦闘できる特技持ってないんだもん!しょうがないだろ!?(笑)
白子:白子の報酬点さしあげるので、何でも買って下さい!
エイジ:いいよいいよ!そこまでは良い!(笑)
RL:というわけで、何か調べたいことがある人。
ヒジリ:ここは失敗しておきたいな。誰か、【ブラックドラゴン社】について調べられそうな人は?
エイジ:13か。一応、出すことはできるが…。
新藤:そっちが行けそうなら、行っちゃってください。
ヒジリ:〈ストリームマップ〉で11、報酬点2点使って、13。
RL:はーい。ヘイロンのグループ企業である軍事・警備会社。親会社から、表沙汰にできない軍事作戦を任されることが多い。現在ヤマタイに部隊を展開している。指揮官は“戦場の打ち手”【阮海峰(ルァン・ハイフォン)】。その指揮下には傭兵ジェットストリーム遼。試作生物兵器・【窮奇(チョンジー)】を運用している。(情報項目のカードを並べる)
新藤:なんか増えたぞ。
ヒジリ:待って、待って。なんか、聞きなれない名前ばっかりが…。「聞きなれん名前だな。お前ら、聞いたことあるか?」
エイジ:いや、さすがに分からんなぁ。
RL:まあ、中国語ですからねー。
白子:らんふぁいふぉんさん?チャーハンの名前ですか?(一同笑)
ヒジリ:なんか、カニチャーハン食べたい!
RL:チャーハン…!
エイジ:お前がそれを言うと、俺らはなんてリアクションしたらいいのかワカランのだが!?(笑)俺たちにどういう反応をさせようとしているの!?
白子:え、いや、何か、カニチャーハンにさせられそうになって、ちょっとびびったんです!(笑)
エイジ:それは、どう反応してもハラスメント事案っぽくなっちゃうよね!?(笑)
RL:どう反応しても、ヒルコに対する差別的な発言になってしまうと。(笑)
ヒジリ:チャーハンになりそうな要素があるのか!?(笑)
新藤:カニのあんかけチャーハンか…。
白子:いやー…。(笑)
ヒジリ:分かった。チャーハンハラスメントだ!
新藤:どんなハラスメントだよ!!(笑)とりあえず、【窮奇】について調べられるぞ。外界が6だから、これで17になるぞ。
RL:なにー、知っているのか新藤。はい!窮奇は、ヘイロン製の巨獣型試作生物兵器

ここで新藤が情報収集をしているのだけど、実はジプシーに怪我の治療をしてもらっているので、本来は情報収集は行えないルールであった…。またアクトルールのミスでした…無念。

白子生物兵器!?
RL:現在はブラックドラゴンに預けられ、試験運用中。スタイルはヒルコ◎。
白子:どんな生物なんだろう。
新藤:傭兵仲間が遭遇したことがあったんだろう。聞いた覚えがある。
ヒジリ:そんな、おっかない生き物を飼ってるのか。ジェットストリーム遼はアラシだとして、阮海峰のスタイルは何なんだろう。
エイジ:どんどん、薄ら暗い話になってきたなぁ。
白子ジョーカーあるんで調べられます。〈社会:メディア〉で21。
ヒジリ:ジプシーに話を聞いた感じかな?
RL:阮海峰はブラックドラゴン社の指揮官。“戦場の打ち手”の異名をとる用兵家にして、ニューロ囲碁の有段者でもある。スタイルはエグゼク◎。
ヒジリ:ニューロ囲碁!?
新藤:うーん…面倒くさいのが来よった。用兵家か。
ヒジリ:あと二つが分からんのが怖いな。カリスマかな?
白子:これで最後ですか?
RL:最後ですね。じゃあ、次!そんなこんなでほのぼのムードのまま、もうオーサカが見えるよ!って感じの場所なで来ましたね。
ヒジリ:わーい!オーサカだ!
白子通天閣だー!
ヒジリタコ焼きだー!

クライマックスフェイズ

死中の活路

RL:では、ゴール!クライマックス!!
一同:ウェーイ!!
RL:セト・ロードを走破し、オーサカM○●Nの目前に迫った輸送隊。だがその進路上に、無数のドローンが展開していた。
白子:ぬおー。
RL:関門峡谷の時とは比べ物にならないほどの数だ。ドローンを指揮する男、阮海峰がほくそ笑む。王玲華、「もうすぐオーサカM○●N、ここまで来れば目と鼻の先ですけど…!?なんて数…」
エイジ:なんだ、あの数…!?
新藤:辛い旅だったな。(笑)
RL:終わらせんなよ!(笑)「この布陣が、この戦場の“鎮神頭”となる」で、《買収》を使用して、ドローン部隊を買い取ったらしい。
新藤:ああ。
白子:エグゼクだからですね。
RL:「我が“囲い”を抜けることはできない。悪いがキミたちの“石”はもう死んでいる」ここはですね、無数のドローンを進路上に配置しているので、通常の手段で通過するのは不可能です。《脱出》あるいは《突破》といった神業を使用することで、この状況を突破できます。
ヒジリ:宣言するのは、もうちょっと後?
RL:今でもOK。
ヒジリ:じゃあ、宣言しても良いですか?せっかく相手がドローンなので。
RL:どうぞ。
新藤:そうか、ドローン対ドローンだ。
ヒジリ:《突破》。「そんなふうに偉そうなことを言っていると…」と言って、ドローンの大群の中をヒューンと一機のドローンが飛び去って行く。すると、
RL:ドドドドドーン!!一斉に爆発する。
新藤:おおー!
RL:死中に活を見出すのだーー!!!by沖田艦長!(笑)
ヒジリ:知らねーよ!
RL:2199でもしょっちゅう言ってたじゃん!?(笑)
エイジ:じゃあ、それを見て呆気にとられるんだけど、「やべぇ、よし!行くぞ!!」
新藤:これが伝説の沖田戦法!(笑)
ヒジリ:じゃあ、走り去って行くところで、ひょいとトレーラーから顔を覗かせて、茫然としているはいふぇんほん?を見るんだけど、
RL:ルァン・ハイフォン。
ヒジリ:チャッ!キザっぽくポーズを決めて見送る!
新藤:相手のプライドズタボロ!
ヒジリ:そう!ズタボロにする!
RL:さっきのセリフ、一度言ってみたかったのよね…(笑)ということで、シーン終了!
ヒジリ:あー気持ち良かった。

遼来々!

RL:次はクライマックス2。では、ちょっと込み入った戦闘になります。
白子:はい。
RL:キャストたちは1エンゲージ。(駒を並べながら)近距離にジェットストリーム遼とドローン部隊(20人)2グループ。またアメちゃんを並べて、と。中距離に窮奇と阮海峰が配置される。

f:id:Coboler:20170111210116p:plain

ちなみに、写真に写っている"ラー油風ラムネ"はFGN先代会長の土産です。味については、「普通にマズい」「3口目から普通に飲めた」という感想が聞けました。

白子:窮奇は、生物兵器ですよね。
ヒジリ:この醤油差しの。
RL:[FS判定:ブラックドラゴンを振り切る]を並行して行ないます。さっきの要領で、カット進行と並行して行います。
新藤:ほう。
ヒジリ:やばいなぁ。
RL:FS判定をクリアせずにゲストを倒してしまうと、防がなければいけない神業が一気に増えてしまうので、まずはFSをクリアしてほしいな。
ヒジリ:じゃあ、先にFS判定をクリアしましょう。
RL:敵は、自分の手番が回って来たら、みんなを攻撃します。
新藤:まあ、そうだろうな。
白子:でも、かばうことはできますよね。
RL:そうですね。
ヒジリ:ただ、ARの消費は気を付けないと。
RL:なんですけど、とりあえず、FS判定をクリアする前に敵ゲストを攻撃してはダメ、ということではありません。勝利条件は敵ゲストの全滅。あと、敵は相討ちを狙ってくることはありません。目的はあくまでもワクチンなので。
新藤:なるほど。
RL:なので、先方もいっぱい必殺神業を持っていますが、だいたいトレーラーを狙います。
エイジ:トレーラー…。わかりました。
RL:というわけで、包囲網を突破した輸送隊に襲いかかるブラックドラゴン社の最精鋭部隊。その先頭はジェットストリーム遼の機体。得体の知れない巨獣。そして指揮官機とおぼしきドローンが続く。「ようやく俺の出番か。待たせたなぁ!」
ヒジリ:へーへー。
RL:「よくここまで辿り着いたのう。今こそ、俺の武名の礎となれ!」ジェットストリーム遼はいきなり宣言してくる。
新藤:文言がすごい三下だなぁ。(笑)
エイジ:何だあの酔っ払いは!
RL:酔っぱらってなんかないわ!!(笑)「そこに居るのは佐条ヒジリか。あの時、生かしておいた甲斐があったわ」
ヒジリ:「ようやく俺の顔を覚えたか!」だって実際は初対面だもん!
RL:あの時撃墜されかけたドローンを、今でも使っているから分かるんでしょうね。
ヒジリ:ドローンは修理して使っているから!「せいぜい俺の名を刻んで地獄に落ちな!」
RL:そっちも大概な三下じゃないか!(笑)「動須相応――キミたちの戦いぶりは見事だった。戦力評価を改め、手持ちの最大戦力をもって当たるとしよう」阮海峰が宣言します。
新藤:「戦力の過小評価は、用兵家としてどうかと思うぞ!」と言いながら煽っておこう!(笑)
RL:「シャギャーッ!」生物兵器が雄たけびを上げる。
新藤:シャギャーッ。
エイジ:こいつら、何でもありだな!?
ヒジリ:見た目はどんな感じなんですか?魚?
RL:魚じゃないよ!(笑)これは、いい駒が無かっただけだ!窮奇は、有翼の虎を思わせるヒルコ。
白子:虎。カッコイイですか?
RL:さあ。みんなの想像にお任せします。では、FS判定はこちら!まずは、初期は、〈知覚〉10、支援判定は、〈射撃〉〈白兵〉〈電脳〉〈社会:ストリート〉。
ヒジリ:〈知覚〉が一番高いのは?どれだけ出せますか?
エイジ:13までしか出せれないな。
新藤:〈知覚〉なら17まで出せる。
ヒジリ:こっちは20まで出せます。
白子:私は、支援で〈白兵〉が一番いいと思います。
RL:次は、進行値が3まで行ったら判定が〈操縦〉になるので、待った方が良いかもしれないですよ。
新藤:私は、待った方が良いかな。
ヒジリ:もしくは、攻撃してトループを減らすという手もあるが。
新藤:むしろ、エイジに〈操縦〉で判定してもらった方が良いかも。
エイジ:そうですね。ちょっと、ターボユニットを降ろしてしまったんですけど…。
白子:あ!SFが減った。
エイジ:でも大丈夫。進行値7までだから。私が〈操縦〉判定をしますね。メジャーアクションで攻撃しても、当たらないと思うんよね。
ヒジリ:じゃあ、イニシアチブ順で進めていきましょう。
RL:はーい。ジェットストリーム遼はセットアップで、〈ロケットスタート〉を使用します。CSが+6されます。今は9なので、15になります。
白子:おおー、早い。
ヒジリ:じゃあ、遼が一番速いのかな?
RL:阮海峰はセットアップで閃鋼を使用し、CSが6増えます。窮奇とトループは特になし。
新藤:ターボユニットを使用します。
エイジ:こっちは何もありません。

第一カットのCSは、阮海峰16⇒ジェットストリーム遼15⇒白子10⇒窮奇9⇒エイジ8=新藤8⇒ヒジリ6⇒ドローン部隊トループ4です。

RL:では、順番に処理していきましょう。阮海峰から。〈電脳〉〈サポート〉を使用。達成値は16で、達成値が+2された状態で、窮奇が動きます。
ヒジリ:窮奇が動く?虎が動くぞ!
RL:窮奇はARを使用しません。AR1のまま、〈射撃〉〈変異抜刀〉〈核酸毒〉〈毒術〉を使用。射程は近~中なので、トレーラーを狙おう。
エイジ:テェー!!でも射撃で変異抜刀って、ビジュアルが良く分からんな!
RL:全くだ。不意打ちみたいな感じかな?必ず〈知覚〉を組み合わせてリアクションして下さい。手札が悪いなー。達成値は18です。理性の制御値は抜いてるよね?
エイジ:抜いているが…〈知覚〉込みで18は絶対出ない。
ヒジリ:ここで神業を使っては?
エイジ:ダメージがどうなるかを見てからだなぁ。リアクション失敗して、手札を回そう。失敗。…2って何だ!
RL:では、〈核酸毒〉が入っているので、エライことになるよ。邪毒5です。攻撃力はP+10。一番いいカードを使うと、21です!即座に山札から1枚引いて、でた数+5点の邪毒のダメージを決めてください。
エイジ:うおー。まず、21を13点減らして、8ダメージになるんですよ。
新藤:8だと衝撃。バッドステータスの狼狽を受ける。
RL:さらに、山引きして下さい。
エイジ:9だから、14。眼部損傷。視界が悪化する。治療されるまで〈知覚〉判定に-5。すごいボッコボコにされましたけど、まだ生きてます!
新藤:狼狽は、ムーブアクションが行えない。メジャーアクションの達成値-5。
白子:これは、かばったほうが良かったですね。かばったことにできますか?
RL:むー、残念だが、戻して処理し直しはしない。残念。
白子:あー…すみません。
エイジ:治療を受けるまで続くのかー。
RL:なので、次はジェットストリーム遼が動きます!えーっと。そうやね。メタルザッパーを持ってるね!〈白兵〉〈鬼の爪〉〈カマイタチ〉〈ヘヴィファイト〉…と思ったけど、手札にクラブしか無いじゃないか!〈白兵〉しかできないじゃないか!(笑)
エイジ:衰弱によって、理性の制御値が-10。ブフゥ。
白子:かばえなくて、すみませんー。
エイジ:良いの良いの!攻撃が当たれば、だいたい制御値なんか抜かれるもんだ!
ヒジリ:そりゃそうだな!
RL:やべーなー。やばーい!手札がダメダメ!(ルーラーが手札を見せると、卓に失笑が溢れた。)射程は近なので、当てやすそうな戦車を狙おうかな!
新藤:はーい。
RL:なので、〈白兵〉で、達成値はたったの12だ!
ヒジリ:意外。
RL:手札がダメだったの!
新藤:じゃあ、〈操縦〉で避ければいいのね。これで20です。
白子:あー、良かったー!
RL:すごい勢いでメタルザッパーを振ったんだけど、避けられちゃった!
新藤:戦車の回避力は世界一!あれ?(笑)ホバーを舐めるなー!前だけじゃなくて横にも行けるぞー!スイー!(笑)
ヒジリ:わー!カニかな!?
RL:カニだと!?
新藤:たぶん、今は側面にシザーズ号って書いてあるぞ!(笑)
RL:次は白子の番です!
白子:じゃあ、トループを片付けましょう。トループだから、命中の達成値はそんなに必要ない感じですかね?
新藤:ルーラーの手札次第だな。
RL:さあどうかな?まあ、さっきも見たようにルーラーの手札はクラブの1色染めだったけどな!(笑)
白子:うーん。じゃあ、ハートで。〈牙の王〉〈怪力〉〈核酸毒〉〈白兵〉で、18です!
RL:じゃあ、〈操縦〉で回避しようと思ったんだけど、すみません。全然無理。山引きする。
白子:(絵札が出たのを見て)エエー!?
RL:いえ!これはファンブルですね!(笑)
白子:良かったー!じゃあ、20人ですよね。じゃ、これで27のSダメージです!
新藤:27!?(笑)
RL:ダメー!Sは1点しか防げない!オーバーキルされて死んだ!ドゴーン!!「何なんだこの子ー!!」
白子:良かったー!「ハサミの力にひれ伏すがいいー!」(笑)
ヒジリ:こえー。
新藤:でもカニなんだな。
エイジ:やっぱりセト・ロードは魔境だ!
RL:次は9の人です。窮奇ですね。今度は手札が良いから、まともな攻撃ができ…ないな。〈射撃〉〈変異抜刀〉〈毒術〉〈核酸毒〉。生体武器:銃による攻撃です。〈知覚〉なしのリアクションは不可です!なので、ダイヤ以外なら何でも攻撃ができるんだな。というわけで、クラブの4!達成値はたったの10!トレーラーを狙ったらかわいそうなので、ヒジリにしよう。
ヒジリ:ごめん。次に〈知覚〉の判定ができないかもしれん!とりあえず達成値は10!
RL:はい。リアクション側が有利なので、回避できました。「シャギャーッ!」
ヒジリ:ドローンがヒューンとかわしていく。FSはゴメン、無理!誰か〈知覚〉で判定できる人!?
エイジ:俺、-5食らってるから無理。
白子:私も今は無理なんです。
RL:次は8の人です。
新藤:私だ。どうする?トループを攻撃した方が良いかな?
エイジ:あの、確認なんですけど。邪毒って、まだ残ってるんですかね?
RL:邪毒は、マイナーアクションと、メジャーアクションを両方使わないと、解除できません。
エイジ:つまり、残ってるのね。じゃあ、それの解除で、手番を使います。
RL:分かりました。多分、〈核酸毒〉だから、強酸みたいな液体をかけられたんでしょう。それを、何とか落とそうとしている!
新藤:じゃあ、今回はトループを攻撃しますね。トループに対して、フェイタルゲイズ!
RL:出た!レーザー兵器!回避は山引きしかないんだ!
新藤:判定するね。〈射撃〉で16。
RL:13で失敗。
新藤:さっき頂いたレーザー兵器で、20のXダメージ!
RL:死んだよ!まとめて爆発したよ!(笑)一気に薙ぎ払われました。
エイジ:そのレーザーを見ながら、洗浄用の液をバシャーってやってます!(笑)「やべぇ!溶ける溶ける!」
RL:ウォッシャー液ですね!分かります!
ヒジリ:さて、ゲスト3人、だから落とすべきか。
RL:みんな、ちゃんと防御神業持ってますからねー。
エイジ:誰を撃っても、神業が減るだけって考えたらまあ、誰でもいいのでは?
ヒジリ:あと、どこに移動するべきかも悩むなー。じゃあ、動きます。ジェットストリーム遼に接近します。ただ、射程は近距離なので、攻撃はできないんですけど。じゃあ、はんふぁいふぉんを攻撃します。(おしい)
RL:ルァン・ハイフォン。(念押し)
白子:チャーハンみたいな名前のやつですね!やっちゃってください!
エイジ:チャーハンハラスメントはやめてくれ!(笑)
ヒジリ:ルァン・ハイフォンですね!というわけで、メジャーアクションで攻撃します!〈射撃〉〈電脳〉〈必殺の矢〉で、24!
RL:えーっと。差分値が入るのね。じゃあ、〈操縦〉で回避…えー、この手札で24!?ねーよ!!(一同笑)そうだ!これで失敗しておいて、《電脳神》を使用します!
白子:わー。
ヒジリ:おー!
RL:いきなりドローンの機動がおかしくなって、全然攻撃が違う所に当たります。「……石を活かすも殺すも打ち手次第。」
ヒジリ:チッ!1個神業を消費させてしまうだけになった。すまん。
RL:はい!これでクリンナップに入ります。
白子:FS判定には、ラウンド制限とか、ありますか?
RL:いや、特にないよ。敵を倒すよりも先に、クリアしてください。
エイジ:俺たちが死ぬまでにか。
RL:じゃあ、第2カット、セットアップ。
ヒジリ:ここで、支援に関する相談をしよう!まず、〈知覚〉判定についてだけど。私は8までしか出せません。リアクションしてるうちに、カード使ってしまう可能性もある。
新藤:私はクリティカルできるぞ。
白子:私は、支援しかできないですー。
エイジ:ルーラー、支援の時にも狼狽の-10って入るの?
新藤:入るよね。判定の時全部だから。狼狽はマイナーアクションで解除できるよ?
エイジ:だっマイナーまだ来てないもん。支援は無理だ。
RL:マジか。狼狽やばいな。
ヒジリ:そうか。さっきは邪毒の解除しかできていないのか。
白子:すみませんー。かばえなかったの、けっこうヤバいですね…。
エイジ:大丈夫!多分なんとかなる…!
ヒジリ:何とかなる何とかなる。
新藤:〈知覚〉でクリティカルすると、2進めるのか。進行値は3になるな。じゃあ、私が〈知覚〉の判定をするよ。
ヒジリ:窮奇が動くとき、〈知覚〉を組み合わせないと回避ができないのが痛いですねー…。
白子:もし回避できなくても、この位置ならどちらでもかばえるので!
ヒジリ:ありがとうー。でも、うっかりそれで、あなたが倒れたら…
白子:大丈夫だと思います!倒れた時が《黄泉還り》の使いどころなので。私は大丈夫です。
ヒジリ:とりあえず、支援はなしで行こう。何かあったらまずいので!
新藤:じゃあ、私の番が回って来たらメジャーアクションでFS判定をするよ。了解。
RL:はい。じゃあ、セットアップで〈ロケットスタート〉は…だめなので、何もなしです!CSが一番速いのは阮海峰ですね。閃鋼はシーン中有効!16で動きます。〈サポート〉を使います。目標値は10!
新藤:あれを沈めた方が良さそうだな。(笑)
RL:達成値は11なので、窮奇が動きます!窮奇は、今度は手札がまあまあ良くなったので…でもクラブしかないわ。〈射撃〉〈毒術〉〈核酸毒〉〈変異抜刀〉を使って、〈知覚〉なしではリアクションができないんだよー。
エイジ:こっちでもいいよ!!
RL:フフフ、フフフ!!
ヒジリ:ヘイカモン!!
RL:カモンって言われたらそっちかな!達成値は13。トレーラーを狙います。(そっちかよ)
エイジ:達成値に-10がある。さらに〈知覚〉には-5がある。
白子:あー…。
エイジ:自動的というか、失敗します。
新藤:〈ブロック〉を宣言!あ、でも、毒を食らうのかー…。
エイジ:もう1回、何もせずに耐えるという手もある。
RL:《脱出》使ってもいいんじゃないですか?
エイジ:それだったら、失敗しておいて、神業を使っておく狙いにしとく。
RL:分かりましたー。じゃあ、直撃した!と思ったら、神業的なドライビングテクニックで回避されたと。
エイジ:《脱出》を使用。ていうか、ビジュアル的にどういう攻撃なの?
RL:〈核酸毒〉だから、口の中からピャァー!!!っと。胃酸だなきっと。
白子:えー…。
ヒジリ:毒を含んだ羽根で、ズガガガーっと来るのかと思った。
RL:いえいえ。中距離まで届く飛び道具なんですよ?
エイジ:じゃあ、急ターンしながら「ああっ!アーマーが溶けていくー!!」(笑)
新藤:たぶん、窮奇の外見はこんなよ。(画像検索の結果を見せながら)スパロボの。(笑)

RL:ああ、これですね!外見は間違いないわ。
エイジ:その辺に転がってる岩とかを盾にして、逃げます!
RL:そして、ドロドロに溶けていく岩。
エイジ:クレイジー。クレイジー!生きて帰ったら、もう絶対こんな仕事受けねぇ!!カネが減るまではっ!!(一同笑)

続く。

「地獄のセト・ロード」 その3

作者様から、「黒い『R』マスの処理は7ページに書いてあるよ!」という指摘がありました。…痛恨のミスでした…。orz
これからこのシナリオを回そうかな、と考えているルーラーさんはご注意ください!

爆裂!696団

RL:地平線の彼方から、凄まじい数の武装車両が輸送隊めがけて殺到してくる。
白子:山賊だ!
新藤:おおーっ!?
RL:彼らこそヤマタイ最凶と恐れられる無法者集団(ロードウォリアー)、ムクロ団だ。その中心に、一際目立つ“696”のタトゥーを刻んだ男――首領・ムクロ大王の姿がある。彼らは問答無用で襲いかかってくる!
ヒジリ:だ、だせぇ!(笑)
RL:「ヒャッハー! ムクロ団首領、ムクロ大王様のお出ましだ!」「6・9・6! 6・9・6!」
白子:せ、聖なる数字が!
ヒジリ:む・く・ろ!む・く・ろ!(笑)
RL:「やっぱり大王様は最高にイカれてるぜー!」
エイジ:あいつら!わざわざスピーカーで騒ぎ立ててやがる!(笑)
ヒジリ:最高にイカれてやがる!
RL:「我はムクロ大王、セト・ロードの新たなる支配者!全てを捧げよ。積み荷、ヴィークル、武器、命、全てだーー!」ということで、いきなり襲ってきます!「我は生ける骸、死など恐れぬわ!」カット進行に入ります!
エイジ:マジかよー。
ヒジリ:うぇーい!というわけで駒を出した方が良いね。
新藤:うわー、いやだー。蛮族だわー。
白子:じゃあ、ここらへんのモノをどけましょう。
ヒジリ:(机の上のアメを片付けながら)はちみつきんかんのど~飴♪
新藤:ノーベル♪
ヒジリ:ノッってくれた!(笑)
RL:はい!というわけで、敵はムクロ団トループ20人2グループ!いい駒が無かったから、のど飴。
新藤:わーい、トループだ。で、ボスもいるんでしょ?
RL:います。ボスは、ムクロ大王。駒はマスター・ヨーダ。キャストからの距離は、近距離!
新藤:大王様かわいいー。
白子:車から降ります!
ヒジリ:じゃあ、こっちはドローンを出している間、本体は装甲車で寝てます。
エイジ:すげえ。あの女、降りる気満々だ!(笑)
白子:いやー、ここからじゃハサミがさすがに届かないんで。なんか、カタパルトみたいなので射出してもらえると嬉しいんですけど。
エイジ:射出!?
RL:特攻かよ!?(笑)
新藤:ルシファーズハンマー乗るか?(笑)
エイジ:わかった任せろ。ここの席に、脱出用の装置がある!
白子:わー、カッコイイ!
ヒジリ:何か、着々と自殺計画が進行している。(笑)
白子:行きますよー!

第一カットのCSは、白子10⇒ムクロ大王9⇒エイジ8=新藤8⇒ヒジリ6⇒ムクロ団トループ4です。

RL:じゃあ、セットアップに入りまーす!では、ムクロ大王はセットアップで〈心理〉〈触れ得ざる者〉〈名将〉を使用して、達成値は11。キャスト全員、理性の制御値が11以下だった人は、バッドステータスの萎縮を受けます。
ヒジリ:つまり、11以上あればいいわけか。それは余裕。
新藤:理性は14。
白子:12です!
エイジ:15-2だから、13。
RL:全員OKか。残念。当たっていたら、ムクロ大王に向かって攻撃するときの達成値-5になってた。
白子:6・9・6!6・9・6!になっちゃうんですね。
新藤:なるほどね!
ヒジリ:あの集団にはなりたくないなー。
新藤:つまり、敵はバカなんだ。(一同笑)
RL:ムクロ大王はカリスマなんですよ。
エイジ:クレイジー。イカレてやがる。
RL:というわけで、トループはセットアップでターボユニットを使用し、SF+1。以上です。
新藤:こっちもターボユニットを使います。SF+1。
エイジ:ターボユニットを使用します。Go!って感じで。
ヒジリ:そんなもん無いぜ!敵で一番速いのは?
RL:ムクロ大王の9です。では、白子さんどうぞ!
白子:ムクロ大王さんのところまで行けますか?
エイジ:いや、2マスあるうえに、前にトループもいる。
RL:とりあえず、トループとエンゲージして攻撃してみては。
白子:じゃあ、トループで。ムーブアクションで移動します。マイナーは無いです。
新藤:その前にルーラー、私は火炎放射器の息吹を持っているんだが、この範囲っていうのは、味方が巻き込まれるやつ?
RL:範囲(選択)って書いてなかったら、巻き込まれますよ!汚物は消毒だー!
白子:あ、それはやばい!焼きガニになる。
ヒジリ:まあ、攻撃するエンゲージを変えればいいんで。
白子:焼きガニは回避された。
新藤:だから!カニから離れようぜ!?(笑)
エイジ:カニが全部持って行くなぁ!?
白子:いや、カニは白子ちゃんのアイデンティティなんで。大事にしているんです。
エイジ:そこは否定しないけど!(笑)
ヒジリ:ってことは、今は完全に見た目がカニになっているの!?
白子:そうです。なってます!
RL:うわー!なんか8足歩行しとるー!(笑)
白子:〈白兵〉〈核酸毒〉〈怪力〉〈牙の王〉で。達成値は、18です。
RL:18ですね。こっちは〈操縦:地上車両〉で回避せざるを得ないなー。じゃあ、…13で失敗。当たったよ。
白子:良かったー。ダメージは、まず6+8+5=19と、〈核酸毒〉の邪毒2。
RL:エェー!?そんなに固定値あるの!?分かった!(笑)

新藤:固定値のバケモノだぁ!(笑)
ヒジリ:20以上のダメージを出せば相手は全滅するけど。
白子:じゃあ、ダメージカードは、3で、Sの22ダメージです。
RL:ヒルコ半端ねぇー!!
白子:カニのハサミでチョキンと。
エイジ:カニが…!やべえ、あいつ怒らせないようにしようぜ。
RL:じゃあ、モブが「俺を見ろー!!」と言って死んでいきます。ドカーン!!泡に飲まれて彼らは死んだ。
ヒジリ:カニ怖い。カニ怖い。
新藤:開幕1ターンでこれかい!!(笑)
白子:やったぁ!ハサミの餌食になりました!
RL:じゃあ、敵もみんなで茫然としていますよ!「あの子強すぎる!!」「ちょ!なんだあのヒルコパワー!」

f:id:Coboler:20161229205352p:plain

↑きっと白子ちゃん戦闘形態はこんな格好なのだろう…と思って図を描いてみた。(人に見せられるギリギリのクオリティ)

新藤:何だろうこれ。何だろうこの理不尽さ。
RL:はーい。じゃあ、次はムクロ大王だよ。
新藤:大王様だ。様をつけないといけない気がした。(萎縮)
RL:〈射撃〉〈鉄砲玉〉〈イカサマ〉で。戦車の方が射程が長そうなので、同じく息吹で最初に新藤のいるエンゲージを狙います。達成値は16。
エイジ:マジでー。
ヒジリ:避けよう。〈操縦:ドローン〉16。これで避けられる。
新藤:〈操縦:地上車両〉で避ける。〈バーンナウト〉があるので、常に+3がある。で、15…1足りない。避けた方が良さそうなんだけどなー。
RL:そりゃ、当たったら痛いよ。
エイジ:大丈夫!俺の改造を信じるんだ!
RL:それっぽい!!(笑)
エイジ:だが俺は避けられない。
ヒジリ:ダメじゃん!!(笑)どうすんの!?
エイジ:自分の改造を信じるんだ!ダメージは-13されるはずだ!っと思ったらエースドライバーがあるから避けられた!
新藤:なんだ。避けれるの?じゃあ、こっちは受けようか。
エイジ:演出をします。「アブねぇぇー!!」と言いながら、火炎放射器の炎の真ん中に突っ込みます。
RL:受けるんかい!!(笑)
エイジ:大丈夫。炎を放射される面積が少なければきっと大丈夫!
ヒジリ:な、なるほど。じゃあ、こちらもドローンを縦横無尽に動かしながら回避。
RL:避けられなかったのですか…。
エイジ:大丈夫。俺の改造を信じるんだ。
白子:お守りもありますからねー。
エイジ:お守りもあるから、防御は最大で+7されてるはずなんだ。
新藤:(山引きして)足りん!クラブじゃ避けられん!(笑)ダメージどうぞ。
RL:分かりましたー。息吹はI+10で、ここにダメージカード10、+6。Iの26ダメージ。
新藤:私のI防御は10+2+6で、18。とお守りなので、7点通し。
RL:物理ダメージチャート。7は腕部損傷。片腕に大きな損傷を受け、治療されるまで使用不可となる。
新藤:ヴィークルはどうなるんだ?
RL:ヴィークルは…どうとも書いてないな…?
ヒジリ:片腕に何か装備しているものはありますか?
新藤:ないっすね。
ヒジリ:え、その場合は…
RL:な、何も起こらないね。とりあえず、当たって、若干壊れたと。
新藤:そういう事だね!(笑)
RL:とにかくこの改造の成果がすごいんだってことにしておこう。
ヒジリ:よし!というわけで、大王のメインプロセスは終了!
RL:はーい。じゃあ次は8の人。
新藤:私が先に動いてもいい?
エイジ:ああ、どうぞ。
新藤:私が息吹で、前の敵を薙ぎ払うか。
RL:おおっ!キター!
エイジ:ていうか、自分の番になっても、攻撃することはできないんで。Xになってから、〈操縦〉で体当たりできなくなったんだ。
RL:〈ライドファイト〉みたいな特技が無いとだめみたいですねー。
新藤:むしろ、大王にエース使ってぶっ放すか。ここのエンゲージはまだ誰もいないし。向こうが避ける可能性があるから、エース使った方が良いよなー。じゃあ、〈射撃〉でルシファーズハンマーを使います。エースで、21。
RL:あー、大王か。それは、ハートで避けられない。全然避けられない。じゃあ、当たります。
新藤:ダメージは、トドメ刺すのにジョーカー使おうかな。
エイジ:そう。撃つときは殺す気で!このゲームにダメージをちまちま蓄積という概念はあんまりない!
新藤:P+11、ダメージカードで11だからPの22。
RL:それは、6点止めるけど、16…!?
ヒジリ:それは、死ぬのでは?
RL:仕方ない。ここで《脱出》を使って回避!「逃げはせぬわ!」
新藤:クソッ。仕留めたと思ったのに避けられた。
RL:そこで「ムクロ大王の前にひれ伏せー!」と言って、《神の御言葉》を使用します!
新藤:ちょ、待って!
エイジ:さあ、精神攻撃に対して防御できるヤツはこの中に居たかな!?
ヒジリ:じゃあ、ここで《電脳神》使いましょうか?
白子:お願いします。たぶん、死にますこれ。
ヒジリ:《電脳神》を使って《神の御言葉》を打ち消す!相手の電脳を乗っ取って、発言を邪魔するぞ。
RL:大王は動きがぎこちなくなって、ガガガガッ。て言ってる。
エイジ:ムクロ大王「おっぱい大好き」。(一同爆笑)
RL:イヤーン!サイアクー!(笑)
エイジ:戦場の空気が止まった!(笑)
ヒジリ:適当なゴミデータを送り込んだら、うっかりなものが紛れ込んじゃったぜ!(笑)
RL:最悪だコレ!大王のメンツが丸つぶれだ!(笑)
新藤:くそ、助けてもらっといて何だが、これはひどい!(笑)
ヒジリ:別に俺が「おっぱい大好き」って言い出したわけじゃないからなー!(笑)
RL:大王、大ショックです!はい、以上でーす。
エイジ:じゃあ、俺か。ちょっと迷うんですよねー。前に行くか、後ろに逃げるか。
ヒジリ:白子のそばにいるっていう手もありますよ?
白子:あ、そうですね。かばえる範囲にいて下されば。〈ボディウォール〉は近距離までかばえます。
エイジ:んー、でもここまで移動しておきます。
RL:そ、そうか。SFが3になっていたのか!ありえねー!
エイジ:〈魔改造〉とターボユニットで!
RL:じゃあ、ヒジリどうぞ。

ここでやっと戦闘配置の写真を撮っていたので、掲載しておきます。(セト・ロードMAPが変な状態になっていますが、仮想プリンタ経由でPDFをマージしたら文字が一部消えてしまったとかそんな状態であります。)それにしても、ここらへんは裁定が微妙なルールばっかりで、色々アレだなぁと思う。

f:id:Coboler:20170103211909p:plain

ヒジリ:S13イーグルは射程が近距離だから、その場から動かず撃つのがベストか。先にトループ潰しといていいですか?
新藤:とりあえず大王の神業は2つ使わせた。
ヒジリ:〈射撃〉〈必殺の矢〉で判定します。理性8、カードは9の、〈電脳〉〈01フィーリング〉で、達成値22。トループを攻撃します。
RL:達成値22は当然避けられません。達成値は10です。
ヒジリ:差分値は12か。じゃあPの24ダメージ。
RL:おおー、死んだー。ザコどもはクラッシュして、誰も付いて来なくなる。
ヒジリ:ダウンダウンダウン!大口径の拳銃で撃つ!だが、ゴメン。この時点で手札が腐った!
エイジ:あ、しまった。精神攻撃すればよかった!
RL:そうだね。〈心理〉を使ったら、誰でもできないことはないんですよね。
ヒジリ:まあねえ。
エイジ:せっかく「おっぱい大好き」って言わせたのに!(笑)
新藤:だから!それをやめんかー!(笑)
エイジ:スピーカーを使ってリフレインさせれば、この状況でばっちりな精神攻撃になったのに!(笑)
RL:分かりましたー!クリンナップ!第2カット、セットアーップ!では、ムクロ大王一人になってしまいました!
ヒジリ:可哀想!大王!
RL:もう1回〈心理〉〈触れ得ざる者〉〈名将〉をヒジリのエンゲージに使用します!クラブの9を出すと、15!
新藤:これは、誰も耐えられないのでは。
白子:ちょうど15です。
新藤:お、一人耐えられるのがいた。
RL:同値はリアクション有利のはず。
ヒジリ:これ、無理でした。だめだー。
RL:ムクロ大王のカリスマの前にひれ伏すのじゃー!というわけで、言われた人はバッドステータスの萎縮で達成値-5になる。さっきまで「おっぱい大好き」とか言ってたのに、カリスマは腐ってもカリスマ!(笑)
新藤:カリスマ(笑)だと思うけど!
ヒジリ:動けないことはない。
RL:メインプロセスの終了時に自動的に回復します!以上です。白子さんどうぞ!
白子:ムクロ大王のエンゲージまで動けますか?
RL:いや、駄目っすね。(この時、戦闘配置シートの点線の意味をよく理解していなかった。申し訳ない。)
白子:うーん、ツメの射程が足りない。何もできません。
エイジ:メジャーアクションで動くことは?
ヒジリ:できる。近づくだけ近づいたら?
白子:じゃあ、これで大王のエンゲージまで移動します。
新藤:こうすれば大王の移動を妨害できる。
RL:ただし、これで息吹の範囲攻撃に巻き込まれる可能性はあるがな。
エイジ:まあ、こっちから息吹を使わなければいい。
RL:次は9だから、ムクロ大王だね。
新藤:大王様ー。
RL:じゃあ、こっちから汚物を消毒させて頂こうか。〈射撃〉〈鉄砲玉〉〈イカサマ〉で、18。新藤のいるエンゲージを狙います!
新藤:私らか!
ヒジリ:ヒー!避けれない。どうしよう。
エイジ:〈ブロック〉してもらうしか無いんじゃないかな?
ヒジリ:山引きという手もあるけど、そしたら死ぬなぁ。
新藤:〈ブロック〉は、相手のダメージを肩代わりするものだから、自分のダメージも受けるんだ。ダメージを2回受ける扱いになる。
RL:大丈夫?インヴァる?
新藤:さっき良い手札を使ってたから、ダメージは大したことないはず。
RL:そうかなー!?(笑)
新藤:あとで修理してもらうから!
エイジ:故障までならなんとかしてやる!
新藤:じゃあ、受ける!私は判定に失敗したってことで。
ヒジリ:こっちも判定に失敗しておく。ありがとうございます。
RL:はい。じゃあ、ダメージはIの26。さっきと同じ。
ヒジリ:それぞれ26受けるの?
RL:いやー、手札が良いですわぁ!さっきから絵札しか来ない!
新藤:ああ、どっちも腕部損傷になった。
RL:両腕が使えなくなった。
ヒジリ:両腕どころか、3本ダメになったぞ!(笑)
新藤:なんだろう。こういう形のヴィークルで良かったと思うしかない。1カットにレベル回使えるから、あと1回使えるね。よし!
RL:うっそー、信じられなーい!ムクロ大王もびっくり!
新藤:いや、改造してもらえてなかったら死んでるよ!
白子:実質的なダメージはゼロですか?
新藤:ゼロだった。中の人間はボロボロだけど!(笑)
RL:はーい、次の方。
新藤:先に動きます。SFが2になっているので、大王と同じマスに移動。〈ヘヴィファイト〉〈マシンファイト〉宣言。これで、〈操縦:地上車両〉で命中判定をする。18-5で、13。
RL:特攻してきた。こっちも〈操縦:地上車両〉で避ける。あれ!?イケるんじゃね!?ダイヤで15になるな!
新藤:それは無理だな。
ヒジリ:避けられたー。
新藤:OKOK。まあ、相手の良い手札は使わせられた。
エイジ:どうしようかなー。すごいロマン行動があるんだけど、失敗したら死ぬからなー。
RL:エェ!?そんなロマンあるんですか!?
白子:大丈夫ですよ!《黄泉還り》あるんで!
新藤:最悪、カバーリングもできる。
エイジ:じゃあ、超絶あり得ない行動をしますね!ムーブアクションで、大王のエンゲージまで移動します。
新藤:はい。
エイジ:マイナーアクションで、ヴィークルを降ります。
白子:エェー!?
エイジ:で、メジャーアクションで、〈白兵〉素手パンチ。(一同爆笑)オラァァァ!!
新藤:落ち着けぇ!こっちがかばうから!(笑)
エイジ:トレーラーで前に出て!キキーッ!フルパワーでブレーキ踏んで、前で止まる!マイナーアクションでドアをバーン!開けて降りる!オラァ!食らえバーン!!
白子:かっこいい!!(笑)
RL:やってみろよ!じゃあ判定してごらんなさいよ!(笑)
エイジ:問題は、大した手札が無いからどうせ避けられるってことだ。でも〈白兵〉1レベルあるからね!
新藤:手札を使わせるのが目的か!(笑)
RL:なんて日だ!!これは〈操縦〉で避けますよ!?
エイジ:でも達成値は10なんだ。
RL:10か!これは、ハートが使えないのか!うわ低っく!えーっと、ちょっと待って!?当たるかもしれない…!(笑)
エイジ:マジで!?殴った俺もビックリなんだけど!
白子:これはやばいですね!?
RL:アアーッ!!これはだめだ!当たる!ほらダメージ出せよ!(笑)
エイジ:マジか!生身は+0だから、ここで11出してやるよ!(一同笑)
白子:特攻じゃないですか!?
エイジ:だから、トレーラーから鉄パイプ1本持って飛び出して、オラァ!覚悟せえや!!って感じで!
RL:待って!待って!だから〈曲芸走行〉で10点減点!
新藤:1点!
ヒジリ:内出血!
RL:あぶないぃぃ!
白子:って事は、軽減技能で10を出したってことは、
RL:もうスカンピンだよぉ。
エイジ:よし!軽減技能は使わせた!みんなで決めろ!!
ヒジリ:とりあえず攻撃してみて良いですか?このターンでトドメは刺せないんで。手札クッソ腐ってる!
RL:頑張ってよー!
エイジ:頑張ってよ!せっかく削ったのに!
ヒジリ:とりあえず、SFが2になってるんで、ムクロ大王の傍まで近づきます。
RL:うわー!近い!
白子:密集してる!
ヒジリ:ルーラー、今ドローンなんだけど、〈心理〉で精神攻撃しても良い?
RL:マジかよ!?やってみて下さいよ!(笑)
ヒジリ:だってさー、せっかくクラブ持ってるんだもん!じゃあ、〈心理〉に〈電脳〉を組み合わせて、12。-5があるんだけど、〈01フィーリング〉で相殺!というわけで達成値は12。〈自我〉で判定しいや!
RL:〈自我〉?3しかないわ!ってことは、9だから、失敗!?
ヒジリ:通った!?ハハハ!(笑)
エイジ:すごい。N◎VAとは思えない戦闘になってきた!(笑)
ヒジリ:ダメージは10!
新藤:精神攻撃10で、防げないんだったら、恐慌。失神したよ。
白子:おお!?やったぁ!
新藤:感情の制御判定をして、成功したら無効。
RL:感情の制御判定!?感情の制御判定は…無いよ!!(一同爆笑)
新藤:え!え!?ウソじゃろ!(笑)
エイジ:山引きだ!山引きするんだ!
RL:ハハハハァ…やった!クラブの2!成功した!!
ヒジリ:ああー!ごめーん!ちきしょー!手札が腐りまくっとるー!
エイジ:惜しかったなぁー!熱い!
RL:わけがわからないよ!とりあえず、辛うじて大王の防壁がSPAMに耐えきった!暑いな!(物理的に)はい!クリンナップ!セットアップ!
ヒジリ:第3カット!
新藤:みんな!-5は無くなったぞ!
RL:くそ!またやってやる!と思ったんだけど、ここはサッサと切り上げておこう。これで、失敗。(残り時間を気にし始めた)白子さんどうぞ!
白子:えぇ!?ありがとうございます!
エイジ:あっちのタイヤに鉄パイプ入れとこ!(笑)
白子:〈白兵〉〈核酸毒〉〈怪力〉〈牙の王〉を宣言して、達成値は18です!
RL:はーい、18ですね。回避は、どうしようかなー。…出せるんだけど、当たる。
エイジ:もう第3カットだもんな。
ヒジリ:RLも疲れてきたな。
RL:ムダに盛り上がってしまった。
白子:なんか、最近絵札しか来ないんですけど。
RL:ちょ、何そのブルジョワ発言!?
白子:えっと、すみません!(笑)Sの29です!
新藤:29点!?
RL:それは死んだ!
ヒジリ:死んだー!
RL:死ぬ前に!白子さん!《不可触》を《死の舞踏》相当で使う〈復讐者〉じゃ!

これ最近気が付いたんだけど、〈復讐者〉の効果は正しくは《タケミカヅチ》ですね!(N◎VAにはタケミカヅチの加護相当の神業が〈復讐者〉以外には無い。)チャクラの神業変更技能のところと、効果を見間違えていました。(汗)辛うじて使いどころは合ってた。良かった良かった。

新藤:《難攻不落》!
白子:オオーッ!
RL:ア゛ア゛ーン!というわけで、最後にドスを持って特攻したけど、駄目だった。「ウボワーッ!」
新藤:タマ取ったらぁー!と思ったら戦車がドーン!!
エイジ:俺はその戦車に轢かれそうになって逃げる!「やべっ!」
新藤:さっきまたダメージを肩代わりする感じになったけど、実質こいつからのダメージは全部私が受けたんじゃないだろうか。
ヒジリ:本当だ!(笑)
新藤:これで役目は果たしたけど、ボロボロだよぉ!
白子:ありがとうございます!
RL:というわけで、君たちはムクロ団を退けた。
ヒジリ:予想以上に厳しい敵だった。
エイジ:全くだ…降りるとは思わなかったぜ!
RL:本当だよ!(笑)ルーラーがびっくりだよ!
エイジ:俺だってびっくりだよ!
新藤:ところで誰か、俺の腕治してくれないかな。
RL:〈医療〉の判定を!目標値は7!
ヒジリ:あ、無理。
エイジ:スペード持ってるけど。これで11点出しましょうか。
RL:じゃあ、応急手当てをしてくれた。
エイジ:ちょっと待て。ここに医療キットがある。
RL:さすがタタラ。
エイジ:奴らの残骸から引っ張り出してきたぜ。
ヒジリ:まさに山賊行為。(笑)剥ぎ取りだー!
新藤:戦利品の獲得は基本だよな。(笑)

戦場の打ち手

RL:はい!次のシーンです。シーンカードは、
ヒジリ:アラシだ。
RL:残念。こんな所で出てしまった。でも、誰のキーでもなかったか。
ヒジリ:実は関係ない!
エイジ:キーはタタラでございます。
RL:ルーラーシーンです!ヤマタイの荒野の仮設基地。所属を巧妙に隠したドローンやウォーカーが駐機されている。その一画で、傭兵然とした男…ジェットストリーム遼が、荒野に不似合いなスーツの男と碁を打っている。
白子:碁?
RL:「奴らめ、ムクロ団の縄張りを抜けよったぞ。碁なぞ打っていてよいのかのう」
囲碁十訣に曰く、不得貪勝。 今、奴らに仕掛ける必要はない」
「なるほど、さらに消耗させてから叩くてか。さすがは“戦場の打ち手”阮海峰どのよ。小ずるいことを考えよる」
「むろん監視は続ける。不満かね?」
「いや。セト・ロードを抜けられぬ弱敵を食ろうても、どうせ俺の名は上がらん」
「そうかね。ところでキミの手番だが」
「むむ……置き石9子でも足りんか……」
ヒジリ:のん気にゲームしてやがる!
RL:ではまあ、そんな感じでシーン終了。
白子:はい。

ランダムイベント:メカトラブル

ヒジリ:というわけで、『H1』から進めていいの?
RLOKだ!
ヒジリ:今度は北側の道に進んでみよう。
RL:シーンカードは、カゲ、正位置です。
白子:ダイス振りますね。(ころころ)6です!
RL:6で正位置なので、メカトラブル。ヴィークルにトラブル発生。急いで修理しなければならない。キャスト全員、目標値15の〈製作:ヴィークル〉判定を行なう。誰か1人でも成功すれば、修理できる。さっきの戦闘で、戦車にトラブルが発生したことにしよう。
ヒジリ:なるほど。
新藤:ボコボコにされてたからなー。
白子:〈製作〉は持ってないです。
RL:代用判定は?代用は〈信用〉で。達成値-5。
ヒジリ:信用!?
RL:その場合、予備パーツを前もって調達していたとする。
ヒジリ:〈信用〉20出せます。
エイジ:ていうか、〈即席修理〉10で良いかな?
RL:〈製作:ヴィークル〉ってめっちゃ持ってますよね。
エイジ:俺は持ってる。
ヒジリ:じゃあ、ここで失敗しておこう。
新藤:私は持ってないです。こっちも失敗しておこう。
白子:私も捨てておきます。
エイジ:〈即席修理〉でも良さそうだけど。〈製作:ヴィークル〉だと、カネを使うか?報酬点2点使って、これで15。
RL:おおー!じゃあ、そんな感じで無事に修理ができたので、ここから進むことができました。おおかた、ホバーに穴でも開いてたんだろう。(笑)
新藤:さっきなんか色々飛んできたもんなぁ。ドスで穴が開いたか!(笑)
エイジ:こりゃあ、ヤベーな。
RL:大王、最後の悪あがきだ!
ヒジリ:すまんな、新藤。半分くらい俺がダメージ与えちゃった気がする。
新藤:大丈夫大丈夫。
エイジ:任せろ。こんなこともあろうかと、ここに宇宙船補修用のフォームがある。
新藤:おお!そいつはレアだなおい!?(笑)
ヒジリ:なんか戦場育ちっぽい!
エイジ:SFとかでよくある、コロニーの外壁を補修する用の、泡がぶくぶく出てくるやつ。
新藤:良いなあ。

ランダムイベント:障害物

ヒジリ:次の『R』マスに進みましょう。登場判定、失敗。
新藤:登場判定失敗。
エイジ:登場判定失敗ー。
RL:はーい。シーンカードは、ハイランダー正位置。自動的に、今まで出ていない2のシーンが出ます。2は、障害物。岩場や河などの困難な地形が障害物として立ちはだかる。速度を落とすことなく、走破しなければならない。キャスト全員、目標値18の〈操縦〉判定を行なう。1人でも成功すれば、遅れを出さずに走破できる。抜けられなかった場合、このシーンでは移動できず、次のシーンでは再度このイベントを行なう。成功するまで続ける。
新藤:18か。
白子:全員だったら、出さないといけないですか?
RL:まあ、うーん、そうだね。
エイジ:出せますけど。
ヒジリ:ごめん。こっちは失敗しておく。
新藤:〈バーンナウト〉で操縦判定に全部+3だから、いけるわ。9出したら、19で行ける。これで成功だ。
白子:手札が良いので、山引きしておきます。
エイジ:それなら、失敗しておくか。
新藤:「修理されてから調子が良いぜー!」と言いながら、ヒャッハーしてます!
白子:ひゃっはー!
エイジ:やべーんだよ!悪路は!
RL:よし!じゃあ、次の場面に行くか。『H2』!

続く。

「地獄のセト・ロード」 その2

リサーチフェイズ

関門渓谷

RL:では、みなさんは今、スタートの位置にいます。

f:id:Coboler:20161224211027p:plain

エイジ:はい。
RL:セト・ロードの玄関口、関門渓谷。「この渓谷を抜ければ、いよいよセト・ロードです。皆さん、気を引き締めていきましょう」
新藤:ここの幅って、100メートルくらいだよね。両サイド。
エイジ:まさか、地獄の入り口が、こんなに近くにあるとは思ってなかった。
RL:まあな。だってうちら、ここだもんね。(上図参照)
ヒジリ:そういや、そうだった。
エイジ:物理的にも、経済的にも、こんなに近くにあるとは。
白子:そうですねー。ここ渡れば、すぐですね。
ヒジリ:うどん食べたい。
エイジ:うどん?
白子死国に行ったら、うどんが食べれたりするんでしょうか。
RL:そこらへんは…超デッドリーな、ヒルコ空間になってると思うんだけど。(笑)
エイジ:多分、ものすごいジャングルをかき分けていけば、災厄前のうどんプラントがあるかもしれない。(一同笑)
新藤:うどんプラント!!(笑)
ヒジリ:すっかり邪魔してしまった。スミマセン。
RL:というわけで、皆さんはこうやって周りを見上げているわけですよ。君たちを歓迎したのは、無数の砲撃用ドローンだ!後方にはドローンのホスト機であろうウォーカーの姿を確認する。いずれも所属不明、一体何者なのか?
新藤:妨害が…速攻で入りよったか。
RL:「攻撃!? そんな、まさか。あれは……」所属不明のドローン部隊が、「ターゲット補足、攻撃開始」。
エイジ:マジかよ。
白子:まじで!?
RL:まずは達成値15の射撃による攻撃を行ってきます。カット進行ではないので、回避してください。ヴィークルを操縦している方は、〈操縦〉で。今回は宣言するだけでドローンを撃退できるので、まずは避けてね。
ヒジリ:〈操縦:ドローン〉〈電脳〉〈01フィーリング〉で15。
RL:分かりました。
エイジ:しょうがない。この札を使うか。〈操縦:地上車両〉のみで18。これ以降は15以上出ません。手札が腐った。
新藤:〈操縦:地上車両〉で17。
RL:OKでーす。「ドローンのお守りなど、つまらん仕事よ」所属不明のウォーカーのパイロットが言う。
白子:おおー。
RL:「おお?そこにおるのはあの時の。なかなか面白そうな敵よ。これは本隊に合流してかからねばな。」と言って、ドローンはどこかに行きます。
エイジ:何だ、ちくしょう。
ヒジリ:ん?相手がだれかはまだ分からない。「なんだ?あいつの声、どこかで。」とつぶやいて行きます。
白子:しかし、一体何のために。
新藤:なんだ?お前の知り合いか?
エイジ:やってやろうじゃねえか。
新藤:知っているのか雷電!あれ?(笑)
ヒジリ雷電じゃねーよ!佐条だ!とりあえず、リサーチフェイズで調べるぞ!(笑)
エイジ:ところで、〈製作〉の達成値って、報酬点で上がるの?
RL:〈製作〉とか〈電脳〉とかは、報酬点で達成値上げられますよ。このタイミングなら、さっきホンコンで買い物をしてきたってことで。
ヒジリ:じゃあ、報酬点あげても良いですか?どのくらい要ります?
エイジ:えーっと、戦車は28点なんだよね?報酬点15点入れて、改造しよう!
新藤:なに!?(笑)
RL:おおーっ!
エイジ:大丈夫だ。今、16点持ってる。
RL:いいの!?つまり、ホンコンでパーツを買い集めて、スカンピンだぜ!ってことでしょ!?どんだけ!?(笑)
エイジ:ここで!ここで生き残って!今期の決算さえ生き残れば!名前が売れて仕事が来るようになるはずなんだ!!
白子:なるべくしてこうなった感じじゃないですか!?(笑)
新藤:その時はうちにも声をかけてくれ!格安で下請けしてやる!(笑)
エイジ:でも、ちょっと…改造するなら手数料くらいは欲しいな!サービス料はナシで良い!実費だけくれ!
RL:ハハハ!!(笑)
白子:じゃ、じゃあ私が…
エイジ:君はヴィークル持ってないだろ!?
新藤:い、いやここは私が!10点出すから!
エイジ:そんなには要らないぞ?
新藤:半分くらいは出すから!じゃあ5点あげよう!
白子:私も乗せてもらってるんですから。5点くらいは…
新藤:いやいや。こっちは守るのが仕事だ!仕事はきっちりさせてもらう。
ヒジリ:こっちからもいくらか、カンパしておきたいんだが。
新藤:いやいや。ここは払わせてくれ。
ヒジリ:〈改造〉って、1シナリオ1回なんですよね?
エイジ:〈改造Ⅱ〉は1回だけなんだ。〈改造〉は何回でもできるけど。
新藤:〈改造〉したらどうなったの?
エイジ:どう〈改造〉するかは、俺が指定させてもらうよ。俺に有利な方に!まず、判定をしますね!スペードの5!
RL:そんな手札で判定するの!?(笑)
エイジ:これしかねーんだよ!一番高い手札がこれなの!
RL:いやまあ、そうかもしれんけど…!?
エイジ:理性7で12!報酬点を16点積んで、28!〈製作:ヴィークル〉〈改造〉〈改造Ⅱ〉〈魔改造〉〈タイムマジック〉で、戦車、ドローン、トレーラーを全部改造する!
RL:うええええ!?
ヒジリ:わーい!やったー!
新藤:で、どうなるの!?
エイジ:〈改造〉の効果で、防御力が全部+3になって、〈改造Ⅱ〉の効果で防御力がさらに+3になる!
白子:すげー!やべー!でも大丈夫ですか、本当に!?
RL:本当に組み合ってる!
エイジ:だから、防御力が合計で+6されるんです!
新藤:おい!
エイジ:さらに、SFが1増える!
RL:豪快すぎるよぉ!
新藤:おい待て!!機動性がすげー!!(笑)
エイジ:これで俺の仕事は全部終わった!!
ヒジリ:「あー、すまんねー。」と言って、ゴールドを1枚渡すぞ。
エイジ:毎度あり!また何か仕事があったらよろしく!
RL:ハンパねー!(笑)
白子:これが職人の仕事!!
新藤:おい!Iの数値が18になったぞ!?どうすんだこれ!(笑)
ヒジリ:こっちは7/6/8になった。
白子:やっばい。これ、かばう必要なくないですか!?(笑)
RL:そんな気がしてきた!敵が神業を使ってきた時とかに、使えばいいと思うよ!
白子:戦車をかばう女の子ってものおかしくないですか!?
エイジ:いや、良いと思いますよ?(笑)
RL:男前すぎてミストレスって感じがするよ!!
新藤:やばい、腕利きじゃないか、エイジ。
ヒジリ:こんなにすごいのに、なんで会社が倒産寸前なんだよ?
エイジ:ヒルコがなぁ…。(笑)
白子:いやぁー…。ぶくぶくぶく…
新藤:M○●Nでヒルコは災害みたいなもんだからなぁ…。
ヒジリ:すごい泡吹いてるんだけど、白子の肩をポンと叩いておく!
エイジ:ちょうど、クルマの前に飛び出してきてなぁ。ヒルコ自体は轢き殺したんだが…(笑)その衝撃で、中のものが…。
ヒジリ:あんた…。(笑)ヒルコに悪縁があるんだなぁ。
白子:やっぱり報酬点、お礼としてお渡ししましょうか?
エイジ:いやいやいや、いいよ。
白子:なんか、悲しくなってきたんで。(一同笑)
エイジ:それは、全部解決してからにしようぜ。
ヒジリ:なんか、なんかそれ…
RL死亡フラグだよ!!!(笑)
エイジ:なあに、俺は生き方だけは譲らないぜ。
新藤:なぁ、生き方がロックすぎるんだが。(笑)
エイジ:この仕事さえ生き残れば!!
RL:わかった。わかったよ!!ロックすぎるよー!(笑)
新藤:これは、色んな意味で、こいつを守ったらんといかんな!(笑)

ランダムイベント:死の谷

RL:はい!ここからはランダムシーンが始まります。今はスタートの位置に居るので、次のシーンは自動的に『R』の位置になります。『R』はランダムイベントシーン。
ヒジリ:わー!
白子:わー!(ぱちぱち)
新藤:うわぁー!RLの楽しそうな笑顔が目に浮かぶぜ!!(笑)
RL:本当はランダムアクセスカードを使うんだけど、とりあえず1d8で代用するよ。8面体をコロッとやった結果の数字と、シーンカードの正位置、逆位置で色んな事が起こるよ。
エイジ:ほう。
RL:『H』では固定イベントが起こります。『C』にはジプシーがいます。
白子:ジプシーって?ジプシー・デンジャー?
RL:待て待て!(笑)
新藤:待て待て待て!!パイロットが二人要るじゃねーか!あれ?(笑)
RL:ジプシーっていうのは、ここらへんを放浪しているヒルコのことです。ジプシー・デンジャー確かにヒルコっぽい生物兵器と戦ってるけどさあ!その発想はなかった!(笑)で、ここでしか情報収集や購入判定とかができません。
白子:黒と白の『R』の違いは?
RL:これねぇ…見たんだけど、書いてなかった…。(言っちゃった)黒の方がヤバそうだけど、特に書いてなかったの。
新藤:どっちのルートを選んでも良いって事かな?
ヒジリ:まあ、適当にこっちのほうが安全そうとか、速そうとか言って進んでいこう。
白子:分かりましたー。
RL:で、イベントシーンを終えたら、コマをゴール方向に1マス進めて、終了条件は、コマがゴールマスに進んだとき。クライマックスフェイズに移行し、リサーチフェイズは終了します。もしリサーチフェイズ中に終了条件を満たすことなく13シーンが経過した場合、M○●N壊滅に間に合わず輸送は失敗する。
新藤:うわー。
RL:まあ、さすがに13シーンもいかないと思うけど。
新藤:RL、それはフラグだ。(笑)
RL:はい!で、神業について。《脱出》《突破》などの神業を使用することで、次の『R』以外のマスまでシーンを増やすことなく一気に移動できる。
白子:おおー。
ヒジリ:つまり、今ここから《脱出》を使ったら、
RL:『C』に行く。
ヒジリ:それ、かなり速いね。
RL:でも、よく考えてみてくださいよ!使わなきゃいけない場面がこれから、いくつ発生すると思います!?(笑)
白子:だからこその《突然変異》と《ファイト!》!なるほどー。
ヒジリ:とりあえず、やってみよう。
RL:では、お楽しみランダムイベントシーン!誰が振る?(笑)
エイジ:振ろう!せーの。(ころころ)3!
RL:シーンカードはクロガネの逆位置。3で逆位置なので、死の谷
白子:あ、なんかヤバそう。
RL:無念のうちに死んだ者の魂がさまようという、死の谷を通過する。にわかに沸き起こる恐怖心を抑え、鎮魂の祈りを捧げて通過する以外にない。全員、【感情】の制御判定を行なう。
白子:なんまんだぶ!
新藤:ちょっと!感情は、できんぞ!?
RL:[プレイヤー人数÷2(端数切り上げ)]人以上が成功することで、恐怖に耐えて通過できる。
ヒジリ:クラブ持ってます?
エイジ:持ってるんだけど…ヴィークルの制御値修正が痛い。
RL:そんな感じなので、半分以上のキャストが成功できないと、やばいよ!成功させるんだ!ほら!!
ヒジリ:とりあえずこっちは成功!
新藤:クラブが無い。ジョーカーはあるんだけど。
RL:山引きのほうがマシだな。
白子:良かった。なんとかなった。成功です!
エイジ:こっちもギリギリで成功した。
新藤:こっちは山引きするしかない。…アウトー!うぇー。
ヒジリ:アラシが怖がってどうする!
RL:半分以上が成功したので、クリア。制御判定に失敗した人は、「キャー!」って言っちゃう。
新藤:「キャー!」はねえよ!!ハンドル持ちながら、ガタガタしてます!
RL:おっ、1体付いて来る。
新藤:アクセル全開!(笑)逃げるよね!
白子:過去の亡霊に追いかけられているのか!
エイジ:あいつ、大丈夫か?事故らないよな!?
ヒジリ:追いかけて加速して揺れたので、トレーラーの中で他の人に頭をぶつけます。
白子:うにゃー!
ヒジリ:あたー!
白子:あ、トゲトゲはひっこめてるんで大丈夫です!
RL:トゲトゲ!(笑)
エイジ:馬鹿野郎!シートベルトくらいしとけ!(笑)
新藤:生きてる奴は大丈夫だけど、死んでるヤツはだめなんだよー!(笑)
ヒジリ:普段クルマとか乗らないからおろろろろろ!!
RL:おろろろ!?
エイジ:エチケット袋はそこじゃねえええ!(笑)
RL:とりあえず、成功したのでこのエリアからは出られます!
白子:よかったー。

ランダムイベント:計器異常

RL:シーンカードは、クグツの正位置。さっきの3以外が出るように振ってくれ。
白子:(ころころ)3!もう1回。(ころころ)5です。
RL:計器異常。磁気嵐が激しくなり、ヴィークルの計器が狂う。計器を再調整しなければ、迷子になってしまうだろう。キャスト全員、目標値15の〈製作:トロン〉判定を行なう。〈製作:トロン〉がなければ、〈電脳〉判定で代用できる。その場合は達成値-5!
ヒジリ:〈電脳〉で20出せばいいわけ?
RL:そう。誰か1人でも成功すれば、遅れることなく再調整できる。
エイジ:〈製作:トロン〉は無いな。
ヒジリ:〈電脳〉20は出せるんで、皆さん心置きなく失敗してください。
新藤:なら2を出して失敗!
白子:はーい!ダイヤ要らないんでこれで失敗させます。
エイジ:失敗…ってクラブ要らないんだよ!一番要らないんだよ!
ヒジリ:これ以降は手札が腐ってるんで、仕事ができなくなるかもしれない。その時は皆さん、お願いします。みんなが叩いたりしてるんで、「ちょっと見せてくれ。」と言って、機器をいじり始める。〈電脳〉〈01フィーリング〉スペードの7で、20!
RL:おー、良かったー。これで、ナビゲーションシステムが復活しました。
ヒジリ:修理できたぞ!あっちだ!ドローンを先導させるぞ。
エイジ:ホントだろうな、合ってるんだろうな!
新藤:ドローンで道案内か。なるほど。

ジプシーのキャンプ①

RL:というわけで。次のシーン。
ヒジリ:これ、Cのところに進めて良いのか。進めまーす。
RL:シーンカードはミストレスの正位置。ですが関係ありません。みなさん、登場判定で失敗しといたりとか、大丈夫ですか?
ヒジリ:そうか。全員チームだから忘れてた。登場判定に失敗しておきます。…ハート要らんわ!!
エイジ:こっちも失敗しておきまーす。…いらねー!!
RL:セト・ロードを放浪するジプシーたちのキャンプに遭遇した。ここで補給と休息を取ることができそうだ。「よく来た、客人よ。歓迎しよう」と言って、いかにも流浪の民のようなヒルコが出迎えてくれる。「こんな時期にセト・ロードを通るとは、勇敢なのか無謀なのか」
エイジ:両方だ!!(一同笑)
新藤:ま、仕事だからな。
エイジ:アンタらもよくこんなところに居るなぁ。
RL:もともと、ここら辺で暮らしているんですよ。「助かりました。少し休ませてもらいましょう」ということで、何ができるかっていうと、装備の修理とか、消耗チャートによるバッドステータスの治癒、購入判定とか。今はあまり恩恵がなさそうですね。ここではリサーチも可能なので、初期の情報項目は【セト・ロード】【王玲華】【所属不明機】です。(机の上に情報項目のカードを並べる)
エイジ:武器を買うか。うーむ。
ヒジリ:じゃあ、情報収集するか。
白子:〈社会:ストリート〉で調べられると思うので…
新藤:私も〈社会:ストリート〉は持ってるぞ。
ヒジリ:〈社会:テクノロジー〉って誰か持ってますか?
新藤:あるぞ。
エイジ:〈社会:ストリート〉と〈社会:M○●N〉、〈コネ:王玲華〉は持ってる。でもちょっと手札が。
ヒジリ:個人的な好みで、【所属不明機】について調べたいな。
新藤:【王玲華】については調べられるぞ。ダイヤだから、9で16まで抜けるな。
RL:はーい。ヘイロン本社のタタラ。新薬開発部門所属。オーサカM○●Nへの治療薬輸送計画を立案、実行した。ウィルス危機が伝えられてすぐに、輸送計画を始動させている。あまりに準備がよく、事件の前から準備を進めていたようにも見える。所属は偽装。本当の所属は、生物兵器研究開発部門。ウィルス兵器と、その対抗薬の開発が専門だ。
白子生物兵器!?
エイジ:なるほど。
新藤:この情報は嫌だなぁ…これ。
ヒジリ:何となく分かってたことではあるけど。
白子:なかなか黒いですねぇ。
ヒジリ:まあ、ヘイロンだからそんなもん。
新藤:ただ、感染症が広がったのは事故なのかも。
ヒジリ:じゃあ、〈ストリームマップ〉〈社会:ストリート〉で、報酬点3点使って16。【所属不明機】について!
RL:所属は周到に隠されているが、ヘイロンのグループ企業【ブラックドラゴン社】のドローンと思われる。ドローンのホスト機である黒いウォーカーは、傭兵【ジェットストリーム遼】の機体だ。
ヒジリ:「やっぱりそうか!」と言って、手を握りしめる。
白子ブラックドラゴン社。
エイジ:なに…?ジェットストリームって、あいつかよ?俺たちの間じゃ有名だぜ。

このセリフは多分、FGN名物1/144ガンダムRPG的な、3人組のドム的な何かのことを言っているのだと思う。ちなみにPC3さんは、この記事↓のセッションのGMだったんじゃなかったかなと思う。 

daitokaiokayama.hatenablog.com 

白子:私もけっこう手札が良いので、【セト・ロード】で。ハートは全然要らないので。
ヒジリ:ハート、けっこう埋まってない?
白子:どっちかっていうと、〈ボディウォール〉用にクラブが欲しいんですよー。なのでハートで。
RL:全部抜けてますね。セト・ロード。もともと死国からのヒルコの活動が活発になる季節だが、磁気嵐の影響でか凶暴化しており、非常に危険。また周辺国から流れて来た軍閥くずれの山賊グループが、進路上に居座っているという。重火器で武装した、極めて厄介な存在だ。
白子:むっちゃ危険!
ヒジリ:山賊なんて本当に居るんだなぁ。
RL:山賊の中でも特に、ムクロ大王率いるムクロ団が悪名高い。死を恐れず襲ってくる狂気の武装集団だ。
白子:ムクロ大王!?
RL:また滅多に姿を見せない幻の巨大ヒルコ、セトロードデスワームの目撃情報がある。
新藤:セトロードデスワーム!?何だそのパワーワード!!(笑)
白子:めっちゃ遭ってみたいんですけど!?(笑)
ヒジリ:めっちゃ遭いたい!
RL:今後もイベントが盛りだくさんだよ!
ヒジリ:セトロードデスワームについて調べられたりしない?
RL:しない。
ヒジリ:うそー!気になる!
RL:まあ、噂レベルだからねえ。
新藤:まあ、山賊が歩いて来るんなら、踏みつぶしてやるまでだ。
エイジ:せ、せやな…!
白子:なんだろう。今、絵札ばっかり来てるんですけど。
新藤:偏ってるなぁ。
RL:そのうち反動が来るかもしれませんんよー。
エイジ:【ジェットストリーム遼】について抜くぞ。〈社会:ストリート〉で16。
RL:漆黒のウォーカーを駆る凄腕の傭兵。現在の雇い主はブラックドラゴン社。その武名は大陸方面で広く知られている。戦場で「遼来々(遼が来た)!」と聞くだけで、敵兵が恐怖のあまり逃亡するほど。スタイルはアラシ◎。
新藤:遼来々!どこの三国志だよ。
ヒジリ:漆黒のウォーカーを操る。
新藤:大陸では有名人なのか。
RL:ここらへんでも名前を売ろうとしているのかも。
王玲華:さっきの黒いウォーカー、ご存じなのですか?
ヒジリ:そうだな。1年ほど前に、ぶっ潰されたことがある。
エイジ:そんなことがあったのか。
ヒジリ:まさか、こんなところでまた会うとはな…。

正しいことを成す

RL:では、他にすることがないなら、さっき王玲華の情報を抜いたので、そういうシーンに入ります。
新藤:はーい。
RL:一体この人は何を隠しているのでしょうか。
新藤:じゃあ、さっきの情報は全員に共有しようか。データで渡そう。「という事なんだが。」
ヒジリ:じゃあ、さっきの所属不明機についても。
RL:情報共有をしたと。
ヒジリ:かくかくしかじか、まるまるうまうま。
新藤:便利だなー、その言葉。
RL:オーサカM○●Nを目指す道すがら、玲華が重要な話を切り出す。「私に不信感を抱いているのは解ります。なぜ、ヘイロンが私たちを攻撃したのか……話せば、納得して頂けるでしょうか」みんなの、さっきの情報共有があってから、ちょっと空気感が変わったなーと思っていたみたいです。
白子:こいつが犯人なんじゃねーか、みたいな…。
新藤:まあ、報酬はもらった後だしなぁ。ここまで来てるし。
ヒジリ:別に、公開する気はないぜ。
王玲華:まず、この輸送計画自体が、社の認めるところではありません。
ヒジリ:え?
王玲華:薬も、私が無許可で持ち出したものです。
白子:えー?
王玲華:そもそもM○●Nを苦しめているウィルス――”小災厄”ウィルス変異体は、私がヘイロンで開発した生物兵器です。社はM○●Nでの発言力を高めるために、意図的に今の事態を引き起こしました。十分な被害が出たところで治療薬を空輸し、恩を売ることで発言力を高める。そういう計画なのです。
ヒジリ:え、空輸?今、地上を走っているのは…あー。
エイジ:空輸ができるようになるのは、テンペランスが壊滅する頃になるなぁ。ある程度被害が出てからって事かな?
王玲華:ニアサイドの住民だけ助かればいい、そんな発想だったのではないかと私は思っています。
新藤:そっちの方が発言力もあるし、コネも作れると。
エイジ:被害の数字が大きいほど、評価が上がると考えたのか。
白子:悪賢い!
王玲華:社の行為は人道に反するものです。私は開発者として、それに加担した事実に耐えられなかった。被害を少しでも減らしたい一心で、社を裏切って今回の輸送計画を実行しました。ただの感傷、個人的な贖罪行動だと考えてください。被害が想定より少なくなれば、ヘイロンの計画は狂うでしょう。妨害をかけてくることは予想できました。
ヒジリ:だから、ヘイロンが邪魔してくるのか。
王玲華ブラックドラゴン社はヘイロン傘下ですから。
新藤:M○●Nから来た組としてはなぁ…。聞き捨てならないなぁ。
エイジ:だいたい分かった。
ヒジリ:ヘイロンは無茶苦茶なことをしてたんだなぁ。
エイジ:どっちにしろ、俺たちの仕事は変わらないわけだ。俺は、報酬にしか興味がないからな!!
RL:それはどうなんだ!!(笑)
白子:頼もしいんだか!(笑)
エイジ:色々と火の車ですから!!
新藤:あんた、この後はどうするつもりだ。俺たちがM○●Nにたどり着いたら、あんたの立場は明らかに悪くなるんじゃないのか?
王玲華:それは…M○●Nに着いてから考えます。最初にすべてを語らなかったのは……ただでさえ危険な旅に、妨害まで加われば、誰も依頼を受けてくれないと考えたからです。すみませんでした。
ヒジリ:なるほど。
RL:「これ以上私を信じられないなら、降りてもらっても構いません。報酬も支払います。でも、もし……皆さんさえよければ、もう少しだけつきあってください。」改めてお願いします。
エイジ:今更降りるわけないだろ。
新藤:降りる理由もない。
白子:これしか、助ける方法がないなら、絶対、一緒に行きます!
ヒジリ:最後までやり遂げるのが、プロってもんだ!
エイジ:そうだ。
王玲華:ありがとうございます。皆さん、最後までよろしくお願い致します。
エイジ:任せておけ!
ヒジリ:こちらこそ。
RL:では、【SPS:M○●Nを救う】を差し上げます。
白子:M○●Nを救う!

ランダムイベント:1回休み

RL:というわけでー!次のシーンカードは!クロマク、正位置!
ヒジリ:『C』の次だから、黒い『R』と白い『R』、上か下かだな。どっち行きたい?
新藤:何があるかっていうのが、分からんからなー。
エイジ:何か、差があるのか?
RL:差は…たぶんない。
新藤:さっきのジプシーから、ルートが二つあることだけは教わってたのかもな。
エイジ:じゃあ、黒い方行ってみようぜ。
ヒジリ:うん。(駒を進める)
新藤:振るぞ。(ころころ)8!
RL:うーん。1回休み。
ヒジリ:え!?
RL:移動すら困難なほどの猛烈な嵐が吹き荒れる。
新藤:ゴメン…!(笑)
白子:えー!?やばい!
RL:進むこともできず、その場で治まるのを待つ以外にない。このシーンでは何も起きないが、移動することもできない。ただじっと耐えるのだ。キャストは1回、手札を1枚入れ替えることができる。
ヒジリ:それは、入れ替えておきたいな。3を1枚出してー。うん。
エイジ:…うわー!いらねー!!
新藤:6を出してー。ほい!先生、エース2枚とジョーカー2枚になりました。(笑)
白子:早く戦闘したいですねー、これだったら。
RL:そうだねー。
ヒジリ:あれだ。じゃあ、トレーラーの中で大人しくしときます。ドローンは砂嵐に弱いんだ。
エイジ:しょうがねえよ、それは。
RL:ホバーだから、そういうのに強そうなイメージがある。超適当に言ってる。
新藤:んー、でも効率悪いのよ。風船部分の消耗が激しくて、メンテに手間がかかるの。
RLジャッキー・チェンの『レッド・ブロンクス』っていう映画があって、最後にホバークラフトが町の中を暴走するの。
新藤:あー、あったあった!(笑)
RL:あれを思い出してしまった。そんな感じで!

ランダムイベント:エルフの子供

ヒジリ:というわけで、次のシーン。
RL:移動できないけど、もう1回振って。シーンカードは、チャクラ、逆位置。
エイジ:登場判定に失敗しておこう。
新藤:(ころころ)1!
RL:穏和で友好的なヒルコ・エルフっぽい耳の子供が、別のミュータントに襲われている。(裏声で)「助けてー!」
新藤:あれか。砂嵐がおさまったから、出てきたのかな。
RL:そうそう。助けるなら、〈射撃〉〈白兵〉の目標値20の判定を行なう。誰か1人が成功すればよい。
ヒジリ:20か。
新藤:私がやろう。
エイジ:なにー。
新藤:エース持ってるんで!というわけで、ルシファーズハンマーに弾薬をセット。
RL:ふぁいやー!ドゴーン!!
新藤:制圧射撃。
RL:じゃあ、ヒャッハーしていた連中が、逃げていく。(笑)
ヒジリ:ハハハ!手を叩いて喜ぶ。
エイジ:すっげー。派手だなー。(笑)
白子:戦車の力って、すごい。
新藤:これができなかったら、戦車乗ってる意味がねーよ。(笑)
RL:だめだ。そういうヤツだった!(笑)では、エルフの親御さんが出て来て、「ありがとうございます!」と言って、お礼としてお守りを配ってくれる。お守りの効果により、アクト終了時まで受けるダメージに-1される。
白子:わっ!すごく良いじゃないですか!
新藤:ダメージ-1か!
エイジ:すごい。どんどん固くなっていく!
RL:確かに!(笑)
白子:もう絶対ダメージ通らなくないですか?
ヒジリ:いや、そんなことは無いと思う。
RL:こっちが固いってことは、向こうも固いし、搭載武器もえげつない強さだったりするわけですから。
新藤:色んな種類のダメージがあったりするしねぇ。
ヒジリ:人助けは、するもんだなー。
新藤:ま、柄じゃないんだがな。
RL:うん!撃ちたかっただけだよな!(笑)「さっきの白塗りの連中…ムクロ団でしょうか?」
白子:白塗り?
RL:いや、何でもない。
ヒジリ:し、白塗りだったんだ。
白子死国ならではのファッションなんですね!
RL:いや、マッドマックスならでは。(一同笑)
エイジ:次出てきたら写真撮っておこうぜ!パシャっと。
RL:こういう辺境に来ると、珍しいヒルコ以上に、珍しいファッションの連中も色々居そうなイメージがある。
白子:観光には良いですね!
エイジ:いやいやいや!死ぬぞ!(笑)
新藤:これで6シーン目かぁ。

ランダムイベント:視界ゼロ

RL:で、次に進んだ。次の場面は、カゼの正位置。
エイジ:次は俺だ。せーの。よいしょ。(ころころ)4。
RL:正位置なので、視界ゼロ。
新藤:お?
濃霧により無視界走行を強いられる。進路を見失うと大きく遅れてしまうだろう。キャスト全員、目標値15の〈知覚〉判定を行なう。[プレイヤー人数÷2(端数切り上げ)]人以上が成功することで、遅れることなく濃霧を抜けられる。抜けられなかった場合、このシーンでは移動できず、次のシーンでは再度このイベントを行なう。
白子:うーん。
ヒジリ:とりあえず、こっちで成功させられます。
新藤:私はジョーカーを使えばいけるな。
白子:私もジョーカーを使えば行けるんですけど、ちょっと勿体ないんで…。
エイジ:んー、今の手札じゃ11にしか行かないな。
新藤:あと一人成功させられればいいから、でもエイジは無理なんだよな?
エイジ:ちょっと無理だな。届かない。
RL:山引いてみたら?それから考えてみよう。
エイジ:じゃ、〈知覚〉山引き。…ダメ。失敗。
RL:しかも絵札だからファンブルですわ。
ヒジリ:違う違う!アンタそっちじゃないぞ!
エイジ:え、マジで?
新藤:危ない危ない!エイジそっちへ行くな!崖だそっちは!(笑)
エイジ:で、でも道が、道が。
ヒジリ:なんか幻を見てるー!(笑)とっとと成功させよう!「あっちだ!」と言ってドローンを先導させます!
新藤:私が成功させよう。スペードのエースで、21点成功。
白子:山引き。…だめでした。
ヒジリ:むぅ、ヒルコの目でもムリか。
RL:ま、二人は成功したので、OKか。あー良かった。
ヒジリ:アブねー。
新藤:さっきから、濃霧に砂嵐に、何だこの環境は!(笑)
ヒジリ:濃霧と砂嵐って、おなじ地域で発生していいものなのか?という素朴な疑問。
新藤:まあまあ。
ヒジリ:ニューロエイジだしね。(ランダムイベントだからともいう)
エイジ:砂嵐が巻き上がって、それが雲になって、雨になった?
白子:それっぽい!じゃあ、1マス進めます。
RL:危なかったですねー。ということで、次のシーンカードは…エグゼク。でも固定イベントです。
ヒジリ:お?

続く。

「地獄のセト・ロード」 その1

f:id:Coboler:20161217171924p:plain

*1

はじめに

去る12月11日、FGNの会場をお借りして開催したアクト「地獄のセト・ロード」のリプレイです。このシナリオの作者である@sone_99様には、リプレイ化の許可をして頂きました事につきまして、厚くお礼申し上げます。ありがとうございます!

今回のシナリオは、想定プレイ時間が5時間という大作でした。これは、岡山でやるにはちょっと時間足りない。というわけで、福山ゲーマーズネットワークの例会の場をお借りして開催しました。(ここ、会場を夜10時くらいまで押さえているので、終了時刻が遅くなっても安心なのです。)ついでに、このときの開会式で、PC4さんはFGN先代会長から「君が次期会長をやりなさい」と言われて図らずも新会長(仮)に就任する事が決まってしまいました。そんな事がありましたので、今回のリプレイは「新会長(仮)就任記念リプレイ」となります。会長(仮)!おめでとう!あとガンバれ!!

で、どんなアクトになったかというと。いくら時間があるとはいえ、わしの帰りの時間とかも考慮したら18時には終わらせたい。(早寝しないと早起きできない体質なので、22時には寝なきゃダメな人間なんです、はい)しかし。先週のOGAで初めてN◎VAを遊んだPC2さん。Dやそれ以前の環境では遊んでいるけど、Xをやるのはこれで2回目くらいという福山勢PC1、PC3さん。そしてここ4ヶ月くらいでN◎VAをやりこんだけど、基本的には初心者なルーラーとPC4さん。というわけで、最初から最後まで、ルルブをすごい勢いで参照しまくってました。そのため時間のロスが結構発生し、結果として全体的に駆け足になってしまいました。描写があっさりしてしまった部分もあるのですが、PC2ヒルコの謎の甲殻類的な魅力や、PC1カゼのヤケクソな自転車操業がとても印象的なアクトになったと思っています。

キャラクター紹介

キャラクター作成は初期+50経験点、レコシー持ってきた人はその経験点も追加可能。という感じで行っています。

PC1 カゼ

コネ:王玲華<R:ワン・リンファ>  推奨スート:スペード
 キミは運び屋、金次第で何でも運ぶカゼだ。今回の仕事は、ヘイロンの研究者・王玲華の依頼で、ウィルス危機にあるオーサカM○●Nへ薬を届けること。行く手にはミュータントや山賊どもがうごめく地獄の難所、セト・ロード。どれほど危険な旅路だろうと、やり遂げてみせる。それがキミのスタイルだ。
【PS:M○●Nへ薬を届ける】 

RL:では、皆さま、自己紹介の時間です。PC1さん、どうぞ。
エイジ:名前は志道(しどう)エイジ。年齢は22歳の男であります。実は、小さな運送会社をやってたんですが、ちょっと先日、ヒルコの被害にあって。会社が傾いたんです。
新藤:ハハハ!!(笑)
エイジ:ちょっと保険金をケチっていたところに来たので、色々首が回らなくなった。それで、何かないかなーとコネのジミー楊に泣きついたら、この仕事を紹介されて、行ってみたら超ヤバイ。どうしよう。っていう。
RL:なるほどね!わざわざホンコンまで行ってみたらこんな仕事だったと。最悪だ!と!(笑)
エイジ:しょうがねえから、なけなしの金で、愛車を改造して、なんとか生き残りを狙おうという…!
RL:これは、素晴らしいですね!分かりました。(笑)
エイジ:俺もこの仕事をこなせないと、命の危険があるけど、こなせなくっても、社会的に死ぬので。(一同爆笑)
新藤:受けるしかねぇー!!(笑)
エイジ:本当にガケっぷちなの!(笑)
ヒジリ:崖っぷちだ!崖っぷちヒーロー!
RL:良く分かりました!では、特技とかは。
エイジ:スタイルはカゼ=カゼ◎、タタラ●と申しまして。自分の会社のヴィークルの整備とかをやってたりしたのですが。特技は、〈改造〉、〈改造Ⅱ〉、〈魔改造〉、
RL:ん?タタラばっかりだな。
エイジ:それから〈即席修理〉、〈タイムマジック〉。
RL:奥義入れてきたー!!
エイジ:最初のシーンでスペードを確保したら、〈改造〉!パーン!と出して。僕の仕事は全部終わります。
白子:うわぁー…(笑)
RL:ハハハ…(笑)
エイジ:そうそう。だからみんな集まってくれたら、〈タイムマジック〉でみんなのヴィークルをバーン!と改造するんですが、それで終わり。
RL:極端!!
新藤:…また極まったな!(笑)

白子:うーん、じゃあヴィークル買った方が良かったのかな。
RL:大丈夫!!それは大丈夫だから!!乗せてもらえば良いから!(笑)
白子:そうですね。免許も持ってないし。
ヒジリ:免許なんか持ってなくてもいいよ。ここ、無法地帯!
RL:そうそう。無法地帯!(笑)
エイジ:ちなみに、武器なんていうハイカラなものは、借金のカタに抑えられました。(一同爆笑)
ヒジリ:そうか!だから色々な装備がないのか!
エイジ:ない!!
新藤:こっちが頑張るしかないのね!(笑)
エイジ:以上です。
RL:分かりました…!(笑)

PC2 ヒルコ

コネ:ラビ  推奨スート:クラブ
 オーサカM○●Nに暮らすヒルコの少女ラビは、キミの貴重な友人だ。以前、キミは彼女に、ピンチの時は助けに行くと約束した。そして今、旅先のホンコンにいたキミは、M○●Nを襲うウィルスでラビが倒れたことを知った。約束を果たすために、キミはM○●Nへ薬を届ける輸送隊に参加するのだった。
【PS:ラビとの約束を果たす】

RL:PC2さん!
白子:私の名前は、大振白子(おおふりしらこ)。スタイルは、ミストレス◎、チャクラ、ヒルコ●。特技は〈鉄心〉〈牙の王〉〈ボディウォール〉〈核酸毒〉〈怪力〉っていう風になっていて。固くて、ハサミっていうか牙があるっていうので、私、どんな子がいいのかなーと思っていたんですけど。カニが良いかなって。
RL:うわぁ!!
エイジ:カニ!?(笑)
RL:それで白子なの!?なんか違くない?!
白子:はい!カニっこです!
エイジ:カニっこ!?
白子:15歳の女の子です。生まれたときから、赤というか白いカニなので。見た目的には白い肌の子かなーって感じなんですけど。
RL:実は甲殻類なんですね。
ヒジリ:甲殻類…!
白子:テンションが上がると、口から泡を吹くので、
ヒジリ:カニだー!!(笑)
白子:それで、語尾が「ぶく」になります。
ヒジリ:大丈夫!?
エイジ:なんだ!?
RL:リアクティブなんちゃら、みたいなやつかな?(笑)
白子:でもミストレスがペルソナなので、
RL:リーダーシップはあると。
ヒジリ:そういえば、美味しくなる特技持ってなかった?
白子:そうなんです!ネクタールを取ったので、カニミソが美味しいんです。
RL:カニミソを狙った密猟者に狙われているだと!?
ヒジリ:君が次のヒロインだー!
白子:でも、友達のためには危険な旅に出るんです。
RL:わかる、わかるよ。
エイジ:良い子なんだけど…(笑)
白子:私が死んだら、私を食べて下さい。みたいな。
新藤:この状態で!?うまみがつまっているというのか!?(笑)
エイジ:やだよ!!その流れで食べるっていやだよ!(笑)
白子:でも、おいしいですから!出自は、天上人。
RL:飼われてたんだ。きっと!養殖されてたんだよ!
白子:でもカニですよ!?あ、食べられる!
RL:きっと、食べられる寸前だったんだよ!
新藤:食べられる寸前にヒルコだって分かっったの!?
ヒジリ:その瞬間に自我が芽生えてだねー。
エイジ:無重力養殖ものだったんだ。
新藤:そりゃあ高価だ!本当に天上人じゃねーか!(笑)
RL:すごい設定が生えた…!PC3さんどうぞ。

PC3 アラシ

コネ:マダムM○●N  推奨スート:ダイヤ
 キミはM○●N傭兵団に所属する傭兵だ。たまたまホンコンHEAVENにいてウィルス危機を逃れたキミに、マダムM○●Nが途切れ途切れの通信で命じた。HEAVENからの治療薬輸送を護衛し、M○●Nを救え――と。まさにM○●N傭兵団にうってつけの仕事だ。
【PS:輸送隊を護衛する】

新藤:名前は、新藤篤(しんどう あつし)。28の男です。スタイルは、アラシ◎、カゼ●、カブト。出自は戦場生まれなのですが、戦車の中で生まれました。
RL:妊婦さんは運転するなよ!?(笑)
新藤:たぶん、後ろのスペースに民間人を乗せて運んでいたんですよ。それで、
エイジ:「産まれるー!」みたいな。
RL:なるほどね!(笑)ありがちだな!
新藤:親が傭兵だったので、そのまま戦車を乗り継いで行って、傭兵になりました。乗ってる戦車はPanzer GLっていうホバー戦車でして。主砲はルシファーズハンマー、火炎放射器の息吹搭載。後特技は〈マシンファイト〉、〈ヘビーファイト〉取ってるんで、戦車で体当たりできる。
RL:特攻野郎だ!!
白子:すごい!
新藤:秘技の〈ブロック〉を取ってるんで、かばうのも問題なし。ちなみに、制御値は戦車が-4になるんだけど、スキルとオプションで+1まで上げてあります。
RL:頑張るなぁ。
新藤:ちなみに、梵天をつけています。ミラーシェードです。
RL:対閃光防御。
新藤:暗視機能も付いてるってやつですね。
RL:たまたまホンコンHEAVENにいたの?
新藤:依頼です。運び屋として、行きの仕事があったの。行きの仕事が終わって、さぁ~他の仕事を受けて帰ろうかなと思ったら、マダムM○●Nから通信がありまして。それなら受けようと。

PC4 カブトワリ

コネ:ジェットストリーム遼<R:リャオ>  推奨スート:ハート
 かつて戦場で、キミの所属していた傭兵部隊は、凄腕のウォーカー乗りの傭兵、ジェットストリーム遼に全滅させられた。ヤツはキミの命を奪うことなく、自らの武名を語らせる証人として残した。そんな屈辱の記憶も忘れかけた頃、キミはM○●Nへの輸送隊の護衛に加わった。その道中、再びあの男とまみえることになる。
【PS:遼に借りを返す】

RL:なるほどね。では、PC4さん。
ヒジリ:PC名は、佐条(さじょう)ヒジリ。19歳男性です。出自は魔性の子だったんですけど、経験:傭兵なので妖怪に育てられたことがあるんだけど、その後傭兵になったんでしょう。スタイルは、カブトワリ●、ニューロ、アラシ◎。こいつ、ドローン使いなので、昔は引きこもって遠隔操作しながらブイブイ言わせていた生意気じゃりボーイ引きこもり野郎だったんですけど(笑)、1年前くらいにジェットストリーム遼にボコボコにされたんですよ。
RL:なるほど。
ヒジリ:それで、引きこもってばっかりじゃダメなのかなと思って、引きこもってばっかりじゃダメなのかなと思って、戦場に出ることにしたんです。と言う訳で、ジェットストリーム遼は、こいつの本来の顔を知らないって事にして良いですか?そしたら、出会いが劇的になるかなって。「ハハハ、あの時のお前かぁ!」くらいに笑ってくれるかなと。
RL:ってことは、そっちから「おい!お前がジェットストリーム遼だな!」って言い出すってことですね。
ヒジリ:そんな感じでお願いします!
RL:分かりました。
ヒジリ:特技は、〈パワーファイト〉と〈必殺の矢〉で、スペードとダイヤであればダメージ+5してさらに差分値の乗っけられます。あと、ドローン持ってるんですけど、肉体も一緒に出るんで、お二人のどちらかに空っぽになった体を乗せておいてください!
エイジ:はーい。
ヒジリ:ありがとうございまーす!

PC間コネ

エイジ:なんか、メンツだけ見ると、N◎VAというよりメタルヘッドのセッションみたいだな。(笑)
ヒジリ:戦場だよなぁ。
RL:そんな感じだ。
新藤:傭兵組とカニ。(笑)
白子:いや、でも修羅場くぐって来てるんで!
RL:このくらいの方が、場違い感があって良いとおもいます!では、PC間コネ!1から2。
ヒジリ:コネを取得しましょう!
エイジ:大振白子。カニ。
ヒジリ:PC1さんの事をどう思いますか?
白子:志道さん。でも、ヒルコに、ひどい目に遭わされたんですよね?
エイジ:そうですねぇ。運送中に、やられて。
RL:オーサカM○●Nにはタイラントっていう大型ヒルコがいます。こういう人畜無害?な子もいるけど。
白子:なるほど。それなのに、普通に接してくれているんですか?ていうか、カニに。
ヒジリ:…カニに。
エイジ:カニだからなぁー!まあまあ、職務上、カネは命より重い!
白子:でも、クール宅急便みたいにお世話になったことがあるのかも。
新藤:どうしたもんかな、これは!(笑)
ヒジリ:困ったら、ビジネスの関係にしておけば?
白子:じゃあ、ダイヤで。
RL:2から3。
新藤:カニについてどう思うか…!?
エイジ:カニが全てを持って行くなぁ。
白子:でも、外殻は、美少女だと思いますよ?
エイジ:なぜ!?
新藤:…なんだろう。興味だろうねぇ。
RL:じゃあ、感情ですかねぇ。
ヒジリ:クラブにしよう。
RL:3から4。
ヒジリ:佐条ヒジリです。
新藤:傭兵なんだよね。
ヒジリ:ビジネス上の関係かなぁ。
新藤:それなら外界かな。
RL:4から1。
ヒジリ:ここに19歳のじゃりボーイがいます!元引きこもりです!ドローン使いです!
エイジ:正直な反応としては、たぶん「ブルジョワめ!」って感じかなと。(爆笑)外界9だぜ、こいつ!?
新藤:それはどう考えても感情じゃねーか!!(笑)
RL:クラブで!
エイジ:はい!(笑)
RL:だからブルジョワはよぉ。こんな戦争ごっこなんかしやがってよぉ!
ヒジリ:戦争ごっこじゃないから!ガチで傭兵やってたからこの子!
新藤:でも一番そこらへんを分かってるのは俺だぞ。この戦車が俺の命なんだもん!車から降りたらだたの貧弱ボーイだもん!(笑)
ヒジリ:こっちだって外界以外に役にたつもんがないわー!まあ理性もいけるけど!
RL:分かりました。では、オープニングフェイズへ…!
白子:はーい。

オープニングフェイズ

小災厄再び

RL:最初はルーラーシーン。ニュースでは、オーサカM○●Nの現状を伝えている。閉鎖されたニアサイドへのゲート前に、ファーサイドの市民が押しかけてきている。「俺たちを見殺しにする気か!」「ニアサイドは薬を独占するな!」「子供が発症したんだ。頼む、助けてくれ!」というようなことが、ニュース映像に映っています。
ヒジリ:ふむ。
RL:ここはやっぱり、マッドマックスらしく「失望した!」とか言っておくべきかな?
エイジ:やべえ、マッドマックスは見たことがねえんだ!(笑)
RL:「お前らには失望した!ニアサイドで薬を独占して、ファーサイドの住民には薬を分けてやらないなんて、お前らは勝手すぎるー!」(笑)
ヒジリ:ニアサイドの横暴を許すなー!
新藤:コールが起こってる!(笑)
RL:というわけで、カメラはスタジオに切り替わります。「M○●Nで突如流行したウィルス性伝染病について、新星帝都大ヤマダ教授の知見をお願いします」
ヒジリ:ヤマダ…!
RL:「“小災厄”ウィルスの変異体で、致死性と伝染性が極めて高い、危険なウィルスです。テンペランスで突然発生し、ファーサイドに瞬く間に伝播。ニアサイドはすぐに完全自閉モードに移行したことで、被害の拡大を防いでいます「治療薬はないのですか?」
「“小災厄”ウィルス用のワクチンや抗ウィルス剤が使えるでしょう。M○●Nではニアサイドに備蓄されています。ただ、被害の大きいファーサイド及びテンペランスへ供給できるほどの量はありません」
「他メガプレックスから治療薬を輸送することは?」
「M○●N以外では、ホンコンのヘイロン・ケミカル本社が備蓄しています」
「しかし現在、磁気嵐によって空輸・海上輸送ともに不可能です。収まるのは一週間以上先、とのことですが……残念ですが、このまま事態が推移すれば、ファーサイドテンペランスは壊滅です」
白子:はぁ…。
RL:ということが、ニュース映像で流れています。というわけで、PC1のオープニング。
ヒジリ:イェー!

無謀なる冒険

RL:ホンコンHEAVENのバーに、腕利きのカゼたちが集まっている。その中には志道エイジの姿もある。彼らを呼び集めた依頼人・王玲華が現れ、仕事の内容を説明する。それを聞いたカゼたちが一斉に色めきたつ。「ヘイロン・ケミカルの王玲華と申します。」いかにもクグツ然とした女性です。
エイジ:じゃあ、そこで部屋の奥でミネラルウォーターを飲みながら。(笑)
RL:一番安いヤツ!(笑)
エイジ:そう!切り詰めなきゃだめなんだ!!
新藤:水道水じゃないだけマシだな!
RL:「皆さんの仕事は、オーサカM○●Nへの治療薬輸送。輸送ルートはセト・ロード経由」と言った瞬間に、「なに!?」という空気感に包まれる。ざわ、ざわ…
ヒジリ:セト・ロードだと!?
RL:そうそう。「危険は承知の上です。M○●N壊滅より早く薬を届けるには、他に道はありません」
エイジ:正気かよ。いかれてやがる。
RL:「今の季節は危険だ、死国のヒルコどもが活性化している」「それに、新興の山賊が相当やばいって話だ。当分あそこは使えねえ」そんな話が聞こえてきます。
白子:山賊!?
ヒジリ:ヒルコ!!
RL:「M○●Nがどうなろうが、俺には関係ない」とか、ネガティブな声も。「こんな無謀な仕事、受けるバカはいないぜ。なあ、志道?」
新藤:ハハハ!!一人居たー!!(笑)
エイジ:じゃあ、ここで!「俺はやるぜ!!それで良いんだろう!?」
白子:おおーっ!
ヒジリ:おおーっ!(ぱちぱち)
エイジ:言う前に、ものすごい悩んで!ポケットロンを出して、「この預金残高だと…やべえ!!」(笑)
新藤:だから、カッコイイところなのにー!!(笑)
エイジ:そういう感じなんだよ!
RL:では、そこでいっせいに注目を浴びます!「……どうやら、命知らずはあなただけのようですね。お願いします。」
エイジ:なに、任せろ。どっちにしろ死んだ身だ。(一同笑)
新藤:社会的に死ぬ身なのか!!(笑)
エイジ:そう!自分にしかわからない理由。よくわからんがカッコイイセリフに見えるけど、要するにヤケッパチになっているんだ。
ヒジリ:ダメじゃん!(笑)
白子:死ぬ気で!(笑)
エイジ:ふっ!
RL:次は、白子ちゃん。
白子:はい!

月のウサギ

RL:かつて白子は、オーサカM○●NでBIOSのヒルコ狩りにあった。ヒルコ狩りっていうのは、ヒルコの体内にしか造れないものを狙った、
白子:カニミソ。
RL:そう。カニミソみたいな器官。
白子:カニミソが狙われそうになったんですね。なるほど!
RL:そうかもしれない!(笑)その時、白子が逃亡する手助けをしたのが、同じヒルコのラビという少女だ。で、二人で路地裏に駆け込んで。「ここまで来れば、追手は来ないぴょん。もう安心ぴょん」
白子:ありがとうぶく。(一同笑)
新藤:ブクかよ!!(笑)
白子:みたいな感じで!
ヒジリ:大丈夫か!?
RL:泡吹いてるんですね!
白子:めっちゃ走って来たんで、興奮してます!
RL:なんだこの、超人ハルクみたいな設定は。(笑)
エイジ:すげえぜ。カニなのに前に走れる。(一同爆笑)
RL:間違いねえ!!間違いねえよ!(笑)
白子:前にも走れるけど、横に走ったほうが速いんです。なので、マジにヤバイときは、横移動します。
RL:はい!(笑)じゃあ、「えへへ、お礼なんていいぴょん。困ったときはお互い様だぴょん」
白子:「なんて優しいんだぶく!本当に、ありがとうぶく!今度何かあったら、私が助けるよ!」誓いあいます。
RL:「ありがとぴょん。私がピンチになったとき、助けてくれればいいぴょん」…なんだろう、この不思議空間。
白子:頑張ろうね!
RL:あ、分かった。さるかに合戦だ。
ヒジリ:でもうさぎが出てこない!(笑)
RL:あ、そうか。
白子:カチカチ山かな?
RL:本当だ!!カチカチ山だ!!(笑)
新藤:それだと、カニが居ない。
ヒジリ:カニとうさぎが出てくる話はないなぁ。
RL:仕方がない。まあいいや。(笑)そこで、さっきのニュース映像の続きです。「こちらはテンペランスの診療所です。ウィルスを発症した患者が次々に運び込まれています。ですが薬が足りず、ろくな治療を受けられない状況です」「どうかこの報道を見ている方、ここへ薬を運んでください!」「年端も行かない少女までもが、犠牲になろうとしています」ということで、運びこまれたラビの姿が映る。「うー、苦しいぴょん……死んじゃうぴょん……」
白子:あ、あぁ~っ!
新藤:それはいかん。
白子:「この危機を、誰も助けようとしないのかぶく!!」みたいに憤ります。
RL:じゃあ、そこで、さっきのシーンのバーの前を通りかかると、セト・ロード経由でM○●Nへ、という話がチラッと聞こえる。あ、あれに付いて行けば、ラビを助けられるかもしれない!!
白子:なるほど。じゃあ、横移動でトラックに近寄ります。
ヒジリ:横移動してるー!
RL:忍び込んだぞ!!(笑)というわけで、シーン終了。次はPC3!

三日月と髑髏にかけて

新藤:はーい。
RL:ホンコンHEAVENでニュース映像を見る新藤の元へ、マダムM○●Nから通信が入る。磁気嵐の影響で、ものすごいノイズが入っています。
新藤:えーっと、定時連絡は済ませたはずだが…
マダムM○●N:磁気嵐の影響で、いつ通信が途切れてもおかしくありません。新藤さん、手短に指令を伝えます。こちらの状況はご存知ですね。
新藤:ああ、いまニュースで見た。ワクチンが必要なんだろう。
マダムM○●N:そう。状況は最悪の一歩手前。あなたがHEAVENにいたことは、幸運と言えるでしょう。現在そちらで、陸路でM○●Nへ治療薬を輸送する計画が動いています。
新藤:では、そっちに合流すればいいんだな。
RL:「そうです。あなたの使命は、輸送を護衛し、M○●Nを救うこと。三日月と髑髏にかけて、輸送を成功させなさ――…」ザザザ。通信が途切れる。
新藤:仕方あるまい。戦車のカギ…鍵?
エイジ:鍵あるの?
新藤:た、多分ある!この時代珍しい物理キーなんだ。
RL:ありますね。いわゆるドライロック。
新藤:そんなものを(キーリングを指にひっかけて回すジェスチャー)こうやって振りながら。出て行こう。
白子:わー。
ヒジリ:カッコイイ!
新藤:「さて、運び屋はどこかな…」というわけで、そっちに会いに行こう。
RL:そして、そこを横切るカニ。
新藤:カニがまだいるー!!「なんだあのカニは!!」(笑)
エイジ:居るのか!?あらゆる方向でカニが持って行くな。(笑)
白子:やばい時だけですよ?カニっぽくなるのは。(笑)
ヒジリ:今は急いでいるからカニなんだな!

武名の証人

RL:次はPC4。ヒジリ。
ヒジリ:はい。
RL:いつかの戦場。佐条ヒジリの部隊は、たった1機のウォーカーによって壊滅させられた。
ヒジリ:じゃあ、墜落したドローンが悲鳴を上げています。精神ダメージを受けてて、昏睡しかけ。
RL:ウォーカーを駆るアラシ――ジェットストリーム遼は、ヒジリだけは生かして帰すという。部隊の仲間たちが「とても敵わない、佐条逃げろ……ぐふっ」ボカーン!って感じになってます。
ヒジリ:じゃあ、余波を受けて、部屋でビクンビクンしてる。
白子:アワワワ。
RL:ウォーカーのパイロットが、「佐条と言ったか、お前は殺さんよ!全員殺したら、俺の強さの証人がおらんことになってしまうからなぁ!」
ヒジリ:「ちきしょう!」と一言呟く。
ジェットストリーム:生きて帰って、このジェットストリーム遼の名を天下に知らしめるのよ!はっはっは!!
ヒジリ:じゃあ、その「はっはっは!」っていう声がフェードアウトしていって、現実で目が醒める。
RL:「名声は俺の力となる。いずれ戦場で俺の名を聞くだけで、敵が恐れをなして逃げ出すだろうさ」と言い残して、ジェットストリーム遼は立ち去っていきます。そして、現在の場面に戻ってくる。
ヒジリ:じゃあ、今はどこに居るんでしょう?
RL:ホンコンHEAVENです。
ヒジリ:じゃあ、居眠りから目が醒めたことにしよう。
RL:じゃあ、そこで「セト・ロードを通ってM○●Nに治療薬を運ぶらしいぜ。」「あの志道エイジが、ついに食い詰めてこんな依頼を受けるとはな…」(笑)
エイジ:たぶん、分かってるやつには分かってる!(笑)
ヒジリ:じゃあ、会社が傾いててーっていう話を知ってることにしよう。そういう事を思い返して。ちょうどオーサカM○●Nに帰る方法を探していたので、輸送部隊に飛び入りで参加させてもらうことにしよう。
RL:わかりました!
ヒジリ:危ない橋を渡るのは、アラシの生きざまだ!ってことで。

イントゥ・ザ・ワイルド

RL:というわけで!!最後は全員の顔見せのシーンです。どっかの倉庫で薬とかを積み込んでいるわけでして、王玲華がトラックをしげしげ見て。「このトラックは何年製ですか?もしかして、けっこう古かったりします?」
エイジ:あ、これっすか?実は、先代からの持ち物でして。
一同:オオーゥ!?(笑)
RL:大丈夫かよー!みたいな空気感に包まれる。
エイジ:なーに、大丈夫。フルチューンしてありますから!
ヒジリ:あ、そうか。こいつは自分で改造できるから!
エイジ:ところで、まだ〈改造〉の判定はできないの?
RL:次でリサーチフェイズに入るんで。
ヒジリ:じゃあ、うちのドローンも改造してもらえないか?って聞いてみよう。
エイジ:いいけど、そりゃあ…
RL:製作技能とアウトフィットの大分類が合ってるんで、できないことはないですね。
ヒジリ:あんたが腕利きっていうのはよく聞いてるからな。
エイジ:そこでだ。「どうしよっかなー、有料って言ったら良いのかなー?」って考えてる。(笑)でも、「い、いいぜ!」って言う!「任しとけ。あんたが強くなれば、俺も安心だ。」
ヒジリ:じゃあ、一応「これくらいは払うよ。」と言ってハンドサインを出す。
RL:PC同士で報酬点を融通しているだけじゃん?
ヒジリ:いや、そういうロールプレイしたら面白いかなって。
エイジ:戦車をしげしげ見て。「んー、アンタのは…でかいな!?」(笑)
新藤:まあ、戦車は普通でかいけどな!?(笑)
エイジ:まあ、無理じゃあないから、気が向いたら言ってくれ。(購入判定の目標値がすごく高いので、改造できなさそうな気がしている。)
新藤:そこは信頼しておくよ。
RL:じゃあ、この後自己紹介とかは済ませたとして、サクっと進めます。
白子:はい!
新藤:もしかして、白子が一人だけ目立ってる?(笑)
ヒジリ:きっと普段はただの女の子なんです!
エイジ:たぶん、さっき白子が荷台に入って来たところを見てて。さっきの依頼人に見つかったんだけど、「助手だ。」って言ったんですよ。
RL:目を見たら悪い子ではなさそうだと分かったと!いいですね!(笑)
白子:運転手さん、助けてくれてありがとうぶく!乗組員としては、乗り心地をもっと改良してほしいぶく!(笑)
新藤:何を言ってる!乗り心地改善のためにホバー戦車にしたのに!(笑)
白子:素晴らしい!(笑)
RL:ホンコンHEAVENのゲートに、治療薬輸送隊の面々が集う。依頼人のヘイロン社員・王玲華が最終確認を行なう。「改めて、ミッションを確認します。目的はオーサカM○●Nへの治療薬輸送。輸送ルートはセト・ロード経由。報酬はひとり1プラチナム」というわけで、報酬点をひとり10点ずつ差し上げます。
新藤:えらい高いな!?
ヒジリ:報酬点が19点になった。
白子:え、私も貰えるんですか!?
王玲華:あなたもM○●Nに行きたいのでしょう?
白子:行きたいです!
王玲華:私たちに協力してくれますね。
新藤:こっちは一応、マダムM○●Nからの指令だが。さて、今、トラックがいるんだよね。
エイジ:正確に言うと、大型の装甲車って感じ。4WDの。
新藤:大型の装甲車に、ホバー戦車と。
ヒジリ:で、ドローンが1機。本体はどっちかに乗せてもらおう。
王玲華:志道さんが治療薬の輸送を担当。本ミッションの要です。白子さん、新藤さん、佐条さんは、志道さんと治療薬の護衛。そして、私は医療スタッフとして同行します。
ヒジリ:なるほど。
王玲華:自己紹介も済んだところで、出発しましょう。状況は一刻を争います。

続く。

*1:

gahag.net

荒野の写真はこちらのサイトからお借りしました。

BLセッションをするときは、必ずプレイヤーの地雷についてリサーチするんやで。せんかったら死ぬで。(ブログ主からのメッセージ)